小学5年の子供がいます。最近になって急に「中学受験をしたい」と言い出しました。
色々と調べてみると、今は中学受験対策の塾通いは小4からというのが常識となっているようですが、3年間も塾通いをしないと合格できないものなのでしょうか?
また、どうして4年生からなのか、とても不思議に思います。
自分の子供が実際に受験するかどうかは別にして、どんな仕組みになっているのかを教えていただけたらと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

子ども二人が自宅学習(プラス週末塾テスト)で中学受験をしましたので、長年家で勉強を見てきました。

下の2番の方の解答が私の実感に近いです。

まず、「4年からが常識」というのは塾の言い分で、親がそれになんとなく従わないと心配・・・という状況になっていると思います。

実際に入試に出題される範囲というのは、小学校の5年生6年生で学習する内容、およびそれをさらに深めたものと言えると思います。特に塾で教えるカリキュラムのうち実際に入試にそのまま直結するのは5年生6年生の内容だったように思います。そう考えると通塾(受験勉強)は5年からで十分ということになります。今の塾は6年生の夏以降は「新しいことを学習せず、入試の練習をする期間」でして、カリキュラム的には6年生の7月までで学習が終了しますので、すべての出題範囲を1年半で学習するというのは相当大変ではありますが、範囲としてはカバーしているわけです。

では4年生で何をしているかというと、学校での学習と受験学習とのギャップを埋めていると思います。国語なら、教科書に出てくる以外の漢字の読み方や熟語の学習・長文に慣れること、算数ならひねった複雑な問題にめげずに取り組む姿勢や考え方の基本、社会や理科はものの見方・考え方・基礎事項の暗記学習です。ゆとり教育になってから、受験で出題される問題と日ごろの学校での学習内容の乖離がますます大きくなったように感じ、4年からの通塾が必要だと感じられる方が多いと思います。

あくまでも「4年から通熟しておいたほうが楽だと思いますよ」ということであって、「4年から通塾しないと、受験に必要な知識が覚え切れません」という意味ではないと思います。

大学受験でも同じことが起こっています。前倒しに塾に預けておくと楽で安心という親心と塾の存在とがかみあってしまうのですね。中学1年から通う大学受験の塾まであるご時勢です。それも同じで、高2からで十分、ただし日ごろの勉強は自宅でしっかりやっておかないと高2からでは間に合わない。その「しっかり」ができないなら、塾に行っておかなくてはということだと思います。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

お子さん2人を自宅学習で受験させたなんて、すごいです!書いていらっしゃることにとても説得力がありました。残念ながら私にはそこまで出来ないと思いますし、なにより子供が「一日何時間も勉強するのは無理だ」と申しておりますので、中学受験は諦めます。 ただ、これから高校、大学と受験するにあたって、kikanshayaemonさんが書かれたことはよく心していきたいと思っています。

お礼日時:2007/02/26 16:58

お子さんにより今からでも大丈夫な子もいますよ。

上のこのとき、すごく受験が流行り、学年の半分の子が結局受験しました。塾に行ってないと遊び相手がいないレベルに陥っていました。

 でも、5年の終わりから参入して私立に行った子は3人だけです。この頃からやりだす子は本気じゃないうちが多いですから、いいところに合格、じゃなければ進学されません。逆に4年からやりだした子はどんな学校でも必ず私立に行かれます。5年終わりからやりだした3人の内、1人は開成に行きました。もともと、学校でも一目置かれていた子で、N研に入った後2ヶ月で校舎1位になったという天才君です。他の2人は、偏差値40くらいの(F(フリー)ランク)お嬢さんお坊ちゃん校に進まれました。

 まあ、子どもによる、と言う事で。

 ・・・自信のない親はつい、塾の経営戦略に乗せられ新4年(3年生の2月)から塾に入れてしまうのです。新4年から入塾すると経費も労力も半端じゃないから、めったなことでは抜け出せなくなるのです・・・かくいう私もそんな親の一人でした。6年生になりお金が飛ぶように引き落とされ行く現実に嘆きつつも、今更やめられないわ・・という結論に達し、せっせと子どもに教えるべく問題を解き子どもに教えてどうにか合格させました。本当にお金と労力がかかりました~~。
    • good
    • 17
この回答へのお礼

そうですね、結局はその子のやる気や能力しだいなのですね。中学受験は、親にとってお金と労力がかかる大変なイベント、ということがよくわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/26 16:58

息子が今年中学受験を終えました。



結論から言えば、地頭の良い子は5年生の途中からの通塾でも難関校に合格できます。
しかし、普通の子は3年生からでも難関校は無理、中堅校がやっとです。
うちの子は普通の子でした(小学校ではトップクラスですよ)。
5年生の夏に大手塾に入り、6年の夏からは家庭教師もつけました。
難関校を目指しましたが結果は難関校のちょっと下、いわゆる上位校に合格しました。
中学受験は思っていたより過酷でした。
友達と遊べず、テレビやゲームもせず、睡眠も十分にとれず・・
それだけやっても他の子もやっているのですからなかなか成績があがりませんでした。
息子の周りの子も頑張りましたがほとんどの子が中堅校に落ち着きました。今年は特に受験者数が多く全滅で公立中学に行く子も多いですよ。

ただ、学校の価値というのは偏差値では決まりません。
どういう学校がお子さんに合っているのか、楽しく通え、人間として成長させてくれるのか、よく見極めて受験するべきです。
質問者さんのおこさんは行きたい中学校があるのですか?
それともお友達の影響もあってただ私立に行きたいと思っているのでしょうか?
もし後者ならば、いろいろな学校の説明会や行事に参加して、絶対にこの学校に入りたい!と思えるようになるのが先決ですね。
そうでないと過酷な受験戦争は勝ち抜けませんよ。
 
    • good
    • 7
この回答へのお礼

うちの子は、クラスで気の合う子達が皆受験するということを知って、自分も受験したいと思ったようです。そんな感じなので、確たる志望校もなく、当然覚悟も全然足りない状態でした。親の目から見ても、過酷な生活に耐えられるとは到底思えません。高校受験で頑張ってもらおうと考えています。

お礼日時:2007/02/26 16:58

私は小学6年から塾に通い、中学を受験しました。


もう少し前から塾に通っていれば、地域トップの学校も目指せただろうなとは思いますが、
塾通いで元々目指していた学校よりは2ランクほど上の学校に入学は出来ました。
どこの中学に入りたいかで受験勉強期間もかえられたらいいと思います。
私の両親は難関突破というより、のんびりと私立女子校で大学までと考えていたので、勉強期間は1年にしたようです。
実際小6の夏から塾に入ってきて合格した子もいましたし、3年通わないと無理と言う事はないと思います。
ただ、テストに慣れるまでに実力とは別に少々時間が必要なので、
(私は入塾してテストに慣れるのに3ヶ月ほどかかりました)
あまりぎりぎりもお勧めできません(個人差ですが)。

中学受験は難しいので、塾に通わないと受験は無理だと思いますが、
受験をする目的と学校によって考えられたらと思います。
塾で受験をめざすとなると、休日はもちろん、盆・正月も全く休み無しで通うことになるはずです。
お子様ご本人の意思で受験されたいようなので大丈夫だと思いますが、
その辺も考慮し通う年数を決められてもいいかもしれません。

あと、通われる塾もやはり実績のあるところをお勧めします。
過去問題を多く持っていたり、出るポイントをしっかり分かっている、
多人数制でもそういうところが強いと思います。
個人的な経験からですが、多人数の塾で模擬試験を繰り返す事で、
受験の雰囲気自体に慣れ、本番で実力を発揮しやすいと思います。

どちらに行かれるにしろ、お子様にとってよい学校生活が送られる所に、
進まれることを願っております。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

小6から塾に通われて受験されたとのこと、かなりの努力をされたのでしょう。またご両親もお子さんのことをよく考えていらっしゃったようで、「その子にあった形」というのが大事だとわかりました。 ご自身の体験に基づくアドバイスをありがとうございました。

お礼日時:2007/02/26 16:58

私は小3から塾に通っていましたが、本格的に勉強したのは小5からだったと思います。

小5からは週で塾に通い、しっかり勉強したため、最後は御三家レベルにまでは到達しました。そのため絶対に4年生から、というのは、とくにないと思います。本格的に教材も小4で基礎をやり、小5~6で受験問題になり、最後のほうはまとめといったかたちだったような気がします。小4でやる基礎というのは、たとえば社会でいえば、47都道府県の暗記だったりするので、まだおいつける範囲だと思いますよ。
中学受験は親と子の二人三脚の戦いであると同時に子供一人の戦いにもなる、その境目のような位置にあるような気がします。大変かと思いますが、子供さんのためと思って、家族でがんばってください^-^
    • good
    • 8
この回答へのお礼

御三家レベルに到達されたとは、優秀なのですね。励ましの言葉をありがとうございました。

お礼日時:2007/02/26 16:58

その昔(中学受験で出題される問題と学校で習うことがここまで離れていなかった時代)は、通塾は決して大変なものではありませんでした。

今でいう補習塾程度の、多くてもせいぜい週2回・1時間ずつくらい通う程度でした。

また、当時から四谷大塚は有名でしたが、あくまで「予習シリーズ」を自宅学習する人のためのテスト会という形で、その名残が現在の「テスト生コース」です。

それがなぜこんなに大変なことになってしまったかというと、一つ考えられるのは、1970年代後半からの学校での学習内容の削減、それに伴う中学受験熱の高まりによって「熱血指導型」の塾が着々と実績を伸ばしてきたことがあります。そのコースが御三家など難関といわれる学校への合格実績を稼いだために、各塾で青田刈り合戦を繰り広げた結果、現在のような4年生で半ば進路を決めるような形になってしまっているのだと思われます。

「予習シリーズ」がいつから塾へも販売されるようになったのかは存じませんが、少なくとも私が受験した10年以上前にはすでに「四谷準拠塾」(現在のYTネット)という、週3回賞味3時間ずつのコースが存在していました。当時は半数が5年生から通う時代でしたが、今や4年生からが主流といわれます。

通塾は短くても、ちゃんと選べばどこかには合格できます。ただ、難関校と言われる学校には受験前3年以上通塾した方が多いのも事実です。そして、3年間通塾しても第一志望に届かない子供も多いのも、また事実です。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

以前から塾通いが過熱していたことはぼんやりとは知っていたものの、ここまでになっているとは思ってもいませんでした。 私自身は(20年以上前のこととはいえ)、ずっと公立校で塾にも全く通わずに大学進学をしたため、別世界のことだった気がします。今更ながらですが、自分の無知を反省しています。

お礼日時:2007/02/26 16:58

塾を推奨するわけではありませんが、それなりに合理的な話だと思っています。


学習指導要領を詳しく検討すると分かるのですが、小学校の算数の基本的な内容はほぼ4年生までで終わります。四則演算・小数、分数の概念・面積の基本や図形の性質等、基本的な学習は全て4年生までで済ませています。5・6年生の算数というのは、その概念の拡張だったり(例えば、約分、通分)、応用だったり(比、割合、単位量あたり、分数や小数の演算)することがとても多いのです。
算数は積み重ねが大事な教科です。ということは、そこまでの算数がきちんと身についていなければ、5年生以降いくら勉強しても、難関校に合格するだけの学力が築けない、ということだろうと思います。
おそらく、4年生の時点で、どの程度の学力が身についているかを判断するという意味合いがあるのでしょう。
もちろん、それ以外に経営的な事もあるとは、思います。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

算数での具体的な例を引いての回答をありがとうございました。何事も基礎が大事ですね。

お礼日時:2007/02/26 16:58

決して常識ではないと思います。


でも塾では4年~6年の1学期で小学課程の内容を学び、6年の2学期以降は試験対策をやります。後になればなるほど塾の授業と、小学校の授業の進度に差が出るのでキャッチアップを自分で行わなければなりません。授業の密度もかなり違います。

また塾では授業の節目にテストを行いますが、テストはかなり難しい内容です。塾で間違ったところを繰り返し見直しさせられるため、必然と実力が着きます。

ですから「小4から始めると後から始めるよりは(少しは)楽になる」とは言えるかもしれません。

塾側の理由もあるでしょう。塾は合格実績が評価の「物さし」です。
早い段階(小4)で入塾させて鍛えたいという気持ちも強いようですし、後から入る場合は「入塾テスト」を行って、あまり見込みがない子供は入塾を認めない場合もあります。それ以外の理由として3年間通ってもらう方が収入も増え経営にプラスなので「早い内に始めるのが有利」と誘導したいのでしょう。

小4から始めても希望の中学に入学できる保証はありませんし、小6から始めても難関校に合格する子もいます。結局は本人の努力次第ということにはなりますが…
    • good
    • 6
この回答へのお礼

現在の塾のシステムがよくわかりました。塾側の経営上の理由もさることながら、小学生に難しい試験を受けさせるためには繰り返し学習が必要なこと(ある塾で相談した際に「1年間で3年分の勉強が必要」と言われたこと)も納得できました。

お礼日時:2007/02/26 16:58

僕(現在中学三年生、中高一貫校在籍)の経験から言わせていただきます。

抽象的に言いますが、小学四年生は、その先、小五・小六のための基礎固めに過ぎません。そして、小五でその基礎の応用演習をし、小六で仕上げに入るという仕組みです。一般的には小四からの方が良いといわれていますが、必ずしもそうではないと思います。ちなみに僕も小四からですが、僕の友達で小五になって一緒の塾に通いだしたけれど上位に食い込んでいた人は結構います。要は「やる気」ではないかと思います。お子さんが「したい」とおっしゃっているようですが、その目が本当にやるきのある目ならば、全く小四組にも劣ることはないでしょう。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご自身の体験からの回答をありがとうございました。うちの子はやる気はあったようなのですが、これからの勉強量を考えるとすっかり弱気になってしまいました。結局、それだけの覚悟がなかったのでしょうね。

お礼日時:2007/02/26 16:58

お子さんは今5年生、今度6年生でしょうか。


となるとあと1年ということになりますね。
どこか特別に希望する学校があるのでしょうか。

そのあたりが判らないので、とりあえず一般論になります。
どこか難関校とよばれるところの過去問題をご覧になってください。
(とりあえず本屋で立ち見でもOK)
それとお子さんが普段使う「ゆとり教育」の薄い薄い教科書の内容を比べてみると、自ずと答えが出てくると思いますよ。

有名私立中の試験問題は、とんでもなく難しいものです。
特に算数を見れば差が判りやすいですね。
公立で普通に出来るお子さんでも、それだけでは正直無理です。
特別な訓練をしなければなりません。

これは我々親が子供の頃から言われていたことですが、昨今のゆとり教育のせいで、ますます激しくなってきたようです。

公立のゆとり教育と、難関私立入学レベルの差を埋めるために必要なのが4年生からの3年間の期間というのが、最近では一般的?な考えです。
そのための準備として、3年生から通うケースも多いですよ。

もちろん中学も様々ですから、今から塾に通えば十分余裕♪な学校も多いですよ。
公立の内容が普通に出来ればOKな学校だってありますし・・・。

ただし難関校を徹底的に目指すぞ!みたいに気合の入りまくった塾は、新6年生で入塾を希望しても空席が無い場合も。
空席があっても「今からでは無理です」と断るケースもあると聞きました。

ということで。
まずは本屋に行って、過去問立ち読み。
学校一覧は、買ってもいいかも。
そして本当に私立に行きたいか(行かせたいのか)、どうすべきか、話し合ってみてください。
検討を祈ります。

まずは本屋に立ち読み
    • good
    • 2
この回答へのお礼

過去問を見たところ、その難しさにびっくりしました。これだけの知識量が必要となれば、あと1年弱では足りないこともよく理解できました。

お礼日時:2007/02/26 16:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中学受験 小学校から帰宅してから就寝までの流れ

中学受験 小学校から帰宅してから就寝までの流れ

中学受験を控えた小学5年生の娘がいます。我が家は(私が、だと思いますが)時間の使い方が非常にヘタだと最近つくづく思います。

私自身が超夜型人間というのもあって、娘の就寝時間も自然と遅くなりがちです。

塾は宿題が多いですよね。お風呂や夕食、とにかく毎日、下校してから寝るまでの時間がすべてパニック状態です。ちょっと悩んでおります。どうか皆さまのアドバイス、また皆さまのご家庭での様子をご紹介して下さい。

学校から、
4:30帰宅
手洗い、着替え、学校の宿題 (ここまではあっというまのことです)
4:45頃~ 軽食(おにぎり一個程度を急いで食べて、)習い事(塾もあれば、ピアノなど他の習い事もある)に出発
電車を乗り継いだりしていますので、今後、塾やお稽古ごとが終わって帰宅するのは9時頃。

ここから夕食。お腹ぺこぺこで帰ってきます。
疲れもあるので、お腹がふくれると、ここで一気に睡魔に襲われます。

しかしお風呂に入らないわけには行きません。

が、夕食後はその日の疲れがドバーっと出てしまい(私も娘も)、お風呂に入る気力、体力が残っていません。
ここで寝てしまいたい気分なのですが、お風呂に塾の宿題が待っていますので、
なんとかお風呂。

お風呂って体力つかいません??? 親子してロングヘアーだし、なにかとお風呂、面倒です。
だいたいお風呂に入っている時間って、10時前後が多いです。お風呂場の時計をふとみると、いつもそれくらいの時間です。


で、髪の毛を自然乾燥させている間、塾の宿題。
もう疲れているということもあって、本来ならすんなり解ける問題も、ダラダラとしてしまうこともよくあります。

そういう日は宿題を切り上げて、ドライヤーして寝るように言うのですが、
娘は疲れて果てているのか、リビングで倒れるように寝てしまっています。

なんとか起こして、「明日の時間割OKね?」と一言かけてみると
「あーーっっ!そういえば、今日、いつもの宿題にプラスして、特別な課題があったんだったーー
どうしよう~~~ 明日提出なのー!」
「えーーー もう11時よぉーー なんでもっと早くにしなかったのよーっ」
「忘れてたというのもあるけど、そもそもすぐに習い事に出かけているから、時間なんてなかったじゃん」と言われると、確かに。


それから眠い目をこすりながら、まだ10歳だというのに、よなよな宿題する。
もうそんな時間に集中力も落ちていますので、書き間違いなど起こりまくり!!
だから余計に時間かかって、なかなか終わらない。
そのうちイライラしだして、宿題がめちゃくちゃになったり・・・

これは一例ではありますが、とにかく塾の宿題も多いですし、いったい、みなさんどうされているのだろう???と思い、質問を投稿させて頂きました。


とくに、何時にお風呂に入られていますか?
そして、何時に就寝されていますか?

うちはそんなこんなで0時を回るのはしょっちゅうです。
朝は7:30頃起床(寝起きは良いです) 8時すぎ出発(学校まで徒歩2分)


そんなこんなのバタバタ生活で、私もなんとなくお疲れ気味。

皆さまのご家庭のご様子、是非おきかせ下さい!


 

中学受験 小学校から帰宅してから就寝までの流れ

中学受験を控えた小学5年生の娘がいます。我が家は(私が、だと思いますが)時間の使い方が非常にヘタだと最近つくづく思います。

私自身が超夜型人間というのもあって、娘の就寝時間も自然と遅くなりがちです。

塾は宿題が多いですよね。お風呂や夕食、とにかく毎日、下校してから寝るまでの時間がすべてパニック状態です。ちょっと悩んでおります。どうか皆さまのアドバイス、また皆さまのご家庭での様子をご紹介して下さい。

学校から、
4:30帰宅
手...続きを読む

Aベストアンサー

どたばたが伝わってきます。
わが家、長男の時の事を書かせていただきます。

学校から帰宅16時
17時から塾の為、行く前に学校の宿題を終わらせていました。
17時から21時まで塾、塾は途中休憩がありこの時に持って行っているお弁当を食べていました。
帰宅、21時10~20分頃、10分ほど休憩を取り、塾の宿題開始。
大体、1時間30分~2時間程度で終わる量でした。
23時過ぎるのは当たり前でしたが自分で決めた事なのでがんばってやっていました。

決めていた事はお風呂はその日のうちに入る事だけでした。
何時も23時~0時の間には入っていましたね。
就寝は塾のある日は0時過ぎる事が多かったと思います。
起床はどんなに遅くまで起きていたとしても6時でした。
朝、漢字練習していたので・・

流れが出来ると楽になります。
うちも5年生の時、ばたばたして、何度も塾へ相談に行きましたのでお気持ちは良くわかります。

もうひとつ・・・
時間の無駄を考えましたか?
意外と盲点は通塾時間です。
あえてうちでは地元の塾にしました。
他の子達は電車バスで行っていましたけど・・・
うちの周りだけかも知れませんが、塾へ行ってる事、知られなくなかったみたいです。
何でですかね?

先ほども書きましたが『流れ』が出来れば楽になりますよ。

がんばってくださいね!(と言う、うちも受験生を抱えています。)

どたばたが伝わってきます。
わが家、長男の時の事を書かせていただきます。

学校から帰宅16時
17時から塾の為、行く前に学校の宿題を終わらせていました。
17時から21時まで塾、塾は途中休憩がありこの時に持って行っているお弁当を食べていました。
帰宅、21時10~20分頃、10分ほど休憩を取り、塾の宿題開始。
大体、1時間30分~2時間程度で終わる量でした。
23時過ぎるのは当たり前でしたが自分で決めた事なのでがんばってやっていました。

決めていた事はお風呂はその日のうちに入る事だけでした。
何時も23...続きを読む

Q中学受験の為の塾の実情を教えて下さい。

 今、小学校2年生の男の子をもつ親です。
中学校受験を考えており、新3年生より入塾させたいと考えています。
近所に日能研、早稲田アカデミーがあり、電車でまあ近いところに
四谷大塚があります。
 それぞれの塾の保護者説明会等に参加し色々お話しも伺ってきたの
ですが保護者説明会では表面上のことしかわかりません。
 そこで実際に通塾されているお子様をおもちの方か、塾の事情を
ご存知の方からそれぞれの塾の実情を教えて頂ければと思い今回
投稿させて頂きました。
 ちなみにうちの子の性格ですが、負けん気がある反面、「これはでき
ないな」と思うとスパッと諦めてしまうところもあります。興味のあることに対しての集中力はまあまああるかなと思います。気はそんなに強いほうではありませんが、おとなしいということはありません。ややせっかちな面もあります。
 学力的には小学校ではトップのほうだと思います。志望校としては
いわゆる「難関校」を考えています。

 皆様からのご回答も参考にして入塾先を検討したいと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

市進・・・千葉県で強い。安い、しっかりしてる、夕食が家で食べれると評判がいい。「すべてを賭けて」難関中に入りたい親には不向き?東邦大東邦、渋幕などは大得意。

サピックス・・・現難関中進学NO1校。
TAP進学教室から独立の後発。しかしながら過激と言われる受験塾の中でも最も過激?なスタイル。
基本的に大量の問題を3年かけて解き続ける(基本的に5年生以上はお断り)。宿題やるのに毎日3-5時間かかると言われる。
質問することも無い。とにかく授業でも宿題でも解き続ける。学費は高く、3年以上も勉強させる。また「男女御三家以外は学校じゃない」的な態度を感じる。上位難関中の1/2がここの生徒。
「そこそこでいい」親子は向かない。あくまで開成・桜陰などを目指す家庭向き。中クラス以下は捨てられがちなので、1-3年生時に入っておくか、他校である程度磨いてから、入塾時点で上位クラスに入っとかないと費用対効果は薄い。

日能研・・・ノリは緩い。まあまあ安い。やる気を引き出す授業。
やりたい子がやればいいと言うスタイル。しかし難関中を目指すには上位クラスでないと厳しく、特別授業など必要でやはり一定の勉強量が必要。そうなるとお金もかかる。難関中合格者が多いが人数も多いので、実績を作ってるのは上位クラスの子。

四谷大塚・・・雰囲気は日能研に近い。専門、個別的なので高い。試験問題や教材は業界NO1。

早稲田アカデミー・・・熱い。先生もよく泣くし生徒もよく泣く。「すべての子どもたちのために全力で」と言う事を臆面もなく言う。特に中レベル能力でも有名進学校目指したい人向き。男子に人気。逆説的に言えば女子に不人気。他塾が合わなかったとか6年生スタートの子も快く受け入れてるようだ。殴ったりはしないが怒鳴ったりはするようだ。


「ちょっとやってみようか」なら日能研や四谷大塚、スポーツを見て感動しがちな親子は早稲田アカデミー、中学受験に人生賭けるならサピ。
サピは理数が強く、日能研、早稲田は国語が強い印象。受験は国算で決まるし、どっちかが得意だとどっちかが不得意なことが多い。

