折原一さんのコレは面白い!と言うお勧めの本を教えて下さい。
冤罪者と鬼面村は読みました。
宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

『異人たちの館』が良いと思います。


折原さん自身も、自薦ベストに挙げておられる作品です。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/orihara1/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

是非、読んでみたいと思います。
有難うございました。

お礼日時:2007/02/25 08:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q折原昌夫の全身画像がほしい

わけあって、折原昌夫選手のイラストを描かねばならなくなりました。
が、資料がありません。
折原選手(できれば全身)が載っているサイトを教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

ここの観戦記に写真があります。
参考にされてはいかがでしょうか。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/5503/981213.htm

あと「抜け殻」でしたらここにも…
http://www.scwatto-jp.com/t_s/michinoku/eaeivkosuchua%5Bmu.html

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/5503/981213.htm

Q折原 一の教室シリーズについて

折原一の「沈黙の教室」と「暗闇の教室」読みました。
「暗闇の教室」の本の紹介に、「教室シリーズ3部作の、第2弾!」とあったように思うのですが、3部作目はあるのでしょうか?いろいろ探したのですが、分かりません。
とてもおもしろかったので、もしあるなら読んでみたいです。

Aベストアンサー

そうですね、面白かったですね。
ただ「暗闇の教室」は最近文庫で出たばかりで、第3部はまだ出ておりません。
これからに期待しましょう。
 第1作目(文庫97年)と第2作目の発刊期間が空いておりますので、3作目
はいつ頃になるんでしょうね。楽しみに待ちましょう。

Q折原一

折原一さんのコレは面白い!と言うお勧めの本を教えて下さい。
冤罪者と鬼面村は読みました。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

『異人たちの館』が良いと思います。
折原さん自身も、自薦ベストに挙げておられる作品です。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/orihara1/index.html

Q高校のうちに読んでおきたい本&お勧め

年上の人に、宮本輝とかあと誰かを紹介されて知らなかったら「有名だよ。文学に興味があるなら、これくらい知ってて当然だと・・・・」と言われました。
みんなが思っている「この作家のこの作品は」っていう常識的な本とか、お勧めの本ってありますか?

Aベストアンサー

まず、ぜひ読んでおきたい本について。
簡単に言うと、文学史に出てくる作家の作品全般です。
特に、夏目漱石「こころ」、太宰治「人間失格」、森鴎外「雁」、芥川竜之介「地獄変」、島崎藤村「破戒」、川端康成「雪国」あたりは必須だと思います。ただ、あまり読書に慣れていないうちにこれらを読むのは相当苦痛ですから、とりあえずは現代作家から入る方がいいでしょう。
高校生にオススメな物の中から、具体例をいくつか。
山田詠美「ぼくは勉強ができない」「風葬の教室」
川嶋誠「800」
村山由佳「天使の卵」
辻仁成「ピアニシモ」「海峡の光」
宮本輝「星々の悲しみ」
川上健一「翼はいつまでも」
浅田次郎「地下鉄(メトロ)に乗って」
乃南アサ「鍵」「窓」
南木佳士「ダイヤモンドダスト」
宮部みゆき「火車」
村上春樹「風の歌を聞け」
佐伯一麦「ア・ルース・ボーイ」
筒井康隆「家族八景」「七瀬ふたたび」「エディプスの恋人」
恩田陸「夜のピクニック」
こんなもんかな?

Qゆかりふりかけの、ゆかりと塩を分ける方法

ゆかりの、ゆかり(シソ)と塩を分ける方法って、あるでしょうか?
しょうもないようですが(^-^;、けっこう真面目です。
目的としてはゆかりのほうだけ欲しいのです。
ときどきあの味が食べたくなるのですが、
塩ごと食べていると塩分とりすぎな気がするので、
できる範囲で塩を取り除けないだろうか、と思ってます。

私がちょっと考えたのは、
全部を水に入れてざっと混ぜて、塩が溶けたかな?というところで
網のようなものでゆかりだけすくうことです。
でも、お湯を注ぐとうっすらピンク色の「ゆかり茶」ができるだけあって、
水に入れると味や風味が落ちてしまいそうなのが短所かな。

