柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

事業所の管理者です。
パート職員から有給休暇の取得希望があるのですが、職員体制上厳しいです。
その場合の正しい対応方法(時節変更権の行使等?)を教えていただきたいです。
当月の別日に充てるのか、翌月に回すのか、取り敢えず、休みを希望するその日を休日(週4日勤務のパートの場合)にするのかなど・・・
また、時節変更権を毎回行使してしまう事は法律上許されるのでしょうか?
その職員は、ほっておけば、どんどん休暇希望を出してくるのですが、そうなると、他職員とのバランスもかなり悪くなってしまいます。まあ、これは、使おうとする者が使えれば良いのかもしれませんが・・・
我々正規職員自体が、これまでもなかなか有休が取れず、ここまで強く希望されると、何とも複雑な思いを感じますが、法律に則った対応をしなければなりませんので、是非教えて頂きたいと思います。
初歩的な質問でスミマセン。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>我々正規職員自体が、これまでもなかなか有休が取れず、ご質問のこの事項のほうが問題を含んでいますので、>パート職員から有給休暇の取得希望 に付いてお悩みのようなご質問にならざるを得ないのは小々皮肉なことです。

パート職員の方は会社に対しては当然正社員の方とは帰属意識に差がありますから、権利の行使にはさして考慮の必要は痛切に感じないのは当然で、致し方ないでしょう。ここでどうしても考えざるを得ないのが一般に有休を正社員が取得しないのは、罪悪感があるからで、労働者の意識がいまだ 旧態然としている表れでもありましょう。さすればこそ、ここで最初の申し上げた現実問題として、正社員が有休を思うに取れないのは常に業務が繁忙である証拠ですから、これを理由に時期変更権の使用は不可能です。社員も有休取得が容易であるなら、パートさんの有休取得に対して、繁忙期や会社の業務に支障が出るという理由から時期変更権を行使しても差支えが無いでしょうが、社員が有休を取れ無いことが常態化している場合はこれは会社の管理責任で、常態化している繁忙を理由に時期変更権を行使できないのは当然となります。いつまでたっても其れを理由にされれば、権利の行使が出来ないからです。してがってパートさんの時期変更権の行使は安易には出来ないとお考えになった方がいいでしょう。これはあくまでパートさんに対してです。正社員も本来こう有るべきですが其処はまた社員自身の帰属意識が働き正規職員自体が、これまでもなかなか有休が取れずで乗り切らざるを得ないとなるわけで、いかんともしがたいことです。結論として時節変更権を毎回行使してしまう事は法律上許されるのでしょうか?は許されません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見どうもありがとうございました。
正社とパートでまた違う部分もあるのですね。帰属意識・・・
基本的には、希望の通りに取らせて行くという、当然の事ながらも、なかなかそれが出来ない現状・・・
今後、何とか努力して変えていかなければならないと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/02/15 21:40

有給休暇ですが、条件さえ満たせば、


パート社員もアルバイト社員も取得可能です。
労働者の権利でもありますので、
これを特別な理由無くして断ることはできません。
ここでいう特別な理由というのは、
業務の稼働率が100%を超えるような場合で、
社内でバックアップの調整がつかないような場合です。
この場合、そのときは拒否しても、他の日に割当てるよう、
変更を求められます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見どうもありがとうございました。
基本的には、希望の通りに取らせて行くという、当然の事ながらも、なかなかそれが出来ない現状・・・
今後、何とか努力して変えていかなければならないと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/02/15 21:38

 有給休暇は労働者の法律上の権利ですから、行使されることを前提に勤務体制を作らなければなりません。

恒常的に人手不足なら、雇う人の数を増やすべきです。

 労働者が指定した日が、特に業務上支障がある場合、拒否はできませんが変更の提案(時季変更権の行使)はできます。しかし恒常的に取得が難しい場合は、そもそも変更の提案もできません。

 有給休暇の取得を認め、その日の賃金を支払う払うべきです。人が少な過ぎるなら雇うべきです。有給休暇の日に賃金を支払わない場合、刑事罰の対象です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見どうもありがとうございました。
刑事罰の対象、恒常的に取得が難しい場合は、そもそも変更の提案もできない、う~ん、なかなか厳しいですね。
基本的には、希望の通りに取らせて行くという、当然の事ながらも、なかなかそれが出来ない現状・・・
今後、何とか努力して変えていかなければならないと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/02/15 21:43

>取り敢えず、休みを希望するその日を休日(週4日勤務のパートの場合)にするのか



労働基準法39条6項より抜粋
使用者は、第1項から第3項までの規定による有給休暇の期間については、就業規則その他これに準ずるもので定めるところにより、平均賃金又は所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金を支払わなければならない。

つまり有給休暇を申請した日を休みにして給料を払わないと言うことは許されません。第一それは有給休暇じゃないだろ。

>他職員とのバランスもかなり悪くなってしまいます。
>我々正規職員自体が、これまでもなかなか有休が取れず、ここまで強く希望されると、何とも複雑な思いを感じますが、
まともに有給休暇を取れない体制や企業風土こそを恥じるべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見、ありがとうございました。
もっともな事ですが、なかなか厳しいです。
今後、どれだけ変えていけるか・・・
どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/02/15 21:53

月末や年度末などで特別に多忙なので時季変更をしてほしいというなら通りますが、


常時であれば、慢性的に人手不足なので採用するなどの方策を採らなければならず
時季を変更させる理由には充分でないでしょう。

年次有給休暇は労働者の権利であり、そのパート職員は何ら間違ったことはしていません。

時季変更権で検索すれば色々なサイトがあるので参考にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見、ありがとうございました。
「常時であれば、慢性的に人手不足なので採用するなどの方策を採らなければならず時季を変更させる理由には充分でないでしょう。」と言われるのはもっともな事です。
ただ、現実的にはギリギリの人数配置で回していかなければならず。
なかなか厳しいです。
参考にさせて頂きます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/02/15 21:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング