出産前後の痔にはご注意!

一眼レフで望遠レンズを見ていたら気になるところがありました。
70-300mmで、マクロ機能が付いてると書いてあるレンズと、何も書いていないレンズがありました。同じくらいの値段のものなのですが、レンズについているマクロ機能というのはなんでしょうか?Macroと書いていないレンズは書いてあるレンズと比べると近くを撮ることに差があるのでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 コンパクトデジカメでは「マクロ機能」とは「接写能力」すなわち何cmまで近接撮影ができるか、というレベルを意味しますが、一眼レフのレンズでは「撮影倍率」を意味します。



 つまり、実体が1cmのモノをフィルムまたは撮影素子(CCD等)の上に1cmの大きさで像を結ぶことを「等倍撮影」と言います。レンズのマクロ機能は、その撮影倍率で表示します。

 で、キヤノンやニコンなどのカメラ純正メーカーは、一般的に1:1の等倍撮影ができるレンズしか「マクロレンズ」とは言いません。
 キヤノンは、ハーフマクロという1:2(1cmのモノがセンサー上に0.5cmの像を結ぶ)のレンズも「マクロ」表記をしていますが。0.5倍とも言います。

 それに対し、シグマやタムロンなどのレンズメーカーでは、1:3程度の撮影倍率でも「マクロレンズ」と表記しています。
 今ちょっと調べてみましたら、両社とも1:4以上のレンズには「マクロ」と表記しています。

 ということで、一眼レフのレンズの場合、「マクロ機能」は「近接撮影能力」を直接は意味しません。撮影倍率すなわち「どれだけ大きく写せるか」がマクロ機能の指標です。

 例えばタムロンの28-75mmF2.8 XR Diと70-300mm F4-5.6は、共に最大撮影倍率1:3.9の「マクロレンズ」ですが、最短撮影距離は前者が33cm、後者が1.5mです。1.5m以上寄れないレンズでも「マクロレンズ」であるわけです。
    • good
    • 1

まず、マクロ(被写体を大きく写す)性能は「撮影倍率」という数値で比較できます。


いわゆるマクロレンズは等倍(1:1)となっている物がほとんどです。これは、例えば1センチの定規をフィルム上に1センチのサイズで記録できるレンズです。たいしたことはなさそうですが、普通はフィルムより大きなサイズにプリントしますので結果的に1センチの定規が数倍に拡大された画像を目にすることになります。
これに対して、各メーカーの基準で一定以上の倍率で撮影できるレンズに「MACRO」と銘打っている場合もあります。その場合はマクロレンズほどは拡大できません(1:2~1:3程度)。

もう一つ重要な数値に「ワーキングディスタンス」が有ります。
これは、フィルムからピントの合う位置までの距離で、これが大きいほど離れた位置から撮影できるため、動物や昆虫、撮影者の影を嫌う被写体に向いています。ただ、100mmなど焦点距離の大きなレンズほどピント合わせがシビアになり、被写界深度も浅いので、その点では50mm程度のレンズのほうが扱いやすくなります。
ついでに、コンデジのようにマクロが何センチかで、画像の大きさが変るわけではありませんので、誤解の無いように…。

また、一部のレンズでは通常撮影とマクロ撮影をスイッチで切替えるものもあります。

(上記のフィルムは、デジタルの場合撮像素子と読み替えてください。)
    • good
    • 1

マクロという名前は、最大撮影倍率が比較的大きい物に付いています。


最大撮影倍率は、35mmフィルム面にどれだけ大きく撮影できるかという数値の事です。
1cmの被写体を35mmフィルムに1cmで撮影できれば1:1。
半分なら1:2ということになります。

70-300mm位のレンズにおまけ機能としてマクロがついているものは、スイッチで切り替えて撮影するタイプが多いです。スイッチで切り替えた時だけ、比較的近いところにフォーカスが合うようになります。
マクロ機能が使用したくて望遠レンズを買う事はお勧めしませんが、ついでにある機能なので、望遠レンズとマクロレンズ両方買う予算が無ければ、マクロ機能があってもいいのでは?

望遠での撮影をしていて、急にマクロに切り替えて撮影するなんて事はあまり無いと思いますので、必須な機能では無いと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単焦点マクロレンズとマクロ機能付きズームレンズどちらが?

ニコンD70を持っている初心者です。
レンズキットで購入した
18-70mmのズームレンズを普段使用していますが
接写にも興味があり、レンズ購入を考えています。

お恥ずかしながらものぐさで
出来れば一本でいろいろ使えるものを希望しています。
子供の写真を撮ることが多く
その合間?に花や虫なども撮れると嬉しいので
マクロ機能付きのズームレンズの方が良いのかな?
と思ってみたり
マクロに挑戦ならやはり単焦点のレンズの方が良いのか?
と迷っています。

素人なので、どんなアドバイスでも助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ズバリ!マクロ専用単焦点レンズをお勧めいたします!
お子様の写真を撮影されるとのことですが、
人物撮影に最適なレンズを、俗にポートレートレンズ
と呼びます。
 一般的に、85mm~135mm程度のレンズとなります。
なぜ、ポートレートに適しているか?
 
 まず第1に、人物を浮き上がらせる適度なボケが得られる。(ズームレンズのボケは2線ボケといってボケのラインが二重になる)
 
 第2に、ズームと比較してレンズが明るいのでシャッタースピードが速くキレるので動く人物のブレを防げる。(ニコンのマイクロ105mm・タムロンのマクロ90mmなどはともにF値2.8です。)
 
 第3に、AFになる以前は、マクロレンズで遠方を写そうとすると、元々接写専用に設計されているため、ピントリングを少しまわすだけでピントが大きくずれてしまい、調節がとてもシビアでした。しかし現在はAFになっているので、まったく問題はありません。

このように、人物を撮影するのにもってこいのレンズなのです。(ただしAFに限ります。)
その上、あなたが興味を持っておられる接写専用レンズなのですからこの上ありません。
 
 純正レンズは、値引きが少ないので割高になります。
対して、レンズメーカーの商品は値引率が高いので、
お買い得です。
比較検討されてはいかがでしょうか?
”タムロン・トキナー・シグマ”など・・・。

 ズバリ!マクロ専用単焦点レンズをお勧めいたします!
お子様の写真を撮影されるとのことですが、
人物撮影に最適なレンズを、俗にポートレートレンズ
と呼びます。
 一般的に、85mm~135mm程度のレンズとなります。
なぜ、ポートレートに適しているか?
 
 まず第1に、人物を浮き上がらせる適度なボケが得られる。(ズームレンズのボケは2線ボケといってボケのラインが二重になる)
 
 第2に、ズームと比較してレンズが明るいのでシャッタースピードが速くキレるので動く人物のブレを防...続きを読む

Qマクロレンズとズームレンズの違いは!?

マクロレンズとズームレンズの違いは!?

ニコンのD60のダブルズームキット(「AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR」と「AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G」)を持っていますが、それを利用して花や昆虫類をズームして撮影しています。
しかし、実際は花や昆虫類の撮影を得意とするマクロレンズが数多く出回っています。例えば、「AF-S DX Micro NIKKOR 85mm F3.5G ED VR」とかのレンズがありますが、この違いがよく分かりません。
手持ちの標準レンズやズームレンズでも花や昆虫類の撮影は可能だが、マクロレンズは何のために使うものでしょうか。また、この違いは何でしょうか。

ちなみに広角レンズ、単焦点レンズ、望遠レンズ、魚眼レンズの仕組みは大体理解できますが、マクロレンズだけは理解できません。どのサイトを調べても、よく分かりません…。

Aベストアンサー

タムロンのSP AF70-200mmF2.8 Di LD[IF]Macroは簡易マクロ機能搭載という意味で通常のズームレンズよりも最短撮影距離が短いだけ。厳密にはマクロレンズではありません。最大撮影倍率は1:3.1となっています。
そういうレンズを「望遠マクロ」と呼んだりもします。
※Micro NIKKOR 85mm F3.5G ED VRは最短撮影距離0.286m、最大撮影倍率1:1。

最大撮影倍率というのは、最短撮影距離で撮影した場合にフィルム面やイメージセンサー面にて結像した映像が実際のモノに対してどの程度の大きさで写し出されるかという数字です。
1:1というのは等倍で、1:3は3分の1の大きさで写ります。

コンパクトタイプのデジカメで「1センチマクロ」と書かれている機種がありますが、この場合はレンズ先端から1センチの距離でピントを合わせられるという意味で、ワーキングディスタンスと呼ばれます。
一眼レフ用の交換レンズでの最短撮影距離というのはフィルム/イメージセンサー面からの距離となるので、レンズ先端から見ればもっと近いことになります。
カメラボディに「φ」に似ているマークがあると思いますが、そのマークの棒がセンサーのある位置になります。

光学レンズというのは色の成分によって屈折率が異なっているというのはご存じですか?
この性質のため一枚のレンズでは色が滲んでしまいます。被写体が近いほど色滲みは大きくなってしまいます。その為に凸レンズ/凹レンズや非球面レンズを組み合わせたりEDレンズを使用している訳です。「AF-S DX Micro NIKKOR 85mm F3.5G ED VR」の「ED」と言うのがその意味ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ED%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA

マクロレンズは接近して使用することが主目的のため、最短撮影距離付近で色滲みを最大限なくすように設計されているレンズです。

実際、昔のニコンのマクロレンズではこの設計のために遠景でピントを合わせることができなかったらしいです。キヤノンがEF100mmF2.8 MACROを出したばかりの頃はニコンを使っている人から「キヤノンはマクロレンズで遠くの風景にピントが合うのか」と驚かれたことがあります。

今はレンズ設計にコンピューターを使用してコンピューター上でシュミレーションができるため最短距離でも無限遠でも安定した画質を得られるレンズが短時間で作ることができます。18-200mmという高倍率ズームもコンピューター設計のおかげと言っても良いでしょう。

花のマクロ撮影では問題に思うことはないでしょうが、昆虫の場合近づきすぎると逃げられることがあります。
逃げられやすい昆虫を大きく写したい場合は等倍撮影が可能でワーキングディスタンスの長いレンズが便利です。そうすると85mmマクロでは最短撮影距離が短すぎるので蝶々などは慎重に近寄らないと逃げられてしまいます。180mmマクロレンズだともっと離れても等倍撮影が可能です。とは言ってもワーキングディスタンスで30センチほどですね。
それでも85mmマクロよりは長いでしょう。
と言うことで、SP AF70-200mm MACROのような簡易マクロレンズが重宝するケースもあります。が、あくまでも簡易マクロでありズームレンズなので近接撮影での画質は単焦点のマクロレンズと比べるとどうしても劣ってしまいます。

タムロンのSP AF70-200mmF2.8 Di LD[IF]Macroは簡易マクロ機能搭載という意味で通常のズームレンズよりも最短撮影距離が短いだけ。厳密にはマクロレンズではありません。最大撮影倍率は1:3.1となっています。
そういうレンズを「望遠マクロ」と呼んだりもします。
※Micro NIKKOR 85mm F3.5G ED VRは最短撮影距離0.286m、最大撮影倍率1:1。

最大撮影倍率というのは、最短撮影距離で撮影した場合にフィルム面やイメージセンサー面にて結像した映像が実際のモノに対してどの程度の大きさで写し出されるかと...続きを読む

Qキヤノンレンズの手振れ防止機能IS(イメージスタビライザー)

キヤノンのISレンズについている手振れ防止機能(イメージスタビライザー)を使って撮影すると驚くほど鮮明に写真がとれるのですが、この機能の仕組みを簡単に教えていただけますでしょうか。当然わたしは常にIS機能をONにしています。ただ意図的は流し撮りやブレ効果を狙った表現以外でOFFの状態で得られるメリットはあるのでしょうか。三脚などを使用する場合はOFFで撮った方がよいのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

IS手ブレ補正機構の具体的な仕組みはキヤノンのサイトで見た方が良いかもしれません。
キヤノンの手ブレ補正技術のところを是非みてください。
# http://cweb.canon.jp/ef/is-special/index.html

さて、手ブレ補正OFFのメリットですが、意図したブレ効果を得たいときや、バッテリー
消費を抑えたい時に有効です。低温下や長時間レリーズ半押しで待機するようなシチュ
エーションでは、意外にバッテリー消費がバカにならないようです。
まぁ、本当は予備のバッテリーを用意しておく方が賢明なのでしょうか…

また、モード2は大きな動きを検出した方向の手ブレ補正をOFFにするものです。
基本的に縦方向でも横方向でも機能するのですが、あまり縦方向の流し撮りはないかも
しれませんね。

初期や一部の最新ISレンズを除き、基本的に三脚使用時にはISは自動でOFFになる仕様です。
中には三脚使用時にも手ブレ補正効果があることを謳っているレンズも存在します。

三脚使用時に自動的にISがOFFになるとは言っても、ブレを意図的に補正しないだけで、
電磁的に補正ユニットを保持しています。つまり、電力を消費している点にご注意下さい。
明示的にOFFにした場合は物理的にロックがかかり、ISで電力を消費しません。

夜景や天体撮影など、長時間露光をする場合は明示的にOFFにしておく方が良いでしょう。

IS手ブレ補正機構の具体的な仕組みはキヤノンのサイトで見た方が良いかもしれません。
キヤノンの手ブレ補正技術のところを是非みてください。
# http://cweb.canon.jp/ef/is-special/index.html

さて、手ブレ補正OFFのメリットですが、意図したブレ効果を得たいときや、バッテリー
消費を抑えたい時に有効です。低温下や長時間レリーズ半押しで待機するようなシチュ
エーションでは、意外にバッテリー消費がバカにならないようです。
まぁ、本当は予備のバッテリーを用意しておく方が賢明なのでしょうか…...続きを読む


人気Q&Aランキング