受験に関して言いたいのはやってる本人は意外に楽しんでるぜ、ってこと。例えば小学生ぐらいだとマラソンの授業の時に必死に走る子が多い。必死に走るとしんどいけど、頑張ってる自分が好きだし、それを褒めてもらうのも好き。そういう思考回路だからたくさんの問題を解いたり、悪い子として怒られたりするのはむしろ好きだったりする。それが
中学高校ぐらいになるとトロトロ走る。
また性格や運動面でも中学受験生が劣ってるわけではない。むしろ明るい、面白いなどの生徒が多いかもしれない。これは私立一貫の文化祭などへ行けばよく分かるだろう。
そもそも受験生が「しんどいきつい楽しくない」と仮定してもそれが反意的に「塾に通って無い子は幸福」とはならない。

ここまで書いたが最後にデメリットも書く。
第一にお金がかかる。初期費用は知れてるがトータルで平均200万ぐらいはかかる。果たしてそれを出せるのか、と言うこと。大学卒業ぐらいまで見越して本当に費用対効果が望めるのか、と言うこと。
第二に文武両道はできません、と言うこと。プロのピアニスト、スポーツ選手などはほぼ確実に12歳までに「それ」に深く触れている。仮にイチローに憧れてる息子さんなら受験は夢を奪うことに貢献することになる。進学校で野球強豪校は殆ど無いし、ライバルが素振りしまくってる時に問題を解きまくってるようじゃ勝つことは難しいからだ。
少なくとも1年間は猛勉強となる。週1回ぐらいなら別の習い事もできるが、高いレベルで別の何かを目指してる(プロの音楽家、棋士、スポーツ選手など)人は専門でやってるライバルに対しかなり不利になる。
休み時間はあるけど、殆ど無い。開成は東大の2倍難しいと思ってた方がいい。そんなに甘くは無い。
第三に勝ち負けがはっきり出る分野だと言うこと。模試も受験もそうだがこれは本当にはっきり出る。当然、軽い気持ちで始めた親子、遅く始めた親子が負ける可能性が高い。
お金も時間も根性も揃えて初めてスタート地点についていい業界だろう。
数値化されるから優秀ならそれを実感できるし、そうじゃないなら酷い劣等感を持つことになる。結果、負けるのはしょうがないが勝つ見込みがないならやらない方がいい。酷くみじめな気持ちになる。
最後に(これが1番怖いのだが)走り出すとなかなか辞められないと言うこと。ギャンブルじゃないが似たものも感じる。時間もかかる、お金もかかる、で、成果は出る場合もあるが出ないこともあるし上限がないし終わるまで時間がかかる。模試でE判定ならがっかりするし、A判定でももし落ちたらどうしようと不安な気持ちになったりする。親がヒステリックになったり、親子関係、夫婦関係がひどく損なわれたりするケースが増える。親同士のくだらない比較や争いがあり、受験や進学熱に絡む殺人事件がいくつか起こってるのもご存知でしょう。


この辺は考えて決めた方がいい。通うこと自体は構わないが、安易な気持ちで手を出してはいけない。
ふつうの子がふつうにやってたら負けるようになってる。
勝つ見込みがあって勝つんだと思ってやって初めていい勝負ができる。
勝ち負けに興味がないとか嫌いとかと言う人はそもそも向いていない。
中学受験は上位校に受からないと意味がないし、上位校に受かる子は天才的な子か、あるいは戦争するぐらいの気持ちでやってる親子だけ。
よく合格者の親で「スポーツも頑張って」とか「落ちてもいいと思ってたんです」とか談話が出てるがあんなのはウソだ。終わったから言ってるだけで絶対にそんな人はいない。いてもごく少数だ。
その証拠に小4や小5から、N特(灘)とか開成コースとかあって何百人もそれを受けてる。しかしそれだけやっても落ちる子は落ちる。
受験までに数千時間も勉強してるのに他のことやってる余裕なんかないし、落ちても構わないと思う親子なんていない。
業界に突っ込むなら覚悟を決めてやること。
最近流行りだけど、流されて塾通いとか、記念受験的にやっても100%負ける。大金を捨てることになるし、心身が痛むし、子どもが可哀想だからそういうのはやめておいた方がいい。

市進・・・千葉県で強い。安い、しっかりしてる、夕食が家で食べれると評判がいい。「すべてを賭けて」難関中に入りたい親には不向き?東邦大東邦、渋幕などは大得意。

サピックス・・・現難関中進学NO1校。
TAP進学教室から独立の後発。しかしながら過激と言われる受験塾の中でも最も過激?なスタイル。
基本的に大量の問題を3年かけて解き続ける(基本的に5年生以上はお断り)。宿題やるのに毎日3-5時間かかると言われる。
質問することも無い。とにかく授業でも宿題でも解き続ける。学費は高く、...続きを読む

Q中学受験 4年 勉強法

初めて質問させていただきます。よろしくお願いします。
この2月より通塾を初めた4年の男子の勉強法についてです。
第一子で、両親共に中学受験の経験はありませんので不安もいっぱいです。
子どもは、塾も受験も前向きに考えているようです(しかしのんびりタイプです)。

2月の入塾時には、3つあるクラスの真ん中でしたが、最近いちばん上のクラスになりました。
本人はとても喜んでおり、順調のようにようにも思えるのですが…。私は「本人の実力ではないのではないか」と心からは喜んであげることができません。その勉強法について悩んでおります。

この数ヶ月は、授業後に、私が、「今日はこれをやろう」と塾の問題集を繰り返しやらせていました。出来ない問題はできるまで繰り返します。理科や社会も大人がみれば大事なところもわかるので一緒にテキストに線を引かせ、定着するまではクイズのように(車の中やお風呂で等こまめに)繰り返していました。ここまですれば覚えるのはあたりまえですよね。

母親の私がきちんと勉強をしたのは、恥ずかしながら高校生になってからで、自分で上記の方法を繰り返し、暗記をして国家資格を習得しました(頭が良くないのでコツコツと作戦)。子どもには勉強の方法をどのように教えてよいのかわかりません。

私は子どもの勉強に手を出しすぎなのではないか?と心配になってきました。うちの子が、自分で、出来ない問題を何度も繰り返したり、覚えるべきことを確実に覚えることは、難しいと思うのですが、通塾中のお子様は自分一人で勉強の管理ができますか?勉強法も自分で考える事ができますか?
今、成績は下がってしまっても自分でさせないと、5年6年になり内容が難しくなってから、本人が困ることになりますか?

塾にも相談しましたが、「なるべく自分で」とのことでした。ブログや中学受験に詳しい方のHPをみていると、「親の関わりが大切」「多くの小学生が、ひとりで、塾の勉強量をこなすこ事はできません」との意見も多くみられ、ますますわからなくなっています。
長くなってしまいましたが、わかる方がいらっしゃいましたら、回答をよろしくおねがいします。

初めて質問させていただきます。よろしくお願いします。
この2月より通塾を初めた4年の男子の勉強法についてです。
第一子で、両親共に中学受験の経験はありませんので不安もいっぱいです。
子どもは、塾も受験も前向きに考えているようです(しかしのんびりタイプです)。

2月の入塾時には、3つあるクラスの真ん中でしたが、最近いちばん上のクラスになりました。
本人はとても喜んでおり、順調のようにようにも思えるのですが…。私は「本人の実力ではないのではないか」と心からは喜んであげることができませ...続きを読む

Aベストアンサー

基本的にはそれで大丈夫です。
中学受験に関しては子供が何もかも一人でやるというのはほとんど無理なので、4年生でしたらお母様あるいはお父様が主導するかたちでかまいません。

注意すべき点をいくつか書いておきます。

まず、本人がいやがっているのに無理にやらせるようなことのないようにしていただければと思います。同じところで何度も間違えても叱らず、根気強く、楽しい雰囲気でお勉強ができるようにしてあげて下さい。いつも笑顔を忘れず、ほめるときはお子さんの目を見てほめてあげて下さい。5年生や6年生になっても、お母様あるいはお父様とお子さんの関係がうまくいっていると合格の可能性はぐっと上がります。お子さんがお母様あるいはお父様と勉強したがらない理由として圧倒的に多いのが「すぐ怒るからいやだ」ですが、そうなるとお勉強がスムースに進まないことも多いのです。今はあまり無理をせず、気分よく勉強することを第一に考えて下さい。

