プロが教えるわが家の防犯対策術!

半クラとギアの関係での2つ疑問なんですけど、

例えば2速・20kmで走っていて、信号などで前がつまってきて、
速度2~3kmぐらいになったので、クラッチを切ってNにするとします。
と同時に前の車が動き出したので、ギアを入れてクラッチをつないで加速するとします。

ここで疑問なんですが、この場合はギアは何速に入れたらいいのでしょうか!?
1速だと、ギアがダブルクラッチでないと入らずおおげさ(?)ですし、2速だと半クラを長めに3秒くらい滑らさないでつなぐとエンジンがカラカラ鳴くし困ってます。
どのようにすればベストでスムーズしょうか?やっぱり前も皆様に教えてもらったように半クラでは滑らすのは厳禁なんですか?

あと、ちょっと今さらなんですがバックギアの時は、半クラだけでしょうか?それともクラッチつなげるのでしょうか?

よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

質問2666590のANo.11とANo.14、2673853のANo.9とANo.12、2701721のANo.4、2715262のANo.10、です。





>ここで疑問なんですが、この場合はギアは何速に入れたらいいのでしょうか!?

平地や下り坂でしたら、2速で可でしょうね。(一般的な乗用車)

上り坂でしたら、ダブルクラッチを使ってでも1速を使ってやるほうが良いですね。

また、加速を強め(速めの加速)にさせたい場合も、1速を使うことがベストですね。

車によるのです。2速でもカラカラ低速ノックを出すようでしたら、その車にとっては平地でも1速のほうが良いシチュエーションということになります。



>どのようにすればベストでスムーズしょうか?やっぱり前も皆様に教えてもらったように半クラでは滑らすのは厳禁なんですか?

半クラッチは厳禁ではない ですよね。厳禁ということで言うなら、エンジンをカラカラ鳴かせる(泣かせる)ことのほうが厳禁です。

参考までに(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2714115.html)の ANo.9 と ANo.16 をご覧下さい。
エンジンをカラカラ鳴かせる(泣かせる)ということは、上記URLの問題と全く同じ、エンジンを痛める行為です。

に対して、クラッチディスクとクラッチカバー(とフライホイールも場合によっては)は、単なる“消耗品”です。「どちらを犠牲にしてどちらを守るか?」という問題でしたら、迷わずエンジンのほうを守るべきです。

消耗品(他を犠牲にしてまで守る必要のない物)という考え方での順番は、

1. ブレーキパッド
2. クラッチ
3. シンクロ
4. エンジン

ですね。
1. ブレーキパッド は、それこそ、バッテリーやタイヤと同じような、消耗品ですね。交換も非常に簡単。
に対して、2. クラッチ は、交換工賃はかかるし、作業もある意味大掛かりですが、それでも消耗品であることには変わりませんし、クラッチが磨り減ったからといって、それだけの理由で廃車にする人もいません。
3. シンクロ も、実はある意味消耗品ですが、日本の場合、シンクロがダメになったら、ミッションを開けて交換するということは、大方のかたは車両の買い替えを考えることでしょう。
4. エンジン は、車両そのものですよね。{「エンジンはアニマル、車なんてものはそのアニマルを収めておくケージ(かご)にすぎない。」というgood sense of humorです。}
ノックで起きたエンジンダメージは、もしそれで実際に故障の症状が出始めてしまいますと、修理は単にピストンのみ交換とか、それだけでは済まない、エンジンがダメになったと考えざるを得ないほどの状況になります。

2速でノックが出るが1速にする程でもない時は、2速でエンジン回転数を多少上げて、半クラッチの時間を多少普段より長めでも、エンジンを守ってやって消耗品のクラッチのほうを多少犠牲にするほうが、良い考え方です。

クラッチなんてものは、守るべき順位としては、低いということです。
しかし、いざ交換となると、工賃が高いことは事実です。よって、“無駄”な半クラッチはぜひとも無くしたいものですが、必要な半クラッチは積極的に使うべきです。
また、豆知識として、
クラッチ交換は、通常は、「クラッチディスク」と「クラッチカバー」と「レリーズベアリング」はセットで交換してしまいます。また、この時、もしフライホイールの状態が良くない場合は、ついでにフライホイールも交換してしまいます。
なぜなら、工賃が高い 少し大掛かりな作業ですので、1回の作業で全部交換してしまおうというのがアイディアですね。
この中の「レリーズベアリング」ですが、これは、主にクラッチペダルを踏み続けることで寿命が多少左右されます。エンジン回転中にクラッチペダルを踏み続けていますと、それだけレリーズベアリングの寿命は短くなる可能性があります。もちろんレリーズベアリングも消耗品ですが、クラッチディスクがまだ充分に残っているのに、レリーズベアリングだけ先に痛めてしまっては、非常に“もったいない”。
よって、赤の信号待ち停止時などで、ず~っと何十秒もクラッチを踏んでいるようなことは、しないほうが良いことですね。
(あまり神経質になる必要もありません。すぐ緑(青)になることが分かっているような場合、クラッチは踏み続けいても問題はほとんどありません。)


>あと、ちょっと今さらなんですがバックギアの時は、半クラだけでしょうか?それともクラッチつなげるのでしょうか?

基本的な考え方としては、1速と同じですね。

例えば、ミラクルシビック1.6リッター マニュアル車のグラフを例で見ますと、(http://www.honda.co.jp/factbook/pi-civic/dvt-s.gif)ギアー比も1速とバックは ほとんど変わらないですよね。

よって、1速で半クラッチの速度では、バックでも半クラッチですし、1速でクラッチを完全に繋ぐ速度では、バックでもクラッチは完全に繋げることができます。ただし、よほど広い 確実に安全な場所以外では、バックで半クラッチを繋げるほどの速度や余裕がある場所も少ないでしょう。

長く半クラッチ状態でバックをしては、クラッチディスクが熱くなってしまいます。よって、冷ますためにも、半クラッチと惰性(クラッチペダルを完全に踏み込む)を交互に繰り返しても良いでしょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

皆様、多くのご回答ありがとうございました。
とても勉強になりました、参考にさせていただきます!!
僕はもう一年ほど乗っているのですが、分らないことばかりで・・・

また何かあったら、よろしくお願いします。

お礼日時:2007/02/14 22:37

補足。


バック時の半クラについて。
バック時は視界が非常に狭いので、質問者さんの運転技術に応じて半クラもやむを得ません。安全第一です。半クラをながく、ではなく、半クラを小刻みに使いましょう。
    • good
    • 0

運転歴20年以上、昔国内A級ライセンスを持ってたものです。



時速1~3キロは歩行速度と同じですので、通常の乗用車ですと1速にシフトダウンすべきと思います。通常の乗用車は1速でカバーできる範囲が広く、MT車は通常シンクロ機能がついていてスムーズにシフトダウンできるはずです。(玄人はヒールアンドトウを使ったりしますが)
やむを得ず2速の場合は半クラ2秒は長すぎます。クラッチを滑らすぐらいならノッキングしても早めにクラッチを話すべきです。

1速に入りにくい原因は、もしかすると、その半クラッチの多用からクラッチが滑っている可能性もあります。つまりクラッチを踏んでも完全にクラッチが切れていないのでシフトダウンしにくくなります。
1~3キロで1速へシフトダウンしづらいのなら、メカニカルな問題があるかもしれません。

最後にクラッチを切った状態や、ニュートラルで走行することはやめたほうがいいです。クラッチはシフトチェンジのため、ニュートラルは停車時のためにあります。ハンドルから駆動系と路面とが一体となった状態で走行することが大切です。エンジンブレーキなどもこの状態で起こるものです。
    • good
    • 1

2速。



質問者さまの車が軽でない前提で書きますが、自動車は、
少しでも前へ進んでいれば、2速で再加速出来ます。そう
出来てんです。て謂うか2速なら停止状態からの発進も出
来ますが..

結局、半クラを未だ習得していないと謂う事ですね。使う
時間も長過ぎ(些かでも車が前進しているなら尚更)。
3秒って相当な長さですよ。時計を見て、イメージトレー
ニングをしてご覧なさい。普通にクラッチを繋げば、時速
20~30キロになる迄の時間ですよ。

1速で発進して、タイヤが半分転がったら2速。時間にし
て、最悪でも1秒以内に完了。感覚的にはこれがベスト。
加速は2速で。

バック時のクラッチ。なるべく半クラを使ってはいけませ
ん。速度速過ぎなら、クラッチ切ればいいだけ。
バックなんだから、惰性で行けばいいんです。

あとですね、質問者様が上に書かれた信号待ちの例。

こんな時、Nにする必要も無いのでは?

前が動き出すのは、状況からある程度予測出来ましょう。
突然、前車も動いたりしません。前が行ける状態になって
始めてスタートするんですから。

殆どの交差点は、交差側が赤に成り、自分の側が青に成る
迄、時間差が在るんですから、交差側の流れが途絶えたら
あ、間もなくこっちが青に成るんだなー程度は判断出来ま
しょう。

或いは、前の信号はずーっと赤だからそろそろ青に変わる
だろうと、減速しつつも判断出来ましょう。そしたら、ク
ラッチは切ったまま、右足はブレーキ。左手は、再加速時
に予想される速度に応じたギアを選択する準備でしょう?
実際の再加速は前車のスタート確認後である事、謂うまで
も無く。

こっちの方が遙かに大事ですよ。3秒後を予測した運転を
心がけて下さい。ギアなんざ間違えたと思えば入れ直せば
いいだけ。

尚、3秒の根拠は、市街地の平均的流れの中で、前車が、
(原因はどうであれ)突然停止した際、自分も安全に緊急
停止するに必要な最低時間です。車間距離もこの程度が理
想です。
    • good
    • 0

この場合、私だったら「2速」にすると思います。


このときは半クラっていうよりも、つなげるって感じにします。

ikaso-menさんはその車にいつから乗り始めたんでしょうか?
マニュアル車にはそれぞれ個性があり、1台1台違っていると思っています。(大げさですが (^_^.) )
そのうち、その車の癖がわかってくると思いますよ~!

10年ぐらいマニュアル車で通勤していましたが、3年前にATに替えました。
無性にマニュアル車に乗りたくなる時があります!!
    • good
    • 0

私の場合ですが、



1.完全に停止した状態ならば1速スタートしますが、少しでも動いている状態ならば回転数を合わせて2速にします。
回転数が合うようにアクセルを吹かしてクラッチをつなぐので半クラはほとんど使いません。

2.バックも半クラはあまり使用しません。

半クラは回転数を合わせる時の繋ぎで使うだけで長時間は使用しません。
先に答えられた方同様に半クラはクラッチの消耗に繋がりますし、パワーロスですので。

今まで30万キロ以上をそんな運転しています。
    • good
    • 0

>速度2~3kmぐらいになったので


言葉尻をとらえているような気もしますが、事実ならクラッチが異常です。エンストしませんか?
仮にエンジンが止まらなかったらロー以外に選択余地はありません。
もちろんトップで40km/hぐらいまで半クラという手はありますが。
バックギアのときは、基本はクラッチだけで速度調整するものと思ってました。全て個人的意見です。教科書はどう書いてあるかしりませんので御容赦を。
    • good
    • 0

人そろぞれとは思いますが 私の場合半クラはできるだけ短い時間にします クラッチをあまり滑らせると クラッチ盤がズルズルになり


壊れます 質問の場合私は回転数を上げ2速に入れます バックの場合
も同様で半クラで滑らせるような事はしません 職業柄色々な人の車に
乗る事がありましたが 半クラで長く引っ張って運転する人の車は クラッチ盤がすべり 乗りにくいです
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2・3・4速で変速ショックを無くすために(半クラッチ?)クラッチを痛めますか?

こんにちは
今度レンタカーで久しぶりにMT車に乗ります。

タイトルの通りなのですが、クラッチは一気に繋ぐのが良いらしいと言うのは聞いたことがあります。っが、2・3速あたりで繋ぐと隣に乗っている人が前後に揺れてしまうので、ほとんど無意識のうちに半クラッチ(というより1速→2速の半クラッチとは違い、2速→3速のときに急に0から100繋ぐのではなく0~100まで0.5秒くらいで繋ぐ感じです。その時アクセルも連動してじんわりと)をしてしまいます。

さすがに高速道路など高速域ではショックも少ないので、一気に繋ぎますが、低速域の加速中にこういうクラッチの繋ぎ方をするのはダメでしょうか


個人的に、極端なクラッチの磨耗がなければ、何年かごとに交換すればいいかと思っています。
心配なのは、急に繋がらなくなったり、発熱などの問題がおこらないか?と言うことです。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

もちろんクラッチはなるべく滑らせない方が減りは少ないです。
但し、良く「スパッと繋ぐ」とは書かれているが、勘違いしているヤツのに乗ると「ガツン」と来て甚だ乗り心地悪し。
物理的に一番負担が掛かっているのは停止-1速、次に1-2速であるから、
バランスから言ってここを0.3secぐらいで繋げばBestだと思っています。
それ以上はそんなに気にしなくてもショック無しで変速できるはず。
コツはクラッチを切る1秒ぐらい前に(同乗者に気付かれない程度に)アクセルを抜いてやるコト。
下のギヤのバックラッシュだけでカウンターギヤも抜けるし、エンジンrpmが下がったところに上のギヤ突っ込むから変速ショックは皆無。(但し、車によってrevの下がり方とギヤ比は違うので慣れは必要です。)
ちょんってきるだけで変速できるから基本的に切っている時間も最短、更にショックがないってことはクラッチの負担が無いって事。慣れた車だとクラッチ切らずにシフトアップ/ダウンができるはずです。(←一番クラッチは減らない ^^)
競技で加速し続ける必要がある時には当てはまらないけど、質問者様はそうでないと思いますから。
シフトアップで変速ショックが無い運転は上手だと感じます。
あと、よっぽど半クラ使う人でも滅多にクラッチのすべりは発生しないので、質問者様の意識レベルでレンタカーならば全く問題なしのはずです。クラッチ磨耗は前兆がありますから、急に繋がらなくなる事はありません。
敬語、言い切り表現混在で失礼しました。仕事中なもので -_-;

もちろんクラッチはなるべく滑らせない方が減りは少ないです。
但し、良く「スパッと繋ぐ」とは書かれているが、勘違いしているヤツのに乗ると「ガツン」と来て甚だ乗り心地悪し。
物理的に一番負担が掛かっているのは停止-1速、次に1-2速であるから、
バランスから言ってここを0.3secぐらいで繋げばBestだと思っています。
それ以上はそんなに気にしなくてもショック無しで変速できるはず。
コツはクラッチを切る1秒ぐらい前に(同乗者に気付かれない程度に)アクセルを抜いてやるコト。
下のギヤのバ...続きを読む

QMT車のバックのときのクラッチ操作について

MT車でバックするとき、
アクセルは一定で保ちつつ、クラッチは半クラや断続クラッチを使い分けますが、
このときに、半クラの状態で発進するときみたいにクラッチをつないだら、急発進みたいなことが起きるのですか?
回答、お願いします。

