建物の予算はオーバーしているので、設備などを見直しています。設計士のご提案の一つは、バルコニーのルーフタイルが実用性より見た目の問題ですから、減らしてはどうですか?防水など処理した上にルーフタイルを敷いているだけそうです。
皆様のお家のバルコニーの床はどんなふうに施工されていますか?10万円ぐらい安くなるので、かなり迷っています。教えてください。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして!


見ていますと誰も貴方に回答する方が居ないようなので、アドバイスさせていただきます。
建築予算見直しということでバルコニーのルーフタイルを検討しているようですね。
注意事項
ルーフタイルの下は、シート防水ですか?
バルコニーに人の出入りはしませんか?
もしベランダの防水がシート防水なら、歩行用に仕様替えをしなくてはなりません。
防水の仕様替えとなると、10万円の差額とはならないと判断します。
せいぜい5万円前後かな。
HMの設計士に良く確認しましょう。
この事を確認してから返事をしたらいかがでしょうか。

この回答への補足

貴重なアドバイスを頂き、ありがとうございます。
バルコニーの床面はFRP素材でペイントされていると思います。この場合、タイルがなくても大丈夫でしょうか?説明が不足すみませんでした。

補足日時:2007/02/22 16:03
    • good
    • 0

追加の質問にアドバイスします。


ルーフタイルは何のために敷かれるのでしょうか。
歩行の為の物です。
タイルを取り払うとその下の防水は、はたして歩行用でしょうか。
答えは、NOです。
貴方たちが生活する場合、バルコニーの上にいきませんか。
最初のアドバイスに書いているとおり、設計士に良く確認しましょう。
参考に歩行用防水シートの最低厚さは1.2mmです。
厚さ1mm以下では、雨漏りの保証は無いのと一緒です。
また塗装による防水は、歩行用には適しません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンションバルコニーのガーデニング施工例のサイト、知りません?

昨年マンション買って生活も一段落。ふと外をみるとバルコニーが殺風景なことに気づきました。
近くのDIYショップ行ったりしてバルコニーに合うような観葉植物探してますが、植物初心者の私、最終的にどのようにしたらカッコいいのかわからず悩んでます。
マンションのバルコニーならこんな植物をこんな形でレイアウトしたらカッコいいよっていう施工例、レイアウト例が沢山載ってるいいサイト、どなたかおしえていただけないでしょうか?

ちなみに最近のマンションってバルコニーの奥行きが結構あるんですよね。そこをターゲットにしたら植木屋さんも結構いい商売になるんじゃないんでしょうかね?

Aベストアンサー

こんにちわ。私もガーデニング初心者で、マンションではありませんが
レイアウトや植物の趣味が合うなぁと思って個人的に参考にさせていただいてます。
シンプルながらかわいらしい感じにまとまっててとっても素敵だと思います。
他にも、検索サイトで”ベランダ ガーデニング”と入れると結構色々でてきますよ。
皆さん趣味や飾り方も色々で面白いです。カッコいいベランダになるといいですね♪

参考URL:http://www.chiakiweb.com/verandagarden/index.html

Qルーフバルコニーの防水について

2階ルーフバルコニーの防水について悩んでいます。
(かなり前になりますが、FRP防水関連で一度質問させていただいています)


面積は10m2で、3面が外壁で、一面が庭(上部)に面しています。

A:FRP防水(+ウッドデッキ)
B:ガルバリウム鋼板屋根葺きの上、ウッドデッキ設置


※一部特殊な方法(より万全な)もあるようですが、コスト的に無理ですから考えないこととします。


●コスト、性能面を総合判断した場合、一般的なAを選択すべきでしょうか?



デザイン面等は考慮せず、イニシャル・ランニングコスト(施工費用、メンテ費用、補修費用等)の両面から総合判断して決めたいと思っています。


FRPは万全ではないと聞きますが、それでも多くの実績がある現在では、信頼があるからこそではとも思ったりします。

以前の質問での結論としましては、適切な施工さえすればまず漏水のおそれはない・・でした。
大半の雨漏りは、施工レベルであると・・・。
(それでも万が一のことを考えると不安は払拭できないでいます)

予算が取れるなら、もっと万全な方法があると紹介もされました。


■広い面積には向かないようですが、10m2であれば迷わず選択すれば良いでしょうか?


