日本は欧化を進めて不平等条約を改正することに成功しましたが、45年に敗戦を迎える迄、日本という国は欧米列強からどのように見られていたのでしょうか?
有色人種の国でも一応は対応な相手と考えられていたのでしょうか。

攘夷が失敗しているように、欧米がその気になれば日本を植民地化することもできたと思うのですが(江戸をはじめ沿岸部の都市は艦砲射撃で壊滅できたはず)、なぜ日本は野蛮国から対等に同盟を結ぶに値する国際法主体性のある国へとなれたのでしょうか。

素人の質問ですみませんが、ご教示頂ければ幸甚です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

幕末から終戦までとなると時間的に長大で、また列国にもいろいろあり、どこを切り口にするかによって説明は様々でしょうが、日英同盟の少し前、日本が「極東の憲兵」として国力を認められ始めたあたりの背景を、イギリスを主に述べてみます。



明治初期の条約改正交渉では、アメリカ以外の列国は冷淡でした。ところが、日清戦争のころになるとイギリスの態度が軟化してきます。当時シベリア鉄道の建設が進み、ヨーロッパから陸路による極東への道が開かれようとしていた時期で、トルコ、ペルシャ、アフガニスタンでロシアと対立していたイギリスは、東アジアでのロシアとの衝突を極力避ける必要がありました。そこで国力を上げてきた日本を抱き込むために歩み寄りの姿勢を示してきたのです。(日英条約改正の調印は明治二十七年の七月。税権回復はさらにあと)

その後の日清戦争や北清事変でさらに軍事力を認められた日本は、明治三十五年、今度は対等のパートナーとして認識されるに至ります。日英同盟です。
当時、イギリスの外交方針は「栄光ある孤立」でした。しかし、ボーア戦争での疲弊で、北清事変を機に満洲に居座ったロシアに単独で対峙する余力がありませんでした。
そこでイギリス同様、ロシアの南下に警戒感を募らせていた日本に目をつけたのです。
(なお、このころから「大英帝国」の国力が徐々に傾き始める時期でもあります)

日本が条約改正に成功し、パートナーとして認められたのは、日本側から言えば、「富国強兵の成果」、イギリス側から言えば「日本の軍事力に利用価値を見出した」ということになりましょうか。

少し補足します。
列国、とりわけイギリスの清国における権益は大きく、内乱でも起こると経済活動に支障をきたすことになります。居留民保護の必要もあります。日清戦争がそうであるように、内乱から戦争に発展することもあります。事があったときの治安回復のためには軍隊が必要になりますが、まとまった軍隊を短時日に北京に送り込める国は、当時、日本とロシアしかありませんでした。

さらに補足します。
「イギリスの政治の特徴には、・・伝統を固守して変更を肯んじないと共に、一般現実の問題に対しては臨機応変に彌縫策を講じてその場を切り抜けて行くという風があり」(『外交と国際政治』内山正熊)その老獪な現実主義はヨーロッパ諸国から「不信な英国」と警戒されていました。これは、日英同盟に反対した日露協商派(栗野慎一郎など)の反対理由の一つでもありました。上記の日本への歩み寄りなどは、その現実主義の一典型でしょう。
当時は国家利害が外交の前面に押し出された時代です。有色人種や異教徒としての偏見よりも優先すべきものが、イギリスにはあったのです。(イギリスに限らず、また現在でも、外交の第一問題は国益でしょうが)


話は変ります。
『謎とき日本近現代史』野島博之著に「なぜ日本は植民地にならなかったか」という章がありますので、簡単に要点を紹介します。

幕末当時、イギリスの資本主義は絶頂期で世界中にイギリスの商品が輸出されていました。
その商品を輸出する際、相手国に高い関税をかけられないように、強力な軍事力を背景に自由貿易を強いていました。イギリスにとって、貿易に干渉してこない相手政府なら植民地にしたりする必要は低下します。
江戸幕府は、攘夷の世論に押されてイギリス製品のボイコットを積極的に指揮したりせず、明治政府も不平等条約を受け継ぎ、国際法を遵守する姿勢を示しました。イギリスが武力に訴える必要はなかったのです。

もう一つは、日本のシーレーン(ある国の商船や客船が安全に通航できる航路。対馬海峡など)の問題です。1861年にロシアが対馬を占拠したとき、イギリスは阻止しましたが、代わり占拠しようとはしませんでした。日本のシーレーンをロシアと奪い合うのは、コストが高いと考えました。日本を活用してシーレーンを確保させるほうが得策と判断したのです。


野島氏は主にこの二項を取り上げています。これだけみると棚ぼた式の独立のように聞こえますが、けっしてそんなことはありません。
開国から1881年までのあいだに海外に流失した金銀は、現在の価格で三百億ドルほどだそうです。たいへんな額です。中国やペルシャは、列国の「簒奪」からの赤字を補填するため、各種の利権を売りに出して半植民地に転落していったわけですから、明治人の苦労を思いやるべきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。

イギリスも国益の点から日本と手を結ぶのが良いと判断した結果なのですね。

開国からの十数年間で3兆円以上の金銀が流出したのですね。
本当に明治時代の人の苦労は大変なものだったでしょうね。
私たちが日本的だと考えている事の多くは、明治以後に形ができたものが実は多いみたいですが、幕末明治と昭和という時代は日本という国にとって本当に激動の時代だったのですね…

大変勉強になりました。

お礼日時:2007/02/08 08:50

当時の日本は輸出できるものといえば木綿などの繊維モノくらいで


とても植民地にするだけの魅力=経済的価値はありませんでした。
しかし国力の割には教育水準は世界でも有数で、
民族としては優秀な人間が多くいるという認識はあったようです。
しかも島国ということで、攻めるのにも一苦労します。
国力は少ないが人材は豊富で手がつけにくい…ということならば
ヘタに土足で踏み荒らすよりは仲良くなってこちらの都合のいいように
コキ使った方が得だろう、と判断したのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり日本は植民地にするほどの魅力はない国だったのですね。
ありがとうございました!

お礼日時:2007/02/08 08:07

 最大の功労者は、徳川慶喜でしょう。



 西欧列強が、直接日本支配のために、日本人と戦うというのはあまり効率の良い方法ではありません。

 イギリスは自国の10倍以上の人口があるインドを植民地化しましたが、それは、ムガール帝国内部の藩王国の内乱などに乗じてお金を貸し、その借金の形にその地域の税金徴収権を手に入れることで、徐々に全土を支配していきました。

 幕府が、徹底抗戦を行っていたならば、陸軍力の近代化では遅れていたものの、その海軍力は圧倒的であり、長期に渡る内戦で幕府も薩摩・長州も疲弊し、それぞれ戦費としてフランス・イギリスから多額の借金をして兵器・軍需物資の輸入をしていたはずです。

 結局どちらが勝ったとしても、その借金返済に苦労した挙句、明治初期の近代化するための資金が不足し、更には借金の返済に困りインドの二の舞になっていたはずです。

 徳川慶喜が戦争をする気がなかったのが、大英断だったのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>徳川慶喜が戦争をする気がなかったのが、大英断だったのです。
徳川慶喜が薩長との戦争を望まなかったのが大きいのですね。
長州から多くの志士が誕生したのも、そうせい公と言われた毛利敬親が自らは確固たる思想を持たずに(山内容堂にはバカにされてますけど)、家臣を信頼して「そうせい、そうせい」と右も左も全て認めていたという土壌があったのが大きいみたいですが、15代将軍が慶喜であったことが日本にとっては幸運だったのですね。

ありがとうございました!

お礼日時:2007/02/07 07:05

イギリスは実際に日本を植民地化した場合についてのシミュレートを行いましたが


「地球の裏側に近い日本に莫大な戦費をかけて多大な兵力を送り、多くの犠牲を出してまで植民地にするだけの価値のある市場は得られない」
と言う結論を出しています。
これは薩英戦争でイギリス側が死傷者63人に対し、薩摩側が死傷者9人だけ(ただし薩摩側の物的な被害は甚大であり勝ちとは言えません)だったことも影響しているようです。
当時の欧米列強にとって植民地はあくまでも利益を獲得するための「市場」「資源の供給先」であり、その為の経費は「投資」でした。
損益分岐点を計算してワリにあわないのならば、わざわざ植民地化する意味はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

イギリスは実際にシュミレートしていたのですね。

>損益分岐点を計算してワリにあわないのならば、わざわざ植民地化する意味はありません。
日本は資源がなくて運が良かったのですね。
幕末に至っても国中に金山・銀山がたくさんあったりしたら植民地化された蓋然性が高かったのですね。

ありがとうございました!

お礼日時:2007/02/07 06:57

アングロサクソンの思い上がりは今もですが、アジアなど


眼中にありません。その意味では、マレーシアのマハティール
の言っていることは正論です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

欧米紙は日本バッシングが大好きですよね。
マハティールや李登輝は良くも悪くも骨のある政治家ですね。今の世代の政治家が勇ましい事を言っても小粒な感じが否めないです。

ありがとうございました!

