今後、新たな鉱脈て発見出来るでしょうか?
産出量はふえますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

金とかプラチナなどの貴金属では, 「新たに掘り出す」以外に「リサイクルする」ってのも重要になってますよね.


ちなみに, 鉱脈が見付かっても掘れるかっつ~と別なわけで.... 恐山はかなり有望なんだけどねぇ.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました m(_ _)m

お礼日時:2007/02/27 20:22

地質学的に金が濃集しやすい場所というのはある程度決まっています(

http://www.nhk.or.jp/school/junior/yougo30.html)。また、全地球規模で見ればマントル下方に濃集していますから(http://www.ehime-u.ac.jp/~grc/titei-1-3.html)なんらかの形でこれらが地表にもたらされる場所(詳しくはプルームテクトニクス等を調べてください)にも金が濃集しています。

ただ、金は鉱脈でも非常に濃度が低く、金鉱脈が見つかっても採算がとれるかどうかは別問題です。
国家の金保有量は政治的な意味もありますから、あえて掘らないということもあるかもしれません(よく知りませんが)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

師匠が55万人 ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2007/02/27 20:33

#1です



そうですね、鉱脈があると行っても
大きな鉱脈に当たれば大きいですけれど
規模の小さい鉱脈だった場合
すぐに掘りつくしてしまいますし

海底などに有る場合、採掘するのも手続きなどの関係で難しいこともあると思いますので
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました m(_ _)m

お礼日時:2007/02/27 20:23

こんばんは



こればっかりはなんともいえないですね
発見するにはバクチみたいな部分も有りますので

この回答への補足

ありがとうございました m(_ _)m

でも、何千年探してこの程度とも思いますが?

補足日時:2007/02/24 20:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました m(_ _)m

お礼日時:2007/02/27 20:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉱脈のできる仕組み2

前回の質問で
「鉱脈は、地中のマントルが上昇し地殻の亀裂等に貫入して出来た物」
と教えて頂きました。
その「地殻の亀裂」ってどうしてできるんですか?

Aベストアンサー

> その「地殻の亀裂」ってどうしてできるんですか?
地殻に亀裂が発生する過程としては、マグマが上昇するとその圧力で、地殻に歪みが生じその部分に
マグマが貫入していくパターン。
地殻はプレートテクトニクス理論で紹介されているように、常に移動しています。移動することによって地殻内には、
圧縮、引張作用の力が作用しそれに伴って亀裂が生じるパターンが考えられます。
岩盤は一様に見られていますが、ボーリングで採取したコアーを観察すると、脆弱化した箇所が多く見られます。

Q石油って、まだまだ産出できるのですか?

私が小学生の頃、地球上の石油はあと30年で枯渇すると言われていましたが、もちろん、採掘技術の進歩もあるのでしょうが、実際の所、まだまだ何十年も石油は産出可能なのでしょうか?
それと、石油は、もともと大昔の生物の死骸が変化したものだとかの定説があるようですが、私は、石油は地球のコアにあるマグマの老廃物ではないのかなと考えていますが、みなさんはどう考えますか?

Aベストアンサー

> まだまだ何十年も石油は産出可能なのでしょうか?
やはりまだ30年強と言われていますね。

> 採掘技術の進歩
というなら、深海の油田等が該当するでしょうか。

あと、オイルサンドのように、採算が取れないと考えられていたものが、原油高の中で採算が取れるようになり、大量処理によりそこそこの採算ラインに乗ったことで、ゴミから資源になったこと等も有るでしょう。

現在の原油安は、アラブ産油国が、オイルサンドの様な高コストの資源をこれ以上採算ラインに乗せないようにして、自分たちの発言力を維持することが目的で行われていると言われていますね。

> マグマの老廃物
一時期、ネットで流言として流行った意見だったかな。
論理的な説明ができていないように思いますね。

Q鉱脈のできる仕組み

前から疑問に思っていたのですが
鉱脈とはどのようにできるものなのでしょうか?
鉱脈によって含まれる金属の割合が変わるのは
どのような作用によるのでしょうか?
また鉱脈の位置はどのように予測して発見に至るのでしょうか?
どなたか分かる方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

> 鉱脈とはどのようにできるものなのでしょうか?
 鉱脈は、地中のマントルが上昇し地殻の亀裂等に貫入して出来た物です。
 http://www.um.u-tokyo.ac.jp/DM_CD/JOSETSU/GANKO/HOME.HTM

> 鉱脈によって含まれる金属の割合が変わるのはどのような作用によるのでしょうか?
 貫入するマントルの成分、貫入した箇所の岩石成分あるいは、貫入後の経過時間によって金属成分に変化が生じる物と考えられます。

> また鉱脈の位置はどのように予測して発見に至るのでしょうか?
 基本的には、地表踏査を実施します。
 地質時代、堆積環境、地形、古文書等を分析し、その後詳細な調査を実施します。
 詳細な調査は、放射能同位元素の有無、地磁気調査等を行います。

Q鉱脈のできる仕組み3

地殻の亀裂にマグマが貫入するまではよくわかりました。
ところで、マグマとはどこでも下から上へ地殻を押し上げる力を持っているものなのでしょうか?そして地殻の弱い部分から火山のように噴出するのでしょうか?
それとも場所によっては下へもぐりこみ、場所によっては上につきあげるという力の方向性の違いがあるのでしょうか?
プレートテクトニクス理論については、学校で習ったので知っています。地殻が下へもぐりこむ場所があることも知っています。でも、その下のマグマの力ってどんなふうにはたらいているのか謎です。

Aベストアンサー

 こんにちは。
> マグマとはどこでも下から上へ地殻を押し上げる力を持っているものなのでしょうか?
 マグマの地殻に対する作用圧は、上昇部が最も高く次に、移動部そして下降部の順と考えられますね。
 マグマ溜まりは、高温高圧部なので地殻底部に作用する圧力は大きく、その中でもマントル上昇部の作用圧が大きいと考えられます。
 
> そして地殻の弱い部分から火山のように噴出するのでしょうか?
 その通りでする。

> それとも場所によっては下へもぐりこみ、場所によっては上につきあげるという力の方向性の違いがあるのでしょうか?
 マントルの形態については、下記サイトを見て貰えば十分理解できますのでご覧下さい。
 http://www.eps.s.u-tokyo.ac.jp/jp/guidance/solid/honda.html

Qよくアメダスの降雨量などの表示を見かけますけど、陸地の降雨量だけで海の

よくアメダスの降雨量などの表示を見かけますけど、陸地の降雨量だけで海の部分もあると素人天気予報がしやすいと思いますがどんなものですか? アメダスの画像などからあと何時間で天気が変わるなどの
予想の仕方などありますか? なるべく近い予測がより正しいのですが無料リアルタイム天気予報がないので質問しました

Aベストアンサー

アメダスは陸上の実測データだけですので、予測資料としては不十分です。
今後の降水予測をするのであれば、気象庁発表のレーダーナウキャスト(1時間後まで)ないし、解析雨量データ(6時間後まで)を用いるのがよいと思います。
http://www.jma.go.jp/jma/index.html
http://www.jma.go.jp/jp/radnowc/
http://www.jma.go.jp/jp/radame/

これでも不十分であれば、気象庁のスーパーコンピューターからの生予測データ(192時間後まで)を用いるしかないですね。
http://weather-gpv.info/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報