takashiです。たびたびすみません。
先程、銀河の質量について質問したものですが、
正確な問題文を確認したところ、渦巻き銀河に
ついては、半径には依存しないようです。

正確な問題は
渦巻き銀河の質量の見積方法について論議せよ。
特に円盤部分の回転速度が200km/sの時、
この謹賀の質量について論議せよ。

です。たびたびですみませんが誰かお答えできる方
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

またしてもstomachmanです。


 タリー-フィッシャー関係が成り立つとすれば、すなわち「どんな銀河も、許される最大の角速度で回転している」ということである。なぜそうなのか。
 銀河を構成するある天体の速度がもし遅ければ、とっくに銀河中心に向かって落ち込んで、落ち込んだ分だけ加速され、速度と回転半径が釣り合う軌道に落ち着く。速すぎるやつは銀河にとどまれずに飛び出してしまう。これによって質量の分布も変化していくけれど、結局、平衡状態として、自発的に最大の角速度が自然に実現される。だからタリー-フィッシャー関係が成り立つんだ。という説はどうでしょう。
 この説によれば、バルジの回転速度から銀河の質量を計算する天体熱力学の理論が構築可能の筈、ということになる。もうそういう理論が出来ているのかも知れないけど、ないとすれば、TCMさん、ひとつ考えてみません?
    • good
    • 0

 stomachmanさん、やはりそうですよねえ。

半径がないことにはどうしようもないと思いますね。「議論せよ」ということなので、単なる計算問題ではなしに「いろいろ考えてレポートをまとめよ」ということなんでしょうね。とすると、
 1.渦巻銀河の構造-バルジ、円盤、ハロー
 2.銀河の回転曲線の求め方と測定例
 3.回転曲線から求めた銀河質量と見える物質(恒星等)から求めた銀河質量との乖離とその理由
 4.ダークマターの候補と回転曲線から求めた銀河質量との整合性
といった辺りをまとめればいいのではないでしょうか。円盤部分の回転速度が200km/sと指定されているのは、銀河の規模をそのあたりに想定せよという意味だけなのかもしれません。
 日本語のサイトは今ひとつなので、galaxy mass rotation curveといったキーワードで英語のサイトを調べると測定データも載っているのがありますよ。下記参考URLはちと簡単すぎますが。

参考URL:http://www.astro.soton.ac.uk/PH308/galaxies/rota …
    • good
    • 0

なるほど、内側の方が角速度が速いわけですね。

何かで聞いた憶えがあるような....これはまともに行ったらどうにもならないや。
銀河の縁にある天体の速度をV、銀河全体の質量をM、銀河の半径をRとすると、単純な円軌道の式
M=R(V^2)/G
から、「Vが同じなら、MはRがでかいほど、それに比例して大きくなる」「同じ大きさなら、Vの2乗に比例してMはでかい。」は言える。
 銀河にもハローがあるから、すごくおおざっぱに球対称に質量分布しているとしてみよう。そして、銀河の中心からr<Rの距離にある天体の速度v(r)を考えると、この天体は、銀河の中心からr以内の距離にある物の質量m(r) からの重力しか感じない。すると、m(r) = r(v(r)^2/G)である。ところが、v(r) = Vは一定ですから
m(r) = (r/R)M
(もし一様な質量分布ならm(r)はr^2に比例するはずだから)こういう回転をしている銀河の密度は真ん中の方が高いということです。(そりゃ、写真を見れば分かるって。)でも「だったら、縁の方なんか無視したって誤差範囲じゃん。」という訳にはいかない。やっぱり銀河全体の半径に比例して重くなる。
じゃあ、V=200km/sから何が言えるかというと、ある半径r以下の球に含まれる質量の平均密度が分かる。でもこの計算はどのみちr->0で破綻する(そして、ホントにブラックホールがあったりする)ので、密度の上限というものを考えるわけにもいかない。
 簡単な物理で考えられるのはこのへんまででしょうか???もっと良いアイデアあるかなあ。

 さて、ばらばらにならずに速く回転できる銀河は重いにちがいない。いわゆる「タリー-フィッシャー法」という話が出てくる。これは回転速度と銀河の絶対等級(つまり質量)の間の関係ですね。他の方法で測定した銀河までの距離と、その光度、そしてドップラーシフトで測る回転速度から、絶対光度と回転速度の相関関係が経験則として得られる。ハッブル宇宙望遠鏡を使って20個余りの銀河でこの測定を行うことによって、この相関が或る程度の精度で定量化されたのは、つい1997年(?)のことです。

 という訳で、「タリー-フィッシャー法を考慮しないとすれば、回転速度だけじゃわからん。」が答じゃ駄目ですか。だめだよな。(だれか専門家の先生出てきてくれないかな。)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンドロメダ星雲はおよそ1兆個の恒星から成る渦巻銀河で直径22~26万光年と聞いてますが、どうやって

アンドロメダ星雲はおよそ1兆個の恒星から成る渦巻銀河で直径22~26万光年と聞いてますが、どうやって確かめたのか?

Aベストアンサー

アンドロメダ”星雲”ではなく、アンドロメダ”銀河”ですよ。
昔は、銀河と星雲との区別が明確ではなかったのでアンドロメダ星雲やアンドロメダ大星雲などと呼ばれていました。

アンドロメダ銀河の大きさは、まず距離を推定する事からですね。
ケファイド変光星という、変光パターンから明るさを推測できる変光星から距離を見積もってきました。
昔は天の川銀河と200万光年ほどの距離と言われていましたが、近年はその距離の見積が少しづつ大きくなっています。
今後の天文学や物理学、観測技術の進歩でどのように距離が修正されるのか予測は出来ませんが、何倍にも大きく変わることは無いと私は思います。

大きさはアンドロメダ銀河までの距離と、観測した直径で求められるのですが、これも不確定な部分が多いですね。
天の川銀河や大小マゼラン雲(マゼランは何故か未だに雲も多いですね…)等が属する局所銀河群の中では最大の銀河であるのは間違いないのですが、
どこからどこまでが銀河に含まれるのかは、アンドロメダ銀河でも周囲のハローの部分も含むようになり大きさを見積もるようになってきて、
昔よりも直径が大きく見積もられ、今は22-26万光年とされています。

アンドロメダ銀河の大きさも距離も、他の銀河も含めて、色々な観測的な事実や天文学物理学の進歩で、銀河の定義や範囲がどこからどこまでなのか等、
人間の知見が広まり議論が深まると、今とは少し違った見積り方になると思います。
銀河に関することでは、解明されていないダークマターの存在が大きさに影響を与えるかも知れませんね。

アンドロメダ”星雲”ではなく、アンドロメダ”銀河”ですよ。
昔は、銀河と星雲との区別が明確ではなかったのでアンドロメダ星雲やアンドロメダ大星雲などと呼ばれていました。

アンドロメダ銀河の大きさは、まず距離を推定する事からですね。
ケファイド変光星という、変光パターンから明るさを推測できる変光星から距離を見積もってきました。
昔は天の川銀河と200万光年ほどの距離と言われていましたが、近年はその距離の見積が少しづつ大きくなっています。
今後の天文学や物理学、観測技術の進歩でどのように距...続きを読む

Q銀河群、銀河団の中で、個々の銀河の固有運動はどのような振る舞いをしてい

銀河群、銀河団の中で、個々の銀河の固有運動はどのような振る舞いをしているのでしょうか。それぞれの銀河同士の相互距離、位置関係、重力の影響関係などなど。標準モデル的な解説をお願いします。

Aベストアンサー

http://www.astronomynotes.com/galaxy/s7.htm

http://adsabs.harvard.edu/full/1931PA.....39..368H

http://en.allexperts.com/q/Astronomy-1360/galaxies.htm

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E6%B2%B3%E7%B3%BB

上記の最後(4番目)のサイトは日本語ですから、一番理解し易いと思います。

銀河群、銀河団の中で、個々の銀河の固有運動を説明しますと、各銀河は二つの動きをしています。

まず一つは、各銀河がビッグバンにより我々から遠うざかる運動(ハッブルの法則)をしています。

このスピードは秒速65~70キロメーターです。

他の動きは、銀河群、銀河団の空間の中で各銀河がほぼ円形運動をしていることです。

このスピードは平均秒速600キロメーターです。


我々の太陽系の属する銀河はミルキーウエーと呼ばれていますが、隣により大きなアンドロメダ銀河があり、これの重力の働きで、遠い将来我々の銀河はアンドロメダ銀河に合併されるとされています。このようなことからして、何十億もある個々の銀河の中に、合併や分裂が繰り替えされているようです。

なお、我々の太陽系は我々の銀河の中で、秒速約220キロメーターで円形運動をしています。
上記の点から言うと、恒星のスピードより銀河の動きの方が速くなっていることが知れます。

http://www.astronomynotes.com/galaxy/s7.htm

http://adsabs.harvard.edu/full/1931PA.....39..368H

http://en.allexperts.com/q/Astronomy-1360/galaxies.htm

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E6%B2%B3%E7%B3%BB

上記の最後(4番目)のサイトは日本語ですから、一番理解し易いと思います。

銀河群、銀河団の中で、個々の銀河の固有運動を説明しますと、各銀河は二つの動きをしています。

まず一つは、各銀河がビッグバンにより我々から遠うざかる運動(ハッブルの法則)をしています。

このスピード...続きを読む

Q銀河の質量を回転速度から算出する方法

はじめまして、takashiといいます。

銀河の質量を回転速度から、その大まかな質量を算出する公式
のようなものはありますか?

実際与えられた問題は、

問.200km/sの速さで回転する銀河があるとする。
  この銀河の質量はいくらか?

だったと思います。今、非常に困っています。
余り正確性は問いません。簡単な回答で結構です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 銀河の半径がrで、その外周部の質量mの星が銀河中心に対して角速度ωで回転しているとします。求める銀河の質量をM、万有引力定数をGとすると、その星における銀河全体からの万有引力と遠心力は釣り合います。すなわち、
 GMm/r^2=mrω^2
 M=r^3ω^2/G
ここで、銀河外周部の星の速度vはv=rωですから、
 M=rv^2/G
 G=6.670×10^-11[Nm^2/kg^2]
となります。
 ということは、vは200km/sと与えられていますが、銀河の半径rがわからないことには銀河の質量を求めることができないように思うのですが。

Q銀河の正式名称と銀河の中心について

先日、流星群を見ていて思ったのですが、
私たちの住んでいる星は"地球"という呼称を持った"惑星"です。
地球は、"太陽系"という呼称を持った"惑星系"です。
また、更に大きな規模の天体として、"銀河"がありますが、例えば、"アンドロメザ銀河"のような呼称として、我らの属す銀河をどのような呼称を用いるのが正確なのでしょうか?
気になったので、ざっくりと調べてみたところ、単に"銀河系"もしくは"天の川銀河"などとよぶことがあるそうですが、天文学会云々のお偉筋は、どのように呼んでいるのでしょうか?

あと、以下のような画像を見る限り
http://cosmos.blog2.fc2.com/blog-category-4.html
我々の銀河も中心部にやたら明るい部分があるそうですが、これは、星座でいうとどこらへんの方角に見えるのですか?これは、外から見ればこう見えるが、我々から見てもこのように明るくは見えない部分になるのですか?

ご存じの方がいらっしゃったらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

銀河系  あるいは 銀河系宇宙 といいます。

英語では  Milky Way または大文字で始まる the Galaxy です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E6%B2%B3%E7%B3%BB

どこに中心があるかというと、 星座名でいうと 「いて座」の方向です。

最近は空気が汚れていて、天の川そのものがほとんど見えないですが、

アルプスなどの高山に登ったとき、夜空をみると ものすごくたくさんの星が見えます。天の川も白い雲のようにはっきりと見えます。 よくみると いて座やさそり座の方向(夏の夜に南の方角で地面から45°ぐらいの高度ですかね。)は天の川のはばが広いですね。で、あの方向が銀河の中心だといわれてみれば、あー、それもそうかなーという感じはしますね。

ただ、地球の空気が澄んでいても、宇宙空間には星間物質(ちりや、分子・原子など)が分布してますので、中心付近も含めて、全部の星や星雲が見えるわけではありません。

参考URLのような写真がありますが、これは露光時間を十分かけて撮影したものです。アルプスで見える天の川でもせいぜいこれの十分の1ぐらいの明るさでしょうか。 ですけど、川幅が広いなあということは分かります。この写真でいうと下の方、幅が広い付近が中心方向です。
他にも  http://www.ne.jp/asahi/stellar/scenes/milky.html
など、たくさんの写真があります。

参考URL:http://www.nnet.ne.jp/~tsukasan/

銀河系  あるいは 銀河系宇宙 といいます。

英語では  Milky Way または大文字で始まる the Galaxy です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E6%B2%B3%E7%B3%BB

どこに中心があるかというと、 星座名でいうと 「いて座」の方向です。

最近は空気が汚れていて、天の川そのものがほとんど見えないですが、

アルプスなどの高山に登ったとき、夜空をみると ものすごくたくさんの星が見えます。天の川も白い雲のようにはっきりと見えます。 よくみると いて座やさそり座の方向(夏の...続きを読む

Q肉眼で見える夜空の星は、すべて銀河系内の星か、もっと遠い銀河か

プラネタリウムに行くと、必ずギリシャ神話の話があります。
あれに、イライラします。そんな作り話を聞きたいのではなくて
星の話、宇宙の話を聞きたいのに。
どこそこに落下した隕石には鉄分が他の隕石よりも多く含まれているので
散ってしまった星のかなり内部から飛んで出たもの(鉄が多い)ですとか、
コレコレの恒星の特徴は、とか。物理的なこと、天文的なことを聞きたいのに。
ギリシャの話はいらないのです。

さて、肉眼で見える夜空の星は、たいていは、我々の天の川銀河系でしょうか
アンドロメダでしょうか

Aベストアンサー

銀河系の外にあって肉眼で見えるのは (超新星を除くと) アンドロメダ銀河, さんかく座銀河と大小マゼラン雲くらいのはず. いずれも星として分離することはできないだろうね.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報