ハイネについての文献をご存知の方、教えてください。
詩だけでなく、彼自身について書いてあるものがありましたら、知りたいです。

A 回答 (2件)

 現在手に入るハイネの翻訳は故井上正蔵氏になるものが多いです。

『全詩集』の刊行のほか『ハイネ序説』も執筆されています。
 ただし、本格的に渉猟されるなら、大正教養主義の流れの人たちを幅広く注目したほうがよいかと思います。ゲーテだけが教養ではないようです。
 私の印象で確かではありませんが、戦前にドイツ教養主義を超える態度がハイネの影響を通して日本の知識人に広まった。それが戦後も続いて、批判的かつ良心的な精神が教養人に息づいていたという良い面があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ずい分遅くなってなってしまいましたが、ありがとうございました。大変役にたちました。

お礼日時:2001/06/12 11:54

既にご存知かも知れませんが、下記参考URLに本の紹介があります。



また、ハイネの略歴等についてはこちらでも…
http://www.lib.jwu.ac.jp/kanpo99-3.html
http://structure.cande.iwate-u.ac.jp/german/hein …

参考URL:http://www.shimizushoin.co.jp/books/ISBN4-389-41 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変遅くなって申し訳ありません。どうもありがとうございました。参考にさせていただきました。

お礼日時:2001/06/12 11:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハイネの詩について(「果報の始末」)

ハイネの詩に、
「君の瞳は麗しく・・」
という感じで女性(多分意中の相手)の美を讃え、
「その瞳に秋波を送られる男は果報者」
という風に続いて
「そういう男がいたならば、人知れず森の奥へ呼び出して、その果報の始末をつけてやる」
・・・つまり、恋する相手が別の男を愛したならば、嫉妬に狂っちゃうぞ!みたいな状況を歌ったものがあるらしいのですが・・・
・正確なタイトル
・収蔵書名
など、わかる方、ぜひお教えください。
本屋に置いてある詩集にはそれらしいのが載っていなくて・・・。一度全集をまじめに読むべきなんでしょうかね?
けれど、散文詩か小品(図書館へ行ったらハイネは文章もけっこう手がけてますね!詩人だから詩しか書いていないのかと思いきや)か詩歌かも判らない状態ではなかなか難しくて・・・。

Aベストアンサー

参考文献です。

岩波文庫 赤418―2 ハイネ 著/井上正蔵 訳
『歌の本 下 -「帰郷」「ハルツの旅から」「北海」-』 
(1951年4月5日 初版/1999年8月18日 第23版)
 83P(帰郷),題名『おまえのあまい』

著作権に触れるらしいので、一部のみ……
--------------------------------------
おまえのあまい愛らしい
瞳はまったくサファイヤだ
その眼で秋波を送られる
男はなんと果報者

~~~


その果報者みつけだし
みどりの森でひと知れず
果報の始末はしてやろう
--------------------------

Q春がテーマの詩をご存知の方!

春がテーマの一部になっている詩をご存知の方いらっしゃいませんか?

現代詩で、作者は日本の詩人で探しています。
※宮澤賢治『春と修羅』、歌詞除く

出来ればサイト等で閲覧可能の詩が嬉しいのですが。。。

出来るだけ名の知れた人がいいのですが(受賞歴がある等)、有名無名に関わらず、春がテーマで素敵な詩をご存知の方教えていただけませんか?

Aベストアンサー

近代から現代にかけての詩の中からいくつか。
真っ先に思い浮かべるのが安西冬衛の次の一行詩の傑作です。
 
   春

 てふてふが一匹韃靼海峡を渡つて行つた。

http://uraaozora.jpn.org/poan2.html

宮沢賢治の詩「春と修羅」は私も大好きです。
これとテーマが似ていて、より直截的なのが室生犀星の「寂しき春」です。
http://uraaozora.jpn.org/pomuro2.html
また犀星には「春の寺」という、これまた有名な詩もあります。
終生の親友だった萩原朔太郎には「旅上」という、

 ふらんすへ行きたしと思へども
 ふらんすはあまりに遠し

と始まる、これも有名な詩です。
堀口大學は訳詩集『月下の一群』によって殊に有名です。
その中の一つ、ギー・シャルル・クロス「リュクサンブール公園で」は全詩引いてみましょう。
訳詩といいながら、これは創作詩と変わりないと思います。

 私は一人の小さな女の子を思ひ出す、
 それはリュクサンブール公園の五月の或る日のことだつた。
 私は一人で坐つてた。私はパイプを吹かしてた。
 すると女の子はじつと私を見つめてた。
 大きなマロニエの木陰には桃色の花がふつてゐた、
 女の子は音なしく遊びながらじつと私を見つめてた。
 女の子は私が言葉をかけてくれればいいがと思つてゐたのだ。
 彼女は私が幸福でないと感じたのだ、
 でも幼い彼女は私に言葉をかけることは出来なかつたのだ。
 榛(はしばみ)の実のやうに円い目をした女の子よ、やさしい心よ、
 お前ばかりが私の苦悩を察してくれたのだ、
 彼方(むかう)をお向き、どうして今のあんたに理解が出来ませう?
 彼方へ行つてお遊びなさい、姉さんが待つてゐます。
 ああ誰も治すことも慰めることも出来ないのだ。
 小さな女の子よ、何時かあんたにそれが分る日が来るでせう。
 その日、遠いやうで近いその日、あんたも今日の私のやうに、
 リュクサンブール公園へ、あんたの悲みを考へに来るでせう。

西脇順三郎「皿」も短い詩だし、大好きなので全詩引きます。

 黄色い菫(すみれ)が咲く頃の昔、
 海豚(いるか)は天にも海にも頭をもたげ
 尖った船に花が飾られ
 ディオニソスは夢みつつ航海する
 模様のある皿の中で顔を洗って
 宝石商人と一緒に地中海を渡った
 その少年の名は忘れられた
 麗(うららか)な忘却の朝

かなり難解なところのある詩ですが、前四行は皿の模様のことだと気がつけばわかりいいでしょう。
北海道生まれの伊藤整にも「雪解」とか「春夜」とか春の詩が多く目につきます。
丸山薫にも「白い自由画」「まんさくの花」など遅い北国の春の訪れをまんさくの花に託したいい詩がありました。
嵯峨信之「春雨」は抒情詩の典型のような詩です。

 ぼくが消えてしまうところが
 この地上のどこかにある
 死は時の小さな爆発にあって
 ふいに小鳥のようにそこに落ちてくるだろう

 その場所はどんな地図にも書いてない
 しかし誰かがすでにそこを通ったようにおもわれるのは
 その上に灰いろの空が重く垂れさがっていて
 ひとの顔のような大きな葉のある木が立っているからだ
 あなたは歩みを速めて木の下を通りかかる
 そしてなにかふしぎな恐れと温かな悲しみを感じる
 ぼくの死があなたの過去をゆるやかに横切っているのだろう

 春雨がしめやかに降りだした
 いますべての木の葉が泣きぬれた顔のように
 いつまでもじっとあなたを見おろしている

第二連最終行は詩特有の、かなり屈折した表現です。
ここで詩的ヴォルテージが最高潮に達しますが、春雨の詩にふさわしくあくまでしめやかです。

現代詩はいわゆる花鳥風月をほとんどうたわなくなっています。
なぜかというと、たぶん作るのがむつかしいからでしょう。詩は何より斬新さをもとめます。

近代から現代にかけての詩の中からいくつか。
真っ先に思い浮かべるのが安西冬衛の次の一行詩の傑作です。
 
   春

 てふてふが一匹韃靼海峡を渡つて行つた。

http://uraaozora.jpn.org/poan2.html

宮沢賢治の詩「春と修羅」は私も大好きです。
これとテーマが似ていて、より直截的なのが室生犀星の「寂しき春」です。
http://uraaozora.jpn.org/pomuro2.html
また犀星には「春の寺」という、これまた有名な詩もあります。
終生の親友だった萩原朔太郎には「旅上」という、

 ふらんすへ...続きを読む

Qこの詩の作者をご存知の方いらっしゃいませんか?

間違っているところもあるかもしれないのですが。。。
こんな感じの詩だったと思うのですが
作者を探しています。。。検索しても見つからなくて。。。

**************************
花咲く樹は美しい
それはいとせずして人の心を喜ばせる
葉を落としている樹は美しい
それはいとせずして天を仰がせてくれる
花咲く人は美しく
枯れて行く人もまた美しい
花咲く人は行くべき道を示し
枯れて行く人は帰るべき道を示す
道はそれぞれにいとせずして道である
*******************

Aベストアンサー

ちょっと正確にはわからないのですが、最後の締めの一句が老荘思想っぽいので老子の現代語訳とか、アメリカ人が訳した老子の日本語訳とか、荘子の現代語訳などを探してみると良いかと思います。

アメリカ人だと老荘思想は「Tao」と言います。

Qこの詩の漢字の読みをご存知のかた、教えて下さい‼

申し訳ないのですが、題名や作者等の情報がありません。

写真の詩の3番、「乳房いためつ」の次の部分です。

「?」し女とあるのですが、分かりません。

教えて下さい。

Aベストアンサー

契し女の
(ちぎりしおんなの)
だと思いますが。

Q心がきれいになる詩の本やサイトをご存知のかた教えて下さい。

心がきれいになる詩の記載された本やサイトをご存知のかた教えて下さい。

心を清らかにしたいですm(__)m

Aベストアンサー

金子みすずはどうでしょうか。
(検索すると、いくつもサイトが出てきます。)

八木重吉も心が清らかになります。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000013/files/542.html

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Ayame/3482/misuzu/kaneko_misuzu3.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報