理科や社会の暗記はそのやり方で大丈夫ですが、算数に関しては「なぜそうなるのか」「どういう理屈があるのか」ということを理解していくことがとても大切です。それをしっかり理解していないままで間違えたところを繰り返しやらせると、式だけ覚えてしまうということになりかねないので気をつけて下さい。

国語では、正解を出すことよりも文章の内容が理解できているかどうかが大切です。この時期は物語文をメインにして、読んだあとであらすじが説明できるかどうかを確かめて下さい。そのときに、起こったできごとや事実だけでなく登場人物の気持ちを説明できるようにしていきましょう。
それと、語彙を増やすことは非常に大切なので、わからない言葉が出てきたらどんどん教えてあげて下さい。説明は簡潔に。前後の文脈から「ここではこういう意味だよ」と説明してあげて下さい。「わからない言葉が出てきたらいつでも聞てね」と何度も伝えておきましょう。「そんな言葉も知らないの!?」なんて絶対に言っちゃだめですよ。

以上です。ご不明の点がありましたらまた質問して下さいね。

基本的にはそれで大丈夫です。
中学受験に関しては子供が何もかも一人でやるというのはほとんど無理なので、4年生でしたらお母様あるいはお父様が主導するかたちでかまいません。

注意すべき点をいくつか書いておきます。

まず、本人がいやがっているのに無理にやらせるようなことのないようにしていただければと思います。同じところで何度も間違えても叱らず、根気強く、楽しい雰囲気でお勉強ができるようにしてあげて下さい。いつも笑顔を忘れず、ほめるときはお子さんの目を見てほめてあげて下さい。...続きを読む

Q公文か?学研か?学習塾か?

公文か?学研か?学習塾か?

小1のときはなんとか勉強についていっていると思っていましたが、
小2になって急に出来が悪くなってきたように思います。

勉強に対するやる気もありませんし、テストも既に半分以下の点数・・・

補助学習として公文、学研、学習塾を考えています。

のんびりタイプの子が、中学受験のための勉強ではなく、学校の勉強についていくために行く場所と
してはどこがいいでしょうか?

自分で教科書等を読んで理解する力に欠けています。
ちょっとヒントやアドバイスをすれば理解できる子だとは思っていますが。。。

Aベストアンサー

こんにちは。個人塾の者です。

>のんびりタイプの子が、中学受験のための勉強ではなく、学校の勉強についていくために行く場所と

候補としては、学習塾でしょう。

まず公文さんの場合、一定時間内に一枚の教材を百点に仕上げねばならないという問題があります。のんびりタイプのお子様とのことですから、そのあたりはどうでしょうか。

公文さんと学研さんの場合、学年を下げて( と言っても小1へですが )の指導が行われます。それは先生によるのかも知れませんが。それでも構わない( 特に保護者の方のお気持ちはどうですか )のなら公文さんも学研さんも候補になります。

このように申し上げるのも、公文さん・学研さんで学年を下げられて( 両方体験した )、それが嫌で当塾に来た生徒・保護者がいるからです。

仮に学習塾を選ぶ場合でも、お子様の場合は進学塾は回避しましょう。学校の授業進度に沿って指導をしてもらえるところをさがしてください。良い学習の場が見つかることを祈ります。

QZ会の通信教育を小学生にさせている保護者の方

小学校3年生の女の子がいます。同級生には公文に行ってる子や、チャレンジをする子、そろそろフランチャイズの受験予備校の塾に行き始める子もいます。
うちの子は塾に行っておらず、算数と国語のドリルなどを家庭学習としてさせております。
そろそろ塾に行かせた方がいいのかなとも思いますが、あんまり早くから塾の宿題に追われたり、塾を1度休むと取り返すのに苦労したりなどということをさせたくないし、自分だったらしんどいなと思うこともあって、塾に行くにしても5年生ぐらいでいいかなと考えています。
塾に行けば、刺激にもなり、受験や試験のテクニックを教えてはくれるでしょうが。
ただ家庭で学習をみるのも学年的に限界になってくるので、4年生からZ会の通信教育をさせたいと思っています。
塾であくせくするよりも、もし、Z会の方が彼女に合っているのなら、そのまま続けさせたいとも思います。
小学生向けのZ会は、中学受験を特にターゲットにしていないようですが、Z会の経験者の方やその保護者の方、または家庭学習で成果をあげられている方、ご意見をお伺いしたいと思います。

Aベストアンサー

高3です

小学校の頃、すごく仲の良かった子がZ会会員で、テキストを見せてもらっていました。進研ゼミのより、ちょっと応用編という感じがしたのを覚えています。(私は進研の方でした)その子は昔からやっぱり学年でも上位にいる子で、今の志望大も東京大と聞いています。

でも、それはたまたまZ会が几帳面で器用なその子に合っていただけかもしれません。
通信講座ですよね?進研ゼミとかも通信講座です。一般的に料金が高いです。
ご存知かもしれませんが、通信講座(添削つき)は、プロ(赤ペン先生とか)が添削して返してくれるから高いのです。それだけです。あのぐらいのテキストなら本屋へ行けば山ほどあります。

もし、娘さんがあまり几帳面でなく、計画性がないのであれば、通信講座は良くないかもしれません。添削課題はいいように見えますが、本人のやる気(添削を出したり)がなければまったく意味がありません。

几帳面でないと仮定すると、ご家庭で今までどおり、ドリルをやられることをお勧めします。小学生時代にドリルをやりまくることは、必ず今後役にたちます。どんな応用(Z会とかのテキスト)に立ち向かおうとも、基礎がなければ考え方すらわかりません。進学をご希望ならなおさらです。

塾についてですが、まず公文式。あれはドリルを繰り返しやれば済む事です。お金を払ってまでやることではないです。公文式はひたすら、みんなで集まって基礎問をやるだけです。
次に受験予備校。入試テクは確かに便利です。目が覚めるような感じがします。娘さんがいつも必ず予習をされるのであれば、かなり有効な手段です。予習がなければ行くだけ無駄です。

普段学習について。
九九は見ないで早く、順番を気にせずに言えますか?作図する力はありますか?漢字は小学常用漢字(1000字ぐらいかな?本になってます)全て書けますか?このぐらいは中学受験時あたりまえですが、さらに自信をつけたいなら、中学の参考書を読むことがいいと思います。今、高校だけでなく、中学用チャートも出ています。進学校、中高一貫教育校の強みは高校の勉強を中学で始められる事につきます。そのためには中学の基礎が、中学の基礎をつけるためには小学の基礎が必須です。

なんだか話がとびとびですが(笑

とにかく、一番いい方法だと思うのは、ドリルを続ける事です。一冊終わったらまた一冊と。頭がまだやわらかいですから、なかなか忘れません。国語はよくわかりませんが、数学はとにかく解く。英語は時間がまだあるので、読んで書いて、単語を覚える事。ご両親がたまーにテストしてみるのもよいかもしれません。

最後になりますが、(長くてすみません)
子供の勉強を促すには、まず親御さんが勉強してください。「そんな暇はない」と言わずに、やってみてください。やらない人の言う事は誰だって聞きたくありません。第一、説得力に欠けます。「親が一生懸命やっている」と感じれば、子供だって火が少しづつつきます。

私は医学部志望ですが、私の父はいつも勉強を見てくれます。過去問を解いてる時も、質問すれば必ず教えてくれます。彼は開業医でいつも忙しいですが、時間をみつけては参考書を開き、昔習ったことを思い返しながら、勉強しています。そんな父を誇りに思いますし、文句も言えません(笑

自慢もおりまぜましたが、すごく言いたい事でしたので、書かせて頂きました。すみません。

頑張って下さい。

高3です

小学校の頃、すごく仲の良かった子がZ会会員で、テキストを見せてもらっていました。進研ゼミのより、ちょっと応用編という感じがしたのを覚えています。(私は進研の方でした)その子は昔からやっぱり学年でも上位にいる子で、今の志望大も東京大と聞いています。

でも、それはたまたまZ会が几帳面で器用なその子に合っていただけかもしれません。
通信講座ですよね?進研ゼミとかも通信講座です。一般的に料金が高いです。
ご存知かもしれませんが、通信講座(添削つき)は、プロ(赤ペン先生...続きを読む

Q塾に行かずに中学受験って不可能?

我が家はごく普通のサラリーマン家庭で、今まで特に中学から受験するなんて考えずにきました。が、息子が五年生になり、受験してみたいと言い出しました。それも私立ではなく、国立の付属中学です。主人に相談したところ、受験に関しては受けてみたらということでしたが、その準備のために塾へ通うとか、家庭教師にきてもらうことは必要ないというのです。いくら学校でいい成績をとっていても、受験用の勉強は違うといってもだめ。それでだめなら受験なんてしなくていいというのです。同じ経験された方いらっしゃいますか・・・?今スポーツのほかの習い事は習字だけで後は進研ゼミをしているだけです。

Aベストアンサー

回答しようかどうか、正直なところ迷いましたが、No8の方の書き込みを読んで出てまいりました。「塾に行かずに受験」した経験者です。首都圏難関校です。私の知り合いの知り合いでもう一人、超難関校を自宅学習で受験された方を知っていますので、全くいないわけではありませんが、皆さんが考えている「塾に行かずに」というのとはちょっと違うと思いますので、書かせていただこうと思います。

準備期間が長いです:中学受験を予定していたわけではありませんが、現在の小学校の教科書の内容に疑問を持っていたため、小学校1年生のときから受験準備用の通信教育を受講していました。(四谷大塚りとるくらぶです。友人の進研ゼミと比べたことがありますが、内容はかなり違います。)4年生から「通信クラブ」となって、通塾しているお子さん達と同じテキストを使って自宅で(ママパパ塾&自習)学習し、週末の確認テストを通信教育で受けていました。

塾に全く世話になっていないわけではありません:5年から確認テストを塾で受けました。ですから、「平日の夜に」塾に通っていないだけで、週末にはテストを受けに行っています。精神面での相談から受験ノウハウ、滑り止め校の組み合わせ方まで塾には本当にお世話になりました。親は勉強は教えられますが、それ以外の部分で塾の長年の経験に基づいたアドバイスなしではとても中学受験はできなかったと思っています。

学習効率は悪い:塾の先生方は、大変に効率よく、楽しく上手に勉強を教えてくださいます。塾の先生と話してわかったのですが、単元によっては、自宅で学習するのに塾でかける時間の倍以上の時間がかかったことがあります!短時間に効率よく学習し、休んだり遊んだりする時間を作りたければ、塾に行ったほうが良いと思います。模擬試験を当然受けるわけですが、結果を受けて短時間にどう対策したらよいかなどは、やはり専門家の助言があったほうが的確な対応ができると思います。

マイペースで:一方、自宅学習のメリットは、わからなかったら自分が納得するまで学習できること、わかったらさっさと先に進めること。色々な解き方、考え方を試す時間も十分あります。子どもは自宅学習が気に入って、今のところ大学受験も塾に行かないと言っています。(実際どうなるかは不明です。)親子で楽しめます。毎日ゆっくりと自宅で夕食を食べて早く寝られます。でも本当に大変です。

今この時期からという問題もあると思います:他の方も言及しておられるように、通常は4年生の最後の2月(遅くても5年生の4月)から本格的に受験に直結する内容を学習しはじめ、6年の夏前には一通りの学習を終了します。夏以降2月までは練習&確認の期間となります。そうすると、4年の2月から5年の10月までみんなが今まで学習した分も含めてこれから他のお子さんよりも短い時間で受験用の知識を学習する必要があります。模擬テストなどを受験されないとお子さんの現在の実力がわかりませんが、一般的に言うとこれはなかなか覚悟がいる事態かと思います。せめてこれが5年の夏休み前なら、時間的にも自宅学習で進める余裕があったのではないかと思います。

ご主人の意図と、お子さんの希望とのすりあわせですね:中学受験のために学習する内容は基本的に指導要領の範囲内ですが、志望校が偏差値59で倍率も高いとなれば、相当の練習が必要で、「短時間に効率よく」練習しようとすれば、プロの知識と腕をお金で買うのが早道だと思います。もちろん、それなりのポリシーがあって、知識とノウハウをしっかり仕入れて望めば、週3回も4回も塾に通うことはなくても中学受験は可能です。

ご子息が満足される結論がみつかるといいですね。

参考URL:http://www.inter-edu.com/forum/read.php?815,302335

回答しようかどうか、正直なところ迷いましたが、No8の方の書き込みを読んで出てまいりました。「塾に行かずに受験」した経験者です。首都圏難関校です。私の知り合いの知り合いでもう一人、超難関校を自宅学習で受験された方を知っていますので、全くいないわけではありませんが、皆さんが考えている「塾に行かずに」というのとはちょっと違うと思いますので、書かせていただこうと思います。

準備期間が長いです:中学受験を予定していたわけではありませんが、現在の小学校の教科書の内容に疑問を持ってい...続きを読む

Q中学受験しない小学生に塾は必要?

中学受験をしない小学生に塾は必要だと思いますか?
わからないところは先生に聞けると思いますし、
親でもなんとか説明するくらいはできると思います。

それでも、自分の子供が塾に行きたがった場合、容認しますか?

英語であれば、将来役に立つと思いますし、
私も納得できるのですが、子供の勉強したい気持ちに
水を差したくないですし前向きには考えているのですが。

小学生のお子さんを持つ親御さんにお伺いしたいです。

Aベストアンサー

ポケモン博士です。

個々の家庭の事なので自分が行かせたくないと思えば行かせなくてもいいのですよ。
まずこれが大前提でお話をしたいと思います。

確かに学校へ行けば分からない所は聞けるし、
親でも教えることはできると思います。
しかし、子供が率先して教えを請うことはないでしょう。
もし教えを請う小学生なら塾へ行く必要はありません。
また、親が教えるということですが、
ほとんどの親は率先して子供に勉強を教えようとはしません。
聞いて来るところを教えるという考えの親では子供は勉強はしません。

小学生の勉強は実は国語や算数がものすごく重要で、
ここでつまずく子供は中学校でもつまずきます。
中学校でつまずかないために、また今後勉強をスムーズに進めるためにも、
塾は子供の底上げをするのに良いと思います。
家庭教師や塾講師や先生をやっていると、
ある段階があることが分かりました。

あまりに勉強できすぎる天才児は家で一人で勉強。
普通の天才児は親と勉強。
同じく頭が良い子供は家庭教師を雇い。
平均的に出来て底上げしたい生徒が塾。
平均的は家で普通に勉強。
平均より悪く平均になりたい子供は塾。
頭がとにかく悪い子供は遊んでる。
頭が本当に悪くてどうしようもない子供は家庭教師。
(もちろん統計を取った訳ではありません。)

つまり子供の能力が個々に違うので、
親の方針によって能力を大幅に伸ばすこともできるし、
縮めることもできるのです。

さて二つの問題。
>自分の子供が塾に行きたがった場合、容認しますか?
塾を悪く思ってないでしょうか。
塾って面白いですよ。イジメはないし、同じ目標の仲間だし。
何より勉強ができるようになるって嬉しいじゃないですか。
しかも学校で成績がよければ優越感にも浸れる。
確かに親の負担は多くなるけど、塾をもっと肯定的に考えても良いと思います。
もちろん本人が行きたくないのなら無理に行かせないほうがいいでしょう。
中学受験はやらなくても、小学生はもっともっと勉強する時間があっても良いと思います。
夏や冬の講習に行かせ、本人が楽しいならやらせてもかまわないと思います。

>英語であれば、将来役に立つと思いますし、
私も納得できるのですが
小学生がやる英語は全く無駄です。
小学生が3年かかってやる英語は中学に入れば3ヶ月~6ヶ月で追いつかれます。
もし英会話を週6回やり、家でも親が英語で日常会話を話しているなら別ですが、
週2回程度の英語の勉強は全く無駄になります。お金だけでなく時間も。
その週2回を漢字の勉強をさせた方がよほど勉強になります。

英会話を自然に身につけるのでなければ、
英語は論理的に文法から覚えるのが一番効率が良いのです。
その論理的な思考は中学生位からがちょうど身につくので、
小学生のうちにやらせるのは不効率無駄です。

何が良いという正解はありません。
個々の子供の能力に合わせるべきではないでしょうか。

またどこぞの新聞の受け売りですが、
日本の父親は子供とのコミニュケーション時間は一日当り30分にも満たないそうで、
先進国の中では最下位に近いそうです。
親が子供と勉強、若しくは教えるというのは非常に良いスキンシップだと思います。
もし親が継続的に勉強を教えることが出来るのなら、確かに塾に行かせる必要は
ないと思います。

個人的には勉強は面白いので、
親でも塾でも使ってもっと勉強してほしいと思います。

ポケモン博士です。

個々の家庭の事なので自分が行かせたくないと思えば行かせなくてもいいのですよ。
まずこれが大前提でお話をしたいと思います。

確かに学校へ行けば分からない所は聞けるし、
親でも教えることはできると思います。
しかし、子供が率先して教えを請うことはないでしょう。
もし教えを請う小学生なら塾へ行く必要はありません。
また、親が教えるということですが、
ほとんどの親は率先して子供に勉強を教えようとはしません。
聞いて来るところを教えるという考えの親では子供は勉強はしませ...続きを読む

Q塾でトップでも学校の通知表は最悪、またはその逆

塾でトップでも学校の通知表は最悪、またはその逆

不思議なので質問します。
おい(小3)は、塾ではトップクラスです。が、学校の通知表はクラスの下位、ひどい成績です。
おいは、1回説明するとさっと理解します。応用も利きます。
めい(小5)は、塾では下位です。が、学校の通知表はクラスの上部です。
めいは、数回説明しないと理解しません。応用は利きません。

なぜ、塾ではトップでも学校の成績が悪く、またその逆になるのか不思議でなりません。
なぜなのか教えてください。

Aベストアンサー

現場の実態を暴露いたしますね。私は25年間小学校の教員をしてきましたので、全て内部の事情が分かります。まず、通知表と言うものは法的には、必ず作らなければならないものでは
ありません。学校内部には、指導要録というものがあり、この中に生徒の実際の成績が記載されています。通知表は、どちらかといいますと「励ます」という意味合いを持っています。
ところが、この通知表についての考え方や付け方も、学校によって又は都道府県によってずいぶん異なります。また、何よりも各教師によって強烈に差があります。通知表の書き方は、各学校の教務主任等が評価基準等を示して、先生方に共通理解を図るようにします。ところが、先生方と言うものは、ピンからキリまであります。きちんと会議で提案された内容を吟味して
学期の初めから、毎日記録を保存してしっかり評価をしながら学期末を迎える先生。こういう
先生はまじめで、評価も信用性があります。ところが、180度反対の先生もいます。単元が終わっても、その学習した単元のテストをすることすら忘れて学期末になって、あわてて一日何枚もテストをする先生・・・。中学校や高校ではありませんから、学期末になったからといって、毎日3枚も、4枚もテスト漬けになるようなことは本来はありえません。テストの実施を忘れて、ためてしまったツケがまわっているだけで、先生の責任です。通知表をつける段階になって、何も資料が無いことに気付きあわててテストをするような先生も、たくさんいます。
普通通知表と言うのは、各教科の成績、特別活動、生活面というような3つ位の部分が記載されます。
ここで、各教科の成績は、学習に対する評価なわけで生活面とは異なります。例えば、算数であれば、知識・理解とか思考とか技能というように、項目がそれぞれありますが、その項目に対して、どれだけの到達度があるのかを評価しているわけです。例えば、とっても意欲的に手を上げる子がいたとすれば、「意欲・感心」が◎というようについてくるかもしれません。全く手を上げない子がいたとして、「算数が大嫌い!」と口で言っている子でも、日頃の学習内容の理解度がよければ「知識・理解」が◎というようについてくるはずです。テストというのは、その単元の学習内容をどの程度理解しているのか調べるものです。それは子供の理解度をはかると同時に、指導した教師の指導力も測られます。平均点数が低いということは、教師の指導力不足です。
毎日きちんと記録をとっている先生は、自信をもって通知表をつけます。ところがです。これまで、私は何度も見てきました。ひどい先生は皆さんが想像している以上に多いと言う現実。教室の棚の中には、未処理のテストがたまっている。
テストだけして、丸付けすらしていない。さらには、テストをしないでこっそりゴミに捨てる先生。通知表提出の前日まで、全くできていないのにあっという間にできあがって持ってくるいい加減な評価しかしない先生。本当に、子供がかわいそうになるくらいいい加減な先生が多いです。大抵そういう先生は職員室で仕事をしません。職員室で通知表を付けると
周りの先生方にもその様子が見えるので、まったく資料を見もせずに、作品を見もせずに自分の主観だけで通知表に◎○△等をつけているのが、丸見えになるからです。普通通知表は担任が記載して、学年主任が目を通して、その後教務主任、教頭というように目を通して
いきます。私は立場上、多くの先生方の通知表に目を通していましたので、だいぶ主観が入った評価をしている先生が多いことを知っています。
小学校の通知表の内容をあまり気にしないことです。それよりも、もっと良い方法があります。お子さんが学校から持ってくるテストを、きちんと保管してチェックしてください。
親御さんが評価してみてください。
(1)教科書の単元の学習情況とテストを実施した日にちをチェック。
(2)テストには左上に大きく番号が振っているので1教科1番~5番位まであるはず。抜けているものはないかチェック。
(3)テストは点数が割り振りされています。例えばテストの左半分は、「知識・理解」などのように・・・。教科ごとに、その知識・理解とか技能とか書いている項目ごとに集計して
最後に到達度を計算してみる。%計算でよいです。9割以上なら◎とみてよいでしょう。

若い先生は、子供とのスキンシップは良いかもしれませんが、まだまだ評価に対する
しっかりした考えを持つことができません。評価している先生自身が、自信をもって評価
していません。
あまり、小学校の通知表は気にしないほうがよいでしょう。どの程度信用してよいものか
普通の方には全く見えないことでしょう。よくありますが、学年が上がったら急に成績が
よくなったとか、逆に下がったとか・・・。何故かもうわ

現場の実態を暴露いたしますね。私は25年間小学校の教員をしてきましたので、全て内部の事情が分かります。まず、通知表と言うものは法的には、必ず作らなければならないものでは
ありません。学校内部には、指導要録というものがあり、この中に生徒の実際の成績が記載されています。通知表は、どちらかといいますと「励ます」という意味合いを持っています。
ところが、この通知表についての考え方や付け方も、学校によって又は都道府県によってずいぶん異なります。また、何よりも各教師によって強烈に差があり...続きを読む

Q中学受験をしないけど塾に・・・

小学4年生男子です。中学受験の事を何も知らず(反省です)、近くの中学受験塾に3年生の2月から行かせています。その時は地元の公立中学が荒れているし、受験もいいかな?と考えていたのですが、実際に塾に行かせて見て、そんな軽い気持ちで行かせた事を反省しています。今でもカリキュラムは結構ハードなのに、5,6年になると、もっとハードに・・・(ーー;)
私立中学の学費も結構高いのでビックリしています(払えないことはないけど、他に見えない出費もあるかと思うと憂鬱です)
子供は何とか休まず塾には行き、宿題も何とかやっているという程度なので、成績は塾では中の下くらい。塾の公開テストの偏差値は45~48くらいです。しかし学校ではよく出来る方で、というか簡単すぎでほとんど100点です。子供は塾は大変でしんどいけど、学校の勉強は簡単すぎるし、授業は退屈なので、塾には行きたいと言います。中学受験については???という感じです。子供はサッカーを続けたいのですが、5年生になると練習の曜日が増えて(今は週2回ですが週4回になります)、塾の曜日も増えるので(週3から週4に)、両立は物理的に無理です。学校では友達が多くほとんどが地元の公立で進学するので、私やダンナはうちの子もそれでいいかなぁと思いはじめています。
受験しないのに今の塾では大変過ぎるし、普通の塾(そんなのあるのか??)に移った方がいいのか、何もさせなくていいのか(子供は塾に行きたいと言っているが、いつまで続くか?)悩んでいます。長文で支離滅裂な質問ですが、アドバイスをお願いしますm(__)m

小学4年生男子です。中学受験の事を何も知らず(反省です)、近くの中学受験塾に3年生の2月から行かせています。その時は地元の公立中学が荒れているし、受験もいいかな?と考えていたのですが、実際に塾に行かせて見て、そんな軽い気持ちで行かせた事を反省しています。今でもカリキュラムは結構ハードなのに、5,6年になると、もっとハードに・・・(ーー;)
私立中学の学費も結構高いのでビックリしています(払えないことはないけど、他に見えない出費もあるかと思うと憂鬱です)
子供は何とか休まず塾に...続きを読む

