去年の11月にレーシックの手術を受け、今年の2月に3ヵ月目の
検診を受け、何の問題も無いので、検診終了となりました。
が、レーシックの手術を受けたことを告知書に書くと、
生命保険の加入を断られてしまいます。
今は生命保険に入っていませんが、病気になったときのことを考えると
不安で生命保険に加入したいのですが、このままずっと加入できないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

アヒルの会社なら加入可能だと思います。


レーシック手術は元々手術給付金の対象外のためです。
(H14年以前の契約なら対象だったようです)

一応、告知の内容には記入していただくようになっていますが、
それで加入できない事はありません。

眼部に対してだけ2年の部位不担保の契約にはなるかもしれませんが
お病気は眼だけではありませんので、加入希望でしたら
お申込になってはいかがですか?

アフラック代理店勤務。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはりアヒルさんですね^^
わかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/07 16:17

申し込まれた会社の医療保険(入院特約)が「レーシック手術」を給付の対象としているためだと思われます。

なぜならば、レーシックはまれに「再手術」が行われるケースがあり、再手術になると手術給付金を支払わなければならないケースがあるからだと思われます。

保険会社によっては、同術を対象外としている会社もありますので、そちらの会社であれば加入できる可能性は高いと思いますし(知る限りではアヒルさんと鶴田真由さんがキャラクターとしている会社)、会社によっては、特定部位不担保法といって「目」に関する給付を特定期間給付金支払の対象から除外して引き受ける会社も有ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
勉強になりました。
アヒルさんと鶴田真由さん、当たってみようと思います。

お礼日時:2007/02/25 16:41

去年11月に手術したならば入れなくて当然ですよね。


まず加入できるかどうかは保険会社によつて違います。
過去1年以内、2年以内、5年以内と会社によってまちまちです。
例えば過去5年以内に・・という質問事項があれば5年以上経たないと加入できません。
でもどんな手術していてもコープの共済なら間違いなく入れますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
コープの共済ですか…。それは知りませんでした。
内容を確認してみたいと思います。

お礼日時:2007/02/25 16:42

私が知っている保険会社では、手術後5年以上経過していれば告知義務の期間が過ぎますので過去に手術をした事を告知する必要はないので保険に加入する事ができます。

これはどこの生命保険もだいたい同じだ思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

5年間、どこの保険にも入れないのは不安ですね~・・・。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/25 16:43

こんにちは。



手術を受けられてからの経過期間が重要視されますので。2年経過か5年経過して 眼に何も無かったと結果がでれば加入の可能性もあるかと思います。                           
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/25 16:44

告知には1年以内に手術しましたか?って


いう感じになっていませんか?
なので1年超えれば告知する必要ないです
よ。(1年か2年かわ忘れましたが年数の
指定ありましたよ。)

すくなくても国民共済と県民共済は何年
以内にっていうのがありました。他の保
険会社は覚えていませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
2社申し込んで、1社は5年以内、もう1社は1年以内でした。
やはり、手術してから1年は待たないとダメみたいですね。

お礼日時:2007/02/25 16:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレーシックと老眼について

レーシックと老眼について

今、40歳前で、レーシックをするかどうか悩んでいます。
レーシックをしている医師自体が近眼でメガネをかけているのをみて、なおさら迷います。

視力は0.1くらいです。
メガネがないと本は読めません(相当近づければ読めますが)。
読書がとても好きです。
レーシックをしなければ、老眼になっても本を近づければ苦もなく読める気がします。
(これも実際どうのなのか気になります。)

実際にレーシックをされた方、老眼がでてきてどんな苦労があったか、また、そもそもレーシックをするのがお勧めかどうかなど、感想を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

レーシックを受けた30代前半の男です。
(ちなみに妻もかなり前にレーシックを受けている40代前半)

レーシック受ける前は両眼0.1。今、1.5程度。

>レーシックをしている医師自体が近眼でメガネをかけているのをみて、なおさら迷います。
これはね、年齢を召している人ならしょうがない。手術をしたとしても、老眼で
遠近両用メガネが遠視眼鏡にかわるだけだから(^^;

私が受けたところは、値段が少し高めなので、年齢層的に高めで、
先生より、やってもやらなくても老眼には必ずなる、という説明を受けています。

老眼になった場合、手術をするしないによってその質は変わることになるけれども、
近くがみえずらくなるという現象は一緒。
状況によっては視力を落とした状態で(見えやすさを変えた状態で)手術することも
ある。
なので、そのレーシックの効果持続の期間と年齢と費用を考えてみればよいかな、と
思う。
※一部クリニックでは、45才を超える方のレーシックを断っています。

私は10年裸眼がもてばいいかなー(費用年4万ちょいかな・・・)という感じで手術を
決断しました。

レーシックの手術に関しては、先生に質問すればよいかと思います。
(事前検査費として1万円程度取っているところをお勧めします。大手のレーシックしかやってない所は不安を抱えている人間にとってはお勧めできません。)

レーシックを受けた30代前半の男です。
(ちなみに妻もかなり前にレーシックを受けている40代前半)

レーシック受ける前は両眼0.1。今、1.5程度。

>レーシックをしている医師自体が近眼でメガネをかけているのをみて、なおさら迷います。
これはね、年齢を召している人ならしょうがない。手術をしたとしても、老眼で
遠近両用メガネが遠視眼鏡にかわるだけだから(^^;

私が受けたところは、値段が少し高めなので、年齢層的に高めで、
先生より、やってもやらなくても老眼には必ずなる、という説明を受け...続きを読む

Q生命保険・がん保険加入時の告知内容

生命保険・がん保険の加入時の病歴告知で質問です。

私は、今までに一度も手術や入院はしたことありません。
告知書に「別表」などで記入されている病気にはなったことが無く、
会社の健康診断は去年初めて「再検査」の項目がありましたが、
その後、病院で2度調べてもらいましたが正常値であり、
問題ないとの事で治療もしていません。

しかし、5年位前から、全身にかゆみのない湿疹ができる時があります。
放っておいても数週間すると自然治癒しますが、
数年に一度くらいの頻度で現れるので念のため病院に行きましたが、
多分アレルギーだろうが、一般的なアレルギー検査では陰性だし、
そもそもかゆみがない湿疹と言うのは分からない…と言われました。
一応アレルギー用の内服と塗り薬は処方されましたが、
それが効いて治ったのか、自然治癒なのかも分かりません。
医者も「治ったならそれでいいじゃないか」と言った感じです。

こういう原因不明のものは、保険には入れなかったりしますか?

Aベストアンサー

#1です。

>過去5年以内に、病気や怪我で、通算して7日以上にわたり医師の診察、
今日お医者さんに行って、7日後に再診→7日以上にわたり医師の診察に該当
今日お医者さんに行って、再診の指示もされず、あとは行かず→該当しません。
今日お医者さんに行って、再診の指示をされたが、放っておいていかず→告知該当します。

>覚えていなかったら、告知違反にはならないのでしょうか?
そんなことはありません。そうなら、ガンになった人でも、覚えてないふりをして保険に入れることになってしまいます。

だから、単発の通院ではなしに、”7日以上にわたり・・・”と書いてるのです。なお、告知義務違反の中では、通院の失念は、軽微な方にあたります。手術・入院は、失念するはずないですから、重大な告知義務違反の方になります。


なお、コールセンターの受け手は、保険審査、保険給付の権限は、何にも持ってません。いい加減な答えをされて、後にトラブルになる事例もありますので、ご注意ください。ですから、告知該当の人は、通販は避けて、担当者を通しての加入にしてください。

※なお、まだなお疑問があるなら、その保険会社の担当者に聞いてください。

#1です。

>過去5年以内に、病気や怪我で、通算して7日以上にわたり医師の診察、
今日お医者さんに行って、7日後に再診→7日以上にわたり医師の診察に該当
今日お医者さんに行って、再診の指示もされず、あとは行かず→該当しません。
今日お医者さんに行って、再診の指示をされたが、放っておいていかず→告知該当します。

>覚えていなかったら、告知違反にはならないのでしょうか?
そんなことはありません。そうなら、ガンになった人でも、覚えてないふりをして保険に入れることになってしまいま...続きを読む

Qレーシックと老眼、そしてコンタクトによる角膜内皮細胞の減少

44歳です。レーシックを受けようと思いましたが、老眼になりやすくなると言われ、迷っています。コンタクトはすでに25年以上しており、調べていませんが角膜内皮細胞の減少が予想されます。仕事をしており、若い職場なのであまり老眼と言いたくありません。なので、レーシックを受けて老眼になるのなら、今後遠近両用のコンタクトとも思いますが、角膜内皮細胞の減少で白内障の手術で失明もしたくありません。我儘なことはわかっており、何かを諦めなくてはいけないのでしょうが、、、どちらがよいでしょうか?

1.長期間のコンタクトが無理なのであれば、思い切って今レーシックをやり仕事で必要な時だけ老眼鏡をかける
2.とりあえずソフトコンタクト、プラス遠近両用コンタクトを使えるところまでつかい、その後レーシック

また、レーシックは年齢が高くなるとできなくなるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、レーシックで老眼になるというわけではなく、近視の人は近くのものは見えて遠くのものが見えづらいわけですから、近視の人は老眼になってもそれを感じにくいのですが、レーシック手術を受けて正視になると、近視の時に比べて老眼を感じやすくなるということで、老眼は老化現象なので、レーシックをしてもしなくても誰でもいずれなります。

また、長期間コンタクトレンズの生活をしていると、角膜内皮細胞は減少します。

角膜内皮細胞が減少したから白内障の手術で失明するわけではなく、角膜内皮細胞が減少すると眼の手術(白内障の手術も)そのものができなくなるのです。

角膜内皮細胞が減少することで眼の手術全般ができなくなるわけですから、その場合は同じようにレーシックの手術もできなくなります(不適合)。

また、レーシックを受けられる年齢は20歳から60歳くらいまでとされています。

角膜内皮細胞が1ミリ四方あたり1000個以下になると角膜混濁が起きてくるということなので、今そのような症状がない場合はそれほど心配することはないと思いますが、今44歳ですから、あと16年コンタクトを使い続けていたことでレーシック手術ができなくなるという可能性は考えておいた方がいいかもしれないです。

レーシック適合検査の中で角膜内皮細胞の数も調べてもらえますので、まずは角膜内皮細胞の数が減っていないかどうか検査を受けて確認してみるといいかもしれないですね。

その上で、今レーシック手術する必要があるのかどうか検討されたら良いのではと思います。

参考URL:http://intralasik.karakasa.com/13.html

まず、レーシックで老眼になるというわけではなく、近視の人は近くのものは見えて遠くのものが見えづらいわけですから、近視の人は老眼になってもそれを感じにくいのですが、レーシック手術を受けて正視になると、近視の時に比べて老眼を感じやすくなるということで、老眼は老化現象なので、レーシックをしてもしなくても誰でもいずれなります。

また、長期間コンタクトレンズの生活をしていると、角膜内皮細胞は減少します。

角膜内皮細胞が減少したから白内障の手術で失明するわけではなく、角膜内皮細胞...続きを読む

Q子宮ポリープ手術&帝王切開出産後の生命保険・医療保険加入について

子宮ポリープ手術&帝王切開出産後の生命保険・医療保険加入について教えてください。

現在33歳の主婦、2歳と0歳の子供がおります。
現在外資系の保険に加入していますが、死亡時の受取額が小額であることと
保険料が高いことを受けて、現在保険の見直しをしています。
おおよそ自分が加入したい保険は絞り込めているのですが、契約書を記入する際に以下の手術暦が気になっています。

H16.4月 婦人科検診で子宮ポリープ発見。放置しても良いが妊娠したいならとったほうが良いと進められ日帰り手術を受ける。
H17.4月 普通分娩時、回旋異常のため分娩停止、帝王切開にて出産
H19.7月 帝王切開により第二子出産(特に異常はないが、一度帝王切開したので念のためということで)

過去の質問内容などを参照し、保険会社によっては条件つきで加入できるようなので、一度加入申込書を送ってみて
私が希望しない契約内容になりそうなら告知義務を越える(5年以上は告知しなくても良いようなので)時期まで待って再度申込みをしようと思っています。
そこで質問の本題です。
再度申込みをする際、保険会社のほうで「前回○○年に帝王切開したと書いてあったから、今回も条件付としよう」というような判断をする可能性はあるのでしょうか?
もしそれがあるのであれば、今回私の保険の見直しはしないで時期がきたら再度見直しをしようと思っています。
どうぞ宜しくお願いいたします。

子宮ポリープ手術&帝王切開出産後の生命保険・医療保険加入について教えてください。

現在33歳の主婦、2歳と0歳の子供がおります。
現在外資系の保険に加入していますが、死亡時の受取額が小額であることと
保険料が高いことを受けて、現在保険の見直しをしています。
おおよそ自分が加入したい保険は絞り込めているのですが、契約書を記入する際に以下の手術暦が気になっています。

H16.4月 婦人科検診で子宮ポリープ発見。放置しても良いが妊娠したいならとったほうが良いと進められ日帰り手術を受け...続きを読む

Aベストアンサー

No.1の回答のように、多分期限付きで部位不担保が付く可能性が大きいと思います。

それで納得されるのならいいのですが、納得されない場合。
告知義務を超える5年を待って申し込みもいいのですが、その分年齢が今より上がって保険料がアップすることもよく考慮してみてください。

もし3年後くらいにまた妊娠して帝王切開になったとき、頼りになるのは今加入している外資系の保険ですよね。だったら、しばらくその保険を継続してもいいように思います。
死亡保険の受取額が小額であることが見直しの理由のひとつのようですが、だったら今のうちに新たに死亡保険だけを追加で加入して死亡時の保障を増額してはいかがでしょう。死亡だけを保障する保険なら、部位不担保だとかは全く関係なく今の年齢で加入できるでしょうから。

保険料が高いというのも、なぜ高いかのかもよく調べてみてください。同じ生命保険でも、終身保険と定期保険では保険料が全く違います。年齢が上がればその分保険料も高くなりますので、全く同じ条件なら若いときに入った今の保険のほうが保険料は安くなるのが普通です。