FRPの追従性にも限度があるでしょうから、地震等で、予期せぬトラブルの心配は拭えません。
木造の場合、揺れや構造のしなり?などが予想されますが、体力壁、水平構面で固めますから、それほどでもないのでしょうか?


ガルバ屋根の場合ですと、一般的に緩勾配であるほど雨漏りし易いと聞きます。
納まり上1/20勾配が限度ですが、上部にウッドデッキを設置するため、雨係にならないことから、漏水の恐れは少ないかと考えます。

日光にもさらされないため、屋根の経年変化も通常よりは有利かと?

以上を踏まえても、未経験が故、判断がつきません。


どちらの方法がベターかを専門家(経験者)のご意見を聞かせください、


■防水、長期的なメンテの観点から、ガルバ屋根のほうに分があると考えますが、実際には少数派だとの認識です。
ネットで調べましたが、参考事例(現場の施工事例)はわずか2件しか見つかりませんでした。
FRP防水は信用できないから、屋根を葺いているとの事でした・・。

FRPが主流であるのには理由があると思います。
そのあたりのことについて、お分かりでしたら、お願いします。

施工費用については、よくわかりませんが、FRP防水を1とした場合、ガルバ屋根はどの程度の目安で考えておくべきでしょうか?
(デッキの施工のしやすさも考慮した場合)

以上、よろしくお願いします。

2階ルーフバルコニーの防水について悩んでいます。
(かなり前になりますが、FRP防水関連で一度質問させていただいています)


面積は10m2で、3面が外壁で、一面が庭(上部)に面しています。

A:FRP防水(+ウッドデッキ)
B:ガルバリウム鋼板屋根葺きの上、ウッドデッキ設置


※一部特殊な方法(より万全な)もあるようですが、コスト的に無理ですから考えないこととします。


●コスト、性能面を総合判断した場合、一般的なAを選択すべきでしょうか?



デザイン面等は考慮せず、イニシャル・ラ...続きを読む

Aベストアンサー

「好み」の問題ではないか?と思います。
以下、気が付いた点を記載してみます。

「FRP防水」
 一応防水工法なので、「施工店+防水業者」の「10年保証」が付く。
 ところが、その上にウッドデッキを施工すると、防水保証から、条件が外れる、と
 実際に漏水した時に、逃げられる可能性も、多少あり。

 施工はシンプルで、納まりもシンプルで、漏水の危険度は、実際は低いように
 思います。(適切な管理と施工の下)

 意匠的には、正面にパラペットを立ち上げる事となり、すっきり、シンプルに見えると
 思います。

「ガルバリュウム屋根」
 この屋根が、何をイメージされているか解りませんが、この屋根は、「板金加工」の
 屋根であって、「防水屋根」ではないので、当然、防水保証10年は付きません。

 この屋根を、正面側に流れるようにすれば、充分、ウッドデッキにも対応が出来る、と
 思います。この場合は、正面に軒樋と縦樋が出てきます。
 それでもこの場合は、納まりがシンプルであって、信頼性もあると思います。

 意匠優先?として、正面にパラペットを設け、FRP防水のように見せたいと思った
 途端、納まりが非常に複雑になり、「谷樋」の設置の必要性が発生します。
 この場合、漏水の危険性は、加速度的に増大します。

 又、ガルバリュウムは、それ自体、非常に優れた材料ではありますが、折り曲げ加工を
 すると、固い材料なので、微細な亀裂が入ります。そこからの発錆が将来的に、多少
 心配です。

 防水性を高めようと、複雑に折り曲げをした加工もありますが、その折り曲げ加工の
 箇所が経年で、緩んできます。その緩みを取ろうと、再度締めるとその箇所の亀裂が
 重症化して、発錆に至ります。

 また、「谷樋」の施工は非常に難しく、実際には、板金とシールに頼っているのが
 現実です。これが意味するところは、将来の漏水です。
 落ち葉が詰まって、樋に水が溜まり、オーバーフローで、屋内に漏水する危険も
 あります。


繰り返しますが、全てが理想的な工法はありません。利点と欠点をにらみながら、
選ぶしかないのではないか、と思います。

最後に、鉄板系で防水性能を唄っている製品も有りますが、「10年保証」は出ません。
確かめてみて下さい。

「好み」の問題ではないか?と思います。
以下、気が付いた点を記載してみます。

「FRP防水」
 一応防水工法なので、「施工店+防水業者」の「10年保証」が付く。
 ところが、その上にウッドデッキを施工すると、防水保証から、条件が外れる、と
 実際に漏水した時に、逃げられる可能性も、多少あり。

 施工はシンプルで、納まりもシンプルで、漏水の危険度は、実際は低いように
 思います。(適切な管理と施工の下)

 意匠的には、正面にパラペットを立ち上げる事となり、すっきり、シンプルに見える...続きを読む

Qリビングと一体化した、またぎ(段差)のないバルコニーを作るには?!

新築の戸建を計画しているものです。2×4工法で3階建ての家を建てる予定で、現在2階(真下に部屋はありません。駐車場になっています)の南に面したバルコニーについて悩んでいます。

どうやらリビングの床とバルコニーの間にまたぎ(立ち上げ)が20cmできてしまうというのです。リビングと一体化したフラットのバルコニーをイメージしていたため、サッシは憧れの折り戸の大開口のものを計画しておりました。
バルコニー部分を下げるということは躯体の関係でできないそうですし、やるとしたらリビングの床全体を20cm上げてバルコニーの床もウッドデッキのようなものを敷くか、後付のバルコニーを設置するしかないでしょうか?ちなみに後付の脚無しのバルコニーは最大では90cmくらいしか出せないのでしょうか?もっと出せるバルコニーがあれば教えて頂けませんか?
ハウスメーカーも必死に別の方策を探しているようですが、もしご存知の方がいらっしゃいましたら、助けてください!!!

Aベストアンサー

後付の脚なしバルコニー???
脚なしいわゆるウイングバルコニーは先付けボルトがないと取り付けられませんよね。つまり先付けということになります。後付で脚なしだとどこに取り付くのでしょう??
後付は普通脚ありです。ただ、脚があるときは建築面積に、脚がなくても出が建物の心からバルコニーの先端までが1mを越えると建築面積に加える面積が生じます。構造上からいっても法規的にもウイングバルコニーにそれ以上の大きさがないのはそのためでしょう。
雨じまいと木の健全を保つためには防水の立ち上がりは必須です。
立ち上がりの少ないところで腐った現場をいくつか見てきました。
一番は縁を切ることなので後付けバルコニーが家のためにはいいでしょうね。ウッドデッキを敷くのもいいですが掃除がしにいのが難点です。排水つまりがないように常に管理が必要だからです。
法規上スノコバルコニーで建築面積に入らないとなればリンクのようなバルコニーはいかがでしょう。建築業者とご相談下さい。

参考URL:http://build898.seesaa.net/category/2158757-1.html

後付の脚なしバルコニー???
脚なしいわゆるウイングバルコニーは先付けボルトがないと取り付けられませんよね。つまり先付けということになります。後付で脚なしだとどこに取り付くのでしょう??
後付は普通脚ありです。ただ、脚があるときは建築面積に、脚がなくても出が建物の心からバルコニーの先端までが1mを越えると建築面積に加える面積が生じます。構造上からいっても法規的にもウイングバルコニーにそれ以上の大きさがないのはそのためでしょう。
雨じまいと木の健全を保つためには防水の立ち上...続きを読む

QRCルーフバルコニーにタイル張りは可能でしょうか?

RC構造のルーフバルコー(屋上)にテラコッタタイルを貼りたいのです。

防水モルタルを施工後、テラコッタタイル施工は防水上問題があるでしょうか?

Aベストアンサー

アスファルト防水+保護モルタル+貼り付けモルタル+タイル
という工法では普通に行われていることです。

重量が軽量コンクリートの防水押さえに比べて非常に大きくなるので
設計時にその重量を勘案した構造にすることが必要でしょう。

Qエアコン室外機を置く場合、突き出し型バルコニーの耐久性は・・?

現在、2階にエアコンの設置を検討しているのですが、室外機をバルコニーに置くか、1階に置くかを悩んでいます。
我が家は2×4住宅で、バルコニーが突き出し型(正式名称はわかりませんが)です。
いわゆる、バルコニーの下を柱で支えている訳ではなく、外壁から突き出た形のタイプです。
で素人考えですが、下から支えてない分、なんとなくバルコニーに普段から重いものを置いておくの良くないのかなと悩んでいます。
当然、そういうことは考えられていると思いますが、何十年という期間、バルコニーに室外機を置くことはどうなんでしょうか?
エアコンの効率・工事代金とバルコニーの耐久性の狭間で悩んでいます。
詳しい方アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

m_to_mさん、こんにちわ。
2階のはね出しバルコニーは、根太を床から一体に伸ばしているので、かなりの重さに耐えられます。
問題は音です、バルコニーに設置した場合は、振動が多少します、昼間は気になりませんが夜寝ている時多少気になると思います。
費用は、1階設置の場合は配管が長い分少し高くなります。
後はどっちを取るか自分の考えでいいと思いますよー!

Q3階木造でベランダ、ルーフバルコニーFRP防水加工

ベランダとバルコニーの防水をFRPだけでして有ります
木造でFRP防水って強いのですか
地震とか物を落としたら壊れそうな気がします、
穴でも空いたら、部屋に雨漏りします
どの様に対処し良いのやら心配してます
FRPで防水してある方御意見お聞かせ下さい

Aベストアンサー

ごく一般的な方法です。
他には塗膜防水という方法もありますけど。

何でもそうですがいずれ劣化しますので、定期的なメンテナンス(補修又は再施工)は必要です。

Qベランダとバルコニーの違い

ベランダとバルコニーの違い

簡単に言うとベランダとは屋根のあるもの、バルコニーは屋根のないもの、ということは存じていますが、

例えばマンションにおける外部に張り出したところで、上の階も同じだけ張り出している部分があるところはバルコニーなのでしょうか、ベランダなのでしょうか。
上の階のベランダ(バルコニー)に該当する部分の下部は、下の階のベランダ(バルコニー)の屋根に該当するのかどうか、ということです。

質問の意図がわかりにくいかと思いますが、ご存知の方いましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>マンションにおける外部に張り出したところで、上の階も同じだけ張り出している部分があるところはバルコニーなのでしょうか、ベランダなのでしょうか。

本来であれば「ベランダ」という事になります。

ただ、イメージ先行で「ベランダ」より「バルコニー」の方が高級なイメージがあるので、
本来は「ベランダ」でも高級感を押し出す表現の時は
「バルコニー」と使うなどの曖昧さがあるようです。

参考にどうぞ
http://www.homemate-navi.com/navi/c02/06/03/1801/

Qルーフバルコニーでプールの大きさ

4階建てのマンション最上階に
25畳ほどのルーフバルコニーがあります。

305×185×55cmのビッグプールは重さ的に無理でしょうか?

Aベストアンサー

半分の深さの水でも275kg/m2ですか。
深さ18センチの水なら積載荷重ギリギリですが、人も乗るので水の深さ12センチですね。
涼をとるには十分ですが、プールとしてはう~ん。さびしい水です。金魚すくいまでかな。
なので、無理と思ってください。

Qルーフバルコニーの段差は?

先日、某モデルルームでルーフバルコニー付きマンションの説明を受けました。
そこはベランダから続く、隣の棟の屋根がバルコニーになっているのですが、そこへ辿り着くまで階段が多い。
ます、隣の棟との段差のため、二段登る。防水加工の囲いの前後に段があるため、二段登って、二段降りる。
このような形態のルーフバルコニーって、よくあるのですか?
部屋続きの場合でも、ルーフバルコニーは、屋根の付いた普通のバルコニーと比べると、段差が生じるものだと聞きました。
どれくらいの段差なのですか?
知人にルーフバルコニー付きマンションに住んでいる人がおらず、見物すらしたことがありません。
どうか教えてください。

Aベストアンサー

建築会社に勤務しているものです。
ルーフバルコニーの段差ですが、防水上やもえない段差です。
防水層自体、どんな安い工法であれ、防水の立上り自体は30cmから、45cm程度あります。さらに、パラペットと呼ばれる庇状のものがありますので床から、60cm程度上がっているのが普通です。よって、階段を設ける必要性があるのです。
ルーフバルコニーという、広大なスペースですので、当然、庇もないと思います。一般のバルコニーとは違いしっかりとした,防水が必要なのです。技術的には庇をつけることは可能ですが、マンションという共同住宅では外見等などの問題で不可能だと思われます。ですので、パラソルなどを置くことになると思いますが、そのようなことを考えて購入したほうがいいと思います。安い買い物ではないですからね。がんばってください。

Qマンション最上階ルーフバルコニー付きの防犯性は?

マンションの購入を考えています。しかし防犯面の欠点に気づきました。
契約期限が近いので急いでいます。お願いします。

マンションの最上階、6階に大きなルーフバルコニーがついた部屋です。
周りに高いビルはほとんどなく、人の目はほぼありません。
オートロックのマンションなので、防犯面では問題がないと考えていましたが、
非常階段から容易に侵入できそうです。
5階まで、屋根付きの普通の階段がついており、
その屋根部分に6階まで続く非常階段がついています。
普段使いの階段ではありませんが、手すりを乗り越えると使える階段です。
その非常階段を使えば、ルーフバルコニーへ、さらにはリビングへ、
侵入できそうです。

こういった危険性はマンションの最上階には、
またはルーフバルコニー付きの部屋には付き物なのでしょうか?
それとも普通はないことでしょうか?
また、このような場合にはどのような方法で安全性は確保されるのでしょうか?

大変急いでいます。
どなたかご助力お願いいたします。

Aベストアンサー

防犯アドバイザーです。
事防犯については風評による論評が多いので気をつけてください。

まず、最上階に限らず、バルコニーに進入可能な物件は多いのです。で、逆に住人は「ココには入らないだろう」と思って対策しない。だから、泥棒的には、ちょっと努力して入り込めさえすれば、後は無施錠であることも多いので、なんとかその1線を越えようとします。

警備会社と契約してもあまり意味が無い。何故なら、付けるセンサーは、バルコニー侵入したから鳴るものではないから。あくまで、窓が開いたら鳴る物だけ。何故なら、新有望視の赤外線センサーは誤報が多いから。と、いうことは、対策で一番いいのはガラスを割れにくいものに替える、もしくは、割られてもカギが開かないものにすることです。窓ガラス割の泥棒は、ガラスをっ割って入るのではなく、ガラスを割って、カギを開けてはいるので、カギが開放できないというのは非常に効果があるのです。で、そこにガラスアラーム付けておけば、カギかけるのに手間取る間にアラームが鳴動し続けるので、非常に効果が高まります。
ガラス交換(防犯合わせガラス)は、管理組合の許可が必要ですが、可能なら、侵入防止柵をつけるよりよほど効果的です。

防犯カメラも、いにしない犯人には無力。つけたいなら付けてもいいけど効果は低い。

だから、順位としては、カギ強化>ガラスアラーム設置>ガラス交換>柵>警備会社>カメラでしょう。

なお、柵を設置したからって撤去命令が出ることは稀です。どうしても気になるなら脱着可能な構造にしとけばいいです。抜き打ち検査はほとんどありえないので。抜き打ち出ないものも同じですが。そもそも、設置だけで法令違反になるケースは、多くありません。

防犯アドバイザーです。
事防犯については風評による論評が多いので気をつけてください。

まず、最上階に限らず、バルコニーに進入可能な物件は多いのです。で、逆に住人は「ココには入らないだろう」と思って対策しない。だから、泥棒的には、ちょっと努力して入り込めさえすれば、後は無施錠であることも多いので、なんとかその1線を越えようとします。

警備会社と契約してもあまり意味が無い。何故なら、付けるセンサーは、バルコニー侵入したから鳴るものではないから。あくまで、窓が開いたら鳴る物だ...続きを読む


人気Q&Aランキング