波は風によって起こるといいますが、風というのは山側から吹く風もあります。
しかし、波は必ず海側から寄せてきます。どうしてなのですか?

A 回答 (5件)

浅くなるほど波は遅い。


 水が水面と平行な軸の周りで回転している。これが波です。浅い所だと、いってみればその回転が妨げられるので、波が伝わる速さが遅くなります。
 さて、32人31脚ってテレビでやってますよね。肩を組んで横一列になって走る。もし右端に行くほど足場がぬかるんでて走りにくいとしたら、どうなるでしょう?全体が右に回転してしまいます。
するとみんな足場が悪くなる。そうなってしまえば、今度はまっすぐ行きますね。
そういう訳で、波も岸辺に近づくと、必ず岸の方に向かうように方向が変わるんです。
これで良いでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私のフッとした質問にお答え頂き、ほんとに有難うございます。

お礼日時:2001/01/12 16:38

とても面白い質問なので、思わず出しゃばりました。

m(__)m

さて、海岸では、海の方に向かうに従って、深くなり、陸に向かうに従って、浅くなってます。この傾きが原因だと思います。

水が海と陸の間を行ったり来たりすると、陸に向かうときは、水の体積は同じですから、底が浅くなると上に盛り上がるわけです。しかし、この水が海に戻る時には、だんだん深くなるわけですから、盛り下がるわけです。陸から風が吹いてたって盛り下がっちゃったら波になりませんよね。だから、陸方向に向かって波は高くなります。

ってな説明はいかがでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂き、ほんとにありがとうございましたっ!

お礼日時:2001/01/15 10:57

◆Naka◆


面白いご質問ですね~。 (^o^)
基本的にstmachmanさんのご意見に賛成です。
誤解を承知で説明しますと、例えば横から見て、海側から陸側に移動する波は、nonkunさんのおっしゃるように、浅くなる海底が障害物となって海面側(上側)が先に前に出ます。これが波となって陸に押し寄せるわけですが、逆に陸から海に向かう波は、深い海に吸収され海面に出てきません。

つまり海水全体が陸に向かって移動しているわけじゃない、ということです。ちゃんと陸側からも海に向かって海水は動いていますよね?? じゃなければ海水はどんどん山に登っていっちゃいますから。
ただ、陸側から波が立つためには、陸側にその波の元となる海水が存在しなければなりません。それが海側からやってきた「波」そのものなのでしょう。海側から波がやってきて始めて、陸側からもその海水を押し返すことができるのであって、それを返してしまえば次の波が来るまで水がありませんよね。

まとめてみますと、creolさんのご回答通り、海上ではあちこちから吹く風によって、四方八方の向きに波が形成されています。これは一瞬の突風等によって作られるものではなく、ある範囲を持った地域内で、同方向の継続する風によって海水の表面の動きが増幅されることによって「波」となります。一方陸上では、当然ですが「波」は作られません。よって陸があれば、必ず海側からの波になるわけです。陸に打ち寄せられた波は押し返され、水中で海側に移動していきます。
陸から海への大きな波を形成するほどの継続的な風が吹いても、元となる海水がないために「波」にはなりません。
ヘタな説明で恐縮ですが、こういうことではないでしょうか??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

判りやすいご回答ありがとうございました。
私の頭でもイメージできました。

お礼日時:2001/01/15 10:54

多分こういうことではないのですか?



1つの風で1つの方向の波ができるのではなく、たくさんの風で、海水が上下に波打ってると。
それが海岸線では陸に寄せているように見えるのだと思います。

実際に大きな波を立てるときは、水の中でモノを上下に運動させますし。

あ、そういえば波が浅い海底に来ると海底に当たって波が大きくなると聞いたことがあります。
となると、陸側への波のほうが強すぎて陸から沖への波が打ち消されるのかも???

ああ、なんだか邪魔しに来ただけになってすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

邪魔しに・・・なんてとんでもないです。
回答して頂き、ありがとうございます。

やっぱり、そうなんでしょうか?
海側からくる波の方が、陸側からの波に比べ大きいからなのかな?

お礼日時:2001/01/12 16:48

この場合、波が水だからです。



波といっても、海の波でなく、音や光のような波であればどの方向でも飛んでいきますが、海の場合、海岸で水が進む方向は陸側のみになります。
もし、海岸でなく、太平洋のど真ん中にでも立てたとしたら
波は風によっていろんな方向に動いてるはずです。
さらに、そのど真ん中の地点にちっちゃい島を作れるとしたら
その島の海岸には波が寄せるでしょう。

つまり、水の動ける範囲が限られているのに対して
風の場合、水ほど制限がなく動ける範囲が広いことが理由です。

この回答への補足

海岸で水が進む方向はどうして海から陸側のみなのですか?
陸から風がふいている時、どうして陸側から海へ波がいかないのか不思議なのですが・・・
教えて下さい。(子供じみた質問ですみません。)

補足日時:2001/01/12 15:02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほんとに有難うございます。
私のしょーもない(他人からみれば)質問にお答えしてくださる方がいらっしゃる事に、すごく感動しております。

お礼日時:2001/01/12 16:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q波は寄せては返す(3 水の粒子の楕円運動の大きいさは海の場合何で決まりますか。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2289243からの続きです。
楕円運動の楕円の大小と波の大小は波が大きいほど楕円も大きいのでしょうか。水槽の中の
人工的におこした楕円運動の楕円の直径と海の楕円の直径が同じとは思えません。

Aベストアンサー

水の波の大きさは気象関係では、波高で表しますが、当然、「水の粒子の楕円運動の楕円の大小と波の大小は波が大きいほど楕円も大ききなります。」深い水深(波長に比べて)の海の水の粒子は円運動をしますが、このときの円運動の半径は、ほぼ、波の振幅(波高の半分)に等しくなります。

「海の波」といっても、海面(海面を写した写真など)を見ればおわかりになるように、大きい波(うねり)もあれば、小さい波(風浪)もあります。小さい波はすぐに減衰しますので、遠くまで届く波は、波長の長い波(うねり)になります。

海の波の発生の主な原因は風です。強い風が長時間続くほど、大きな波(波高、波長ともに大きくなる)になります。

Q矩形波と正弦波の半波整流

矩形波の半波整流を行っていますが、半波整流した直流電圧を算出できる式はないでしょうか?
実験値と比較してみたいのです。
また、正弦波を半波整流した時と矩形波を半波整流した時では整流後の直流電圧値は異なります。(実験結果から矩形波の方が高い)
感覚的には分かるのですが、理論的にこの理屈を説明できる方がいれば助言お願い致します。

Aベストアンサー

概算なら、ダイオードを理想的なものとして、

矩形波の場合
1. 正の半波では出力電圧は入力電圧最大値と一致する。
2. 負の半端では、出力電圧はCR(Rは負荷抵抗)の時定数で指数関数的に減少する。
として、平均値を計算できます。

正弦波の場合には、
a. 正弦波の正のピークから出力電圧vdはCRの時定数で減少する。
b. 次の周期で、正弦波電圧と直流電圧が一致した時点(この時刻を上記電圧と交流電圧の周期から計算)で、コンデンサに充電がはじまり、出力電圧と交流電圧の瞬時値が一致する。
とすれば、直流電圧の波形が決まるので、平均電圧を計算できます。
(厳密には、CRの時定数で出力電圧の減少がおきるのは、入力のピークを少し過ぎたところからですが、概算ということでその部分を無視しています。)

Q方形波、正弦波、三角波について

(1)方形波の振り幅(最大値)と実効値の関係式

(2)正弦波の振り幅(最大値)と実効値の関係式

(3)三角波の振り幅(最大値)と実効値の関係式

(1)~(3)の式を教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

最大値をVmとすると
1. Vm,
2. Vm/√2,
3. Vm/√3
ではないでしょうか。

Q正弦波と矩形波(方形波)

正弦波と矩形波(方形波)についての質問です
同じ周波数、同じ音圧で正弦波と矩形波のそれぞれを聞くと正弦波より矩形波のほうが鮮明に聞こえますが、これは何故なのかがよくわかりません。矩形波が周波数f、3f、5f、・・・(2n-1)fの重ね合わせによる波であることが関連しているのではないかと思いますが、よくはわかりません。考え方は間違っていないですか。
回答のほうをよろしくお願いします

Aベストアンサー

考え方は合っています。
人間の耳は徐々に変わっていく音に対しては鈍感、急激に変わる音に対しては敏感だからです。
ご存知の通り、正弦波は緩やかに変化する波形です。
一方、矩形波は急激に変化する部分が多数存在します。(Lレベル⇔Hレベル変化部)
まとめると、矩形波が周波数f、3f、5f、・・・(2n-1)fの合成波であり、人間の耳に敏感な変化をするから鮮明に聞こえるといったところです。

Q波は寄せては返す

以前、サーファーみたいな人が波は寄せては返すのではなく、正確には波を横から観察すると水が楕円の形にくるくる回転しているだけなのです。と言っておりました。

この「波を横から観察」というのは、実際に肉眼で水の楕円運動を見られると言う事でしょうか。それとも、何かの観測機械を通してという意味でしょうか、教えて下さい。

楕円の大きさはどのくらいなのですか。鳴門海峡の渦潮みたいに沢山楕円を目でとらえる事も出来るのでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

サーファーは楕円運動している波に乗っているのではなく。砕けようとする波に乗っています。海の波の進行速度は深い水深の波と浅い水深の波では少し性質が異なります。浅い水深の波は水深が浅くなるほど群速度が落ちます。その結果、海岸へ向かってくる波は背後からやってくる波に追い越されようとします。このとき波が砕けるのです。しかし、波の寄せては返すという性質の、根本となる原理は、水の粒子の楕円運動にあります。楕円の上半部は波の進行方向に等しく、これが、寄せる波です。楕円の下半部は波の進行方向と逆の方向で、これが返す波です。

楕円の大きさですが、これは上に述べたことから明らかだと思います。楕円の上半部が波の山で、下半部が波の谷です。ですから、波の波長の半分が楕円の直径(長軸の)になります。

楕円運動の意味は海面(水面)に浮かんだ木片を観察すれば明らかだと思います。注意深く観察すると、木片は上下に運動しているのではなく、波の進行方向を長軸とする円運動(楕円運動)をしています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報