ちょっと変わったマニアな作品が集結

簿記3級の勉強をしていて疑問なのですが、教科書の「取引の種類」の項目で、、、 現金の貸し借り、商品の仕入れや建物の購入などは交換取引に属し、、、
とあったのですが、なぜ商品の仕入れが交換取引になるのでしょうか?
どなたか分かる方お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

NO.1です。


前の私の回答に誤りがあります。
2)の仕訳(三分法・分記法とも)で
貸方の現金の後の()内を次のように訂正します。

誤:現金(負債)は
正:現金(資産)です。
    • good
    • 0

1)現金500を借りた:


 現金(資産)500 / 借入金(負債)500
2)現金300を貸した:
 貸付金(資産)300 / 現金(負債)300
3)商品100を現金で仕入れた。(三分法の場合):
 仕入(費用)100 / 現金(資産)100

3)の取引のこの仕訳だけを見ると費用が発生して
損益取引になるのですが、損益を認識するためには会計期間が設けられ、
決算手続きによってその期の損益が算定されます。

当期の取引は上記の1)2)3)の3回だけだとすると、
1)と2)については決算整理なしになりますが、
3)については決算整理が必要です。
その仕訳が、
4)期末商品有高を商品勘定へ振替る 
商品(資産)100 / 仕入(費用)100 となり、
3)の取引で発生した費用100が打消され、3)と4)を相殺すると、
◎ 商品(資産)100 / 現金(資産)100 という交換取引になります。

*仕入たものが売れて(売上が発生)、初めて仕入(費用)が認識されます。

違う視点でこれらの取引を分記法で記帳したとすると、
1):現金(資産)500 / 借入金(負債)500
2):貸付金(資産)300 / 現金(負債)300
3):商品(資産)100 / 現金(資産)100 となり、
3)の取引は先の三分法での◎の仕訳と同じ交換取引になります。
(分記法では商品についての決算整理仕訳は不要ですので)
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました!丁寧に回答してくださって分かりやすかったです。とても助かります。また、よろしくおねがいします。

お礼日時:2007/02/14 16:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交換取引、損益取引、混合取引についての演習問題

次の取引は、交換取引、損益取引、混合取引のいずれに属しますか。
1.貸付金¥500,000を利息¥20,000とともに現金で受け取った。
2.今月分の家賃¥30000を現金で受け取った。
3.給料¥150,000を現金で支払った。
4.銀行から現金¥700,000を借入れた。

Aベストアンサー

1.混合取引
2.損益取引
3.損益取引
4.交換取引に、なります。

Q4級建設業経理事務士検定試験

全くの簿記の素人です。簿記と少しちがうのかもって気はしますが、質問してみます。タイトルの資格を取りたいのですが(ほんとうは最低でも2級は取得したいです)とりあえず4級からって事なんで今回は4級から受験しようと申し込みしました。受験案内のサイトに過去問があったのでダウンロードしたのですが、そのサイトでは解答は掲載できないということです。
本を見ながらやればなんとかできる(できているはず)と思ってはいるのですが、全くの思い違いで覚えてしまってるかもって思いながらではどうも勉強にも力が入らないって感じで・・・。どなたか模範解答みたいなのが掲載されているサイトを知っているって人、いらっしゃいませんでしょうか?前回の23回から21回までの3回分の解答が知りたいのですが・・・。そんな虫のいいサイトあるはずないですかねぇ。

Aベストアンサー

こんにちは。どの資格の学校の解答速報も3級以上のが多いですよね。
下記のURLは今年(23回)のものしかありませんが、参考にしてみて下さい。
それより以前のものでしたら、やはり書店の過去問などを入手しないと難しいかもしれません。
市販の参考書でも、「建設業経理事務士 入門編」とか「建設業経理事務士 初級編」などで売ってるものが多いと思いますが、それは3級の範囲も含んでるという事なので、頑張ればダブル受験も可能ですよ。
目標へ向かって頑張ってください。

参考URL:http://www.wingbeat.net/wingbeat/default.asp

Q未払金と未払費用の違いについて。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の購入費用。
会計原則では、「継続的な役務提供を受ける場合、期末までに提供済みの部分について未払いのもの」となっていますが、実務では、費用の未払い分と理解してして簡易処理する場合があります。

各々の定義は以上の様になっていますが、未払金の説明にある
>会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。
という文がある為に混乱しています。

「費用になるもの」も未払金になるのであれば、未払費用とはどうやって区別すればいいのでしょうか。
未払金と未払費用の正しい分別の仕方を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の...続きを読む

Aベストアンサー

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてください。

>例えば、給料を考えてみましょう。
>毎月20日締めの翌月10日払いとします。
>当月21日~末日までの給料は未払費用となり、
>前月21日~当月20日までの給料は未払金となります。
>なぜなら、この例でいえば、契約上、毎月21日~翌20日までの役務の提供をもって完了すると考えられるので、
>月末における翌月10日に支払う給料は未払金として処理され、
>当月21日~末日までの給料は、月末時点では、当該契約から判断して、
>役務の提供がすべて完了していないので未払費用として処理されることになります。

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてくださ...続きを読む


人気Q&Aランキング