最新閲覧日:

チャタレイ夫人の恋人で有名なD.H.ロレンスは、代表作「息子と恋人」など多くの作品で見れるように、かなり自伝的要素が含まれています。
そこで、質問なのですが、ロレンスのように、自伝的要素を多く含んだ作品を残した作家をご存知の方、お教え願えませんでしょうか?

A 回答 (2件)

まずはロレンスつながりで伊藤整『得能五郎の生活と意見』


以下思いつくまま
芥川龍之介『大導寺信輔の半生』
志賀直哉『和解』『暗夜行路』
島崎藤村『家』『新生』
井上靖『しろばんば』『あすなろ物語』
林芙美子『放浪記』
トルストイ『幼年時代』…
ツルゲーネフ『初恋』
スタンダール『アンリ・ブリュラールの生涯』
マゾッホ『毛皮を着たヴィーナス』
トーマス・マン『トニオ・クレーゲル(トーニオ・クレーガー)』
ジッド『一粒の麦もし死なずば』
サン・テグジュペリ『人間の土地』『夜間飛行』
ディケンズ『デイビッド・コパーフィールド』『オリヴァー・トゥイスト』
ヘッセ『車輪の下』
    • good
    • 0
この回答へのお礼

多数教えていただき、ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/13 08:32

サマセット・モームも「人間の絆」など自伝的小説を残しています。


http://www13.ocn.ne.jp/~m-room/maugham.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サマセット・モームもそうなんですね!知りませんでした。ありがとうございます。

お礼日時:2007/02/13 08:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