お酒好きのおしりトラブル対策とは

昨年より個人事業で今年はじめて白色申告をします。
開業時に取引先に保証金として現金で50万を払いました。
取引が解約されれば全額戻ってきます。
この場合、現金は出ていっているので、経費として上げれるのでしょうか?
あげれるなら、項目は何とすればいいのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひお教えいただきたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

取引の解消により全額返還されるので、経費に計上することは出来ません。


なお、保証金が返還された時は収入に計上しません。

そのため、貸借対照表を作成しないのであれば項目は不要です。
もし、貸借対照表を作成する場合には「保証金」で資産計上です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解りやすいご説明、ありがとうございました。
どうしてもこれだけが処理に困っていましたので、
大変助かりました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/02/12 12:14

利息は付きませんが貯金したのと同じで、あなたの財産のうちです。


経費ではありません。
白色なら貸借対照表の作成も義務づけられていませんから、記帳する必要もないですね。

もし、何らかの事情で返ってこないまま、取引先と縁が切れれば、そのときに経費とすることはできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のお返事どうもありがとうございました。
初めての確定申告でこれだけがどうしても解らず
挌闘していたので大変助かりました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/02/12 12:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング