アーク溶接の、液体スパッタ付着防止剤を使っていますが、道楽で使うには、結構高くて消費が気になります。
そこで、例えば「○○を溶かして使うと、それに近い効果がある」等、"伊藤家の食卓"ふうのアイデアをご存知でしたら、お教え願います。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

以前、工業用溶剤の営業をしておりまして、当時、スパッタ防止剤として販売していたのはアルカリ洗剤でした。

食器洗い洗剤(ごく普通の)を水で希釈し、溶接前にスプレーしてみてください。

この回答への補足

ご教示をありがとうございました。拝見してはいたのですが、ようやく噴霧器を買ってきて、昨夕、試しをしてみました。
結果は、おっしゃるように効果がありましたが、ちょっと弱いような感じです。
洗剤の希釈の度合いは濃いほうが良いのでしょうか。
また、一旦溶接して、鉄が高温になってしまうと、追加で噴霧しても蒸発してしまい、防止効果はないようです。
専門の液の場合は、少し効果があったような気がしますが、勘違いでしょうか。
今後は、教えて頂いたこの方法でやってみるつもりですが、上記のことについて、お手数をお掛けして申し訳ありませんが、再度お教え願います。

補足日時:2007/02/18 06:32
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q溶接の資格 N-1P N-2P N-3P

先輩の教えで溶接の資格を取りなさいと言われました。
先輩は日本溶接協会で行っている被覆アーク溶接のN-2Pを持っています。これってかなり難しいのですか?
また、これには色々と種類があり、N-1P N-2P N-3Pと似たものがありますが違いは何ですか?
資格を持っている先輩もあまり詳しいことはわからないそうです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確ではないかも知れませんが、Nは被覆アーク溶接で開先形状がV型、裏当金なし、1~3は薄板、中板、厚板、Pは管の突合せ溶接のようです。
Pの取得前にN-*Fの基本級を取得しなければ、N-*Pは取得できないと思います
(同時受験はできますが、基本級が不合格だと、Pが合格レベルでも資格はもらえません)
私も他の姿勢、継ぎ手ですが、資格取得のため勉強中です。

参考URL:http://www.jwes.or.jp/jp/shi_ki/welder/welder02.html#handoperate

Q被膜アーク溶接機の操作について。

被膜アーク溶接機の操作について。

今回実習の直前課題で「アーク溶接機の主電源投入から溶接開始の手順を約20つ以内にまとめなさい。」と「アーク溶接機の溶接作業終了から電源を切るまでの手順を約20つ以内にまとめなさい」という課題が出ました。

何処の参考書やネットを探してもを見てもせいぜい書いてあるのは5つくらい。
なので、細かい作業も必要なのかな?と思っています。

そこらへんの作業もを含めて初めて扱うアーク溶接機の操作方法等、ご教授お願いします。
別に手順の数は問わないくていいです。

*20つの手順はさすがに無茶と思うので、解答者様のできるだけ多くの手順を書いていただければ幸いです。

Aベストアンサー

出題の内容が電源投入に限定的なものか、あるいはそれ以前の広汎的なものを含むのか良くわかりません。
日本語の解釈ですが20以内は5つでもOKです。
(20項目程度ならまだしも、だらだらと多く書くなとも受取れます。)

さて、本題ですが広汎となれば
作業者自身の服装・用具など防災上の対応*、溶接されるべき条件に合わせての溶接棒の選択や溶接姿勢の検討もあり。
また、スラグの回収に関しての何らかの方策とかも。
*作業環境を整え、火の粉の飛散防止事前設置と消火器も頭に入れておくべきだとか、高所にあっては足場や物品の落下防止対策なども入るのではないでしょうか。

電源投入での具体項目では、
溶接機自体の定期点検はもちろん、1次側漏電ブレーカー作動確認、配線の異状有無チェック
・電撃防止装置の作動確認・アース線の取付状況と太さの選定はいうに及ばないでしょう。

事後は、開閉器の遮断から収納、余熱による火災発生の防止措置は十分かなどもあるのではないでしょうか。

Q金物補修の溶接の資格について教えてください。

鋼製の煙突の溶接線にひび割れが発生したためそこにあて板を溶接して補強することになりました。
この時の溶接の資格はどの程度の資格が必要でしょうか?

Aベストアンサー

一般的な溶接ならばガス溶接または、アーク溶接ですが
それぞれ講習のようなものを受けてから試験があり合格の結果、資格を与えられます
ほとんどの人は合格します

ただボイラーに付属する煙突を溶接するには特別な資格が必要かも知れません
煙突がボイラーに付属するものでしょうか?
ボイラー整備士、ボイラー等を溶接するために必要な資格があったと思います

溶接では、今でも時々事故が起こりますので気をつけてください

Qアーク溶接機を購入したい

アーク溶接機を購入したいのですが、9800円程度で売っている溶接機はどの程度使えるのでしょうか

最大で直径20ミリ程度の鉄骨や、T字や突合せを溶接したいです。

アーク溶接についてあまり詳しくないのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

スズキットのものを私は購入しました。それ以外のメーカーでもこの値段では同じだと思います。能力的に言って3mmの鋼材がやっとです。
Lアングルの1.6mmが妥当でした。もちろん100Vでの使用です。アーク棒は2.5mmまで使えますと書いてありますが、綺麗にいきませんでした。(腕が悪いのかも知れませんが)結局1.6mmの低圧用を使用してますが、出来ればもう少しパワーのあるものか、インバータ溶接機をお勧めします。とにかくパワーーが無いと綺麗に溶接できません。私もインバータを購入するか今検討中です。安物買いの銭失いになってしまいますよ。

Q溶接の仕事と資格について

溶接の仕事と資格について

溶接の紹介派遣に応募しようと思います。未経験で31歳です。かなり厳しいと思いますが、受けるだけ受けてみます。資格はアーク溶接なのですが、それ以外で必要とされる資格はありますでしょうか?あれは取っておこうかと思うのですが・・・。

Aベストアンサー

特別教育をしっかり聞いてれば知識は充分でしょう。技能は経験で身に付くものなので後から付いてきます。(これは皆同じ)仕方ないことだと思います。
 募集をパスすれば後は実地で覚えるしかないし、事業主もその方に仕事してもらわなければなりません。慣れもありますが、緊張していては何も覚えられません。

 ちなみに半自動とは、溶接棒の代わりに、トーチ先からコイルを送り(トーチのスイッチを押すと出る)コイルを母材に当てアークを発生させ溶接します。コイルの先端の長さを一定になるように(ジジジジジジジジジジジジジって音がする)当てて送ります。(パチッパッチッ!はNGてかすぱったの嵐)
 何で肩、腕等緊張してると駄目です。

 後、私は紫外線対策で日焼け止め使ってます。アネッサSPF50・PA+++(これは直接関係ないですが)
 自分の顔が赤猿になってまうのを防ぐ為です。

 さてさて頑張ってとしか言えませんが、必要以上に考えない事。内容以上に緊張にのまれない事です。新入社員が半日くらいで覚えるものですから・・・。


 

Q家庭用100V電源でどこまでのアーク溶接が可能でしょうか?

 家で自分でアーク溶接をして色んな物を作りたいと考えておりますが、ホームセンター等で1万円前後で溶接機が売られています。
 私は工業高校卒でアーク溶接は昔、少ししたことがあります。家庭で4mm厚み位の鉄板を溶接したいのですが、よく、すぐ電源、ブレーカーが落ちる、ショートすると聞きます。また溶接機には使用率○%とか記載されています。電源電圧、電流等はよく分からないので、家でアーク溶接する場合、注意しなければならないことは何でしょうか?
 無論、安全、保護具等は分かっています。溶接する上での機器の取り扱い、また100V機で出来る範囲、こうなると電源の容量不足、使用率の意味、溶接棒の選択、継続作業時間等、詳しい方、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

100Vの溶接機で4ミリの鉄板を溶接しようとしたら溶接棒は2.6ミリの太さが欲しいでしょうね。
2.0ミリでもできない訳ではないでしょうが電流の方も100Vのものでは使用できないと思います。
2,0ミリの棒で60アンペア位  2.6ミリの棒85アンペア位必要だと思ってください。(細かい設定が必要だと思いますので多少の上下はします)
僕たちが仕事でするときは3,2ミリの棒で130アンペアくらいが一番綺麗に溶接ができます。
100Vでの使用できる範囲とありますが 使用できる溶接電流次第です。(大きくなると使用電流も大きくなるので、ご自宅の契約アンペアを確認してください)まあ一般的に薄板2,0ミリくらいの鉄板の溶接が表面がくっついている状態だと思います。
使用率の意味は連続使用しての溶接できる時間です。
もし 10%でしたら 1時間の間の連続使用は6分間しか使用できないという意味です。 後の54分は本体の冷却時間になってしまいます。
溶接機に自己保持機能(基盤の破損防止)がついているものは、アークも飛びません。使用率というものはこういう意味があります。
溶接棒は先ほどにも述べましたように 大体の太さと電流が決まっているので下記にサイトが参考になればと思っています。
溶接屋からいわせていただくと4ミリの鉄板は溶接ができないと思います(くっつくことはできると思いますが溶けていないと思います)

参考URL:http://www.nichido-ind.co.jp/frame-list2.htm

100Vの溶接機で4ミリの鉄板を溶接しようとしたら溶接棒は2.6ミリの太さが欲しいでしょうね。
2.0ミリでもできない訳ではないでしょうが電流の方も100Vのものでは使用できないと思います。
2,0ミリの棒で60アンペア位  2.6ミリの棒85アンペア位必要だと思ってください。(細かい設定が必要だと思いますので多少の上下はします)
僕たちが仕事でするときは3,2ミリの棒で130アンペアくらいが一番綺麗に溶接ができます。
100Vでの使用できる範囲とありますが 使用できる溶接電流次第です。(大きくなると使用電...続きを読む

Q溶接資格 (アーク・半自動)は どのような場合必要になるのでしょうか

現在 工場勤務で工業製品を組み立てをしております
対象物が鉄製品部品に ウェイトを半自動溶接で溶接作業
および 手溶接(たぶん アーク溶接)で部品が動かないように
部分的に回り止め溶接の作業を 作業しております
この作業を始めてから2年ほど経過しております
もともと 工場作業はしていなかったので 資格等は
ありません

先日 工場見学のお客様から 資格についての質問があり
なにも 答えられませんでした

会社に取得の意思を伝えるにも はっきりした理由を言わないと
対処していただけません

資格 または特別講習についての必要性は どのようなものでしょうか

また 取得は 困難な資格になるのでしょうか

Aベストアンサー

資格の必要性を感じたケースは私の場合
(1)官庁関係の仕事で免許のコピーの添付をしなければならなかった。
(2)出張工事で溶接をする際に免許の提出を客先から求められた。
(3)転職時に有利だった。
(4)OSMeさん同様工場見学にきたお客さんに同様の質問があったとき。
以上4点です。
会社側に従業員に資格取得をさせる意思がない場合には個人的に資格を取得するということになると思いますが、
溶接免許を取る前に「アーク溶接特別教育」(約2万円)を受講した後に受験(約5千円~1万円)することになります。
私の場合は日本溶接協会で取得しましたが、試験科目は板厚や溶接方法で多岐に分れています。
質問を拝見しているとタック溶接ばかりされているのでしょうか?
私の会社では事前に試験と同条件のテストピースで練習しているので、約7割の合格率(半自動溶接、基本級)です。
試験を受けるつもりがあるならベテランの指導のもと練習が必要だと思いますよ。

Q被覆アーク溶接とセルフシールドアーク溶接の違いは?

被覆アーク溶接とセルフシールドアーク溶接の違いって何ですか?両方ともフラックスを気化させて、シールドガスを作っているようですが。

Aベストアンサー

アーク溶接では溶接品質の確保のため大気中の窒素や酸素などが溶接部に浸入するのを防がなければなりません。
大雑把に言うと、「セルフシールド」は語義からいうと溶接材料(棒・ワイヤー)から自己的にガスを発生させ、溶接部の周囲を溶接に適した雰囲気で覆う、ということです。
言葉の意味だけでは両者とも同じことを指しているように見えますが、実際は違います。

「セルフシールドアーク溶接」は普通、フラックス入りワイヤーを用い、炭酸ガスのようなシールドガスを使用しない溶接を言います。いわゆる「ノンガス」ですね。
産業用途ではシールドガスを使った溶接にフラックス入りワイヤーを使うことも多いですが、これはシールドガスを使うフラックス入りワイヤーで別のものです。

「被覆アーク溶接」は被覆のついた溶接棒を用いる溶接法で俗に「手棒」とか「手溶接」と呼ばれるものです。

Q溶接、工業関係の資格について

去年から
派遣社員として
車の製造工場に勤務させて頂いております。

勤務先で半自動溶接に興味を持ち
派遣元企業から
直接雇用はあまりないとの事なので
溶接関係の資格を取得し
就活していきたいと考えています。

ガス溶接
アーク溶接
は講習で取得できるみたいですが

違いや、需要
どんな仕事内容かなどはわかりません。建設関係でしょうか?

そして、
他にも
工場で活躍できる、フォークや危険物、ボイラーなどの、資格も
先々の為に取得しようと、計画中です。

何かアドバイスが
あれば宜しくお願いします。

Aベストアンサー

極論ですが 技能講習で取得できる資格は 誰でも取れる 現場で事故が有った場合の

雇用側の逃げ道程度の資格です、

なので 溶接で身を立てるのであればJIS準拠の溶接技能者資格 程度は最低必要でしょう。

アークはもとより やはりメインはTIG溶接です SUSやアルミなどの 難接材の溶接

製管業でも花形職です。

実際の現場 原発や大手プラントメーカーでは 溶接後にレントゲン撮影を行い チェックを行うので

これ等の試験にパス出来るレベルであれば かなりの収入も見込めます、

建設業界での溶接工は 鉄骨関連の いわいる 鉄骨鳶の類となり正直 厳しいです。

Q【法律・溶接】東京の富裕層が住む世田谷成城にハンドメイド工作というDIYの店があって「溶接を体験しよ

【法律・溶接】東京の富裕層が住む世田谷成城にハンドメイド工作というDIYの店があって「溶接を体験しよう!」という看板を出してますが溶接って資格なしで使って良いものなのでしょうか?

法律違反してませんか?

Aベストアンサー

>法律違反してませんか?
していません。

溶接の国家資格としてはガス溶接、アーク溶接、ボイラ溶接がありますがいずれも労働安全衛生法に基づく免許ですので事業者としてさせてはいけない、雇用者として出来ないだけであって仕事でなければ溶接そのものの規制はありません。


人気Q&Aランキング