コンタクトを買おうと思いますが、ソフトと比較してハードのメリットとはなんでしょうか?
ソフトは、ハードと比べると痛くならない、酸素を透過する、割れないので安全等の明白なメリットがあると思うのですが、その一方でまだハードのコンタクトも売られ続けています。
ソフトは昔は煮沸する必要があって面倒だったかもしれませんが、今は使い捨てが主流だと思います(コストは上がるので、この点ではハードの方が有利かも知れません。)。またハードより大きいとは思いますが、装着してしまえば一緒ですよね?最近は乱視にも対応していますし…

要はハードの方にはコスト以外の明白なメリットが見当たらないにも限らずまだ市場に出回っている理由がわからないのです。コストだけでも十分な理由ではないかという考えもありますが。
どなたか教えていただけますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>ソフトは、ハードと比べると痛くならない、酸素を透過する、割れないので



勘違いしてますね(^^;
酸素を通すのはハードレンズ(酸素透過性ハードレンズ)です。ソフトレンズはほとんど酸素を通さないので目が酸欠状態に陥りやすいです。

>ソフトは昔は煮沸する必要があって面倒だったかもしれませんが、今は使い捨て
>が主流だと思います

使い捨てが主流というわけでわありません。毎日コンタクトを使う人は必ずしも使い捨てを使うわけでありません。
毎日使う人で2週間交換タイプを使う人はいますが、一日使い捨てタイプを使う人は少ないと思います。なぜならコストがかかりすぎるからです。

>またハードより大きいとは思いますが、装着してしまえば一緒ですよね?

装着感はハードよりソフトの方が良いです。(異物感が少ないです)


[ハードのメリット]
・酸素を通すので目に良い
 →これが一番のメリットだと思います

・日頃の手入れが楽
 →最近は洗浄液に漬け置きするだけでこする必要はない

・ゴミが入ると直ぐに痛くなるので無理な装用をしない。
 →ソフトはゴミが入っても気付かないで使用し続ける為、目に傷がつきやすい

・視力が悪すぎる場合はハードレンズでないと矯正できないと思いました

こんなところでしょうか。
私はソフトレンズを使っていましたが目の健康を考えて酸素透過性ハードに変えましたよ。
    • good
    • 4

参考URLにハードとソフトの特徴が端的に書かれているので、それを参照していただけたら、少しは疑問が解けるかもしれません。



他の回答者の方々が言っておられるように、ソフトコンタクトレンズは強度の乱視の人には向かないということや、耐用年数が短い、扱いが面倒といった欠点が存在します。このほかに、酸素透過性で言えば、ソフトより、ハードの方が高いです。これも他の方がおっしゃっておられますが、涙がレンズと眼球の間を循環するということが非常に重要な鍵を握っているわけです。

ということで、私自身は結構乱視がきつい方なので、その時点で(今のソフトの規格では)対象外ですし、扱いもかなり適当なので、基本的にソフトはちょっと…という感じでハードを使用しています。
また使い捨てレンズが流行っていますが、コスト的に普通のハードレンズを愛用しています。

でもソフトとハードどちらでも適応があるような眼の人では、基本的にその人のライフスタイルや性格、好みに応じて両方の需要が未だある訳なので、今でもハードはそこまでシェアが落ちていないのです。

参考URL:http://www.so-so.jp/how_cl/how_cl.html
    • good
    • 0

ええと、ワタシはハード使ってます。


理由は単純明解。
ソフトでアレルギーがでちゃったからです。
その時の先生の話によると、ソフトの場合、毎日洗っても汚れが完全には落ちないそうです。それでどんどんコンタクトの中に汚れがしみこんでいくのだとか。
ハードの場合、そういう事が少なくて、アレルギーの人でも使えると言ってました。
ソフトで炎症を起こしてしまうと、それが落ち着いてもまた使用を続けるとまた炎症……という悪循環になってしまうと言われ、ハードコンタクトを使用してます。

でもハードの場合、怖くて自転車をこげないですネ……(笑)
いつもサングラスかけた怪しい人やってます。
    • good
    • 1

わたしは普段ハードコンタクト、旅行などに行くときなどた゜け使い捨てソフトレンズを使っています。


普段ハードを使っている理由は、最初どちらにするか選ぶときレンズが大きく裏表が分かりにくいため目に装着するのが大変だったからです。(慣れれば平気かもしれませんが)
旅行などのときだけソフトを使うのはそのほうがケアセットを持っていかなくて済むので荷物がかさばらないから。

二種類ともつかっているわたしの感想ですがソフトは酸素透過といっても眼球全体にへばりつく感じで、やっぱり目が乾燥しやすく感じます。ハードは目の動きにあわせて多少動くのでソフトほど感じません。
あと使い捨てのソフトを使用中、換えのレンズをもっているとき目にゴミが入ると大変です。
ハードは目から外れやすいので、激しいスポーツをするならソフトの方が良いでしょう。軽い運動ならソフトでも大丈夫。

とにかく目に直接入れるものですから医者とよく相談して決めてください。
    • good
    • 0

私も定期検診のときに眼科医にお聞きしましたが、強度近視と乱視は


ソフトコンタクトは無理だそうです。

ハードの一番のメリットといえば取り扱いが楽に尽きるとおもいます。
たとえば外出先で目にごみが入ったときなどは水道水でさっと洗えば
すみますから。ソフトではそうはいきませんよね。
    • good
    • 0

 どんどんハードのシェアは細くなっているところですが、むちゃくちゃ眼がでかい、むちゃくちゃ眼が小さい、乱視が激しい、視力が極端に悪い、などなどの人たちに対してまだまだソフトコンタクトは対応し切れていません。

オーダーメイドできるという点ではハードの方に分があります。なくなったら困る人が多いと思います。
    • good
    • 0

ハードコンタクトレンズの最大のメリットは優れた乱視矯正力と日常の管理が


ラクだということです。
ソフトレンズはソフトゆえに角膜のカーブに沿ってフィットしてしまうので
どうしても乱視矯正力が落ちます。
一方、ハードレンズはそれがなく、隙間があればそこに涙が入ってレンズを
補う形となり網膜に正しく像を結びます。
また、ソフトは材質が柔らかいゆえに硬いチリや埃で傷つきやすくその場所が
雑菌やカビ、蛋白質の定着地となり消毒しても完全に除去しにくくなります。
ハードはその心配が少なく、コールドタイプの洗浄液で充分です。
    • good
    • 1

好みで購入されたらよいのでは?



わたしはかなり目が悪いです。
もう何年も裸眼では検眼してませんが
5年くらい前に0.04くらいだったので、
今はもっと落ちているでしょう。
ものすごく乱視です。
眼科医から、わたしの視力ではソフトレンズは作れないと
そのように言われました。

必要だから存在しているのだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハードコンタクトの連続装用について教えてください

連続装用可能のコンタクトを持っていて、連続装用したいんですが、医師の診断を受けずに連続装用するのは危ないですか?最長1週間連続装用が出来るコンタクトなんですが、自分の判断で連続装用することはまずいでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

重ねて忠告します。

一度損傷した角膜内皮細胞は「回復しません」。
死滅した細胞が再生することはなく、減少するのみです。

「特に」ソフトレンズの場合は、障害が生じても「痛み」が発生しにくく、気づいたときにはかなり悪化した後です。

ロシアにいると言うことですが、障害が発生した場合の「治療」のことまで考えていますか。

「コンタクトレンズ」は「医療用具」です。
使用法を誤ると「失明」の危険性もあります。
勝手な判断はあまりにも「危険」です。

Q初めてのコンタクトレンズ

普通のソフトコンタクトレンズと、使い捨てのコンタクトレンズ、どちらがお勧めですか?
それから、ジョンソン&ジョンソンの2ウィークアキュビューの通常価格を教えて下さい。

Aベストアンサー

全くの初めてなら使い捨てからはじめてはいかがでしょうか?

普通のコンタクトは装着した事がありませんのでよくわかりませんが、普通のものはメンテナンスに手間がかかるし、だいいち「コンタクトが合わない」という事態になっても使い捨てなら価格が安い分、気が楽です。

私は1か月くらいは装着に非常に時間がかかりました。洗面所に落とすことも何度もありました。メーカーによって若干形が違うので、合う合わないがあります。

使い捨てで取り扱いに慣れてから普通のものにしてはいかがでしょう?

Qコンタクトレンズ

私はハードのコンタクトを使っているのですが、遊園地に行く時いつもはずしていった方がいいのか迷います。速いジェットコースターに乗ってハードレンズがはずれてしまうことはあるのでしょうか?
くだらない質問かもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私、ハードコンタクト歴約30年ですけれど、格闘技(柔道)やアウトドアー
例えばスキーや海水浴など、勿論遊園地に行った時なども
コンタクトを外していった事は有りません。
風と埃には確かに弱いですが、ジェットコースターも問題なしでした。
かえって、メガネの方が邪魔です。
参考までに。

Qコンタクトレンズです。

http://www.salelens.jp/cgi-bin/shouhin.cgi?nexthtml=b2

http://www.eyenet.ne.jp/14_73.html
の違いを教えっていただけますか?

私はいつもボシュロムメダリストプラスを使っていますが、安い店を知ってる方がいれば、是非是非教えってください。お願いします。

Aベストアンサー

これは、どちらも同じ製品ですが、上のリンク先の製品は海外販売用、下のリンク先の製品は国内販売用です。
国内販売用は、販売経路が固定されていますので、安くなってもせいぜい2~3%しか変わらないでしょう。海外販売用は、価格拘束がありませんので、大幅に安くなりますが、製品の出荷元が保証されていませんので、保管状態などによっては、変質している可能性もないわけでもありません。

海外販売用は、海外から直接郵便等で送ってきますから、処方箋は不要になります。その場合に、自分で定期的に眼科健診を受けていないと、かなりひどい状態になるまで気づかないこともあるので、注意が必要ですが、費用負担的には安上がりです。

他に安いところというと、
http://www.lensmode.com/
などを私は使ったことがありますが、質問者様の上のリンクのところのほうが、安いようですね。

Qコンタクトレンズについて

コンタクトを付けていると目の筋肉が鍛えられて
少し、視力が良くなると聞いたんですが本当でしょうか?また、以前、ハードレンズを買って痛いし乾くし、すぐにめがねに戻しました。今度作るなら、ソフトが痛くなさそうでいいかなと思うんですが、ソフトはどうなんでしょう?

Aベストアンサー

ご質問の説は???です。
眼球自身の負担から言えば、コンタクトは角膜に直接触れますので、それだけ角膜を傷害する危険性は高いです。しかし、眼鏡に比し、明視できる範囲は広いですし、像の歪み(収差といいます)もほとんどありません。
#3の方がおっしゃっているように、ソフトでは異物感は確かに少なく、装用感は慣れない人でも結構良いものですが、異物混入時やレンズの細菌汚染、角膜障害があっても、気にならないか、裸眼よりも帰って装着している方が痛まないため、ずっと長くつけてしまい、傷害が進行してしまうという欠点があります。また、角膜の酸素供給に重要な涙液交換がほとんどできませんので、ハードに比べるとソフトは眼には結構負担が掛かってしまいます。ドライアイ傾向の方には向きません。
ハードの場合は、角膜とレンズの間に涙の層ができ、レンズが瞬きの度に動くことで涙液交換が促進され、角膜への酸素供給はソフトに比べると格段に良いと言えます。また、角膜に何か異常があれば、必ず痛みますので、どんな人でもレンズを外しますから、傷害が早期発見できる事が多いです。
また、ソフトレンズでは乱視が高度にある人は矯正し切れませんので向きません。ハードレンズは眼鏡で矯正できないほどの乱視の方でもかなりの程度までの矯正が可能です。
乱視用のソフトレンズも発売されましたが、まだまだ高価です。

ハードレンズも慣れるまでの1週間ほどは眼がコロコロしてかなり痛みますが、慣れてしまえばかなり快適です。ソフトレンズは装用感はそれでもハードを凌ぎますが、もし使用をお考えであれば、ソフトの欠点を十分知った上で使用することが重要です。

また、裸眼視力は眼鏡を掛けていてもコンタクトをしていても、その時々で変動します。
本来の視力というものは「矯正視力」を指すもので、これが低下した場合は眼疾患や神経疾患を考える必要があります。
30歳までは調節性の近視化(いわゆる学校近視)は進行し、極端に近くで本を読んだり、ずっと眼を酷使するような作業(パソコンのモニターを見続けるなど)が常に続くと、調節緊張により、近視が増し、裸眼視力は当然落ちてきます。

近視化を防ぐには、適度に眼を休めること、眼の屈折状態に応じた眼鏡(またはコンタクト)を装用することなどが必要です。

ご質問の説は???です。
眼球自身の負担から言えば、コンタクトは角膜に直接触れますので、それだけ角膜を傷害する危険性は高いです。しかし、眼鏡に比し、明視できる範囲は広いですし、像の歪み(収差といいます)もほとんどありません。
#3の方がおっしゃっているように、ソフトでは異物感は確かに少なく、装用感は慣れない人でも結構良いものですが、異物混入時やレンズの細菌汚染、角膜障害があっても、気にならないか、裸眼よりも帰って装着している方が痛まないため、ずっと長くつけてしまい、傷害が...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報