入っていた保険が必要ないものだったとか、ライフスタイルが変わって保険料が負担になっているというのなら解約するのもひとつの方法ですが、健康上に何らかの不安がある場合、既契約を解約するのは少し慎重になったほうがいいと思います。

No.1の回答のように、多分期限付きで部位不担保が付く可能性が大きいと思います。

それで納得されるのならいいのですが、納得されない場合。
告知義務を超える5年を待って申し込みもいいのですが、その分年齢が今より上がって保険料がアップすることもよく考慮してみてください。

もし3年後くらいにまた妊娠して帝王切開になったとき、頼りになるのは今加入している外資系の保険ですよね。だったら、しばらくその保険を継続してもいいように思います。
死亡保険の受取額が小額であることが見直しの理由...続きを読む

Q老眼とレーシック

レーシックを考える37歳です。裸眼で左0.1、右0.08、乱視なし。コンタクト使用後、眼鏡にかえて20年です。
災害時の心配と、来るべき老後で遠近両用眼鏡をかけたくない(見づらい・気分が悪くなるなど経験談をきいた)、眼鏡のつるが鼻にあたって調整をしても頭痛がするといった理由からレーシックを希望しています。
レーシックの相談に病院を2件まわりましたが、今の私の視力で手術をしない場合は、老眼になっても裸眼で対応できるだろうということでした。逆にレーシックをうければ老眼鏡は必要になるとの事。どちらにしても眼鏡生活におさらばできないとの事で、悩んでいます。年齢的に老眼が目立つようになるまで長くて10年、早ければすぐにでもでてきそうです。
老眼と近眼は別物のように思うのですが、なぜ近視を補正(レーシックを受ける)すると老眼を早く体感し、近視ではそれが年齢が上にならないと体感されにくいのでしょうか。また、さほど年齢を重ねいていないひどい近視の人でも、眼鏡をはずして裸眼で老眼に対応できず、遠近両用をかけなくてはいけない人も比較的若い年齢でいるのでしょうか?
今日懇意の眼鏡屋さんにも相談にきましたが、今の近視度数ならおそらく老後は裸眼で老眼に対応し、遠くを見る場合は今までどおり近視の眼鏡をかけることになるだろうということでした。(ずっと年齢が進めば別ですが)
老後が長い昨今、レーシック+老眼鏡か、近視眼鏡+裸眼が、どちらがクオリティ高い生活が送れるのか悩んでいます。アドバイスください。
なお趣味は読書・ゴルフ、仕事はコンピュータを一日中見つめます。

レーシックを考える37歳です。裸眼で左0.1、右0.08、乱視なし。コンタクト使用後、眼鏡にかえて20年です。
災害時の心配と、来るべき老後で遠近両用眼鏡をかけたくない(見づらい・気分が悪くなるなど経験談をきいた)、眼鏡のつるが鼻にあたって調整をしても頭痛がするといった理由からレーシックを希望しています。
レーシックの相談に病院を2件まわりましたが、今の私の視力で手術をしない場合は、老眼になっても裸眼で対応できるだろうということでした。逆にレーシックをうければ老眼鏡は必要になるとの事...続きを読む

Aベストアンサー

「レーシック&老眼鏡」も「近視メガネ&裸眼」もどちらもクオリティが高いとは言えますまい。

一番クオリティが高いのは「レーシック&遠近両用(または中近併用)」か「未レーシック&遠近両用(または中近併用)」だと思いますね。
なぜなら遠近両用以外ではどちらも掛け外しの煩わしさが常に付きまとうからです。

あなたの近視度はおそらく-3.00D~-4.00D程度でしょう。
このくらいの度なら裸眼で30cm近辺にピントが合っているはずです。
だから近くを見ることには好都合なのです。
レーシックの手術を受けたりコンタクトをしたり近視のメガネを掛けたりして矯正すると遠くにピントが合って離れたものがよく見えるようになります。
近くのものにはピントが合わなくなります、でもその時には目の中の筋肉と水晶体ががんばってピントを合わせてくれますが年齢が40歳半ばを過ぎるとそれが弱ってくるのです。
そう、それが老眼です。

つまりどんな方法であれ遠くにピントを合わせてしまうと近くが見にくくなり、その時に老眼があれば(だいたい40代の後半くらい)、近くにピントあわせができません。
これは誰にでも平等に起こることです。

近視を矯正することは、簡単に言えば正視の人になるということです。
正視の人はだいたい40代も後半になると、だんだん新聞が見づらくなったと言って老眼鏡を掛けるようになるものです。
前述しましたね、ピント合わせが衰えるのは万人に平等だと。

若いころ近視のない人は年を取ってからメガネ(老眼鏡)を必要とします。
若いころ(ある程度の)近視の人は近くを見るときに老眼鏡を必要としません。
どちらにしても同じなのです。

レーシックの医院としてもこういう軽中度の近視はメリットとデメリットが拮抗しますので薦めにくいでしょう。
もっと強度の近視ならメリットも多いのですが。

趣味は読書、仕事はパソコンとにらめっこ。
近方視がほとんどじゃありませんか?
それなのに遠くを見るのに手術を受けるのはあまり合理的とはいえないかもしれませんね。
しかも数年以内にも老眼鏡が必要になる可能性があり、将来的には絶対に必要になるのですから。

遠近両用がいやならもちろん掛けなくて結構です。
でもそれによるメリットをも放棄してしまうこともお忘れなく。
老眼鏡(単焦点レンズ)では30センチは見えても50センチがぼやけてしまう年齢に、いずれあなたもなるのです。
たとえばそれは手元は見えても、少し遠いディスプレイはぼやけるということなのですよ。

選ぶのはあなたですが、お金と手術のリスクを別にすればどちらも似たようなものだと思いますがね。

長くなりましたのでこの辺で。

「レーシック&老眼鏡」も「近視メガネ&裸眼」もどちらもクオリティが高いとは言えますまい。

一番クオリティが高いのは「レーシック&遠近両用(または中近併用)」か「未レーシック&遠近両用(または中近併用)」だと思いますね。
なぜなら遠近両用以外ではどちらも掛け外しの煩わしさが常に付きまとうからです。

あなたの近視度はおそらく-3.00D~-4.00D程度でしょう。
このくらいの度なら裸眼で30cm近辺にピントが合っているはずです。
だから近くを見ることには好都合なのです。
レーシック...続きを読む

Q保険の契約申込と告知欄:乳がん検診を受け、異常なしだったのですが。

今まで入っていた保険を見直そうと思い、ネット経由でいくつか資料を取り寄せました。
そして、ある商品について検討してもいいかな?と考えております。
ただ、申込書とセットになっている告知書にある、
「最近3か月以内に、医師の診察・検査(中略)を受けたことがありますか。」
という文面に引っかかっています。

実は、4月下旬頃に右胸がかなり張っていて痛みが続き、近くの婦人科に診察してもらったところ、
「大丈夫だとは思うけど、念のため近くのがんセンターで検査してもらうようにしておきます」
と、紹介状を用意してもらいました。

そして検査の結果「異常なし」でした。
(ちなみに、結果を聞かされたのは5月下旬でした。ちょうど大型連休が入ったので。)
連休中までは確かに張りがあり痛みも残っていたのですが、いつの間にか治まっていました。仕事内容が変わった頃でもあったので、ストレスによるものだったのかもしれません。

そこで質問ですが、
1.結果的に「異常なし」とは言われましたが、告知欄の文面どおりに「はい」に印をつけなければならないのでしょうか。
また、「はい」と申告したことによって、保険会社の心証が悪くなることはあるのでしょうか。
2.「最近3か月以内に…」というならば、検査結果を聞いた3か月後(今回の場合8月下旬以降)を待って申し込みをしたほうがいいのでしょうか。

以上、よろしくお願いします。

今まで入っていた保険を見直そうと思い、ネット経由でいくつか資料を取り寄せました。
そして、ある商品について検討してもいいかな?と考えております。
ただ、申込書とセットになっている告知書にある、
「最近3か月以内に、医師の診察・検査(中略)を受けたことがありますか。」
という文面に引っかかっています。

実は、4月下旬頃に右胸がかなり張っていて痛みが続き、近くの婦人科に診察してもらったところ、
「大丈夫だとは思うけど、念のため近くのがんセンターで検査してもらうようにしておき...続きを読む

Aベストアンサー

1.はい、にマルしてください。・・・最近3か月以内に、医師の診察・検査を受けたのは事実なので。

で、詳細を記入する際に、
”4月下旬頃に右胸がかなり張っていて痛みが続き、近くの婦人科に診察してもらったところ、??がんセンターでの再検査を勧められましたが、その結果異常なしでした。”とかいう感じで記入してください。

>、「はい」と申告したことによって、保険会社の心証が悪くなることはあるのでしょうか。

”異常なし”ですから、問題ないでしょう。

2.別に待たなくて問題ないと思われますが。(理由は上に同じ)

なお、あなた様の様に告知事項がある場合、通販は避ける事をおすすめします。担当者の面談の下で告知事項を記入した方が無難ですよ!(見直しも絡むなら、なおさらです!!)

Qレーシック手術した後、老眼になった場合、見え方どうなりますか? 遠視では、レーシックは、効き目ないで

レーシック手術した後、老眼になった場合、見え方どうなりますか?

遠視では、レーシックは、効き目ないですか?

Aベストアンサー

レーシックで一度メスを入れた角膜に再度メスを入れるのはお勧めできません。結果も保証できませんし。
老眼に対しては単純に老眼鏡をかけるのが無難だと思います。

Q生命保険加入の健康告知について

主人の生命保険のことですが、現在大手の生命保険に加入していますが、
見なおしを考えています。
住宅ロ-ンの団体生命保険にも加入し、ガン保険も別に入ってます。
別の生命保険、あるいは共済のようなものでもいいかなと
思っているのですが、解約するにも勇気が必要で・・・

何より、主人はここ数年前から軽い喘息の薬を処方してもらっているので、
症状は軽くとも、新規で生命保険に加入する場合、健康告知で引っかかり
加入できないのでは?と思うのですが・・・。
ちなみに、現在の生命保険に加入した後、3年後くらいに喘息になったので、
現在の保険なら問題なさそうですが・・・。

それと、私自身3年前に帝王切開で出産しています。
医療保険に加入したいと思っているのですが、やはり告知欄に
手術の項目で「はい」と答えますよね、
帝王切開は病気じゃなくても、保険加入の条件には難しいのでしょうか?

おわかりになるかたいらっしゃいましたら、
教えて下さい。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ご不安な心中お察しします。正しい判断を下していただきたく正確な情報をお伝えしたいと思います。文末にてアドバイスを述べます。

喘息は急性・短期の症状から慢性的なものまで幅広く分類されますが、体質的な要因も大きいと言われています。かく言う私もアレルギー体質でこれまでに5年~10年おきぐらいに喘息発作が発現します。適切な治療によって直ぐに「治まる」もののやはり体質が大きく影響するため「完治」という定義は難しいと医師から説明を受けています。

臨床医学では「症状が治る」ことを目的とするために喘息発作が治まれば良しとしますが、生命保険査定における生命保険医学では「将来に向けた危険度」を考えるため臨床医学とはいささか異なる見方をします。
生命保険医学が拠り所とする統計データでは疾病群ごとに「どれぐらいの確率で死亡したか」という死亡指数という指標を用いますが、喘息の死亡指数は交通事故死のそれよりも高いのが現実です。喘息は侮れない病気ということです。

こうした理由により「喘息」は生命保険、特に医療系商品の引受は困難です。ご主人は薬を処方されているとのことですが、これは「現症」と言ってほぼ全ての商品で引受は期待できません。

しかし、今後症状が消失し、薬の処方(医師の治療)が完了した後、5年ほど経過すれば、特定部位・特定疾病不担保や割増保険料を受諾することで引受けて貰える可能性は出てきます。もちろん引受不可(謝絶と言います)もあり得ます。私の扱った実例でも10数社で引受不可(謝絶)でしたが、ある国内社で条件付で引受してもらえたケースがあります。この辺は症状の程度や保険会社によって差があります。

帝王切開は上述の特定部位不担保により「子宮、卵巣卵管等」の不担保で引受が期待できると思われます。つまり次回の出産で異常分娩があっても給付金は受け取れませんが、それ以外の疾病・死亡はちゃんと保障しますよということです。ちなみに正常分娩はもともと医療保険の給付対象ではありません。
ただし経験則から申し上げると3年前とのことなので、その後婦人科系の疾病が無ければ無条件引受も期待できると思います。これも前述のとおり年齢、状況や保険会社によって異なる場合があります。

ここまでご覧いただくと暗いお気持ちになるかも知れません。たいへん申し訳なく思います。
ただしどんなに受け入れがたくても「告知しない」ということはしないで下さい。
ときどき告知しなくても「2年バレなければ告知義務違反にならない」という風説を耳にすることがありますが、これは嘘です。約款の告知義務違反の条項では「保険会社が告知義務違反を理由に解除できない場合」として

●会社が知っていたときor過失により知らなかったとき
●会社がその事実を知ってから1ヶ月を経過したとき
●責任開始から2年を超えて有効継続したとき
と規定されています。(表現は簡略化・会社により相違あり)

この3項を勘違いして「2年バレなければ大丈夫」という風説が流布しているようですが契約してから2年間に支払事由、つまり病気があればアウトになります。
また「バレルから」と考えてワザと請求しない行為を故意と判断し契約を無効とした判例もあります。

さらに約款には「詐欺による無効」という条項もあります。
●契約に際して詐欺の行為があったときは契約無効とし既払込保険料は払い戻しません(※簡略化)

詐欺無効の規定には2年というような時効がありません。
告知義務違反や詐欺を争った裁判は数多くあります。以下は不実告知を詐欺と認めた判例です。

「(被保険者)は診察を受け検査等も受けていたのにかかわらずこれを告知せず(略)保険会社に健康状態に問題がないものと誤信させ本契約を締結したものであるから(被保険者)は保険会社を欺罔したものと言わざるを得ない。本契約は無効である」
※出所:生命保険契約法 続最新実務判例集(改定増補版)奈良地裁H11.11.16判決より抜粋

告知義務違反をして保険加入するのは「保険」ではなく「賭博」です。絶対にしないで下さい。

以上を整理します。
●喘息は新規加入が厳しい
●帝王切開も同様だが喘息よりは期待がある
●症状や保険会社によって結果には差があるだろう
●不告知は告知義務違反や詐欺の危険性が高いので絶対にすべきではない

以上を踏まえてアドバイスです。
現在の保険の見直しの「理由」を良く精査してみてください。
●保険料負担のためということであれば、減額・特約解約といった手段が考えられます。
●保障が足りないとお考えであればご主人の勤務先での保障や(公的)社会保険制度を良く調べてみてはどうでしょう。ご主人がサラリーマンであれば死亡時の遺族厚生年金、入院したときは高額療養費や傷病手当金など、かなりの保障が既に確保されているはずです。

こうした情報はご質問文からだけでは良く分かりませんでしたが、保険とは解決すべき「不足」を解決する手段ですから、この「不足」が何なのかを深掘りしてから保険を考え始めても遅くないと考えます。今の生活が10だとして、万が一の時に公的保障等で(α)があるならば守るべき不足額は(β)です。(α)が正しく分からないと適切な保険(β)も分からないと思います。

長文乱文ですみません。どうか賢明なご判断をされますように。
なお生保一般についてのご相談は生命保険協会でも応じてくれますのでこちらもご利用してください。

参考URL:http://www.seiho.or.jp

ご不安な心中お察しします。正しい判断を下していただきたく正確な情報をお伝えしたいと思います。文末にてアドバイスを述べます。

喘息は急性・短期の症状から慢性的なものまで幅広く分類されますが、体質的な要因も大きいと言われています。かく言う私もアレルギー体質でこれまでに5年~10年おきぐらいに喘息発作が発現します。適切な治療によって直ぐに「治まる」もののやはり体質が大きく影響するため「完治」という定義は難しいと医師から説明を受けています。

臨床医学では「症状が治る」ことを目...続きを読む

Q少し老眼のレーシックについて

レーシックを考えていますが、最近ほんの少し老眼が進んできたようです。
色々と調べるとレーシックをした場合、近視が治る代わりに進んでいた老眼が協調される事はわかりました。
ある方法として左右で矯正度を変える方法もある?色々と自己勉強をしている中でどこかのページで見たような・・・気がします。
例えば、右1.5 左1.0にするなど。
この情報についてご存知の方もしくは実際に経験した方がおられましたら教えて下さい。
将来的には老眼になって遠近両用のメガネになるのなら、とりあえず近視の矯正をし必要(歳)に応じ老眼鏡をかけようと思います。
残った人生ずっと近視のメガネ生活から逃れたいと思っています。
老眼鏡は歳相応の症状ですので時期が来ればそれなりに対応したいと考えています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は約12年前にレーシックをしました。当時40代の先輩と一緒にしたのですがその人の話では術後すぐに携帯電話の文字が見えなくなり老眼を一気に感じたそうです。またゴルフが好きなので球が良く見えると喜んでおりました。しかしその5年後ぐらいにはまた近視になりさっぱりじゃと言っておりました。私も術後数年してから視力の変動を繰り返し現在はメガネをかけています。術後一番見えていた時は1.2でしたがハードコンタクトレンズをつけていた時の見え方と比べたら数段劣っていました。視力の度数にもよりますが個人的にレーシックはお勧めできません。コンタクトを検討されてはどうでしょうか。

Q生命保険加入時の告知について

損○ジャパン…の夫婦方の終身医療保険に加入しようと思っております。契約者は主人です。
告知なのですが、私(妻)が退職前に健康診断を受けたのですが、その結果がみあたりません。
おそらく、最後に受けたのは2年以内だと思うのですが…。
たしか、貧血で食事の改善と指導されていたはずです(再検査は受けておりません)
この場合『健康診断は受けていません』に○をつけてもいいのでしょうか?
それとも、病院や会社に問い合わせるべきなのでしょうか?
ちなみにここ3年ほど治療を受けたことはありません。
お忙しい所、すみませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

既回答にミスリードがあるように見受けられます。正しい判断をされますよう根拠を示します。文末にて貴方の対応についてヒントも示します。

>加入してから2年過ぎれば解除されない

この誤解はしばしば聞かれますが危険な誤解です。
普通保険約款の告知義務違反の条項には「保険会社が告知義務違反を理由に解除できない場合」として

●会社が知っていたときor過失により知らなかったとき
●会社がその事実を知ってから1ヶ月を経過したとき
●責任開始から2年を超えて有効継続したとき
と規定されています(※表現は簡略化・会社により相違あり)

この3項を勘違いして「2年バレなければ大丈夫」という風説が流布しているようですが、責任開始から2年以内に支払事由、つまり病気・死亡が発生したらアウトになります。また「バレルから」と考えてこの間に故意に請求しない行為を故意と判断し契約を無効とした判例もあります。

約款には「告知義務違反による解除」よりもっと強力な「詐欺による無効」条項も存在します。

「契約の締結(略)に際して契約者または被保険者に詐欺の行為があった場合は、保険契約を無効とし、すでに払込んだ保険料は払い戻しません」
↑これは民法に基づいた規定であり「時効」がありません

またここ1、2年で各社では次のような条項を追加し始めています。
「被保険者本人または他人に保険金または給付金を不法に取得する目的で契約した場合は契約を無効とし、すでに払い込んだ保険料は払い戻しません」

これは民法の公序良俗違反を意識した文言です。
上記背景を考えると「2年バレなければ時効」という誤謬はますます許されなくなってきていると考えます。

「(略)保険会社に対しその健康状態に関し虚偽の事実を申告し保険会社にして被保険者の健康状態に問題がないものと誤信させ契約を締結したものであるから被保険者は保険会社を詐罔したものと言わざるを得ない。本契約は無効である」
※出所:判例タイムズ1032号東京地裁平成11年12月1日判決

結局「2年バレなければ時効」というのは自分の成績さえ上がれば客のことなどどうでも良いと考えている営業員のトークでしかないと考えます。

では次に貴方の対応について。
今回「もう退社してしまった会社での健康診断結果」を告知すべきかどうか迷われている貴方はたいへん誠実な人だと思います。敬意を表すとともに貴方には良い結果を得て欲しいとも思います。

まず次のポイントが重要です。
●本当に告知日より2年以内か
●「食事の改善と指導」との事ですが、具体的には「要再検査、要精密検査、要経過観察」といった指摘だったのか

いずれにも該当するのであれば、厳密に言えば告知すべき事項になります。
では告知をしたとしてどういう展開になるか。
告知を受け取った保険会社にすれば「その後どうなの?」という点に懸念を生じます。ところが貴方は退職されていて(その後人間ドック等を受けていなければ)「その後の推移」を示す客観的データを持ち合わせていないことになります。
そうなると保険会社としては「この人貧血症なのかも知れない」とか「何か他の疾患の前兆なんじゃない?」というところまで考えざるを得なくなります。ですから特別条件での引受回答となったり「病院で検査を受けて結果が出るまで見合わせます」という結果を招来する可能性があります。このほか保険会社から「指定の血液検査をしてください」と指示されるケースもありますが、今回のように医療保険単体の申込(告知扱)ならコストの問題によりあり得ないと推察されます。
つまり「退職してしまった会社の2年前の健診結果」を積極告知する弊害ということです。

他方、専業主婦のように健康診断など「受けたこともない」という人々がどんなに生活習慣病予備軍であっても「健診はうけていない」と告知して無条件加入している実態を考えると、上記は不公平を感じざるを得ません。
現代の日本では人間ドック受診者のうち「異常なしが13%(2002年日本病院会調査より)」という時代において、生命保険の「告知扱」ではかなり多数が「告知なし」というのですから...

この文脈において貴方が「退職して、復帰もありえない会社での健診結果での指摘」を告知しないとしても無理ならざることと思います。(そもそも生理のある女性は多かれ少なかれ貧血は当たり前ですよね)
また将来、入院をして給付金請求をしたとして何らかの疑義が生じたとしても、あなたがわざわざ会社名を開示しないのであれば確認は事実上不可能ですから、結果的に告知義務違反が証明され得ないという可能性も高いと考えます。
それに「医師の診察、検査を受けて異常を指摘されていた」というのではなく、会社の健診での「貧血」ですから違反性にも差があると考えます。

ここまでご覧になると「前半では告反を否定しながら後半で不告知を薦めている」ように思われるかも知れませんが、そうではありません。私は日頃「堂々と告知すべき論者」です。

しかし上記の専業主婦や人間ドックの事例のように生命保険の「告知扱」の構造問題についても考えている者ですので、貴方のケースに正論を突きつける気にならないということです。

私は一切の責任は終えませんが、以上をご覧いただき「貴方自身の責任において」判断を下していただきたいと思います。何も知らないで下す決断と、背景を理解したうえでの決断は違うと思いますし、貴方なら「大人のご判断」が出来ると信じます。

健康診断結果についての質疑応答が以前にもありましたので参考URLに載せておきます。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=951065

既回答にミスリードがあるように見受けられます。正しい判断をされますよう根拠を示します。文末にて貴方の対応についてヒントも示します。

>加入してから2年過ぎれば解除されない

この誤解はしばしば聞かれますが危険な誤解です。
普通保険約款の告知義務違反の条項には「保険会社が告知義務違反を理由に解除できない場合」として

●会社が知っていたときor過失により知らなかったとき
●会社がその事実を知ってから1ヶ月を経過したとき
●責任開始から2年を超えて有効継続したとき
と規定されていま...続きを読む


人気Q&Aランキング