こんにちは、よろしくお願いします。
さっそく・・・酵母は呼吸と発酵で生きているそうですが、呼吸なしでも生きることができるそうです。それはなぜなんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

直接的な回答ではありませんが、以下の成書は参考になりますでしょうか(内容未確認!)?


--------------------------
1.酵母ラボマニュアル/山本正幸,大矢禎一∥…/シュプリンガー・フェ…/1998.12 
2.カビと酵母/小崎道雄,椿啓介/八坂書房/1998.2 
3.酵母からのチャレンジ/田村學造∥〔ほか〕編…/技報堂出版/1997.5 
4.酒と酵母のはなし/大内弘造/技報堂出版/1997.5 
5.酵母/柳田充弘/共立出版/1996.10 
6.酵母分子遺伝学実験法/大嶋泰治/学会出版センター/1996.4 
7.酵母の遺伝子工学/Philip J.B…[他]/宝酒造/1995.4 
8.酵母の実験技術/I.Campbell…[他]/広川書店/1994.12 
9.21世紀に向かう酵母研究/玉置日出夫/学会出版センター/1994.10 
10.酵母による遺伝子実験法/山本正幸/羊土社/1994.10 
11.酵母研究最先端/バイオインダストリー…/医学出版センター/1992.5 
12.酵母研究技法の新展開/倉石衍/学会出版センター/1991.9 
13.酵母のニューバイオテクノロジー/バイオインダストリー…/医学出版センター/1990.10 
14.酵母のバイオサイエンス/栃倉辰六郎/学会出版センター/1990.5 
-------------------------------
ご参考まで。
    • good
    • 0

呼吸も発酵も、糖質を分解することでエネルギーを得る方法です。


呼吸は酸素を使用し、糖を二酸化炭素と水まで分解し、糖から最大量のエネルギーを取り出せます。
発酵は、糖を乳酸やアルコールまでしか分解しないので、同じ量の糖から取り出せるエネルギーは随分すくなくなるけど、酸素は要りません。

酵母は、この二つのエネルギー取得方法を持っているのです。

酸素があるかどうかで、この二つを使い分けているわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。だいたいわかりました。

お礼日時:2001/01/15 13:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報