固有値の本を読んでいると、等スペクトル問題として太鼓の話などが
出て来ますが、それらに引き続いて、チャップマンの等スペクトル問題
と言うのが出て来ます。
最近耳にする、折り紙問題とも関連すると思うのですが、いまいち
固有値の集団=スペクトル、というのを十分に理解しないまま
読み続けると、どうもイメージがつかめません。
等スペクトル問題について、分かりやすく説明をしていただけませんか?
また、チャップマンの等スペクトル問題とはどう言うものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

下のURLがよろしいのでは?



1次元のばね定数kのばね間にN個の質量mの重りをいれてつなぎ両端を固定すると
x_{0}=x_{N+1}=0
ma_{n} = k( x_{n+1} + x_{n-1} - 2x_{n} )
(x_{n}:n番目の重りの変位、a_{n}:x_{n}の2回微分)
となります。x_{1} ,...,x_{n} をベクトルと見立てると
右辺は行列によるベクトルの変換になりますよね。
このとき、固有振動数がスペクトルで行列の固有値にほかなりません。
これの極限をとれば、1次元のラプラシアンがでてきます。
というわけで、これの次元を上げて、一般の曲面にすれば
太鼓の形を聴けるか? つまり、太鼓の固有振動で太鼓の形がわかるのか
という話になります。
つたない説明ですがあとはURLに書いてあるのをごらんになるのが一番かとおもいます。

参考URL:http://www.mcc.pref.miyagi.jp/people/ikuro/koram …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
教えていただいたページ、すごく勉強になりました。

お礼日時:2002/08/11 17:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング