私は食に関係した仕事をしているので、食べ物について書かれたエッセイが大好きです。レストランのガイド本とか料理の指南書とかではなく、食べ物と人生の係わり合いについて書かれたような、含蓄のあるエッセイが特に好みです。好きな作家は壇一雄、開高健、吉田健一、池波正太郎などで、これらの作家の食にまつわるエッセイはほとんど全部読んでしまいました。東海林さだおのシリーズも全部読みました。最近は読むものがなくて困っています。みなさんおすすめの食べ物エッセイを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

ものすごーく古いのですが・・・私はこの本がラジオで朗読されるのを聞いて、食の本にはまりました。

かなり集めました・・・笑。
村井弦斎 著 「食道楽」

http://www.yumyumtown.com/lib/shokudoraku/index. …

あと、宇野鴻一郎「味な旅 舌の旅」
獅子文六「飲み 食い 書く」「続 飲み 食い 書く」
も大変面白いです。中公文庫にはそういう食の本多いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「食道楽」は日本のグルメ本の原点、ということで知っていましたが、古典(?)の苦手な私はいまだ手付かずでした。堅苦しい本を想像してましたが、なんだか面白そうですね。いずれ機会を見て挑戦したいです。
宇野鴻一郎は私も大変面白く読みました。ほかにも立原正秋とか渡辺淳一とか、ちょっと官能的な小説を書く人の食味エッセイは、独特ななまめかしさがあって好きです。
獅子文六のこの本は知りませんでした。「食味歳時記」というのを昔読んで面白かった記憶があるので、この本も探してみたいです。

・・・こうして見てみると、食べ物の本を書くのは男性ばかりですね。
何故なのでしょうか?

お礼日時:2007/02/07 11:06

わたしもしつこく書きます(笑)


今読んでいるのは

石渡希和子「ぜいたくなひとりごはん―毎日の食事をちょっぴり楽しくするヒント」
野中柊「きらめくジャンクフード」

「ぜいたくな」の著者は「おいしいごはんの店」「やさしいくらしの店」などでイラストを担当している人なので、かわいいイラストやイラストに添えられた説明書きも楽しく、ゆっくり少しずつ読んでいます。
「きらめく」はハンバーガー、ポテトチップスなどのいかにもジャンクフードからクラムチャウダーやベーグル、オムライスなど数々の食べ物に対するエッセイが目白押しで、読んでいると口が寂しくなってくるので、一気に読んでしまうのがもったいなくてこれも少しずつ読んでいます。

それにしても、食べ物エッセイを2冊も同時進行で読むわたしって相当食いしん坊かもしれませんね。

ほかには
岸本葉子「岸本葉子の暮らしとごはん―シンプルで心地よい生活ノート」
も、結構好きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mutsuki1さん、何度もありがとうございます。
おすすめの本、書評を読んで見ました。
私は外食関連お仕事をしていますが、この辺の本を読むと何かヒントが得られるのかもしれませんね。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2007/02/14 10:55

まだ〆られてなかったので、性懲りも無くまた書きました(笑



>・・・こうして見てみると、食べ物の本を書くのは男性ばかりですね。
何故なのでしょうか?
そう言えば、何故なんでしょう・・・実は矢張り男の方がいやしいのでしょうか・・・(苦笑 
そう言えば、お袋の味とかに拘るのも殆ど男ですよね・・・うーん・・・
と・・・横道に逸れました。

こう言うのはいかがでしょう。

C・W・ニコル「冒険家の食卓」角川文庫
開高 健 「ああ、好食論争」潮文庫
同    「食卓は笑う」新潮文庫
同    「地球はグラスのふちを回る」新潮文庫
畑 正憲「ムツゴロウの雑食日記」文春文庫

開高 健は特に面白いです。畑さんは凡そなんでも食べるのでこれまた面白いです・・・実は・・・私と友人とで昔、開高 健と畑 正憲とC・W・ニコルが居たらありとあらゆるものは食べてしまうのでは無いか・・・等とよくギャグを言い合ってました。  
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ironman28さん、またまたありがとうございます。

>そう言えば、何故なんでしょう・・・実は矢張り男の方がいやしいのでしょうか…
女性の食べ物本もいくつか読みましたが、「おいしそう」と感じさせる本は少ない気がします。よく「男は舌で味わい、女は目で味わう」と言われますが、そもそも女性の味覚は男性の味覚とは種類が違うのではないでしょうか。どうも私(男)には女心が理解できません(笑)。

開高健さんは私も愛読しています。すごいですね、あの健啖ぶりは。名作「新しい天体」には圧倒されました。ニコルさんと畑さんは未読なので、こちらの方は是非読んでみたいです。ムツゴロウさんも食べ物本を書いていたとは初めて知りました。

最後に、
>開高 健と畑 正憲とC・W・ニコルが居たらありとあらゆるものは食べてしまうのでは無いか・・・
この3人にもう一人加えるなら、農大教授小泉武夫さんです。是非ご一読を。

お礼日時:2007/02/14 10:24

わたしも食べ物に関するエッセイがすきなのですが、他に何があったかど忘れしてしまって・・・。

とりあえず浮かんだものを書きます。

石井好子「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる」
森下典子「いとしい たべもの」
阿川佐和子/檀ふみ「ああ言えばこう食う」

また、読んでみたいと思っているのは、平澤まりこ「すてきなあなたに 秋・冬」や森茉莉さんのエッセイです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mutsuki1さん、ご紹介ありがとうございます。
女性の書いた食べ物エッセイはほとんど読んだことがないので、今後チャレンジしてみたいと思います。
石井好子さんというのは有名なシャンソン歌手ですね。パリの思い出を書いた本でしょうか。面白そうですね。
森下典子さん・・・この人は知りませんでした。書評で見るとなかなか面白そうな本です。
阿川佐和子/檀ふみ・・・両女史とも父親は名うてのグルメで、食に関しても名著を残している方々です。きっと娘の本も面白に違いありません。早速本屋で探してみます。

ちなみに女流の方の書いた食べ物エッセイで私が一番面白かったのは、大道珠貴「東京居酒屋探訪」という本でした。食べ物というより「酒」のエッセイですが。おすすめです。

お礼日時:2007/02/08 14:05

#3です。

百けん先生はお読みでしたか^^;

「食道楽」も…と思ったら他の方がおススメでしたので、他の本を思い出したので追加します。

太田愛人という牧師さんのエッセイです。
「辺境の食卓」「大地からの贈物」です。
食いしん坊だけどマジメな牧師さんで、自給自足(もちろんムリなものはムリせず購入)、引越しの贈物に鍬をもらったりする方です。含蓄ありまくりですよ。

自分で作って食べるものも美味しそうだけど、旅先でのゴハンの描写も捨てがたいです。

賞もとったエッセイなので、これも既読かな…と思いつつ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

takomariさん、再度ありがとうございます。
太田愛人さんという名前ははじめて聞きました。牧師さんですか・・・ロハス系(?)の人みたいですね。「辺境の食卓」の書評を見ると、結構ワイルドな食生活の人みたいで、興味がわきました。早速取り寄せてみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/08 13:45

単純に「美味そう!」という本であれば、東京農大の小泉武夫先生が日経新聞夕刊に連載しているコラムをまとめた4冊、『食に知恵あり』『食あれば楽あり』『食に幸あり』(以上、日経ビジネス人文庫)『小泉武夫の料理道楽食い道楽』(日本経済新聞社)が良いですが、



私がお勧めなのは、西川治さんの『悦楽的男の食卓』 (白馬出版)です。

かなりグッとくる、男っぽい料理と写真と生き様の本です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。小泉先生は私も大ファンです。あのパワー、知識、行動力、探究心、頑健な胃袋、リズムの良い文章、すべてに圧倒されてしまいます。この4冊は未読なので、早速探してみます。ちなみに私のおすすめは「不味い!」です。
「悦楽的男の食卓」この本はたしかに男っぽい料理の本ですね。「男子厨房に入る」ブームの原点になった本のひとつでは、と思います。私も昔、この本のレシピで料理を作ったことがあります。(何を作ったか忘れましたが)

お礼日時:2007/02/07 16:13

 有名どころですので既読かもしれませんが・・・・



 『もの食う人びと』 (辺見庸著、角川文庫)
 元通信社特派員の著者によるルポ!講談社ノンフィクション受賞作です。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%82%E3%81%AE%E9%A3 …

 『ゆで卵』(角川文庫)
 こちらは、食べ物をめぐる短編小説集です。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%86%E3%81%A7%E5%8D …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。『もの食う人びと』は私もちょっと気になっていました。レビューを見ると、なんだかすごそうな本ですね。是非呼んでみたいと思います。
 『ゆで卵』…小説は、私はあまり読まないんですが、『もの食う人びと』が面白かったらチャレンジしてみたいです。

お礼日時:2007/02/07 15:54

古いし外国の本ですが…



『美味礼讃』ブリアーサヴァラン(著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4003252411
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん、これは名著中の名著、いわゆる「古典」ですね。題名は知っていますが、難しそうで、なかなか買ってみる気になれない本です。これも食わず嫌いかもしれませんが。
同じような古典で「随園食単」というのもありますね。私はどちらかと言うとフランス料理より中華のほうが・・・。

お礼日時:2007/02/06 22:09

内田百けんの(けんは門+月)「御馳走帖」はおススメです。

食いしん坊先生の食にまつわる文章の集大成です。
三宅艶子の「ハイカラ食いしんぼう記」も良いですよ。物心ついたときから結婚初期までの美味しいものの思い出がいろいろなエピソードとともに書かれています。
どちらも私の大好きな本です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。百鬼園先生は私も大ファンです。「御馳走帖」は名著ですね。ホテルでの豪華な「新年会」の話など、とても痛快でした。
三宅艶子という名前ははじめて聞きました。面白そうな内容です。いつごろの時代でしょうか。早速探してみます。

お礼日時:2007/02/06 21:44

手に入りにくいとは思いますが、


伊丹十三さんの「フランス料理を私と」
子母澤寛さんの「味覚極楽」の2冊が特にお薦め。
辻静雄さんの本も文庫になっている物がありますし、玉村豊男さんの本も良いと思います。あと嵐山光三郎さんの「文人悪食」とか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「味覚極楽」と「文人悪食」は名著ですね。私も愛読しています。
伊丹十三さんも食エッセイを書かれるとは知りませんでした。私はどちらかというと中華・和食党なので、フランス料理系の本はちょっと敬遠していました(食わず嫌い?)。今度探してみようかと思います。

お礼日時:2007/02/06 20:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本のラッピング・包装★プレゼントしたい

本のプレゼントをしたいと思っています。
ネットの本屋さんでは、(アマゾンやビーケーワンなど・・)300円ほどでラッピング包装してくれますが、普通の本屋さんで本を買えば、無料でラッピングしてくれるんですか?

無料でラッピングしてくれる本屋さんを探しています。
オンラインショップでもかまいません。教えて下さい。

Aベストアンサー

そこそこの本屋さんなら大抵ラッピングしてくれますが、大体、2~3種類の包装紙の中から選んで包んでもらうぐらいのラッピングです。

ちょっとかわいくラッピングしたいなら、100円ショップでラッピング用品を買って、自分で包んだほうが早いかもしれないと思います。

Q池波正太郎先生の作品を読む順番は?

質問です。今、池波正太郎先生の作品にはまってしまっています。
「鬼平」「剣客」「梅安」「真田太平記」の順に読んだりしているのですが
希望としては、「真田太平記」を読んだら、次は「獅子」とか・・・。
その物語に関連する番外的なのを続けて読みたいと思っています。
ただ、どの順で読んでいいのか分からなくて困っています。
先日も本屋(あまり種類が置いていないのですが)で蝶の戦記?の上下が
ぽつんとあったのですが、それを読んでしまっていいのか?
その前に続いているのがあるのでは・・・。と思っています。
できれば、どの順で読むと良い、みたいなことを教えていただければ、
と思っております。・・・長々と申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 池波正太郎先生の作品にはまっている方へ。ご年齢が不明なので、一概には言えませんが。

 「鬼平」、「剣客」、「梅安」と、3大シリーズを読んでいらっしゃるなら、番外を続けて読まれましたか。

 「鬼平」では、「乳房」、「にっぽん怪盗伝」、「おせん」。
 「剣客」では、「黒白」、「ないしょないしょ」。
 「梅安」では、「殺しの掟」。
 いずれも、文庫本で販売されています。私のお奨めは「まんぞくまんぞく」! 良いですよ。


 他の著名シリーズの「真田太平記」などもお読みらしいので、話の舞台(土地)や、年代(江戸後期、幕末)など、気に入ったものを片っ端からお読みになっては如何でしょうか。

 池波・先生の本は、何度も読んでも飽きが無いし、その都度に読んでて、良いなぁと思えます。私は、もう5回以上の読み返しをしております。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/gorozo

Q本をラッピング?したい

教えてください

中古本を販売したいのです
ブッ〇オフで売っている様な10巻セットのビニールラッピングってどうやってるのでしょうか?
それ専用の機械が必要なのでしょうか?

10巻20巻セットをネットで買った方で納得いく梱包方法があればそれも参考にしたいです
よろしくお願いします

Aベストアンサー

ドライヤーなんかの熱でギューって縮むラップみたいなやつですか?

Q池波正太郎作品の(殆ど)全てを知りたいんです。

恥ずかしい話ですが、それまで小説というものは殆ど読んだ事が無かったのですが、5年くらい前に偶然書店で「剣客商売」を見つけてから、池波作品にどっぷりはまっています。

今までに
「剣客商売」「鬼平」「真田太平記」「梅安」を何度も読み直し、その間に「あばれ狼」「剣の天地」「忍者丹波大介」「戦国幻想曲」「人斬り半次郎」「堀部安兵衛」「秘伝の声」「上意討ち」「闇は知っている」「忍びの旗」「まんぞく まんぞく」「夢の階段」「夜明けの星」「忍びの風」
と、これくらいは読んできました。

しかし、池波作品はこの他にも、沢山存在することは知っているのですが、具体的なリストがありません。

どなたか、池波作品の(作品が多いようなので、完全でなくても良いですので)全貌をご存じの方がいらっしゃいましたら、お教え頂きたく投稿させていただきました。

一応自分なりに、ネットで池波作品に関する各HPを検索しても、なかなか全ての池波作品を紹介しているHPに当たりません。
どこかに、良いHPがあれば、アドレスなども教えて頂ければ幸いです。

宜しくお願いします。

恥ずかしい話ですが、それまで小説というものは殆ど読んだ事が無かったのですが、5年くらい前に偶然書店で「剣客商売」を見つけてから、池波作品にどっぷりはまっています。

今までに
「剣客商売」「鬼平」「真田太平記」「梅安」を何度も読み直し、その間に「あばれ狼」「剣の天地」「忍者丹波大介」「戦国幻想曲」「人斬り半次郎」「堀部安兵衛」「秘伝の声」「上意討ち」「闇は知っている」「忍びの旗」「まんぞく まんぞく」「夢の階段」「夜明けの星」「忍びの風」
と、これくらいは読んできました。
...続きを読む

Aベストアンサー

八重洲ブックセンターにて現在入手可能な本です。
著者名「池波正太郎」の検索では現在391冊あります。
↓参考程度です。

参考URL:http://www.yaesu-book.co.jp/search2/index.html

Qネクタイのラッピングについて

恋人にネクタイが欲しいと言われたため、クリスマスにネクタイを贈ろうと思っています。
(ちょっと遅くなりそうですが)

1本ではなく何本か欲しいそうですが、お互い全くブランド物に興味がなく、1本1000円程度の物でも良いそうです。
(私の予算は5000円位、一緒にお菓子もあげます)
それくらいのお値段だと多分百貨店とかデパートになると思うのですが、
そのようなお店で何本か(理想は3本くらい)選んでラッピング、ってやってもらえるのでしょうか?
もしくは普通に買った場合、大体どのような包装になるのでしょうか?(透明な袋とか)

お店で無理そうだったら自分でラッピングしようと思ったのですが、
検索してもネクタイ1本のラッピング方法しか見つかりません。
どういう風に包むと良いかなど、アドバイスお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

