あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

状況
・北玄関(北側道路)の家。南側に庭。
・敷地の南側にアパートがあり、その一階の外廊下から目隠しをしたいので南側境界に目隠し/生垣が欲しい。横の長さは4mほど、高さ的には1.5~2mくらいは欲しい。
・家は真っ白な洋風住宅。庭にタイル貼りのテラスもあり。
・トキワマンサクを植えたい場所の両端にはイロハモミジとハナミズキがある。
・東西は空けているので夏であれば朝日と夕日は入るが、南側にはアパートが建っているので昼の直射は望めない。冬であれば朝夕を含めて殆ど直射は望めない。南側敷地境界と家との間には5mほどの距離があるので暗くはない(明るい日陰という感じ)。
・場所は神奈川県。

という感じなのですが、
(1)トキワマンサクは上記のような日照条件でも大丈夫でしょうか?
(2)トキワマンサクは拙宅にマッチするでしょうか?(特に両端のモミジとハナミズキに合うか心配)
(3)4m程の長さの生垣を作る場合、トキワマンサクは何本くらい植えればよいでしょうか?
(4)もし他にお勧めの常緑樹があれば教えてください(知り合いからはキンマサキを勧められております)

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>(1)トキワマンサクは上記のような日照条件でも大丈夫でしょうか?


明るい日陰ならたぶん間延びして中枝枯れますが生きていますという感じではないでしょうか?朝夕で5時間くらいあたれば、まあまあ成長するのではないかと思われます。花はあまり咲かないと思われます。
>(2)トキワマンサクは拙宅にマッチするでしょうか?(特に両端のモミジとハナミズキに合うか心配)
モミジとハナミズキの間なら、合うんじゃないですか?ベニバナトキワマンサクに関してはピンクの花色は強烈ですので、添え物という感じで用いるのがベストかと思われます。家に合うかどうかは本人次第ですね。
>(3)4m程の長さの生垣を作る場合、トキワマンサクは何本くらい植えればよいでしょうか?
最初の目隠しの度合いで決めてすかすかでよければ、高さ1.8mで50センチ間隔で8本ほどでよいのではないでしょうか?
もっとみつにしたければ、高さ1.8mで、mあたり2.5本から3本が適当かと思われます。
>(4)もし他にお勧めの常緑樹があれば教えてください(知り合いからはキンマサキを勧められております)
キンマサキは虫・病気がすごいしあまり綺麗な生垣はみないので、
サカキ・フイリサカキ・フイリネズミモチ・シルバープリペット
・フィリフェラオーレアかフェンスを設置してビナンカズラなどおもしろいのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。家族で相談した結果、白色のトキワマンサクを選択することにしました。

お礼日時:2007/03/02 16:19

こんにちは。



(1)多分大丈夫でしょう。
2階建ての建物の北側、2mと離れていない場所で生垣として通常の生育を確認しています。但し花付きは今ひとつです。
園芸品種のベニハ(紅葉)などの場合は日陰のほうが葉色がよくなります。

(2)刈込めば似合うでしょう。最低年2回くらいでしょうか。

(3)みっちりならmあたり2.5本、普通はmあたり2本でも大丈夫です。

(4)古典的なゲッケイジュやイヌツゲ。同じトキワマンサクでもベニバナベニハトキワマンサク(紅花紅葉常盤満作)など艶やかです。
コニファーならレイランドヒノキも見た目が楽しいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。家族で相談した結果、白色のトキワマンサクを選択することにしました。

お礼日時:2007/03/02 16:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトキワマンサク生垣が早く密に茂る方法は?

トキワマンサク白花の生垣を約15m程、植栽したのですが、現在スカスカの状態です、できるだけ早く密に茂るようにしたいのですが、良い方法を是非教えてください。ちなみに、白花は赤花より、育ちが悪いと言われてます。
a.植木苗は現在1.6m高さ位
b.植えて約6ヵ月
c.花が多く咲かなくても、かまいません。
d.生垣は南向きと西向き道路沿いで、日当たり良好
e.ただし土壌はあまり良くない。
f.植木苗の間隔は約30cm

Aベストアンサー

No.1です。我が家(福岡県)の生垣はありふれていますがカナメモチを植えました。この木は成長が早いのですが、やはり3年かかりました。その間は、別に3段積みのブロックの上に高さ50cm程のアルミフェンスがあるので、それに小さいすだれを棕櫚縄でくくり付けて目隠しにしました。20~30枚ほど必要でした。(2年は持ちました)目隠しが目的なら板塀やラティスが必要でしょう。ラティスは価格は安いのですが、見た目があまり良くないですよね。スペースが許すなら、一時的な目隠しと考えずウエスタンレッドシダー等の2×4材で塀を自作するのも家の外観が変わって良いかもしれません。質問の内容とかけ離れてすみません。

