プロが教えるわが家の防犯対策術!

特定の周波数の音にだけ反応するセンサー、あるいは電気回路みたいなものはないでしょうか。
もし、低音、中音、高音の3つの信号を分離できたら、左右両チャンネルであわせて6チャンネル使えるわけで、ipodなんかでロボットなんかもコントロールできるんじゃないかと思うんですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

周波数フィルタですね。

簡単に手に入るものは、DFMFデコーダーです。

DTMFでリモコンをいうのは製作記事があります。キットも売られています。

http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?q=DT …
http://www.patok.jp/items/dtmf.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
こんなものがあるとは知りませんでした。でもちと高いですね。

お礼日時:2007/02/16 15:19

フィルター回路の基礎張っとくね。

^^
http://w3-pre.apc.ehdo.go.jp/21603/mid/2-5.html

特定の周波数の音にだけ反応するセンサー

普通の音のセンサーを使って
バンドパスフイルターで特定の周波数の音にだけ反応するセンサーに変える。(原理はラジオのチューナーだね。^^)

ロータリースイッチで
ロー、バンドパス、ハイパスに切り替えられる。

後は「努力だ。」^_^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/02/16 20:35

中学生の時に、手品に利用するためにワイヤレス音声リレー装置を自作したことがあります。


発信機は、80Hz,2kHz,10kHzの低周波発振回路の出力をそれぞれスイッチでON/OFF選択し、FMトランスミッタで飛ばしました。
受信機は、FMラジオで同調受信し、音声出力を減衰特性が-24dBのディバイディングネットワーク(Low pass,Mid pass,High pass)で分離し、コンパレーターの出力で体の3か所にセットした小さなバイブレータが振動するという簡単なものでした。
当時はバイブレータが振動すると頭の中で2進法で換算していましたが、リレー回路を組み合わせれば8chのコントロールができます。

今では、エレキットの4ch赤外線リモコンPU-2706の信号出力端子にリレー回路を組み合わせすれば10chのコントロールが手軽にできます。
信号出力端子は送信機の1~10のボタンに対応しているので、例えば 2:前進 4:左 6:右 8:後退 などに制御設定すると使い勝手が良いです。
また、付属4chリレーの出力がチャンネルごとにモメンタリーあるいはオルタネートを選択できるので、ヘッドライト点灯やクラクション、ドア開閉などして楽しむこともできます。

PU-2706
http://www.elekit.co.jp/catalog/PU-2706.html

最近はタカラトミーのQステアを携帯電話でコントロールして遊んでいます。こんなに小さいのにリモコンできてしまう時代なんですね。
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2007/ …

参考URL
ELECTRONICS SHELVES[ 趣味の電気工作 ]
http://www4.zero.ad.jp/electronics/index.html

参考URL:http://www4.zero.ad.jp/electronics/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/02/16 20:34

直接は関係ないかもしれませんが参考にして下さい。



私は耳が悪くて両方とも補聴器を付けています。
ご存知かも知れませんが補聴器はもの凄く値段の幅があります。ディジタルの補聴器で高いものはチャンネル数が多いのです。チャンネル数を3から5に帰ると値段が倍くらいになります。
アナログの補聴器だと音量調節をやっても雑音が一緒に大きくなります。雑音でなくても人の声以外の音が大きく聞こえたりします。新聞紙のバリバリいう音や、ボールペンが机に当たる音がもの凄く大きくなるのです。ディジタルの補聴器はそういう音をカットしてくれます。女の人の声は男の人に比べて聞き取りにくいです。そういうのも調整してくれます。
当然チャンネルに分けて周波数を拾う回路や増幅の方法はよくわかっていることでしょう。耳の中に入れるイヤホーンにマイクとアンプとスピーカーを組み込んでいます。チャンネルごとの周波数フィルターも入っているはずです。かなり知られている、珍しくない技術ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/02/16 20:34

音に反応するセンサーはマイク



特定の音だけ通過させるのは電気的フィルター

フィルターを通過した音がある程度の大きさになればON出力
させるのはコンパレーター&ウインドコンパレーター

以上を組み合わせれば可能ですが、周辺ノイズが多いから
かなり難しいです。

音だけの反応なら
http://www.elekit.co.jp/material/japanese_produc …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
音だけの反応ならなんとか自分でもできそうなんですが、ステレオの2chだけでは前進後進だけでちとさみしいので、低音、中音、高音で6chぐらいほしいいんです。

お礼日時:2007/02/16 15:25

DTMF(要するにプッシュホンのピポバ音)みたいなものですかね。


受信側のユニットにいいものが今はないみたいですけど、探してみてください。こんなのもありましたけど、今は製造中止のようで。
http://www.microdesign.co.jp/jp/dtmf.html

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/DTMF
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/02/16 15:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QトーンデコーダIC・NJM567の動作チェック方法

上記ICを使って、特定周波数を検出する回路を作りたいと思っています。
データシート、アプリケーションノートを参考に製作した回路が、予定している周波数で動作(現時点ではLED点灯)することをチェックする為に、

秋月電商のminiDDSを使って予定周波数のサイン波を出力し、それをNJM567回路へ入力させようと考えているのですが、この方法で動作チェックする事は可能でしょうか?
チェックの際の注意点等も教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

こんばんは

以前にノイズに埋まった成分を取り出すことに使ったことがあります。
確か、かなり検出感度は高くノイズレベルと同等くらいを検知可能でしたので、使用する発信器の出力レベルが十分絞れることが必要です。簡単には固定の減衰器を抵抗で作って入力部に入れれば済むと思います。
また、目安として帯域幅としてー3dB点の周波数幅なども計測として役立つと思います。
一方、応答速度などは用途によって重要なファクターになるでしょう。意外と応答速度が遅いと思います。
あと、帯域幅が狭いと使用するコンデンサーの特性が重要になります。最低で5%から10%容量誤差のマイラーコンデンサなどでしょう。抵抗は1%金属皮膜抵抗が適するでしょう。
電源ラインからのノイズの混入を防ぐためのデカップリングとしてのフィルタも省かずに付加するのが好ましいと思います。

以上、 最近使う人が少なくなったアナログ的ICなので回答が付きにくいのかな? と思い思いつくままですので参考程度とお考え下さい。  


人気Q&Aランキング