お礼日時:2007/02/07 06:54

植民地にするためには、相手を屈服させなくてはなりません。

当時の西欧から見た日本観は、国民の多くが四六時中鋭利な刃物で武装し、外国人を見たら攘夷攘夷といって命がけで切りかかってくるなんとも物騒な国です。こんな国を屈服させようと思ったら、大量な陸兵を派遣し甚大な被害を受けることを覚悟しなくてはなりません。(最悪日本人を根絶やしにして、瓦礫の山しか残らんかも。)さらにいうと東洋で戦争しようと思ったらイギリスの補給を受けなくてはなりません(当時の蒸気船の石炭釜は、定期的に火を入れないとすぐだめになる)。すでに日本でも貿易で大きな利益を上げ始めているイギリスが、莫大なリスクを背負って戦争をするメリットはあまりありませんし、イギリスの頭越しに戦争を始めることは、他の列強にはとてもできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

当時の日本はかなり物騒な国と映っていたのですね。
確かに艦砲射撃で江戸・大坂などを壊滅させても、その後の統治は極めて困難でしょうね。イラク戦争後のアメリカによるイラク統治の困難さと同じでしょうか。

ありがとうございました!

お礼日時:2007/02/07 06:50

アジア人を黄色人種といいますが、見ての通り、肌が黄色いわけではありません。

帝国主義時代に流行した黄禍論↓ の影響でしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E7%A6%8D% …

信号と同じで、黄色は注意。急速に近代化し、台頭してきた日本は警戒されていたわけです。

幕末の日本については、
植民地にするほどの魅力がなかった。
大軍を派兵し維持するには遠すぎた。
列強が他のことで忙しかった。などありますが、
試しに辺境を攻撃してみたら、けっこう手強かった(馬関戦争、薩英戦争)。
オランダの入れ知恵で、国際法を根拠としたしたたかな外交を行なうタフな交渉相手だった(徳川慶喜)。
という理由もあるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本人は肌が黄色い訳ではないのですね。
白人に比べたら色(肌色)がついているので、緑を青と表現する感覚で日本人やらインド人の類は多少の濃淡はあれどまとめて黄色と言われているのかと思っていました。

日本は資源がないから列強には魅力がなかったのですね。
繋がりのあったオランダの入れ知恵といったものもあったのですね。

ありがとうございました!

お礼日時:2007/02/07 06:47

外交の基本は軍事力があるかどうかです。


ロシアも、ピョートル大帝が出現し、北方戦争で当時の列強であるスウェーデンと戦い、勝つまではヨーロッパの国とは認められていませんでした。ロシアは、モンゴル帝国の孫国家みたいなもので、一生懸命東ローマ帝国の後裔国家だと捏造していますが。
まぁ当時の欧州から見れば、欧州なのかアジアなのかよくわからん国。
戦争に勝ったので、欧州列強クラブに入れたと言うことです。

日本もロシアの南下政策に対して、防波堤になる!と踏んだイギリスに治外法権の撤廃がなされたのが 1894年、実に日清戦争勃発直前。
関税自主権は、日露戦争後です。

幕末に日本が植民地化しなかったのは、欧米がその気にならなかったからです。他の事で忙しかった。アメリカは南北戦争してましたし、イギリスはインド、フランスはインドシナと、もっとおいしい場所に力を傾注していましたので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ロシアすらスウェーデンに勝つまではヨーロッパと認められてなかったのですね。
今も、EUへのトルコ加盟をキリスト教圏の白人国家が頑なに拒否反応を示していますし、今なおヨーロッパに異民族を入れてなるものかという感情は根強いのでしょうか。

ありがとうございました!

お礼日時:2007/02/07 06:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q欧米列強の手口と日本

日本は日米和親条約結んで開国し、尊王攘夷運動が起こるなど猛烈な抵抗運動が起きました。
開港するとか、内地雑居いう偽善が当時から悪であると思われていたのだと思います。
欧米列強の植民地化の手順、手口と、大日本帝国でどこまで植民地化が進みやばかったのか知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の調べた内容でお答えします。
1番目、西欧列強の行っていた植民地政策は愚民政策と言われるもので、例えばインドは
綿花の生産地であり、その材を加工した製品の消費地(つまりイギリスの製品の消費地)
であった。もちろん、反乱できる知識・教育なとは皆無の状態に置かれていた。
 しかし、日本は西欧列強のアジア侵略が華やかなりし18-19世紀には、江戸幕府の
封建制度の鎖国時代であったが、武士道精神(外夷に対から自藩を守る意識)は盛んで
あった。
西欧はやはり封建制度が発展した国々であり、西欧諸国は西アジア・アジア(トルコ帝国・
ムガール帝国)等諸国では、侵略に対して日本のような抵抗を受けなかった。しかも
清国はまだ眠れる獅子の状態であった。ライシャワー博士の言葉!
 19世紀中葉、侵略の手を日本に伸ばした西欧列強は、はじめてアジア諸国とは別の
精神構造を持つ日本の武士道にぶち当たる。これは、薩摩に対しては薩英戦争であり
長州に対しては、馬関戦争である。薩摩藩も長州藩も、実力では散々ながら戦う意思
を持っていた。(当時のアジア諸国には、戦う意思すらなかった)

2番目:戦後のマインドコントロールを受けているみなさんには、ウソに聞こえる
かもしれませんが、 大東亜戦争(そう変えさせられた名前:太平洋戦争)で
日本軍は 自衛のための戦争を 行った。しかも、アメリカから先に手を出すような
ワナに嵌められた。歴史的事実を踏まえると、中国にも特に共産党に嵌められた
戦争(日中戦争:通州事件等参照 前記アドレス内)しかも東京裁判(国際法違反
勝者の裁き 未だにアメリカの戦争犯罪については裁かれていない!!前記参照)
インドネシア・インド・フィリピン・ビルマ・台湾・朝鮮・中国等の国々に
行ったのは、大東亜共栄圏構想を実現のため、現地人をまず読み書きできる
教育を施し、正規軍隊として武器の使い方を指導し、植民地から彼ら自身の
独立国となれる補助をしていたのです。
 それまでの白人の愚民政策ではなく、19世紀末のアジア地図と現在のアジア
地図を見比べれば、自明のようにアジア解放戦争が大東亜戦争の実態なのです!
共栄圏とは、日本の侵略を意味するものではありません。共に栄える地域を
作ることが、日本の目標だったのです。前記アドレスのブログには、インドの
インパール作戦(日本軍人の方がたくさん死者を出しています)・・・
たくさんのブログのなかから探してみて下さい。満州国は日本の植民地では
有りませんでした。(黄文雄『満州国は日本の植民地ではなかった』)
すいません。たくさん思うままにかいてしまったです。
よろしくお願いします。実際の歴史は、学校では教えてくれません。
なんせ、教科書は反日思想の人々が作ったウソツキ教科書だからです。
先生方も、左巻きの反日の日教組だからです。真実を見誤るなよ!!

私の調べた内容でお答えします。
1番目、西欧列強の行っていた植民地政策は愚民政策と言われるもので、例えばインドは
綿花の生産地であり、その材を加工した製品の消費地(つまりイギリスの製品の消費地)
であった。もちろん、反乱できる知識・教育なとは皆無の状態に置かれていた。
 しかし、日本は西欧列強のアジア侵略が華やかなりし18-19世紀には、江戸幕府の
封建制度の鎖国時代であったが、武士道精神(外夷に対から自藩を守る意識)は盛んで
あった。
西欧はやはり封建制度が発展した国々であり...続きを読む

Q戦艦大和で艦砲射撃を加えていた場合、ヘンダーソン飛行場は全滅していたで

戦艦大和で艦砲射撃を加えていた場合、ヘンダーソン飛行場は全滅していたでしょうか?

Aベストアンサー

ヘンダーソン飛行場への攻撃実行時、島には戦闘機などの単発機用のヘンダーソン"第二"飛行場が既に完成していましたが、帝国陸海軍は偵察不足からこれを察知していませんでした。戦史にある"この攻撃で数日に渡り基地機能が失われた"、と言うのは第一飛行場だけで第二飛行場は無傷でした。つまり大和型が参加したとしても第一次攻撃時点では敵第一・第二飛行場を双方とも殲滅するのは不可能だった事になります。
元々この作戦の骨子は米増援部隊の上陸阻止でしたので、増援部隊が着陸可能な滑走路(及び破壊された第一飛行場を整備する部隊)を殲滅しきれなかったことで戦略的に失敗に終わりました。
ヘンダーソン飛行場を無力化している間に増援部隊を急送する作戦も、この第二飛行場から飛び立った米航空部隊に輸送船団が大きな損害を受け、弾薬・重火器のほとんどを喪失するなど、戦術的にも成功したとは言い難いものです。

また、当時帝国陸海軍では人力で木の根を抜き、土を運んで滑走路を設営していたので飛行場が完成するまで数ヶ月を要したのですが、米軍は機械化部隊がブルドーザーで地面をならし、鉄板を並べ、わずか数日で滑走路を作って行きました。双方の滑走路を破壊したとしても、結局はこう言った地力に勝る米軍に敗れていたのでは無いかと思います。

"戦力の逐次投入""敵戦力の過小評価""偵察の軽視""補給・整備部隊の軽視"など、帝国陸海軍の悪癖が露見してきたのもガダルカナル戦からです。
大和型は確かに強力な戦艦ですが、あくまで対艦兵器として強力なだけです。ミッドウェーでの大敗を引きずる海軍が、空母を伴わずにこの戦域に進出させたなら、結局は大和型を失う結果に終わるのではないかと思います。

ヘンダーソン飛行場への攻撃実行時、島には戦闘機などの単発機用のヘンダーソン"第二"飛行場が既に完成していましたが、帝国陸海軍は偵察不足からこれを察知していませんでした。戦史にある"この攻撃で数日に渡り基地機能が失われた"、と言うのは第一飛行場だけで第二飛行場は無傷でした。つまり大和型が参加したとしても第一次攻撃時点では敵第一・第二飛行場を双方とも殲滅するのは不可能だった事になります。
元々この作戦の骨子は米増援部隊の上陸阻止でしたので、増援部隊が着陸可能な滑走路(及び破壊された...続きを読む

Qもし中国が欧米列強に立ち向かっていたら日本の近代史はどうなっていたでしょうか?

中国は欧米列強に立ち向かう事も出来ず、ロシアの南下政策に対して対策もせず、結局日清戦争に負けた後は英仏露に領土を次々占領されてしまいました。

ですが、もし中国、もとい清が欧米列強に立ち向かい、ロシアの南下政策に対抗していたら、日本やアジアの近代史はどうなっていたのでしょうか?

そもそもなぜ中国は欧米やロシアの脅威に立ち向かわなかったのですか?
また、日本は日清戦争を起こす前に中国に警告したのでしょうか?

Aベストアンサー

補足すると、対外的には積極策に出ています。
名目上の上下関係であった冊封体制を、植民地的な実効支配に転換しようとしますが、ヴェトナムはフランスに取られ、朝鮮においては袁世凱の行動が日本を刺激し、日清戦争を招きます。(日清戦争はロシアに対抗するための戦争ではなく、かえって戦後、ロシアが朝鮮に影響力を強めます)
ロシアの南下については、林則徐のころから改革派は警戒しており、左宗棠の活躍によるイリ条約の締結は、清朝側の勝利と個人的には評価しています。

Q欧米列強の植民地の取り方

アフリカ、南米、アジアとよくもまあ白人は植民地にして行ったもんだと思います。歴史の授業であまり教えてもらわなかったのですが欧米列強はどのように有色人種の国家を制服していったのですか? いきなり戦争を吹っかけて取っている訳ではないですよね? 例えば英国、フランスはどのように入り込んだのか教えて頂きたいです。もちろん植民地化した地域により違ったアプローチをしたと思いますが、例えばどの国の場合と紹介して頂ければ勉強になります。 宜しく御願いします!

Aベストアンサー

 確かにいきなり大軍を送り込み征服するのでは

支配する側も犠牲が多く効率は悪いですね。

大きく2つのパターンがあります。

古い方から、

(1) スペインが中南米を植民地にしたやり方
 
 スペインとポルトガルは欧州の中で先駆けて

植民地作りをしていきました。この2国は重商主義

と言って商業(貿易)利益で大国になります。どこ

そこの資源をどこそこに売って差額でもうけるわけ。

 有名な話しですが、インカ帝国(現代のチリなど)

の神話に「東の海から白い顔をした神がやってくる」

というのがあったらしくてスペイン人がその通り、

来航、インカ帝国は喜んで歓迎した。ところが、記録

によるとスペイン人が驚くことに金・銀がとても豊富。

さっそくその資源を手にいれるために大軍を送り、

虐殺と占領をしたそうです。これも有名ですが、インカ

帝国は一部の技術文化はヨーロッパより進んでいたが、

致命的な弱点は武器がほぼない、鉄砲と大砲で武装した

スペイン軍にはたちうちできなかった。

 ちなみに中南米ではブラジルだけが旧ポルトガル領

アジアではフィリピンだけが旧スペイン領。世界がほぼ

この2国で分割された頃、争いをさけるためにローマ法王

の前で2国がお互いに相手の植民地から1つずつ選んで、

交換し合ったそうです。真偽はよく知らないのでごめん。


(2) 次はイギリス・フランス・オランダに代表される

 自国の産業を発達させて、世界中から集めた資源で、

製品をつくり支配する地域にその製品を売りつけていく

やりかた。少し具体例で

イギリスです。ちょうど日本で江戸時代が始まるころ、

英国はインドに「東インド会社」という国策会社を作り

ました。当初はインドから綿織物を買い付けて、本国に

送り売ってもうけるというやりかたでした。インドは

世界最大の綿織物手工業国でしたから、しかしこれでは

イギリスはインドにお金を払います。国同士で考えると

イギリスが赤字。そこでイギリスは産業革命という時期

自動織機を発明し、機械による綿織物生産に成功。

そうなるとインドの手工業が邪魔。軍隊の力でインドの

職人の手首を切り落とすという野蛮なこともするのですが

経済的にはインドから綿花を輸入、インドの手工業製品

よりも安価にできる英国産綿織物をインドに売りつける。

このやりかたでインドを衰えさせ、イギリスはついに、

ムガール帝国を滅ぼし「インド帝国」なる植民地を作り

ました。東インド会社から「インド帝国」創建までじわ

じわと時間をかけ徐々に植民地化をなしとげます。

 ちなみにこの関係でもインドから綿花を買うので銀は

支払います。そこでイギリスが考えたのは、インドで

アヘンを作らせてそれを中国の民衆に売りつける。もう

けた金(銀)でインドから綿花を買うとイギリスは只で

綿花を手に入れ、綿織物を売れるので美味しい。これに

中国が怒り、入港していたイギリス船のアヘンを海に

捨てると賠償と謝罪を要求したイギリスが中国に戦争を

しかけるという理不尽な行動に。これがアヘン戦争。

アヘン戦争を自分の目で見た長州藩の高杉晋作らが、

欧米を追い返すことなど不可能と知り、なおかつ欧米は

日本をも植民地にするは明らかと、開国方針にきりかえる。

※ 世間的にはあまり知られていないが、英仏はアフリカ

各地を植民地にするに当たってはコンゴ王国やマリ王国

などいくつもの王国を滅ぼして支配。そして本国では、

アフリカには文明などなに一つ無い「暗黒大陸」と紹介。

学校教育で暗黒のアフリカに自分たちの手で文化を伝えて

あげようと洗脳した。これが植民地という言葉の由来。

つまり文化のすすんだ自国民が文化のない遅れた地域に

住み着いて文化の開花してあげよう。それがアフリカ黒人の

幸せになる、だって彼らはチンパンジーとかわらないのだか

ら。その代わりその土地の資源や黒人を奴隷として売るぐら

いは当然だよね、という感覚でした。

 アフリカ諸国は1960年代に続々と独立、とても若い。

しかも経済的にはまだまだ英仏両国の結びつきが強く、

利益を吸われている。近年やっと一部の国々で経済発展が

見られ初めて来ました。



 

 確かにいきなり大軍を送り込み征服するのでは

支配する側も犠牲が多く効率は悪いですね。

大きく2つのパターンがあります。

古い方から、

(1) スペインが中南米を植民地にしたやり方
 
 スペインとポルトガルは欧州の中で先駆けて

植民地作りをしていきました。この2国は重商主義

と言って商業(貿易)利益で大国になります。どこ

そこの資源をどこそこに売って差額でもうけるわけ。

 有名な話しですが、インカ帝国(現代のチリなど)

の神話に「東の海から白い顔をした神がやってくる」

というのが...続きを読む

Q欧米列強

世界中を植民地支配し、世界の伝統を破壊し混血だらけにしたレイプ魔、欧米列強。
映画総もみ消し、歴史でプランテーションなどとして正当化。
彼らの今はどうなんですか?領土的野心、過去の歴史認識、人柄。
やつらの国には奴隷はいるのか?
再び欧米列強による植民地支配の時代は来るのか?

Aベストアンサー

この前のフランス大統領は、ギリシャ人の移民の息子

今のアメリカの大統領の父親はケニアからの留学生

今のドイツ首相はポーランド系


というような状況になっているいるように、混血だらけです


人気Q&Aランキング

おすすめ情報