Aベストアンサー

首都圏私立中高一貫(いわゆる中堅校)の教員です。
公立中での教員経験もあります。

勢いに流されて塾に通い,塾に通ってしまったから中学受験してしまったというご家庭が非常に多いのですが,あくまで慎重にご検討されるのが良いと思います。

業界の裏側から見ていますと,塾と私立中の一大キャンペーンがバブル的な状態あり,情報量の少ない保護者は正確に自体を把握できていないように見えます。

都市圏では金銭的に余裕があれば,まずは中学受験を考えるのが常識となりつつあるような風潮も一部見られます。


ビジネス誌等でも盛んに中学入試をあおっていますが,このネタであれば,部数が伸びるから扱うのであって,そのの内容には???と感じるところもあります。

その結果,公立中を高く評価する私立中の教員は公立中に子供を通わせ,私立を高く評価する公立中の教員は私立中に子供を通わせるというケースが多々見られます。


中学受験に関してよく聞かれることで私が疑問に思っていることをいくつか挙げさせていただきたいと思います。



・難関大学に合格するには私立中高一貫でないと。
・地元の公立は荒れているから。
・中学で塾に行くのならば費用は同じ。
・きめ細かい指導が期待できる。
・私立中にはいじめがない。

この辺のことを塾で説明されたならば,納得がいくまで具体的な数字を挙げて説明をしてもらうようにしてはいかがでしょうか。

また偏差値60の生徒と偏差値50の生徒と偏差値40の生徒では同じ中学受験でも実際は全く別だと思うのですが,塾の説明などではいっしょくたに語られているのはないでしょうか。




私自身私の勤める学校が世間ではあまりにも過大評価されているのに,戸惑い,多少の罪悪感すら感じております。

荒れているといわれる公立中学校に訪れる機会も多いですが,私の学校よりもずっと雰囲気がよく,清掃が行き届き,挨拶がよくできているという印象を持つ場合も多いです。

評判の良い話も悪い話もどちらも大げさに伝わるものではないでしょうか。

私自身は公立中学校出身ですが,当時から授業は成り立っておらず,学校には勉強は期待しない,勉強は塾でやるものという土地柄であったので,部活もそこそこがんばりつつ塾で学力もしっかりつけました。ですから最近の学力低下問題に対してそれほど深刻にうけとっていないかもしれません。

いわゆる荒れた学校といわれ,校舎内をバイクが走るなどということもありましたが,一般生徒は楽しく平和に学校生活を送っておりました。


むしろ中高一貫校に高校から外進生として入学したときには内進生の陰湿さに嫌悪感を感じたことをよく覚えております。





また,日ごろ感じることなのですが,親のエゴで受験させるのだからと,こどもにご機嫌をとるような接し方をするご家庭が増えているような気がします。


すばらしい学習環境を「買い」与えることをい親のつとめと勘違いされている方が非常に多いようにも感じています。


私の学校では保護者の方々に「どういう風な大人になってほしいとお考えですか?」と伺っても「とくにかんがえていませんが,将来はなにか好きなことをやって生きて行ってくれれば」というお答えが多いです。


中学受験はあくまで「こういう大人になってほしい」という子育てのビジョンの一部としてとらえていただくのが良いのではないでしょうか。中学受験先にありきではなにか本末転倒のような気がします。


私のこどもの場合は私の求める子育てと中学受験は合致しないと今のところ考えておりますので,私立中受験はかんがえておりません。


一部乱暴な発言がありましたら,ご容赦ください。
また私立中の教員が私のような考えをもっているとはかぎりませんので,考慮にいれてご判断ください。

首都圏私立中高一貫(いわゆる中堅校)の教員です。
公立中での教員経験もあります。

勢いに流されて塾に通い,塾に通ってしまったから中学受験してしまったというご家庭が非常に多いのですが,あくまで慎重にご検討されるのが良いと思います。

業界の裏側から見ていますと,塾と私立中の一大キャンペーンがバブル的な状態あり,情報量の少ない保護者は正確に自体を把握できていないように見えます。

都市圏では金銭的に余裕があれば,まずは中学受験を考えるのが常識となりつつあるような風潮も一部見...続きを読む

Q中学受験にお勧めな参考書

現在小学4年生の息子の相談です。
中学受験を考えているのですが、まだ具体的に受験向かっての勉強はしていません。
予習、復習の学習塾に週1回、英会話教室に週1回、家庭学習教材を取っている他はスイミングに行っているだけです。
普段の勉強が嫌いな子供ではないので親が勉強を導いてあげれればと考えているのですが周りに同じ用に受験を考えているお母さん仲間もおらず、どのように家庭学習を進めてあげればいいのか考えあぐねています。
毎日塾に通う、夜遅くまで塾で勉強するのではなく、塾で家ではできないことを補う形で受験に望めればと思うのですが、中学受験の際にこの参考書が為になるといったお勧めの参考書、問題集があれば教えてください。

Aベストアンサー

塾講師をしている者です。中学受験をお考え書いてありますので中学受験の概要はご存じであることを前提に書かせて頂きます。
 まず、教材ですが、これは四谷大塚の予習シリーズ(算国社理)が基本です。というか、これがないと話になりません。市販している中学受験問題集で、一番支持されているシリーズだと思います。この予習シリーズのすごいところは、別に四谷がレベルが高いとかそういうことではなくて、カリキュラムがすごいことです。全国にある四谷系の塾(YTネットや自塾のカリを四谷対応にしている塾のこと)で使用され、模試もこれに沿って編成、出題されます。YTネットを通じて一度の模試で受験する人が多く、模試の信頼感が高いこと(低偏差値の学校では判定が出ないこともある)がその神髄です。確かに、能研、サピなどが台頭していますが、教材はやはり四谷だと個人的には思います。(メモリーチャックも悪くはない)
 次に、入試を受ける学校選択です。学校選択についても、基本は入試の分析です。入試問題過去数年間を調達してください。四谷偏差値50位までなら、何とか素人でも時間をかければわかるでしょう。これを親御さんの方で解くと同時にその学校の癖がある場合は、その癖の対策を採るようにしてください(6年夏休みから9月くらい)
また、予習シリーズもその名の通り、誰でも自習できる=できないと大問題というレベルの問題が殆どですから、これら解けないといけない問題をご家庭で教えられないとまずいです。または、生徒自身が自分で理解しなければまずいのです。ただ、正直な話、予習シリーズもずいぶん簡単になりました。ということは、四谷の方で気を気をきかせたのか、中学受験する人が増え、全員必修の問題を易化させたのではと考えています。とはいえ、プロに頼んだ方が精神的に楽ですし、中学受験ははっきり言えば、中学、高校生レベルの問題を方程式や連立方程式、確率の問題を小学生独特の方法で解かねばなりません。失礼ですが、親御さんが中学受験の勉強をされていない場合は、塾や家庭教師に頼んでください。その点を踏まえ、予習シリーズを4年上から進めてください。
 三番目ですが、親の覚悟です。親がぶれると子供に悪影響が及びます。絶対に途中で家庭の大方針を曲げないでください。子供に受けさせて挙げたい学校見学は勿論、学校行事にはことごとく参加して子供のやる気を育成しましょう。小4ということなので、週3ないし4日間、1教科100分(1週間4教科で400分、理社は、土日にまとめて実施も可能)を目標に勉強させてください。5年で1教科140分、6年で180分はかならず勉強させてください。そのくらいの演習量でやっと四谷偏差値50をねらえるかなという程度ですが、そこそこの学校には行けるかなと思います。
いろいろ書きましたが、素人には難しいので、部分的にも塾を活用してください。ことと次第に依れば、学校と塾の関係で得することもあるかもしれません。

塾講師をしている者です。中学受験をお考え書いてありますので中学受験の概要はご存じであることを前提に書かせて頂きます。
 まず、教材ですが、これは四谷大塚の予習シリーズ(算国社理)が基本です。というか、これがないと話になりません。市販している中学受験問題集で、一番支持されているシリーズだと思います。この予習シリーズのすごいところは、別に四谷がレベルが高いとかそういうことではなくて、カリキュラムがすごいことです。全国にある四谷系の塾(YTネットや自塾のカリを四谷対応にしている...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報