それと、ごましおの塩が、ごまと均等に混ざるように
工夫して加工されているのと違って、
ゆかりの塩はゆかりよりも少し重くて、ふつうのパッケージの中でも
上のほうにゆかりが多く、下のほうには塩が多くなってます。
これをうまく利用できないかな~とも思ったのですが、具体的に思いつきません。

お知恵を貸していただけるとうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。(^○^)

ゆかりの、ゆかり(シソ)と塩を分ける方法って、あるでしょうか?
しょうもないようですが(^-^;、けっこう真面目です。
目的としてはゆかりのほうだけ欲しいのです。
ときどきあの味が食べたくなるのですが、
塩ごと食べていると塩分とりすぎな気がするので、
できる範囲で塩を取り除けないだろうか、と思ってます。

私がちょっと考えたのは、
全部を水に入れてざっと混ぜて、塩が溶けたかな?というところで
網のようなものでゆかりだけすくうことです。
でも、お湯を注ぐとうっすらピンク色の「ゆか...続きを読む

Aベストアンサー

こんな方法はどうでしょうか?
浮遊分離法と呼ばれている方法です。

ペットボトルを1個用意します。
これの底を抜き,左右に径6cm位の丸い穴を開けます。
さかさまにして(底を上にして),ここから原料を少しずつ落とします。
横の穴から扇風機で風を吹き込みます。
ゆかりは軽いので反対側の穴から,飛んで出ます。
(ごまがどうなるかが問題ですね)

これを新聞紙か何か敷いておいて回収します。
塩は重いので,下の口から出てきます。

風の吹込みが鍵です。
うまく当てるのが難しいです。
扇風機というより,小型のファンがあるとよいでしょう。
なるべくなら,吹き込み口の穴は,ファンサイズと一致するのが望ましいです。

もっと言うとペットボトルより,もっと大きいものが用意されるとよいですが,今のところ手軽に
加工できるものとして,ペットボトルくらいしか思いつきません。
吐き出し側の穴は,小さくても良いかもしれません。

下に落ちたものを,もう一度かければ,ゆかりの回収率は上がると思います。

Q怖い本でお勧めの本を教えてください

怖い本でお勧めの本を教えてください

Aベストアンサー

lamborghniさん、こんにちは。

『新耳袋―現代百物語〈第1夜〉』 (角川文庫)
百物語は、それを一夜ですべて負えると怪異が現れるといいますけど・・・これ、一晩で読んだら、私にも怪異が現れました。一度お試しあれ。

『黒い家』 貴志裕介
人間が怖いタイプの極北です。

文芸の方から。
『セランポーレの夜』 ミルチャ・エリアーデ
「ホーニヒベルガー博士の秘密」に収録。

Q目玉焼きと梅ゆかり…色変化

お弁当のおかずに目玉焼きを入れ、
ごはんには梅ゆかりをふりかけました。

その時、目玉焼きの上に少し梅ゆかりがかかりました。

お昼になってお弁当箱を開けると
目玉焼きにかかった梅ゆかりだけ、緑色になっていたのです。
ごはんにかかった分は綺麗な赤紫なのにです。

これってどういうことですか?

Aベストアンサー

ゆかりって、紫蘇の葉ということでOKでしょうか?
紫蘇の葉には、もともと葉緑素があり、赤色が抜ければ緑色になります。
紫蘇の赤色の成分が抜ける状況はいくつかあるので、状況によりますが、ご質問の状況からの推測ですが、油と熱で色が抜けてしまったのではないでしょうか。

Q小1の子供が読む本

息子が通ってる小学校では、音読に力を入れてるようなので、毎日音読の宿題がでます。(カードに本のタイトルを書いてハンコを押してます)
うちにある本は、アンパンマンだとか、ピングーだとかの本しかありません。一応物語りになっているので、いいかな~なんて思ってたのですが、やっぱりマズイですよね・・・
小1の子供におすすめの本(絵本でも)おしえてください。あんまりお話が、ながくない物がいいです。

Aベストアンサー

昔話を集めた本などがいいと思いますが、毎日となると相当な量になりますよね。
図書館に行かれてはどうでしょうか。子供向けのコーナーがあると思いますし、司書の方にアドバイスをもらってもよいと思います。

Q源氏物語の「ゆかり」と「形代」について教えてください!!

