自己PRと学生時代打ち込んだことについて何を書こうか迷っています。

学生時代打ち込んだこと
私は10年間サッカーをやり、大学でもサッカーサークルに入りました。そこではすべて自分たちでやらなければなりません。私達の代は、よいチームにするために常に多くの話し合いをしました。時には仲間とぶつかったこともありました。練習は週2回。試合は毎年20チームくらいでやる年間リーグに参加しています。今年は見事初優勝することができました。私はこの経験を通して仲間と一つのことをやり遂げる達成感、意見を取り入れることの大切さ、広い視野を持ち人をまとめる精神的なタフさの大切さを学びました。

自己PR
私が大学生活で成長できたと感じることは、チームワークの重要性を認識し、それに見合った行動力を発揮できるようになったことです。私は飲食店でアルバイトしてました。そこではホールリーダーに任命され、問題が起きたときは自分で考えて対処していいと言われ責任を持って仕事することができました。私はこの経験で今後仕事をするにあたって、チームワーク、助け合いで補い合い効率化を進めることのできる社会人を目指しています。

テーマは一つに絞ったほうがいいのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

●学生時代打ち込んだこと


色々なことを盛り込みすぎている感じがします。
「自分たちで運営したこと」「チームワークを築いたこと」「優勝に向けて練習を積んだこと」など
いろんなネタが入ってきていますよね。
「打ち込んだこと」に対しての結論を「~に力を入れました」という風に頭に出してみてはどうでしょう?
サークルに入って活動したこと自体は、打ち込んだことの証明にはなりません。
サークル活動の中の“どんなことに”力を入れたのか?を絞って、具体的な内容を盛り込んだ方が
よりわかりやすいと思いますよ。

●自己PR
貴方がPRしたい内容は、「チームワークの重要性を認識し、それに見合った行動力を発揮できる」
というところが、PRのコアの部分なんだと思いますが、これが大きすぎませんか?
二つの要素が盛り込まれているので、具体的な事例が出しづらいのかもしれません。
どちらかに絞って、それができるようになった経緯・経験を具体的に出してみてはどうでしょう?
    • good
    • 0

・そこではすべて自分たちでやらなければなりません


・時には仲間とぶつかったこともありました

具体的にどんなことで苦労をして、どのように工夫して乗り越えたのかのか、具体性を持たせることでインパクトが強まる気がします。

・練習は週2回。⇒ここは具体的に述べても意味がない気がします。

・広い視野を持ち人をまとめる精神的なタフさ⇒これは二つの能力が混ざって書かれていると思います。人をまとめるのは、統率する力ですし、精神的なタフさは忍耐力と述べるといいのではないでしょうか?

自己PR
・問題が起きたときは自分で考えて対処していいと言われ責任を持って仕事することができました。⇒具体的に記憶に残る問題はどんなことか?それに対して自分がどのように行動し、自分のため、お客のためになったのかなど、一つ具体的な例を取り込んでおくと面接時にも答えやすいと思います。
    • good
    • 0

具体的な内容を盛り込んだ方が良いかと。



>そこではすべて自分たちでやらなければなりません。
すべてって例えば何がありますか?

>私達の代は、よいチームにするために常に多くの話し合いをしました。
どんなことを話し合ったのですか?

>時には仲間とぶつかったこともありました。
どういうことでぶつかったのですか?
結果どうなりましたか?

自己PRも同様です。
仕事内容が伝わってきません。

また、「打ち込んだこと」と「自己PR」で得たことは、
あまり違いが無いような気がします。(両方ともチームワーク?)
だとしたら、どちらかに絞ったほうが良いかもしれません。
    • good
    • 0

はじめまして。


32歳になる社会人の男性です。

拝見しましたところ、いずれも至極当たり前で抽象的な表現のためインパクトが弱いように感じます。
具体例を交えながらあなたらしさをPRしないと、きれいにまとまった文章では全然印象に残りません。

■学生時代に打ち込んだこと
サークル運営のために苦心したところ。
メンバー募集やスケジュール管理などチーム運営上
どのような役割を担ってきたのかを書くとイメージしやすいですね。

■自己PR
例えばアルバイト時に経験した大きなトラブルとその解決策。
お客さまにはどのような点に注意して接してきたのか。
自分ならではの創意工夫してきた事。

上記なような事を踏まえて練り直されますといいのではないでしょうか?
あくまで私的な印象なのでご参考までにどうぞ。
    • good
    • 0

見事→×


補い合い→補い
を目指しています。→になりたいと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q紙面上の自己PRと面接で自己PRの違い

新卒で現在就職活動を行っております。

個人面接の時の自己PRについて質問があります。

先日の面接では、「強み」→「経験談」→「得たもの」を訳1分半くらいで言ったのですが、経験談のあたりで人事の方が飽き飽きしている雰囲気でした。

もしかしたら、ネタがつまらないものだったかも知れませんが‥。

自己PRには体験談を入れるのが鉄則と聞きましたが、実際のところどうなのでしょうか?
逆にダラダラしてしまう気もします。

履歴書上の自己PRと面接の自己PRはどのように区別していけば相手にとって聞きやすいでしょうか?


少し抽象的で回答しにくいかと思いますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

去年の今頃、就職活動をしていた者です。

>経験談のあたりで人事の方が飽き飽きしている雰囲気でした。
質問者様が仰るとおり、ネタがつまらなかった可能性もありえますね。
しかし、人事担当ならば学生一人一人ときちんと向き合う必要があると思います(時に向き合う価値のない学生もいますが、それはよっぽどひどい人(^_^;))。
私ならそんな人事を見たら即、その会社に見切りをつけてしまいます(笑)
(ある程度就活をしていると、自分に合う・合わない会社が分かってきます。それは、人事の方を見ることで分かる時もあります。)

自己PRで先ず「強み」を述べ、それを裏付ける「経験談」を述べるのはごく普通の流れです。強みばかり述べても、全く真実味がないからです。
経験談を入れることでダラダラしたように感じられるなら、もう一度エピソードを上手く削ったり、言葉を変えたりしてすっきり伝えられるようにアレンジしてはいかがでしょうか?(^-^)

>履歴書上の自己PRと面接の自己PRはどのように区別していけば…
難しいですよね…(汗)
人事の方々は履歴書の自己PRを読んだ上で、ツッコんだ質問をしてくることが多いです。ただ、面接の最初にいきなり「自己PRをしろ」と言われることもありますよね。
私の場合、面接の冒頭で「自己PRを」と言われたら、履歴書の自己PRより更に詳しく述べる、もしくは履歴書と同じ強み→別の体験談、を述べるようにしていました。
後者の場合は更に自分の強みを実証することができるので、効果が上々だった気がします♪

長々と失礼しました。
就職活動が上手くいくよう、祈っています。

去年の今頃、就職活動をしていた者です。

>経験談のあたりで人事の方が飽き飽きしている雰囲気でした。
質問者様が仰るとおり、ネタがつまらなかった可能性もありえますね。
しかし、人事担当ならば学生一人一人ときちんと向き合う必要があると思います(時に向き合う価値のない学生もいますが、それはよっぽどひどい人(^_^;))。
私ならそんな人事を見たら即、その会社に見切りをつけてしまいます(笑)
(ある程度就活をしていると、自分に合う・合わない会社が分かってきます。それは、人事の方を見るこ...続きを読む

Q①学生時代に力を入れたこと、それによって得たこと&②自己PR 添削やアドバイスをお願いします。

①私はアパレル会社でのアルバイトに力を入れました。店長や社員が私の業務への取り組みを評価してくださり、私に新人スタッフのOJTを任せてくれました。オープン前の新店舗に異動するとすぐにアルバイトスタッフや準社員へのOJTが始まりました。そこで苦労に感じたことが、何十人を相手にすると私が伝えたいことがどこまで伝わっているかが把握できないことです。そのため、私はスタッフ全員にアクティブリスニングを積極的に行うように教えました。すると、1人ひとりの首の動きや表情から伝えたいことが伝わったかが分かるようになりました。また、その日のスタッフの調子も感じることができ、コミュニケーションを円滑に進めることもできるようになりました。これからは、業務を覚えたスタッフのさらなるスキルアップのためにできる案を考え、店長に相談し、行動に移すことが私の課題です。

②私に気づくとすぐ改善に動き出す力があります。例えば、アルバイトで培ったクリンリネスが得意です。補正の際に余った端切れを持ち歩き、床の汚れを拭き取ったりカートのキャスターを拭くのに利用します。少しの時間も無駄にせずクリンリネスを実施することができます。その他にも売り場の商品の動向を把握しサイズや色が欠品する前に品出しをスタッフに指示することもあります。貴社に入社出来たら私の気づき改善する力をお客様やスタッフ、また売上げに貢献出来るように努めたいと考えております。

・①②でどちらもアルバイト時代の内容になっていることは問題ではありませんか?私自信、振り返るとアルバイトで学んだことが多くて、エピソードとしても具体的なものが出せるのがやはりアルバイトの時間のものなので・・・
・言葉の使い方がおかしなところがあれば教えてください。

よろしくお願いします!

