ゴムを採取した後のゴムの木を利用した製品が、家具などで多くありますが、最近床材もあることを知りました。一般的にはゴムの木とは書かず、ラバーウッドと書かれているため、気づきませんでした。自宅の床材にこのラバーウッドフローリング(無垢集成材)を利用しようかと考えていますがこの商品の床材としての性能はいかがでしょうか。ご存じの方教えてください。値段がナラ、タモなどに比べて安いので魅力的なのですが性能がどうなのか分からないので悩んでいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>耐久性「極小」であることによりフローリングとして用いた場合、どんなことが起こりうるのでしょうか。

教えてください。

耐久性とは、木材として使える状態が保てるかどうかの条件の度合いを言います。
ダンボールを例に取ると、紙のリサイクルで作られています。
すなわち元は木材です。

ダンボールを床に敷いたことを想像してください。
例え表面をウレタンでがちがちに固めたとして、水分を吸い込んだらどうなるでしょう。

すぐにぼろぼろになってしまいます。

先の回答で「青変菌に侵されやすい」と書いたことがこれに該当します。
木が腐るということは菌が繁殖して木材の繊維が壊されることを言います。
日常生活で発生する湿度変化、床下からの水分上昇、塗装の亀裂からの水分の浸入、これらに対してほとんど無防備です。

杉、檜、桐は柔らかいが建材として使われてきた歴史を見てお解りのとおり、耐久性があり住宅に向いています。
硬いからと言って「カス」の木を、耐久性という住宅建材として最も注目すべき点を無視して採用されたゴムが住宅に使われることがまず間違いです。

間違った使われ方をしている素材がリサイクルだとか、廃材の有効利用だという理屈は当てはまりません。
リサイクルなら何でも良いとは参りません。
ダンボールの床で我慢できる方は、質問者の利益を度外視してでも自己主張して結構ですが・・・。
このサイトは質問者以外にも『閲覧者』として多くの方が情報を求めて訪れます。
公共の利益に供する情報を発する必要がある場合に、個人の主張は不適切です。

安い床材をお求めのようなので、特ダネを伝授しましょう。
信州の長野県森林組合連合会のある森林組合で「ケヤキ」の床材のB級材をもてあましているそうです。
短尺材や色合わせが難しいなどの、建材としての本質とは違った点で建材として流通しにくい製品があります。

ネットで各地の森林組合に連絡が取れますから、いろいろ当って探してください。
市場に出回っている木材には市場の都合で流通されているものが多くあります。
ゴムノキはその最たるものですが、他にもホワイトウッドなど消費者を無視した素材がありますので、ネットで検索するなどして間違った情報に惑わされないように注意してください。
こういった専門的な知識を要する情報の質問をお求めの方は、回答に対する自信を重視してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 クリアカットで忌憚ない情報を提示していただき本当に感謝しております。ゴムの木の集成床材は会社によってラバーウッド、ユーロオークなど名前がまちまちで工務店もゴムの木であることに気づいていませんでした。
これも変ですよね。どうどうとみんながわかりやすい「ゴムの木の床」とすればよいのに後ろめたさがあるのでしょうか。
 生涯の住処を建てるつもりですのでゴムの木の床材の採用は見直したいと思います。

お礼日時:2002/05/23 07:05

まずご質問の主旨を受け止めて、解る範囲で。




今回の場合はラバーウッドの「集成材」ですよね?

以前、モデルハウス等で色々な建材を試したことがありますが、その中の公表出来る範囲で書きますと

・独特の風合いを持つ。(好き嫌いは別れそうです)
・安い。(ま、リサイクルの集成材ですから当然ですが)

なんてところが目立ちます。


で、他の建材(例えば檜とかケヤキとか)との粗い比較について....。

・水回り(特に脱衣所等)には向きません。
 集成材として、ある程度の処理はされていますが
 水に対する対応能力は、まだ劣っているようです。
 (もっとも、表面側はワックス等のメンテである程度
  保てますが....)
・リビング等の場合、日常生活内での傷の付き具合は数
 年単位では目立たないですね。
 もっとも、重く固い物を落とすと傷がくっきりつきま
 して、これは相当目立ちます。
 (これが集成材一般の最大の弱点でしょう。)
 もちろん、例えばチーク材なんかと比較すると、スリ
 ッパ等でこするとか、家具の足とか出来る傷が少々
 気になりますが、これはワックスによるメンテナンス
 でカバー出来る(予防できる)範囲内ですね。
 (摩擦に弱いって感じですかね。)
・ゆがみ等は物に寄ります。
 集成材の場合は、加工段階での乾燥や製造条件が劣悪
 で、長期間使っている間にゆがみ等を起こすことは
 確かにあります。 ただ、欧米では日本に比べて集成
 材の研究が進んでいるんですが、この技術が導入され
 まして、それ以来、この面ではかなり変わった様子。
 (私がテストしたのはこちらのタイプで、5年程度で
  は気になるゆがみは特に見受けられませんでした。)
 また、無垢の床材でも、乾燥が十分でないとかの理由で
 ゆがみが発生します。
 ここらは買い手側には判断が付きにくいですが...。
・カビ等
 カビ等による変色はみられませんでした。(防腐処理
 が巧く利いている様子です。)
・断熱性・遮音性などは、床材というより構造等他の
 要因に殆どが左右されますから、これは比較自体が
 無意味に近いですね。
・メンテナンス
 本当に綺麗に使いたい場合、メンテの頻度は他の無垢の
 木より多めにした方が宜しいようです。
 勿論、他の木もメンテが必要なんですが、他の木は
 利用に伴う変化が独特の風合いとも取れる方向で
 出てくれますが、集成材の場合は「最初の状態が最も
 風合いが良い」状態で、あとはメンテナンスでこの
 状態をどこまで維持するか...になりますから。


ここら辺を専門的に調べられた方が居られますので参考URLに入れておきます。

その方は、森林総合研究所材料接合研究室長の林知行先生でして、種々の木材について検討しておられますし、ラバーウッド等の集成材に関しても、比較的早い時期から着目して、従来の建材との比較等をして居られます。

ラバーウッドについては、1999年に調査報告をまとめて学会誌に投稿して居られるんですが、これは現在ではちょっと手に入らないので、当該HPの下にあるメールアドレスを利用して質問(当該報告を手に入れる方法or今回と同じ質もん)をされたら、結構宜しいと思いますよ。


最後に非常に感覚的なアドバイスを。

初期投資を充分に出来て二世代にわたっての「終の棲家」にされる場合、これは従来の床材(非集成材)が絶対のお勧めで、しっかりした施工者を通じて手に入れたら、これは一生損の無い買い物で、絶対のお勧めです。

ただ、建てられるお宅をどの程度使われるのか、どの程度の費用を見込まれているか、適度にメンテナンスする気持ち(根気)はあるか、カーペット等を引く予定はあるか等々を見ていくと、ラバーウッドという方向も無くはないですね。(床材だけが良くても、家全体として寿命が短い場合をどう見るか...とか。)

なにせい、高い買い物ですから、最後は自分自信の目で見られるとか、資料を当たるとかが、材質以前のポイントかもしれませんね~。

参考URL:http://ss.ffpri.affrc.go.jp/labs/etj/hayashi/ind …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

参考URL見させていただきました。
わかりやすいご説明有り難う御座いました。
生涯の家をつくる気持ちなので、ラバーウッドの床材の採用は考え直そうと思います。

お礼日時:2002/05/23 07:01

確かにそうですよね、最低の木といえば最低でしょうね。


でも、今まで棄てられていた木が再利用されるのは良いことであると思いませんか?
25周年サイクルで伐採、植林を繰り返されているようですね。
私もゴムの木なんてと思っていました。でも集成材の床板を初めて切った時の堅さにビックリしてしまいました。
確かに集成材を作る時に使用する接着剤や塗装に問題は出てくるかも知れませんが(ちなみに私が使用した製造会社はノンホルマリンの塗装と表示していましたが??です)
耐久度が低いとは何をもって耐久性が低いと云うのでしょう・・・?
折角リサイクルされて帰ってきたのに・・・にべもなくバッサリ切り捨てられるのも可哀相と思い、つい、逆らってしまいました。
杉が良く床板に使われるのは木が柔らかく(それだけ空気を含み断熱性が高いからです)冬暖かいからでしょう。またあるいても柔らかい為足への衝撃が少ないからでしょう。
でも欠点も有ります。充分乾燥させていてもホットカーペット等を何の養生も無くしいてしまうと大変なことになってしまいます。あっという間に隙間だらけになってしまいます
    • good
    • 1

違った見解が示されましたので、先の回答に補足を加えます。



(株)建築知識から発行されている「木のデザイン図鑑」。これは書店でも扱われていて一般にも馴染みがあると思いますが、これから抜粋すると、

『ゴムノキ:パラゴムノキ、やや軽軟で加工は比較的容易だが、耐久性が極めて小さく、青変菌に侵されやすい。廃材利用を目的に大量のゴムの木が日本国内で利用されている。他の木材では見られないほど大きな導管がある。』

南洋産広葉樹の性状比較欄でも唯一、耐久性=『極小』と表記されています。

加工は難しくないので加工精度が問題ではありません。
単純に耐久性が最も低い木材だということです。

ちなみに同書によれば質問に書き込まれた樹種は、ナラ=中、タモ=中、程度の耐久性です。
高耐久の馴染みがある樹種は、ケヤキ=大、クリ=大となっております。他の回答にあったチークは『極大』です。

この回答への補足

的確なご回答有り難う御座います。
耐久性「極小」とのことですが、たとえばそれは傷つきやすいとか、メンテナンスが悪いと10年もしたら腐って張り替えなくてはいけなくなるとかそういうことでしょうか。たとえば堅さで言えば杉、檜、桐などは柔らかいですが、床材としてしばしば使われてるようですが、耐久性と堅さとは別物なのでしょうか。耐久性「極小」であることによりフローリングとして用いた場合、どんなことが起こりうるのでしょうか。教えてください。

補足日時:2002/05/22 17:01
    • good
    • 2

以前の回答では柔らかくて使用できないと書いてあったのですが、私の意見は少し違うのです。


使われているのはゴムの芯材だと思いますよ。ゴムの木もゴムが採取できなくなれば切り倒して新しいゴムの木を植林していきます。
その切り倒したゴムの芯材を使って床板に加工していると思われます。
恐らく数年前までは棄てられていたかチップに廻っていたのではないでしょうか・・・?
逆に有効利用・・・?
最近ではチーク等の南洋材が高騰してきたのでゴムの木に目が留まってそれを床板にということになったと思われます。
ゴムの木の芯材は本当に堅いのです。だからその箱にも堅く強いと表示されていたと思います。
使った事があり経験上ですので堅い柔らかいは感じでしかないのですが(丸のこ刃から煙が出るくらい堅かった)

確かに床板の加工精度の問題は出てくるでしょうね、人工乾燥の出来しだいではねじれたり縮んだりしてくるようです。
まぁ北米産のオークの無垢板等も結構狂いますからね。
    • good
    • 2

ナラやタモと比較する価値のない木材です。


性能云々を言う以前の問題です。
正直にゴムの木と書けないことがその証しでもあります。

プリント合板よりはマシですが、市販されている木材では最低グレードのひとつです。

先日も同様の質問がありました。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=270499
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゴムの木についてです。

ゴムの木についてですが二ヶ月前にゴムの木を頂いたのですが、最初のうちは育て方が分からず日陰で、水も少なくしてたのですが、葉っぱが非常に多く落ちてきたので調べてみると育て方が逆だったことに気づいて葉やけしないように日向においたのですが、落ちていくペースは格段に遅くなったのですが新たに葉っぱは出てこず、5枚あった葉っぱは2枚しか残っていなくて、このまま育てた方がいいのか挿し木や切戻しをしたほうがいいのか悩んでます。木の長さは150cmほどあります。
どうしたらこの状態から復活できるか教えてください。

Aベストアンサー

よくぞ調べられました。分からない点や不明な点は直ぐに調べて見るのが
基本です。栽培方法が全て逆だった事に気が付かれたのは立派です。

今までが全て逆の栽培方法をされていましたよね。調べて正しい栽培方法
に変えたからと直ぐに状態が良くなるって事はありません。
ゴムの木にも生育の周期があります。その周期に戻させる事が今行うべき
事です。焦らないで地道に正しい管理方法を続けて下さい。