Aベストアンサー

急発進の程度をどのように考えられているかにもよりますが
半クラの状態から完全にクラッチをつないだとしても
バックでも前進でも急発進は起こりません。
MT車では、クラッチはつなぎかかったポイント(半クラポイント)を
体で感じた時点でアクセルを踏み出すのが普通ですので
質問文で気になる『アクセルを一定に保ちつつ』のアクセルをふかし過ぎた状態で
半クラから、そのまま完全にクラッチをつないでしまうと
バックでも前進でも急発進が起こります。

Q公道でのMT車の速い発進、それからのシフトアップについての相談です

公道でのMT車の速い発進それからのシフトアップの方法はありますか?
なるべく週に3~4回は車に乗っているのですが(おもに夜です)、信号発進などに後ろのミニバンとかに煽られることがよくあります・・・・

発進の時なんですが、僕は2~3秒ほど滑らせて1600~1700回転位でやっているのですが、これ以上早く、そして低回転で発進するとガクガクしたりエンジンがカラカラ鳴ってしまいます・・・
半クラッチは何秒くらい、回転数はどのくらいがベストでスムーズかつ速いのでしょうか???

また発進してからの1から2のシフトアップなんですが、1速はどれくらい回したほうがベストでしょうか??
そしてシフトアップの際の回転合わせやアクセルやクラッチ操作はどのようにするのがベストで速くてスムーズでしょうか??
あと1→2のシフトアップの時、アクセルは全部戻さずに、クラッチを滑らせながらつなぐというやり方があるのを聞いたのですが、そのような方法は良いのでしょうか??

以上です、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

昔、国内A級ライセンスを持ってたものです。
半クラッチはクラッチの寿命を減らします。
レーシングカーのクラッチは強化クラッチで半クラは絶対にしてはいけないものです。
公道でも半クラッチの多用は何においてもよくありません。
2~3秒はあきらかに長いと思います。1~1.5秒でしょう。
もしかするとその2~3秒の間に駆動力がスムーズに伝わらないのであおられるのかも知れません。

あおられて気にしていても危険なだけです。

スタートは2000回転ぐらいまであげてみてもいいでしょう。これはメーターを見ながらやるというより、感覚で身に着けるものです。視線は基本的には前方です。
シフトアップは一速で4000回転ぐらいで十分でしょう。公道ではタクシーの運転手さんの走りが参考になります。回転メータに視線をあまり置き過ぎないよいうにしましょいう。危険ですので。

トランスミッションとクラッチに負担をかけないために、
シフトアップ時はアクセル全て戻し、半クラ厳禁と覚えてください。

QMT車で、上り坂でジリジリと前進するコツ

RX-7(FD)に乗り始めて4ヶ月ほどの者です。マニュアル車の運転は初めてです。
最初の頃に比べるとシフトチェンジやクラッチ操作も徐々に慣れてきましたが、緩やかな上り坂で、ジリジリと少しずつ前進しないといけないような所での操作が苦手です。例えば、見通しの悪い十字路で、左右から車が来ないか少しずつ前進しながら確認しないといけないときなどです。ミラーがあっても、交差している道がカーブしてるので非常に確認しづらいのです。平地でもジリジリと前進するのは苦手ですが、これが上り坂となるとさらに・・・。何かコツはありますか?やっぱり半クラにしておくのですよね?
もう一つ質問があって、特に半クラを多用したときに、焦げる臭いがします。ロータリーは仕方ないことだと言われましたが、問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

半クラッチです。

半クラッチ使用が必ず正しいのですが、

1つだけ注意点は、「クラッチが熱くなり過ぎるほどにやってはダメ!」です。


イメージとしては、フロントブレーキと全く同じです。走行直後は、触れないほどに熱くなっていますよね。
もし、あの熱さを超えるようでは、フロントブレーキも効かなくなりますし(フェード)、そこまでの長時間のフットブレーキ使用は、間違っています。

クラッチも全く同じなのですが、

逆の言い方をすると、「あの程度(普段のフットブレーキのフロントブレーキ)の時間の連続使用なら、問題が無い。」とも言えます。
(厳密には、クラッチのほうは、密閉された中で起きることですし、クラッチ版自体がブレーキパッドより薄いので、フットブレーキ比でもう少し繊細に考えてやる必要はありますが。)

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3151568.html)の ANo.6



☆【 緩やかな上り坂を、静々と進んでみる方法。】

・アクセルペダルを踏む右足は、必ずかかとを床に付けっぱなしにして下さい。

・クラッチペダルを踏む左足は、必ずかかとは上げたままにして下さい。


クラッチ切って1速に入れて、ハンドブレーキで車を止めたまま右手はハンドブレーキを引いたままの状態(リリースボタンは押したまま)。から始めますね。

1. アクセルペダルを踏んで、アイドリング回転数の 1.5倍程度の回転数にして、右足は固定します。

2. 右足は固定したまま、クラッチペダルを半クラッチに付けたと同時に、ハンドブレーキは解除して、

3. クラッチペダルのみで車速をコントロールします。


この時、エンジン回転数は、アイドリング回転数の1.2~1.4倍程度でキープできていると良いですね。

目安は、平地では1.2倍。 緩い(わずかな)上り坂は、1.3倍~。 急な上り坂になれば、1.4倍は超えて、それこそもっと高い回転数が必要な場合もよく出てきます。


半クラッチは、軽く繋がっている程度で良いと思います。車が下がってしまわないギリギリのところで繋いで、ペダルを0.5ミリ手前に戻せば(繋げば)前進してくれる程度。(坂が急なら、アクセルはもっと踏み込んで、クラッチはもっと繋ぐ必要が出てきます。)


半クラッチは、実は、熱くならないように、5~7秒ごとに、完全に切ってクラッチペダルを床までいっぱいに踏んでやって、冷ましてやる必要があります。

切るのは素早くやります。

この時、もし車が速度ゼロになったら、ハンドブレーキかフットブレーキか、どちらかやり易いほうで止めて下がることを防ぐことは忘れないようにして下さい。

止まる必要が無い場合は、普通は、車速が落ちる前に再び半クラッチで繋いで(弱く薄く繋ぐ)、上記の3.を繰り返しながら進みます。


つまり、冷ますためにクラッチを切る場合も、可能な限り素早く一気に切り、1秒冷まして、再び繋ぐ時も、半クラッチの始まるところの手前までは、一気にクラッチペダルを戻す必要があります。

クラッチペダルの、半クラッチが始まるところの手前の位置は、左足に覚えこませておく必要はあります。

7秒-1秒-7秒-1秒-7秒 では、完全に、冷ます時間が足りな過ぎますので、断続クラッチをする場合は、3~4秒-1秒-3~4秒-1秒-3~4秒-1秒-3~4秒 といった配分にしてやる必要があります。

上記の5~7秒というのは、「その後、クラッチは完全に繋いで発進できるような場合。」や、「坂自体が相当緩やか、しかも、断続は2回程度で済みそう。」な場合のみ。です。



まずは何よりも先に、平地での練習ですね。

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3691782.html)の ANo.9


平地でこれができるようになっていれば、あとは、上り坂での操作は、この延長上の操作でしかありません。発進のときにハンドブレーキを使い、必要な時(止まってしまい 下がってしまいそうな時)にはハンドブレーキで止める。これだけです。


