痔になりやすい生活習慣とは?

現在、アパート一棟のオーナーになろうと勉強をしています。

最近、アパート経営で不労所得を得るには、まず個人事業の開廃業届出書を税務署に提出しなければいけないような話を聞きました。

うちの会社ではいわゆる「副業禁止」の規則があり、「自ら事業を営んではならない」となっています。

個人事業の開廃業届出書は必須で提出する必要があるのでしょうか。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

必須ではありません。


大家してますが面倒なので開業届けは出しておりません。
個人事業主となれば青色申告で節税ができるのがメリットです。年300万以上の副収入があるのでしたら、どっちみち記帳の義務があるので開業届けを出したほうがいいです。会社でも副業とはみなさないのではないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアパートに住んでいる方に立ち退いてもらいたい。

アパートに住んでいる方に立ち退いてもらいたい。
大家が高齢でもう管理が出来ないこと、アパートがものすごい老朽化していることが原因です。
文書の作り方等参考になるHPを探しているのですが見つかりません。
なんでもいいので情報を頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

文書には「出て行く日にち」と「立ち退きに関する費用負担」を書いてそれにサインして貰ってください。


相手には居住権がありますので、費用負担ゼロでいいと言ってくれるなら0円でも構いませんし、
いくらお金を積んでも出て行かないと言われたら裁判で立ち退き料を査定して貰うしかありません。

立ち退き料の相場はあって無いようなものなので難しいですが、
私が知る限りでは

居住年数
1~5年=引っ越し費用(敷金礼金+前家賃+引っ越し業者代)負担
6~10年=引っ越し費用負担+50万
10年~15年=引っ越し費用負担+100万
20年以上=引っ越し費用負担+200万~

だいたいこのぐらいが多いです。
もちろん家賃や状況によっても大きく変わりますのであくまでも参考程度にご覧ください。

Q個人事業の開業届出書

アパート経営を考えています。

1棟6世帯の場合は、「個人事業の開業届出書」の提出は不要でしょうか?

また、不要の場合でも、「青色申告の承認」は出した方が有利なのでしょうか?

Aベストアンサー

>1棟6世帯の場合は、「個人事業の開業届出書」の提出は不要でしょうか?


◇事業規模の不動産所得であるかどうかの判定基準は、所得税法基本通達にあります。

所得税法基本通達26-9(建物の貸付けが事業として行われているかどうかの判定)
「 建物の貸付けが不動産所得を生ずべき事業として行われているかどうかは、社会通念上事業と称するに至る程度の規模で建物の貸付けを行っているかどうかにより判定すべきであるが、次に掲げる事実のいずれか一に該当する場合又は賃貸料の収入の状況、貸付資産の管理の状況等からみてこれらの場合に準ずる事情があると認められる場合には、特に反証がない限り、事業として行われているものとする。

(1) 貸間、アパート等については、貸与することができる独立した室数がおおむね10以上であること。

(2) 独立家屋の貸付けについては、おおむね5棟以上であること。」

ですから1棟6室のアパート経営ならば事業規模の不動産所得とは言えません。

◇次に、所得税法には、”事業”を開始したら「開業届」を提出するようにと書いてあります。

所得税法第二百二十九条(開業等の届出)
「 居住者又は非居住者は、国内において新たに不動産所得、事業所得又は山林所得を生ずべき”事業”を開始し、又は当該事業に係る事務所、事業所その他これらに準ずるものを設け、若しくはこれらを移転し若しくは廃止した場合には、財務省令で定めるところにより、その旨その他必要な事項を記載した届出書を、その事実があつた日から一月以内に、税務署長に提出しなければならない。」


ですが質問者のアパート経営は”事業”ではないので、「開業届」の提出は不要です。


>また、不要の場合でも、「青色申告の承認」は出した方が有利なのでしょうか?

租税特別措置法第二十五条の二(青色申告特別控除)の規定により、 不動産所得のある者が「青色申告承認申請書」を出せば最大10万円の青色申告特別控除を受けられるから有利です。

ちなみに、不動産所得のある者のうち、事業規模の不動産所得のある者が「青色申告承認申請書」を出せば、最大65万円の青色申告特別控除を受けられます。また「青色事業専従者給与に関する届出書」を出せば、同一生計の親族の専従者に払う給与を事業の必要経費に算入することができます。

なお「青色申告承認申請書」は、「開業届」の提出の有無に関係なく提出することができます。

>1棟6世帯の場合は、「個人事業の開業届出書」の提出は不要でしょうか?


◇事業規模の不動産所得であるかどうかの判定基準は、所得税法基本通達にあります。

所得税法基本通達26-9(建物の貸付けが事業として行われているかどうかの判定)
「 建物の貸付けが不動産所得を生ずべき事業として行われているかどうかは、社会通念上事業と称するに至る程度の規模で建物の貸付けを行っているかどうかにより判定すべきであるが、次に掲げる事実のいずれか一に該当する場合又は賃貸料の収入の状況、貸付資産の管理の...続きを読む


人気Q&Aランキング