VB6を使用しているのですが、Printオブジェクトを使用してソースコードを印刷したいのですが、どうしたらよいですか?余白は上・左3cm、下・右2cmです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

VBのソースはテキストエディタとかで開いて印刷できますよね?


ですから、そのソースのファイルをオープンして読み込み、Printオブジェクトから出力してやればOKでしょう。余白については、Printオブジェクトのプロパティから指定してください。プロパティについてはPrintオブジェクトのHELPを参照すれば、わかると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q[VB]画像閲覧のソースコードについて

質問です。今こんな計画立ててます。
構造が以下の通りです。

Explorer_Formのノード0(親)とノード1(子)があります。
まず親は好きな文字を打ち、
ノード1は下記ローカル参照(例:C:\Program Files\...)の
画像フォルダ中身を取得し、
子の下に画像名で一覧表示(※1)若しくは、
子をクリックした時、Explorer_Formの右側にサムネイル型で表示する
その(※1)を画像名をクリックするとExplorer_Formの右画面に
その画像が表示させる

という某ソフトで例えると
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2006/0221_view-pro_06.htm
上記みたいな物をVBで作りたいという事です。
一応検索エンジン等で調べているのですが、分らずここに質問しました。
ソースコード等書いて頂ければ有りがたいです。

Aベストアンサー

その計画を実施してみて躓いてどうしてもわからなければ詳細に状況を記述した上で質問すべきでは?

結局のとこプログラムを作りたい?それとも画像閲覧のアプリがほしいのでしょうか?
アプリがほしいなら勉強して作るよりも市販品を買うほうが手っ取り早いでしょう。

QVB6.0で逆ポーランド記法のソースコードを教えてください

VB6.0で逆ポーランド記法のソースコードを教えてください。
できれが、通常の計算式から逆ポーランドに変換して計算結果が求められるまで。
お願いします。

Aベストアンサー

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&client=firefox-a&rls=com.ubuntu%3Aja%3Aunofficial&hs=Yof&q=RPN%E3%80%80convert+vb&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

QWebBrowserオブジェクトにて、右クリックを使用できなくさせる

VBの、WebBrowserオブジェクトで、実行時に、右クリックでのポップアップ(前に進むとかショートカットの作成とか)を出さなくする方法は無いのでしょうか。

もしあれば、お教えください。

------------
開発環境
VB6.0SP5
WinME

Aベストアンサー

VB は判りませんが。

WebBrowser オブジェクトって、 Internet Explorer で使われているコンポーネントと同じ物であれば、右クリックのポップアップの禁止は表示する HTML の記述でできるかもしれません。自分は VC++ で以前 CWebBrowser2 クラスを用いて同じことをやりましたが、アプリケーションレベルではうまく行きませんでした。

右クリック禁止の HTML は、 <body> タグを

<body onContextMenu="return false;" onDrag="return false;">

のように記述します(ついでにドラッグも禁止してます)。

Internet Explorer で表示させた場合はいろいろ解除方法とかあるみたいですが、コントロールとして表示させた場合は自分は解除できませんでした。また、ブラウザで Java Script が禁止になっていてもコントロールでは動いてくれた気がします。

ただし、 Internet Explorer のバージョンなどによりうまく動作しない場合があるかもしれません。

VB は判りませんが。

WebBrowser オブジェクトって、 Internet Explorer で使われているコンポーネントと同じ物であれば、右クリックのポップアップの禁止は表示する HTML の記述でできるかもしれません。自分は VC++ で以前 CWebBrowser2 クラスを用いて同じことをやりましたが、アプリケーションレベルではうまく行きませんでした。

右クリック禁止の HTML は、 <body> タグを

<body onContextMenu="return false;" onDrag="return false;">

のように記述します(ついでにドラッグも禁止してます)。
...続きを読む

QVBで引数にDictionaryオブジェクトを使用する方法

VBのプロシージャ間で、Dicitionaryオブジェクトを引数にして渡したいのですが、可能でしょうか。
以下のテストプログラムを起動すると、引数エラーになってしまうのですが、
可能なのでしょうか。

実際は、MsgSet()とMsgGetは別々のプロジェクトの為MsgDicオブジェクトを
グローバル変数としてはもつことが出来ません。

'*****値設定用プロシージャ*****
Sub MsgSet()
Dim MsgDic 'メッセージ格納領域
Set MsgDic = Server.CreateObject("Scripting.Dictionary")
MsgDic.RemoveAll

'値の設定
MsgDic.Add "MSG1", "メッセージ1"
MsgDic.Add "MSG2", "メッセージ2"
MsgDic.Add "MSG3", "メッセージ3"

Call MsgGet(MsgDic)
End Sub

'*****値取得用プロシージャ*****
Sub MsgGet(MsgDic)

Dim getKey,i
getKey = MsgDic.keys

For i = 0 To MsgDic.Count -1
Print getKey(i)
Next
End Sub

VBのプロシージャ間で、Dicitionaryオブジェクトを引数にして渡したいのですが、可能でしょうか。
以下のテストプログラムを起動すると、引数エラーになってしまうのですが、
可能なのでしょうか。

実際は、MsgSet()とMsgGetは別々のプロジェクトの為MsgDicオブジェクトを
グローバル変数としてはもつことが出来ません。

'*****値設定用プロシージャ*****
Sub MsgSet()
Dim MsgDic 'メッセージ格納領域
Set MsgDic = Server.CreateObject("Scripting.Dictionary")
MsgDic.Remo...続きを読む

Aベストアンサー

言語は何でしょうか?ASPですか?VB6ですか?
Server.CreateObjectが入っているのでASPと見えますが、別プロジェクトと言うことで、VB6のようにも見えます。

そんでもって、どんなエラーメッセージが返されるのですか?どの行ですか?

このままVBSで実行させてみましたが、
Print getKey(i) のところで TypeMissMatch で落ちます。
これをMsgBox にしたら普通に通りました。

一般的に、関数の引数でDictionary Object を渡すのは普通に出来ますよ。

QVB6のコードをVB.NETに移したいのですが

WEBで見つけたVB6のサンプルコードをVB.NET用に書き直して
いるのですが、なんとか波線のエラーはなくなったものの
実行すると、思った結果が得られません。
正しい訂正方法を教えて頂きたいです。

サンプルコードは下記のサイトにありました。
http://vbnet.mvps.org/index.html?code/internet/findfirstcacheentry.htm
インターネットキャッシュに関するものです。
文字数の関係で全部は書けないのですが、現在は↓のようになっています。
その他の訂正箇所は
全部のAs Any を As Objectに変更していて、
ComboBoxのアイテムに数値が設定できないようなので、
Select Caseで判断するようにしています。

Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
Dim numEntries As Long
Dim cacheType As Long

Select Case ComboBox1.SelectedIndex
Case Is = 0
cacheType = &H1S
Case Is = 1
cacheType = &H8S
Case Is = 2
cacheType = &H10S
Case Is = 3
cacheType = &H20S
Case Is = 4
cacheType = &H40S
Case Is = 5
cacheType = &H10000
Case Is = 6
cacheType = &H100000
Case Is = 7
cacheType = &H200000
Case Is = 8
cacheType = URLCACHE_FIND_DEFAULT_FILTER
End Select

Label1.Text = "Working ..."
Label1.Refresh()
ListBox1.Items.Clear()
ListBox1.Visible = False
numEntries = GetCacheURLList(cacheType)
ListBox1.Visible = True
Label1.Text = VB6.Format(numEntries, "###,###,###,##0") & "files found"
End Sub

Private Function GetCacheURLList(ByRef cacheType As Long) As Long
Dim ICEI As INTERNET_CACHE_ENTRY_INFO
Dim hFile As Long
Dim cachefile As String
Dim nCount As Long
Dim dwBuffer As Long
Dim pntrICE As Long

dwBuffer = 0

hFile = FindFirstUrlCacheEntry(vbNullString, 0, dwBuffer)
If (hFile = ERROR_CACHE_FIND_FAIL) And (Err.LastDllError = ERROR_INSUFFICIENT_BUFFER) Then
pntrICE = LocalAlloc(LMEM_FIXED, dwBuffer)

If pntrICE Then

CopyMemory(pntrICE, dwBuffer, 4)
hFile = FindFirstUrlCacheEntry(vbNullString, pntrICE, dwBuffer)

If hFile <> ERROR_CACHE_FIND_FAIL Then

Do
CopyMemory(ICEI, pntrICE, Len(ICEI))
If (ICEI.CacheEntryType And cacheType) Then
cachefile = GetStrFromPtrA(ICEI.lpszSourceUrlName)
ListBox1.Items.Add(cachefile)
nCount = nCount + 1

End If
Call LocalFree(pntrICE)
dwBuffer = 0
Call FindNextUrlCacheEntry(hFile, 0, dwBuffer)
pntrICE = LocalAlloc(LMEM_FIXED, dwBuffer)
CopyMemory(pntrICE, dwBuffer, 4)
Loop While FindNextUrlCacheEntry(hFile, pntrICE, dwBuffer)
End If
End If
End If
Call LocalFree(pntrICE)
Call FindCloseUrlCache(hFile)

GetCacheURLList = nCount
End Function

どうしてもここから分からないので、お助けいただきたいです。
よろしくお願いいたします。

WEBで見つけたVB6のサンプルコードをVB.NET用に書き直して
いるのですが、なんとか波線のエラーはなくなったものの
実行すると、思った結果が得られません。
正しい訂正方法を教えて頂きたいです。

サンプルコードは下記のサイトにありました。
http://vbnet.mvps.org/index.html?code/internet/findfirstcacheentry.htm
インターネットキャッシュに関するものです。
文字数の関係で全部は書けないのですが、現在は↓のようになっています。
その他の訂正箇所は
全部のAs Any を As Objectに変更してい...続きを読む

Aベストアンサー

> ツールの中にあるVB6を自動で変換するという機能を使って
> 変換した際にLongが全部Integerになっていたので、
> 全部Longに戻してしまってあります。

つまり、
「APIを使用するとき、型を変更しないとかなりの確率で誤動作」するので、
親切にも直してくれた(LongをIntegerにしてくれた)のに、
貴方は、それを無効にしたって事です。

Integerにしてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報