「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

数年前にJASRACに「ネットラジオを店舗でBGMに利用するにあたって、著作権使用料の支払いをする必要が有るか」との問い合わせを電話でしまして、
「支払いの必要は無い」と直接お返事を頂きました。

ところが、先日JASRACから電話が掛かってきまして

「店舗のBGMにネットラジオを利用する場合は著作権使用料を支払わなければならない。」と言われました。

どちらが真実なのでしょうか。

わたしが利用しているのは海外のネットラジオ(virgin radio)
です。
また、ネットラジオにはJ-WAVEさんが運営していらっしゃるものもあるようです。

こちらはラジオ局が運営しているものですから、著作権使用料の支払者は明らかに明確かと思いますので、
すべてのネットラジオが店舗BGMとして利用する上で著作権使用料を支払う必要が有るのかな?と
ここ数日考え込んでしまいました。

どなたか知識のある方のお助けをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も店をやっていますが、先日おなじこと言われ、あまりの悔しさに


いろいろ調べたので、ちょい遅いかもですがコメントします。

>「店舗のBGMにネットラジオを利用する場合は著作権使用料を支払わなければならない。」と言われました。
こちらが真実だと思います。

virgin radioなどのようなものは店舗で流す著作権の処理をしてくれませんので、
お店自らがJASRACと契約してお金を支払わなければいけないようです。
年間6000円です。

または、有料のネットラジオのようなサービスでJASRACと契約して処理してくれるところが
最近は出てきています。
例えば、モンスターチャンネル(http://monstar.ch)とかなら
有線放送業者とおんなじように処理してくれるみたいです。
こちらは1,980円/月です。

海外の不安定で音質の悪いネットラジオをかけるのに年間6千円か、
休めの有線放送的なサービスにするか、今聞き比べています。
まあ、有線はないと思っているので、どちらをとるかですね。

ご参考までに
    • good
    • 4

 JASRACと契約して、店舗向けのネットラジオを運営している配信事業者です。


 ネットラジオやラジオ放送、CDなどでも、店舗で流す場合は著作権の演奏権の処理が、店舗側で必要となります。
 著作権登録されていないものは別として、ほとんどの曲はJASRACに登録されていますので、原則としてJASRACと契約し支払う必要があります。
 ただし、以下の場合は、JASRACへの支払いは免除されています。 
 ・放送を受信してそのまま店舗流す場合(録音したものはだめ)
 ・教育機関や医療機関などの免除施設や、事務所内で従業員のみに聞かせる場合。
 (細かい規定がありますが、簡単にしておきます。詳しくはJASRACへお問い合わせください。)
 ネットラジオの場合は通常放送とは扱われません。これは、ネットでの放送の定義が「技術的にマルチキャストを使うこと」になっているためです(総務省確認済)。ですので、ネットラジオは通信として扱われ、上記免除には該当しません。
 免除対象でない限り、店舗側にはJASRACと契約し利用料を支払う必要があります。
 ただし、USENやキャンシステムなどの配信事業者と契約すれは、そちらが代行して支払ってくれますので店舗側でJASRACに直接払う必要はなくなります。
 店舗が直接支払う場合は店舗の規模などに応じて支払う料金が決まりますが、配信事業者と契約した場合はそちらの利用料金だけですみます。通常そちらは月額固定ですので、店舗が特に狭くない限り、配信事業者と契約したほうが割安になります。
 ネットラジオで、店舗で使える契約のできる事業者は、当方を含めても数社しかないと思います。店舗で使えるようにするにはネットラジオ側がJASRACに料金を追加で支払う必要がありますから。
 また、これはネットラジオが海外にあっても同じです。店舗側で発生する利用料金ですから。
 ですので、普通のネットラジオを合法的に店舗で流すのは、かなり難しいと思います。利用に当たっては、「日本国内で業務利用が可能かどうか」を確認したほうがよいと思います。あ、もちろんどこにも著作権登録されておらず、さらに著作権者などがOKを出したものは別ですが。
 ちなみに、録音したものを流すのは別の権利(複製権)になりますので注意してください。
 参考URLに、当方のサイトをご案内しておきます。こちらは店舗でも利用可能です。
 (上記は2009年7月時点での回答です)

参考URL:http://www.youon.info
    • good
    • 5

これは難しいですね。



まず、他人の著作物を店舗で流すのには原則的に著作権使用料の支払いが必要です(店舗で流すのは「営利目的」とみなされます)が、普通のラジオ番組を店舗で流すのには、著作権使用料の支払いは必要ありません。著作権法に規定があるからです。

著作権法第三十八条

3 放送され、又は有線放送される著作物は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金を受けない場合には、受信装置を用いて公に伝達することができる。通常の家庭用受信装置を用いてする場合も、同様とする。

通常の家庭用受信装置(つまり、普通の家庭用テレビ・ラジオ)を使っている限り、放送番組(テレビやラジオ)を店舗で流してもOK、ということです。

ところで、この著作権法でいう「放送」「有線放送」とは何なのかというと

著作権法第二条

八 放送 公衆送信のうち、公衆によつて同一の内容の送信が同時に受信されることを目的として行う無線通信の送信をいう。

九の二 有線放送 公衆送信のうち、公衆によつて同一の内容の送信が同時に受信されることを目的として行う有線電気通信の送信をいう。

と定められています。

この定義によれば、いずれも、「同時に受信されることを目的として」となっていることが分かります。この点、インターネットにおけるストリーミング送信は、ユーザーのデマンドに応じて情報を送信するため、「同時に受信されることを目的として」おらず、「放送」「有線放送」には該当しないということになっています。こうした送信は「公衆送信権」という、放送権とは別の権利が絡むため、今までのラジオと同様には議論できないのです。

数年前だとインターネットラジオも盛んでなかったのでラジオと同じ扱いにしていた(あるいは従来のラジオと同じものだと誤解していた)のを、最近は流行ってきたので、JASRACが「これは金を取れる」と思って、上記の解釈を盾に支払いを要求してきたように思います。

しかし、受信する側から見れば結局同じなので、有線放送でもインターネットラジオと普通のラジオを別に扱うのは不合理だという議論も合理性はあると思うのですが、これはちょっと弱い議論かもしれません。

なお、裁判例はないため、裁判になった場合にどういう結論になるかはまだ定かなところは言えません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
判断はなかなか難しいのですね。

お礼日時:2007/02/23 10:51

JASRACはあくまで任意団体なので、アーティストがここに登録しない限りは著作権使用料を支払う必要はありません。

なのでJASRACが請求してきたら違法請求になります。
アーティストもJASRACに登録する曲、ネットラジオで自由に流せるために登録しない曲と分けています。
ただし、店舗でネットラジオを流すには運営者の許諾は必要だと思います。使用料を支払うかは別問題ですね。
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QUSENの代わりになるサービス

友人が飲食店を開業するにあたって店内BGM設備に悩んでいます。
一般的にはUSEN(有線放送)の加入という事になるのでしょうがなるべく安い方法を希望しています。
USENの他にお勧めの店内BGMサービスがありましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。
(著作権法に触れるもの、違法・脱法行為、その他ばれなければ大丈夫という類は除きます)

Aベストアンサー

質問から大分時間がたっていますが締め切られていないので回答します。
インターネットラジオのようなシステムで店舗用BGMに使用できるサービスが幾つかあるので紹介します。

●モンスターチャンネル
月額1980円
http://monstar.ch/

●インタネット有線放送らくネット
月額690円
http://www.internet-yusen.com/

●湧音
月額2500円~
http://www.youon.info/

金額でいうとらくネットがダントツで安いです。
内容はクラシックやジャズなど通常の店舗BGMに使用できるものがあるようです。
モンスターチャンネルはチャンネルは沢山あります。

どれもパソコンとネット環境は必須ですので予算と好みに合わせて選んではいかがでしょうか?

参考URL:http://www.internet-yusen.com

Qradikoを店舗内で流しても著作権違反でないか

radiko(民放)や、らじる★らじる(NHK)の音声を、家庭用PCで受信して店舗内で流す場合、著作権法38条3項は適用されますか?
もちろん、録音などをせずにそのまま店内に流す場合です。

著作権違反にならないだろうとは思いますが、いまいち確信が持てません。


(営利を目的としない上演等)

第38条
3 放送され、又は有線放送される著作物(放送される著作物が自動公衆送信される場合の当該著作物を含む。)は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金を受けない場合には、受信装置を用いて公に伝達することができる。通常の家庭用受信装置を用いてする場合も、同様とする。

Aベストアンサー

結論は、「少なくとも営利目的と見なされるので、第38条3項の前段の条件を満たさない」と考えられます。「店舗内での」同時再送信ですから、何らかの事業に利していると考えられます。

すなわち、第38条3項の前段の「営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金を受けない場合には、受信装置を用いて公に伝達することができる。」の適用外に該当すると考えられます。また、いったん録音し、複製・再送信することは、ご指摘のように、認められていません。

本来、「放送」は放送法でうたわれるように、「公共の福祉のために、あまねく日本全国において受信できるように」という目的を達成する方向で考えられていますので、非営利・無料なら、公の伝達が認められているわけです。

まず、第38条3項後段で、「通常の家庭用受信装置」というのは、一般の電器店などで販売されているラジオ受信機で、いわゆるラジオ、カセットラジオ、携帯ラジオ、などの比較的低音質である機器が想定されています。こうした受信機を使う場合においては、「営利目的の場合」や「料金を徴収した場合」でも公に伝達できると規定しています。

ご質問のradikoやらじる★らじるも、以前は無かったネットでの放送で、放送事業各社が提供する「放送」には違いないでしょう。目的も難視聴地域の解消という公の名分があります。したがって第38条の適用も当然でしょう。
さて、第38条3項後段の適用という観点では、「通常の家庭用受信装置」を用いた公の伝達は、同時再送信であれば、営利目的であっても、料金を徴収をしても認められています。

ちなみに、第38条3項の解釈で、「通常の家庭用受信装置を用いてする場合も、同様とする。」を、 通常の家庭用受信装置を用いてする場合にも、「営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金を受けない」場合だけという条件が適用される、と誤って解釈されることが多いのは有名な話です。
ここで、前段にある条件は、後段の「通常の家庭用受信装置を用いてする場合」には適用されないのです。あえて、家庭用受信機と別に規定している背景です。
ただし、法学者の一部には、この条文が分かりにくいこともあり、法律として妥当ではないという批判もあります。

ところで、ご質問は、第38条3項の後段が前提とする一般的な家庭用受信装置ではなく、「家庭用PC」ということですから、その条件ではこの後段の条文は適用できないと考えられます。

そこで、第38条3項の前段に立ち戻って考えることになります。「営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金を受けない場合には、受信装置を用いて公に伝達することができる。」とありますが、ここでいう「受信装置」は、後段の「家庭用受信装置」と対比されているので、当然ながら、事業用とか、高音質とか、大規模な受信装置を想定しています。その場合には、別途、放送権や有線放送権がかかわって来るので、非営利・無料といった条件が課せられてくるわけです。

実際に、家庭用PCであっても、デジタル技術の進歩があり、高音質の受信・同時再放送が可能になっています。このことは一般の音楽放送の録音などで、私的使用であっても補償金制度の対象になっている現状があることはご存じの通りです。

結論は、「少なくとも営利目的と見なされるので、第38条3項の前段の条件を満たさない」と考えられます。「店舗内での」同時再送信ですから、何らかの事業に利していると考えられます。

すなわち、第38条3項の前段の「営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金を受けない場合には、受信装置を用いて公に伝達することができる。」の適用外に該当すると考えられます。また、いったん録音し、複製・再送信することは、ご指摘のように、認められていません。

本来、「放送」は放送法でうたわれるように、「公共...続きを読む

Q外国で買ったCDを演奏する場合もJASRACから請求される?

ダンスのレッスンでCDを使用することが著作権侵害に当たるという判決が確定したようです。
それを見て思ったんですが、洋楽の輸入CDを使ったような場合もJASRACが管理しているのでしょうか?
もちろん外国から請求が来たら払う必要があるとは思うのですが、JASRACに請求権があるのかどうか、教えてください。

Aベストアンサー

JASRACが管理委託を受けているものについては、JASRACが使用許諾する権限を有しています。輸入CDであるか、外国で買ってきたCDであるかを問いません。

各国の著作権管理団体は相互に管理契約を結んでおり、他国内での権利行使については、その国の管理団体に相互に委託しているという関係になっています。

たとえば、フランスの著作権者が著作権をSACEM(フランスの著作権管理団体)に委託している場合、日本でその著作物を利用しようとするときには、SACEMとJASRACとの管理契約によって、JASRACに許諾を求めれば済むことになっています。逆に、JASRACに管理委託されている著作物をフランスで利用する場合には、SACEMに許諾を求めることになります。

詳しくは下記URLなどを。

参考URL:http://www.jasrac.or.jp/intl/index.html

QiPodなどを使った店舗の音響設備について教えてください。

iPodなどを使った店舗の音響設備について教えてください。

20坪程度の店舗です。
iPodなどの携帯音楽プレーヤーで落ち着いた音楽を流したいのですが、できるでしょうか?

パソコンショップでピンジャックスピーカーを買ってきたのですが、あまりの音の悪さに
全く使い物にならなかったです。

そうコストもかけられないのですが、上手くいったという経験がおありの方にご教授願えたらと思い
投稿してみました。

ある程度透明感があり、リバーブ効果があれば言うこと無いです。
ご存じの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして♪

iPodでもケータイ電話でも、パソコンでも、音楽ソースを再生するプレーヤーは何でもかまいませんね。

パソコン用のスピーカー等ですと、数十センチから1mくらいで聞く事をメインに造られていますから、そのような場所で使ってください。

音は、距離の2乗で減衰しますので、50センチで十分な音量が得られたとして、5m(500センチ)ですと、距離が10倍、音量は2乗なので1/100と言う事で、ボリュームを上げて100倍のパワーが必用に成ります。

パソコン用のパワードスピーカーには、そんな能力は有りませんので、音が飽和してガッカリな結果に成ったんでしょう。


我が家は売り場面積28坪ほど、作業スペースが4坪ほど繋がって、32坪かな。
ちょいと大きなラジカセで間に合わせています(笑)

音量を上げないで、あっちもコッチも聞きやすくするなら、スピーカーの数を多くしましょう。


お客に聞かせる為に音楽等を流すと、著作権関係の問題が出てきます。

我が家にはゆうせんの営業が来た時に問答が有りましたが、ジャスラックまでは来ていませんよ。
(過去には大型店舗にテナント出店し、CDショップの隣りでしたが、CDショップの店長からもアドバイスを戴き、「お客用じゃ無い」、あくまで「自分が聞く為の機器」と言う言い訳が通る範囲の設備にして置く事ですかねぇ。

まぁ、知人がコンビニを経営していた時は、一応ゆーせんを契約し、その音は利用しないで好きなCDやDVDを、、、(爆笑)


さて、リバーブ効果が得られる再生機器は、う~~~ん、なかなか無さそう、、

少々経費が掛かりますが、、
簡易PAセット
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=233^PA10%2F4^^

とか、パワードミキサー+スピーカー
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=233^PM602FX^^
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=233^CSP6^^
(スピーカーは2本、又は4本、ケーブル類は別売りですので、端子等を確認してくださいね)


大きめのラジカセを、壁やコーナーを背にして設置すれば、結構な音量と音質は得られます。

上の音質を狙う場合は上記のリンク先等のシステムが最低限でしょうかねぇ。

家庭用のミニコンポでも、中級以上なら割と使えるでしょう。
(やはり、スピーカーがあまりにも小型ですと、近距離専用と言う、PC用スピーカーと似たような状況になるかと思います。)


アンプのパワーは数倍から数十倍違っても、そもそもスピーカーの効率(一般的には、能率、dBで表示)が重要です。 3dBの差はアンプのパワーで2倍、10dBの差はアンプで10倍のパワーと等価です。

真空管アンプの時代ですと、能率が100dB以上で3Wのアンプでもコンサートホールで大音響を得られました。
今の80dBのスピーカーですと、300Wの環境に相当しますね。

数字上は90dBのスピーカーなら30Wですが、真空管アンプのように上限以上の使い方が出来ないので、今の半導体アンプの場合は余裕度をどこまで見るかで90W~300Wのアンプが同じような状況と言う場合も有ります。

実際のコンサート会場のような大音響でしたら、間違い無くジャスラック等が課金対象とします。
商品では無くても、営業上のサービスと判断されたら、それまでです。

あららぁ~、かなり質問から脱線しちゃいました。ごめんなさいですぅ~♪

追伸:URLは上手く飛ばないと思いますので、最後の文字までコピーしてくださいね。

はじめまして♪

iPodでもケータイ電話でも、パソコンでも、音楽ソースを再生するプレーヤーは何でもかまいませんね。

パソコン用のスピーカー等ですと、数十センチから1mくらいで聞く事をメインに造られていますから、そのような場所で使ってください。

音は、距離の2乗で減衰しますので、50センチで十分な音量が得られたとして、5m(500センチ)ですと、距離が10倍、音量は2乗なので1/100と言う事で、ボリュームを上げて100倍のパワーが必用に成ります。

パソコン用のパワードスピーカーに...続きを読む

Q音楽だけを流しているラジオ放送

仕事中、よくラジオ放送を聴いています。

BGM的にラジオ放送を活用したいと考えております。
音楽だけを流している放送局などはありますでしょうか?

また、ラジオ以外で、BGM的にずっと流しているようなものが
あれば活用したいと考えております。

ご存知の方がいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ネットラジオなども。ネット環境あるならPCから繋いでもいいし、携帯の電波が入るならスマホにするという手も。無線LANを使える場所なら、PSPという手段もありますね。

http://www.music-style.info/music-style/html/002_004.html
http://www.shoutcast.com/
http://www.winamp.com/android
http://www.jp.playstation.com/psp/hajimete/network5_4.html

QJASRAC以外が権利を握っている曲?

日本でリリースされているたいていの曲の権利はJASRACが単独で管理していますが、http://www.jtw.zaq.ne.jp/animesong/keisai.html のページによると、曲によっては権利者がJACRACだけではなかったり、JACRACが権利していない曲があったりすると書かれていました。
具体的に、JASRAC以外に権利者がある曲とはどのような曲で、ほかに持っているとすればどんな方・組織でしょうか?
また、曲の権利者がJASRACだけであるかどうかを調べる方法はありますか?

Aベストアンサー

いろんなケースがあるのですが、
まず挙げられるのは「レコード会社専属楽曲」。
昔は作詞家・作曲家もレコード会社と専属契約を結んで活動していて、
それで作られた曲の著作権もレコード会社が独占管理しているというもの。
'60年代までの演歌やムード歌謡などのヒット曲の多くがこれに該当します。
http://www.jasrac.or.jp/info/record.html

これらの曲は今でも(主に飲み屋や温泉地などの)カラオケで多く歌われています。
第一興商というカラオケメーカーが、
日本クラウン・徳間ジャパンという老舗レコード会社2社を買収したのも、
これらの会社が持っている専属楽曲の著作権が目当てでした。
それで他のカラオケ会社にこれらの曲の使用許可を出し渋ったということで、
独占禁止法違反の疑いで家宅捜索を受ける事態になりました。

それから洋楽。
JASRACと契約していない外国の団体によって管理されているものは、
当然のことですがJASRACの管轄外となります。

もちろん、既に出ている通り、
JASRAC以外の団体に著作権を預けている場合、
またどこにも著作権を預けていない場合もJASRACの管轄外です。

いろんなケースがあるのですが、
まず挙げられるのは「レコード会社専属楽曲」。
昔は作詞家・作曲家もレコード会社と専属契約を結んで活動していて、
それで作られた曲の著作権もレコード会社が独占管理しているというもの。
'60年代までの演歌やムード歌謡などのヒット曲の多くがこれに該当します。
http://www.jasrac.or.jp/info/record.html

これらの曲は今でも(主に飲み屋や温泉地などの)カラオケで多く歌われています。
第一興商というカラオケメーカーが、
日本クラウン・徳間ジャパンという老...続きを読む

Q10坪程度の店舗で音楽を流す場合のオーディオチョイスをアドバイスお願い

10坪程度の店舗で音楽を流す場合のオーディオチョイスをアドバイスお願いします。

一般には有線が一番楽でしょうが年間コストなどを考えると5万以下のオーディオを購入したほうが安くつくと思いました。

内臓HDD搭載 mp3ディスクなどを再生できる機種ならば営業時間内はランダム再生でジャズ系を流し、営業時間外には自分の好きな音楽が聴きたいと思い質問してみました。
音質やメーカーにはそれほどこだわりはありません。
メモリーオーディオ用にUSB端子 SDカードスロットなども装備されていると便利かと思います。
手元に以前持っていたソニー製のスピーカーがあるのでそれも接続できる機種ならなおいいです。

あと一般的に壊れやすい機種とかメーカーはチョイスしたくないですね。
見た目は全く気にしていません。

オーディオを良く知る方からの意見をお待ちしています。

それでも「有線を導入した方がいい」という意見があれば聞きたいと思います。

Aベストアンサー

はじめまして♪

基本的には自作の曲か、著作権が切れた曲を著作権申請していない人が演奏したもの以外は、著作権と言う部分で微妙な判断となるでしょう。

基本的には、一般の音楽など、個人が楽しむために販売されたり放送されています。
不特定多数のお客に提供するサービスの場合は、別途料金が必用に成るのが、法律上のきまりですね。
私の場合、田舎のシャッター通りに近い商店街で小売り店です。作業場所やレジ付近で自分が聞く為の機器をセットしています(笑)
有線の営業の人が来た時にも、著作権うんぬんと言う話をしました。 
お客の店内滞在時間が1分程度が多く、お客の為の音では無いと言えそうですねと言う結論で、お引き取りいただけましたが、営業の形態によっては、そんな「いいわけ」みたいな事は通用しない場合も有りますので、その部分はご確認下さいね。
(そんな場合は#1様のご助言通りです。)


さて、オーディオ機器と言うハードに関してですが、大衆用のオーディオ機器を毎日朝から晩までという使い方ですと、基本的に全てが「壊れやすい機種」と断言出来ます。
プロ用の機材が高価なのは、ハードな利用や長期的な利用に耐えるように造られ、故障時のパーツや修理の事も考えられた設計製造の製品だからなんですね。

ご予算から、数年で壊れたら買い替えると言う前提で、ミニコンポ類で良いでしょう。
もしくはプロ用のアンプと古いパソコンの組み合わせと言う手法も有りそうですね。

まぁ、手持ちのスピーカーとプロ用と言っても安価なアンプなら2万ていどから、パソコンも音楽が再生出来るだけなら、私のハンドルネームどおり、10年前のノートパソコンで十分でしょうし、営業形態等から有線を導入しても、最小限のハードにして、有線の音源とパソコン音源を切り替えたり音量調整するオーディオミキサー(10年前なら10万しそうな製品が1万未満でも有りますから)の組み合わせも有るかもしれません。

プロ用オーディオ機器は、家電店等ではあまり見かけませんが、専門ショップや楽器店等で入手が出来ます。(安いアンプと、安いミキサー、一例としてショップのURLを貼っておきますね。他にもいろんな取り扱い店が有りますので、ほんと一例です。なお、URLはクリックで飛ばないと思いますので、最後の文字までコピーして見てください。笑)
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=233%5ECP400%5E%5E
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=181%5EXENYX502%5E%5E

はじめまして♪

基本的には自作の曲か、著作権が切れた曲を著作権申請していない人が演奏したもの以外は、著作権と言う部分で微妙な判断となるでしょう。

基本的には、一般の音楽など、個人が楽しむために販売されたり放送されています。
不特定多数のお客に提供するサービスの場合は、別途料金が必用に成るのが、法律上のきまりですね。
私の場合、田舎のシャッター通りに近い商店街で小売り店です。作業場所やレジ付近で自分が聞く為の機器をセットしています(笑)
有線の営業の人が来た時にも、著作権うんぬ...続きを読む

Q店舗でのインターネットラジオのBGMの使用料について

新たにお店をひらこと思っています。
そこでBGMに海外のラジオ(インターネット)を利用しようと思っております。
そこで少し検索するとJASRACに年間使用料を支払う必要がある、ないと両方の情報がありわからないので最新の情報が欲しく質問させて頂きます。
ちなみに利用しようと思っているのはBOSEのスピーカーについているアプリのインターネットラジオです。世界中のラジオが聴けるようなので。
また、昔のクラシック音楽等ならお金は払う必要がないとも聞きましたが本当でしょうか?
ジャズやクラシック音楽をインターネットラジオで流すのはどうなるでしょうか?

