こんにちは

私はかなり重度のO脚です。
スキーでカービング的なすべりを目指しているんですが、どうも外足(谷足)のエッジのひっかかりをあまり感じず、ズレが大きくなっているようです。
カント調整が可能なブーツにして調節してもあまり効果を感じません。ブーツで歩くと足の外側だけで地面をついてるような感覚です。

一般的に販売されているカント調整が可能なブーツは、重度のO脚まで幅広いレンジで調節できるのでしょうか?やはりカント調整の度合いにも限界があるのでしょうか?

コメントお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。


スキー靴のカント調整は少しの調整しか出来ないので、調整範囲以上に調整したいのであれば、インソールやインナーブーツで調整するしか無いでしょう。簡単な方法ではブーツからインナーブーツを外し、土踏まずのところに厚紙や新聞紙を貼り付けて調整するとか、すねの内側に当て物をするとかが有ります。
知り合いはブーツの裏側を削ると言う荒業を使っていましたが、保証やビンディングの相性の問題からお勧めはしません。
ある程度の費用をかけれるのであれば、ショップに持ち込んで調整してもらいましょう。シェルの加工までしてくれますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yamyamtakeさん、ありがとうございます。

スキー靴のカント調整だけでは調整しきれない場合があることがわかってよかったです。
アドバイスを聞いてインサイドを少し高くした中敷を作ってみました。次雪山に行くのが楽しみです!ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/19 21:01

ブーツがスキー技術の大半を占めるというのは正解だと思います。



ただ、カービングの際に谷足のインエッジのひっかかりを感じないのは、技術的な問題も多分にあるような気がします。
一度プルークでのカービングを試してみて、エッジをしっかりと立てる感覚を掴めばO脚でもインエッジが噛む感じを味わえるのではないかと思います。

まっすぐ(膝を入れて)立った状態で、足裏がフラットにならないと、カービングの最中よりも、むしろ切り替えで板をフラットにしなければならない時に問題ありのような気がします。
一度スクールに入られて専門家に滑りとO脚の関係を診断してもらうのがベストな気がします。

参考URL:http://compe104.cool.ne.jp/bmj.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Boo1985さん、ありがとうございます。

たしかにインエッジのひっかかりを感じないのをブーツだけのせいにしてる面が自分にはあると思います。
たとえO脚でもプルークにすることで必ずカービングの噛む感じが味わえるというのは知りませんでした!だからプルークの練習も重要なんですね。
あと、O脚の弊害がむしろニュートラルポジションにするときに生じるというのも初めて知りました。
自分がスキーの知識はまだまだ知らないことだらけだと痛感しました☆

雪山に行くのが楽しみになってきました。ブーツに少し加工を加えてプルークを試してみます!!

お礼日時:2007/02/20 22:54

#1さんのおっしゃる通り、専門店でのブーツチューンが必要かもしれませんね。

http://compe104.cool.ne.jp/bmj.html

お近くにブーツのチューンができるお店が無いか、ネット検索してみてください。スキー専門店なら大概やっているようですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ceaserさんありがとうございます。

ここまできちんとカスタマイズできるお店があるんですね!!
お金さえあればここでブーツつくりたいんですけどね…。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/19 21:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレグザムのスキーブーツについて

先シーズンにレグザムをはじめて購入しました。これまでNORDICAだったのですが、すすめられて自分も足にあったので切り替えました。板はずっと古いカービングじゃないものだったせいかその靴ではじめてすべったら非常に前にのめるようで安定しなかったのは気のせいかこれはカービング用の板じゃないからか不明です。そういう理由もあるでしょうか。それからレグザムの靴の敷皮ですがかなりうすくて硬いですがこれがメーカーの特徴なんでしょうか。店ではいていた時はそれほど感じなかったのですが、実際なかをみるといままでの靴とちがうとおもいました。問題は
1日はいたあとかなり靴に外部からあきらかに水がはいってしめってくることでした。いちおうお店で対応してもらって足の型によってはこういうことも発生すると言う回答でアフターサービスはしてもらったのですが、いままでそういうトラブルガなかったので極端に足型特殊とはおもってないのですが、新品から補填でちょっと残念な気分です。ただカービングをいちどかりてみたら不安定さはなくなった(気分のせいか)、靴が自然に前傾をたもってくれるようで悪くはないとはおもってますが。レグザム使用経験者のかたおはなしきかせてください。

先シーズンにレグザムをはじめて購入しました。これまでNORDICAだったのですが、すすめられて自分も足にあったので切り替えました。板はずっと古いカービングじゃないものだったせいかその靴ではじめてすべったら非常に前にのめるようで安定しなかったのは気のせいかこれはカービング用の板じゃないからか不明です。そういう理由もあるでしょうか。それからレグザムの靴の敷皮ですがかなりうすくて硬いですがこれがメーカーの特徴なんでしょうか。店ではいていた時はそれほど感じなかったのですが、実際なかをみる...続きを読む

Aベストアンサー

お答えします。

シダスとは熱成形で作成するインソールの代表的な名前です。お好みにより固さも3種類くらいありました。
(固いほうが上級者用と言うか、レーサー好み)

インソールをレンジでチンして、柔らかくなったところへ足を乗せ作ります。

お値段は、店やインソールの種類によっても違うのですがおよそ5000~12000円くらいだったと思います。

詳しくは下記URLを見てください。写真入でバッチリ作る工程がわかりますよ。

参考URL:http://www.carvingmachine.com/material/boots/sidus/

QHEAD(ブーツ)のEDGEシリーズについて(長文です)

今日、ブーツを買うためにショップへ行きました。

私の足は非常に幅広なので、店員さんにHEADの“EDGE+11 SUPERHEAT 3”を薦められました。

結局、その場では購入しないで家に帰り、インターネットで調べてみたところ
男性用ではEDGEシリーズが3種類あることがわかりましたが、仕様を見ていても
専門用語(?)ばかりでさっぱりわかりません。

よろしければ下記の用語の意味を教えていただけないでしょうか?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. カフ&シェル・・・PUとSLの違いは?
2.フレックスインデックスとは?
3.フレックスアジャストとは?
4.リアスポイラーとは?
5.バックルのマテリアルの『ALU ST』と『STEEL』の違いは?
6.ダブルパワーとは?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

カタログによれば、“EDGE+11 SUPERHEAT 3”はエキスパートモデルと記載されており
私にはオーバースペックだと思います。

私の仕様は以下の通りです。
===============================================================
身長:165cm
体重: 62kg
スキー歴:最後に滑ったのは15年も前のことで、当時は急斜面でパラレルターンができました。
===============================================================

情報が不足しているのであれば、ご指摘いただければ補足いたします。

以上、ご回答の程よろしくお願いいたします。

今日、ブーツを買うためにショップへ行きました。

私の足は非常に幅広なので、店員さんにHEADの“EDGE+11 SUPERHEAT 3”を薦められました。

結局、その場では購入しないで家に帰り、インターネットで調べてみたところ
男性用ではEDGEシリーズが3種類あることがわかりましたが、仕様を見ていても
専門用語(?)ばかりでさっぱりわかりません。

よろしければ下記の用語の意味を教えていただけないでしょうか?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. カフ&シェル・・・PUとSLの違いは?
2.フレックスイン...続きを読む

Aベストアンサー

手元のカタログを参考に書きました。


1. カフ&シェル・・・PUとSLの違いは?
 原材料であるプラスチックの名称。
 PU:重いが剛性に優れている為、中上級モデルに採用。
 SL:軽く快適性を主な目的をしている為、初中級モデルに採用。
 
2.フレックスインデックスとは?
 ブーツを履いた状態でヒザを前方へ曲げる際にブーツ自体が元の状態に戻そうとする反発力。
 数字が高いほど力を必要とする。
 ちなみに測定方法が統一されていない為、メーカーによって硬さが異なる。
 店で同じフレックス表示のブーツを履いた際に硬さに違いを感じるのはその為。

3.フレックスアジャストとは?
 ブーツ背面のボルトの着脱によってフレックスインデックスを変化させる事が出来る機能。
 ちなみに「EDGE+11 SUPERHEAT3」だとHARDセッティングではフレックスインデックス90になり、SOFTではフレックスインデックス80になる。

4.リアスポイラーとは?
 ふくらはぎ部分に装着されている部品。
 調整的に前傾姿勢を保つ為に装着されている場合が多い。
 メーカーによってはバックスポイラーと表記しているメーカーもある。
 ちなみにカタログ上の「ADJ」とはふくらはぎの形状に合わせて装着位置を上下に約10ミリ移動させ最適部分に装着(アジャスト)可能と言う意味。

5.バックルのマテリアルの『ALU ST』と『STEEL』の違いは?
 ALU:アルミニウムを主材料とした合金(軽いが製造コストが高い)
 ALU ST:上下の素材をパーツによって使い分け(ALU + STEELの略)
 STEEL:鉄を主材料とした合金(若干、重いがコストが安い)

6.ダブルパワーとは?
 「ダブルパワーバックル」の略称。
 テコの原理を利用して、バックルの開閉を楽にする為の機能。
 他社にも同じような機能があるが、メーカーによって呼び名はバラバラ。

手元のカタログを参考に書きました。


1. カフ&シェル・・・PUとSLの違いは?
 原材料であるプラスチックの名称。
 PU:重いが剛性に優れている為、中上級モデルに採用。
 SL:軽く快適性を主な目的をしている為、初中級モデルに採用。
 
2.フレックスインデックスとは?
 ブーツを履いた状態でヒザを前方へ曲げる際にブーツ自体が元の状態に戻そうとする反発力。
 数字が高いほど力を必要とする。
 ちなみに測定方法が統一されていない為、メーカーによって硬さが異なる。
 店で同じフレッ...続きを読む

Qスキーブーツのうまい履き方

今シーズンからスキーブーツを新調しました。シリアスモデルを購入したのと私の足が幅広なこともあって、結構タイトな状態で履いています。だから、いつも履いた後1時間ぐらいは足が強くしびれます。その時間帯を我慢すると大抵症状はマシになるので、最初からある程度楽になる方法がないかと考えています。例えば、足をマッサージして血行を良くしてからブーツを履くとか、前日から足を冷やしてむくまないようにするとか…。そんなノウハウを持っておられる方がおられましたら、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プロショップで26.5cmでよいと言うのは足型、甲周りの寸法を確認したうえでしょうからブーツとしては適正なのだろうと思います、ただしレース志向のブーツはインナーの厚みも薄いですしカスタムインソールの出来不出来でかなり感じが異なります。

ブーツを履くとき、第一、第二バックルおよび第四バックルは軽く閉じ締め上げない、第三バックルは足が前へずれない様確りとめる。
パワーベルトは軽くとめるだけにして締め上げない。

私の場合はこれでも長めのリフトで足掛けが無いと上に着くまでに痺れることがありますが1~2本軽く滑ったあとまだ痺れるようなら一旦ブーツを脱いで締めなおし様子を見ながら遊びがなくなるよう徐々に締めていくと、その後は1日中はいていても平気です。

ちなみに私の場合普段履きの靴は25cm EEEですがスキーブーツは24.5cm(24~24.5シェル)を履いています、

Qスキーブーツ買い替え ビンディング調整は必要?

先日、ブーツのみ新調しました。
(ブーツ買い替えの件でもこちらで相談させていただきました。
その際回答いただいた方々には大変お世話になりました。ありがとうございました。)
板は買い換えずそのまま使用するのですが、ビンディング調整の必要があるのかどうかで困っています。

ビンディング
9年くらい前のMARKER カービングスキー用 開放値4.5
身長156cm、体重46kg、中級レベルで購入店にて算出いただいた開放値です。
旧ブーツに合わせてあります。
購入時から設定を変更したことはありません。

旧ブーツ NORDICA TREND05 ソール長270 サイズ23.5
新ブーツ ATOMIC HawxH90W ソール長275 サイズ23.0

新ブーツをビンディングにはめてみますと
旧ブーツよりも力は必要ですが、一応はまります。
新ブーツをはめた状態で前圧調整のネジ(と思われるネジ)を見ますと、特に出たり引っ込んだりはしていません。
(あくまでもシロウト判断ですが)

ビンディングはミリ単位での調整が必要な物なのだという先入観があったのですが
当方、競技スキーをしているわけではありませんので
そこまでシビアな調整が必要なのか? という思いもあります。

ゲレンデスキーヤーレベルでは、ソール長5ミリ程度の違いは誤差の範囲内(調整の必要はない)なのでしょうか。
また、調整が必要な場合、自分で調整できるものではないと思いますのでショップ等に調整をお願いしようと思っているのですが
大手量販店(家の近くにはアル○ンかヴィ○トリアしかありません)でも持ち込めば有料で調整してもらえるものなのでしょうか。
(ちなみにブーツ、板の購入店はそれらの大手量販店ではありません。板を持って行くのはかなり辛い距離にあります)

以上、何かご存知の方がいらっしゃいましたら是非ご教授ください。
よろしくお願い致します。

先日、ブーツのみ新調しました。
(ブーツ買い替えの件でもこちらで相談させていただきました。
その際回答いただいた方々には大変お世話になりました。ありがとうございました。)
板は買い換えずそのまま使用するのですが、ビンディング調整の必要があるのかどうかで困っています。

ビンディング
9年くらい前のMARKER カービングスキー用 開放値4.5
身長156cm、体重46kg、中級レベルで購入店にて算出いただいた開放値です。
旧ブーツに合わせてあります。
購入時から設定を変更したことはありませ...続きを読む

Aベストアンサー

>ヒールピースのネジですが、下記URL先で「これが適正になります。」と書いてある写真とほぼ同じです。

この写真の状態で適正前圧値の機種は限定されます。
9年前に販売されていた機種を例に上げますと
M9.1、M8.1、M7.1等はこの状態でOKです。
M29、M27V、M6.1、M5.1、M4.1等は開放値でネジの出っ張り具合が違ってきます。

>(旧ブーツをはめても、下段のネジが飛び出たままなのです)
下記の機種では開放値4.5だと出たままが正常です。
ネジに刻んであるミゾを面を合わせます。
M29とM27Vはネジに刻んである3本のミゾを使って調整します。
M29:開放値3.0から4.5 一番奥のミゾ
開放値5.0から7.0 中央のミゾ
開放値7.5から10.0 一番手前のミゾ
M27V:開放値2.5から4.0 一番奥のミゾ
開放値4.5から6.5 中央のミゾ
開放値7.0から9.0 一番手前のミゾ

M6.1とM5.1、M4.1はネジに刻んであるミゾとネジの一番後ろを使って調整します。
M6.1:開放値3.0から4.5 ミゾ(このタイプはミゾが一本)
開放値5.0から10.0 ネジの後ろ
M5.1、M4.1:開放値2.5から4.5 ミゾ(このタイプはミゾが一本)
開放値5.0から9.50 ネジの後ろ

ネジが露出しているのが正常なケースも多数存在します。
自分が使用しているメーカーと同じで前圧調整がネジ式だからといって全てが同じではありません。
ネットで得た知識で自己調整を行い、誤った前圧位置にしている方を大勢見かけましたので御注意を・・・・。

>ヒールピースのネジですが、下記URL先で「これが適正になります。」と書いてある写真とほぼ同じです。

この写真の状態で適正前圧値の機種は限定されます。
9年前に販売されていた機種を例に上げますと
M9.1、M8.1、M7.1等はこの状態でOKです。
M29、M27V、M6.1、M5.1、M4.1等は開放値でネジの出っ張り具合が違ってきます。

>(旧ブーツをはめても、下段のネジが飛び出たままなのです)
下記の機種では開放値4.5だと出たままが正常です。
ネジに刻んであるミゾを面を合わせます。
M29とM27Vはネジ...続きを読む

QスキーブーツのOEM生産について

スキー業界も世界的に再編の波が押し寄せて久しいですが、かつてのブーツメーカーの名前が消え、スキー板メーカーのブーツが多くなりました。

ブーツメーカーの買収およびOEM生産と推測しますが、どこのメーカーが作っているのかご存知の方教えてください。

例) ロシニョール → ラング

   ・アトミック
   ・フィッシャー
   ・ヘッド
   ・K2

   また、ノルディカとテクニカは同じ製造元でしょうか?
   アトミックとサロモンは、同じアメアスポーツですが、製造も同じでしょうか?

   上記メーカー以外にもOEM生産させているスキーメーカーがあれば教えてください。
   よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一番先頭が親会社です。スポーツ用品メーカーは,余りにころころ変わりますから現在の情報は知りません。〔   〕は,他メーカーのものを使用。チロリアが,アトミックなのかヘッドなのか分かりません。

・ロシニョール:(板)ロシニョール・ディナスター・(靴)ラング・(金具)ルック
   ルックは,自転車メーカーですが,スキー部門が切り離されてロシニョール傘下になりました。

・アメアスポーツ:(板)ボラント・ダイナミック
   アトミック:(板)アトミック・(靴)アトミック=旧コフラック・(金具)チロリア
   サロモン:(板)サロモン・(靴)サロモン・(金具)サロモン
   過去には板は,他社に製造依頼していたこともあるような,現在は不明

・フィシャー:(板)フィシャー・(靴)フィシャー,製造は不明・(金具)〔チロリア〕

・ヘッド:(板)ヘッド・(靴)ヘッド=旧サンマルコ・(金具)チロリア

・K2:(板)K2
   フォルクル:(板)フォルクル・(靴)テクニカ・(金具)マーカー
   K2は,フォルクルとテクニカのかなりを買収したはずですが,詳細については知りません。

・テクニカ:(板)エラン・ノルディカ・(靴)テクニカ・ノルディカ・(金具)マーカー
  かなりの部分がK2に吸収されたようです。詳しくは知りません。

・レグザム Rexxam(日本)
 ミズノがスキーから撤退して,OEM生産していた会社が,ミズノのスキーブーツ開発スタッフを受け入れて独自ブランドで製造・販売しているものです。

一番先頭が親会社です。スポーツ用品メーカーは,余りにころころ変わりますから現在の情報は知りません。〔   〕は,他メーカーのものを使用。チロリアが,アトミックなのかヘッドなのか分かりません。

・ロシニョール:(板)ロシニョール・ディナスター・(靴)ラング・(金具)ルック
   ルックは,自転車メーカーですが,スキー部門が切り離されてロシニョール傘下になりました。

・アメアスポーツ:(板)ボラント・ダイナミック
   アトミック:(板)アトミック・(靴)アトミック=旧コフラック・(...続きを読む

Qラングのインナーブーツだけを購入できないのでしょうか?

スキーをやっていまして、ラングのレーシングのブーツを履いています。

6年前くらいに買ったので、インナーブーツが ヘタってきました。

シェルも経年変化はしているものの、
最近は滑走日数が少ないので、何とかあと数シーズンはいけそうです。


そこで、インナーブーツだけを購入したいのですが、
普通、インナーブーツだけを購入することはできるのでしょうか?

モデルチェンジはしているものの、ラスト(金型)形状は同じハズなので、
ラングの デモorレーシング系のであれば、インナーは同じですよね?


できるのであればお店なども紹介してください。

シェルだけの購入ってよくありますよね。
そのとき余ったインナーでいいのですが。

Aベストアンサー

購入されたお店に行けるのでしたら、修理という形で「インナー交換希望」を出されては如何でしょうか。
メーカー側のアフターサービスはあるはずですので、少なくとも修理という形なら受けてもらえると思います。
訊いてみる順序としては、「インナーの取り寄せ」「修理」の順でしょうか。
何れにしても、ブーツを所有しているという前提を伝えるのが肝要だと思います。

Qサーモインナーの熱成形

自力でやる方法に関して過去にも同様な質問がありましたが、是非トライしてみたいので、お店でやられた方(もちろん自分でやられた方でも)、もう少し詳しく教えてください。
・シェルを履いて外部から熱を加える、でいいですか。
・温度、時間はどの程度ですか。
・冷却はどの程度必要ですか。
・バックルのきつさはどの程度ですか。
・上の条件次第ではサウナとか、お湯に突っ込むとかはどう思われます?
ちなみにブーツはクナイスルのセミタイプです。

Aベストアンサー

仙台のショップでスキーブーツ・スノーボードブーツのチューンナップを専門にやってきました。講習も受けてますので、一応専門家の意見としてお聞き下さい。

前にも書かれた方がおりますが、クナイスル&ライケルのサーモインナーは自宅での加工は基本的に不可能です。専用のオーブンがあり熟練したスタッフが居るお近くの店で加工する事をお勧めいたします。ほとんどのお店では1000円前後加工していると思います。

加熱温度は80~90度。時々お店で加工してもしっくりこない方がいらっしゃいますが、完全な加熱不足です。専用オーブンで十分な加熱。わたしの場合インナーの状態やグレードにもよりますが、様子を見ながら15~25分加熱します。
シェルにインナーを戻してからは、きちんとしわを伸ばしながらブーツを『正確』に履き、可能な限り動き回りながら冷めるのを待ちます。 熟練した店員さんでも1足しっかりと仕上げるには加熱時間も50~60分は必要とするはずです。

暖める⇒履く⇒冷ます⇒出来上がり のサーモインナーですが、クナイスル&ライケルのようにインナー全体を温めるタイプの物は作る人によって出来上がりが全然違いますよ。

ちなみにサロモン・ラング・ロシニョール等の内側だけ温めるタイプのサーモイーンナーは作る人で仕上がりが大きく変わりる事はありませんが専用の温風器で加工する場合でも15分以上温めることをお勧めします。

仙台のショップでスキーブーツ・スノーボードブーツのチューンナップを専門にやってきました。講習も受けてますので、一応専門家の意見としてお聞き下さい。

前にも書かれた方がおりますが、クナイスル&ライケルのサーモインナーは自宅での加工は基本的に不可能です。専用のオーブンがあり熟練したスタッフが居るお近くの店で加工する事をお勧めいたします。ほとんどのお店では1000円前後加工していると思います。

加熱温度は80~90度。時々お店で加工してもしっくりこない方がいらっしゃいますが...続きを読む

Qスキービンディングの前圧調整

どなたかマテリアルに詳しい方教えてください
子供のビンディングを調整しているのですが
ビンディングの前圧調整方法で大人のスキーですと
前圧調整用ネジの頭が靴を入れたときにビンディングの
ボディーと平らになるなどの設定がありますが、

子供用のビンディングだと靴のサイズを合わせるレバーだけで
その長さで前圧の調整が変わってきてしましますが
正しい前圧調整方法を知っている方ぜひアドバイスお願いします!

Aベストアンサー

詳しいわけでは有りませんが、私は下記を参考にして調整しました。有っているかどうかは自信有りません。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/jamacademy/knowlage.html

Qスキー用品の初級用と中級・上級用は何が違うのですか?

昨日久々にスキーに行ってきました。(15年ぶり)
楽しかったので、スキー板、ビンディング、ブーツ、ストック等を買おうと考えています。(昨日はレンタルしました)

いまネットでスキー用品を検索しているのですが、初級用と中級・上級用では値段が全然違う気がします。

私は雪国育ちでもうかなり滑れるのですが、安く済ますに越したことはないなあと考えています。

この値段の違いは具体的にどの部分がどう違うのか、スキー用品の価格差の根拠について知りたいと思います。

お詳しい方、ぜひご教授のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

30年スキーをやっている一般エキスパートスキーヤーです。(^-^;
15年振りということはもう一昔前以上ですね。
当時のスキーの性能とは歴然の差があると思います。
それに伴いスキー技術もだいぶ変化しています。
カービングのスキーは以前よりターンの導入がしやすくなっていますし、
昔は美とされていた両足をピッタリ着けてすべることが
今はおかしくさえあります(小回り以外で)。

板、ビンディング、ブーツ、ストックどれに重点を置くかということですが、
じっくり選ばなければならないのはブーツだと思います。
人それぞれ足の形はまったく違うので、合わない靴を履いた時、痛みが出たら
スキーどころではなくなります。
しかし、お金をかければいいというものでもなく、
上級者用の値段の高いモデルはほとんどがシェルが固く、
また、インナーもタイトに出来ています。
これはレーサーやエキスパートの優れた筋力を最大限に板に伝えるために
出来ていますので、初中級者がこれを履いたらまず膝がうまく曲げられず、
難儀すると思います。また、長い時間スキーを楽しみたいのであれば
快適性を重視したモデルもありますのでショップでよく相談されるのが一番かと思います。
特殊な足の形をしている場合や、ピッタリとしたフィット感を得たい場合は
フォーミングといって自分の足の形のインナーを作る場合もあります。
これが一番高価になると思います。

板も同様で、上級者用は一般的に硬くねじれにも強くなっています。
上級者やレーサーはほとんど氷のようなハードなバーンでも板をずらさずに
切って滑る必要があるためそのようになっていると思います。
逆に初級者用の板などではそのようにすべるのは困難な時があります。

ビンディングは高いものは中のバネが強く出来ていて、開放値も高くなっています。
同じメーカーの初級者用の開放値10と、上級者用の開放値10に設定した場合
何年か使っていると初級者用は早くだめになります。

ストックのみ初級上級に関係なく高価なものはカーボンなどのよい素材を使ったものが多く
握りやすく、振りやすいということが多いです。
特別すべりには関係ないもののようですが、
お金をかけて損をしないのならストックということでしょうか。

一般的に高価=硬い=重いが成り立つと思いますので、体重にもよりますが、
自分の技量に合わせた用具を選ぶのが、一番上達への近道また、快適だと思います。

30年スキーをやっている一般エキスパートスキーヤーです。(^-^;
15年振りということはもう一昔前以上ですね。
当時のスキーの性能とは歴然の差があると思います。
それに伴いスキー技術もだいぶ変化しています。
カービングのスキーは以前よりターンの導入がしやすくなっていますし、
昔は美とされていた両足をピッタリ着けてすべることが
今はおかしくさえあります(小回り以外で)。

板、ビンディング、ブーツ、ストックどれに重点を置くかということですが、
じっくり選ばなければならないのはブーツだ...続きを読む

Qスキーブーツの調整、インナーソール

先日、スキーに行ったところおそらくブーツが当たっていた為、足首の少し上のスネを傷めました。

対策として、かかとを上げようと考えたのですが、
すでに、インナーソールが入っています。
同じインナーソールを2枚重ねることは可能でしょうか?

また、経済的にブーツの買い替えは難しいので、他の対策、同じ経験をした方の対処法などをおしえてください。

Aベストアンサー

 「全く同じ体験」ではありませんが、似た体験でよろしければ。

 スキーブーツの「合わない空間」に、柔らかい材質で詰め物をすると、スキー板の制御に問題が生じて危険性が増すことがありますので、そこだけご注意ください(何もしないよりはマシかも知れませんが)。

 かといって、堅い材質で詰めると、その部分が痛くなるので、いたしかゆしです。

 本来ならば買い換えを推奨するべきケースですが、「それが難しい」という条件付きですので、インナーを重ねるのであれば硬めの素材を使用することくらいしかご助言できません。
 前述のように「履いているだけで痛い」ということになりかねないので、すすんで推奨は出来ませんが、「体重をスキー板に部分的にかけてもふんわりするだけで反応が鈍く、結果、谷に突っ込む」とかいうリスクを負いたくなければ、他に方法がありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報