Qベニバナトキワマンサクを生垣に使うには…

園芸初心者です。
ベニバナトキワマンサクを生垣に使いたいと思っているのですが
その場合、支柱とかは必要なのでしょうか。
あと、植える季節はいつがよいのでしょうか。
その他、注意点があれば教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

こんにちは、注意点ですが、花色と葉色に十分注意して好みのものを選んで下さい。最初は支柱と横に竹1本有ったほうがいいです。生垣になる頃支柱と竹は自然に枯れて外せます。

★まず花色ですが、赤の濃いもの~パープル・桃色まで有ります。購入時に好みを言って下さい。
★葉色ですが、「青葉」と「赤葉」タイプが有り、
 ・「青葉」は芽だしは赤で夏に緑になります。冬はやや赤っぽくなってきます。
 ・「赤葉」は芽だしは赤で夏は薄赤褐色~やや緑で環境によっても大きくばらつきます。冬は完全に赤褐色です。
※好みで選んで下さい。生垣は「赤葉」のほうが多く見かけますが、コントラストを味わいたいなら「青葉」。購入店とよく話をされ、好みのものがないなら別のお店で。妥協しないで複数のお店と交渉するのも後々の満足度に影響します。
ネット通販は安価ですが、やっぱりきちんと話を聞いてから購入して下さい。

◆購入する苗木ですが、「生垣用」で下枝の充実したものがいいでしょう。
◆何mくらい植えるか判りませんが、すぐに生垣にしたいなら1mに3本でやや大きめの苗木。紅花トキワマンサクなら通常40cm間隔くらいでいいと思いますけどね。(植木屋さんは1mに3本を薦めると思いますけど・・・)
※横にも広がりますから、生垣が長い場合や、急がなければやや大きめで下枝の出たものを50cm間隔でもいいでしょう。いずれにしても選ぶ苗木の大きさや横への広がい具合にもよりますので、樹形は下記リンクを参考に選定してみて下さい。
◆植栽時期は春(4,5月)、秋(9,10月)がいいですが、春は3月下旬~6月、秋は11月くらいでも大丈夫です。
◆わりと自然に樹形も整って、選定は楽な部類です。

●支柱について <生垣の作り方>
http://www.rakuten.ne.jp/gold/hana-online/ikegaki_tsukurikata.htm

<花色> ※もっとパープル系も有り。
http://www9.plala.or.jp/mosimosi/flower/t/tokiwamannsaku.htm
http://item.rakuten.co.jp/hana-online/c/0000004694/
http://flower365.web.infoseek.co.jp/15/228.html

葉色:青葉紅花トキワマンサク
http://www.interface-net.co.jp/SHOP/0023420223.html
葉色:赤葉紅花トキワマンサク
http://www.interface-net.co.jp/SHOP/0103301330.html
http://item.rakuten.co.jp/oniwahonpo/a150p37467/

<管理・育て方>
http://www.interface-net.co.jp/SHOP/0103301328.html
http://item.rakuten.co.jp/hana-online/niwaki_tokiwamansaku_set1/
http://yasashi.info/to_00009g.htm

↓参考:この生垣は「青葉紅花」かな・・・
http://item.rakuten.co.jp/shikinosato/gs_u-j_t002120/

こんにちは、注意点ですが、花色と葉色に十分注意して好みのものを選んで下さい。最初は支柱と横に竹1本有ったほうがいいです。生垣になる頃支柱と竹は自然に枯れて外せます。

★まず花色ですが、赤の濃いもの~パープル・桃色まで有ります。購入時に好みを言って下さい。
★葉色ですが、「青葉」と「赤葉」タイプが有り、
 ・「青葉」は芽だしは赤で夏に緑になります。冬はやや赤っぽくなってきます。
 ・「赤葉」は芽だしは赤で夏は薄赤褐色~やや緑で環境によっても大きくばらつきます。冬は完全に赤褐色です...続きを読む

Q4月にベニバナトキワマンサクを植えましたが枯れてきています。買った当初

4月にベニバナトキワマンサクを植えましたが枯れてきています。買った当初、少し新芽や花も咲いていました。花が終わりしばらくして、芽がふぶいてくる様子もなく、枝の元気もありません。素人の私が植えたので心配です。もうダメなのでしょうか?

大きな穴を掘り、腐葉土をすきこみ植えました。

枝を折って中を見るとまだ緑色をしている部分もあります。

もう一度掘り起こして、植え替えしようか迷っています。その際の注意などもおしえてください。

気に入って植えたので何とかまた来年お花を咲かせたいです。

Aベストアンサー

>もう一度掘り起こして、植え替えしようか迷っています。

実物を見ていないので確実なことは言えませんが、植物にとって今までの生育環境から新しい環境になったことはただでさえ多少のリスクはある訳ですから、植え替えの季節でない今、再度の植え替えはさらにリスクを伴いますがその上での回答を。

【ベニバナトキワマンサクの枯れ易い要因】
 (1)ベニバナトキワマンサクは西日向きの植物ではない。
  朝日と昼までの日差しが特に重要な木です。西側の植栽は少し不向きです。
 (2)植樹の際、根の部分の土を十分根に馴染ませられなかったことから根つきが悪くなっている。そのため根から十分な水分(養分)が吸い上げられていない。
 (3)当然植え痛みの影響も少しあるでしょう。
 (4)水はけのよい肥沃な土壌に植えるようにする。
 (5)植え付け直後の養生中は強い直射日光を避け、 根が容易に張り出すように真昼は半日陰で養生。
その他参考に:http://www.yasashi.info/to_00009g.htm

◆肥料や水やりは特に枯れるような問題があったようには思えません。上記のいずれか複合要因なのでしょう。

【今後の対応】
 >枝を折って中を見るとまだ緑色をしている部分もあります。・・・とありますが中は全部ミドリ色でないと復活は困難です。
 ベニバナトキワマンサクは、アジサイ・ブルーベリー・バラ、などと同じように根の付け根付近からも新しい芽を出す植物ですから思い切って切り詰めます。このまま枝を残していると枯れるのをただ見ているだけになります。
従ってまず幹(枝)を上から少しずつ切り下げながら、生き生きしている部分まですべて切ってしまいます。場合によっては根の近くまで切り詰めることになるかもしれませんが、生命力が強ければ根元から新しい芽が出てきます。枯れかかった葉も落とします。

生命力が強ければ復活しますが、もし復活することができたら今年はこのまま養生します。その後は肥料には油かす・ 骨粉などを与えるといいでしょう。来年春先にはできれば午前中の日光が当たるような日当たりのよい所に植え付けます。ベニバナトキワマンサクはトキワマンサクに比べても日差しが多いほうが葉の色・花付きが良くなります。(真夏の強い日差しには半日陰にするのも有効です)。最悪復活がならなかった場合は新しい苗木は植える場所もよく検討してみて下さい。

>もう一度掘り起こして、植え替えしようか迷っています。

実物を見ていないので確実なことは言えませんが、植物にとって今までの生育環境から新しい環境になったことはただでさえ多少のリスクはある訳ですから、植え替えの季節でない今、再度の植え替えはさらにリスクを伴いますがその上での回答を。

【ベニバナトキワマンサクの枯れ易い要因】
 (1)ベニバナトキワマンサクは西日向きの植物ではない。
  朝日と昼までの日差しが特に重要な木です。西側の植栽は少し不向きです。
 (2)植樹の際、根の部...続きを読む

Q垣根にトキワマンサクを植えるのですが・・

家の垣根として、トキワマンサクを植えるつもりです。
青葉と赤葉があり、初めは赤葉がいいかな~と調べていたのですが、
写真では、なんとなくくすんだ緑系の赤って感じで生き生きした感じがしませんでした。
でも、色んなHP見ると真っ赤な葉の時もあるようで、実際はどんな感じなのかと思ってます。

赤葉と青葉、、決定的に違うものでしょうか?
これを植えた方はどちらにしましたか??
また赤花、白花がありますが、白花もきれいでしたか?

良ければ教えてください。 参考にしたいです。

Aベストアンサー

赤葉の場合、赤い色素と葉緑素の比率で色が変わります。赤は一定なので、葉緑素が少ない時期は真っ赤になりますが、増えるにしたがって、緑が強くなります。地の色が赤、という感じですね。レッドロビンではないカナメモチと同じような色を思い浮かべていただければいいかと。

Q目隠し用の木で手入れいらず、虫無しの木は?

隣家との目隠し用に植えていたゴールドクレストが枯れてきたので、別のものに植え替えようと思っております。
私自身、ほとんど庭木の手入れをしない無精者なので(この木も隣家に「目隠しとして植えてくれ!」と言われてしぶしぶ)、念入りな剪定や頻繁な水やりなどの手間のかからない木を探しています。
春先に大量に毛虫がついてイヤな思いもしたので、虫もつかないものがいいです。
高さは2mくらいまでで、5本くらい植えたいのですが、いい木はありますか?
環境としては、日光は午前中くらいしか当たらず、1m×3mくらいの場所に何本か植えたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

うーん目隠で手入れの要らない木って難しいですよ?

目隠になる木は葉が密になりますし、密になるには生育が旺盛な訳で、当然刈込みとか必要ですし・・・。
質問の趣旨から外れますが目隠フェンスにしてみてはいかがでしょうか?
初期投資は掛かりますが手間要らずですし、アルミなどの金物なら何十年かは保ちます。

え、駄目?
えーと、では「ソヨゴ」などどうでしょう。成長は遅めですが、日陰に強く、葉が密になります。2mくらいとなると、この木としては結構大きめの部類に入ります。虫も付きません。肥料も必要ないでしょう。予算はちょっと・・・まぁ何というか・・・(汗)

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Q西と南に植える木

家の西側と南側に大きめの窓があり、目隠しの意味で木を植えようと思います。

『西』
西日がもろに当たり、風通しは良い

『南』
日当たりが良過ぎる(夏が心配)、風通しは良い

同じものでも、別のものでも良いです。
この環境で育てられる木(西側はなるべく常緑)を教えてください。高さは2mくらいまでで、手入れが簡単で丈夫なものが良いです。

よろしくお願いします♪

Aベストアンサー

こんにちは。
和風の家であれば、シラカシ、アラカシなどのカシ類が無難だと思います。
虫がつきにくいので扱いやすいです。
ボウガシ仕立て(主にアラカシ)のものを購入すると目隠しとして使いやすいです。

洋風の家ですと、ベニカナメモチ(レッドロビン)に人気が集中しています。
葉っぱが赤いので目立ちますが、すぐ飽きてきます。
No.2さんが書かれていますが、ナンテンを寄せ植えするのも面白いと思います。
おすすめは赤い実のなるタイプです。
ナンテンは地味ですが、なかなか風情があっていいと思います。
その他、キンモクセイなんかもいいですね。
秋にはとてもいい香りがしますし・・・。

昔は、イヌマキ、ウバメガシ、マサキ、カイズカイブキなんかを目隠しによく使っていましたが、
今はあまり使われなくなってしまいました。
新しい洋風の家は、ほとんどベニカナメモチを使っていますね。

Q虫のつない庭木

住宅計画中です。

家の垣根と庭木を選んでいますが、私は幼虫が大の苦手で、考えただけでも背筋がゾッ~とします。大袈裟なようですが病的に嫌いです。
(人には其々どうしても駄目なものってありますよね)

本当は塀などはフェンスやブロックにしたいのですが、
主人の意向や周囲との環境調和を考えて樹木にする事になりました。

今迄のところ、垣根をシャリンバイで庭木をヒメシャラ・ハナミズキ・ヤマボウシでと候補に上がっていますがヒメシャラは芋虫がつくという書き込みを見ました。
樹形も大事ですが、私にとっては虫つないことが選定の最大条件です。

どなたか虫がつかない(せめてつきにくい)木を教えて下さい。

和風、洋風を問いません。垣根はもう少し丈のあるも木でもいいので是非ご教授をお願いします!

Aベストアンサー

大変遅くなりました。#1です。
植木屋と相談しましたが、やはり絶対に虫がつかないは残念ながらないそうです。
その中で比較的いいのは
マサキ・ツグラジイ・ツゲ・アラカシ・ヒイラギ
などらしいのですが、中には結構背が高くなるものを
あるらしくしっかりお手入れや剪定するように言われました。
図解式で見れるHPも見つけてみましたので、形等はこちらで見ると良いかもしれません。
なお移植等は木の種類によってもさまざまです。

参考URL:http://www.green-site.com/frame.html

Qコニファーを巨大化しないための植え方

昨年庭に植えたコニファー(ボールバード)があるんですが,植えた時20cmほどがぐんぐんと成長してこのままでは巨大化してしまうので,対策を考えています。
植えるときに鉢に入れたままで植えると成長をコントロールできると聞きましたが,今からほりあげて再度庭に埋め戻しても枯れたりしませんか?
また,その際はやはり素焼きの鉢植えがベストでしょうか?
このような育て方をする際の注意点があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

基本的に、植物の根も呼吸しながら成長しているので、プラスチックの鉢よりも通気性があり保湿力もある素焼きの鉢がお勧めです。

植物の大きさは根の長さ(成長度合い)によってかわってきます。大きく育てたい場合は、大きめの鉢に植え、植え替える際は、根をよくほぐして、土に早くなじみ、根がのびやすいように気をつけますが、逆に大きくしたくない場合は、根を小さく保つようにするわけです。一度土からぬいて、根を一回り小さく切りそろえて植えなおします。
ただ、根にはさみをいれるということは、植物に対してダメージが大きいので、その後のケアが大切です。
植え替えたらしっかり水をあげて、日陰でやすませてあげてください。
いずれにせよ、寒い時期は根も冬眠状態ですし、さむさでいきなりダメージをうけて弱ってしまうことも考えられるので、あまり動かさないほうがいいでしょう。

鉢に入れたまま植えるという方法は、植物自体にあまりよくないのではないかと思います。
カットして大きさを整えるという方法ではだめでしょうか?

ちなみに、コニファーは「嫌金性」です。はさみなどの金属で枝をきるとそこからかれてしまうことがあるので、茶色になっている部分をとるときは、手袋をした手で摘むなどして、はさみは使わないようにしましょう。

ひょろひょろと力なく伸びているようだと、日光不足も考えられますが、お日様は大丈夫ですか?

基本的に、植物の根も呼吸しながら成長しているので、プラスチックの鉢よりも通気性があり保湿力もある素焼きの鉢がお勧めです。

植物の大きさは根の長さ(成長度合い)によってかわってきます。大きく育てたい場合は、大きめの鉢に植え、植え替える際は、根をよくほぐして、土に早くなじみ、根がのびやすいように気をつけますが、逆に大きくしたくない場合は、根を小さく保つようにするわけです。一度土からぬいて、根を一回り小さく切りそろえて植えなおします。
ただ、根にはさみをいれるということは、植...続きを読む

Q花期の長い宿根草&多年草教えて下さい!

別件で質問している者です。
洋風の一戸建てに住んでいます。居住地は東海地方の沿岸寄りです・・・海辺ではありません。

田舎なのである程度庭がありますが、子供が小さくてガーデニングに集中できません。
でも春だし、お庭に花を咲かせたいな・・・っと思いまして・・・

そこで花期が長くて毎年咲くお花があったら教えて下さい。
それから、花は咲かなくても常緑の葉っぱで存在感のある物なども教えて頂けたら嬉しいです。

今植えてあるものは、コニファー・オリーブ・ライラック・ヤマボウシ・シマトネリコ・柚子・レモン・ネメシア・パンジー&ビオラ・アリッサム・マーガレット・ステラ・カーネーション等です。

Aベストアンサー

グランドカバーてきな花になりますが、宿根のバーベナは、長く花も咲きますし多年なので、お庭でしたら、毎年上手に育つのではないでしょうか?

あと、似たようなもので、ランタナもおすすめです。とても丈夫ですし、こんもりとボリュームがあるので、葉としての存在感もあると思います。黄色、紫、オレンジなどいろんな色があるので、ミックスして植えてみるのも楽しいと思います。

カモミールや、ミント、レモンバームなどのハーブ系も、丈夫ですし、カモミールは花から種がおちると翌年も勝手に芽をだしたりします。地植えだとハーブ類はよく育つと思いますし、利用価値もあると思います。

黄色のユリオプシスデイジーも丈夫で、開花時期も長くてお勧めです。あと、壁などに這わせるのでしたら、つる性のジャスミンがお勧めです。とにかくよく伸びるので、お庭の雰囲気もだせると思います。春には香りの良い花がよくさきます。ものすごく丈夫です。そろそろ苗が出回ると思います。

同じくつる性の、時計草やてっせんも、花はかわいらしいし、つるがのびるさまも楽しめると思います。そしてとても丈夫です。

がんばって、素敵なお庭にしてください。

グランドカバーてきな花になりますが、宿根のバーベナは、長く花も咲きますし多年なので、お庭でしたら、毎年上手に育つのではないでしょうか?

あと、似たようなもので、ランタナもおすすめです。とても丈夫ですし、こんもりとボリュームがあるので、葉としての存在感もあると思います。黄色、紫、オレンジなどいろんな色があるので、ミックスして植えてみるのも楽しいと思います。

カモミールや、ミント、レモンバームなどのハーブ系も、丈夫ですし、カモミールは花から種がおちると翌年も勝手に芽をだし...続きを読む


人気Q&Aランキング