源氏物語の一文に「紫のゆかりであるだけでなく形代でなければならない」とありますが「ゆかり」と「形代」の違いについて教えてください!お願いします!!

Aベストアンサー

 
>「紫のゆかりであるだけでなく形代でなければならない」

「紫のゆかり」は「草のゆかり」と同じ意味で、古今集にあるうた、「むらさきの一本ゆゑにむさしのの草はみながらあはれとぞみる」から起源があり、「紫」は、紫の染料を抽出するのに使われた草で、そこから色の紫も出てきましたが、この草は古くは、「武蔵野」の名草でした。

「紫の草が一本あるだけで、武蔵野の草すべてに趣があるように思える」というような意味で、この場合、「紫」は藤壺中宮で、その関係・血縁において、この少女=紫上も、趣ある人であるが、それだけではない。

「形代」とは、祭りのとき、神体の代わりに置くおもので、また、「本物に代わるべきもの」というような意味です。「本物に代わるべきもの」つまり、藤壺中宮の「代わりの人」でなければ、という意味です。

若紫の少女と藤壺中宮は姪と叔母の関係のはずで、血縁があり、「ゆかりの人」で、おもかげなども似ていたでしょうが、ただ、「ゆかりの人」であるだけでなく、この少女を、手の届かない、藤壺中宮の「代わりの人」として、いつくしみ愛し、自分の慰めとしよう、そうでなければならない、とうような意味です。

「紫のゆかり」は、単に「ゆかりある人」というだけですが、「形代」というのは、「代わりの人」という意味です。

源氏は、紫上を、藤壺の「形代」として愛し妻にするのですが、紫上には、そのことは隠します。しかし、紫上はそのことを明確に表現しませんが知ります。紫上は彼女であり、藤壺とは別で、藤壺にも匹敵する素晴らしい女性となっても、紫上には彼女の個性があり、どこまでも「形代」なのです。

だから、源氏は更に、藤壺のおもかげを求めて、これも藤壺の「ゆかりの人」である、三宮を妻に引き受けたりして、無惨な結果へと自分で進んでゆくのです。
 

 
>「紫のゆかりであるだけでなく形代でなければならない」

「紫のゆかり」は「草のゆかり」と同じ意味で、古今集にあるうた、「むらさきの一本ゆゑにむさしのの草はみながらあはれとぞみる」から起源があり、「紫」は、紫の染料を抽出するのに使われた草で、そこから色の紫も出てきましたが、この草は古くは、「武蔵野」の名草でした。

「紫の草が一本あるだけで、武蔵野の草すべてに趣があるように思える」というような意味で、この場合、「紫」は藤壺中宮で、その関係・血縁において、この少女=紫上...続きを読む

Q小学生の時に読んだ本です

どうしてもタイトルが思い出せません。
どなたか教えてください、もう一度読みたいんです。

確か、継母と姉が主人公の女の子に無理難題なお使いを言いつけ、困った女の子が森に行くと小人さん達がこっそりと助けてくれる。最後はハッピーエンド。
タイトルは「十二月の・・・?」だった様な気がします。

Aベストアンサー

違うかもしれませんが「森は生きている」という話ではないでしょうか?
別タイトルが「十二月物語」といいます。

女王様が冬に春に咲くマツユキ草を見たいといいだし、褒美ほしさに叔母とその娘が少女を真冬の森へ行かせます。
そのとき、森で十二月の精たちと出会い、助けてもらう、といった内容です。
小人でなく精霊ですが、十二月とつく話はこれが思いついたもので。
お探しのものであれば良いのですが。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4001140721/250-0510869-2333868
http://www.gekidan-nakama.com/page006.html

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4001140721/250-0510869-2333868


人気Q&Aランキング