原戸籍というものは普通の戸籍とどのようなところが違うのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

出生地 本籍」に関するQ&A: 出生地と本籍

A 回答 (3件)

平成改製原戸籍とは、従来の紙の戸籍及びそれを画像化しコンピューター処理されたもののことになります。

    • good
    • 0

改製原戸籍はkyaezawaさんのお答えのほか、戸籍のコンピュータ化によってもできます。


現在、一部自治体で戸籍も住民票のようにコンピュータ化がされています。コンピュータ化されるまえの簿冊式の戸籍が改製原戸籍になります。
近い将来、全ての自治体で戸籍をコンピュータ化するようです。
    • good
    • 0

今まで、大幅な法の改正により、戸籍の記載方法が変わってきています。

最近では、昭和22年の民法改正により、それまで、家中心主義(おじいちゃんから、お嫁さんから、孫まで全部)だったのを、今のように、夫婦ごとに編成されることになりました。その改製される前の戸籍を「改製原戸籍」と呼んでいます。略して「原戸籍」です。当然古い戸籍です。

現在の戸籍(現在戸籍)とは一般に、日本国籍を有する全ての人を対象に、その身分関係 を登録公証する公簿です。夫婦と未婚の子を単位として編製されており、次のような項目が記載されています。
本籍 筆頭者 戸籍編製事項 身分事項 父母の氏名と続柄 配偶者 名 生年月日

生まれてから亡くなるまでの間、ずっと同じ戸籍であれば、親子・夫婦関係などを証明するための戸籍は1つでよいのですが、婚姻や子の出生によって、自分たちの戸
籍を作ったり、原戸籍のように法制度の変更によって、改製されたり、「本籍地が遠 くて不便」などの理由で、転籍届出をされた場合にはご自分の戸籍(除籍・原戸籍)
が複数あることになります。
そのため、証明を必要とする事柄によっては、除籍や原戸籍をさかのぼって申請する必要があります。

参考URL:http://www2.city.minoh.osaka.jp/SIMIN/SHOUMEIHAK …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても早く回答していただきまして、ありがとうございました。
何を調べれば疑問が解けるか悩んでいたのですが、こんなにもすぐにわかったことに驚きです。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/01/13 10:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戸籍と原戸籍との違い?

先日原戸籍という言葉を聴きました。
戸籍とは違う物なのでしょうか?
戸籍と原戸籍との違いを教えてください!

Aベストアンサー

 こんにちは。以前、仕事で戸籍事務をしていました。少し専門的になりますが、僭越ながら皆さんの補足をさせていただきます。

(戸籍の変遷)
・明治5年式戸籍 
 日本で最初に全国統一様式の戸籍ができたのが、この「明治5年式戸籍」です。この戸籍は実施の年が壬申の年だったので、一般に「壬申戸籍」(じんしんこせき)といわれています。

・明治19年式戸籍 
 戸籍様式、戸籍制度の改革により、屋敷番制度ではなく地番制度が採用されました。そして、除籍制度が設けられたのがこの戸籍からです。(それまでは除籍という概念がなかったんですね。)

・明治31年式戸籍 
 明治31年に制定された民法(旧民法)で、「家制度」が制定され、人の身分関係に関しても詳細な規定を設けられることになったので、それらの事項を登録できるようにするために、戸籍は内容が変わりました。
 この戸籍の大きな特徴は、戸籍簿の他に「身分登記簿」制度を設けたことです。身分関係の届出や報告はすべてこの「身分登記簿」に記載されるようになりました。
 
・大正4年式戸籍 
 「身分登録簿」を廃止したことによって、記載内容が詳細になったのがこの戸籍です。それまでの明治31年式戸籍は改製することなくその効力が認められました。
 
・昭和23年式戸籍 
 これが現在の戸籍です。昭和23年といっても、それまでの戸籍が実際に改製されたのは昭和32年頃です。

(改正原戸籍とは)
・以上記載してきましたうち、「改製原戸籍」は「大正4年式戸籍」や「明治31年式戸籍」そして「明治19年式戸籍」です。
 ちなみに「改製原戸籍」は請求すれば取得できますが、「明治5年式戸籍(壬申戸籍)」は保存はされているようですが公開されません。そういう意味で、「明治5年式戸籍」は「改製原戸籍」に含みません。

(戸籍とは)
・今現在使われている様式の戸籍です。その「除籍」もその範疇に入ります。

(おまけ)
・「改製原戸籍(かいせいげんこせき)」は業界用語(?)で「はらこ」と言います。初めて聞いたときは?でしたが、「改製原戸籍(かいせいげんこせき)」→「原戸籍(げんこせき)」→「原戸(はらこ)」と略して言ったそうで、妙に納得した覚えがあります。
 「はらこ」って言うと「イクラ」見たいですね(笑)。余談でした。

 こんにちは。以前、仕事で戸籍事務をしていました。少し専門的になりますが、僭越ながら皆さんの補足をさせていただきます。

(戸籍の変遷)
・明治5年式戸籍 
 日本で最初に全国統一様式の戸籍ができたのが、この「明治5年式戸籍」です。この戸籍は実施の年が壬申の年だったので、一般に「壬申戸籍」(じんしんこせき)といわれています。

・明治19年式戸籍 
 戸籍様式、戸籍制度の改革により、屋敷番制度ではなく地番制度が採用されました。そして、除籍制度が設けられたのがこの戸籍からで...続きを読む

Q改正原戸籍・除籍の請求先について

改正原戸籍・除籍の請求先について

現在、横浜市内で田中さん(仮名)という人と結婚して暮らしています。
以前、川崎市内で鈴木さん(仮名)という人と結婚していました。
私も鈴木さんも福岡市生まれで、福岡市に本籍地がありました。
(私は現在、本籍地を横浜に移しました)

この場合、
「私と鈴木さんが婚姻関係にあり、除籍された」
ことを証明する書類を請求したいのですが、それは
川崎市、福岡市のどちらに請求すればいいでしょうか?
また、改正原戸籍と除籍のどちらを請求すればいいでしょうか?
(両方必要でしょうか?)

Aベストアンサー

こんばんわ。

私(質問者さん)と鈴木さんが婚姻関係にあったこと、及び
婚姻を解消、又は転婚したことを証明するには、
私(質問者さん)と鈴木さんが婚姻を解消、又は転婚した
当時の本籍地に除籍又は改製原戸籍を請求します。
請求は郵便請求できます。
本籍地の役所のホームページから請求書様式をダウンロード
できる場合がほとんどです。
たいていの場合、記入例や請求方法が載っています。

私も鈴木さんも福岡市に本籍があったということですが、
私と鈴木さんが婚姻届をした時に、夫婦の本籍を変える
こともできたはずです。

よくあるのは、夫の従前の本籍地をそのまま夫婦の本籍
とする場合や、夫婦の新居地を本籍とする場合が多いです。

よく覚えていない場合は、いま現在の戸籍謄本を取得し、
私(質問者さん)の婚姻事項をお読みください。
田中さんと婚姻する直前の本籍と筆頭者の氏名が
記載されています。

改正原戸籍と除籍のどちらを請求すればいいでしょうか。

⇒請求書の備考欄に、
「私と鈴木さんが婚姻関係にあり、除籍された」ことを
証明できるものを希望します。などと記入しておけば、
役所の方がそれに応じた除籍や改製原戸籍を発行して
くれます。

手数料は1通750円だと思います。
郵便局で定額小為替を購入し同封してください。
それと、本人確認のための運転免許証の写しと
返信先を記入して切手の貼った返信用封筒も
同封する必要があると思います。

こんばんわ。

私(質問者さん)と鈴木さんが婚姻関係にあったこと、及び
婚姻を解消、又は転婚したことを証明するには、
私(質問者さん)と鈴木さんが婚姻を解消、又は転婚した
当時の本籍地に除籍又は改製原戸籍を請求します。
請求は郵便請求できます。
本籍地の役所のホームページから請求書様式をダウンロード
できる場合がほとんどです。
たいていの場合、記入例や請求方法が載っています。

私も鈴木さんも福岡市に本籍があったということですが、
私と鈴木さんが婚姻届をした時に、夫婦の本籍を変える
こ...続きを読む

Q改正原戸籍 

改正原戸籍とは、戦後生まれ(昭和も後半の人)の人の資料ではないのでしょうか?
戸籍謄本を始めて取り寄せてみよと思いますが、改正原戸籍という言葉を聞いたのが初めてです。
私は両親健在で、結婚もしておりません。
私の名前で改正原戸籍なんて取り寄せても、そこに私の名前が無いのなら、しょうがないですよね

Aベストアンサー

いちばん参考になるサイト

http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/hensen.html
戸 籍 制 度 の 変 遷


>改正原戸籍とは、戦後生まれ(昭和も後半の人)の人の資料ではないのでしょうか?

ある段階で様式が変わり、戸籍簿を転記したときの、その転記前のものを「はらこせき」と呼びます。
その段階というのが、何回かあるようです。上記サイトより


>私の名前で改正原戸籍なんて取り寄せても、そこに私の名前が無いのなら、しょうがないですよね



いやあ、取り寄せればのっていると思います。
今は何でもコンピュータの時代ですが、ちょっと前までは紙の時代でした。世は平成なのに。

戸籍の取得は、(自分の戸籍がどの時点で改製もしくは転籍などされたか=転記されたかわかっていれば、いついつの戸籍と指定して請求できるのですが)、わからなければ、ひとつづつ、戸籍を取りながら、内容をよく読んで、さかのぼって調べます。
ちなみに、戸籍の請求書にはわざわざ「平成改製原戸籍の取得」の欄があります。


なので、あなた様が今の最新の戸籍をとって、さらにひとつ前の戸籍をとれば(平成改製原戸籍=紙で記録されたやつ)、そこにも名前が載っていて、さらに、あなたが生まれてから、転籍があったりすると、その期間の戸籍もとれば、今までのとつながってきます。

私も、自分の生まれてからのをとりましたが、4つぐらいあります。
ちなみに子供については、子供が生まれてからいちど転籍をやったので、2種類存在していることになります。


ちょっと原戸籍の話と、転籍や結婚した場合の戸籍の編製のはなしと、いりこみましたが、どちらにも言えることは、戸籍としては新しい戸籍簿に書き換えられるため、その時点の戸籍をすべて取らないと、出生から現在までの1本の戸籍にはつながらないということです。
本籍地が基本的に大事な要素なので、ご自分の本籍地にいままで変更はないのかどうかをよく考えながら、もしわからなければ、親とか、戸籍を取得した役所の人に尋ねるのがよいでしょう。

いちばん参考になるサイト

http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/hensen.html
戸 籍 制 度 の 変 遷


>改正原戸籍とは、戦後生まれ(昭和も後半の人)の人の資料ではないのでしょうか?

ある段階で様式が変わり、戸籍簿を転記したときの、その転記前のものを「はらこせき」と呼びます。
その段階というのが、何回かあるようです。上記サイトより


>私の名前で改正原戸籍なんて取り寄せても、そこに私の名前が無いのなら、しょうがないですよね



いやあ、取り寄せればのっていると思います。
今は何...続きを読む

Q改製原戸籍とは何ですか?

改製原戸籍とは何ですか?
普通の戸籍謄本とどう違うのでしょうか。
そして、原戸籍の原をゲンと呼ばすに
ハラと呼ぶのは何故なんでしょうか。
どなたか教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

>改製原戸籍とは何ですか?
制度自体に変更があり戸籍を新しくしなければならなくなった場合に、従来の戸籍は除籍となり、戸籍が新しく更新されます。(これを改製といいます)

この時の従来の戸籍の事を改製原戸籍と呼びます。

>普通の戸籍謄本とどう違うのでしょうか。
単に上記の意味で使っています。

最近ではコンピュータ化するために改製が行われました。

>原戸籍の原をゲンと呼ばすにハラと呼ぶのは何故なんでしょうか。
「現戸籍」と音が同じだから区別しやすいようにそう呼ぶ習慣が生まれました。
正式にはげんこせきです。
「化学」を「ばけがく」と呼ぶのと同じです。

Q父の戸籍と、私の戸籍の父の欄の表記が違う

要約しますと、父の戸籍上の漢字(又は父の住民票の漢字)と
私の戸籍上に記載されてる父の欄の漢字が、違うのです。

具体的には、父の名前の一字に「しずか」という漢字が使われてます。
戸籍上は「静」ではなくて右の「争」の字だけが旧書体での「爭」なのです。
左は「青」です。しかし、私の戸籍の父の欄には「靜」が使われてます。

間違いに気がついたのは、私が結婚して戸籍を作ってからすぐです。
役所に聞いたら「父の戸籍上の名前の漢字はたぶん誤字で、漢字が無いので、
あなたの戸籍の父の欄は旧書体表記になってる」みたいな事を言われました。

しかし最近、父の戸籍が電算化の横書き戸籍になり旧書体に変更されてると思いきや、
以前の戸籍名のまま印字されてますし、父の住民票も電算化後も戸籍と同じ表記です。

ほんのわずかな違いで当の本人は全然気にしてませんが
私は最近どうも気になります。訂正はできるでしょうか。

Aベストアンサー

「静」の字は非常に複雑です。
正字は「静」ですが、
標準的な俗字は「靜」になります。
つくりの部分を「爭」とする場合の辺部を
「青」という書体にするのは、あるいは誤字扱いに
する場合と、俗字対応とする場合とが
実は自治体によって違いがあるらしいのです。
なので、電算処理によって標準的な俗字に
整理するのであれば「靜」になるというのも
ごく普通に考えれる字体対応なんです。
どちらも同じ旧書体なのですが、戸籍実務六法に
記載される標準的な俗字として「靜」で対応
する方が優先されるかもしれません。
誤字扱いになった場合には、
戸籍改正時に俗字に整理されるからです。
お父様の戸籍所在地では「青」に「爭」は
誤字扱いになっていないからだと思いますよ。

もう一点、あなたの戸籍の父欄と父の戸籍との
記載字体にズレが生じるのは、字体を
記載しなおすのは、あなたが戸籍異動して、
記載移記を行う必要が生じた場合に
行われるためです。
父の戸籍で変動が合った結果は貴方の戸籍には
連動して反映しません。
訂正する場合には訂正事項を書き添えての
対応になります。
ただ、今回のケースは貴方の戸籍編製時も、
現在もお父様の本籍地での漢字表記自体に変更が
なかったということだと思いますので、
やはり、貴方の本籍地とお父様の本籍地で
「青」に「爭」を誤字とするかどうかの
対応に違いがあるからだと思います。

「静」の字は非常に複雑です。
正字は「静」ですが、
標準的な俗字は「靜」になります。
つくりの部分を「爭」とする場合の辺部を
「青」という書体にするのは、あるいは誤字扱いに
する場合と、俗字対応とする場合とが
実は自治体によって違いがあるらしいのです。
なので、電算処理によって標準的な俗字に
整理するのであれば「靜」になるというのも
ごく普通に考えれる字体対応なんです。
どちらも同じ旧書体なのですが、戸籍実務六法に
記載される標準的な俗字として「靜」で対応
する方が優先さ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報