今月の17,18日と相次ぎ米軍の最新鋭ステルス戦闘機F22ラプターが沖縄・嘉手納基地に10機暫定配備されましたが、何故この時期に配備されたのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

F-22の実戦配備は恐ろしく遅れました。


しかも次期主力戦闘機の開発もどんどん進んでいます。
大量に生産して、急いで配備していかないと、軍需産業が儲かりません。

では、どこに配備するかというと、国外では今のところ極東しかありません。

ヨーロッパでは、ロシアのプーチン大統領が、さかんにアメリカを挑発しています。
もし、アメリカと緊張関係を作り出せれば、大統領選挙を延期して、政権に居座ることができるからです。
そうした環境の中で、新型戦闘機を無神経にNATOに配備する程、アメリカは愚かではありません。

本当は中東に置きたいのでしょうが、万が一墜落して、機体がどこかの国に渡ると、最新鋭機の秘密が全部バレでしまう恐れがあります。
なるべくなら、配備しないで済ませたい。

極東が一番無難なところで、北朝鮮にも、中国にもニラミを効かせることができます。
艦隊を移動させると、クスリが効きすぎてしまうので、戦闘機あたりが適当なところです。

また、イランの核施設を攻撃する場合でも、アメリカ本土から飛ばすよりも、容易に移動できます。
イラン攻撃は、今のところ「ハッタリ」とみなされていますが、ゴロマキでも、実際に腕力を示さないと、迫力がありません。

それにしても、あの機体は、キャノピーが恐ろしく出っ張っていますね。
F-15も「機体にまたがる」というような表現がされていましたが、格闘戦になった時、視界が広いということは大事なことなんですね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
詳しい解説、参考になりました。

お礼日時:2007/02/20 23:22

>F22は制空戦闘機であり、北朝鮮のミサイル基地を攻撃するような地上攻撃任務には向きません。


F22はもちろん戦闘機ですが、”GBU-32 JDAM × 2 , GBU-39 SDB × 8 ”といった対地誘導弾も装備できます。F117と違いレーダーも持っているので、動く敵を狙う能力はF117より高いです。
ミサイルは基地だけではなく車両からも発射できるんですよ。奇襲先制をかけるとしたら、最も便利な機体です。(実際にはやらないにしても、それができる機体を配備されるだけで相手からしたらプレッシャーになるでしょう。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ステルス戦闘機は正に万能ですね。

お礼日時:2007/02/20 23:27

北朝鮮への警告です。

こんどはいい加減なことはするなよ、と。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
本当にいい加減な事をしてもらいたくないですね。

お礼日時:2007/02/20 23:24

海外基地への展開についてのテスト的要素が強いのではないでしょうか。


No4の方とダブりますが、長距離渡洋展開と整備、補給体制の問題点の洗い出し、アジア地域での訓練情報の収集等の技術的データー収集が狙いであり、外交的な意味合いは無いとは言えないでしょうが、あまりウェイトが高い部分ではないかと思います。
因みに、F22は制空戦闘機であり、北朝鮮のミサイル基地を攻撃するような地上攻撃任務には向きません。北朝鮮相手に制空権を確保するなら従来のF15で充分です。この点を考えると、F22の配備は単に東アジア問題の為だけと言うよりも、沖縄経由での中東展開等のケースをも視野に入れた計画だと考える方が自然でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
中東展開も視野にということは、イランの事ですね。

お礼日時:2007/02/20 23:19

F22の開発が完了したからです。


 今米国の空軍主力戦闘機は
  F-15,F16 日本だと F2です

 しかし、中国にはロシア製Su-30が配備されています。
このSu-30が曲者で、米国ではF-15同等と言われています。

中国と戦争が一番危惧される台湾の牽制に対抗機種が
沖縄に配備必要だったのです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
台湾の牽制?有り得ますね。

お礼日時:2007/02/20 23:17

推測ですが、北朝鮮や中国の威圧をかけるためでしょう。


今回のステルスは今までのものと違いかなり戦闘力と持っているそうです。

当然、中国や北朝鮮はこれに反対してるわけです。
このステルス技術は中国などには、まだ十年くらいはまね出来ない技術です。

日本もこの機体を買う?といわれていますが・・・・・日本仕様として、また対地戦闘能力を省いてしまう可能性があります。
いわゆる、アメリカにお金を出して中国の機嫌を取る。
それなら買う必要ないのに、対地戦闘能力を持ったアメリカに守ってもらうしかないな!
日本は本当に意味わからない事をします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
10年先ですか。10年後にはまた最新鋭の戦闘機が出来ているのでしょうね。

お礼日時:2007/02/20 23:14

一種の軍事演習ではないでしょうか?



つまり、有事の際に、日本にこの軍用機をアメリカ本国から回送するにあたり、どれだけの時間・燃料がかかるか、気象状況はどうか、パイロットの操縦のやり具合はどうか、日本領土・領海・領空での操縦の調子などを実体験刷る・データーを収集する為の回送行為ではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
軍事演習でもありますね。日本に初めて飛来したのですから。

お礼日時:2007/02/20 23:10

北朝鮮へのプレッシャーでしょう(根拠なし)。

あと、自衛隊の次期戦闘機がF-22のようですので、お披露目も兼ねていたりして。まあ、F-15が6機束になってかかっても落とせない機体とのことで、航空ファンは嬉しいかな?模擬戦ではF-16パイロットたちは、あまりにも差がありすぎてイヤになっていたようですしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとう御座います。
ステルス戦闘機というのは、そんなに性能がいいのですか。

お礼日時:2007/02/20 23:03

米軍は「特定の脅威への対応ではない」と説明しているが、北朝鮮の核実験など東アジア情勢をにらんだ戦力増強の一環とみられる。


らしいです。はい^^

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070217i …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/02/20 23:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【最先端軍事技術】ステルス戦闘機の本体はタングステン金属が使われているって本当ですか? ステルス戦闘

【最先端軍事技術】ステルス戦闘機の本体はタングステン金属が使われているって本当ですか?


ステルス戦闘機本体に使われている素材とは?

F35-Aステルス戦闘機が国内に42機配備されることが決まった。

で、ステルス戦闘機はなぜレーダーに見つからないのかと金属の本を読んでいたら、


タングステンは人体と同じ物質で電気を通しにくい。他の金属と違って電気を通さないのでステルス戦闘機に使われている


と記載があった。

電気を通さない金属を使えばステルスになるんだと知った。

ステルス戦闘機の本体はタングステン金属が使われているって本当ですか?


あと潜水艦がレーダーに引っ掛からないのはレーダーの波長と同じ波長を返す機械が搭載されており、


とあるんですが、同じ波長で返したらバレますよね?

潜水艦周辺と同じ跳ね返り波長で返さないとモロバレです。

周辺と同じ跳ね返り波長を擬似的に演算して発する装置ってステルス戦闘機にも搭載出来るくらいに小さいのでしょうか?

それともこれは潜水艦だけのステルス機能なのでしょうか?

実物のサイズってどれくらいか知ってますか?

【最先端軍事技術】ステルス戦闘機の本体はタングステン金属が使われているって本当ですか?


ステルス戦闘機本体に使われている素材とは?

F35-Aステルス戦闘機が国内に42機配備されることが決まった。

で、ステルス戦闘機はなぜレーダーに見つからないのかと金属の本を読んでいたら、


タングステンは人体と同じ物質で電気を通しにくい。他の金属と違って電気を通さないのでステルス戦闘機に使われている


と記載があった。

電気を通さない金属を使えばステルスになるんだと知った。

ステルス戦闘機...続きを読む

Aベストアンサー

>タングステンは人体と同じ物質で電気を通しにくい。
>他の金属と違って電気を通さないのでステルス戦闘機に使われている

「人体と同じ物質」とか「電気を通さない」とかは変ですが
タングステン等の高抵抗金属繊維を混ぜた電波吸収シートは
有るみたいですね。ステルス戦闘機に使われているかどうかは
高度の軍事機密でしょうけど。

>潜水艦がレーダーに引っ掛からないのはレーダーの
>波長と同じ波長を返す機械が搭載されており

水はレーダ波を通さないので、潜水時はそういうものは不要ですね。
それに逆位相のレーダー波で打ち消すというのは無理っぽい。
反射断面積を減らす方向の方が現実的でしょう。

Q米軍基地は出て行け!!日本に米軍基地はいらない!!

米軍基地は出て行け!!日本に米軍基地はいらない!!

・・・という主張は結構なのですが、それならば、「私は日本が紛争、戦争に巻き込まれて悲惨なことになったとしても文句一つ言いませんから」とか、「自分の国は血を流してでも自分達の手で守ります!!」なども付け加えて言うべきではないのでしょうか?
そして、米軍が日本から撤退したら今度は日本人、自らが日本を守らないといけないので、スイスを参考にして国民皆兵制度を作ろうなどとも考えてないのですか?

先日の北朝鮮による魚雷攻撃で亡くなられた韓国兵の遺族の方や朝鮮戦争で悲惨な経験をされた方々に「米軍がいなくなれば平和になりますよ!!」と言えますか?

???だらけです。

主に基地は要らないという平和主義者の人の意見を聞きたいです。

Aベストアンサー

スイス方式を日本に持ち込むのは不適当です
地理的条件が違います
スイスは山の中の国で軍事的に無価値です
資源に乏しい
こういう理由で傘下に収める価値がありません

米中露の勢力争いがあるのは紛れもない事実です
アメリカから見れば中ロを封じ込めるのに日本は絶好の位置にあります
中ロから見れば太平洋に直接出て行くためとアメリカの攻撃を防ぐための防塁としての価値が高いのです
こういう状況下で日本が自力で中立を維持することは不可能です
自力で中立を保つには資源がありません

で米軍か中ロかどちらかの傘下に入らなければならないでしょうね
中立論者は妄想を抱いているのだと思います

Qステルス戦闘機を探知出来るレーダは?

ステルス戦闘機といえど肉眼では見える訳ですから、特定帯域の電波に限って吸収するということだと思います。
従って発射する電波の周波数を変えればステルス戦闘機も探知出来ると思うのですが開発は行われているのでしょうか?

Aベストアンサー

 回答番号:ANo.4です。

>これが成功したらF22やF35はどうなるのでしょうか?

 ステルス機対策は何れも「ステルス機を探知出来ないままでいるよりはまし」という程度のものであり、普通の航空機に対するレーダーの便利さと比較すれば、ステルス機対策の有効性は限られたものでしかありません。
 赤外線による探知は、赤外線が大気中の水分に吸収されやすいため、探知可能な距離が短くなりますし、ステルス機は普通の航空機よりも赤外線の放射を探知され難くなる様に設計されていますから、探知可能距離は更に短くなります。
 送信と受信を別の場所にしたレーダーは、ステルス機が電波を反射する方向が特定の方向に限られているため、たまたまその方向に受信機が存在する位置関係になった一瞬しか探知が出来ません。
 そのため、同様のレーダーを多数配置して、何時に何処でレーダーに反応が現れて、次の何時に何処で別のレーダーに反応が現れたから、ステルス機は大体この方向に向かって、どの位の速度で移動しているので、途中で進路や速度が変わらなければ、今は大体この辺りにいる筈だ、という事が判る程度ではないかと思います。(途中で進路を変えられたら、現在位置が判らなくなる)
 塔とワイヤーに至っては、万が一上手く行ったらラッキーだけど、実際に作るには金がかかるし、自国の航空機も飛べなくなる、というアイデア倒れの案だけど、ステルス機対策には格別有効な案が無いので、取り敢えず提案してみました、という様な印象すらあります。

 従って、それらのステルス機対策が大成功する可能性は低いと思います。
 ある程度成功したとしても、それは限定的な成功に過ぎないと思います。
 何故なら、ステルス機というものは、全くレーダーに映らないという訳ではなく、反射波が非常に弱いため、普通の航空機を探知する場合よりも探知距離が短くなる事により、「相手には気付かれないが、こちらは相手を攻撃出来る」という距離から、相手に攻撃された事を気付かせずに先制攻撃を行い、相手に回避や応戦させずに勝利するためのものです。
 ステルス対策が行われても、ステルス機が普通の航空機よりも探知し難い事に変わりはありませんから、相手に全く気付かせずに攻撃する事が出来る距離の範囲が遠くなったとしても、先制攻撃は可能ですし、例え相手に全く気付かせずに攻撃する事が出来なくなった場合でも、普通の航空機よりも優位である事には変わりありませんから、ステルス機は有用です。
 例えば、ステルス機が敵の基地を攻撃する際に、送受信を別の場所で行うレーダーに感知されて、敵の迎撃機が発進したとします。
 航空機に搭載可能なレーダーは、普通のレーダーですから、遠距離では迎撃機にはステルス機が何処にいるのか、正確には判らず、遠距離では迎撃出来ません。
 地上のレーダー網からステルス機の予想位置を教えて貰い、ステルス機の居る辺りに近づいていくと、赤外線による探知機を搭載していれば、迎撃機でも探知可能になりますが、ステルス機は赤外線対策も行われているため、普通よりも近づかなければ探知出来ません。
 もし、迎撃機がステルス機でなければ、迎撃機がステルス機を探知する前に、ステルス機が迎撃機を探知しますから、ステルス機は迎撃機に探知されない様に進路を変更したり、先制攻撃で迎撃機を撃墜する事も出来ます。

 この様に、対策が行われた後でも、ステルスは有効な技術である事に変わりはないと思います。
 それどころか、ステルス対策が実用化されるという事は、それだけステルス機が普及したという事であり、そうなれば、ステルス機の戦闘方法から考えて、少しでも先に相手を発見した側が勝利する事になり、相手を発見する事が遅れた側は生き残れない事になりますから、より高いステルス性能を持つ機体を配備する事が、ますますの必要性を増して来る事になると思います。

 回答番号:ANo.4です。

>これが成功したらF22やF35はどうなるのでしょうか?

 ステルス機対策は何れも「ステルス機を探知出来ないままでいるよりはまし」という程度のものであり、普通の航空機に対するレーダーの便利さと比較すれば、ステルス機対策の有効性は限られたものでしかありません。
 赤外線による探知は、赤外線が大気中の水分に吸収されやすいため、探知可能な距離が短くなりますし、ステルス機は普通の航空機よりも赤外線の放射を探知され難くなる様に設計されていますから、探知可能...続きを読む

Q日本はなぜ低価格な戦闘機を配備しないのでしょうか?

最近空自戦闘機の配備数の定数が削減されましたよね
あれでは少数精鋭にならざるを得ませんし
中国軍の近代化を考えれば質の面でも差が縮まりつつありますから量でも増やさないと国防に穴が開くのでは?

主力戦闘機のほかにも
ハイローミックスのローに当たる
F-16Cなどの低価格戦闘機などを配備しないのでしょうか?

護憲派、軍縮派の意見はなるべくご遠慮願います

Aベストアンサー

 現代の空中戦は、主にミサイルによる物が中心になります。従って、要撃戦闘機に求められる性能として、対空ミサイル(AAM)の搭載量が重要な意味を持ちます。
 F-15はAIM-7(またはAMRAAM)×4、AIM-9×4。
 F-16はAIM-7×2、AIM-9×2。
 つまり搭載量が倍違うということです。又、戦闘行動半径も倍以上違いますね。
 ということは、ある空域で必要とするAAMの数に対し、F-16はF-15の倍の機数が必要ということになります。また、行動半径を計算に入れると、配備する必要のある基地ももっと増やさなければなりません。
 従って、運用するのにかかる費用は、F-15に比べてかえってふくらむことになりますね(パーロットの数だけで済む話ではないので)。

参考URL:http://tokyo.cool.ne.jp/goe/F-15/f-15.html,http://tokyo.cool.ne.jp/goe/F-16/f-16.html

Qサバゲーやステルス戦闘機に関する質問が

まずサバゲーの質問をしますね^^
 ~I~
私は今度サバゲーを始めてするのですが、電動ガンはどんなのが良いでしょうか? ちなみに楽天市場にて、7980円の「D-90H」(たぶんP90だと思いますが)を買います。 しかしネット通販では不良品が届く等がありますが大丈夫でしょうか? ちなみに店の名前は「セレクト雑貨ショップFOXXI」ですが、これと同じとこで買い物をした人感想などお願いしますm_ _m

ステルス戦闘機について
~I~
ステルス戦闘機とは、普通の戦闘機と何が違うんですか?

Aベストアンサー

好きなの買ってください。
色々ありますから

サバゲーで何を主体にして買うか、なんです
命中精度なのか射程距離なのか発射速度なのか、など色々

迷った時はM-16系にしとくのが無難です(^^;

でも銃が長いから小回りが効かないのでMP-5にしよーか?と色々迷ってしまいますから(^^;

D-90Hはどこのメーカーの製品ですか?
まず無難なのは東京マルイというメーカーの製品
http://www.first-jp.com/items/01/

あまり安いのは中国製とかですぐ壊れたりする事があります。



ステルス戦闘機はレーダーに映らない戦闘機なんです
だから、相手の後ろや相手の国に、こっそり近づいてミサイルが撃てたりします。

QF22ラプターはバンカーバスターは搭載できますか?

F-22はバンカーバスターが積めるようになったんですか?

特に核弾頭の付いたB61-11はどうですか?ネット
では探しきれませんでした。

F35の方が後なのに、F22は最強とか、海外配備になる
とか、最近の記事でも見ましたし、今年もざわざわ米国が
写真を公開したそうですが。

福島沖や長野の栄村、茨城沖などの地中に核を植え
込んで人工地震を起こしたという政府関係者やマスコミ
の話が本当なら、F35を自衛隊が導入すれば対処出来
るという事になりますかね?

エフワン以上の速度で、ステルス性能があるためレー
ダーには鳥くらいの大きさでしか映らないそうですが、
空中バトルなんて出来ますか?

ゲームはやりませんが、本物そっくりのシリーズが
出来るみたいですが、そうゆうのも含めて情報をお
持ちの方、詳しい方、お願いします。私はまったくの
素人です。

Aベストアンサー

>それなら海外配備の話が出てるF22を自衛隊が買えば

アメリカ議会では「輸出しない」という決定が出されたのと、既にF-22の調達は終了して生産していないハズですが……。

事情通のあなたが言われているのであれば、自衛隊でも買えますね。
実によい知らせです。
値段が幾らになるのかは判りませんが。

Q日本に ステルス戦闘機は必要?

今夜 TVで始めて知ったんですが 26年前から

国産の「ステルス機」を製造していて

今年中に飛行テストが行われるらしいです。

機体はほぼ出来上がり TVで公表されてました。


日本は「他国に攻撃しない」「専守防衛」のはずだったですよね~

しかし 秘密裏に「ステルス機」を製造していたなんて。。。

TVでは『ステルス機』と表現してましたが

必ず ステルス戦闘機になると思います。

首相が「憲法解釈」で勝手に 他国が攻撃されれば(友好国)

護衛にあたる。。と変えてしまいましたが

護衛をするということは 相手国からすれば 日本も「敵国」になり

いつ攻撃されてもおかしくない状況になってしまうわけですよね。

皆さんは 「ステルス戦闘機」は必要だと思いますか?

首相の「憲法解釈」は 正しいと思いますか?

理由も お願いします。

また お子さん・旦那さんが自衛官の方の意見も聞きたいです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

自分が右寄り(今のメディア()的にいえばね。極めて中道のつもりだけど)だと思いますが

9条も戦闘機非保持も、それ掲げてれば誰も日本に攻めてこない…
そう思ってるのでしょうかね。
永世中立国とかバリバリ軍隊抱えてますよね。

日本を囲んでる国がどこなのかわかっててこの質問なのかな?と思います。
9条掲げてりゃーどの国も何もしてこない、占拠してる土地も返してくれる
たとえ友好国が攻撃されてても「攻撃されるの嫌だから」助けませーんって態度で
外交・輸出輸入には影響させませーん

っていうなら、デモに参加してもいいんだけどねw

友好国見捨てる国と、あなたは外交したいと思うの??仲良くしたい?
そして、そうやって周囲からそっぷ向かれてる時に
どこの国かがなにか仕掛けてきたとき孤立無援の日本はどうするの?
ここんとこどう思ってるんでしょうか。

首相の言い分は極めて対外的なメッセージだと思うのは同感です。
でも多分、メディアの言うことのほうに傾いてる人と
ネットの言うことの方に傾いてる人とじゃ考えてることが真逆だなーと思います。

戦闘・戦争にだけスポット当ててる報道が不自然すぎて嫌になりません?
国交外交まで考えてしまうとなあ~~…と思う次第です。


また、戦争は仕掛ける側と受ける側がいて始めて成立しますけど
受ける側(日本)が戦争ハンターイ!!ってやってたら
行われるのは虐殺と略奪ですよ。

戦争に友人家族が巻き込まれたくはないですが
一方的被害者になるというのはもっとゴメンだわ。

自分が右寄り(今のメディア()的にいえばね。極めて中道のつもりだけど)だと思いますが

9条も戦闘機非保持も、それ掲げてれば誰も日本に攻めてこない…
そう思ってるのでしょうかね。
永世中立国とかバリバリ軍隊抱えてますよね。

日本を囲んでる国がどこなのかわかっててこの質問なのかな?と思います。
9条掲げてりゃーどの国も何もしてこない、占拠してる土地も返してくれる
たとえ友好国が攻撃されてても「攻撃されるの嫌だから」助けませーんって態度で
外交・輸出輸入には影響させませーん

っていうな...続きを読む

Q米軍基地辺野古移設について教えてください。

よく沖縄基地を辺野古に移転するというお話を聞きます。そのつど、反対を受け未完に終わったという結果が多いような気がします。初歩的な質問で恐縮なのですが、なぜ「辺野古」に移設をしようとするのでしょうか?普天間から辺野古はさほどの距離がないと思います。どういう根拠で辺野古に移設しようとされているのでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> どういう根拠で辺野古に移設しようとされているのでしょうか?

辺野古の移転予定地周辺には人が住んでいませんが、普天間は街の真ん中です。
辺野古と普天間は近いので、辺野古へ移転しても訓練施設等はそのまま使えますし、基地の地政学的価値も損なわれません。

更に、当初案(自民党案)では離着陸は海上を経由して行われ、市街地や漁港周辺は使わないことになっていたので、事故時にもかなり安全性が向上する予定でした。
後の民主党案では漁港の真上を通るように変更されたので、安全性という面では問題があるプランに変更されています。

自民党案は橋本政権下において基本合意が出来た後、毎年のように総理以下が地元を訪問して環境アセスまで済んでいたところで政権交代があり、鳩山氏がひっかきまわして拗れるだけこじれて現在の状況になっています。これさえなければ、今頃は普天間基地周辺は安全性がかなり高まったはずです。


因みに、普天間基地のすぐ近くに小学校がありますが、危険だからと移転案が出るたびに基地反対運動の活動家が反対して移転がとりやめになっています。彼らにとっては飯の種ですから、危険なままになっている方が良いのかもしれませんね。

> どういう根拠で辺野古に移設しようとされているのでしょうか?

辺野古の移転予定地周辺には人が住んでいませんが、普天間は街の真ん中です。
辺野古と普天間は近いので、辺野古へ移転しても訓練施設等はそのまま使えますし、基地の地政学的価値も損なわれません。

更に、当初案(自民党案)では離着陸は海上を経由して行われ、市街地や漁港周辺は使わないことになっていたので、事故時にもかなり安全性が向上する予定でした。
後の民主党案では漁港の真上を通るように変更されたので、安全性という面では問題...続きを読む

Qステルス戦闘機ではなく、ステルス船って本当にあるのですか?

この前ウェブを眺めていたらステルス戦闘機ならぬ、ステルス護衛艦のような船を見ました。あれは実用されているのでしょうか? 当然あれもレーダーに映らないのですか? ということは、ステルス潜水艦もあるはずですよね?

Aベストアンサー

先ず、質問者のステルス技術に対する誤解を解く事から始めますが、ステルス技術とは、レーダー波(電波)の反射を低減させる事で、レーダーによる被発見率を低下させる諸技術の事です。従って、電波の透過しない水中を主な行動領域とする潜水艦にステルス特性を持たせる事に意味はありません。一部、水面に露出する事のある潜望鏡マストにステルス技術を適用する事に意義がある程度です。
ステルス技術には、構造ステルスと材料ステルスの二種類があります。前者は一定方向(大抵は機体、船体などの進行方向側)からのレーダー波を、発信地点(つまりレーダーのある場所)とは違う方向に指向させる事により、反射波を戻さない事で探知を避ける技術であり、これは、所謂ステルス爆撃機等を御覧になれば解る通り、機体表面の形状を計算に基いて整形する事で達成されます。スーパーコンピューターの登場以前にはこの複雑な形状の計算が困難だった為、1980年代以前にはステルス戦闘機は出現しなかったのです。後者はフェライト材等の電波を吸収する素材を表面に塗布する事により、反射波を低減させる技術です。これらの諸技術は併用される事が一般的です。
さらに、ステルス技術と言う物は、飽くまで被発見率を低下させる技術であり、必ずしも完全に見えなくする事を指すものでは無いので、部分的にステルス技術を適用した航空機、艦艇等は相当な数存在します。1990年代以降に設計された軍用機、軍艦には多かれ少なかれ、ほぼ全て適用されていると言っても良いでしょう。例えば軍艦の場合、垂直にそそり立つレーダーマストなどは最も電波を良く反射する為、この部分にだけステルス技術を適用するのは良くある事です(我が国の護衛艦も、新しい物はそのようになっています)。艦全体をステルス化する事は非常に高コストになる為、このような用いられ方をするのが現状では一般的です。

先ず、質問者のステルス技術に対する誤解を解く事から始めますが、ステルス技術とは、レーダー波(電波)の反射を低減させる事で、レーダーによる被発見率を低下させる諸技術の事です。従って、電波の透過しない水中を主な行動領域とする潜水艦にステルス特性を持たせる事に意味はありません。一部、水面に露出する事のある潜望鏡マストにステルス技術を適用する事に意義がある程度です。
ステルス技術には、構造ステルスと材料ステルスの二種類があります。前者は一定方向(大抵は機体、船体などの進行方向側)から...続きを読む

Q米軍普天間基地

米軍普天間基地問題でニュースを見ても意味がわかりません。

米軍は:
(1)日本から撤退したいが、思い遣り予算がほしいから残っている
(2)日本から撤退したいし、思い遣り予算も欲しくない
(3)日本に残りたいが、基地問題があるので移転せざるを得ない
(4)日本から今後も永続的に駐留したい
(5)その他
日本は:
(1)米軍に思い遣り予算をはらってでも残ってもらいたい
(2)米軍には残ってもらいたいが、お金ははらいたくない。
(3)米軍には出て行ってもらいたい
(4)その他

のどの立場なのかを誰かおしえてくださいませんか。

Aベストアンサー

  この質問に対して回答する為には一つの前提が必要と思います。即ち、ご質問者が「なぜ日本の領土である沖縄に、外国の軍隊である米軍の基地があり、戦闘力が駐在しているのか、ということの歴史的な意味を理解していること」という前提です。ご質問の文面から拝察する限り、ご質問者はこの意味を殆どご存じないように感じますが、これを詳しく書けばとても紙面が足りませんので、超簡単にご紹介しておきます。
 1.敗戦後日本が独立を回復する1951年9月8日、「サンフランシスコ講和条約」と「日米安全保障条約」の二つの条約が結ばれました。全ての原点はここにあります。この二つの条約によって戦後の日本の国家としての形が規定されました。
 2.マッカーサーの敷いた平和路線「戦争放棄」「戦力不保持」の原則により、日本は丸腰独立の代償としてアメリカの軍事力で日本の独立を保証する、という、非現実的な非武装中立論でスタートすることになります。しかし、アメリカ自身、この夢想的平和主義で日本を再出発させた事をすぐに後悔する事態が発生します。
 3.いわゆる朝鮮戦争の勃発(1956年6月5日)です。ソ連、中共の強力な支援を得た北の勢力をかろうじて食い止めたのが日本に基地を置いていたアメリカの戦闘力でした。
 4.歴史に"IF"は無いと言われますが、「もし、このとき日本にアメリカの基地無かりせば」を前提に、その結果を想定することは、日本の現状を考える上で許されて良いことと私は思います。アメリカの極近距離からの強力な戦闘力を欠けば、朝鮮半島は共産勢力の手に落ちていたであろうとは多くの歴史家が認めるところでしょう。そして、そうなれば日本は狭い日本海峡を挟んで強力な共産軍の矛先に丸腰の無防備を晒すことになります。当時このような状況に置かれたとすれば、日本の恐怖がどのようなものになったか、おそらくご質問者には想像も付かないことと思います。そして、現実に半島からソ連、中共軍の侵攻があり得たと想定も可能です。朝鮮戦争の現実に遭遇して、アメリカは日本に非武装を要求したのを後悔したと言われます。

 上のことで、日本にアメリカの基地があることの歴史的必然はご理解されたことと思いますが、日本に基地を置くとすれば「沖縄」が戦略的に必然の地であると言うことになると思います(詳しくは省略)。
 さて、沖縄問題に関しての質問にいろいろな回答を拝見しますが、殆どの方が、沖縄の人たちの気持ち(もちろん、これも大事です)、日本とアメリカの利害、など目先の細かしい事柄ばかりを論じていて、安全保障の本質的なことに目が向いていないように感じます。
 
 日本は今、本当にアメリカの軍事力を頼らずして安心できるでしょうか?
 中国はなぜ尖閣諸島に軍艦を乗り付けずに我慢しているのでしょうか? 春暁その他の東シナ海のガス田に対して、中国は自己の主張する大陸棚領海説を当てはめた領有を強行せずに済んでいるのでしょうか? なぜ韓国は竹島に軍艦を横付けせずに我慢しているのでしょうか?
 私は、アメリカが軍事力を日本に駐留させることにより、日本との強い同盟関係を「態度で明確に」示している事によってかろうじて中国、韓国が理不尽な行動に移る事を抑止していると感じます。もし、自衛隊だけの抑止力ならば、日本は互角以上に戦えるとしても、日本だけの意志でその理不尽を排除する為の軍事力行使は決断出来ないと、彼等は考えると思います。つまり、自衛隊はあれども抑止力にはならないように思います。中国が現実に南沙諸島などで行っている傍若無人の振る舞いを直視し、そこから教訓を得る事が必要でしょう。このことについて、あつらえ向きの新聞論説がありますので添付します。日本経済新聞2009年12月16日の1,2面です。熟読の価値有りと思います。
 一国の安全保障などという問題は大局的に見ることが何より大事でしょう。こせこせと足下ばかり見ていては大事を誤ります。
 ウイキペディア(参考URL参照)で「朝鮮戦争」も参照してください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/

  この質問に対して回答する為には一つの前提が必要と思います。即ち、ご質問者が「なぜ日本の領土である沖縄に、外国の軍隊である米軍の基地があり、戦闘力が駐在しているのか、ということの歴史的な意味を理解していること」という前提です。ご質問の文面から拝察する限り、ご質問者はこの意味を殆どご存じないように感じますが、これを詳しく書けばとても紙面が足りませんので、超簡単にご紹介しておきます。
 1.敗戦後日本が独立を回復する1951年9月8日、「サンフランシスコ講和条約」と「日米安全保障条...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報