古い時計のボタン電池を買いに行ったら、型番(?)が古いのか、見つかりませんでした。

電池には GP SYLVA-CELL + A 76 と書いてありました。

直径は、測ってみたら 1.1cm でした。

これは今の規格でどの電池にあたるのでしょうか。
ネットでも探したのですが、探し方がヘタなのか駄目でした。
どなたか教えて下さい。よろしくお願いいたします。m(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

時計用電池は同じ物に色んな形式名があるので解りにくいですね。


下記参照URLで「A」をクリックしてください。
別に、こんなのもありました。
http://homepage1.nifty.com/fukucame/voltage.htm
結論を申し上げると、「**44」の様です。
**はSRであれば酸化銀電池であり、LRであればアルカリ電池になります。
昔は水銀電池だったのでしょうが。LRであれば\200迄で売ってますね。

参考URL:http://www.mbi.panasonic.co.jp/bf/qa/button.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
店員さんも「?」状態だったので、すごく助かりました。(^-^)

お礼日時:2001/01/13 18:30

GP社のA76でしたら「LR44」と同等品です。


LR44でしたら電気店で一般的に売っています。

参考URL:http://www.akizuki.ne.jp/new3.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
GPとは、会社名だったんですねぇ。
勉強になりました^^

お礼日時:2001/01/13 18:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリチウム電池とアルカリ電池の交換可否と性能対比

現在 panasonic BF-956という商品をつかっています。 この商品はリチウム電池を使っているのですが
この電池は高い! リチウムの代りにアルカリ電池を使いたいと思い 今 調べているので教えてください。
上記商品はリチウム電池 CR-123Aという3Vリチウム
電池1個を使用しているので
”電池を外付で接続””アルカリ乾電池を2個”で問題ないと思うのですが…… 何か問題があるでしょうか?
(例えば使用時間が短くなるとか…)
また、電池性能を比較しやすいサイトがあれば合せて教えて下さい。

Aベストアンサー

ランニングコストの問題であるなら、私の体験ではリチューム電池の方が格段のローコストでした。
使用状態の電池の放電がありますから一様に言うことはできなないことです。
使う頻度が高いから電池の節約で改造するという考えは的が射ていません逆にハイコストになることもあります。
メーカーを信用しましょう。

Q一次電池と二次電池

電池についてあまり詳しく知らないですが、一次電池は、よく見る単三や単四という使い捨ての電池で、二次電池は充電式の電池だと思うのですが、一次電池と二次電池の違いは使い捨てか充電式という違いだけなのでしょうか?
電池の材料によっても違いはあるとは思いますが、同じボルト数だとすれば、一次と二次に何か違いがあるのでしょうか?
充電式は、電池を交換する手間が省ける代わりに充電をする、というだけなのでしょうか。
参考になるサイト等もあれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1次電池は、充電できない電池です。製造された時が満タンで、あとは放電するにつれてカラになっておしまい。使い捨てです。電池が尽きる頃には装置の用途が終わっているような物(使い捨てカメラなど)や、交換が容易な用途や再充電する時間が問題になる用途(懐中電灯など)に向いています。
2次電池は、充電することができる物です。数回から数百回充電して繰り返し使ったり、常時充電しておいて必要な時まで万タン状態を保つような使い方をします。前者は、使用コストの低減が主で、一定のサイクルでの反復使用(予備電池との交換を含めて)もあります。
後者は、非常時や特定の短時間にのみ動作する装置向けが主です。

使い切りとなると、コストの低減が必要です。交換して使用する用途では、交換する品の供給の問題もありますから、形状や性能が規格化される(できれば複数のメーカで製造され、汎用品として流通するのが望ましい)必要があります。使用まで保管する間の放電が少ない事が望まれます。使用後の廃棄処理など(水銀など重金属の使用が制限される)も配慮が必要とされます。特定の機種や用途向けというよりも、ある程度汎用を意識した製品が作られますし、機器メーカ側も長期に渡って安定供給されそうな電池を採用する傾向があります。(電池の製造中止で製品が維持できなくなるのが恐いので)。
したがって、新しい構造や新しい形状の物が製品化され、普及するのはなかなか難しいのです。その範囲の中で、各メーカは価格や多少の性能の違いを競うことになります。オキシライド電池のように、新しい構造の電池でも、従来品との形状や性能的な互換性に配慮する必要があります。

2次電池を構成できる化学反応は1次電池とは異なります(2次電池の反応を利用して1次電池とすることは可能だが、上記のような比較では勝負にならない)。繰り返し充電することでトータルコストを押えられれば、単品価格が高くても商品化可能です。単3型の充電式電池はこの例です。
器具内で充電するならば、電池交換するしくみが不要なので、この部分でのコストダウンや装置自体の小型化が可能になります(携帯電話など)。装置と組みで販売使用されるので、電池自体の流通供給を考慮する必要が少なくなり、装置の性能に合わせた電池を選択しやすくなります(携帯用音楽プレーヤ等)。装置自体の価格と一体化できるので、専用設計の物を採用しやすくなります(パソコンなど)。多くのメーカから供給されるようにする必要が無いので、自社専用の形状にして排他的な販売が可能です(ビデオカメラなど)。常時充電できる用途(非常電源や自動車のバッテリなど)では、保管時の自然放電をあまり考慮する必要はありませんが、必要な時には確実に働いて欲しいのです。

基本的に1次電池と2次電池を構成する化学反応は異なります。用途によっては、2次電池に使われる反応の方が望ましい特性を示すことがあります。この場合後者の反応をする電池を使い捨てにしても良い理屈なのですが、一般的には価格などがそれを許しません。

なお、1次電池に「充電」と称して、容量の一部を回復させる手法があり、そのための装置も販売されていますが、本来の2次電池の充電とは化学的に異なるものですから御注意ください。

1次電池は、充電できない電池です。製造された時が満タンで、あとは放電するにつれてカラになっておしまい。使い捨てです。電池が尽きる頃には装置の用途が終わっているような物(使い捨てカメラなど)や、交換が容易な用途や再充電する時間が問題になる用途(懐中電灯など)に向いています。
2次電池は、充電することができる物です。数回から数百回充電して繰り返し使ったり、常時充電しておいて必要な時まで万タン状態を保つような使い方をします。前者は、使用コストの低減が主で、一定のサイクルでの反復使...続きを読む

Q単3電池と専用電池の差は?

デジカメを始めて買おうと思っています。
そこで、単3電池と専用電池では、どのような差があるのでしょうか?

Aベストアンサー

・単三電池は、どこでも手に入る、搭載スペースが限られているので必然的にデジカメのおおきさがでかくなる
・専用電池は、容量が多いもしくは設計により小型化できる

Q1.5V銀電池 G-13型の代償電池

1.5V銀電池 G-13型の代償電池は何になるのでしょうか。カメラはペンタックスMEスーパーです。

Aベストアンサー

LR44は形状は合いますが、電池自体の性質からすぐに使えなくなる
可能性があります。緊急時の予備電池としてはいいのですが、普段
使いには、なるべくSR44を使った方が良いです。

QNECのデスクトップPC(MATEのMJ26RAZ76)、WinXP-

NECのデスクトップPC(MATEのMJ26RAZ76)、WinXP-SP3、光(VDSL)です。
以前から不思議に思っていたのですが、PCで見る動画のたぐい(YouTubeなどなど)って、なんでこうも解像度が悪いんでしょうか。
私のなかの常識では、パソコンの液晶画面での映像は、テレビ(アナログ)なんかよりずっと綺麗、でした。PCでの動画は、なぜ今様のデジタルテレビのごとく、ハッキリクッキリ綺麗に映らないのでしょうか。見るに堪えません。
私のPC環境の所為でしょうか。もしそうなら、どのあたりを改善すればよいのでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして。

意外かもしれませんが、諸外国ではまだADSLが主流です。
ADSLに乗り遅れた日本ですが、追い越せとばかりにADSLを飛び越して光回線に注力したので、気が付くと世界一の光回線普及国となっていました。
逆にアメリカなどはADSLで普及したために、光への転換が上手くいっていません。

つまり遅い回線に合わせた動画のフォーマットにしないと見られる人が限定されるので、動画投稿サイトではできるだけデータ量を抑制する必要があります。
そのためにFLVやMPEG4、H264、Divx、WMVなど(全てMPEG4系のフォーマット)でビットレートも1Mbps以下に抑える必要があります。
MPEG4系は2Mbps以上ならばSD画質(720×480)で、DVDのSPモード並の画質は維持出来るのですが、それだと25分程度で380MB程度のサイズとなります。
これだとまだ重いのでビットレートを1Mbps以下に、解像度は320×240程度にして総容量を削減します。
とりあえずフル画面での視聴を前提にしているものではなく、7インチ程度の画面での視聴を意図しているので、どうしても画質は落ちることとなります。
つまり元の画質自体がそんなものなのです。

もちろんYOUTUBEなどではHD(ハイビジョン)もあります。
この場合は1280×720程度の解像度となります。方式はMPEG4、Divx、WMV-HD、H264などでビットレートは6~8Mbps程度ですが、HD再生の場合はPCのスペックも要求するので、逆に回線が条件を満たしても4、5年以上前のPCの場合は今度はPCののスペックが追いつかず、カクつき、コマ落ちが発生します。

はじめまして。

意外かもしれませんが、諸外国ではまだADSLが主流です。
ADSLに乗り遅れた日本ですが、追い越せとばかりにADSLを飛び越して光回線に注力したので、気が付くと世界一の光回線普及国となっていました。
逆にアメリカなどはADSLで普及したために、光への転換が上手くいっていません。

つまり遅い回線に合わせた動画のフォーマットにしないと見られる人が限定されるので、動画投稿サイトではできるだけデータ量を抑制する必要があります。
そのためにFLVやMPEG4、H264、Divx、WMVなど(全てMP...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報