質問が複数になり申し訳ありませんが詳しい方おられましたら
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

海外のラジオ(インターネット)ということでは、著作権に係る国際条約で、放送機関の権利を保護するローマ条約があります。日本も加盟しています。一般には、海外からの放送でも、日本の国内法で規定されるということです。
さて、放送については、もともと、著作権の各種の支分権(複製権、著作隣接権、送信可能化権、放送権、伝達権、など)が関係しますが、放送を受信して、いったん固定(録音等すれば複製)してから再放送・再有線放送などをするのでない場合は、権利侵害とはなりません。(ただし、テレビの場合は、著作権法100条により、放送や有線放送を受信してそのまま、拡大装置に映し公衆に伝達すると、非営利であっても、権利侵害となります。家庭用受信機程度であれば問題ありません。)
また、ラジオ放送でも著作権法23条2項で公衆伝達権が定められていますが、38条3項2文で、通常の家庭用受信機を用いて
する(伝達する)場合には、かりに営利や有料であっても自由に公に伝達できる、と定めています。しかし、注意すべきですが、この例外(侵害でない)は、法文上、放送・有線放送の場合に限られていますので、自動公衆送信であるインターネットを経由して送信される著作物の伝達の場合は権利侵害となります(非営利・無料、家庭用受信機であっても)。

ご質問の場合は、お店での公衆伝達となり明らかに営利となります。海外の放送を日本国内で公衆に伝達することになると、著作権許諾料についての処理が必要です。日本国内での伝達なので、JASRAC などの管理団体が担当していますが、JASRACの「インターネットや携帯電話等音楽利用の手引き」の中の「§8 国境を越えた利用について」によれば、許諾については各国が定めていて、必ずしも特段の協定は無いようです。通常、各国の放送事業者は著作権処理をすでに終えてから放送しているので、放送国から見た外国でどのような受信がされているか、あまり関心がないのではないかと楽観的には考えられます。

基本的にJASRACが関係するのは、JASRAC管理曲のみですし、おまけに外国からインターネット放送されるコンテンツについては、協定がなく管理されていません。
トーク番組については、いったん記録(録音)されてから再放送しているので無い限り、問題は無いでしょう。

海外のラジオ(インターネット)ということでは、著作権に係る国際条約で、放送機関の権利を保護するローマ条約があります。日本も加盟しています。一般には、海外からの放送でも、日本の国内法で規定されるということです。
さて、放送については、もともと、著作権の各種の支分権(複製権、著作隣接権、送信可能化権、放送権、伝達権、など)が関係しますが、放送を受信して、いったん固定(録音等すれば複製)してから再放送・再有線放送などをするのでない場合は、権利侵害とはなりません。(ただし、テレビの...続きを読む

Q店のテレビにYouTubeを流すと違法ですか?

病院の待合室や、食堂などにあるモニターやテレビに、
YouTubuやニコニコ動画などのネットの番組を流すのは違法ですか?

Aベストアンサー

著作権者の了承があれば違法にはなりません。

QJASRAC(音楽著作権協会)

お世話になります。
飲食店を経営している方からの問い合わせですが、店内BGMに使用している音楽について、JASRAC(音楽著作権協会)から著作権料の支払いを要求されています。
BGMはインターネットラジオ放送あり(具体的には、iTunesでラジオ番組SmoothJazz.com/A new breed of smooth jazz radio)、音楽CD等ではなくストリーミング放送です。
法的な判例等はありますでしょか。

Aベストアンサー

先ほどの回答と変化はありませんが、言わんとすることが通じていなかったため、補足です。

>※配信側はWebであってもアクセスログに応じて著作権料を支払っているのであれば、ストリーミングで二次使用している側がアクセスしているのでカウントされているのではないでしょうか・・・

当然アクセスはカウントしてるので、視聴者の視聴分は製作側が著作権料を支払っていますが、二次使用までは想定しておらず支払っていないという意味で、不足している著作権料が発生しているという解釈です。
つまり「1アクセスに1個人利用」という契約を取っているということです。これに対して放送は「1アクセスに不特定多数の利用(二次使用を含む)」を想定している、という意味です。

>※ Webラジオの視聴はID登録も購入手続きも必要がないのに(逆説では特定できない)、特定多数の解釈が理解できません・・・

登録や契約がなくても、アクセスカウントを取ることが出来ますから。

説明が下手で何度もすみませんが、#4の方とおおむね同じ意味ではあります。


人気Q&Aランキング