マンガでよめる痔のこと・薬のこと

プロ野球記録マニアです。

ある野球関係の本の中で元阪急の山口高志を
扱ったものがありましたが

○ 山口高志について
昭和49年ドラフト1位で阪急に指名。
1年目から活躍。特にその豪速球は度肝を抜いた。
一説には160k近いとも言われた。
私が覚えているのは、昭和50年の日本シリーズで
あの山本浩二が全く打てず、頭に近い球を空振り
していた記憶があります。全身を使ったダイナミックな
フォームで8割はストレートでしたか。
私の中では、歴代の速球王のベスト3に入ると確信
しています。

さて本題ですが、その記事の中で
”オールスターゲームの中でスピード競争”
という表現が出てきます。
投手のスピードを競うものだと思われますが
山口が活躍したのは昭和50年~53年くらいは
この時代、まだスピードガンはありません。
オールスターで有名なものとして、ホームラン競争
はよく知られていますが、スピード競争について
本当に行われていたのか?
今でもやっているのか?
そのあたり、詳しい方がいらっしゃいましたら
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

山口投手は、1975年に入団をし、1982年に引退しています。


スピードガンが導入されたのは、1979年頃ですのでオールスターゲームで
スピードガンコンテストが行われた可能性も有りますが、色々調べた結果
1978年に腰を痛め、それまでの速球を投げる事が出来なくなった様ですので
スピードガンコンテストは考えにくい気がします。

自分は、この本を持っていないので推測ですが、『オールスターゲームの中でスピード競争』と
書いてあったんですよね?
「オールスターゲームの中で」という表現から、例えばセントラルの投手にも速球投手がいて
その投手と試合中「スピード競争をした」という意味では無いでしょうか?

jzk01037さんも書かれている様に、スピードガンコンテストが行われた事も有りますし
野手9人を定位置に付かせ、ボール回しをするスピードを競う事をしたのも有ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まず本ですが
魔球の伝説 吉目木晴彦 著です。

オールスターでのスピード競争の前後をよく
読んでみると、アトラクション的な事ではなくて
オールスターというある種、華のある場面で
公式戦ではみせない豪速球をみせることもあると。
江夏はそういうことがあったと。

現実的に考えればスピードガンでもなければ、スピードの
優劣をつけることは不可能ですし、実際はなかったことに
なるでしょう。

詳細な回答、ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/13 23:43

はじめまして。

オールスターでのイベントは毎年ある程度異なりますが、以前イチローがオリックスに所属していた当時スピードガンコンテストに参加していました。当時の参加選手は全て野手だったと記憶しています。たしか148か149KM/hくらい出していたかと記憶しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

当時はスピードガンがない時代で
そのような競争はなかったようです。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/13 23:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング