痔になりやすい生活習慣とは?

 もともと、頭痛もち(頭痛に成りやすい体質)だったのですが、閉経後それが、以前に比べてよく起きるようになってきました。それで、頭痛外来専門の病院へ行こうと、インターネットで調べました。なんかヘリカルCTという検査機器で検査を受けなければならないようです。この検査は国民健康保険がききますか?また、費用はいくらぐらいかかるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

普通の撮影方法(conventional)にするか、Helicalにするかは、残念ながら、患者さんが選択するべきものではありません。

そのCTの性能をかんがみて放射線科医が放射線技師に指示して撮影するものです。
また、PETは、保健請求でやる場合は、疑われている疾患がごく限られていますし、検診でやる場合はかなり高額になります。また、マスコミが勝手に「万能検査」的に言っていますが、得意な腫瘍と不得意な腫瘍がありますので、その辺を理解していただいた上での検査となります。結局はほかの画像診断や血液データとあわせて総合判断ですよね。
また、一般的に脳の検索はCTよりもMRIのほうが優れており、脳ドックでもMRIによる検査が有用と思います。この場合、造影剤を使用しない方法で脳の血管が撮影可能でもあり、動脈瘤の拾い上げにも役立てられています。
金額は造影剤使用やフィルムの値段もありますので、一概には言えませんが、1万円しないと思います。そのほか、初診料やら何やらがかかると思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん詳しく教えていただきありがとうございます。近所の総合病院に一度電話をして、私の症状を伝えてMRIを受診という方向で考え行きたいきたいと思います。(あくまで、主治医の先生が私の症状によってどんな検査を受けるかは、決められることですが・・・。)ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/13 18:32

Helical CT(ヘリカル)は、CT検査の撮影方法の一つです。

やり方としては、患者様に寝台に乗っていただいている状態で、CTの撮影をしながら寝台が動く、というものです。ドーナッツ状の検査機器の中に寝台が入っていき、ドーナッツの中で機械が360度連続回転するので、結果的に画像用データがらせん状に採取できることから、ヘリカル(螺旋)CTという名前がついています。
通常の検査なので、普通のCT検査の代金と同じです。
一般的に、頭部の場合、骨のアーチファクトが出やすいので、ヘリカルでは撮影しません(それでも脳動脈をとる場合はヘリカル)が、最先端のマルチディテクタCT(CTの機械の種類)であれば、ヘリカルで撮影することも多いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく詳しい情報ありがとうございます。実は私と同い年の知人も、小さい頃からの頭痛もちで、一昨年の秋に脳ドッグへ行ったところ、かなり大きな血栓がみつかり、その人は開頭手術を受け、その血栓を取り除いて九死に一生を得たので、私も検査を受けようと思ったのですが、ヘリカルCTより、普通のCT検査を受ける方がいいのでしょうか?なお、今、流行のPETはまだ金額的にも高額なので、受ける予定はしていません。

お礼日時:2007/02/13 14:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCT検査でわかること

体調不良で検査の一環でCT検査を受けました。症状から推測して何か異常が出るだろう、と思っていたんですが異常なしとのことでした。CT検査をした結果なので心配はしていませんがCT検査ではどういった病状が判るのでしょうか?腫瘍やガン、炎症なども判るのでしょうか?

Aベストアンサー

CTは大まかに言って頭部、胸部、腹部、骨盤部などと部位を分けて撮影しますので、あなたが受けたCT検査でどこのCTを受けたかによってわかる範囲が異なります。また、単純CTか、造影CTなのかによっても異なります。
一般的に、頭部CTであれば、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍などの病気、胸部CTであれば肺癌、肺炎、結核、肺気腫、気胸、胸水の有無、胸部大動脈瘤など、腹部CTでは、範囲が広くなりますが、肝臓病(肝硬変や慢性肝炎、肝臓ガンなど)、胆嚢胆管疾患(胆石、胆嚢癌、総胆管結石、胆管癌など)、膵臓疾患(膵炎、膵癌など)、脾臓の大きさ、腎臓疾患(腎癌、水腎症など)および副腎腫瘍、腹部大動脈瘤などがわかります。胃や小腸、大腸などの疾患は大きなものしかわかりません。また骨盤CTでは膀胱、男性なら前立腺、女性なら子宮(子宮筋腫や子宮ガン)、卵巣腫瘍などがわかります。しかし、CTにも限界があり、病変の大きさ、造影剤の使用の有無によって初期のものや小さいものは見出せない場合があります。また、CTはあくまで形態の診断で、肝機能や腎機能などの正確な機能検査は血液や尿検査を行わないとわかりません。炎症は病気によってわかるものもあります。最後に、体調不良の一環でCT検査を受けたとのことですが、一般的には放射線被爆量の多いCT検査は精密検査に入り、どこが悪いかわからないけどとりあえず行う、という検査ではありません。また、医師の説明が不十分である印象を受けます。ご参考に。

CTは大まかに言って頭部、胸部、腹部、骨盤部などと部位を分けて撮影しますので、あなたが受けたCT検査でどこのCTを受けたかによってわかる範囲が異なります。また、単純CTか、造影CTなのかによっても異なります。
一般的に、頭部CTであれば、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍などの病気、胸部CTであれば肺癌、肺炎、結核、肺気腫、気胸、胸水の有無、胸部大動脈瘤など、腹部CTでは、範囲が広くなりますが、肝臓病(肝硬変や慢性肝炎、肝臓ガンなど)、胆嚢胆管疾患(胆石、胆嚢癌、総胆管結石、胆管癌など)、膵臓疾患(...続きを読む

Q脳ドッグ、CTとMRどっちがいい?

四十過ぎで肥満体。高血圧(通院治療中)な事情もあって、最近よくTVなどで話題になる脳ドッグで脳の血管を調べてもらいたいと思っています。ネットで脳ドッグを実施している医院をチェックすると、検査方法がCTかMRかで分かれている模様。そこでタイトルの質問になるのですが、脳の検査(脳梗塞等の血管疾患がとくに心配なのです)にはどっちがいいのでしょうか?
正直な話、素人には判断しづらいです。
単にCTかMRかだけでなく、例えばCT派の病院でもヘリカルCTでなければダメだと主張している所もあり、MR派でも造影剤を使用しなくても検査できると自慢げな医院もありの群雄割拠状態で、何がなんだかわかりません。
専門家の方、脳ドッグ経験者の方、どうかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

診断だけであれば、カテーテル挿入を伴う造影検査は健康診断としては全く必要ありません。MRIの器械で出来る、造影剤を使わないで出来る「血管造影」的な画像「MRA」及び、通常の脳のMRIをするのが最良です。この時点で脳動脈瘤が疑われれば、CTにおいて、点滴と同様の末梢の静脈からラインを確保し、造影剤を注入する方法でのCTA(CTアンギオグラフィ)を行えば、動脈瘤の有無、位置、大きさなど、術前検査としても通常に行われている検査をやれば、確定診断となります。
CTAをやるとなると「ヘリカルCT」での撮影です。これは「撮影方法」の名前です。(通常の頭部CTは骨のアーチファクトを避けるために「ヘリカル」を用いないのが普通です)MRIでの血管撮影MRAは、頭部・頚部であれば「造影剤」を使用しないのが普通です。自慢でも何でもありません。常識的な検査です。
いずれにしても、健診目的のCTやMRIで、入院をする必要はありません。

Q脳外科でのCT検査についてです。

先日、普段起こらない「頭痛」になりました。
こめかみなど・・目が疲れたときなど「軽い頭痛」の経験はあったものの、
ほかの友人などが「頭痛で悩まされてる・・」などの気持ちや、状況や、痛さはわかりませんでした。

今回は「頭のてっぺん」から「後頭部」にかけて、じわっとした、重苦しい頭痛でしたので、自分でも心配になり
近所の総合病院に行ったところ、午後が初診の受付・・ということで、
「内科」ではなく「脳神経外科」に御世話になりました。

CTを撮っていただき、結果的には「異常なし」ということを、医師に言われましたが、
脳のCTというのは・・どのくらいのところまでわかるのでしょうか?
先日、友人などにも話したら、みんな、結構「頭痛」で恐いので「脳神経外科」などで御世話になった・・という話などを聞き、
「CTの検査って、どこまでわかるものなんだろうね?」などと話したりしていました。
たとえば、胃などにしても調子が悪い時、診察して頂き
バリウムの検査などして、さらに疑わしいところ、さらに調べたいところがあれば「胃カメラ」などに進む・・みたいに、ある程度の順序や検査内容によっての段階があり、少しは自分なりに、又、素人ながらも想像がつく感じもするのですが、
「脳」の場合はMRIとかMRAなどありますが・・。
ひとまず、CTで異常なしということで、他の検査をする必要がないと考えても宜しいのでしょうか?
CTで何かわかった場合、更に何かの検査をする順番みたいなものがあるのかなぁ・・??
などと話していたところです。
又、今回の結果をお話していただく時、CTの画像を一切見せない状態での説明だったので・・これって全く平気?・・と考えてもよろしいのでしょうか?
もしお判りになる方、是非アドバイスを頂ければ有り難く思います。
どうぞ宜しくお願い致します!

先日、普段起こらない「頭痛」になりました。
こめかみなど・・目が疲れたときなど「軽い頭痛」の経験はあったものの、
ほかの友人などが「頭痛で悩まされてる・・」などの気持ちや、状況や、痛さはわかりませんでした。

今回は「頭のてっぺん」から「後頭部」にかけて、じわっとした、重苦しい頭痛でしたので、自分でも心配になり
近所の総合病院に行ったところ、午後が初診の受付・・ということで、
「内科」ではなく「脳神経外科」に御世話になりました。

CTを撮っていただき、結果的には「異常なし...続きを読む

Aベストアンサー

CTでどのくらいというのは答えにくいのですが、頭痛の原因が頭蓋内にあるとすれば、大まかに言えばくも膜下出血か脳腫瘍ということになります。くも膜下出血はCTで大抵診断がつきます。CTでもよくわからないこともありますが、脳外科医が見てそうではないのならば、それ以上どうしようもありません。
腫瘍もCTでわかります。あとは腫瘍があれば造影してring enhance(腫瘍の周りがドーナツ状に造影される)がないか等を見ます。

MRIは拡散強調画像やFLAIRという撮影条件で急性期の脳梗塞病変を見ることが出来ます。ただし、脳梗塞で頭痛というのはほとんどありません。

またMRAの「A」はangio=血管の意味で、脳の血管を立体的に撮影します。但し、解像度は造影CTによる3DCTAに劣ります。脳梗塞では責任血管の部位を調べるためにMRA,3DCTAの撮影を行います。また、くも膜下出血では単純CTで診断がついた後に3DCTAで動脈瘤の位置を確認します。

とりあえずは、頭痛が主訴でCTを撮影して異常がなければ脳をそれ以上精査する必要はないでしょう。病歴によっては偏頭痛や筋緊張性頭痛などが鑑別に上がってくるのでは?と思います。

CTでどのくらいというのは答えにくいのですが、頭痛の原因が頭蓋内にあるとすれば、大まかに言えばくも膜下出血か脳腫瘍ということになります。くも膜下出血はCTで大抵診断がつきます。CTでもよくわからないこともありますが、脳外科医が見てそうではないのならば、それ以上どうしようもありません。
腫瘍もCTでわかります。あとは腫瘍があれば造影してring enhance(腫瘍の周りがドーナツ状に造影される)がないか等を見ます。

MRIは拡散強調画像やFLAIRという撮影条件で急性期の脳梗塞病変を見ることが出来...続きを読む

QヘリカルCT検査被曝

昨年ヘリカルCT検査を5回程うけしんぱいになり、検査を受けた病院に問い合わせをしました。胸部CTはおおよそ10ミリグレイだそうです。ミリシーベルトに直すとどの位になるのでしょうか?確かな病院のレントゲン技師さんのお話で、年5回受けても心配要らないといわれました。福島県の原発事故の100ミリシーベルトとは違う考えでよいといわれました。ただ、検査のためのCTはDNAなどの細胞を傷つけそこが、がんに変化する可能性もあるため、なるべく受けないように、アドバイスをうけました。単純に足し算して5回CTをうけたからその、合計ではかんがえないようです。4日位でCTの影響はなくなるそうです。まして、毎日、放射線治療をうけているひとも、それによる、あらたながんはないともいってました。単位のけんと、わたしが、教えて頂いた内容はあっていますか?詳しい方アドバイスください。

Aベストアンサー

CTではX線を用いているのでGy=Svでいいです。
原発事故で言われているのは100mSv/h(1時間あたり100mSv)。
CTは1回あたりです。この時点で比較対象ではないことがわかると思います。
(検査は単発だが、原発ではそこに居る時間によっていくらでも増える。)

また、期間が空けば自己修復して元に戻ります。

仮にDNAの修復に失敗してがん細胞となっても、医療で行う程度の被ばくでは
がんの自然発生率と比べても有意的な差が見られません。
なので殆ど影響が無いと言っているのです。

Qどの程度の収入であれば所得税非課税なのでしょうか?

行政の住民サービス施策を調べていると、、所得税非課税の場合という内容が結構多くあります。
一体どの程度の収入であれば、所得税非課税なのか、自分なりに調べてみたのですが、やれ控除がいくらとか
世帯人数がいくらとか。全く分かりません。
一体、年収いくらぐらいであれば、所得税が非課税なのでしょうか?

Aベストアンサー

所得税は次のように計算されますから、所得税の非課税限度額は、適用される所得控除額と、扶養家族の人数などで変わってきます。

所得-各種所得控除額=課税所得
課税所得×所得税率(課税所得の金額により違う)=所得税

所得控除は15種類あり、内容と金額については、参考urlをご覧ください。

ちなみに、独身で給与所得者の場合、最低103万円までは、所得税がかかりません。
これは、1.030.000-給与所得控除650.000-基礎控除380.000=課税所得0となるからです。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1100.HTM

Q足の痺れ(片方だけ)

左足の足首(から下)がしびれます。
はじめは血行が悪いのかと思いましたが、夜寝て朝起きると
左足が軽くしびれているのです。
それが最近、イスに座っていたりしても
左足だけしびれてるような感じがしてきました。
仕事で長時間立ちっぱなしという生活を
ずっと続けてるのが原因でしょうか?
それか、足首を強打したのが原因でしょうか?
もっと悪い病気なんてこともありえますよね・・・。
病院に行くにしても、足がしびれるだけなので何科に行けばいいのか分かりません。
整体などでいいんでしょうか?

日に日に怖くなってきてます。
アドバイスなどお願いします。

Aベストアンサー

足首を強打したということであればまず、整形外科に行き足首に異常が無いかどうか確認してもらうのが先決だと思います。
以上がなければ次のステップで確認してください。
寝てて、起きたときとか長時間座ってたときに特に出るならば坐骨神経を疑うのも良い着眼点だと思います。
坐骨神経はお尻の後から太ももの外側に廻って降りている神経で人間の神経で一番太い神経ともいわれることがあります。(未確認)
寝たり座ったりが多いとどうしてもこの神経を圧迫することがあるので
揉み解すと改善することがあります。
これは整体、指圧関係に行くと良く教えてくれます。
自分でチェックの方法は太ももの外側を指3,4本をそろえて太ももの前後にゴリゴリもんでください。コリコリしたものが触ってそれが痛いなら坐骨神経です。あまり無理にもまず丁寧にもんでいるとコリがほぐれます。それと同時にその先にある神経が回復して痺れが薄れるはずです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報