これも25年ぐらい前だと思うんですが、こういう名前の漫画雑誌が発売されていなかったでしょうか。
ずっと、虫プロ出版だと思っていたのですが、検索してもそれらしいのが無かったので質問します。
だーれもしらないので、存在そのものが気のせいだったのかと、気になっています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

見つけました!


虫プロ商事出版の月刊誌「てづかマガジンれお」ですね.
71年10月号から72年4月号まで(短い!)出ていたようです.「ワンサくん」が連載されていたようですね.
別冊付録で「マグマ大使」があったようです.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありましたか!
そうそう、あっという間に無くなった記憶があります。
半年しかなかったんですね、どうりで知ってる人が少ないわけです。
いやあ、実在した雑誌だと確認できてたいへん嬉しいです。
調べてくださってありがとうございます。
感謝感激雨あられです~♪

お礼日時:2002/05/21 21:07

サンリオが出した「リリカ」は違います?


1976年から79年まで出ていました.
手塚治虫の「ユニコ」が裏表紙から,逆開きで連載してました.
石森正太郎の「魔法世界のジュン」も連載していました.
リリカで検索すると表紙絵の見られるところもありますので,探してみてください.

この回答への補足

早速の回答、ありがとうございます。
残念ながら「リリカ」ではありませんが。
「リリカ」は鮮明に記憶があります。全ページカラーの豪華なつくりでしたね。

雑誌名は「レオ」で間違いないはずなのです。
ジャングル大帝と結びつけて虫プロだと思い込んでいたのですから。
「れお」や「LEO」だったかもしれません。
とにかく読み方が「レオ」でした。
タイガースとは関係ないはずです。猫が主人公の漫画が連載されていたような気がします。
もしかしたら、もっと前だったのかも。
お手数かけたのに、こんなあやふやでごめんなさい。

補足日時:2002/05/21 17:39
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近発売された雑誌

最近発売された雑誌(ジャンプや少年サンデー系)の中のコミックで、
「140×140=19600
 140×141=19740
 141×141=19881」
という式の法則が説明されていたマンガの題名を知っている方、教えてください。他にも
「2×3=6
 3×4=12」
というようなものもありました。

Aベストアンサー

具体的な数字を覚えてないので怪しいのですが・・・

少年マガジンの『賭博覇王伝ゼロ』の最近の回に、
かけ算を使うゲームの話があった気がします。
http://www.shonenmagazine.com/works/zero/

Q漫画の単行本が一冊売れたとして、出版社、印刷会社、出版取次等の売上げの配分比率はどのぐらいの比率になるんですか?

漫画の単行本が(例えば「ハヤテのごとく!(少年サンデーコミックス) 」が定価390円とか「バクマン。(ジャンプコミックス)」が定価400円として)一冊売れたとして、漫画家、出版社、印刷会社、製本会社、出版取次、書店等の売上げ配分はどのぐらいの割合になるんですか?

Aベストアンサー

大雑把に言いいますと……、
流通過程で書店が20%、取次が10%とり、出版社は著者におおよそ10%(作家さんによってかなりばらつきはあるそうですが)支払うので、残りの60%をとります。
(なお余談ですが、10%の場合、ここから所得税の源泉徴収で1割ないし2割天引きされるので、8%から9%ぐらいになります)

また、出版社はその60%の中から印刷・製本の費用を支払うわけですが、この金額は、装丁・判型・紙質等で大きく変わる一方、部数とはそれほど強く連動していないので、単純に何%が取り分というような計算はできません。
一般に発行部数が多ければ多いほど、金額は高くなりますが割合は少なくなってゆきます。
また例えば表紙にちょっと凹凸を入れたり、カラーページを挟み込んだりすると、途端に金額は跳ね上がり、割合も多くなります。


上記は一般論で、個別の事例では契約関係等によりまったく変わってくることもありますが、ご参考になりましたら。

Q25年前に読んだマンガのタイトル

子どもの頃、友達の家にあったマンガのタイトルがとても気になっています。

絵は、明らかに少女マンガ風でして、主人公やサブキャラ達が超能力を使います。

超能力は、物を浮かせたり、テレパシーなどオーソドックスなものです。

主人公達は、超能力に否定的で、一方その超能力を利用しようとする組織と戦うような内容だったと思います。

特徴的なのは、少女マンガにしてグロテスクでして、「読心能力が嫌で暖炉に頭をつっこむ」「女性への拷問にヒルを使う」といった内容があって、それが子どもの自分には衝撃的だったので、今の今まで覚えていました。

30を超えた今でも絵を鮮明に覚えているので、いっそのこと、改めて読み返してみたいと思いました。

どなたかタイトルがわかる方はいらっしゃいますか。

Aベストアンサー

『紅い牙』(あかいきば) 柴田昌弘著かな。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88-1-%E8%8A%B1%E3%81%A8%E3%82%86%E3%82%81COMICS-%E6%9F%B4%E7%94%B0-%E6%98%8C%E5%BC%98/dp/4592113713

一連の作品で最初は読み切りのものが何作か続きます。
暖炉につっこむ話は、その後の長編連載
「ブルーソネット」の中にそういう話がありました。
http://www.horikawanarumi.jp/manga/list/sibata.html

Q漫画の投稿で、同じ雑誌内の別々の賞に、同時に投稿しても大丈夫ですか?

今度週刊少年ジャンプに漫画を投稿しようと思うんですが、漫画を募集している賞とネームを募集している賞があって、どうせなら少しでもチャンスを広げたいので、漫画とネームを同時に投稿しようと思ってるんですけど、それはやってはいけないことなんでしょうか?
複数の編集社に同時に投稿する二重投稿は、やってはいけないと聞いたことがあるんですが、このケースだとどうなんでしょうか?
ご存知の方、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

漫画作品と「同じ脚本」をネームとして投稿してはいけません。

Qだって続きが気になるのだから・・・

『精霊使い(エレメンタラー)』という漫画なんですが、
作者が病気のため(?)第4巻でくしくも終了してます。
その後彼はどうなったんでしょうか?
新しい漫画を描いているのでしょうか?

Aベストアンサー

いえ、漫画からは完全に手を引いて、現在は「イラストレイター」として活躍中です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報