会社を設立してまだ1年余り。従業員数7名ですので労働基準局の届けも労災だけで、
就業規則も完備していませんので、お知恵をお借りしたいのですが、
 1 建設業で,まして起業したばかり。週40時間なんてとんでもないです。土曜祭日も仕事があたりまえの業界で
   (本音のところでお聞きしたいのですが)年単位で割り振って、盆正月GW設立記念日・・・
   それでも足りないと思うのですが皆さん如何対処されてるのでしょうか?
 2 社員が傷病で休んだ時4日目からは社保の傷病手当だけ支給すればいいのですね?
   (月給者でありながら60%支給だった人の話を聞きましたが、実際は前3ヶ月の総賃金÷暦日数ですよね)
   月給者でもその月は日割計算で(平均賃金×日数)支給しても良いのでしょうか?
 3 月給者が自己都合で休んだ時(1日でも)月額から日割りで控除してもいいのでしょうか?
でもそうすると日給月給者と変わりないですよね
 4 休日出勤や残業の単価の出し方(今のところ社内で1人ひとりの其々の単価を任意に決めているのですが)
   大手業者でも残業休日の割増一律25%の現状で、賃金台帳と基準法とのつじつま合わせどのようにしているのでしょうか?
   残業手当の基礎となるのは基本給÷?日÷8H×1.25
   日給者(交通費込みで決めている場合)の基本給の出し方
 各社、就業規則で謳えばそれで通用するものもありましょうが参考までに教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1.まず労働基準法は憲法直下の法律ですから。

遵守しないと刑法罰がきます
 (1)仕事の少ない日、雨の日等は半ドンとする
 (2)1日の就業時間を7時間と規定する
 (3)1年単位の変形労働時間制度を採用する(ばらつきを吸収する)
2.平均賃金の算法は「労働基準法のはやわかり」をお読みください
  労働基準局が出しているので正確です
3.だめです。有給を申請されたら、欠勤とできません
4.平均賃金をベースにしてはどうですか
  平均賃金も「労働基準法のはやわかり」にあります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速 基準局に参りまして「早わかり労働基準法」
・・・エッ!おいくら?って言いたくなるような立派な冊子4冊もいただいてきました。
読むのは大変ですが。
何でもこの場ですぐ聞くのでなくもっと自分で勉強してからでないと
失礼だと実感しました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/16 22:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日給月給制の残業手当の計算の仕方について

日給月給制の残業手当の計算の仕方について教えてください。
私の勤務する会社には、日給月給制の方がおられます。
この方たちの残業手当の計算方法は、
残業手当=基本日額÷7.5時間×残業時間
としていましたが、最近どうも違っているような気がしています。
前月1ヶ月間の給与支給額がつぎのようだったとしたら残業手当の計算は
どのようになるのでしょうか?
基本日額=10,000(円/日)
出勤日数=24(日)
班長手当=5,000(円/月)
皆勤手当=10,000(月)
有給手当=20,000(円/月)
残業手当=35,000(円/月)
公休手当=13,500(円/月)
通勤手当=500(円/日)
よろしくお願いします。
時間があれば、有給手当や公休手当の計算方法もお教えください。

Aベストアンサー

#2です

基本は

http://labor.tank.jp/jikan/zangyo_keisan.html

http://labor.tank.jp/jikan/zangyo_keisan.html#月の計算式

貴方の会社の就業規則の書き方で基準時間給が変化するでしょう

「有休手当」「公休手当」については依然として意味不明...有給休暇は休むだけの事ですから手当には無関係

Q日給・日給月給の算定基礎届での支払基礎日数

算定基礎届での支払基礎日数に関する質問です。

1日の単価に出勤日数を掛けて給料を計算するような人のことは、日給者というのでしょうか?
今まで日給月給者と言うのだと思っていたのですが、どうなのでしょうか?

日給月給の支払基礎日数を調べると「毎月の支給額が決まっているが、欠勤控除などがされる人のことを月給者と区別して日給月給者とすることがあります。基本的には、暦の日数から欠勤日数を差し引いたものが支払基礎日数になります。」となっており、
日給の支払基礎日数を調べると「毎日の支給額が決まっている人。支払基礎日数は、実際に出勤した日数に有給休暇の取得日数を加算したもの。」となっているため、
1日の単価に出勤日数を掛けて給料を計算するような人の支払基礎日数は、実際の出勤日数になるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

給与の支払いをした日数が支払基礎日数になります。
出勤日数+有給日数

Q月額変更届(月給から日給へ変わった場合)

社会保険料の月額変更届についてお尋ねします。
3月まで月給制であった人が、4月から日給制に変更になりました。
 3月まで 月給額:30万円 → 4月から 日給額:1万円
 3月まで 標準報酬月額:30万円、健康保険:17,265円、厚生年金:26,742円、合計:44,007円
給料の計算は、毎月20日締めで末日支給です。

4月の給料は、3月21日~末日の月給制分として10万円、4月1日~20日の出勤日14日分として14万円の合計24万円
5月の給料は、4月21日~5月20日の出勤日18日分として18万円
6月の給料は、5月21日~6月20日の出勤日22日分として22万円 でした。
固定給が2等級以上変動したため、7月より月額変更届をすることになると思います。

それで計算の仕方なのですが、
(24万 + 18万 + 22万) ÷ 3 = 213,333 で
標準報酬月額:22万円、健康保険:12,661円、厚生年金:19,611円、合計:32,272円
となるのでしょうか? (A案)

それとも、各月を1日~末日までとして計算して、
4月は21日で21万円、5月は18日で18万円、6月は22日で22万円となり、
(21万 + 18万 + 22万) ÷ 3 = 203,333 で
標準報酬月額:20万円、健康保険:11,510円、厚生年金:17,828円、合計:29,338円
とするのでしょうか? (B案)

それともどちらとも違うでしょうか?
この例では月に3千円ほど、年で3.5万円ほど違ってしまいます。
実態はBなのに、Aだとかなり損をしてしまうように思うのですが・・・

年金機構のページや社労士のブログなどを見たのですがよく理解できなかったので質問させていただきました。
わかりやすく回答いただけたらありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

社会保険料の月額変更届についてお尋ねします。
3月まで月給制であった人が、4月から日給制に変更になりました。
 3月まで 月給額:30万円 → 4月から 日給額:1万円
 3月まで 標準報酬月額:30万円、健康保険:17,265円、厚生年金:26,742円、合計:44,007円
給料の計算は、毎月20日締めで末日支給です。

4月の給料は、3月21日~末日の月給制分として10万円、4月1日~20日の出勤日14日分として14万円の合計24万円
5月の給料は、4月21日~5月20日の出勤日18日分として18万円
6月の給料は、5...続きを読む

Aベストアンサー

別に途中で給与形態が変わっても、支給金額を分ける必要はないです。
あくまでも、この場合4月~6月に「支給」した給与全額で計算します。
これが、給与形態の変更ではなく単純に基本給が変わったと考えるとわかりやすくなるかと思います。

ですから、A案ということですね。

念のため管轄の年金事務所で電話などで確認されては如何でしょうか?

Q日給月給?

月々の給料体系ですが、
日給と日給月給と月給の違い、メリット、デメリットを教えてください。

私は、月給制だったので、有給休暇があれば、毎月同じだけ給料はもらえました。
日給は、出勤した日数だけ1日あたりの賃金×日数だと思うのですが、

Q1
日給月給とは?

Q2
3つの給料体系のそれぞれのメリット、デメリットを教えてください。

Aベストアンサー

補足します。
日給月給制は私傷病欠勤の給料は支給されませんので健康保険から所得の60%程度の傷病手当になります。
日給制は3ケ月以上の労働契約は労基法で禁止されています。
結果、前回答の最後の項目のように勤続期間で設定する期末手当、有給休暇のようなものはありません、健康保険も国民健康保険になります。
月給制が労働者に対しては最も優位で以下これに及ばない部分が、それぞれのデメリットと解釈できることです。
NO4さんの説明の雇用保険の日額算定は誤解で、月10日以下は除外されて月11日以上は1ケ月として30日で計算されます。
雇用保険の算定期間の所得金額が同じのときは雇用保険の支給金額も給料体制には無関係で同じです。

Q月給制から日給制に変更

こんにちは。建設業で事務全般をしております。
私の勤める会社は10人程度の有限会社で身内や知り合いなどの社員で構成されています。
不況の波におされ今は借入借入でかなり資金繰りが厳しいい状態です。
今まで車両を売ったり交際費を削ったり役員報酬を変更したりと出来る範囲で経費削減をしてきましたが、やはりそれでも月々の支払は苦しく、今回社員の給料を月給制から日給制に変更することにしました。
その際、社長より口頭にて社員に報告がありました。今後、事務として文書にて雇用契約の変更を通知しようと思っていますが、その他必要な文書はあるのでしょうか?
会社の状況を察してか社員の皆さんは納得していたようですが同意書も作成すべきですか?
ご意見お願いします。

Aベストアンサー

作成する書類
1.雇用契約変更通知及びお詫び
2.新雇用契約書(正、副)
3.同意書
を作成して全社員に期日を決めて送付、配布して下さい。
新雇用契約書(正)には、社員の署名捺印させ会社側で保管
新雇用契約書(副)は、社員の署名捺印させ社員の保管となります。
勿論両方に会社印は、忘れずに捺印しましょう。
特に同意書、承諾書の類は、後々のトラブルの為に必要となります。
ご参考まで


人気Q&Aランキング

おすすめ情報