あまりに漠然とした質問ですいません。
純粋に芸術というのは結局どういうものなのか知りたいのです。
僕は今まで単なる絵や彫刻などをイメージしていたのですが、現代美術の作品の中に既製品の便器が作品とされているものもあったようで、そうなると一体「芸術」ってなんなのだろうと考えさせられてしまうのです。
そうなると芸術作品に対する評価というのも僕にはわかりません。技術的に「この手の部分が繊細で他の人には真似できない」とかいうのであれば納得できるのですが、そうでない部分についていろいろ高い評価がついていても、何がそんなにすごいのかわからないのです。
単純に自分がその作品を好きならそれでいいのでしょうか?
それともその人の思想、主張みたいなものを感じることが必要なんでしょうか?
芸術家と呼ばれる人たちは一体何を目指して作品をつくっているのでしょうか?
何か思うところがあればお教え下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ラーメン屋に行くと、タレントのサイン色紙が壁に張ってあったりしますね。


サイン色紙なんて芸術的でも何でもない(ときに芸術的なものもありますが)のが普通ですが、その文字が自分の好きなタレントのものだったりすると、突然価値を感じます。好きなタレントの、その手が書いたものだと思うと、それだけで欲しくなったりします。
ピカソの絵と子供の絵と、どう違うのかと問われて、「そんなに違わない」と答える人にはピカソは芸術的ではないのです。
しかし、ある人にとっては、「確かな技術を持った人が晩年に近づくにつれて奔放な作風になっていくところが逆に偉大だ」ともなるわけです。
作家本人がどういう気持ちで作ったにせよ、芸術は受け手の問題です。
他の人が何と言おうと、あなたがいいと思ったものはいい、くだらないと思ったものはくだらない。
より大勢の人がいいと言えば、その人の作品は高値が付くというものです。
普通の商売では80円のものに手を加えて100円で売ったりするものですが、芸術作品は元手が非常に安い場合が多い。それを高額で売るのですから、商売としてはインチキな部類だと思いです。
それでも価値があると感じる人には、いくらで売られていても価値があるのです。
価値がないと思えば、それはそれでいいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答くださりありがとうございました。
なんとなく理解できました。
芸術家は自分の思いを作品に託して主張し、それが多くの人にとって共感できるものであると、受け手からより高い評価がされるということなのでしょう。
すっきりしました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/01/12 21:03

私もかれこれ20年以上フルートをやってます。

でも率直にいって全く判らないです。

私は、演奏するときに、自分の中にあるイメージを持ちますけど、聞いてる人がそれと同じイメージを持つかどうかは未知数であり、通常同じイメージを持って聞いてくれる人はいません。それぞれが自分のイメージを持ちます。あるいは、ききごこちがよくてすやすやって人もいますし~。(^^ゞ

でもそれでいいんだと思います。私にとって演奏とは聴衆に働きかけることであり、それ以上の何でもないです。その人が勝手に自分なりのイメージなり感想を持ってもらえることが私にとっての演奏です。それがいい方向の(害悪の生じない)ものであればその演奏は成功であろうと思います。逆にいやな気分になったのなら、失敗であり、私の未熟だと思います。

そういう私の目から見ると、ああいう展示物で訳の判らない様な作品?って、見てて気分が悪くなるので、私だったら失敗作だろうな~って思います。

でも、作った人はそう思ってないでしょう。どういうふうに見たらいいんでしょうね?なぞです。

答えになってませんね。ごめんなさい。m(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答くださりありがとうございました。
なんとなく理解できました。
芸術家は自分の思いを作品に託して主張し、それが多くの人にとって共感できるものであると、受け手からより高い評価がされるということなのでしょう。
すっきりしました。どうもありがとうございました

お礼日時:2001/01/12 21:04

私が思うには、自分の思いや考えを「かたち」(絵だったり彫刻だったり


詩だったり)にする人たちが芸術家で、その思いや考え方がどれだけ
うまくかたちに現れているか、表現できてるか、なんじゃないかなと思います。
それだけじゃなくてもちろん技術的にすごいっていうのもあるんでしょうけど。
「主張を感じる必要」はなくて、自分がどう思うかが大事だと思います。
興味がなければないでいいのでは?
興味があれば、自然とその人がなぜそんなものを作ったのかとか知りたく
なるでしょうし。
なんでもそうだとおもうんだけど、料理にしても歌にしてもそこには気持ちが
入ってると思うんです。その人自身というか。
その人のきれいな気持ちとか力強さとかが、うまく表現されていればみている
こっちも気持ちがいいと、たとえばそういうことではないでしょうか。
うまく説明できてないかもしれませんが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答くださりありがとうございました。
なんとなく理解できました。
芸術家は自分の思いを作品に託して主張し、それが多くの人にとって共感できるものであると、受け手からより高い評価がされるということなのでしょう。
すっきりしました。どうもありがとうございました

お礼日時:2001/01/12 21:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの彫刻の作品名は?

 東芝EMIから出ているリッカルド・ムーティ指揮『レクイエム』のCDを前から持っているのですが、ジャケットの彫刻が気になっています。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000066ABM/qid=1119283510/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-6541068-8164255

 これは誰のなんという作品でしょうか。

Aベストアンサー

ジュゼッペ・サンマルティーノによる彫刻
『ヴェールに包まれたキリスト』

イタリア、ナポリのサン・セヴェーロ礼拝堂で見ることができます。

参考URL:http://www.europe-z2.com/kinsei/ad1749it.html

Q彫刻の作品集を購入したい

はじめまして。
私は最近、彫刻に興味を持ち始め彫刻作品の画像がたくさん載った書籍(解説本ではなく作品集)を探しています。
出来れば現代の彫刻家の作品でなく、もっと古い彫刻家のものがよく、価格は問いませんが、掲載作品数が多いものを求めています。
また一人の彫刻家の作品集よりも、複数の作家の本が好ましいです。
彫刻に付いて無知で漠然とした要望ばかりで申し訳ありません..。
おすすめの書籍がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

ルーヴル美術館の日本語HPです。
お出かけしてみてください。
http://www.louvre.fr/llv/musee/alaune.jsp

電子カタログですが、有名石膏像がとても楽しめると思います。
http://webshop.sekaido.co.jp/catalog/default.php?cPath=41_824

ここらあたりで、お気に入りをキーワード検索されて書籍を探されてはいかがでしょう。

ちなみに
http://www.butsuyoku.net/shokugan/dessin/
こんな物も売られています。私が欲しいです(^_^;)
モリエール、マルス、ブルータス、アリエス懐かしい~。
美術室で記念写真をとったお馬鹿さんでした(笑)

Q絵画・彫刻・・・どの作品でも!

これこそキリスト教を主題としている・・・
という美術作品はどれでしょうか。

年代・手法は問いません。

みなさんの意見お聞かせください!

Aベストアンサー

初めましてratfinkさん~<(  )>ペコリ☆

件の件で御座いますが、キリスト教を主題とする美術作品はルネサンスをピークとして、今現在に向かってもそりゃもう沢山御座います。
なので。主な作品の羅列はくたびれるので、個人的に好きな作品を挙げさせて頂きます(笑)。

ギュスターヴ・ドレ
 →彼の有名な『神曲』『失楽園』の挿し絵版画家。大好き(笑)。
http://home.att.ne.jp/orange/romain/ja_dore1.html

聖フランチェスコ・ジョット
 →ジョ ットはイタリア絵画をビザンティン文化の伝統から解放し、次代のルネサンス絵画の開花を促した西洋近代美術創始者。
http://www.pcs.ne.jp/~yu/ticket/franc/giotto.html

ヒエロニムス・ボッシュ
 →ユニークな画風。「地獄と怪物の画家」といわれる。心理学者のカール・グスタフ・ユングは、ボッシュの絵に関して、「無意識の世界をあばく画家」と言った。
http://www.greengrape.net/kazuhiro/romanesque/wien/misc/bosch_01.html

あとは申しますとウィリアム・ブレイクやギルランダイオ、ウフィッツイやレオナルド・ダ・ヴィンチやシモーネ・マルティーニの作品が好きです。いいサイトが発見できませんでした。すみません(涙)。

参考になれば幸いです<(  )>ペコリ。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/art/dorian/index.html

初めましてratfinkさん~<(  )>ペコリ☆

件の件で御座いますが、キリスト教を主題とする美術作品はルネサンスをピークとして、今現在に向かってもそりゃもう沢山御座います。
なので。主な作品の羅列はくたびれるので、個人的に好きな作品を挙げさせて頂きます(笑)。

ギュスターヴ・ドレ
 →彼の有名な『神曲』『失楽園』の挿し絵版画家。大好き(笑)。
http://home.att.ne.jp/orange/romain/ja_dore1.html

聖フランチェスコ・ジョット
 →ジョ ットはイタリア絵画をビザンティン文化の伝統から...続きを読む

Qオブジェと彫刻作品の違いはなんですか?

タイトルの通りです。二つの違いは何でしょうか?お恥ずかしい質問で申し訳ありませんが教えて頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

日常的に使う単語としては「彫刻」で、どんな立体造形物でも言い表してしまいますが、本当は、作り方の名前です。

大きな固まり、例えば木材を削り、形を彫り込んで作ったものが「彫刻(ちょうこく)」です。

粘土などをくっつけ、盛り上げて、形を作り出すのが「彫塑(ちょうそ)」。

オブジェというと、広くは「物体」の意味なので、作り方に決まりはありません。
工業っぽく、ねじ止めなどの工作でも、素材が何であれ、オブジェと言います。
過去の造形にこだわらないという点で、現代美術を「オブジェ」と言うことが多いですね。

Qマグリット作品とトマソン芸術の共通点

マグリットの作品は、現実世界への挑戦、反旗というテーマでいいと思います(雲の切れ目が鳥の形?そりぇ十分現実の「空」に対する挑戦だ)対して、トマソン芸術は、これまた現実を踏まえた上の、ばかばかしさ、意外さというものを前面に押し出します。共通しているのは、大前提として
「現実」
を土台にしているということです。
その「現実」の味わいを十分味わい尽くした上で、ひねるのです。その現実の味が強いことが、マグリット、トマソン芸術の強烈さと新鮮さだと思うのですが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

No.3の返事はだいたいおっしゃる通りと思います。

“町を良く観るとあるはずのない物、手術台の上のこうもり傘とミシンの出会いのように突拍子もない出会いが実在していてしかも美しい。
その有り様は全く芸術と同じようである。”
その通りです。

マグリットの作品から受けるのと同じ物がそこにあり、ラウシェンバーグやウォーホールやデュシャンやソル・ルーイットやポロックやロスコー 、ブラン・クーシ、菅木志雄、高松次郎、等々と同じ物がある。
そういう気付きがトマソンの本質であろうと私は思います。

美術にある程度詳しい人はそういう風な類似や比較を楽しみもできますし詳しくない人でもあたかも現代美術を眺めるように素直に鑑賞して楽しめる物であろうと思います。

私の意見は質問者様とはそれほど遠くなく、違いはマグリットだけとの類似共通点にこだわる必要は無いという点のみと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報