元メンズブランドのスタッフです

基本的に百貨店は「望まれれば何でも」がスタンスですので、一本だろうが十本だろうがやってくれるでしょう。
ただし、有料・無料はその百貨店次第です。(殆ど無料ですが)

でも・・・
>「1本1000円程度の物でも良いそうです」

正直百貨店に「1本1000円のネクタイ」なんて売ってませんよ。
特にクリスマスシーズンはいつもより少々高いものでも売れますので、品ぞろえもそれに合わせたものになります。

ノンブランドで1本5000円前後。ブランドものなら1本8000円前後~でしょう。

1000円で探したいのなら「ダ●エー」「イトー●ーカドー」」のような「スーパー系」で探すしかないと思います。
若しくは「通販」。

Q池波正太郎の銀座日記

「池波正太郎の銀座日記」のなかで〔R〕で○○と○○を食べるとありますが、この中華料理屋らしき〔R〕とはどこなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは

私もそれ読みました

こちらかな?
http://www.ginza.jp/select/ip_shops/2005111.html

でもRとなるとこちら?
http://www.rikyu.jp/ginza.html

でも、こちらみたいです
http://www.rolan.cc/
銀座を見て下さい

こちらの
http://www.ginza.jp/select/event/03/06_1.html
ギフトとお食事に書いてあります

Qロールケーキのラッピング

ロールケーキのラッピングで何かいい方法はありませんか?
そのまま1本ではなく、一人分ずつ切って入れたいと思っています。

ロールケーキは、真中にムースを入れて作る予定です。

いい方法があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

ラッピングも一人づつですか?
カットした一本を丸ごとですか?

ひとりづつだと、めのフィルムで断面をくるみ、透明の袋に入れて、口をリボンで止めるか、封をする。

カットした一本丸ごとでしたら、クッキングシートで巻き、両端を飴のようにねじり、リボンで止める、あとは箱に、というのを料理教室の持ち帰りでしました。

お近くに、シモジマの店舗はありませんか?
http://www.shimojima.co.jp/products/index.html
ラッピングのヒントがいっぱいです。

Q池波正太郎が好きな方。

私は、池波正太郎さんの書かれた『鬼兵シリーズ』や『剣客シリーズ』のような時代小説が好きです。海外で生活しているせいか、読書をする時は江戸の良さを感じることのできる池波正太郎さんの本(エッセイの好きです)の方が、最近流行っている若手の作家の作品よりもずっと面白いと思います。

問題なのは、私の友達(小さい子のいるママ友達)で私と同じような趣味の人がまわりにいないので、『鬼兵シリーズ』を読破した後に読む本の相談をする人がいません。他に時代小説ではどんな本が面白いか、教えて頂けますか?

他には山本周五郎さんの本を10冊位と柴田練三郎さんの『眠り狂四郎シリーズ』から2冊読みました。最近の方では宮部みゆきさんも読んでいます。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

池波正太郎氏の小説はシリーズ物の「鬼平犯科帳」「剣客商売」「仕掛人梅安」「真田太平記」などのほかにも多数傑作があるので、まずそれを読破するのも結構楽しいと思います。幕末のころの「人斬り半次郎」「幕末新撰組」さらに江戸の風物をたくみにおりまぜた「あほうがらす」「雲んがれゆく」「おせん」など。
そしてさらに四十七士をあつかった「おれの足音」。さらにさらに私のいちおし「侠客」!もひとつ「剣の天地」と「おとこの秘図」。
数え上げたら限がない。
他の方の小説もとてもよいけど、私は結局池波作品にもどってしまいます。
もう中毒といってもいいくらい。
で、「鬼平」シリーズ全24巻は繰り返し読んでもちっとも飽きませんよ。
もちろん「剣客商売」「梅安」も同じ。
ほんとにたくさんの小説を残されていますので、読み応え十分。
(失礼な言い方かもしれないけど)他の作家をつまんだら、主食の池波ディナーで満腹に!てな感じですかね。
読んだらまた書き込みしてください。
私も池波作品をもっと他の方と話したいです。

では。

Q本のプレゼントについて

本のプレゼント


クリスマスに彼に本をプレゼントしようと思っています。
メインはもうすでに、彼には財布、私はアクセサリーを交換していますが、彼の方が予算が高かったこと、また、クリスマス当日に会えないので別の日にご飯とホテルを彼が予約してくれてるので、私はサプライズでその時にもうひとつプレゼントをしようと思っています。


読書家な彼で、読みたいと言っていた小説があったので、プラスお菓子でもと候補にしていたのですが、先日自分で買ってしまったようです。


しかしそのとき、もうひとつ読みたい小説があると聞けたのでそっちにしようと思ったのですが…


その小説がとても分厚い単行本な上、上下2巻の大作です。


メインのプレゼントはあげているし私としては、ちょっとしたサプライズプレゼントを、と考えていたので、本はぴったりだとは思ったのですが、


あまりに多がましい(金額じゃなく見た目が)プレゼントだと、逆に彼に気を使わせてしまわないかなと思ってきました…


それにそんな分厚い単行本を2冊っていくらラッピングしてもらっても可愛くないかなぁとか。


1巻完結の本なら即決だったのに。


お聞きしたいのは、
その本がいずれ読みたかったものだったとして、


でーんとラッピングされた分厚い本こプレゼントってどう思いますか?


やっぱりここは可愛いお菓子とか軽いものの方がいいでしょうか?


ご意見いただけるとうれしいです。


よろしくお願いします。

本のプレゼント


クリスマスに彼に本をプレゼントしようと思っています。
メインはもうすでに、彼には財布、私はアクセサリーを交換していますが、彼の方が予算が高かったこと、また、クリスマス当日に会えないので別の日にご飯とホテルを彼が予約してくれてるので、私はサプライズでその時にもうひとつプレゼントをしようと思っています。


読書家な彼で、読みたいと言っていた小説があったので、プラスお菓子でもと候補にしていたのですが、先日自分で買ってしまったようです。


しかしそのとき、もうひとつ...続きを読む

Aベストアンサー

以前に、彼が欲しがっていたものを思いつきで買って、
店の袋に入れたままポーンと渡したことがあったんですよ。
「はい、あげる」
こっちが予想したよりも喜んでくれましたよ。

あと本を貸してくれる彼氏がいたんですが、
新品ではなく、自分が読んだあとに「これすごくいいから読んでみて」
これもなかなか嬉しいものです。
私も本好きなので。

プレゼントしたいなら、予算高かったからとかラッピングとか体裁気にせずに、
「はい、これ読みたいって言ってたからどうぞ」とシンプルでいいんじゃないかな?
と思います。

サプライズプレゼントは、気持ちが一番じゃないかな(^^♪

相手が「もうプレゼント貰ってるのに!」と遠慮したら、
読んだら感想聞かせてねー、私も読んでみようかなと、軽く返せば、
相手は本ももちろん、あなたの気持ちが嬉しいと思いますよ。
サプライズは、「相手を喜ばせたい気持ち」が一番のプレゼントです。

Q池波正太郎さんの「剣客商売」

Amazonで「剣客商売」の評価が良いので読んでみようかな?
と思っているのですが
実は私、時代小説を全く読んだことがありません
そんな超、初心者でもついていけますか?

また「剣客商売」の読みどころ、押さえていきたいツボ
その他、関することなど何でも良いので教えていただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

私は本当に驚きました。
だって、このサイトのおしゃべり広場に朝、同じタイトルで、
投稿しましたから・・・(笑)。

私は本当に驚いた・・・。

池波正太郎の読みかたは色々でしょうね。
男の作法とか、食べ物、映画、沢山あります。
どのエッセーも池波さんの人生観が現れて楽しいものばかりです。

どなたかが言っておられましたが「真田太平記」は面白いです。
結構長いのですけど、面白いから一気に読めるでしょう。

私が面白いと思うのは「剣客商売」や「鬼平犯科帳」につながる、
短編がとても多いことかな・・・。

読みどころですか?
読めばあなたもファンになるでしょう。だって面白いもの・・・・
しいて言えばキャラが皆んな立っている(笑)。


人気Q&Aランキング