小学5年の子供がいます。最近になって急に「中学受験をしたい」と言い出しました。
色々と調べてみると、今は中学受験対策の塾通いは小4からというのが常識となっているようですが、3年間も塾通いをしないと合格できないものなのでしょうか?
また、どうして4年生からなのか、とても不思議に思います。
自分の子供が実際に受験するかどうかは別にして、どんな仕組みになっているのかを教えていただけたらと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

子ども二人が自宅学習(プラス週末塾テスト)で中学受験をしましたので、長年家で勉強を見てきました。

下の2番の方の解答が私の実感に近いです。

まず、「4年からが常識」というのは塾の言い分で、親がそれになんとなく従わないと心配・・・という状況になっていると思います。

実際に入試に出題される範囲というのは、小学校の5年生6年生で学習する内容、およびそれをさらに深めたものと言えると思います。特に塾で教えるカリキュラムのうち実際に入試にそのまま直結するのは5年生6年生の内容だったように思います。そう考えると通塾(受験勉強)は5年からで十分ということになります。今の塾は6年生の夏以降は「新しいことを学習せず、入試の練習をする期間」でして、カリキュラム的には6年生の7月までで学習が終了しますので、すべての出題範囲を1年半で学習するというのは相当大変ではありますが、範囲としてはカバーしているわけです。

では4年生で何をしているかというと、学校での学習と受験学習とのギャップを埋めていると思います。国語なら、教科書に出てくる以外の漢字の読み方や熟語の学習・長文に慣れること、算数ならひねった複雑な問題にめげずに取り組む姿勢や考え方の基本、社会や理科はものの見方・考え方・基礎事項の暗記学習です。ゆとり教育になってから、受験で出題される問題と日ごろの学校での学習内容の乖離がますます大きくなったように感じ、4年からの通塾が必要だと感じられる方が多いと思います。

あくまでも「4年から通熟しておいたほうが楽だと思いますよ」ということであって、「4年から通塾しないと、受験に必要な知識が覚え切れません」という意味ではないと思います。

大学受験でも同じことが起こっています。前倒しに塾に預けておくと楽で安心という親心と塾の存在とがかみあってしまうのですね。中学1年から通う大学受験の塾まであるご時勢です。それも同じで、高2からで十分、ただし日ごろの勉強は自宅でしっかりやっておかないと高2からでは間に合わない。その「しっかり」ができないなら、塾に行っておかなくてはということだと思います。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

お子さん2人を自宅学習で受験させたなんて、すごいです!書いていらっしゃることにとても説得力がありました。残念ながら私にはそこまで出来ないと思いますし、なにより子供が「一日何時間も勉強するのは無理だ」と申しておりますので、中学受験は諦めます。 ただ、これから高校、大学と受験するにあたって、kikanshayaemonさんが書かれたことはよく心していきたいと思っています。

お礼日時:2007/02/26 16:58

お子さんにより今からでも大丈夫な子もいますよ。

上のこのとき、すごく受験が流行り、学年の半分の子が結局受験しました。塾に行ってないと遊び相手がいないレベルに陥っていました。

 でも、5年の終わりから参入して私立に行った子は3人だけです。この頃からやりだす子は本気じゃないうちが多いですから、いいところに合格、じゃなければ進学されません。逆に4年からやりだした子はどんな学校でも必ず私立に行かれます。5年終わりからやりだした3人の内、1人は開成に行きました。もともと、学校でも一目置かれていた子で、N研に入った後2ヶ月で校舎1位になったという天才君です。他の2人は、偏差値40くらいの(F(フリー)ランク)お嬢さんお坊ちゃん校に進まれました。

 まあ、子どもによる、と言う事で。

 ・・・自信のない親はつい、塾の経営戦略に乗せられ新4年(3年生の2月)から塾に入れてしまうのです。新4年から入塾すると経費も労力も半端じゃないから、めったなことでは抜け出せなくなるのです・・・かくいう私もそんな親の一人でした。6年生になりお金が飛ぶように引き落とされ行く現実に嘆きつつも、今更やめられないわ・・という結論に達し、せっせと子どもに教えるべく問題を解き子どもに教えてどうにか合格させました。本当にお金と労力がかかりました~~。
    • good
    • 17
この回答へのお礼

そうですね、結局はその子のやる気や能力しだいなのですね。中学受験は、親にとってお金と労力がかかる大変なイベント、ということがよくわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/26 16:58

息子が今年中学受験を終えました。



結論から言えば、地頭の良い子は5年生の途中からの通塾でも難関校に合格できます。
しかし、普通の子は3年生からでも難関校は無理、中堅校がやっとです。
うちの子は普通の子でした(小学校ではトップクラスですよ)。
5年生の夏に大手塾に入り、6年の夏からは家庭教師もつけました。
難関校を目指しましたが結果は難関校のちょっと下、いわゆる上位校に合格しました。
中学受験は思っていたより過酷でした。
友達と遊べず、テレビやゲームもせず、睡眠も十分にとれず・・
それだけやっても他の子もやっているのですからなかなか成績があがりませんでした。
息子の周りの子も頑張りましたがほとんどの子が中堅校に落ち着きました。今年は特に受験者数が多く全滅で公立中学に行く子も多いですよ。

ただ、学校の価値というのは偏差値では決まりません。
どういう学校がお子さんに合っているのか、楽しく通え、人間として成長させてくれるのか、よく見極めて受験するべきです。
質問者さんのおこさんは行きたい中学校があるのですか?
それともお友達の影響もあってただ私立に行きたいと思っているのでしょうか?
もし後者ならば、いろいろな学校の説明会や行事に参加して、絶対にこの学校に入りたい!と思えるようになるのが先決ですね。
そうでないと過酷な受験戦争は勝ち抜けませんよ。
 
    • good
    • 7
この回答へのお礼

うちの子は、クラスで気の合う子達が皆受験するということを知って、自分も受験したいと思ったようです。そんな感じなので、確たる志望校もなく、当然覚悟も全然足りない状態でした。親の目から見ても、過酷な生活に耐えられるとは到底思えません。高校受験で頑張ってもらおうと考えています。

お礼日時:2007/02/26 16:58

私は小学6年から塾に通い、中学を受験しました。


もう少し前から塾に通っていれば、地域トップの学校も目指せただろうなとは思いますが、
塾通いで元々目指していた学校よりは2ランクほど上の学校に入学は出来ました。
どこの中学に入りたいかで受験勉強期間もかえられたらいいと思います。
私の両親は難関突破というより、のんびりと私立女子校で大学までと考えていたので、勉強期間は1年にしたようです。
実際小6の夏から塾に入ってきて合格した子もいましたし、3年通わないと無理と言う事はないと思います。
ただ、テストに慣れるまでに実力とは別に少々時間が必要なので、
(私は入塾してテストに慣れるのに3ヶ月ほどかかりました)
あまりぎりぎりもお勧めできません(個人差ですが)。

中学受験は難しいので、塾に通わないと受験は無理だと思いますが、
受験をする目的と学校によって考えられたらと思います。
塾で受験をめざすとなると、休日はもちろん、盆・正月も全く休み無しで通うことになるはずです。
お子様ご本人の意思で受験されたいようなので大丈夫だと思いますが、
その辺も考慮し通う年数を決められてもいいかもしれません。

あと、通われる塾もやはり実績のあるところをお勧めします。
過去問題を多く持っていたり、出るポイントをしっかり分かっている、
多人数制でもそういうところが強いと思います。
個人的な経験からですが、多人数の塾で模擬試験を繰り返す事で、
受験の雰囲気自体に慣れ、本番で実力を発揮しやすいと思います。

どちらに行かれるにしろ、お子様にとってよい学校生活が送られる所に、
進まれることを願っております。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

小6から塾に通われて受験されたとのこと、かなりの努力をされたのでしょう。またご両親もお子さんのことをよく考えていらっしゃったようで、「その子にあった形」というのが大事だとわかりました。 ご自身の体験に基づくアドバイスをありがとうございました。

お礼日時:2007/02/26 16:58

私は小3から塾に通っていましたが、本格的に勉強したのは小5からだったと思います。

小5からは週で塾に通い、しっかり勉強したため、最後は御三家レベルにまでは到達しました。そのため絶対に4年生から、というのは、とくにないと思います。本格的に教材も小4で基礎をやり、小5~6で受験問題になり、最後のほうはまとめといったかたちだったような気がします。小4でやる基礎というのは、たとえば社会でいえば、47都道府県の暗記だったりするので、まだおいつける範囲だと思いますよ。
中学受験は親と子の二人三脚の戦いであると同時に子供一人の戦いにもなる、その境目のような位置にあるような気がします。大変かと思いますが、子供さんのためと思って、家族でがんばってください^-^
    • good
    • 8
この回答へのお礼

御三家レベルに到達されたとは、優秀なのですね。励ましの言葉をありがとうございました。

お礼日時:2007/02/26 16:58

その昔(中学受験で出題される問題と学校で習うことがここまで離れていなかった時代)は、通塾は決して大変なものではありませんでした。

今でいう補習塾程度の、多くてもせいぜい週2回・1時間ずつくらい通う程度でした。

また、当時から四谷大塚は有名でしたが、あくまで「予習シリーズ」を自宅学習する人のためのテスト会という形で、その名残が現在の「テスト生コース」です。

それがなぜこんなに大変なことになってしまったかというと、一つ考えられるのは、1970年代後半からの学校での学習内容の削減、それに伴う中学受験熱の高まりによって「熱血指導型」の塾が着々と実績を伸ばしてきたことがあります。そのコースが御三家など難関といわれる学校への合格実績を稼いだために、各塾で青田刈り合戦を繰り広げた結果、現在のような4年生で半ば進路を決めるような形になってしまっているのだと思われます。

「予習シリーズ」がいつから塾へも販売されるようになったのかは存じませんが、少なくとも私が受験した10年以上前にはすでに「四谷準拠塾」(現在のYTネット)という、週3回賞味3時間ずつのコースが存在していました。当時は半数が5年生から通う時代でしたが、今や4年生からが主流といわれます。

通塾は短くても、ちゃんと選べばどこかには合格できます。ただ、難関校と言われる学校には受験前3年以上通塾した方が多いのも事実です。そして、3年間通塾しても第一志望に届かない子供も多いのも、また事実です。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

以前から塾通いが過熱していたことはぼんやりとは知っていたものの、ここまでになっているとは思ってもいませんでした。 私自身は(20年以上前のこととはいえ)、ずっと公立校で塾にも全く通わずに大学進学をしたため、別世界のことだった気がします。今更ながらですが、自分の無知を反省しています。

お礼日時:2007/02/26 16:58

塾を推奨するわけではありませんが、それなりに合理的な話だと思っています。


学習指導要領を詳しく検討すると分かるのですが、小学校の算数の基本的な内容はほぼ4年生までで終わります。四則演算・小数、分数の概念・面積の基本や図形の性質等、基本的な学習は全て4年生までで済ませています。5・6年生の算数というのは、その概念の拡張だったり(例えば、約分、通分)、応用だったり(比、割合、単位量あたり、分数や小数の演算)することがとても多いのです。
算数は積み重ねが大事な教科です。ということは、そこまでの算数がきちんと身についていなければ、5年生以降いくら勉強しても、難関校に合格するだけの学力が築けない、ということだろうと思います。
おそらく、4年生の時点で、どの程度の学力が身についているかを判断するという意味合いがあるのでしょう。
もちろん、それ以外に経営的な事もあるとは、思います。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

算数での具体的な例を引いての回答をありがとうございました。何事も基礎が大事ですね。

お礼日時:2007/02/26 16:58

決して常識ではないと思います。


でも塾では4年~6年の1学期で小学課程の内容を学び、6年の2学期以降は試験対策をやります。後になればなるほど塾の授業と、小学校の授業の進度に差が出るのでキャッチアップを自分で行わなければなりません。授業の密度もかなり違います。

また塾では授業の節目にテストを行いますが、テストはかなり難しい内容です。塾で間違ったところを繰り返し見直しさせられるため、必然と実力が着きます。

ですから「小4から始めると後から始めるよりは(少しは)楽になる」とは言えるかもしれません。

塾側の理由もあるでしょう。塾は合格実績が評価の「物さし」です。
早い段階(小4)で入塾させて鍛えたいという気持ちも強いようですし、後から入る場合は「入塾テスト」を行って、あまり見込みがない子供は入塾を認めない場合もあります。それ以外の理由として3年間通ってもらう方が収入も増え経営にプラスなので「早い内に始めるのが有利」と誘導したいのでしょう。

小4から始めても希望の中学に入学できる保証はありませんし、小6から始めても難関校に合格する子もいます。結局は本人の努力次第ということにはなりますが…
    • good
    • 6
この回答へのお礼

現在の塾のシステムがよくわかりました。塾側の経営上の理由もさることながら、小学生に難しい試験を受けさせるためには繰り返し学習が必要なこと(ある塾で相談した際に「1年間で3年分の勉強が必要」と言われたこと)も納得できました。

お礼日時:2007/02/26 16:58

僕(現在中学三年生、中高一貫校在籍)の経験から言わせていただきます。

抽象的に言いますが、小学四年生は、その先、小五・小六のための基礎固めに過ぎません。そして、小五でその基礎の応用演習をし、小六で仕上げに入るという仕組みです。一般的には小四からの方が良いといわれていますが、必ずしもそうではないと思います。ちなみに僕も小四からですが、僕の友達で小五になって一緒の塾に通いだしたけれど上位に食い込んでいた人は結構います。要は「やる気」ではないかと思います。お子さんが「したい」とおっしゃっているようですが、その目が本当にやるきのある目ならば、全く小四組にも劣ることはないでしょう。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご自身の体験からの回答をありがとうございました。うちの子はやる気はあったようなのですが、これからの勉強量を考えるとすっかり弱気になってしまいました。結局、それだけの覚悟がなかったのでしょうね。

お礼日時:2007/02/26 16:58

お子さんは今5年生、今度6年生でしょうか。


となるとあと1年ということになりますね。
どこか特別に希望する学校があるのでしょうか。

そのあたりが判らないので、とりあえず一般論になります。
どこか難関校とよばれるところの過去問題をご覧になってください。
(とりあえず本屋で立ち見でもOK)
それとお子さんが普段使う「ゆとり教育」の薄い薄い教科書の内容を比べてみると、自ずと答えが出てくると思いますよ。

有名私立中の試験問題は、とんでもなく難しいものです。
特に算数を見れば差が判りやすいですね。
公立で普通に出来るお子さんでも、それだけでは正直無理です。
特別な訓練をしなければなりません。

これは我々親が子供の頃から言われていたことですが、昨今のゆとり教育のせいで、ますます激しくなってきたようです。

公立のゆとり教育と、難関私立入学レベルの差を埋めるために必要なのが4年生からの3年間の期間というのが、最近では一般的?な考えです。
そのための準備として、3年生から通うケースも多いですよ。

もちろん中学も様々ですから、今から塾に通えば十分余裕♪な学校も多いですよ。
公立の内容が普通に出来ればOKな学校だってありますし・・・。

ただし難関校を徹底的に目指すぞ!みたいに気合の入りまくった塾は、新6年生で入塾を希望しても空席が無い場合も。
空席があっても「今からでは無理です」と断るケースもあると聞きました。

ということで。
まずは本屋に行って、過去問立ち読み。
学校一覧は、買ってもいいかも。
そして本当に私立に行きたいか(行かせたいのか)、どうすべきか、話し合ってみてください。
検討を祈ります。

まずは本屋に立ち読み
    • good
    • 2
この回答へのお礼

過去問を見たところ、その難しさにびっくりしました。これだけの知識量が必要となれば、あと1年弱では足りないこともよく理解できました。

お礼日時:2007/02/26 16:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中学受験ママさん

中学受験ママとは、中学受験生をもつママさんのことです。
塾に勤めていますが、中学受験ママが理解できないのです。

私個人の考えとしては、良質の教育を受けることを目的とした中学受験はよいのでは?と思っています。

でも、中学受験ママとお話すると、中学受験させる目的がよくわからなくなるのです。

一家族だけ、「娘がやりたいことを後押しするだけ」と、肩の力が抜けたご両親とお話したことがあり、その人の姿勢には好感がもてましたが、その方以外は、私には目的が見えないのです。

模試の平均点数が悪くても実力にそぐわない学校を受験させる親御さんも多数見てきました。

中学受験ママは大学受験ママや高校受験ママともちがう感じがします。大学受験ママや高校受験ママは私にとってわかりやすいのですが・・・。

なんと言ったらいいかわかりませんが、どうしても中学受験ママの考えがわかりません。

中学受験経験者ママや塾関係者に聞きたいのですが、彼女たちはその後どういった考えになっていくのでしょうか?
なにか大切なことに気付いたりするのでしょうか?

塾関係者の方は中学受験ママに違和感みたいなものは感じませんか?こんなふうな疑問を抱くのは私だけでしょうか?

質問がまとまらず恐縮ですが、思う節書いて頂ければ幸いです。

中学受験ママとは、中学受験生をもつママさんのことです。
塾に勤めていますが、中学受験ママが理解できないのです。

私個人の考えとしては、良質の教育を受けることを目的とした中学受験はよいのでは?と思っています。

でも、中学受験ママとお話すると、中学受験させる目的がよくわからなくなるのです。

一家族だけ、「娘がやりたいことを後押しするだけ」と、肩の力が抜けたご両親とお話したことがあり、その人の姿勢には好感がもてましたが、その方以外は、私には目的が見えないのです。

模試の...続きを読む

Aベストアンサー

高3と中1の子供を持つ母です。

私自身も子供も中学受験をしたことがないのですが、甥の受験等の体験から分析した事を私なりに書いて見ます。

1.達成感
専業主婦になってしまうと、目標もない毎日です。そこで、中学受験という大きな目標に向かって、親子一緒に(まさに人馬一体)突き進む事は苦しい事でもありますが、合格すればこの上ない喜びではないでしょうか。
2.階層から落ちることの不安
子供に高い教育を施さないとあっという間に今いる階層から滑り落ちる危険があります。例えば勤務医と言えども、子供を医者にしなければいけないのです。お医者さんの奥さんから、お医者さんのお母さんにならないと自分の老後は安泰と言えないのです。
3.親のメンツ
特にお嬢さん学校などに娘を入れるタイプです。子供を入れて、親のメンツを保とうとするのですが、本当の良家の子女ではない場合、本人は辛い場合が多いようです。
4.親の楽
公立中学はトラブルがあるととにかく親が出ていかなくてはいけません。私立は生徒とその親はお客様。扱いが違うのでは?
大学進学も上に大学がない所などは、きめ細かく対応してくれるようです。
また、 中高一貫のところが多いので、一番大変な高校受験をしなくてすむ。

こんなところでしょうか。
あなたがお受験ママに違和感を抱くのは、子供に良い教育を施す為の中学受験はあくまでも手段でしかないのですが、多くのママは目的になってしまっていることです。人間必死になると、目的のためには手段を選ばないと言うことになりがちで、周りから見るとおかしく思えるのですが。

高3と中1の子供を持つ母です。

私自身も子供も中学受験をしたことがないのですが、甥の受験等の体験から分析した事を私なりに書いて見ます。

1.達成感
専業主婦になってしまうと、目標もない毎日です。そこで、中学受験という大きな目標に向かって、親子一緒に(まさに人馬一体)突き進む事は苦しい事でもありますが、合格すればこの上ない喜びではないでしょうか。
2.階層から落ちることの不安
子供に高い教育を施さないとあっという間に今いる階層から滑り落ちる危険があります。例えば勤務医と言え...続きを読む

Q中学受験用の塾

中学受験の塾についていろいろ調べています。

日能研、SAPIX、四谷大塚、早稲田アカデミー、栄光ゼミナール、等等等...

こういった大手の塾はどこも素晴らしい実績を
出していますが、教育方針の違いってどんなもんでしょうか?
冷静な第3者的に比較しているサイトとかってあるんでしょうか?

Aベストアンサー

中学受験を経験させた母として書かせていただきます。

やはり中学受験をするのならばノウハウのある大手進学塾を選んだほうがよいと思います。

四谷大塚は独自網をもっていて四谷大塚といっても町の小さな個人指導塾から早稲田アカデミー(四谷大塚グループです)のような大手に入るような進学塾まであります。

日能研は歴史があることと何といっても生徒が多いことです。それが裏目に出る場合もあることは忘れないで下さい。
クラス数が多いとレベルによって分けられますし、毎週のテストの問題もクラスによって違います。
シビアな世界です。
ついていけなくなると終わりなのは大手進学塾の宿命です。
塾のために塾に行くというのは望ましくないはずですし、費用だってかかります。

SAPIXについてはよくわかりませんが校舎数が少ないのが難点かもしれません。

しかし、
「私どもの塾は第一志望に受からなかった人が50%います」とか自分に不都合なことは言いませんし、内部のことまではよくわからないこともあります。入ってからの志望校の選択のときも
その人の実力より高い学校を選ばせて校舎や塾の成績を上げさせます。それを鵜呑みにして落ちてしまい泣いた人だっています。

塾にだまされた!ということがないようにして下さい。

ですから第三者の意見やそこに入っている人にも意見を聞いたほうがよいと思います。

これといった回答になっていませんね。すいません。

参考URL:http://www.geocities.jp/jukenkantou/

中学受験を経験させた母として書かせていただきます。

やはり中学受験をするのならばノウハウのある大手進学塾を選んだほうがよいと思います。

四谷大塚は独自網をもっていて四谷大塚といっても町の小さな個人指導塾から早稲田アカデミー(四谷大塚グループです)のような大手に入るような進学塾まであります。

日能研は歴史があることと何といっても生徒が多いことです。それが裏目に出る場合もあることは忘れないで下さい。
クラス数が多いとレベルによって分けられますし、毎週のテストの問題もクラス...続きを読む

QZ会と中学受験

首都圏で中学受験を考えています。

基本的には中学受験専門の塾を考えています。
他に、個別指導や家庭教師も、調査をしています。

Z会の通信教育は中学受験に対してはどうなのでしょうか?
大学受験では、Z会は通信教育界の最高峰ですよね。

Aベストアンサー

Z会の資料には、はっきりと中学受験対応になっていないと書いてあったと思います。以前お試しで教材をいただいたのですが、やはり教科書レベルという感じで分量も多くありません。私個人の感想では中学受験にはチョッと足りないかなという感じがします。

中学受験には学校で習う基礎・基本を使って解く応用問題を、短い時間で解くことが求められるます。そういう指導を小学生に通信教育でするのは難しいかもしれません。(?)

過去問題を見ると、学校のレベルでは出てこないヒッカケ問題や、ひねり問題が多いので、中学受験に強い塾や家庭教師などで、コツのようなものをしっかり教えてもらったほうが速いのではという感じがします。(時間をかけてじっくり取り組めば解ける問題も多いかもしれませんが、受験となるとスピードと正確さが求められますし、問題によっては「どうしてこんなこと聞くの?」というようなものもありますし・・・・)

でも独学で合格する人もいるのですから、学校レベルをZ会で習得し、プラスアルファーを他の教材等を用いて学習する方法もあるかもしれません。・・・・ただし、通常受験する子供たちは学校レベルの学習を、学校よりかなり早く終えて、難しい問題をやっていくので、毎月来るZ会ではどうかなと心配もありますが。

参考のページも下に書きます。

参考URL:http://www.mrsnet-jp.com/study/gakuryoku_up/200304/200304_1.html

Z会の資料には、はっきりと中学受験対応になっていないと書いてあったと思います。以前お試しで教材をいただいたのですが、やはり教科書レベルという感じで分量も多くありません。私個人の感想では中学受験にはチョッと足りないかなという感じがします。

中学受験には学校で習う基礎・基本を使って解く応用問題を、短い時間で解くことが求められるます。そういう指導を小学生に通信教育でするのは難しいかもしれません。(?)

過去問題を見ると、学校のレベルでは出てこないヒッカケ問題や、ひねり問題が多い...続きを読む

Q中学受験のための塾の衛星授業

小学校4年生の女の子です。来年から塾に行かせようかと思っています。ただ通塾時間にかかる負担を考えると、インターネットを利用できないかと思いました。大学受験予備校が行っているような衛星授業をしている(中学受験のための)ところがあるのでしょうか?

また、英会話のNOVAのように在宅で講師とやりとりができる通信塾のようなシステムはないのでしょうか?

ちなみに小学生相手の授業ということです。

以上のようなシステムがあれば教えてください。

Aベストアンサー

塾講師をしている者です。
予習シリーズでおなじみの四谷大塚の通信教育なんてどうでしょうか?
名前は、「通信くらぶ」といいます。ご検討下さい。これのいいところは、予習シリーズに連動しているという点で、合不合テストや学力判定、月例などのテストに沿ってカリが進む点です。つまり同学年の子と同一の試験を同一のカリを完了した前提の下受験するのです。あと、四谷では、オンライン学習をしています。web予習シリーズとかいうものです。正直な話、これらは通塾している地方塾の生徒などが、補習というか、少しレベルの違う問題に取り組むときにいいのかなと個人的にはおもいます。詳しくは四谷大塚のホームページでご確認下さい。能研やサピにも「知の翼」、「ピグマ」という名称の通信教育がありますが、お子様をあまり遠くまで通わせたくないという点を考慮すると、全国に多くの提携塾のある四谷のカリが最適だと思います。

Q中学受験(算数)の教え方についてアドバイス下さい

こんにちは。塾講師や家庭教師で生計をたてている者です。
私自身は中学受験の経験はなく、公立高校→国立大学→国立大学院の理系です。
ぼちぼち実績も出てきだしたところで、何件か中学受験の家庭教師を打診されています。
試しに地域No2~3あたりの中学校の算数の入試問題を見てみましたが、まるでパズルのようで、解法へ至る思考プロセスが定義しづらいなと感じました。

それでも中学受験のプロと呼ばれるような先生方は、どのような難問にでも確実に対処されているのだと思いますが、私が感じた内容は、単にこのような問題に慣れていないせいでしょうか?
中学受験を経験したことの無い教師が中学受験生を指導するには、どのようなトレーニングを積めばよいでしょうか?
中学受験向けの先生方は、「ひらめき」ではなくご自身の経験に支えられた「何らかの解法プロセス」をお持ちなのでしょうか?

Aベストアンサー

塾講師、家庭教師経験者です。
中学受験の家庭教師は確かに難しいですね。
公式を使えば簡単に答えは出るような問題でも、
公式を使わせずに、いかにその答えにたどり着いたかを見る問題もあります。
例えば1+1=2ではなく、どうして1足す1は2になるかを
生まれて10年かそこらの子供にわかるように説明しなければならないのですから。
早くから受験勉強を始め、できる子は、向こうも問題慣れしていますのでいいのですが、
ボーダーのお子さんは結構苦労します。
あなたのように優秀な方なら余計に戸惑うかもしれません。
中学受験の問題は、やはり慣れだと思います。
あとは絵や図を多用し、子供に問題を可視化させるような工夫も必要です。
新幹線ではなく各駅停車に乗ったつもりで教えてあげて下さい。

Q中学受験塾のテスト偏差値について

娘が先月から進学塾の新5年生クラスに入りました。
春季講習にも参加し、先日初めての定例テストを受けました。
初めてのテストだったので、親子で必死で勉強したにもかかわらず、偏差値は4教科とも50程度でした。
先生は「まだまだこれから伸びる可能性はありますよ。」とは、言ってくれましたが、はっきり言ってどうなんでしょう?
偏差値を10上げられる子はめずらしい・・とも聞きます。
娘の希望校は偏差値が65、親の志望校で58ぐらいです。
ちなみに塾はサピックス、日能研ではなく、でも大手に入ると思います。東京近郊に住んでます。

Aベストアンサー

横ですが・・・首都圏模試で偏差値55以上の学校を目指すのであれば、四谷の合不合のほうが可能性が正確に出ると思います。

とはいえ、まだ5年生。今は基礎を固める時期です。どの分野ができなかったのかしっかり復習して、次に生かしましょう。

正直、半年~1年が勝負だと思います。新しい知識を学んで吸収する時期が過ぎると、偏差値はさほど変わりません。周りも勉強しますし、勉強を始めた頃の「全てが新しい」という状態と違って、きつくなってきます。

今の状態からだと、普通に勉強しただけでは、58の学校は五分五分、65の学校は完全なチャレンジになると思います。子供のほうは「不合格になる可能性」なんて×をもらうまで分からないので、親が冷静に分析をして確実に取れる併願を組んであげてください。

Q中学受験を目指す子にはどのような指導をしたらいいですか?

こんにちは。

家庭教師のアルバイトで中学受験を目指す小学4年生の子を教えることになったのですが、正直、私自身も私の周りの者も中学受験というものを経験したことが無く、どのようなことを指導すればよいのか皆目見当もつきません。

小学4年生だからまずは基礎をとのことですが、中学受験の基礎が何かすらわかりません。本屋で中学受験に関する書籍を立ち読みしてみましたが、小学4年生ではまず、何から取り組めばよいのでしょうか?受験経験者、または指導経験者のかたがいらっしゃいましたら教えてください。ちなみに指導教科は算数と国語です。

Aベストアンサー

娘2人が中学受験をしました。今下の子がピッカピッカの中学1年生です。一口に中学受験といっても学校によってかなりレベルが違います。でも「4年生だからまずは基礎を」ということですから、超難関校ではなさそうですね。それでも受験に必要なのは絶対的な勉強量です。中学受験の塾に行っている子は半年くらい学年の勉強を先行しています。うちも6年の夏までに6年の範囲は終えて、後半は過去問をときまくっていました。問題も普通の教科書に載っているものとはだいぶ違います。うちは四谷大塚の問題集を使っていましたが、説明も載っていて、わかりやすかったです。その他の有名な中学受験塾でも、ネットなどで簡単に問題集を注文できると思います。何から取り組んだらいいかわからないようでしたら、そういう問題集を購入してもらい、やらせてみるのが早道ではないでしょうか。また、本屋さんでも「中学受験」とうたった問題集を売っていますが、それは四谷の問題集と、塾独自の教材とは別に、補助教材として使っていました。
あとは国語も算数の文章題も、文を読みこなす力が必要ですし、作文のある学校も多いので、文章力をつける指導をしてあげてください。

娘2人が中学受験をしました。今下の子がピッカピッカの中学1年生です。一口に中学受験といっても学校によってかなりレベルが違います。でも「4年生だからまずは基礎を」ということですから、超難関校ではなさそうですね。それでも受験に必要なのは絶対的な勉強量です。中学受験の塾に行っている子は半年くらい学年の勉強を先行しています。うちも6年の夏までに6年の範囲は終えて、後半は過去問をときまくっていました。問題も普通の教科書に載っているものとはだいぶ違います。うちは四谷大塚の問題集を使っていま...続きを読む

Q中学受験、通塾時間の重要度は?

小2の娘の塾選びに迷っています。

・難関校は狙っていません。
・両親とも中学受験の経験がありません。
・娘は睡眠時間が短いタイプなので寝不足等の心配は一切なし。
・マイホームを買ったため引っ越しは一切考えていません。

私としては実績抜群の伝統のある塾に通わせたいと思っています。
というのもやっぱり周囲の子供たちに影響を受けてくれそうなので。
また私自身も受験の経験がないから、出来る周囲の状況を見て気持ちも奮い立つかと思われます。
難関校は狙いませんが、それでも雰囲気は大切かなと。
子供は性格的に人数が少ないと甘えが出てしまいます。

しかしこの塾は通塾が大変です。
車で30分、道路状況によってはそれ以上。地方のため電車もバスも使えません。
また塾に駐車場がないため送り迎えの負担は大きいものになろうかと予想されます。
こちらの人たちはそれ以上に大変でもこの塾を選びます。
私も覚悟はしています。車なので乗っている間に食事も出来ますし、激しく困るというほどでもありません。

その他の塾については難関校の実績こそ上記の塾ほどでないものの、中堅学校の塾についてはそれなりに実績があります。
駐車場完備。車で15分程度で送り迎えが楽。時間的なゆとりが持てることは間違いありません。
しかし人数が少ないことが若干気にかかっております。

難関校を狙わないのであれば通塾くらい楽な方を選ぶべきでしょうか?
ネットで調べてみると通塾のしやすさも塾選びの条件に入っているようなので気になってしまいます。

どうかアドバイスよろしくお願いします。

小2の娘の塾選びに迷っています。

・難関校は狙っていません。
・両親とも中学受験の経験がありません。
・娘は睡眠時間が短いタイプなので寝不足等の心配は一切なし。
・マイホームを買ったため引っ越しは一切考えていません。

私としては実績抜群の伝統のある塾に通わせたいと思っています。
というのもやっぱり周囲の子供たちに影響を受けてくれそうなので。
また私自身も受験の経験がないから、出来る周囲の状況を見て気持ちも奮い立つかと思われます。
難関校は狙いませんが、それでも雰囲気は...続きを読む

Aベストアンサー

子供三人(女×2、男×1)を私立中高に通わせた
親父です。私自身も私立W中高等学校の出身です。
5歳で九々ができると、「スゴ~イ」となりますが、
小学校5年生ならできて当たり前ですよね。
私は子供を塾にも通わせましたが、家でも夜1時
くらいまでは付ききりで勉強を教えていました。
思うことは10歳からの勉強が大切ということです。
それ以前に何かを教えて、覚えはしますが、意味が
分かるようにならないと、忘れるのも早いのです。
それに、意味も分からず、暗記するだけでは勉強が
面白くないですからね。
塾としては営業上、早くからの入塾を薦めますが、
小学校4年になってからで十分な気がします。
2年生から入れておく意味としては「塾で勉強する
のは普通のことだ」という意識を植え付けるくらい
ですか・・・
それと、「難関校を狙わない」とありますが、受験
するのはお嬢さんですからねぇ。つまり、高学年に
なると、自意識が発達してくるので、見栄もあって、
それなりの学校を受けたがるようになるんです。
また、そうやって努力する姿勢が大切なのです。
そうなると、頑張っている娘に「適当な所でイイヨ」
とは言えないでしょう。
ということで、私でしたら入塾時期は4年生とし、
入れるなら「実績抜群の伝統のある塾」にします。

これには実は別の事情もあります。私立学校と塾は
持ちつ持たれつの関係があって、塾としては自分の
所から合格者を出したいので、「推薦」を行います。
私立校としても一発勝負の受験ではなく、平素の
学力が分かり、合格すれば必ず入学するという意思の
ウラも取れるので、この「推薦」はありがたいのです。
例えば、御三家を狙える子がスベリ止め受験すれば、
かなりの高得点で合格するでしょう。でも、面接で
上手いこと言っても、本命に合格すれば、スッポカす
に決まっています。学校だって、こういう子は取り
たくないですよね。よって、「塾推薦」というのは
バカにできません。これがどれくらい影響するかは
「実績抜群の伝統ある」つまり、「多くの私立学校と
長い間にわたる信頼関係を築いてきた」方が強いと
言うことになるわけです。
無論、新興塾でも辣腕塾長がこういったことに長けて
いて、短い時間で実績を上げるかも知れませんが、
かなりの「賭け」になるでしょうね。

子供三人(女×2、男×1)を私立中高に通わせた
親父です。私自身も私立W中高等学校の出身です。
5歳で九々ができると、「スゴ~イ」となりますが、
小学校5年生ならできて当たり前ですよね。
私は子供を塾にも通わせましたが、家でも夜1時
くらいまでは付ききりで勉強を教えていました。
思うことは10歳からの勉強が大切ということです。
それ以前に何かを教えて、覚えはしますが、意味が
分かるようにならないと、忘れるのも早いのです。
それに、意味も分からず、暗記するだけでは勉強が
面白くないですからね...続きを読む

Q中学受験について

最近は中学受験にむけて塾に通っているお子さんが多いと聞きます。

(1)塾のほうが良いのでしょうか?家庭教師は駄目ですか?

(2)中学受験はどのように志望校?目標校?をきめるのでしょうか?

(3)塾や家庭教師はなにを基準に決めますか?(例えば評判が良いとか・・・)

一人っ子の娘がいます。小学3年生です。まだ本人は中学受験に興味はまったくありません。来年から中学受験にむけて塾に行ったほうが・・・と聞きました。アドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

中学受験のお子さん指導経験のある元塾講師です。

 結論からいって
 (1)中学受験を自ら進んでやりたいと言うお子さんの場合
 (2)親が無理やりやらせる場合
 (3)なんとなく始めて受験する場合
 
 色々あります。興味がないお子さんでも一生懸命勉強する仲間を見て「受験勉強やりたい」というお子さんも勿論います。逆に勉強やだというお子さんもいますが、無理にさせることは私は反対です。
本人の意思がない場合、中学受験はほとんどが失敗し、仮にうまくいってもその後何らかの形(不登校など)で現れるからです。みんながやってるからという理由でやるのはおすすめしません。(お金もかかります)

 家の家計が大変でも「子供が一生懸命勉強している姿を見ると頑張ろうと思う」このようなスタンスなら家計が苦しくても乗り越えられますが、そうでないと無理です。(家計に余裕があっても無理です)

 ここからは受験する前提で書きます。
(1)塾・家庭教師に関してですが両方に長所があります。
 お子さんが競争意識が強いなら塾、一人でこつこつやるタイプなら家庭教師がおすすめです。
 塾というのは生徒全体の底上げやトップの子の合格を重要視します。そのため多少気の弱いお子さんな どはケアができない場合があります。ただ講師の立場で言うと「塾の友達」はお子さんが初めて持つ「ライバルであり戦友」という学校の友達とは違うものがあり私は好きです。この塾の友達は結構うるさいのが多いのでそれが肌に合うかどうかです。また塾によってもお子さんは結構違うのでご自身で見学に行かれるといいです。 
 家庭教師は生徒に最適なペースで授業をします。ただ料金が塾より高いのが普通です。また初めてのお子さんの場合、お母さんが不安になる場合もあるようです。塾にいると父母会などが多くそうしたものが家庭教師の場合すくなかったりない場合があります。

(2)志望校の決め方
  …わかりやすく例をあげると家を買うのと同じです。
  家の予算=受験ではお子さんの偏差値・学費
  敷地面積=通学圏内
  レイアウト=校風

 決め方に決まりはありません。同じ偏差値でも大学受験特化校か大学付属校かで全然違います。
「お子さんがどうなりたいか・お子さんにどうなってもらいたいか」でご判断下さい。
 (早稲田と慶應を両方受験されるお子さんがいますが医者志望であれば早稲田でなく巣鴨等のほうをおすすめしています)

(3)われわれは決まられる立場ですが親御さんから聞くのは
 「成績が伸びそう」
 「子供が気に入った」等が多いようです。
 ただお子さんや親御さんの考えに沿わないようであればお断りする場合もあります。これは高飛車な考えでなく両方(塾もご家庭も)が不幸にならないためです。
お子さんがたのしく通える塾か学べる家庭教師をお探しください。
ご参考までに。

中学受験のお子さん指導経験のある元塾講師です。

 結論からいって
 (1)中学受験を自ら進んでやりたいと言うお子さんの場合
 (2)親が無理やりやらせる場合
 (3)なんとなく始めて受験する場合
 
 色々あります。興味がないお子さんでも一生懸命勉強する仲間を見て「受験勉強やりたい」というお子さんも勿論います。逆に勉強やだというお子さんもいますが、無理にさせることは私は反対です。
本人の意思がない場合、中学受験はほとんどが失敗し、仮にうまくいってもその後何らかの形(不登校など)で現れるか...続きを読む

Q中学受験のためにいつから塾へ行きますか?

娘が春に小学3年生になります。
本人がどうみても私立タイプなので、中学受験を考えています。そこで受験テクニックを学ばせるために塾へ行かせようと思っているのですが、始める時期について迷っています。入塾テストの通りやすさから早めに入れる方も多いそうですし、4年から、というご家庭もあります。6年生から始めて受かった親戚もいます。
遅めの方が友達遊びなども楽しませてやれてよいのですが、早く入ったお子さんの方が合格率が高い、などといったことはあるのでしょうか。
そして、みなさんはお子さんをいつごろから塾へ行かせましたか?お聞かせいただければ幸いです。
ただ、私はいわゆる教育ママには徹しきれないタイプなので、思い立っては熱心にやり、のど元を過ぎるとほったらかし、というムラのある態度に子供を振り回しているふしがあります。そもそも母親の私がついていけるかという心配もあったりして・・・

Aベストアンサー

こんにちは。
 一般的には4年生からか5年生からかのどちらかです。
 どちらが良いかといえばこれもケースバイケースですが、ある程度の高さの到達点に向かい、ゆるやかな坂道を登るか、急な坂道を登るかの違いです。お子様が理解力にすぐれ、スピードもある子なら、5年生からでも良いでしょう。逆にペースがゆっくりな子は4年生からの方が良いと思います。ただ、4年生からでもバリバリにやる塾もあるので、そういうところに入ってしまうと、親子共々どうやってノルマをこなしていいか困り果ててしまう場合もあります。
 ですから、塾選びにも気をつけなければいけません。お母様やお父様が、どういう受験をさせたいのか、どれくらいの学校に進学させたいのかによっても、努力の量や、入塾の時期、塾の選び方も変わってきます。まずは中学受験に対するご両親のビジョンをはっきりとさせましょう。
 今はまだ2年生ということですから、受験塾に入れる必要はないと思います。それより、机に向かう習慣や、「やらなければいけないことを必ずやる」という習慣、読書、計算などの基本的なことをご家庭でしっかりと身に付けさせましょう。
 ちなみに塾の新年度は2月ですから、それには遅れないよう、みんなと同じスタートをきらせてあげてください。

こんにちは。
 一般的には4年生からか5年生からかのどちらかです。
 どちらが良いかといえばこれもケースバイケースですが、ある程度の高さの到達点に向かい、ゆるやかな坂道を登るか、急な坂道を登るかの違いです。お子様が理解力にすぐれ、スピードもある子なら、5年生からでも良いでしょう。逆にペースがゆっくりな子は4年生からの方が良いと思います。ただ、4年生からでもバリバリにやる塾もあるので、そういうところに入ってしまうと、親子共々どうやってノルマをこなしていいか困り果ててしまう場...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報