①私はアパレル会社でのアルバイトに力を入れました。店長や社員が私の業務への取り組みを評価してくださり、私に新人スタッフのOJTを任せてくれました。オープン前の新店舗に異動するとすぐにアルバイトスタッフや準社員へのOJTが始まりました。そこで苦労に感じたことが、何十人を相手にすると私が伝えたいことがどこまで伝わっているかが把握できないことです。そのため、私はスタッフ全員にアクティブリスニングを積極的に行うように教えました。すると、1人ひとりの首の動きや表情から伝えたいことが伝わった...続きを読む

Aベストアンサー

キャリアセンターやゼミの教授に
指導を受けましょう。

①店長に相談し、行動に移すことが私の課題
 ⇒バイト先の課題をきいてません。
  あなたが、それを企業でどう貢献に役立てるかを
  求めています。

②私の気づき改善する力
 ⇒単発の気づきが自己PRですか。
  PLAN-DO-CHECK-ACTの継続的改善のなかで
  どう活かせるかです。

Q就活で友人の大切さ 幼い?

就活のエントリーシートで迷っています。

お題は『学生時代何に挑戦しそこから何を得ましたか』です。

専門学校のためアルバイトはしていませんし、ゼミ・サークルもありません。

そこで資格取得のことについて書こうと思います。


が・・・欄が大きいのと勉強勉強いうとコミュニケーションとれない人みたいだな。
と考えて資格取得の際

『友人と切磋琢磨したこと』
『挫折した際友人の大切さを学んだこと』
なども書こうと思います。
本当に友人の優しさに感動しましたし、そのおかげで今の自分があると胸を張って言えますが…


これってどうですか?
就活で友人の大切さって幼すぎですか?


ご意見下さい。
厳しくても結構です

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

僕も大事だと思う・・・

んだけど、僕はそれで落ちた。
「あなたの尊敬する人は」みたいな質問だったけど、うまく伝わらなかった。
相手は有名人とかを挙げて、自分との比較、内省を見たかったんだと思う。
つまり「松下幸之助が好きで・・・」となればその人の性格や、今までの経歴も
なんとなく読み取れるだろう、みたいな感じ?

でも、すごい大切でも友人や家族では相手にはピンと来ないケースはある。
もちろん伝わる人には伝わる。


僕は有名人の話ばかりして、
家族や友人をないがしろにする人は嫌いだな。
実際に経験則から言っても、他人の干渉はよくもわるくも自分に影響を与えているし。
自分本位の事だけをESに書くのが鉄則だとは思わない。
ギャンブル要素は残るけど、友人のこと書いてみたらいいと思うよ。

Q高校生です。面接の自己PR、長所と同じ事だけだとダメですよね。どんな事をどうPRすればいいのか、教え

高校生です。面接の自己PR、長所と同じ事だけだとダメですよね。どんな事をどうPRすればいいのか、教えて下さい

Aベストアンサー

「PR」とはまさに「PR」で、長所とは似て非なるものです。
「私を採用することで、御社にはこんないいことがありますよ!」という簡易プレゼンです。
例えばですが、「以前お客さんとしてお店に入ったとき、店員さんにとても親切にしてもらいました。御社に入って、その方のような立派な社会人になりたいと思います!よろしくお願いします!」など。
これだと、「どんなに御社に入りたいか」のPRにもなるし、
「具体的な目標もあるし、この子を採用したら、教えたことをしっかり吸収してくれそうだな」とも思わせられます。

Q自己PRで優秀さをアピール?自分らしさをアピール?

就職活動の際の自己PRについてなんですが、
よく自己PRでは、「会社に貢献できるような力をアピールすると良い」や、
自己PRとは「企業があなたがどんな人物か?人柄か?知るためのもの」といった記述を見ます。
両方とも、同じようなことを言っているような気もしますし、違う気もします。

ところで、人事の方は「会社に貢献してくれそうな学生」が欲しいのか?
「この人となら一緒に働きたい!」と思えるような学生が欲しいのか?
というのが自己PRをこれから書いていく上で、私としては悩んでいる点です。

そりゃ、会社に貢献してくれそうで、一緒に働きたい!と思える学生が良いに決まっているでしょうけど、
自己PRでは2つのことを書くのは文字数的にもきついですし、
内容がおかしくなる恐れがあるので、どっちかに絞った方が良いと思うのです。

そこで、どちらの内容で自己PRを書いていった方が良いか?
勿論、私のことは全然知らないはずなので、アドバイスは難しいかもしれませんが、
絞り方、選び方についてのアドバイス等があれば、お願い致します。

Aベストアンサー

建設業、不動産業を経営するものです。

大企業と中小企業では見方が変わると思います。
私の会社では、会社に貢献というよりも
持っている力をそのまま発揮してくれる人を求めています。

とくに忠誠心は求めていません。

営業職、技術職、事務職で
PRの仕方は変わると思います。

営業職では自分らしさ
技術職では持っているスキルや経験
事務職では資格等…

それぞれ異なります。

あまりPRしすぎると
自信過剰だけに思われるので注意したほうがいいかもですね。

その会社の社風を理解したうえで書いてください。

ちなみに
私が履歴書に目を通すときは
名前、年齢、性別、顔写真、自己PR、志望動機、資格、学歴、職歴の順番で見ます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報