「焦ったら必ずクラッチは完全に切る」 これだけを自分に言い聞かせておけば、急発進で失敗することも無いでしょう。


クラッチは、焼いてしまうほど長々繋いではいけませんが、だからといって、「早く完全に繋いで半クラッチ状態を脱しないと」と不要に焦ってしまう必要は無いです。



ロータリーエンジンゆえに、エンジン回転数の低い時にはエンストしてしまいそうな場合は、
上記より、気持ちエンジン回転数は高めに設定し、クラッチを気持ち弱く薄く繋げば (この場合の繋いでおく時間は、気持ち短めに。)、
スムースにできるかと思います。


 

半クラッチです。

半クラッチ使用が必ず正しいのですが、

1つだけ注意点は、「クラッチが熱くなり過ぎるほどにやってはダメ!」です。


イメージとしては、フロントブレーキと全く同じです。走行直後は、触れないほどに熱くなっていますよね。
もし、あの熱さを超えるようでは、フロントブレーキも効かなくなりますし(フェード)、そこまでの長時間のフットブレーキ使用は、間違っています。

クラッチも全く同じなのですが、

逆の言い方をすると、「あの程度(普段のフットブレーキのフロント...続きを読む

Q1→2速へのシフトショックが無くせない。

はじめまして。

去年の5月に免許を取り、
ミラの4ナンバー車(10ヶ月運転)→デミオスポルト(1ヶ月弱運転)
と乗り継いできました。共にMT車です。

2→3・3→4・4→5のシフトチェンジの時は大分ショックが和らぐようになりましたが、
1→2速にシフトチェンジの時はどうしてもガクッとなってしまいます。

回転数はだいたい2800~3200ぐらいで1→2にシフトアップしています。
ショックを無くすには、どのような工夫をしたら良いでしょうか?

Aベストアンサー

ゆっくりクラッチを繋ぐことですね。

たしかに、「半クラッチを長くするのはよくない」ということはご存知かと思いますが、

だからといって、ショックが強く出るほどすばやくクラッチを繋ぐということは 間違っています。

よって、早過ぎないように、丁寧にクラッチを繋ぎます。


ところで、軽自動車でしたら、ある意味 上達も早いはずなのですが、10ヶ月プラス、それと、デミオで1ヶ月ですね?

ショックは、どのようなものなのでしょうか?

前にのめるような、ブレーキがかかったようなショックですか?

それとも、急加速するような、背中がドンとなる雰囲気なショックでしょうか?


前にのめるような、ブレーキがかかったようなショックでしたら、アクセルの踏む量が足りないのですね。(繋ぐ時のエンジン回転数が低い)

逆に、急加速するような、背中がドンとなる雰囲気なショックでしたら、アクセルを踏んでいる量が多いのです。(繋ぐ時のエンジン回転数が高過ぎる)


まずは、クラッチの繋ぎかたを多少ゆっくり目に丁寧に行い、

と同時に、アクセルの量も調整するとよいでしょう。

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2047554.html)の ANo.6
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1988100.html)の ANo.9

などが参考になるでしょうか。

2コ目のURLは、力強い加速のしかたの説明でもありますので、逆に、普通に発進~加速したいような場合は、1速で1000~1500回転頃にはすでにクラッチを切って2速にしてしまうような運転方法もありますし、慣れてくればむしろ普通はこんな感じですね。1速の場合のみの話ですね。
(3~5速で1000~1500回転域での運転はしません。するとしても、平地での惰性走行から減速に入るような頃だけ。アクセルは踏まない。)


他にも、いくつかURLがありますので、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2849121.html)の ANo.19 の中から、気になるのをご覧下さい。かなり参考になるかと思います。


例えば、人が車を後ろから押してくれれば、2速発進が可能ですよね?

または、(同じ話ですが)、若干の下り坂道でしたら、2速発進可ですよね?

つまり、わざわざ1速に入れなくとも、発進しますね?


つまり、2速発進が可能な速度って、だいたい、自転車が普通にリラックスして走っているような速度ではないでしょうか?時速にして、4km/h~8km/h位。

この位の速度が出ていれば、街乗りに必要な普通の加速程度なら、2速発進が良いのです。


つまり、停止状態からの1速発進時も、 4km/h~8km/h位出れば、クラッチを切って2速にして良い訳ですね。


この場合、1速半クラッチ発進のイメージで、2速に繋ぐ時にも若干半クラッチ気味で繋いで良いでしょう。(練習初めの頃)

そしてだんだんと、半クラッチ気味の時間を短めにしていけばよいでしょう。


デミオも、練習にはもってこいの、とても良いお車だと思いますよね。(1500DOHCですと。ちょっと良過ぎる位に良いかな?)
練習にも良し~上手になっても申し分ない良い車。 といったところでしょうか。
練習車として見ても良いお車をお持ちですので、道具は揃っているようですね。

ゆっくりクラッチを繋ぐことですね。

たしかに、「半クラッチを長くするのはよくない」ということはご存知かと思いますが、

だからといって、ショックが強く出るほどすばやくクラッチを繋ぐということは 間違っています。

よって、早過ぎないように、丁寧にクラッチを繋ぎます。


ところで、軽自動車でしたら、ある意味 上達も早いはずなのですが、10ヶ月プラス、それと、デミオで1ヶ月ですね?

ショックは、どのようなものなのでしょうか?

前にのめるような、ブレーキがかかったようなシ...続きを読む

QMT車の坂道発進(サイドブレーキ無しの場合)

お世話になります。
MT車(アクセラ)を購入しました。ですがなかなか慣れず、特に坂道発進が苦手です。サイドブレーキを引けばいいのですが、ちょっとした坂くらいはサイドブレーキ無で発進したいです。過去の質問にはヒールアンドトゥがよいとありましたがアクセラは構造上ヒールアンドトゥができないそうですし、何よりそんな技術は私には全くありません。何かよい方法をご存知、または実践されている方のご意見を伺いたくお願い致します。

Aベストアンサー

ANo.9 です。

少し続きを記載します。(回答が出尽くすまで締め切らない ご質問者様のご配慮に感謝致します。)

ANo.13様、ANo.14様、ANo.15様、いろいろな意味で、本当にありがとうございます。
(当方のANo.9を読んで頂けたことや、追記の機会を与えて頂けたこと、などですね。)

(特にANo.14様ANo.15様)、当方、同じ車好きの仲間、論争したり反論する意図は全くありません。しかし、「その点については、どうなのよ?」とお感じの第三者様が居ることもお思いますので、一応そのかたのために、少し当方からの追記も書かせて下さい。



>そのようなことが内部で起こっているとは考えたこともありませんでした…。勉強になりました。これからは、環境のことも考えて生活していかなければなりませんね(Egの寿命も含めて)

ANo.13様にご理解頂けただけでも、当方としてはとても嬉しいです。私も、知らない分野(車ではない)のことではここgooOKWaveで助けられますので(過去の回答など)、私の記載のものが、どなたかのお役に立てば、とても嬉しいことです。



>、「サイドブレーキを使わない坂道発進はエンジンに悪い」なんてトンデモな事を書いている人がいますが、~~そんな理屈ばかりこねて、実際にエンジンを全分解して確認したというのでしょうか。

エンジンを分解したところで、人間の目には何も分かりませんし、実際に物理的にクラックが入るとか 削れて寸法が狂うとか し始めるまでは、誰にも分かりません。金属疲労なんてものは、X-rayや超音波や紫外線で見付ける方法が有ったとしても、見付けられるものは既にクラックが入っているもの のみで、蓄積されてまだクラックは入っていない金属疲労に関しては、どのような方法を用いても人間が知る術すらありません。ある日ぶっ壊れて、「ああぶっ壊れたか」と分かるだけです。金属疲労が蓄積されていって、やがてクラックが入るなりするのですね。

