オシロスコープとXYレコーダーって何が違うんでしょうか?説明を見る限りどちらもレコーダーであることには違いが無いように見えるのですが?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>ご返答ありがとうございます。

と言う事は、プロット数が細かく打てれば

そういう意味では似ていますが、如何せん機械的にペンを操作しますので速度は遅いです。
メモリ記録タイプもあるようですがそれでも20M/Sくらいが最速でしょう。
ですが、紙(またはメモリ)の許す限り一次元的に保存し続けることが出来たりします。
プローブにセンサーを接続することで温度や圧力も記録できますし、#2さんの仰るような時間軸だけではなく周波数特性も記録できるようですね。

対してオシロは50M/Sくらいが最低ラインで高速なものになると8G/Sくらいになります。
(1G/Sくらいはないとオーバーシュートやアンダーシュート、リップル波形を観測するのはツライです)
同じトリガの波形を繰り返し捉えて平均値を表示したりしますね。
保存できるのも画面に表示した波形のみです。(保存できないタイプもありますが)

他に、横軸が時間の測定器にロジックアナライザというものがありますが、これはロジックのHigh/Lowしか観測できない代わりにプローブ数が多いという特徴があったりします。

全部用途によって使い分けています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。結構違いが見えてきました。低速範囲より高速の方がメリットとしては大きそうですね^^他にもいろいろとキーワードを挙げていただきありがとうございました。もうちょっと自分なりに調べてみます。

お礼日時:2007/02/22 18:37

オシロスコープはともかく、XYレコーダなんてまだ作ってるの?と疑問に思って調べてみましたら、確かにまだ一部生産されているようでした。



それはともかく、その過程で気づきましたが、たぶん質問者さんの言っているのは、ANo.1さんも連想された昔の紙記録式のXYレコーダではなく、おそらくXY表示も出来るオシロスコープあるいはPC画面上でオシロスコープやXYレコーダ表示する計測ソフトのことなのではありませんか?
だとすれば取説でみると同じような画面に見えることでしょう。

違いはひとつ、オシロスコープはX軸(横軸)が表すのは常に時間軸(内蔵タイマによる)ですが、XYレコーダの方はX軸が表すのが時間軸とは限らない(外部入力)、ということです。
例えばX入力には周波数に比例した電圧を、Y軸には調べたい回路の入出力比に比例した電圧を加えて記録することによって、周波数特性データを得るわけです。

以上、ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。XYレコーダーなんてまだ作ってるの?の一言にはちょっとびっくりしました。自分の周りでは現役と言うかほぼ主役ですからね^^;X軸の次元が時間になると言う事なのですが、例えば普通の電気信号を入力するのであればY軸の入力元のデータが電流値でも圧力でもいい。つまり電気化学測定で言うところのサイクリックボルタモグラムの電流値と電位の変位をそれぞれ分けて二つの波形が得られると言うような感覚で理解していい感じですね。

お礼日時:2007/02/22 10:21

使ってる立場からすると全然違いますよ。



オシロスコープは短い時間(主に1秒以下)の電圧波形を画面に表示するもの。
これで回路の動作をデバッグします。

XYレコーダは長時間のデータを紙にプロットしていくものです。
たとえばある機器を接続したときの電池の減り具合を50度の温度環境で100時間観察するとか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。と言う事は、プロット数が細かく打てれば(例えば500μsのデジタルXYレコーダー)同じと言う事で理解してもよさそうですね^^

お礼日時:2007/02/22 10:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QXYレコーダー

ポテンショスタッドを使用し、不溶性電極の分極曲線を記録をしたいのですが、XYレコーダーの代用品になるような機械って有るのでしょうか?

XYレコーダー自体はまだ生産しているようですが、なにぶん新品は高いですし、中古品はあまり見かけません。
記録だけの機械に高い金額を出すのは、少々気が引けます。

ちなみにPCを利用した記録できる装置、なんてのはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ペンレコはペンレコなりの良さがあって,うちでは現役ばりばりですけどね.
まあ,ADコンバータなんていくらでも売ってます.数万円も出せば.
ペンレコに慣れちゃうと,PCは却ってめんどい.
ただ,ボルタンメトリみたいなのをやろうとすると,汎用ADコンだと記録ソフトが使いにくいということはよくある.というか大概そう.
大概は,電気計測のための常識に引っ張られた設計だから.オシロのイメージとしてはいいんだろうけど,XYレコーダをイメージした設計のよいソフトはなかなかないね.
そのへんをちゃんと,となると,やはりシステムで設計されたもののほうが具合はいいよね.

QペンレコーダからPCにデジタルデータとして取得するには?

研究で使用している熱分析装置(DTA)の一部にペンレコーダが含まれているものがあるのですが、その出力を紙面上ではなく、PC上のデジタルデータとして取得したいのです。どなたか知恵を貸していただけないでしょうか?
ちなみに、この装置はおおよそ30年前のもので、温度2chと圧力1chのデータ計3chを扱うレコーダになっています。
また、レコーダ背面の入力端子からAD変換ユニットを用いて電圧取得を試みたのですが、あまりにも小電力なためにノイズが乗ってしまい、まともなデータ取得にはいたりませんでした。
私の考えている打開策としては、レコーダのペン駆動モータ付近の電圧取得、もしくは各センサの出力が電圧に変換された直後の電圧取得の二つを考えています。どちらの場合においても小電圧であった場合は、増幅器の導入も考えていますが、ノイズの影響を考えると後者の方が良いのではないかと考えています。ただ、これらの方法は装置を分解しなければいけなくなり、大変な作業になってしまうために踏みとどまっている状況です。
これ以外に、良い方法をご存知の方がいらっしゃいましたら、回答のほうよろしくお願い致します。できるだけ安価でできる方法でお願い致します。

研究で使用している熱分析装置(DTA)の一部にペンレコーダが含まれているものがあるのですが、その出力を紙面上ではなく、PC上のデジタルデータとして取得したいのです。どなたか知恵を貸していただけないでしょうか?
ちなみに、この装置はおおよそ30年前のもので、温度2chと圧力1chのデータ計3chを扱うレコーダになっています。
また、レコーダ背面の入力端子からAD変換ユニットを用いて電圧取得を試みたのですが、あまりにも小電力なためにノイズが乗ってしまい、まともなデータ取得にはいたりませんでした...続きを読む

Aベストアンサー

 ADコンバータの解像度は何ビットでしょうか。12ビットだとすると4096段階(正だけの場合)となり4Vのときが約1mVとなります。どれくらいの解像度のデータが必要なのかによりますが、研究が要求している条件をまず吟味されてはどうでしょうか。センサーアンプは1000倍くらいのものがあります。

 あと全く自信がないのですが、OPアンプを使うのはどうでしょうか。非反転増幅回路を用いた場合2つの抵抗のバランスで増幅率が簡単にきまりますので試してみられてはいかがでしょうか。
http://markun.cs.shinshu-u.ac.jp/learn/OPamp/ninvop.html

ただし交流成分を除去したり、ADコンバータに入力する電圧を制限したりする必要はあるかと思います。以前私が4558という2個1のチップで試したところ、直線性がよくなかった覚えがあります。356というチップを使うことにより私の場合は解決しましたが、この方法が有効ならパーツ代数千円ほどで解決すると思います。オフセット調整用端子がついている場合は25キロオームほどの可変抵抗で二つの端子を接続し、真ん中をアースに落とせばよいはずです。

 ノイズですが基板上のフィルターのコンデンサーの付け方を少し変えただけで激減することもありました。ケーブルを3C2Vに変えてみるとかいろいろと試してみるしかないのではないかと思います。

 ペンレコーダをばらすのは私ならお勧めしません。

 ADコンバータの解像度は何ビットでしょうか。12ビットだとすると4096段階(正だけの場合)となり4Vのときが約1mVとなります。どれくらいの解像度のデータが必要なのかによりますが、研究が要求している条件をまず吟味されてはどうでしょうか。センサーアンプは1000倍くらいのものがあります。

 あと全く自信がないのですが、OPアンプを使うのはどうでしょうか。非反転増幅回路を用いた場合2つの抵抗のバランスで増幅率が簡単にきまりますので試してみられてはいかがでしょうか。
http://markun.cs.shinshu...続きを読む

Qエクセルで片対数グラフを作る

エクセルで片対数グラフを作る方法を詳しく教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

グラフの数値軸のところで右クリックして
軸の書式設定(O)→目盛(タブ名)

対数目盛を表示する(L)
にチェックを入れてください。

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

Q三相電力のUVWとRSTの違いについて

三相電力にはU相V相W相がありますよね?これはR相S相T相とどこが
違うのですか?
また、各相は発電したときから決まっているのですか?
素人の考えですが相というのは単に波形の順番に過ぎないと思いますのでどのケーブルが何相であってもかまわないような気がするのですが。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。

有効電力がPowerから、P となった後
単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして
Sが皮相電力を表すようになったと記憶してます。
・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z

相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として
 XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。
XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが
既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。
1次側は大文字、2次側は小文字と区別しているケースも見かけます。

Q波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式は?

波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式を知っていたら是非とも教えて欲しいのですが。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1 の回答の式より
 E = hc/λ[J]
   = hc/eλ[eV]
となります。
波長が nm 単位なら E = hc×10^9/eλ です。
あとは、
 h = 6.626*10^-34[J・s]
 e = 1.602*10^-19[C]
 c = 2.998*10^8[m/s]
などの値より、
 E≒1240/λ[eV]
となります。

>例えば540nmでは2.33eVになると論文には書いてあるのですが
>合っているのでしょうか?
λに 540[nm] を代入すると
 E = 1240/540 = 2.30[eV]
でちょっとずれてます。
式はあっているはずです。

Q周波数特性の利得の低下について

トランジスタの周波数特性についてお尋ねしたいことがあります。

周波数特性は台形のような形をしているのですが、低域周波数帯と高域周波数帯で利得が低下する原因が分かりません。
初心者でも分かるように簡単に説明してくれませんか?。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

トランジスタの増幅回路で入力や出力の結合部分にコンデンサを使うことが一般的ですがこれが原因で増幅度が小さくなる事は有ります。

つまり
信号源→コンデンサ→増幅回路入り口
と言う場合コンデンサのリアクタンスは1/ωCで計算されますがここでω=2Πfですから周波数fが下がればリアクタンスが大きくなって結合が弱まりますね。また補正のためにエミッタアース間にもコンデンサを入れる事が多いですがこれは周波数が低くなると負帰還が多くなり増幅度は下がります。

逆に周波数が非常に高くなるとベース、エミッタ、コレクタ、各電極の配線などの浮遊容量などによって増幅度を下げる方向に作用します。
殊更高くなると半導体内部の電荷の移動時間すら問題になります。

Q同期発電機において、力率が小さいほうが(たとえば100%よりも80%)

同期発電機において、力率が小さいほうが(たとえば100%よりも80%)、電圧変動率が大きい理由を詳しく教えてくれませんか?

Aベストアンサー

同期発電機は等価的に内部の起電力と直列のインピーダンスで表すことが出来て、このインピーダンスがほぼリアクタンスになっています。
ここで、力率1の負荷をつなぐと、負荷電流による電圧降下(インピーダンス*電流)は発電機の内部電圧と90度の位相差になります。
で、ベクトル図を描いてみるとわかりますが、90度の位相差の電圧降下は端子電圧の大きさにはあまり影響しません。(電圧の位相には影響しますが。)
次に、無効電力成分(内部電圧に対して90度の位相差がある電流)だと、電圧降下は内部電圧と同位相になって、電圧の大きさに大きく影響します。
ということで、無効電流が端子電圧の大きさに大きく影響し、力率の低い負荷のほうが電圧変動率が大きくなります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報