成田空港のウェブサイトを見ると(本日のフライト情報検索)AF(エールフランス)出発便で同じパリ行きなのに所要時間が約2時間も違うのです。


AF279 パリ 1-北 17 出発済 所要時間12:45 332 (エアバス 機)
AF277 パリ 1-北 17 出発済 所要時間14:30 77W (ボーイング機)


機種の違いが原因と思い巡航スピードも調べましたが同じ双発機ですしそんなに変わりませんでした。空域の制限も考えましたがこれほど、振られるとは思えません。巡航スピードの件は、これが747-400(巡航スピードが4発機なので速い)とかと比べると少しは納得いくのですが・・・。AF279は午前中に出発 AF277は夜に出発 この違いもあるのでしょうか?

う~~ん、考えれば考えるほど分からなくなってくる(笑)この謎をご存知の方、いらっしゃいますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 航空マニアの視点から、ズバリお答えします。

#3さんのお答えが
ほぼ正解なのですが、パリへの到着時間を調整するために、わざと
所要時間を長くしているのです。これが、エールフランスの“ナイト
フライト”の特徴でもあります。

 まず、巡航速度ですが、これはボーイング機のほうが明らかに速く、
ヨーロッパ路線だと大体1時間くらい異なります。設計思想などいろ
いろなファクターがあるので、一概にボーイング機が優れているとか
エアバス機が劣っているとは言えないのですが、巡航速度の遅さを
理由にエアバス機を敬遠するエアラインがあるのは確かです。

 次に、成田空港は旅客機の運用時間を 6~23 時と定めています。
乗客のハンドリング次第で定刻より遅れてしまう可能性があるので、
AF277 の出発時刻は多少の余裕をもった 22 時前後に設定され
ているのです。23 時を過ぎると離陸許可が出ませんからね。

 というわけで、AF277 は23 時前には成田を飛び立つわけですが、
巡航速度で飛んでパリに午前2時ごろに着いても、パリ側の受け入れが
大変です。公共交通機関が動いていないのはもちろん、地上職員だって
徹夜勤務になってしまいます。ですので、ギリギリ早朝勤務と言える
午前4時過ぎに到着するよう、わざと時間を費やしているのです。

 なお、2時間余計に飛ぶことで、たしかに燃料消費は増えます。ただ
飛行機の巡航速度には数種類あり、燃料消費を抑える飛び方の経済巡航
方式の場合、所要時間を短くする高速巡航方式より、トータルの消費燃
料は少なくなります。

 旅客機の運行では燃料費ももちろん大事ですが、早く到着することで
機材の運用効率を上げるという考え方もあります。多少燃料を食っても
早く到着させることを選ぶか、時間が掛かっても燃料消費を抑えるかで
飛び方は変わってくるわけです。

 そのいっぽうで、地上職員のコストも計算に入れる必要があります。
航空会社のコストにおける固定費の割合は約5割と言われており、地上
職員の残業代や深夜勤務代を減らすことは、燃料消費を抑えるのと同じ
くらい、コスト削減にとっては意味があります。

 これらのファクターを総合して、エールフランスでは到着後いちばんで
現地の会議に参加するビジネスマンなどをターゲットに、ナイトフライトを
運行しています。「 もっとも早くヨーロッパに到着 」を売りにしていると
いうわけです。それが、所要時間の差となって現われるというわけです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

こんにちは。飛行機の運航は奥深いものですね。大変、勉強になりました!ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/22 22:21

まったく自信ないのですが。


まずA330よりB777のほうが巡航速度は多少速かったと記憶していますが、いくらなんでも2時間も差は出ません。また他の方の回答の中にゆっくり飛んで燃料を節約とありましたが、逆に2時間も余計に飛んでいるわけですから燃料の消費になってしまいます。あとはルートですよね、シベリアを通過する便はロシアに通行料(という名前ではないと思いますが)を払っています。それを避けるため、またこれも既に出ていますが早朝到着を避けるためもありシベリアを通らずベーリング海から北極に出るルート(以前のフィンエアーがそうでした)を使っているかとか。もちろんロシアに払う通行料と2時間分の燃料代どちらが高いかなんてわかりませんが。
まともな回答でなくごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。最大巡航速度: マッハ0.84 B777 最大巡航速度: マッハ0.86 A330 エアバスの方が早いのでしょうか ?~-~? 0.02の差はあってないような物なのですか?* 成田空港のウェブサイトから引用 * ロシア通行料なんてあるのですか?これは驚き(笑)航空路なんてただの線引きなのに…ただ、線を引くだけでお金がじゃかじゃか入ってくる…凄いですね!ありがとうございました m(--)m``

お礼日時:2007/02/22 22:09

実際の巡航速度と仕様書の巡航速度が同じかはわからないのですがエアバスはウィングレットの効果が大きいのかもしれません。

ウィングレットは主翼の翼端に発生する渦巻きを抑える効果があり渦が発生しない分主翼の空気抵抗を少なくでき、速く飛ぶことができます。同じ速度なら燃費がよくなるかもしれません。B747―400Dの国内線の場合は飛行時間が1時間から1時間半と短いので効果が薄く付いていませんが、国際線に転用するときは取り付け可能です。あとメーカーが違うと経済性と運用方法によって巡航速度の違いがでるのかもしれません。

この回答への補足

今、AF予約センターへ問い合わせを行った所、帰って来た答えは以下の通りでした・・・

1.使用機材の問題

2.フライト経路の問題

3.到着時刻の調整(空港発市内行き-始発便-が5時前後からの運行になる為)

ただ、1.2.3で、どれが主原因だとは予約センターの係員も分からずじまいのようでした。それにしても…14:30のフライトタイムはきついですね(笑)

最初から、AF予約センターへ問い合わせをしろ!と怒られてしまいそうです m(--;)m`` 皆様、ありがとうございました。

補足日時:2007/02/20 09:06
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんにちは。ウィングレットが装着されていると速度が速くなる。確かにそれもありますね。ただ、装着機とそうでない機を比較しても同じ双発機を考えるとフライト時間が2時間も違うのはちょっとですね(笑)

お礼日時:2007/02/20 08:06

フライト277は、成田発が10:10 pm, シャルルドゴール着4:40 am, のようです。

思うに、「騒音の関係で成田をあまり遅く出発できない」ということと、「目的地にあまり早く到着しても困る」ということがあるのではないでしょうか。それを理由にゆっくり飛んだら燃料も節約になるとか。羽を広げてフワフワとグライダーのようにのんびり飛ぶのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。なるほど!確かに、シャルルドゴール着4:40 amは早いですね。普通、交通機関は5時前後から運行される事が多い(日本ではそうですね ただ、外国ではどうなんだろうか?)ので、速度調整して乗客には沢山寝てもらい(笑)到着時間を調整しているのかもしれないですね。これは興味深いレスでした。

お礼日時:2007/02/20 08:02

AFはJALと運行を提携しています。

時刻表をみたら経由地はありませんでした。以前はモスクワだったんですよ。
ロシアの航空管制はかなり旧式で飛行機どうしの間隔は15分以上開けるので、どうしてもフライトが集中する昼間はセパレーションの関係で速度ダウンを余儀なくされます。夜間は少ないので制限なしで行けるのでしょう。日本の国内線でもセパレーションの関係で迂回したり速度ダウンしたりしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。その、制限の無い夜に出発するAF277の方が遅いのですよ(笑)昼間に出発するAF279と比較してもロシアの航空管制を通過する時はAF277の方が夜間です。う~ん…(^^;)

お礼日時:2007/02/20 07:58

当てずっぽうですが…



直行便と寄港地有りの違いではないでしょうか。
2時間位ならどこかに寄って補給くらい受けてそうですが…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。いえ、どちらも直行便なんですよ。

お礼日時:2007/02/20 01:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランスへ行くのに一番安い時期は?

友人と2人でフランスへ行く事にしたのですが、行くのに一番安い時期っていつでしょうか?
一応、ガイドブックを購入したのですが、その辺の事は全く書いてなかったもので…。期間はそれほど長くはなく、8日間程度で考えています。

Aベストアンサー

ガイドブックによっては旅行シーズンが書いてあると思うのですが・・・

1月 お正月明けは安い
2月 まだ安い
3月 2月よりちょっと上がる
4月~5月 GWを抜かせば安い
6月 季節が良くなり、ちょっと上がって来る
7月~8月 高い
9月 少し下がるがまだ高い
10月 9月より安い
11月 もっと安くなる
12月 前半は安い

こんな感じかなと思います。1月後半~2月、11月~12月前半。
安い時期でも、祝日近辺の出発日は少々値段が上がります。

旅行時期は6月がお勧めのようです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3039243.html
ヨーロッパの6月は値段がピークでなく気候も良いので良いと思います。
パリに行ったことはありませんが、6月のヨーロッパは経験あります。
8月は実はヴァカンスなので都会では閉まっちゃう店もあるんだとか。
リゾートなら別ですが、パリなんかは高いわりにあんまり良くないのかも。

安い時期は冬・・・・寒いとか、日が短い(日の出が遅く、日没が早い)などのデメリットはあります。
でも12月上旬はクリスマスの飾りも出来ているでしょうし、その季節なりの楽しさがあるんじゃないでしょうか。
欧州のクリスマスは普通の観光をするには不便ですが、その前までは問題なしです。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1851327.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1488654.html

ガイドブックによっては旅行シーズンが書いてあると思うのですが・・・

1月 お正月明けは安い
2月 まだ安い
3月 2月よりちょっと上がる
4月~5月 GWを抜かせば安い
6月 季節が良くなり、ちょっと上がって来る
7月~8月 高い
9月 少し下がるがまだ高い
10月 9月より安い
11月 もっと安くなる
12月 前半は安い

こんな感じかなと思います。1月後半~2月、11月~12月前半。
安い時期でも、祝日近辺の出発日は少々値段が上がります。

旅行時期は6月がお勧めのようです。
http://oshiete...続きを読む

Q収入証明書ってどこで手に入れるのでしょうか

収入証明書ってどこで手に入れるのでしょうか



賃貸マンションの申し込みをしてきました




この後,内見⇒申込金を振込⇒ 契約 ⇒ 申込金を差し引いて入金



というながれだと言われました。



差し当たって,内見できるのが1ケ月後なので,何か用意する書類ありますか?と質問したところ。



収入証明書を用意してくださいと言われました。



これってどこで手に入れるのでしょうか

Aベストアンサー

収入証明書は会社からいただく源泉徴収票やお役所でいただく所得証明や納税証明で良いと思います

源泉徴収票は会社によって違うかもしれませんが大抵は会社から無料でいただけますし取りに行く時間がはぶけますよ

どの証明書が必要か不動産会社にどれがいいのか聞くのも良いかと思います。

また働き始めで年末調整が1度も済まれてない場合は源泉や所得証明等がなければ会社から給与証明書などいただくことは出来ると思いますよ

Q空港到着2時間前に遅れたら飛行機に乗れないのですか

国際線の航空券を買うと「飛行機の出発2時間前までに空港カウンターにお越しください。」と旅行代理店で言われたり、そのようなことを書いた紙を渡されます。

飛行機が朝9時なら、朝7時までに空港カウンターに行かないといけないということです。

国際線の場合、税関などがあるからだと思います。

なので海外へゆくときは空港へは早めに行くようにしています。

しかしなんらかの理由で空港到着が遅れた場合、飛行機に乗れないのでしょうか。
(電車が遅れたとか、うっかり寝坊したなど)

例えば空港カウンターに着いたのが飛行機出発の1時間前だった場合、飛行機に乗れないのでしょうか。(成田空港や関西空港など日本の空港の場合の話です。)

Aベストアンサー

国際線は2時間前に、国内線は1時間前に空港のカウンターに行くことが通例ですね。

旅行代理店にしても、出発前の説明やチケットの配布、税関や手続きにも時間がかかるので早めに来てもらいたいんでしょう。

また、空港までのアクセス間で、例えばリムジンバスを利用する場合、渋滞などで定刻通りに到着しない可能性があるので早めに来てくださいとの意味で「2時間前」といわれてるみたいです。
遅れるのが確実な場合は、添乗員さんや代理店に連絡してあげると良いと思います。

チケットを前予約されてたりビジネスマンや慣れてる方などは1時間前頃に来るみたいですよ。

実際の搭乗ゲート案内は20分前位ですしね。

まあ、早いのに越したことはないですね。

Q靴のサイズ 36とは何センチ?

女性の靴やサンダルで外国物の36と言うのは何センチのことか知ってる方がいらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

【靴のサイズ表】

●Japan
22…22.5…23…23.5…24…24.5…25
●USA
5…5.5…6…6.5…7…7.5…8
●UK
3.5…4…4.5…5…5.5…6…6.5
●Europe
35…35…36…37…38…38…39

ですから36というのは、ヨーロッパの品で
日本でいう約23cmのことです。


ρ(・д・*)コレも参考にして下さい♪
      ↓ インポートもの買う時はきっとお役に立ちます。

参考URL:http://www.diyer.com/info/tools/sizechart.html

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Qハワイ 行きは6時間15分 帰りは9時間 40分 なぜ?

全日空で先日成田ホノルル往復したときの離陸着陸間の時間です。

1.行きと帰りでなぜこんなに差があるのですか?
2.差があるのはハワイ便だけのような気がしますが他の地域でもありえますか?
3.同じ航路でも機体種によって速度が大幅にちがうものですか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ジェット気流が原因です。

別段ハワイだけではなく、近くは韓国への往復でも起こります。

東から西へ行くときには其の流れに乗ると加速されて早くなり、
西から東へ行くときはそれに逆らうので遅くなるのです。

これを使って、大戦では日本から米国へ風船爆弾を送ってきていました。

Q日本の航空会社の運賃、どうしてこんなに高いんですか?

こんにちは。

いつも思うのですが、日本の航空会社(JAL・ANA)の国際線運賃って

どうしてこんなにも高いのですか?正規運賃が世界共通なのは知ってます。

格安航空券とか、割引航空券とか同じ路線なのに海外航空会社の方が

安いですよね。時間帯もJALとかANAはいいですし、利用したくても

この値段じゃ・・・ってときがあります。何か理由でもあるんでしょうか?

推測ではなく、的確な回答をお待ちしてます。

Aベストアンサー

概ね3つの理由が考えられます。

1、理由は安全性にかける費用が違う
 パイロットの養成にかかる費用が非常に高価。その代わり優秀な乗務員が多い。
 日本の航空会社の事故補償についてはいちおう制限なし。

2、公租公課が非常に高額
 空港の着陸料、サービス受益料、駐機料が日本をベースとすれば当然高い。
 しかも大型機材ばかりで、重量に応じた課金なので高い。国際線空港の
 成田・関西は超高額です。しかし羽田は安いです。

3、協定が存在。
 詳しくは申し上げられませんが、特定の路線で価格協定が存在してます。
 それゆえ日系会社には競争が存在せずにのさばっていられるところがある。
 それは結果として乗客にツケが回ってきます。

1)の理由から需要が高いのは当然です。そうすればまた料金はつりあがります。

けっこう複雑な内情があります。

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Q航空券の値段、1年間で高い時期・安い時期を教えてください。

格安航空券は時期によって値段がかなり変わりますが、何月が高い、何月が安いというのを、1年間で教えてください。

日本~ヨーロッパですと、一番高い時を30万、一番安い時を10万とした場合、月や週によって年間にどのような変動をしますでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

おおまかですが、

一番高い時期・・・・ゴールデンウィーク、盆、暮れ正月
一番安い時期・・・・GW除いた4月、11月の連休を除いた部分、12月前半。

1月・・・・正月明けは安くなる。
2月・・・・1月と似たような感じ
3月・・・・2月と似たような感じだが少し上がるか。祝日付近は少し高くなるし、少々混む。卒業旅行シーズンでもある。
4月・・・・GW以外は安い。
5月・・・・ 同上
6月・・・・高くなり始めるが、7月ほどでない。
7月・・・・高い
8月・・・・高い。お盆がピーク。
9月・・・・まだ高いし、ちょっと混んでる。
10月・・・・9月よりは安い。連休があると意外と混む。
11月・・・・10月よりまた下がる。連休付近はちょっと上がる。
12月・・・・クリスマス前までは安い。年末年始休みは高くなるし混む。取るのが大変。

夏がピーク、春・秋がミドルシーズン。冬がローシーズン。
一昨年の11月エールフランス・スペイン行きで、燃油サーチャージなど混みで10万円ちょっとだったか。
燃油サーチャージは変動しますが(当時2万円弱)、今は空港税など含めて航空券代+3万円見ておいたほうがいいみたいです。

旅行者が増える時期が高くなります。
ということで、土日祝日休みの会社員のスケジュールに合いやすい、土日・祝日が絡むと料金アップします。
土曜出発、日曜帰着だと片道5000円アップなど。
「祝日付近を避けた平日出発」が安い。

おおまかですが、

一番高い時期・・・・ゴールデンウィーク、盆、暮れ正月
一番安い時期・・・・GW除いた4月、11月の連休を除いた部分、12月前半。

1月・・・・正月明けは安くなる。
2月・・・・1月と似たような感じ
3月・・・・2月と似たような感じだが少し上がるか。祝日付近は少し高くなるし、少々混む。卒業旅行シーズンでもある。
4月・・・・GW以外は安い。
5月・・・・ 同上
6月・・・・高くなり始めるが、7月ほどでない。
7月・・・・高い
8月・・・・高い。お盆がピーク。
9月・・・・ま...続きを読む

Qフランスは5、6月と11月ではどちらがお勧めですか?

新婚旅行でパリとニースかバルセロナに行きたいと思っているのですが、5月と6月と11月ではいつがお勧めですか?
彼は挙式が今年の11月なので、終わったらすぐに行きたいみたいなのですが、私は天気やすごしやすさを考えて、来年の5月か6月に行きたいと思っています。
ガイドブックを見ても、初夏だと日照時間が長いので、夜まで楽しめるかなって思います。

私の趣味は写真を撮ることなので、青空をバックにモンサンミッシェルやパリ、ニースの風景を撮りたいなって思います。
バルセロナも初夏のほうが天気が安定していますよね・・・

ニースとバルセロナはどちらがお勧めですか?
バルセロナではガウディの建造物を見たいです。
今まで行った国とは違った雰囲気のほうに行きたいです。

今まで行った国です↓
イタリア(ローマ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ミラノ)、アメリカ(ニューヨーク、ハワイ)、オーストラリア(ケアンズ)、メキシコ(カンクン)、カナダ(バンクーバー、カナディアンロッキー)、トルコ、タイ、韓国

11月だとすぐに予約しないといけないので、回答宜しくお願いします。

新婚旅行でパリとニースかバルセロナに行きたいと思っているのですが、5月と6月と11月ではいつがお勧めですか?
彼は挙式が今年の11月なので、終わったらすぐに行きたいみたいなのですが、私は天気やすごしやすさを考えて、来年の5月か6月に行きたいと思っています。
ガイドブックを見ても、初夏だと日照時間が長いので、夜まで楽しめるかなって思います。

私の趣味は写真を撮ることなので、青空をバックにモンサンミッシェルやパリ、ニースの風景を撮りたいなって思います。
バルセロナも初夏のほ...続きを読む

Aベストアンサー

ヨーロッパは、初夏の方がダンゼン気持ちいいですよ!

今は3月末に夏時間になって以来、ぐんぐん日が伸びて朝日と共に目覚められるし、20時までまだ日が高いぐらいですけど、10月末に冬時間になると、朝7時はまだ薄暗くて、夜になるのも早くなります。

ただニースにいかれるなら、5月はフランスでも飛び石連休続きなのでヴァカンスをとる人も少なくないし、カンヌの映画祭もあるので、航空券や宿泊先予約も厳しくなります。

ところで、ニースとバルセロナは国も違うので全く別の印象の街なのでなんともいえませんけど、イタリアをずいぶん廻られているなら、ニースはイタリアの色濃い町ですから、今までと違う雰囲気を求められるのなら、バルセロナの方がいいかも。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報