20万キロもったのでしたら、ラッキーでしたね。10万もたずにクラックが入るエンジンも多く出る中で、それまでもったとは良かったことです。しかし、金属疲労が余計に蓄積されてしまう運転方法であることには変わりはなく、人間には分からなくても、車には分かっています。

言い方を替えましょう。もし、ANo.14様の愛車の窓ガラスを、誰かがおもいっきりパンチしたとします。見ていないところでパンチされ(洗車後のキレイなガラス、パンチ後の手の皮脂は拭いて。)、どの窓ガラスがパンチされたか、分かりますか?
「パンチされても、割れていないのなら、全く気にもならない。どんどんパンチして!」というふうにお感じな かた でしたら、私のANo.9記載のものは忘れて下さい。
ただし、
サイドブレーキを使って坂道発進を上手にやれば、サイドブレーキを使わない他のどんな方法よりもエンジンに優しくて燃費も良くなってお財布にも優しくて地球にも優しいことには変わりありませんので、他のかたの、せっかくの良いことをするチャンスの足を引っぱることはやめて下さい。



>自動車メーカーは、「サイドブレーキなしの坂道発進」が日常茶飯事に行われる事を前提でエンジンを作っています。そうした上でのテストも行っているはずです(少なくとも、ECUが上手く制御を行っているはずです)。

そうではないですよ。坂の多い街では、そのような運転癖のある所有者にあたった車両は、痛みは実際早いですね。海外ですと、坂ばっかりの、坂が名物のような街も多いのですよね。そのようなところでは顕著に現れます。そこで起きていることから学んで、日本でもちゃんと車に優しい運転をする人が、真の車好きと言えるのではないでしょうか?
また、本音で言えば、「車なんてど~でもいい」というかたにも、燃費とお財布には優しいですので、ぜひ実践して頂きたいものです。

それはそうと、日本の教習所の教え方も変ですよ。オートマチック車でクリープ現象でも負ける坂道では皆さん必ずサイドブレーキ引きますよね?、だれも「アクセルをいきなりドカンと踏んで何が何でも左手は使わずに発進しよう。」などとはだれも考えない。なのに、ことマニュアル車になると、「やがてはサイドブレーキなど使わないようになるべきだ」なんていう妙な非常識が日本には有りますが、これがまたなぜかは分かりませんが、だれも疑問もなくこの価値観を受け入れてしまっています。

坂道発進時にちょっとさがる車って、なんか、“だらしない”と私には映ります。とても主観ですので、どちらの価値観でも良いのですが、車にも燃費にも優しいのはサイドブレーキを使う、全くさがらない上手な発進方法のほうです。

そうそう、海外での、ハッと気付かされた恥ずかしい経験。私がまだ海外に行きたての頃、まだ坂道でサイドブレーキを使わない間違った発進方法をしていた頃の話ですが、車を買おうと試乗に行ったときのことですが、私が運転して、店員が助手席、連れ合い(といってもまだその頃は知人ですが)が後ろ、でマニュアル車に試乗させてもらった時のこと。坂でサイドブレーキを引かずに発進させたら、怒られましたね。別に大きくさがった訳でもないですよ。普通に上手く発進しました。しかし、「この車は売り物なんだ!もう少しまともな丁寧な取り扱いをしてくれないか、ハンドブレーキを使ってくれ。」と注意されました。その時は、何か車にトラブルでも抱えているのかとか考えてしまいましたが、あとから考えてみると、大変失礼なことをしてしまった訳ですね。
坂の多い街では、“ある”常識があるのです。
まず、
a) 1速がグラグラになるのです。
 なぜなら、サイドブレーキを使わないで坂道発進をさせる場合、万一きちんと1速に入っていませんと、かなり豪快に後ろにさがってしまうのですね。シンクロの途中で中途半端にかみ合っているような場合、ギーとか音がしながら、同じようにかなり豪快にさがってしまう。これを心配するために、サイドブレーキを使わないで坂道発進をさせる人の場合、知らず知らずの間に、坂では無理矢理1速にねじ込んで“確認”するようになってしまうのです。これが原因で、1速がグラグラになってしまいます。
 逆に、サイドブレーキを使うのならば、万が一の1速にきちんと入っていなくても、車は全くさがらず、サイドブレーキをリリースする前に、1速に上手く入っていないことが気付くことが100%できますので、車も一切さがりませんし、よって、何も1速に確実に入っていなくても、普通通りにポンと1速に軽く入れておけば良い訳です。サイドブレーキを使う坂道発進をしていれば、1速はグラグラになりません。
b) エンジンの痛みも早まります。
 これは坂の多い街では常識です。海外では、10年10万キロで車は廃車にしたりしませんので、そこからさらに使うのです。そうしますと、運転の仕方で車の寿命や痛みの出具合は、良く知っているのです。ここが日本人とは違っている点です。
 日本人は、車が本当の寿命を迎えるまで車を使い切りませんよね。よって、当方も、「早く壊れる」とか、「寿命が短くなる」とか、書きにくいのですね。その前に、ほとんどのかたは廃車にしてしまうから。
 そこで、「壊れなくてもガラスにパンチされたら嫌でしょう?」といったような記載のしかたになってしまうのですよね。
 しかし、それでもガソリンを無駄にしていることには変わりありませんし、車好きなら、ガラスにパンチと同じように、エンジンへの無駄な金属疲労の蓄積はなるべく避けたいでしょう?よって、「なるほど!」と理解して頂けるかたのみで結構ですので、サイドブレーキの坂道発進を実行して頂けたら、お財布も、愛車も喜びます。
c) エンジンのみならず、エンジンマウントなども急激にダメになります。
 これは、ほとんどアイドリング状態で、サイドブレーキを使わない坂道発進のために急激にクラッチとアクセルを操作することにより、また、車体自体はさがり始めているものを再び止めなくてはならないトランスミッション側からの逆回転の入力によるさらなるエンジン回転数の低下により、エンジンが低速ノック状態になる訳ですね。ボンネットフードがあるので見ることはできませんが、低速ノックが発生した時のエンストになりかけて再び回転させるような“あの”サイドブレーキを使わない坂道発進の状態は、エンジンがとんでもなく左右に(横置きエンジンなら前後に)グラグラ揺れているのです。一度見ることができたら、「二度とやりたくない」と必ず感じる位のグラグラ揺れですね。見えないから何度やっても気になっていないだけです。
 このシェイクが原因の、エンジンマウント劣化から始まって、燃料系のゴムホースやワイヤリングハーネス類、その他様々なエンジンと繋がっているものや、エンジン内部の激しく上下しているピストンに対する左右の激しい振動など、どれをとっても全て悪影響です。
 たったわずかな手間でサイドブレーキを使えば、エンジンを激しくシェイクさせることなく坂道でも発進させられるのに、一言で言うなら「もったいない!」の一言です。車をさげながら、エンストギリギリのオペレーションでエンジンをグ~ラグラさせながら発進することが「カッコイイ」というのなら、これは、考えてみれば、かなりこっけいです。早く日本の(非)常識も正常になるか、または、日本の非常識にはとらわれず、知識を得たかたから正しい運転方法になるほうが良いと思います。
d) 車が急にさがることで、歩行者や二輪車など、場合によっては威嚇してしまう(ビックリさせてしまう)。

上記のような世界の常識の中では、私がしてしまった、「試乗車でサイドブレーキを使わない坂道発進」とは、まるで、例えば、デパートで飾ってあるワイングラスをいい加減な扱いで音をたてて置いてしまうような、とても恥ずかしい行為だった訳ですね。他人のものは、丁寧に扱わないといけません。
「自分の車はど~でもいい人でも、他人様の車は丁寧にサイドブレーキを使って坂道発進をさせなければならない。なぜなら、エンジンが痛むから。」というお話でした。



>人を脅すような御託を並べて、人を罠にかけるような書き込みは非常に不愉快です。

どういう意味でしょうか。『こういう運転方法が、車にも エンジンにも 燃費にも お財布にも 地球にも優しいですよ。』ということが、罠であったり脅かしになるのでしょうか。

しかも、ANo.9 では、「私の今回記載の内容にどうしてもご賛同頂けないかたは、どうぞ今まで通りの運転方法で行なって下さい。」とも記載しておきました。罠にも脅しにもなりません。



>「お宅、どちらのメーカーの回し者?」って感じですよね。

車の寿命を延ばし、燃費を(多少ですが)良くし、ガソリン消費削減、二酸化炭素削減、地球のためにまでもなることを紹介することが、「どこかのメーカーの回し者」に成り得るのでしょうか?



>かと思えば、オートマチックトランスミッション搭載車を「走る物置」だことの表現したり、全く訳が分かりません。

そうそう、今でもそう思っていますね。というか、きっと私は一生そう思います。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2627033.html)の ANo.2 のことですよね?
ここまで明記して頂きませんと、読まれている第三者のかたには全く意味が分かりませんよね(不眠症になっちゃいますよ)。

『私は、決して、乗らずギライではありません。AT車も持っています。2台。』←これ、本当ですよ。2台、2台とも私名義ですね。1つは輸入車。ボディーの大きさはセルシオより大きな、セダンですね。もう一つは国産スポーツセダンのAT車、そうそう、これと全く同じMT車も持っていますし、それとは別にあと何台かMT車が有りますね。全て今現在持っています。全部私名義で。
といっても、決して自慢ではありませんので怒らないで下さい。全てそれほど高い車ではありませんので、2年ごとに新車に乗り換えているかたと比べれば、かけている金額は私のほうが少ないのではないでしょうかね。
とはいっても、維持費など税金面では人の5~10倍は毎年支払っていますので、むしろ、良い国民と呼んで下さいませ。

それはそうと、私は、オートマチック車を否定はまったくしていません。よって、日本全国のオートマチック車ファンのかた、どうかお気を悪くなさらないで下さい。
アクセルをジワッと踏んでいるだけでそのまま法定速度までもっていけるAT車は、気分はジェット機のようで、感心します。
CVTのAT車ですと、MT車を完全に超えている{(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1988100.html)の ANo.9}とも考えます。
しかし、AT車って、おもしろくないですよね。その一言です。
マニュアルの銀塩一眼レフカメラが好きな人に、フルオートコンパクトカメラを渡しても、全くおもしろくないのと同じことです。
何だか、どちらのオートも、不自由です。
何かを工夫してやろうとした時に、とても不自由です。が、逆に、「動けば何でも良い」という場合は、オートのほうが断然楽ですよね。その違いです。
まあ、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2627033.html)の ANo.2 の最後の2行だけは、半分比喩(good sense of humor)であることはすぐに分かりますよね。



>実際には踏み替え発進はエンジンに対する負担など無視できます。
>同じ理屈なら、サイドブレーキ発進もエンジンの寿命を縮めています。
>なぜならサイドブレーキを引いたまま(=駆動輪ロック)で、
>半クラッチ状態を作りアクセルを踏み込むわけですから。

実際にはかなりの差です。エンジンがアイドリング回転数またはそれ以下では、アクセルを踏んではいけません。これは、もし、エンジン回転数の割にマニホールドプレッシャー(MP)が高くなりますと、エンジンの回転数の割りに炎の速度が著しく上がってしまうからです。
サイドブレーキを引けば、事前に余裕を持ってアクセルをジワッと踏めますよね。ANo.9 にも記載しましたが、エンジンがアイドリング状態の低い回転数の時に、トンと瞬時に突然アクセルを踏むことだけは避ける必要があるのです。ジワッとアクセルを踏むためには、時間的に、0.5秒位の余裕が必要です。しかし、サイドブレーキをしていませんと、0.5秒の間に車はかなりさがってしまいます。
ジワッとアクセルを踏んでから、エンジンをアイドリング回転数より若干上げてから(上げる量はその坂の傾斜による)負荷をかける(クラッチを繋ぐ)という手順が必要です。
例えば、アイドリングが700rpmとしますと、上り坂では、700rpmでクラッチを繋げるようなことをしてはいけません。事前にジワッとアクセルから踏み込んで、1050~1400rpm位にすれば良いでしょう。その後クラッチを半クラッチで繋ぐと同時にサイドブレーキを外せば、そのまま自然にスムースに発進していくことでしょう。
クラッチを繋ぐ前に、事前にアクセルでエンジン回転数を1.5~2倍にまで上げてやってから、半クラッチにして負荷をかけながらさらにMPを上げてサイドブレーキを外すことが重要なのです。こうすることで、MPに対するエンジン回転数のほうが充分に速くなりますので、高圧力下で炎の速度がとても速くても、それに見合ったエンジン回転数になっていますために、低速ノックの領域に入らずに坂道発進ができるのです。
「急坂の場合、エンジン回転数は3000rpm位にしてからクラッチを半クラッチに繋ぐ。」というふうに、教習所でも習っていますよね?半クラッチは、なるべく短時間で終了させたいですので、いつまでも半クラッチのままにせずに、なるべく早い段階で完全にクラッチは繋ぎたいものですが、だからといって、低いエンジン回転数で半クラッチをすることにとらわれずに、坂の勾配に合わせて何回転で半クラッチにするのかを良く考えて、ふさわしい回転数になるまではきちんとサイドブレーキを使ってしっかり車を止めておき、アクセルはジワッと踏んで、そのあと目標エンジン回転数になってから初めて半クラッチを繋ぐべきです。



>No.9の方が言われるような燃焼タイミングのズレが起きています。

よって、エンジン回転数を事前に多少でも上げておけば、燃焼速度のズレは起きません。MPが高い(アクセルを踏んでスロットルが少し開いている状態)ので炎の燃焼速度も速いですが、エンジンもそれに見合った速い回転数で動いている。という訳です。
このような状態に持っていくべきなのです。

例でいうと。5速でエンジン1000rpmの時に、まさかアクセルなんて踏みませんよね。
必ず4速などにしてエンジン回転数を上げてからMPを上げる(アクセルを踏み込み)(加速させ)ますよね?
1速より低いギアーは無いので、クラッチを滑らせる(半クラッチ)方法しかないのです。この場合も、平地ならアイドリングに近いエンジン回転数で半クラッチを始めても良いかもしれませんが、上り坂でアイドリング回転数や、ましてやアクセルを踏まずに先にクラッチを繋げて多少アイドリング回転数よりも回転数を落としてしまってからアクセルを踏む(MPを上げる)だなんてことは、決してするべきではありません。
上り坂では、むしろ、ジワッとアクセルを余裕を持って踏み込んで、充分にエンジン回転数を上げてからクラッチを繋ぐべきです。



>坂道発進とは元来、エンジンかクラッチに負担が掛かる発進です。

マニュアル車の坂道発進では、トルコン付きオートマチック車とは違って、車速が超低速域での大きな負荷のかかる状況では、クラッチに負担をかける方法しか選択の余地はありません。エンジンを低速ノックさせながらエンジンを犠牲にしてクラッチの摩耗を防ぐことなど、もししたら本末転倒です。エンジンは消耗品ではありません。
逆に、クラッチは消耗品です。タイヤやブレーキパッドと同じように、クラッチなんてものは消耗品です。摩耗したら交換すれば良いことです。
平地での運転のしかたの、上手い下手で、クラッチの寿命は1万キロしかもたない場合も10万キロもつ場合もありますが、クラッチを長持ちさせたいのならば平地の普段での運転時に気を付けることです。坂道発進では、むしろクラッチを、エンジン回転数の若干高いところで活用してやって、上手く低速ノックを防ぐほうがよっぽど重要です。
また、
消耗品クラッチの寿命の点で、おもしろい話、
サイドブレーキを使ったほうが、クラッチの減りさえも抑えられますよね。
なぜなら、サイドブレーキを使わない坂道発進は、フットブレーキから足を離した瞬間から さがり始める車両を 一旦止める作業まで、クラッチに全てやらせていることになるのです。
サイドブレーキシューで止めておけばサイドブレーキシューは全く減りませんが(なぜなら、滑っていないから。)、これをクラッチにやらせるとなると、クラッチはすぐに摩耗しますし、さらにガソリンまで余分に消費します。
余計なガソリンを消費させずに、余計なクラッチ摩耗をさせずに、上手にサイドブレーキを使って最も良い上手な坂道発進ができるように、早くなれると良いですね。

サイドブレーキを使う上手な坂道発進の目標は、
半クラッチで車が動き出す絶妙な時に さっとサイドブレーキを外して 即前に進み始めるようなタイミングが ベストですね。
最も車に優しくて、ガソリンも最も少ない消費で発進できます。



・ 坂道発進で、エンジンがアイドリング回転数しかない時にクラッチを繋いではいけません。

・ アイドリング中に、いきなり突然トンとアクセルを踏んではいけません。

なぜなら、両方とも、エンジンに悪影響があります。

ANo.9 です。

少し続きを記載します。(回答が出尽くすまで締め切らない ご質問者様のご配慮に感謝致します。)

ANo.13様、ANo.14様、ANo.15様、いろいろな意味で、本当にありがとうございます。
(当方のANo.9を読んで頂けたことや、追記の機会を与えて頂けたこと、などですね。)

(特にANo.14様ANo.15様)、当方、同じ車好きの仲間、論争したり反論する意図は全くありません。しかし、「その点については、どうなのよ?」とお感じの第三者様が居ることもお思いますので、一応そのかたのために、少し...続きを読む

QMT車のブリッピングについて質問です!

MT普通自動車のブリッピングについての質問です。


1.ブリッピングとはシフトチェンジの際にクラッチを踏んでからアクセルをふかすという認識でよろしいでしょうか?



2.また、どのようなシチュエーションでなんのために使うのでしょうか。


3.ブリッピングのコツやアクセルのふかし加減など、アドバイスがあればよろしくお願いします!!

4.教習生や運転初心者には高度過ぎてやらないほうがいいですか?



ご意見待ってます!!!!

Aベストアンサー

そうですねぇ、ブリッピングと言う言葉自体を忘れた方がいいと思います。

サーキットなど全開、フルブレーキを繰り返す場合はブリッピングしないと危険な状態になりますけど。
今、日本で発売しているMT車はおそらく誤操作防止のためと思いますがヒールアンドトゥがしづらいペダル配置にしてあります。
輸入スポーツカーにはやりやすい様に配置してあるのも一部ありますが。

公道を走る分には何もしないでギアチェンジして大丈夫です。

QMTでギアをガリガリやるのはどれぐらい車に悪いの?

MTを運転されている方の多くは、
シフトレバーの操作が完全に終わっていない状態でクラッチを離してしまい、
ガリガリ!というすさまじい音を聞いてはっと驚いた、
なんて経験をされていると思います。
実は私、けっこうそれをやる頻度が高くて、
1~2ヵ月に1回ぐらいのペースでガリガリやってたりします。
(現在の車も新車で購入後8ヵ月で既に5~6回ガリガリやっています)
音から察するに車のどこかに少なからずダメージがありそうだというのはわかりますが、
その程度がどれほどのものか、興味として知りたいと思いました。
ということで、ガリガリやってしまったときに、
・具体的にどの部位にダメージがあるか
・どれぐらい車を傷めるか(またはどれぐらいやると壊れるか)
についてお教え下さい。

Aベストアンサー

#4の方が言われるスリーブとはシャフト上を移動できるようになっているもので、このスリーブにあるスプライン(周囲がギザギザになってる部分)とギアのスプラインが噛合う事によって、ギアとシャフトがロックされるようになっています。シフトレバーはシフトフォークと呼ばれる先が二股に分かれたレバーを介して、このスリーブを移動させ、必要なギアのみをシャフトとつなげるようになっています。このスリーブのギアと噛合う部分は先端が斜めにカットされていて、容易にギア側のスプラインと噛合うようにできていますが、この部分が当たった状態の時にクラッチを離してしまうと、噛合いそうになっていたスプラインがはじかれたガリガリと音を立てるのです。

QMT車でバックでの坂道発進+車庫入れ

免許を取ってまだ2ヶ月の初心者です。

先日、家の車が古いこともあり小型のMT車に買い換えたのですが、車庫入れが難しく困っています。
というのも、自宅の駐車場が若干斜めになっており、また駐車場の入り口付近は結構な傾斜になっているので、バックでの坂道発進と車庫入れを同時に行わなくてはなりません。
以前の車はAT車だったためそれほど苦労せずに駐車することができたのですが、それでも駐車場の入り口のきつい傾斜は回転数を高めにして越え、前輪が傾斜を越えたら速度が上がるのですぐブレーキを踏む、という作業で駐車を行っていました。
MT車にはまだ慣れていないため駐車の際頻繁にエンストしてしまいます。結構エンジンを吹かさないとエンストしてしまうし、吹かしすぎると速度が速くなってうまく車庫入れができない、という状況です。。
車庫入れ自体は半クラッチで行っています。

私の運転技術自体が未熟ということもあると思いますが、坂道での微速後退がうまくできるコツなどありましたらアドバイスいただきたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前から突っ込んで、バックで出る。
一番良くない車庫入れ方法です。
現在の方法で練習されてください。

前から突っ込むと、出る時バックになります。
前進よりも注意するものが多くなり、更に進行方向が見え難い状態で道路に出るわけですから、事故の確率も増えますからね。

坂道での微速走行方法ですが、なれれば半クラッチで坂道を停止する事ができます。(クラッチには悪いですけどね。)

なれるまでの方法ですが、簡単な方法です。
(1)坂道を下りない位の力でサイドブレーキを掛けます。
(2)そのままサイドブレーキの事は忘れてバックして下さい。

サイドブレーキよりエンジンの力の方が上です。
ですので、サイドブレーキを掛けて居たとしても車は前でも後ろでも走る事ができます。
あなたの場合、坂道発進のブレーキ停止と、クラッチの半クラ、アクセル操作。更にハンドルでの自動車誘導と安全確認のほかに4つの物を同時に制御しなければならないので大変なわけですから、一つだけでも外せれば、かなり楽になると思います。

まぁ、なれるまでの間ですけど、かなり楽になると思いますよ。

前から突っ込んで、バックで出る。
一番良くない車庫入れ方法です。
現在の方法で練習されてください。

前から突っ込むと、出る時バックになります。
前進よりも注意するものが多くなり、更に進行方向が見え難い状態で道路に出るわけですから、事故の確率も増えますからね。

坂道での微速走行方法ですが、なれれば半クラッチで坂道を停止する事ができます。(クラッチには悪いですけどね。)

なれるまでの方法ですが、簡単な方法です。
(1)坂道を下りない位の力でサイドブレーキを掛けます。
(2)その...続きを読む

QMT車 発進時の半クラ時間に関して

こんにちは。25歳 男です。
初めて投稿致します。宜しくお願い致します。

タイトルの件ですが、現在私はアコードSir-T(CF4)に乗っています。
2ヶ月程前に乗り始めたのですが、
運転操作に関して変な癖を付けたくない為、
正しいクラッチ操作をご教授頂ければと存じます。
最近はMT乗りが少なく、身近に聞ける人がいませんので、
恐れ入りますが、下記宜しくお願い致します。

発進時の半クラに関して、本サイト様の他質問を拝見していると、
半クラ時間は約0.5秒から1秒程度で充分との回答が多く、
車が動き出せばすぐにクラッチを繋いで大丈夫とのお話です。
(私は2~3秒程度 半クラ状態を維持しています。)

しかし、アクセルを踏み込んだ際のエンジン回転数以下の車速で
クラッチを完全に繋ぐと、エンストや車体の揺れが生じますよね?

例えば、1400rpm(停止状態)から半クラ状態を作り、
クラッチの抵抗で1000rpm(半クラ状態)まで回転数が下がった状態で発進していく場合、
1000rpmに見合った車速が出る前にクラッチを完全に繋ぐと揺れ等が
生じるのでは無いかという意味です。

これは逆に言えば、0.5秒から1秒の間に1000rpm時の車速まで達する様な加速をすれば良いという解釈で宜しいのでしょうか?

今までAT歴が長く、クリープ現象→ゆっくり加速の流れが
身に付いていますので、加速は遅い方だと思います。

以上、恐れ入りますがご教授頂ければ幸いに存じます。

こんにちは。25歳 男です。
初めて投稿致します。宜しくお願い致します。

タイトルの件ですが、現在私はアコードSir-T(CF4)に乗っています。
2ヶ月程前に乗り始めたのですが、
運転操作に関して変な癖を付けたくない為、
正しいクラッチ操作をご教授頂ければと存じます。
最近はMT乗りが少なく、身近に聞ける人がいませんので、
恐れ入りますが、下記宜しくお願い致します。

発進時の半クラに関して、本サイト様の他質問を拝見していると、
半クラ時間は約0.5秒から1秒程度で充分との回答が多く、
...続きを読む

Aベストアンサー

>現在私はアコードSir-T(CF4)に乗っています。

ホンダのマニュアル車って、最高ですよね。
私も今、メインユースの車はホンダのマニュアル車ですね。2リッターのMT車。
{(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4763679.html)←これは雑談なので 今見なくてもよいですが、、}



>発進時の半クラに関して、本サイト様の他質問を拝見していると、
>半クラ時間は約0.5秒から1秒程度で充分との回答が多く、
>車が動き出せばすぐにクラッチを繋いで大丈夫とのお話です。

私の回答ではないですね。



>しかし、アクセルを踏み込んだ際のエンジン回転数以下の車速で
>クラッチを完全に繋ぐと、エンストや車体の揺れが生じますよね?

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5581214.html)の No.5



>例えば、1400rpm(停止状態)から半クラ状態を作り、
>クラッチの抵抗で1000rpm(半クラ状態)まで回転数が下がった状態で発進していく場合、
>1000rpmに見合った車速が出る前にクラッチを完全に繋ぐと揺れ等が
>生じるのでは無いかという意味です。

1000r.p.m.に見合った車速(例えば8.3km/h)が出るまでは、半クラッチを維持させます。

ただし、1速の場合は、そのままグワ~ッと加速させるわけでもないのなら、アイドリング回転数程度でクラッチを繋いでしまっても問題がない(通常行う操作)シチュエーションがあります。

ジワリと加速させるのなら、そのままクラッチを完全に繋いだまま アクセルだけで絶妙にゆっくり加速させていくことだって出来ます。

もちろん、例えば仮に6km/hで1速で完全にクラッチ繋いでいたとしても、そこから強めの加速をさせる場合は、一旦クラッチを切ってエンジン回転数を1000r.p.m.以上にし、そこから半クラッチで繋いでいきながらアクセルも踏んでいって加速させるものです。

例えばその場合、クラッチ切って アクセルで2000r.p.m.まで上げてから半クラッチで繋ぎ、そのままアクセルで2000r.p.m.を維持しながらクラッチをグゥッと更に繋いでいき、クラッチが完全に繋がるのなんてのは「16km/h」なんてのも普通の操作(強めの加速の場合)です。そのまま1速で3000~4000r.p.m.へ回してから、2速へシフトアップですね。



>これは逆に言えば、0.5秒から1秒の間に1000rpm時の車速まで達する様な加速をすれば良いという解釈で宜しいのでしょうか?

0.5秒って数字は、ちょっと無い数字でしょう。
1秒、これも、気にする必要も無い言葉だと思います。
言葉のあやで、1秒と言うのなら問題ないですが、その程度の時間だと、繋いだ時はアイドリング回転数を割り込んでしまうのではないでしょうか。

考え方としては、1000r.p.m.以下ではクラッチは完全には繋がない。という基本的考え方で良いかと思います。
(ただし、上でも書きましたが、1速や2速まででしたら、1000r.p.m.以下でクラッチを完全に繋げてしまうこともあります。1速で6~7km/hで走り続けたい場合や、2速で11~12km/hで走り続けたい場合。)



>今までAT歴が長く、クリープ現象→ゆっくり加速の流れが
>身に付いていますので、加速は遅い方だと思います。

でしたら、

1. アクセル踏んで1000r.p.m.
2. 半クラッチで繋ぎ始め、
3. 1000r.p.m.を下回らないようにアクセルをコントロールしながら、
4. 8.3km/hまでのスピードコントロールは全てクラッチペダルで。(半クラッチ操作)
5. 8.3km/hに達した時点で、クラッチは完全に繋げる。
6. その後の加速の続きは、アクセル加減で。

こんな感じでベストでしょう。


また、多少慣れて上手になってきたら、上の 2. とか 3. とか 4. とかのところで、

2. 半クラッチで繋ぎ始めながら、
3. 車はゆっくり加速させつつ、エンジン回転数は1000r.p.m.→800r.p.m.へゆっくり移行させつつ、
4. 6.6km/hまでのスピードコントロールは全てクラッチペダル。(6.6km/h・800r.p.m.でクラッチは完全に繋げられる。)

こんな操作が出来るようになるかもしれません。



>以上、恐れ入りますがご教授頂ければ幸いに存じます。

当方が最近、教習中のかたへ書いた回答がありますので、一応載せておきます。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5511396.html)の No.6
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5520770.html)の No.4
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5531844.html)の No.3
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5580620.html)の No.5
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5581214.html)の No.5
ご質問者さんが別のかた(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5553886.html)の No.10

あとは、、、
こんなのも、参考には なるかな。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4156798.html)の No.3




アコードのマニュアル車って、凄く良い車ですよね。
ホンダの車って、日本の狭い道路でも、なぜか快適に乗りこなせますよね。
不思議な車です、とっても良い車ですよね、ホンダのマニュアル車!
 

>現在私はアコードSir-T(CF4)に乗っています。

ホンダのマニュアル車って、最高ですよね。
私も今、メインユースの車はホンダのマニュアル車ですね。2リッターのMT車。
{(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4763679.html)←これは雑談なので 今見なくてもよいですが、、}



>発進時の半クラに関して、本サイト様の他質問を拝見していると、
>半クラ時間は約0.5秒から1秒程度で充分との回答が多く、
>車が動き出せばすぐにクラッチを繋いで大丈夫とのお話です。

私の回答ではないですね。



...続きを読む


人気Q&Aランキング