150センチで葉が2枚のようですが、150センチで葉が5枚でも完全に少な
過ぎます。この程度の大きさなら、最低でも葉は15枚は必要です。
葉が出る部分は葉が今まで付いていた部分ではありません。先端を見ると
赤く尖っている物が見えるはずです。この部分が生長する事で葉が出ます。

再生させる方法としては取り木が良いでしょう。取り木の方法は調べれば
分かりますが、とりあえず流れ程度に手順を書きます。不明な点は自分で
調べるも良し。次回に僕に質問されても構いません。

まず取り木をするために必要な材料を用意します。ホームセンターで水苔を
購入します。透明ナイロン袋1枚。細くて丈夫な紐(PPロープの一番細め)。
カッターナイフ(出来れば大きい物)。水差し。
ナイロン袋はカッターナイフで切って1枚にします。水苔は一握りより少し多め
をバケツに水を入れて浸して置きます。紐は30センチ程度を2本用意します。

多分葉は先端にしか無いと思います。そうなら一番下の葉から10cm程度
の部分にカッターナイフで360度の切り込みを入れます。この時に深く切り
込みをしないで下さい。切っていると分かるはずですが、緑の皮は簡単に
切れますが、それ以上は固くて切れないはずです。切り込みを入れるのは
緑の皮だけです。360度切り込みを入れたら更に1センチ下に同じように
切り込みを入れます。この1センチの部分の皮を剥ぎ取ります。

次に十分に水を含ませた水苔を軽く絞り、適量を皮を剥いだ部分に当てま
す。ナイロン袋で水苔を包むように巻きます。ナイロンの下部を紐で強めに
縛ります。上部は軽く縛ります。これは水苔が乾く前に水を入れるために、
簡単に解けるようにするためです。絶対に固く縛らないで下さい。

水苔を乾かさないように注意ながら管理をすれば、約3週間程度で緑の皮
を剥いだ部分から根が出ます。そのまま管理を続け、ナイロンから根が見え
るようになればナイロンを外し、皮を剥いだ部分の下付近で切り離します。
土に植付けますが、水苔を取ると根が傷むので、水苔を付けたまま植付け
をします。

茎だけ残された状態になりますが、地際から20cm程度で切れば新芽が
出ます。

検索する場合は「取り木」です。作業方法は環状剥皮(かんじょうはくひ)
です。

よくぞ調べられました。分からない点や不明な点は直ぐに調べて見るのが
基本です。栽培方法が全て逆だった事に気が付かれたのは立派です。

今までが全て逆の栽培方法をされていましたよね。調べて正しい栽培方法
に変えたからと直ぐに状態が良くなるって事はありません。
ゴムの木にも生育の周期があります。その周期に戻させる事が今行うべき
事です。焦らないで地道に正しい管理方法を続けて下さい。

150センチで葉が2枚のようですが、150センチで葉が5枚でも完全に少な
過ぎます。この程度の大きさな...続きを読む

Q無垢材(パイン)床の手入れ方法について

7月に一戸建てに入居、なんせ初めてのマイホーム購入でいろいろと適切なアドバイスありがとうございます。
今回は無垢(パイン材)の床の手入れ方法について詳しい方のアドバイスお願いします。以前の質問は一応、拝見しましたがいまいち理解できません。そろそろ3ヶ月が経つ事から床の手入れが必要かと考えていますが、疑問点が!!
 (1) 手入れ方法は「ワックス」それとも「ニス」?     その特徴は?
 (2) どういう材料がベスト(ベター)
 (3) どれくらいの頻度で?
無垢床はやわらかく傷が突きやすいのは難点ですが、見た感じも肌触りもすごく気に入っています。少しでも長く利用したいと思っていますので良いアドバイスお願いします。
 
 

Aベストアンサー

子供が、汚れた足で歩く場所、台所などで、水や液体がこぼれる場所は、ワックスをかけた方が良いと思います。しかし、ワックスは、耐水性はないので、すぐに拭かなければ、汚れはしみ込みます。

ワックスを掛けると艶が出ます。足触りも違って来ます。ワックスの頻度は、その感触がなくなった頃です。ワックスをかけると乾拭きは楽にはなります。

ワックスは、素材の色合いが変わりません。木ロウ(はぜの木の実から取る)、蜜ロウ(ミツバチの巣から取る)をペースト状にした自然系ワックスが使い易く、健康にも良いです。固形の木ロウは、昔から使われています。ワックスは、全体に使う前に、部分的に塗ってテストしながら使えます。

しかし、現在の感触が気に入っておられるなら、ワックスは、必要ありません。乾拭きが一番です。ユカでごろごろする場所もワックスを掛けない方がよいでしょう。

ワックスや塗料を塗るのは板の表面だけで、裏面は生地のままです。ワックスや塗料で板の寿命が延びる訳ではありません。板の寿命は、床下の湿気、根太の腐れなどによるたわみ等による影響の方がずっと大きいのです。

子供が、汚れた足で歩く場所、台所などで、水や液体がこぼれる場所は、ワックスをかけた方が良いと思います。しかし、ワックスは、耐水性はないので、すぐに拭かなければ、汚れはしみ込みます。

ワックスを掛けると艶が出ます。足触りも違って来ます。ワックスの頻度は、その感触がなくなった頃です。ワックスをかけると乾拭きは楽にはなります。

ワックスは、素材の色合いが変わりません。木ロウ(はぜの木の実から取る)、蜜ロウ(ミツバチの巣から取る)をペースト状にした自然系ワックスが使い易く、健...続きを読む

Qゴムの木の種類

ゴムの木の種類についてご質問があります。
通常のゴムの木というのは枝分かれがしていないで
背丈がどんどん伸びていくと思うのですが,
時々、いくつにも枝分かれしたボリュームのあるゴムの木を見かけます。
これは種類が違うのでしょうか?
それとも、とり木などをすると枝分かれしていくのでしょうか??

うまく質問できないのですが,もしお分かりの方がいらっしゃいましたら
解答をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは ここに「ゴムの木の種類」があります
http://www.srij.or.jp/contents/mametisiki.html

Q保管していたパイン集成材にカビが生えてしまいました。カビを落として少しサンダーをかけて使用しようと思

保管していたパイン集成材にカビが生えてしまいました。カビを落として少しサンダーをかけて使用しようと思いますが作成した後からカビが生えてくるようなことがありますでしょうか?
仕上げはワトコオイルを塗る予定です。

Aベストアンサー

カビ駆除剤を散布し木材を日当たり良く
風通りの良い所へおいておく数日後に削る。
表面を処理して完成
家庭用の漂白剤、カビキラーでも効果はあります。

一度カビが生えると
湿度がある場所に使うのは向きません 
乾燥してるとろろに使うなら問題なしです

Qゴムの木について

こんにちは。会社の受付に ゴムの木をもらいました。ゴムの木ですといわれたんですが、ゴムの木では初めてみる葉の形ですが、種類があるんでしょうか?ちなみに 戴いた木は 葉はしっかりしてますが ひらひらした感じの葉です。

Aベストアンサー

kosumosusaku様

「ひらひら」というのは葉が丸くないということでしょうか?
かしわもちについてるカシワの葉っぱみたいなんではないかと・・・。
そうすると、おそらくカシワバゴムだと思います。
一般的なデコラゴムと栽培方法に違いは無いかと思いますが、
この名前で検索してみてください。

Qムクの床材と床暖房

専門的なことが何も分かりませんので教えて下さい。ムクの床材で床暖房ってできるのでしょうか。また、2階リビングに床暖房は必要でしょうか。暖かな空気は上にいくので、1階の暖かな空気が2階にいき、あまり必要ないのかなと思ったりしますが・・

Aベストアンサー

知っている範囲で、お答えさせていただきます。
(「教えてgoo」からアクセスしていますので、知っているけど教えないなら、回答する価値はありませんので)

>ムクの床材で床暖房ってできるのでしょうか
可能ですが、無垢の木材の特性上苛酷な使われ方となります。含水率(木材に含まれる水分の割合)が5%程度の物が推奨されております。

入手が容易な物を紹介すると、

・イゼナ
http://www.izena.co.jp/yukazai/index.htm
・ミャンマーチーク販売
http://www.kentiku-web.com/company/myanmar/yukadan.htm
・シード
http://www.seed21.co.jp/

などがあります。
イゼナの商品は国産材を使用しており、森林資源の活用という点ではお薦めです。
m2あたり9千円から一万7千円と開きがあり、また、個々の性能評価という点では、床暖房システムとの相性がありますので、各社の実績ある床暖房システムに合わせてお使いになる方が狂いが生じにくいと思います。

>2階リビングに床暖房は必要でしょうか
一階と二階の生活サイクルが同じで且つ、一階の天井の熱が二階の床に伝わりやすい構造をとるならば不要です。

しかし、一階で床暖房を採用した場合、暖房効率が向上し天井付近を暖める「ムダ」な熱量が減少しますので、間欠暖房を採用される一般の住宅の場合は、一階と二階の暖房は切り離して考慮された方が良いでしょう。

床暖房は暖房が効き始めるには時間がかかり、さらに特定の対象物を効率的に狙って温めるわけではないので、ランニングコストが上昇する傾向にあります。
生活スタイルと家族の動線、さらには家族の環境対応性(老人・幼児)などを十分に考慮して、実態に即した暖房計画が必要です。

>1階の暖かな空気が2階にいき、あまり必要ないのかな
一階から上昇した空気は、二階でも上昇し天井付近を重点的に暖めることになりますので、床暖房が不要な理由にはなりません。

知っている範囲で、お答えさせていただきます。
(「教えてgoo」からアクセスしていますので、知っているけど教えないなら、回答する価値はありませんので)

>ムクの床材で床暖房ってできるのでしょうか
可能ですが、無垢の木材の特性上苛酷な使われ方となります。含水率(木材に含まれる水分の割合)が5%程度の物が推奨されております。

入手が容易な物を紹介すると、

・イゼナ
http://www.izena.co.jp/yukazai/index.htm
・ミャンマーチーク販売
http://www.kentiku-web.com/company/myanma...続きを読む

Qゴムの木から出来た床材について

ゴムを採取した後のゴムの木を利用した製品が、家具などで多くありますが、最近床材もあることを知りました。一般的にはゴムの木とは書かず、ラバーウッドと書かれているため、気づきませんでした。自宅の床材にこのラバーウッドフローリング(無垢集成材)を利用しようかと考えていますがこの商品の床材としての性能はいかがでしょうか。ご存じの方教えてください。値段がナラ、タモなどに比べて安いので魅力的なのですが性能がどうなのか分からないので悩んでいます。

Aベストアンサー

>耐久性「極小」であることによりフローリングとして用いた場合、どんなことが起こりうるのでしょうか。教えてください。

耐久性とは、木材として使える状態が保てるかどうかの条件の度合いを言います。
ダンボールを例に取ると、紙のリサイクルで作られています。
すなわち元は木材です。

ダンボールを床に敷いたことを想像してください。
例え表面をウレタンでがちがちに固めたとして、水分を吸い込んだらどうなるでしょう。

すぐにぼろぼろになってしまいます。

先の回答で「青変菌に侵されやすい」と書いたことがこれに該当します。
木が腐るということは菌が繁殖して木材の繊維が壊されることを言います。
日常生活で発生する湿度変化、床下からの水分上昇、塗装の亀裂からの水分の浸入、これらに対してほとんど無防備です。

杉、檜、桐は柔らかいが建材として使われてきた歴史を見てお解りのとおり、耐久性があり住宅に向いています。
硬いからと言って「カス」の木を、耐久性という住宅建材として最も注目すべき点を無視して採用されたゴムが住宅に使われることがまず間違いです。

間違った使われ方をしている素材がリサイクルだとか、廃材の有効利用だという理屈は当てはまりません。
リサイクルなら何でも良いとは参りません。
ダンボールの床で我慢できる方は、質問者の利益を度外視してでも自己主張して結構ですが・・・。
このサイトは質問者以外にも『閲覧者』として多くの方が情報を求めて訪れます。
公共の利益に供する情報を発する必要がある場合に、個人の主張は不適切です。

安い床材をお求めのようなので、特ダネを伝授しましょう。
信州の長野県森林組合連合会のある森林組合で「ケヤキ」の床材のB級材をもてあましているそうです。
短尺材や色合わせが難しいなどの、建材としての本質とは違った点で建材として流通しにくい製品があります。

ネットで各地の森林組合に連絡が取れますから、いろいろ当って探してください。
市場に出回っている木材には市場の都合で流通されているものが多くあります。
ゴムノキはその最たるものですが、他にもホワイトウッドなど消費者を無視した素材がありますので、ネットで検索するなどして間違った情報に惑わされないように注意してください。
こういった専門的な知識を要する情報の質問をお求めの方は、回答に対する自信を重視してください。

>耐久性「極小」であることによりフローリングとして用いた場合、どんなことが起こりうるのでしょうか。教えてください。

耐久性とは、木材として使える状態が保てるかどうかの条件の度合いを言います。
ダンボールを例に取ると、紙のリサイクルで作られています。
すなわち元は木材です。

ダンボールを床に敷いたことを想像してください。
例え表面をウレタンでがちがちに固めたとして、水分を吸い込んだらどうなるでしょう。

すぐにぼろぼろになってしまいます。

先の回答で「青変菌に侵されや...続きを読む

Q建材は檜と集成材のどちらがいいの?

三階建てを建築します。今、設計をしてい最中です。
業者から建材を檜の四寸角か、集成材かを選んで欲しいと言われました。説明は受けたのですが、業者的には集成材がアバレが無くてお勧めらしいのです。素人考えでは無垢材の檜の方がいいような気がするのですが・・。詳しい方ご回答お願いします。

Aベストアンサー

>建材に詳しいようですが、大工さんですか?
>暴れが出た場合、今後どの位の影響が出るのでしょう?実家は築26年の戸建ですが、引き戸の建てつけが悪くなったり、ユニットバスのドアが開かなくなったりして補修してます。実家の場合、地盤の影響もあるようです。一概には言えないと思いますが、ドアが開かなくなったりしてしまうのでしょうか?

建築士です。
普通に乾燥材を使えば生活に支障の出るようなアバレはほとんどありません。ドアが開かない云々は地盤の問題か、工事の不良だと思います。
ただ何らかの不具合が出たときに、「あなたが無垢材を選んだから仕方ないですよ」と口実にする可能性はありますね。

Q「leopard gum」とは? ゴムの木の一種?

 「leopard gum」の和語をご存知の方、教えてください。
 多分、ゴムの木の一種かとは思うのですが、、、。

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

翻訳のためならレオパード・ガムとして( )内に説明を書けばよいと思います。専門用語なら業界の人に確認するのがよいでしょう。ゴムの木ではなく、ある種の木の実のニック・ネームのようですね。その木に豹が好んで登るのかも知れません。

参考URL:http://www.ibiblio.org/herbmed/eclectic/usdisp/flindersia.html

Q無垢材にワックスって

こんにちは。
お世話になります。現在、新築中の者です。
ドア、幅木、縁、チェアレール等、無垢で仕入て、表面に「天然ワックス」を
塗る(掛ける)ことにしましたが、仕上がり状態がいまいちピンっときません。
設計者に聞いたところ、この状態から若干だけ水にぬれた感じになるそうです。
それでも解かりません。ちなみに、ワックス、ラッカー、ステインでは、
それぞれどのように違う仕上がり状態になるのでしょうか?
たとえば、表面のツヤとか手触りとか色の濃さとか。。。
ナチュラルカラーはOKなのですが、来た部材があまりにも予想してたより
白っぽく、これからどのくらい希望(予想してた)色に近づけるものなのか、
ちょっと心配になってます。
どなたかこの辺に詳しい、もしくは経験者および専門家からの回答を宜しく
お願い申し上げます。

Aベストアンサー

普通は要求すれば仕上がり見本は見せてくれるのですが、ありませんか。
素材の切れ端、ワックスのサンプルを要求し塗ってみたらいいでしょう。
色、艶、仕上がり感は別問題です、色はそれぞれの方法で着色できます。
ナチュラルカラーですとほとんど着色していないか素材に近い色でしょうね。
艶はつや消し剤を入れて調整します、ですからワックスもある程度調整できます。
仕上がり感、塗膜厚みはワックスやステインにはほとんどありませんから
素材に近い手触りです、ラッカーになりますと厚みがあり滑らかになります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング