『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

10年ぶりくらいにスキーに行きました。
板は初心者むけ160cmのカービングスキーです。

10年前には身長より15cmくらい長い板でパラレルはできてました。
が、今回、なっとくのできる滑りはほとんどできませんでした。
板の後ろの方をすべらして曲がるという滑り方はだめなのでしょうか?

今回、板を思いっきり寝かすと、雪に吸い付くような感覚でグーッと
曲がっていったことがあったのですが、カービングスキーの曲がりかた
とは常にそういうものなのでしょうか?

A 回答 (3件)

> 板の後ろの方をすべらして曲がるという滑り方はだめなのでしょうか



フラットな緩斜面などでは使いませんが、急斜面など制動を必要とする場面では当然この滑りも必要になります。

> 板を思いっきり寝かすと、雪に吸い付くような感覚でグーッと曲がって

はい、カービングスキーの滑り方は板を傾けスキー自体のサイドカーブを板のたわみに量により調節しながらエッジに乗って雪面に切り込むように曲がる方法ですので正解です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
<(_ _)>

お礼日時:2007/02/12 13:19

こんにちは。



皆さん言われているとおりですが、ひょっとして?と思ったことをひとつ。

初心者用の板ということで、トーション(ねじれ強度)が弱く、ずれ過ぎるということはないでしょうか?
ずらす滑りをしようとしてもエッジが捕らえてくれず、ツルツルと逃げてしまう状況です。
初心者用の板でもある程度サイドカーブのきつい板なら、エッジを立ててカービングしてしまうと、結構鋭い滑りができます。

>板を思いっきり寝かすと
とありますが、体軸を傾け、エッジを立てる方向ではありませんか?

1番の方はエッジを立てるとずれにくいとおっしゃっていますが、これは自分のレベル以上にエッジグリップが高い(ずらしにくい)板に乗ってしまった場合ではないでしょうか?
むしろ自分のレベルより下の板に乗る場合は、ずらす滑りでもある程度エッジを立てないとコントロールできない気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
う~む、難しいですね。
いろいろ練習してみます。
<(_ _)>

お礼日時:2007/02/12 13:23

こんにちは。


カービングスキーの出現で、スキーの操作も随分楽になったと思います。
カービングスキーは昔のスキーと違って、ウエスト部分を絞って有るのが特徴ですが、そのために雪面を捉えやすく板の長さが短くても同じ効果が得られます。
板を思いっきり寝かす滑りはカービングスキーの醍醐味では有りますが、条件によっては危険ですしある程度の力も必要で疲労も伴うと思います。
板の後ろの方をすべらして曲がるという滑り方とは、ずらしのコントロールの事だと思いますが、カービングスキーでも出来ます。
ただ、エッジがかみやすいので、昔のスキーの時よりブーツを軸にテールをずらす意識で滑ってみて下さい。その時エッジを立てるとずれにくいので、その辺の注意も必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
一瞬だけ、プロスキーヤーみたいだ・・・って感覚があったものですから。(^^;;
もっと意識してずらすようにしてみます。

お礼日時:2007/02/12 13:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング