ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

信長って人気ありますよね。秀吉や家康は信長がいたから天下取れたわけだし
でも信長がすごいと言われてるのは、天下統一前に死んじゃったからじゃないでしょうか?
天寿を全うしていたら、秀吉みたいに外征して晩節汚したかもしれないし
家康みたいに鎖国してこじんまりなったかもしれないし
ま、秀吉ほど下手な外征の仕方はしなかったと思うし、
家康みたいに反動で引きこもることも無かったかもしれないけど
長生きしてたらどうゆう評価されてたんだろう?
天下統一してから何するつもりだったかによるけど

A 回答 (5件)

仮に信長が本能寺の変で生き残ったとしても、寿命で亡くなる前に天下統一した可能性はあまり高くないです。



信長の後継者となった秀吉が比較的短期間で天下統一できたのは、恭順してきた勢力をそのまま残し、また戦った相手に対しても早めに降伏すれば、領地削減だけで傘下に加わることを許したからです。

晩年の信長は、敵対勢力の降伏を認めず、相手を滅ぼすまで戦いを止めませんでした。
本能寺の変の段階で関東の北条氏、中国の毛利氏、北九州の大友氏などの大勢力がありました。
また史実が示すように東北の伊達氏、四国の長曾我部氏、南九州の島津氏なども大勢力に成長していたでしょうから、それらの勢力をすり潰して天下統一を果たすまで、おそらく十年では無理で、二十年くらいはかかったでしょう。

そうなると本能寺の変の時に49歳だった信長は、天下統一を果たす頃には70近くの年齢になっていたわけで、それまでに寿命で死ぬか、もしくはあと数年しか生きられないでしょうから、とても外征までやる余裕はなかったであろうと、個人的には考えています。

ちなみに家康が鎖国をしたというのは質問者の方の誤解で、家康は朱印船貿易を盛んに行っていました。
鎖国をしたのは、家康の孫の三大将軍家光からです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

信長が生き残ってもすぐに天下統一できなかったって説は初めて聞いたのでとても新鮮な驚きです
家康のは知ってましたけど、秀吉との対比で書いたわけでお許しください

お礼日時:2007/02/16 10:57

 No.2さんの意見は本当に面白いですね。

このような質問を立てていただいた質問者様にも感謝します。

「魔王が外征で失敗して、信長さんも海外じゃ駄目なのねみたいな感じで晩節汚したのかなぁて想像してるんです」
→私はどちらかというと、外征では失敗しなかったのではないか、と思います。外交で上手く諸外国と付き合い、確実に勝ちを収める形での外征をしたでしょう。ただやはり、朝廷をほぼ壊滅状態に追い込むような政策を採ったでしょうから(権威と権力と合一させるため)、日本の文化・歴史観はかなり違ったものになったかと思います。
    • good
    • 0

いろんなご意見がおありですね。


ですけど、ご質問の主旨は、
「志半ばで暗殺されたから、晩節が汚れていないような評価を受けているような木がするが、どういう見方があるか」
ということかと思います。
質問に対する明確な答えがないのは承知でいわせていただければ、
秀吉や家康の晩節が汚れていると考えているのはご質問者の感覚ではないでしょうか。
家康の功績は多大で日本の歴史に燦然と輝くモノではないでしょうか。
最後に天ぷらを食って死のうが、わがままな振る舞いをしようが、偏狭な言動があろうが、それは家康の功績に対し、晩節を汚したと表せられるほどひどいものでしょうか?
秀吉にしても遠からずだと思います。
(私は秀吉ファンで、家康嫌いですが)
逆を言えば、40代の信長はそれはもう後世に魔王と名を残すくらいひどいことを山のようにしており、名前の挙がった3人の中でもっとも晩節を汚したのは信長ではないでしょうか?
ただ、信長があれ以上生きながらえても、例えば倍生きたとしても、倍の功績を残したとは思えません。それは時流に乗ってあそこまで出来たのだと思いますし、次の時流には性格上乗れないのでは?
うまく輝くべく時期に人生を輝かせたのではと思います。
信長の覇権が続いていたら、ほんとうに島津や伊達のことを考えて、戦略的には楽しいことが見れた気がして残念ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

家康の晩節が汚れてるとは思ってません、秀吉は・・・ごめんなさい
私の言う晩節が汚れてるって言うのは政策に失敗したってことです
秀吉の外征はどう見ても失敗で政権自体も弱くしてしまいました
家康は秀吉のついでに名前を出しただけです
信長の場合は本能寺の変も魔王らしい最後だし、
生き続けていたら、どこかで政策的な失敗をしでかしただろうかと思ったんです、
魔王が外征で失敗して、信長さんも海外じゃ駄目なのねみたいな感じで晩節汚したのかなぁて想像してるんです

お礼日時:2007/02/16 11:16

人気は、業績ではなく、それを主人公とした一般向けの小説が受けたかどうかに依存します。


信長の人気が出たのは、昭和の後半(戦後という表現はもう古いかなと)。
江戸時代は、無論 神君 家康公が一番人気。
明治になって秀吉が一番人気。一連の太閤記です。
戦後、家康人気が出て(山岡荘八作品)、その後信長人気です。
信長人気は基本的に、新しいことをやった、秀吉はその猿まねだったという評価が出てからです。
晩節云々が根拠ではない。
信長の新規性に関しても、平成になってから否定的な見方が拡がっています。鉄砲の集中利用とか楽市楽座とか。今後一般向けの小説などでもこの辺が反映されたものが出ると人気が変わるかも。

信長による統一の可能性に関して。石高=動員兵力と考えると。
武田家が約120万石で一撃滅亡であったことを考えると、同様に120万石の毛利家、それ以下の長宗我部家も一撃。
柴田が200万石近かったのを、信長よりも石高の少ない秀吉が一撃を考えると、九州、関東、東北の有力勢力もそう長い期間もかからず滅亡させられていたでしょう。
とすると、あと5年ほどで、天下統一は終わっていたかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり物語の影響は大きいですよね
そんなに新しいことじゃなかったんですね

柴田って200万石もあったんだ、知らなかった

お礼日時:2007/02/16 11:01

あらゆる、可能性、選択肢があったであろうことは言えますが余り意味の無いような気も‥


可能性の高いのは信長が岐阜進出以降自分を神格化していたようなふしがあり最終的にもっともっと権力を拡大していき皇室を途絶えさせたことも考えられ、それにより以後の日本人の精神構造が全く違うものに成っているように思います。また歴史がどこかの国のように1500-600年代以前、全く判らなくなっているような‥
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どっかの国ってどこですか?

お礼日時:2007/02/16 10:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング