共生という考えについてなんですけど、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 「共生」という言葉自体は、もともと生物学の用語です。

ヤドカリとイソギンチャクとか、サンゴとサンゴ虫などのように、お互いに利益を与え合っている形の共生を「相利共生」、一方が他方から栄養を吸い取るだけのような形の共生を「片利共生」と言います。「寄生」という言葉は、後者のような共生関係を指して言う言葉です。
 で、この言葉が人文科学の分野に持ち込まれて、色々な著述家・論者が用いるようになってきているわけです。
 「共生という思想とは?」とのお尋ねですが、「共生」というのは、この場合「このことについて考える」という、いわば「テーマ」であって、それ自体がある決まった内容の、まとまった思想ということではありません。「共生というキーワードで、さまざまな論述がなされている」ということで、その内容については個々の著述家・論者を当たるしかありません。
 本当に「いろいろ」だと思いますよ。「共生」=「共に生きる」というからには、「何かと何かが共に生きる」わけで、その「何か」に何を代入するかで「いろいろ」になってきます。
 いちばん目立つのは「自然と人間の共生」でしょうか。他にも「男女共同参画社会における男女の共生」とか「ハンディキャップを負った人たちとの共生」とか「高齢者と若い世代の共生」とか…とにかく「いろいろ」です。…そうそう、医学博士の藤田紘一郎という方は、「過度の潔癖志向が人間の抵抗力を失わせている」と主張して、ご自分の腹の中でサナダムシを飼育されています。愛情を込めて「清美ちゃん」とか、名前までつけておいでです。これも立派な「共生の思想」だと思います。

 流行り言葉にはありがちなことですけれども、「聞こえはいいけど中身はアイマイ」という言葉の一つだと思いますね。何年か前に、つぶれそうなある私立大学が「共生学部」というのを新設したんですが、やっぱこれ、「客寄せ」でしょう。中で何やってるか知りません。たぶん、「いろいろ」やってるんでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり生物学からの用語だったんですね!沢山書いていただいてありとうゴザイマス。医学博士の話など世の中には色々な思想を持った人が沢山いるのですね。

お礼日時:2001/01/14 21:48

一方的に寄生するんじゃなしに、相互に恩恵を与え合うような、別種の生物同士の共同体のことですね。

物理的にくっついてることが条件でしょう。地衣類、草食動物と腸内細菌など。
まあ、共生なのか寄生なのか、判別には主観が入るんじゃないでしょうか。お互いに無しではやっていけない、という密接なものから、まあ悪くないんじゃない?程度の軽いのまで。また恩恵のgive and takeがどう見てもフェアでない、てのもありそうですし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助け舟を出していただきありがとうございます。これも一種の共生なのでしょうかね!

お礼日時:2001/01/14 21:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平面測量と平板測量

フランス語の通訳・翻訳をしている者ですが、現在翻訳中の原稿(英語)で平面測量(英:level surveyまたはplan survey)と平板測量(英語:plane table survey)が出てきます。これはそれぞれ対応するフランス語があるので問題はないはずでしたが、その後この原稿を翻訳していくと、この原稿の執筆者はlevel surveyまたはplan surveyとplane table surveyを同等に扱っているようです。

私の理解では、平面測量は「平面的な位置を測定する測量で、水準測量と対比される」ものであり、対して平板測量は「平らな板の上でアリダードを動かし地形測量を行うもの」と理解してます。

ここで質問ですが、平面測量と平板測量は両立するものでしょうか。
これまで一緒に仕事をしてきた専門家は平面測量の際に、トータルステーションを用いてきたので、平面測量のために平板測量を行うことは可能でしょうか。
また、平面測量のところをトラバース測量としても、トラバース測量と平板測量は両立するのでしょうか。

よろしくお願いします。

フランス語の通訳・翻訳をしている者ですが、現在翻訳中の原稿(英語)で平面測量(英:level surveyまたはplan survey)と平板測量(英語:plane table survey)が出てきます。これはそれぞれ対応するフランス語があるので問題はないはずでしたが、その後この原稿を翻訳していくと、この原稿の執筆者はlevel surveyまたはplan surveyとplane table surveyを同等に扱っているようです。

私の理解では、平面測量は「平面的な位置を測定する測量で、水準測量と対比される」ものであり、対して平板測量は「平らな板の...続きを読む

Aベストアンサー

>平面測量は「平面的な位置を測定する測量」
平面測量はそういう意味ではなくて、
・「地球は平ら」と考え、測定結果に対し「地球は丸い」ことに対する補正を行わない測量
を意味します。「地球は丸い」ことを考えるのが大地測量(geodetic suevey)。
したがって、測量面積が狭い(目安として10km四方)場合は、地球は平らと考えて何も問題ないので、平面測量です。
平板測量でそんなに広範囲の測量はしないから、自動的に平面測量に分類されます。
で、「平面的な位置を測定する測量」ですが、測量の内容や目的により名称が変わります。
まず、特定の地点(地面に杭や鋲を打つ)の平面座標を求めるのが基準点測量(skeleton servey または control point servey)。
その基準点を元に、家や塀などの平面位置を出すのが細部測量(detail servey)。
平板測量は、測量手段による分類で、「平らな板の上でアリダードを動かし測量を行うもの」であり、
専ら細部測量に使われますが基準点測量に使えないわけではないです。(精度が悪いため、トータルステーションが普及した時点で事実上絶滅。)
一方、
トラバース測量:「既知の1点からの距離を測って平面位置を決める」
三辺測量:「既知の2点からの距離を測って平面位置を決める。角度は計測しない。」
三角測量:「既知の2点からの距離を測って平面位置を決める。距離は計測しない。(最初の2点間距離のみは計測する。)」
という、測量のやり方の分類なので、平板測量でアリダードを使い、
トラバース測量的な使い方も三角測量的な使い方も可能です。
以上が伝統的(距離を精密に測るのが難しく、距離計測と角度計測は別の器械を使っていた時代)の用語ですが、
現状の用語の使い方は、やや変質していて、
平板測量:実質的に細部測量のことを指す。
トラバース測量:実質的に基準点測量のことを指す。
というのは、トータルステーションは距離と角度(平面角)の両方を精度よく計測できるので、
三辺測量や三角測量より楽(超精密測量の場合は別として。)であるためと
トータルステーションとノートパソコンを回線で繋げば、トータルステーションを使って細部測量が可能であり、
これを「電子平板」と言い、平板+アリダードという方法は過去の方法となりました。

>平面測量のところをトラバース測量としても、トラバース測量と平板測量は両立するのでしょうか。
上記のとおり、測量用語本来の意味においては両立しますが、現在における用語の意味は、
トラバース=基準点測量 平板=細部測量 なので、 この2つをごちゃまぜにしないほうがいいです。

>平面測量のために平板測量を行うことは可能でしょうか。
字句どおりの意味に取ると不可能です。
理由:平面測量というのは計算方法による分類であるため、「平面測量のために」ということ自体で意味が矛盾する。
言わんとしていることは、
・平板測量で基準点測量が可能か
・トラバース測量で平板測量(=細部測量)が可能か
のどちらかと思いますが、
前者:精度が落ちてのいいなら可能。
後者:電子平板を前提とするなら可能。

あと、plan survey は、 plane survey を誤記したのですよね?
plan surveyだと、直訳すれば「計画調査」。(surveyには、「調査(測量以外の調査も含む)の意味もあります。)
また、level surveyが平面測量? 水準測量(高低差を計測する。平面座標関連は計測しない。)をlevelingというので、
level surveyで全く意味が変わるということがあるのかな? 確かめてないけど....

>平面測量は「平面的な位置を測定する測量」
平面測量はそういう意味ではなくて、
・「地球は平ら」と考え、測定結果に対し「地球は丸い」ことに対する補正を行わない測量
を意味します。「地球は丸い」ことを考えるのが大地測量(geodetic suevey)。
したがって、測量面積が狭い(目安として10km四方)場合は、地球は平らと考えて何も問題ないので、平面測量です。
平板測量でそんなに広範囲の測量はしないから、自動的に平面測量に分類されます。
で、「平面的な位置を測定する測量」ですが、測量の内容...続きを読む

Q西洋思想と東洋思想との比較思想について学ぶにはどうすればいいでしょうか

私は西洋哲学(主に分析哲学)や仏教哲学(インド・チベット中観思想、唯識思想、日本仏教思想、西田哲学)に興味を持っており、その両者を比較して研究することにも関心があります。
そこで次の2点について質問します。
1比較思想を行っている有名な学者さんはどのような方がいらっしゃるでしょうか?
2また比較思想の学科を置いている大学はどのようなところがあるでしょうか
何卒、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考意見です。
 最初に注意しておきたいのは、安易に比較研究をしようとすると多くは薄っぺらな結果しか出てきません。これを行えるのは、実力のある学者か、天才だけです。
 とはいえ、普通の東洋思想の研究者は、西洋思想の中の自らの研究領域に似ている分野に関する知識は最低限もっています。現代は西洋人の研究者と交流することが多いので、東洋思想だけやって、西洋思想は知らないでは済まされない時代になっているからであり、なにより比較によってその思想が鮮明になるからです。
 例えば、唯識を学ぶのであればカント哲学のあたりは当然勉強していますし、道教を研究するならばキリスト教の知識は必須です(そして道教とキリスト教は驚くほど似ていることがわかる)。
 日本では何故か西洋思想研究が人気で、東洋思想研究は閑古鳥状態なので良質な学者が少なく、世間で売っている東洋思想に関する書物の大半は嘘つきだと思ってください。故に私は東洋思想を主軸にして研究を進めてゆくことを勧めます。
 
 比較思想研究を試みている人は多く、仏教学者では中村元、三枝充悳の名が挙がりますが、やはり井筒俊彦の著作は必読です。

 比較思想といったら京都学派の名が挙がりますが、問題も多いです。ハイデガーを禅の用語を使って訳してますが(『時と有』・・・。
 研究は基本的に原典の読み込みから出発しますので、文献学をしっかりと学べる大学が宜しいと思われます(以外に文献を読めない人が多く、特に仏教関係の読みはデタラメで、まともに読めている人はほんの一握りしかいません)。
 

参考意見です。
 最初に注意しておきたいのは、安易に比較研究をしようとすると多くは薄っぺらな結果しか出てきません。これを行えるのは、実力のある学者か、天才だけです。
 とはいえ、普通の東洋思想の研究者は、西洋思想の中の自らの研究領域に似ている分野に関する知識は最低限もっています。現代は西洋人の研究者と交流することが多いので、東洋思想だけやって、西洋思想は知らないでは済まされない時代になっているからであり、なにより比較によってその思想が鮮明になるからです。
 例えば、唯識を...続きを読む

Q「表現の自由」と「思想の自由」の共存は不可能?

わが国には「表現の自由」と「思想の自由」と言うものが存在します。


その中で例えば、この思想は反社会的で危険だ。禁止する。と言う事があった場合、これは「思想の自由」に反する事と受け止められる時もあります。

しかし、その思想を拒否する思想もあり、それも思想の自由です。結局は、どちらの思想を支持するかの問題で、「禁止する思想」の支持が多ければ、その思想は禁止されます。


これと同じで、表現も言えるでしょうか?


例えば、破廉恥なCMが流された場合、はしたないと思って批判が集まって、そういう類の放送を法律で禁止された。

これは、「表現の自由」に反します。



「思想の自由」では、思想を否定する思想と言うものが存在し、「思想の自由」と言う憲法を保ちながら、思想に制限をかける事は可能ですが、表現を否定する気持ちは、表現ではなく思想の分野で、表現を否定する表現と言うものは存在しないように思います。


つまり、この例で言えば、「思想の自由」を尊重するならば放送は禁止ですし、「表現の自由」を尊重するならば継続と言う事になります。

前置きが長くなってしまいましたが、二つ質問があります。


・「思想」を否定する「思想」と言うものが存在し、それもまた「思想の自由」ですが、「表現の自由」を否定する表現と言うものは存在するでしょうか?


・「思想の自由」と「表現の自由」は同じ憲法に定めるのは矛盾しないか?


答えだけでなく理由も教えてください。
よろしくお願い致します。

わが国には「表現の自由」と「思想の自由」と言うものが存在します。


その中で例えば、この思想は反社会的で危険だ。禁止する。と言う事があった場合、これは「思想の自由」に反する事と受け止められる時もあります。

しかし、その思想を拒否する思想もあり、それも思想の自由です。結局は、どちらの思想を支持するかの問題で、「禁止する思想」の支持が多ければ、その思想は禁止されます。


これと同じで、表現も言えるでしょうか?


例えば、破廉恥なCMが流された場合、はしたないと思って批判が集まって...続きを読む

Aベストアンサー

"「思想の自由」なんて法律、無意味ですね"
   ↑
御指摘の通り、あまり意味はない、という人も
います。
しかし、社会主義のように思想を押しつけたり
する場合もあり得る訳です。
又、日本では、沈黙の自由や謝罪広告の強制が、
これとの関係で問題となったことがあります。

”アルカイダを否定する思想も、民主化を否定する思想も「思想の自由」だと
思うので法律矛盾はしないと思う。結局は、「思想の自由」と「思想の自由」
との戦いなのだと思います。”
   ↑
誤解というか、思想の自由と表現の自由を混同している
ように思えます。
思想の自由とは、両親の自由と一緒になって「内心の自由」を
保障したものです。
思想良心を外部に発表する自由が表現の自由であり、学問的体系の
形をとる場合は学問の自由になる訳です。

”表現を拒否するというのは思想であって、「その表現は嫌だ」と言う
「思想の自由」を遂行している。と言う事です。
その「思想」をもって他人に要求する行為そのものは「表現」ではありません”
   ↑
根底に思想があって、それが外に出ると表現になる訳です。
質問者さんの意見を理解することが出来ましたが、それは
一般に説明されている内容とは異なるようです。

"「思想の自由」なんて法律、無意味ですね"
   ↑
御指摘の通り、あまり意味はない、という人も
います。
しかし、社会主義のように思想を押しつけたり
する場合もあり得る訳です。
又、日本では、沈黙の自由や謝罪広告の強制が、
これとの関係で問題となったことがあります。

”アルカイダを否定する思想も、民主化を否定する思想も「思想の自由」だと
思うので法律矛盾はしないと思う。結局は、「思想の自由」と「思想の自由」
との戦いなのだと思います。”
   ↑
誤解というか、思想の自由と表現の自由を...続きを読む

Q老荘思想で考えると、社会変革を行う人はタオを理解

していないということになりませんか?

老子は「無為自然」「上善は水の如し」と説きます。
それはすなわち現状を肯定して現状を所与のものとして
波風立てないで生きるということではないのですか?

どうも出発点は違いますが近頃の若者像と重なります。

どなたか老荘思想に詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

そういう風に解釈する人は多いです。
あのハイエクも、老子を引用して
自由最高。
放置しておけ、と述べています。

Q関西独特のおもしろニュース

おもしろに限らないのですが、関西で起こったここ最近の全国ニュースで流れたような有名なニュースを教えてください。

例えば阪神優勝フィーバーや、USJでの飲料水問題や。これは古いのですがノック府知事など。
なるべくここ数年で、全国的に有名なニュースをお願いします!

Aベストアンサー

>>全国的に有名なニュースをお願いします!

今の話題としては鳥インフルエンザ 京都の農場(会長自殺)と兵庫の卸売り店
神戸児童殺傷事件の元少年、仮退院
岸和田の中学生虐待事件(中学3年の男子、身長155センチで体重24キロ)
池田小学校、8人が死亡15人に重軽傷を負わせた宅間守死刑囚
和歌山カレー毒物混入事件の林真須美死刑囚(住宅跡地競売の話を先日見ました)

社会的なニュースの記憶を掘り起こした、明るい話は余り頭に残らないのかな?

関西のほんわかとしたニュース 
http://www.nikkansports.com/osaka/wak/wak-top.html

参考URL:http://www.nikkansports.com/osaka/wak/wak-top.html

Q空海の思想は、梵我一如思想と一線を画していたのでしょうか

私は秋月龍珉氏の「誤解された仏教」を先日読了しました。
その中に
「空海の思想は釈迦の縁起、無我思想にまだ近かったが、以後の真言宗の思想家はみな梵我一如思想に接近してしまった。」
とありました。
空海自身の思想は、梵我一如思想から一線を画していたとは、どういうことでしょうか?私は空海思想がよくわらないので、どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

このご質問に正確にお答えできるのは、仏教思想の専門の方がふさわしいように思います。
素人の私の感想になりますが・・・

mmkyさんが簡潔におっしゃられているように、空海という人物は桁外れの天才だったのでしょう。
最澄という学問肌の天才とはまた違って、実修を重んじ、実証さえ示す事のできた稀有の天才だったようです。

仏教思想の極至とも言われるその教えが、広く一般に受け入れられてこなかったのには、事相とも言われる実修面での複雑さが影響しているように思われます。
また、教相とも言われる教理面においても、あくまで実修を通してのみ確かな理解が可能のようにも思えます。
一般人が近ずけるのは、実証であるところの現世利益の面に限られてきてしまったように思えます。
学者からの目においても、遠巻きに論じられてきた感があります。
>空海の思想・・・云々・・・と言っても、果たしてそれが正鵠を射たものなのかどうか、疑問があります。
遠巻きの論評を参考にして、空海の思想の本質を探る事には無理があるのではないでしょうか(失礼ながら・・・)

少し大げさな表現かもしれませんが・・・
釈迦と空海は仏教史においての超弩級的な存在のようにも思えます。
空海の般若心経秘鍵に書かれていますが
釈迦が祇園精舎において、天人や菩薩に対して般若菩薩の印、真言、曼荼羅の法を説いたとあります。
これは釈迦が在世中に、既に密教の法を説いたという事にもなってしまいます。
この表現に対して仏教学者は一言も解釈をしていません。
解釈のしようが無いのでしょう、下手な解釈を下せば仏教思想の上で大変な事になってしまうからです。
空海が釈迦に等しい境地を得たことを現したもののようには思いますが
言い切ったところが凄いと思います。

この事一つをとってみても、空海の思想というものは
論評するのは自由だとしても、確かな解釈を下しずらいものだと思います。
しかし、その思想の本質の核そのものについては、一般人でも受け入れられる面があるようにも思えます。

加とは如来の大悲をいう
持とは衆生の信心をいう

空海の教えはこの言葉に尽きているとも言われます。
如来の大慈悲心を信じるという事ならば、我々一般人でも受け入れ易い教えになります。
加持というものを、ある方はこのように分かり易く言われたのを覚えています。
・・・真心で祈る・・・と
仏の大慈悲心を信じて、純粋な気持ちで祈るという事なのでしょう。

学ぶだけではなくて、祈る、というところに空海、お大師様の教えの本領があると思います。
そのあたりの事を念頭において学ばれる事をお勧めいたします。
ご参考になれば幸いです。

このご質問に正確にお答えできるのは、仏教思想の専門の方がふさわしいように思います。
素人の私の感想になりますが・・・

mmkyさんが簡潔におっしゃられているように、空海という人物は桁外れの天才だったのでしょう。
最澄という学問肌の天才とはまた違って、実修を重んじ、実証さえ示す事のできた稀有の天才だったようです。

仏教思想の極至とも言われるその教えが、広く一般に受け入れられてこなかったのには、事相とも言われる実修面での複雑さが影響しているように思われます。
また、教相とも言...続きを読む

Q2010年現在の、世界の国々の軍事力ランキング

2010年現在の、世界の国々の軍事力ランキング
を、知りたいです。数字で比べられるようなものでもないですので、主観でかまいません。
まあ、アメリカの一位は揺らがないと思いますが、実戦経験豊富なイスラエル、資金力の日本、なんか不気味な中国、ロシア。ヨーロッパの盟主、イギリス・フランスもけっこうやりそうな気がします。
みなさんのご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

それ、実は意味無いです。
核戦力・通常戦力の別もありますし、どの地域に向ける軍事力なのかで評価は変化しますし。
対米戦力では現在はアラブ派のゲリラ・テロリストが世界最強ですし、イランに対してはイスラエルが最強ですし、日本に対しては米国が最強です。

ちょっと調べてみましたら客観的総合評価では、どこかの評価機関が、
「米国・フランス・ロシア・中国・英国」の順であるとしてました。
がしかし、別の統計では、
「中国・米国・インド・北朝鮮・ロシア・韓国」としてました。後者のこれは、兵士の数の順です。
前者ではフランスが世界第2の軍事力を有するとしていますが、我々の東アジア地域でのフランスの軍事力は無きに等しく、この地域で北朝鮮とフランスが明日もし戦えば、北朝鮮が勝ちます。
しかし地中海で仏と北がもし戦わば、仏が圧勝します。

最も関心のある日本国内法の及ぶ領域での各国軍事力は、米国・ロシア・日本・中国・韓国・北朝鮮の順でしょうが、実質的核戦力では、北朝鮮・米国・ロシア・中国・日本・韓国の順でしょうし。
なんかふざけた分析ですいません。

もし明日、中国が日本のどこかに攻め込んだら、圧倒的に日本の勝ちです。米軍はいりません。(日本に防衛意志があると仮定しての話です)
しかし、1年かけた戦争を米国・日本のペアと、中国・北朝鮮のペアが行なえば、日本人の被害は100万超えるだろうし、北朝鮮は廃墟となるだろうし、中国は負けるだろうが国はそのまま残るだろうし、米国は勝つだろうが海洋軍事力を激減させるだろうし。韓国は特需で沸きますね。

それ、実は意味無いです。
核戦力・通常戦力の別もありますし、どの地域に向ける軍事力なのかで評価は変化しますし。
対米戦力では現在はアラブ派のゲリラ・テロリストが世界最強ですし、イランに対してはイスラエルが最強ですし、日本に対しては米国が最強です。

ちょっと調べてみましたら客観的総合評価では、どこかの評価機関が、
「米国・フランス・ロシア・中国・英国」の順であるとしてました。
がしかし、別の統計では、
「中国・米国・インド・北朝鮮・ロシア・韓国」としてました。後者のこれは、兵士の...続きを読む

Q思想としてのゴロツキがのさばるのは ふつうの人たちが亜流の思想を追い求めるからではないか

思想としてのゴロツキやチンピラがのさばるのは ふつうにまともな人たちが 
一般に 亜流の思想を追い求めているからではないか?

《ゴロツキ等》というのは:

  経験合理性にもとづいてものごとの認識や判断をみちびくことをしないそ
 の状態を言います。

《亜流の思想》というのは: 

  そのままでもありますが 特には クリスチアニズムという宗教となった
 思潮 あるいは そもそもブディズムは無神論としての信仰であるはずなの
 にこれをああたらこうたらいじくりまわしたその結果としての思潮を言いま
 す。
 
《クリスチアニズム》というのは:

  非思考の場としての個人の信仰が 教義を信じるという矛盾をかかえた組
 織宗教となった場合であり あるいは単に道徳規範としてしまいこれを抱き
 続けるということに変身した場合を言います。

  《教義》は すでに思想となっており人間が思考するものであり 信じる
 ものではありません。

  《倫理規範》も 考えるものであり 信じるものではなく その実践とい
 うこともそれだけでは 信仰そのものとは関係ありません。(ほかの宗教で
 もそして宗教でなくても 道徳を説きその実践を奨励し得ます)。

《ブディズム》については:

  ひとつだけその亜流の特徴を挙げれば:
   《さとり》が いま・ここなるわたしを離れたところにあると思っている
  ことです。
   このへだたり・この時間差が 亜流であり チンピラの振る舞いと何ら変
  わらないと見なされることになります。
   少しづつだんだんさとりに近づくというのなら ゴロツキの成仏と変わら
  ないということになるからです。

 
☆ ご見解ご批判をお寄せください。

思想としてのゴロツキやチンピラがのさばるのは ふつうにまともな人たちが 
一般に 亜流の思想を追い求めているからではないか?

《ゴロツキ等》というのは:

  経験合理性にもとづいてものごとの認識や判断をみちびくことをしないそ
 の状態を言います。

《亜流の思想》というのは: 

  そのままでもありますが 特には クリスチアニズムという宗教となった
 思潮 あるいは そもそもブディズムは無神論としての信仰であるはずなの
 にこれをああたらこうたらいじくりまわしたその...続きを読む

Aベストアンサー

卓越したbragelloneは正統な思想を完成させ既に神の領域。
荘厳にして格調高雅。

他は全て思想のゴロツキ。

QNY原油取引高と世界の平均1日の需要量について

原油が投機の対象になっておりますが、その価格の基準はNY取引原油価格と聞いております。ではそこでの取引量は世界の1日平均使用量の何%ぐらいでしょう。少量だとそこで高く買っても自分が安く仕入れた多くの備蓄があれば、その高い値段で売れるので少々高くても現物として買えると言うことにはなりませんでしょうか?しかし現物を安く買いたい人が大勢いると思いますが、なぜその投機筋が決めた値段で買わなければいけないのか、そこら辺がよくわかりません。もしそういうルールを誰かが決めたとすると、誰がそういうことに決めたのでしょうか?米国・英国の経済人?
 これは、需要と供給関係を無視した経済システムであり、このような世界に投機筋が入り込めないようなもう少し健全な形にはならないものでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは!
(1)<取引量は世界の1日の平均使用量の何%ぐらいでしょうか。
 世界の取引量の5%です。しかし取引価格の標準になっています。取引量の3分の2は投機で,残り3分の1が実需ですので,5%の3分の1が該当します。詳しいことは,22日と23日の日経新聞をお読み下さい。
(2)<誰がそういうことを決めたのでしょうか。
 先物取引が必要だからです。例えば,農家が安定して大豆を生産したくても,天候不順のリスクがあります。先物で価格が安定してしまえば,不作でも一定の収入が確保できます。豊作でも,安定した収入があるなら,まあいいやということになります。
 しかし,今の原油価格は1リットル84円50銭くらいになり,とても高いですね。
(3)<健全な形にならないものでしょうか?
 現在,中東諸国はインフレに悩んでいます。ドル安で行き場を失った資金が原油市場に流れ込んできているため,ドル安→原油高の悪循環です。サウジアラビアなどの中東諸国は,自国通貨をドルの連動させています。ドルが上がれば自国通貨もあがりますが,ドルが安くなれば自国通貨も安くなります。そうしないと,ドル相場で莫大なオイルマネーが毀損するリスクがあるからです。それで,ドル安の影響で輸入品の高騰から,米国以上にインフレに悩んでいるのが実情です。
 現在,裏の部分で,中東諸国から米国にインフレ防止のためにドル高政策をとるよう強く要請され,これが本月2日,米国財務長官ポールソンの中東における発言になり,ブッシュ大統領の発言になり,ドル円が103円から108円になった口先介入の効果です。
 米国の自国のインフレ防止の重要性と原油価格とドル安との因果関係に気付いたので,必死にドル高政策を取るので,中期的に原油価格は下落するでしょう。

こんにちは!
(1)<取引量は世界の1日の平均使用量の何%ぐらいでしょうか。
 世界の取引量の5%です。しかし取引価格の標準になっています。取引量の3分の2は投機で,残り3分の1が実需ですので,5%の3分の1が該当します。詳しいことは,22日と23日の日経新聞をお読み下さい。
(2)<誰がそういうことを決めたのでしょうか。
 先物取引が必要だからです。例えば,農家が安定して大豆を生産したくても,天候不順のリスクがあります。先物で価格が安定してしまえば,不作でも一定の収入が確保で...続きを読む

Q「すべては手に入らない」という意味の思想・熟語を教えてください。

本来は
仏教カテゴリで質問したかったのですが、見つからなかったので哲学カテゴリで質問させていただきます。国語カテゴリが適切なのかもしれませんが。

仏教ですとたとえば、「諸行無常」=「あらゆるものは移り変わり常に同じ状態であるものなどない」
といった意味の熟語?がありますが、
「すべては手に入らない」という意味の思想・熟語はあるのでしょうか?

私のイメージしているのは、「二股に分かれた道があるときに、右を選べば左は選べない、左を選べば右は選べない、両方の可能性や結果を得ることはできない。」というものです。
つきつめると、「何かを得るには、何かを失わなければならない」(右の道を選ぶには左の道の可能性を失わなければならない)という感じでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

量によって解決できると書きましたが

なかなか解決できないから
問題になるわけです。。、

すべては手に入らないから選択するんです。。。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報