スバル・フォレスターStbにのっています。年式は2000年のもので約10万kの走行をしています。今年、車検です。表記のとおりタイミングベルトを一緒に交換したいと思っているのですが費用があまりにもかかって躊躇しています。

ディラーと地元の車屋で見積を取ったところ、両者とも約10万円超えといわれてしまいました。正直、そんなにかかるものなにでしょうか?過去の質問を検索すると、noname#21852さんの質問で約3万円とあります。それくらいなら全く躊躇しないのですが・・・詳しい方おしえてくださいm(__)m


http://oshiete.nikkeibp.co.jp/kotaeru.php3?qid=2 …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

明細が解らないと回答者様方も適切な回答がしにくいと思います。

アルシオーネの例ですが大差ないだろうと思いますので参考に、

タイミングベルト¥13600、ウォータポンプ¥18000、ベルトテンショナ¥7480、タイミングテンショナ¥6390、アイドラプーリ¥5720×2=11440、計56910+技術料、となります。スバルサンバーの技術料が¥35000位ですので妥当な額と思われます。クーラントやゴムホースも交換するともう少し高くなります。

マークIIが安いのは、エンジンが直立直列でありベルト取り回しが簡単になっているからで、フォレスタが高いのは、右シリンダヘッドから左シリンダヘッドまでの超ロングベルトを、アイドラやテンショナで取り回しているからです。レガシイの6気筒にすればチェーンなので交換不要(20万km以上の耐久性)です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。そうですね、質問の仕方がまずかったなと今になって思っています。でも、皆さんが親切にアドバイスいただいて助かりました。

お礼日時:2007/02/26 08:52

スバル伝統の水平対向エンジンの整備性の悪さは宿命です。


特にタイベル交換。高額となることは仕方ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。そうなんですよね。整備のことまではわからず購入してました。うち一族でスバル好きで車くわしくないので、最近までエンジンがボクサーとかいうのってことすら知らなかったので(苦笑)今回のことで勉強になりました。

お礼日時:2007/02/26 08:50

リンク先の回答者の一人ですが。


水平対抗エンジンンは、ベルトが下(奥)に有るので高くなるのは仕方ないと思います。
より多くの部品を外す(交換?)必要はあります。
ただ、ベルト交換だけで、10万は高いのでは?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。明細の見方がよくわからなかったのですが、他のみなさんのご指摘もあるようにウォーターポンプなどそれに付随するパーツ交換も含まれていました。

お礼日時:2007/02/26 08:48

ANo.4です


貼ってあったURL見るの忘れえていました、スバルのEJ20の部品はタイミングベルトだけでも1万円位します、普通の車の倍ですそれにベアリング数も多くて普通は2個なんですけどEJ20は4個使っています3000円としても12000円ですそこに油圧のオートテンショナーなど部品だけでも結構な値段になります、そこに持ってきてスバルの工賃は高い(工賃が一番安いのはホンダかな)のでこういう値段になってしまうのです(一般の修理工場でもディーラーの工賃をやっぱり参考にしています)
    • good
    • 2

タイミングベルトだけの交換なら三万円位でもおつりがきますが他の付属品を交換すると結構かかりますね、ツインカムのタイプでタイミングベルト、ベアリング4個、オートテンショナー、ウォーターポンプ、不凍液、エアコン、パワステ、オルタネーターベルト2本交換で工賃税込みで82000円位です、オイルシール交換(4個)を入れると10万円位になると思います。


それとタイミングベルトを交換するときはオイルポンプを外して裏のボルトの増し締めをしてもらう事をおすすめします、このタイプは大体緩んでいます。
ですので交換する部品等内容を見なければなんともいえまね、ウォーターポンプやベアリングがロックすると大変な事になります今のEJ20はタイミングベルトが切れるとバルブがピストンと干渉するのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。明細をみるとほぼ同じ内容のようです。やっぱそれくらいかかるものなのですね。理解できました。

お礼日時:2007/02/26 08:47

車種やエンジン型式によって工賃が違うので価格が異なります。


セドリック(V6)で6~7万円の見積もりになりました。

>ディラーと地元の車屋で見積を取ったところ、

車検とタイミングベルト交換の見積もりを別々に取るべきかと思います。
そうで無ければ明細を見比べて、部品代や交換工賃を読みとって比較して見て下さい。
「一緒に」としてしまうと、適当に計算されて(業者の計算ミス等で)予期せぬ「追加料金」を請求されたりする場合もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。

詳細はあとでよく読みとってみます。

お礼日時:2007/02/24 15:43

フォレスターは水平対向エンジンなので、高いです。


普通の4気筒エンジン二個分ですから。
マーク2と一緒に考えてはいけません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。質問投稿後もいろいろみているのですが、確かにスバルのボクサーエンジンをいじるのは高いようですね。

お礼日時:2007/02/24 15:41

http://kuruma.cside.com/sankou/taimingberuto.html

10万円は車検料込みなのか、ぼられてそうな・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。そうなんです。相場で3~5万円とあるので・・・。レガシィで7万円位って書き込みもみました。本当に10万円もかかるの?って感じです。

お礼日時:2007/02/24 15:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレガシィタイミングベルト交換費用

17年式のBPレガシィターボワゴンに乗っています。
今回走行距離が96000kmに達したのでタイミングベルトを交換しようと思い、ディーラーに見積もりを出してもらいました。
その結果が約12万円(工賃51480円+部品代68090円)でした。
過去のQ&A等見て、水平対向の交換は高いというのは分かったのですが工賃が5万円というのは見あたりませんでした。
詳細を書きますので妥当かどうか教えてください。
あと、この見積もりはディーラーで出してもらったのですがどこのディーラーに行っても共通価格ですか?
ディーラーによっても値段が違うとかはあるのでしょうか?
<技術料>
タイミングベルト脱着・交換 31200円
オイルポンプ脱着取付 8580円
クランクシール交換
ウォーターポンプ交換 7800円
カムシール交換 3900円
<部品代>
タイミングベルトアンドラベ 14800円
アイドラコンプリートベルト 6480円
アジャスタアセンブリベルトテ 10100円
アイドラコンプリートベルト 2710円
オイルシール 2480円
シールOリング 560円
シールOリング 700円
オイルシール 380円
シールOリングシリンダブロ 140円
ウォータポンプアンドガスケ 13300円
サーモアセンブリ 1840円
ホース 490円
ホース 450円
ホースクランプ 140円
ホースクランプ 160円
ホースラジエータインレット 1510円
ホースラジエータアウトレット 1630円
クリップ 1080円
クーラント6L 4500円
キャップアセンブリラジエータ 1300円
ベルト交換
ベルト 1660円
ベルト 1680円

17年式のBPレガシィターボワゴンに乗っています。
今回走行距離が96000kmに達したのでタイミングベルトを交換しようと思い、ディーラーに見積もりを出してもらいました。
その結果が約12万円(工賃51480円+部品代68090円)でした。
過去のQ&A等見て、水平対向の交換は高いというのは分かったのですが工賃が5万円というのは見あたりませんでした。
詳細を書きますので妥当かどうか教えてください。
あと、この見積もりはディーラーで出してもらったのですがどこのディーラーに行っても...続きを読む

Aベストアンサー

特に見積りの内容におかしいところは無いようです。
ただ、タイミングベルトの交換だけではなく、走行距離や年式からタイミングベルトを交換する際に同時にやっておけば将来的に工賃が節約できるということを考慮したフルスペックだと思います。

この車の過去の部品交換や点検修理履歴がわかれば、まだ必要の無い交換部品もあるかもしれませんが、スレ主さんが今後この車をどのように乗っていかれるのかを含めて相談されれば省いてもいいものも出てくると思いますが、滅多に分解しない部分ですので、高価でない部品は省かずに一緒に交換しておくことをお奨めします。

ボクサーエンジンは非常に特殊ですし、特にタイミングベルトはいくら新しいものと交換したといっても、長期間保管して劣化した新品のものと交換されたら元も子もありませんので、部品の回転率が高いディーラーでの交換をお奨めします。

通常の走行であれば、10万kmピッタリで切れるわけではないので、次回の車検時に交換されれば、値引が大きくなるかもしれませんよ。

Qタイミングベルトが切れるってホントにあるの?

10万キロでタイミングベルトを交換という目安がありますが、実際に交換しないと
切れちゃうものなのでしょうか?
また、運転中切れたらどうなるのですか?

今11万6000キロですが、まだ交換していません。

また、エンジンオイルの漏れが若干あるようです。
放っておくとどうなりますか?
3000キロを目安にオイル交換していますが、若干減っているようです。

以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ワタクシ15年自動車整備士やってますが、10万キロ以内でタイミングベルトが切れた車が3台ありました。スバルサンバー、ボンゴワゴン、キャリーです。サンバーとボンゴは10年以上経過した車で距離80000km程度でしたからベルトのゴムが劣化したのでしょうが、キャリーは5年35000kmで切れました。

切れれば走行中でも即エンジン停止、再始動はできません。また一部の車種を除きエンジン内部のピストンとバルブが衝突してバルブが曲がってしまうため、シリンダヘッドを取り外してバルブ交換が必要になります。これをやらないと、切れたベルトを新品に交換しただけでは元に戻りません。


これまで延べ2万台位整備したなかでベルト切れ3台です。確率は0.015%ですね。
いじってある車はもっと高確率で切れます。


10万キロ以内で切れる確率は悩んでもしょうがないレベルだと思いますが、ゴム系の部品ですから単純な距離ではなく年数による劣化のほうが影響ある気がしますね。


オイル漏れのほうは、車種がわからないのですが、漏れがどこからなのかは把握しておいたほうが良いでしょう。神経質にならなくても3000km毎で交換してるなら、いきなりオイルが全量抜けて焼きつくなんてことはありません。

ワタクシ15年自動車整備士やってますが、10万キロ以内でタイミングベルトが切れた車が3台ありました。スバルサンバー、ボンゴワゴン、キャリーです。サンバーとボンゴは10年以上経過した車で距離80000km程度でしたからベルトのゴムが劣化したのでしょうが、キャリーは5年35000kmで切れました。

切れれば走行中でも即エンジン停止、再始動はできません。また一部の車種を除きエンジン内部のピストンとバルブが衝突してバルブが曲がってしまうため、シリンダヘッドを取り外してバルブ交換が...続きを読む

Qフォレスターの故障

走行距離10万キロを超えたフォレスターが先日オーバフローを起こしました。
ディーラで検査してもらったところ、次の費用が発生します。
ラジエータ交換(技術費) 17,600円
ラジエータコンプリート(部品費) 73,300円
そのほか部品費(ホース、クーラント等) 約20,000円
合計で、約11万円。
しかも、Vベルトおよびタイミングベルトも交換時期。
そして、さらに今月車検という状況です。
現在、車検を含めた金額の見積もり中ですが、
修理、車検まで済ませて、今後も乗り続けるのか、
ここでサヨナラして、別の車に乗り換えるか…
非常に迷っています。
ラジエータの修理費用として、約11万円というのは妥当なのでしょうか?
また、皆さんでしたら、この状況で、今後どのような判断をされますか?
ちなみに、乗り換えの予算としては、ほとんど用意できておりません。(もう少し乗る予定でしたので…)

Aベストアンサー

私のフォレスターは13年車検を終えて昨日帰ってきました。ターボ付きのT-tbというタイプで、走行距離は17万8千キロです。私のクルマも3年ほど前に、リザーブ・タンクの破損が発生し、結果としてラジエータの破損交換にまで至りました。
 スバルのディーラー担当者が、ラジエータについては最初に提案してくれたのは(1)再生品市場を検索し、手頃な出物を探す。(2)社外品の高い冷却能力のある部品に替える。(3)純正品に交換するでした。 
 再生品をお願いして探してもらいましたが、ヒットしませんでしたので、通勤に使っていたクルマでしたので、仕方なく純正品で修理交換しましたが、スバルのメンテナンスの人は再生品でも悪くは無いと言っていましたから、良さそうなラジエータを探してみられたらどうでしょう。

Qスバルの宝刀水平対向エンジン。 トラブルはどういうの??

こんにちは。

ふと思ったのはスバルの水平対向エンジンなのですが、良くあるトラブルや、燃費、維持費などを教えてください。
そのほか特徴なども教えてください。

エンジンは2000ccのターボです。

Aベストアンサー

BG5 GT-Bに9年乗ってました。
BE5RSKも約5年ノントラブルです。

良くオイル漏れが酷いとか言われますが 使い方やオイルメンテの問題だと思います 自分の場合7万km7年で 車検時タペットシールガスケットからオイルが少し滲んでるけどといわれ 酷くなって修理も面倒なので 車検で交換してもらいました
7万kmなら普通どんなエンジンでも出る問題早くはない 
日産SRエンジンなんて2万km走らずオイル漏れ 酷かったです。
修理代 工賃は狭いやり難い面少々UP 部品も水平対抗で低重心なので仕方ないでしょう SUBARU乗りなら納得です。
左右にシリンダーが分かれているので 約2倍と言う感じになりますが 
しかしV型エンジンもこれは同じ事です。(V型横置きの運転席側なんてもっとやり難く作業困難)
ダイレクトイグニッションも9万km故障はなしですねー
プラグキャップについているので 素人や大型量販店のPIT作業で
外す際に壊すことが原因では? 慣れない人には触らせてはいけません

レガシィ、インプ、フォレ 皆改造される方が多く 本人の認識は無くいじり壊している場合が多く感じます。

故障回避維持方
無意味な改造をしない 社外部品を装着の場合メリット以外デメリットを理解し そのデメリット改善策も取る(マフラー交換→ECUセッティング+プラグ交換+アーシング施工)
メンテナンスを正しく行う エンジンオイル3~5千kmまたは半年以内で絶対交換 乗り方によりますが固すぎるオイルを入れない
車検(2年毎)ミッション(ATF)、デフ、クーラーント。ブレーキー、パワステオイルの交換を行う事 純正でまとめて車検時依頼すればなら安いです。
数分でも暖気し エンジンを安定した状況にして走り出す(いきなり飛ばさない)初め徐々に走り2km程度走ってから 通常走行すれば エンジンに優しいと考えます。

大事に思って扱えば ぶっ飛ばしてもそう壊れません
少々お金が掛かりますが 2倍なんて掛かりません メンテをしっかり行えば 乗って楽しい飽きない SUBARU車水平対抗エンジンが味わえます。 

BG5 GT-Bに9年乗ってました。
BE5RSKも約5年ノントラブルです。

良くオイル漏れが酷いとか言われますが 使い方やオイルメンテの問題だと思います 自分の場合7万km7年で 車検時タペットシールガスケットからオイルが少し滲んでるけどといわれ 酷くなって修理も面倒なので 車検で交換してもらいました
7万kmなら普通どんなエンジンでも出る問題早くはない 
日産SRエンジンなんて2万km走らずオイル漏れ 酷かったです。
修理代 工賃は狭いやり難い面少々UP 部品も水平...続きを読む

Q10年落ちのスバルインプレッサ購入時の注意点は?

ネットの某オークションでH6年式インプレッサワゴン(型式:E-GF6型 原動機:EJ18型1800CC)に興味が
あります。格安は格安(予備検査込み一桁万)で、自分で陸自に持ち込み登録できますが、いかんせん古い
クルマです、現状好調ですが水平対向エンジンは
初めてです、メンテ必要な箇所やこれは止めたほうがいい、などのご意見も含めて教えてください。ちなみにタイミングベルト、ウォーターポンプは未交換との
ことで10万キロ走行です。

Aベストアンサー

このH6年式のインプレッサスポーツワゴンHX-Sの後継のマイナーチェンジ版H7年式インプレッサスポーツワゴンHX-Sを所有しています。
マイナーチェンジ内容:WRXのNA版という位置付けに変更され、バンパーがWRXのものと共通になり、バケットシートとナルディのハンドルとMTシフトノブがついています。タイヤは15インチでブリジストンのRE88装着。6年式のHX-Sは7年式のHX-Lとほぼ同じ内容と思います。
その他は6年式と変わりはありません。

今年3月に車検となりますので現在、車検の見積もりを取っています。

今までに、経験した主な故障ですが
オーディオ故障(電源が入らなくなった)
回転数センサー不具合(アイドリング回転数が2500rpmになっって下がらない)
ISCバルブ不具合(エンジンのかかりが悪くなって、最終的にはかからなくなりました。清掃で対応)
マフラー脱落(タイコとパイプの接続部に錆が回ったようです)
スパークプラグの断線
バッテリー交換(これは、故障ではなく劣化したからです)
シートベルトのすべり不良(これも故障ではなく、取り付け具が劣化するためで、ヤスリで取り付け具を平らにすれば解消します)

走行距離7万5000です。
車検時に予定の修復箇所ですが
タイヤの山が殆どない、ひび割れが多い。
このまま車検には通るが、あと5000kmか10000kmでタイヤは交換になるでしょうとのこと。

あと、エアコンのベルトなどにヒビが見られるのでパワステベルトと共にを交換しないと突然とまりますよとのこと。パワステのベルトも破損になるとハンドルロックすると言われたので、交換するつもりです。

その他は、カムカバーとシリンダーヘッドの間からオイルがにじんでいるということで、こちらの修理が必要なようです。

その他はブレーキのO/H、クーラント液の交換、を実施されるとのことです。

H6年だと去年が車検時期のはずですので、結構な期間、車検切れのまま放置されていたのかもしれません。良い中古屋さんは毎日、エンジンをかけているらしいです。そうすることで、状態を維持しています。放置は一番危険なので注意してくださいね。

このままの状態で車検取得可とありますが、タイヤの山が不足していたりとオイルのにじみがあると車検には通らないとのことです。

排気音ですが、WRXのような独特のサウンドはありません。
あの音はターボのみのようです。NAはもともと等長に近いらしいのでドロドロ音は殆ど聞けません。パワーもありません。ただ、MTなら楽しめます。水平対抗の特徴から高回転域が得意です。3000rpmを超えたあたりから、モリモリとトルクが上がりますので面白いですよ。
と言ってもすぐにレブリミットにあたりますが。
ターボならレブリミットまで回せば暴力的に加速しますがNAはそんなことはありませんし、アクセル開度に応じてパワーが増すので乗りやすいです。

足回りやボディもWRXを基準に作られているので余裕がありしっかりしています。サスペンションも普通の車にしては硬い方だと思います。
私は、タクシーで酔う人ですが、インプレッサなら助手席でも後部座席でも酔いません。

フルタイム4WDなので、雨の日やスキー場でも安心です。
燃費は、私の場合エアコンの使わない時期なら10km/hです。夏場は7km/h程度です。

インプワゴンの魅力はそのスタイリングです。リアからリアクォーターガラスの流れるようなラインは最高です。
ワゴンですがリアのオーバーハングはセダンと同じ取り回し性は抜群です。ハッチも結構寝ているので積載量はセダン+αと言う程度ですが、
荷物をフルで積むことなど年に数回しかないので十分満足しています。

車検の見積書が今手元にないので料金についてはもう少しまっていただければ再度書き込みます。

ほか、できる限り回答させていただきますので何なりとご質問ください。

このH6年式のインプレッサスポーツワゴンHX-Sの後継のマイナーチェンジ版H7年式インプレッサスポーツワゴンHX-Sを所有しています。
マイナーチェンジ内容:WRXのNA版という位置付けに変更され、バンパーがWRXのものと共通になり、バケットシートとナルディのハンドルとMTシフトノブがついています。タイヤは15インチでブリジストンのRE88装着。6年式のHX-Sは7年式のHX-Lとほぼ同じ内容と思います。
その他は6年式と変わりはありません。

今年3月に車検となりますので現在、車検の見積もりを取っています。

...続きを読む

Qタイミングベルトは10万km到達までなら何年でもいい?

先日、知人から車をただで譲ってもらいました。
スズキのセルボモードE-NC22S 平成7年式で走行距離が70,000kmでした。

それまでに乗っていたVWポロと比べると馬力や装備は劣るのですが、燃費と維持費の安さに惹か
れて乗り替えました。

知人はあまり車には興味がないようで、車検時の部品交換やオイル交換はディーラーのいいなり
でやっていたようです(点検簿を見る限りは)。

平成7年式なので今年で丸13年になるわけですが、尋ねるとまだタイミングベルトは交換してい
ないそうです。走行距離からすると70,000kmなのでまだまだよさそうですが、ゴムのように経年
劣化での断裂なんかがあると恐いな…と思ってしまいます。

あと4・5年は乗るつもりですが、十年以上過ぎても、10万kmを超えないならタイミングベルト
を交換しなくも大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

私はタイミングベルトとウォーターポンプの交換を勧めますけど・・・
部品交換やオイル交換はディーラーのいいなり>別に悪い事ではないでしょう?
走行距離からすると70,000kmなのでまだまだよさそうですが>都合のいい解釈と言わせてもらいます。メーカーは「10年間か10万kmはなんとか持ちますよ」というのが、正しい解釈です。
ゴムのように経年劣化での>いや、タイベルはゴム製です。コグ(歯)の部分なんて「形成」で作られているので「芯」などというモノはありません。帯の部分にはスティールのベルトが入っていて「引っ張り強度」は有りますけど、帯から「歯」がポロポロ取れるようになります・・・
あと4・5年は・・・10万kmを超えないなら>貴方の自由です、と言うか自己責任で判断ですね。ココで貴方にとって「嬉しい回答?」があったとしても、貴方にとって何の保証にも力にもならないということです。
明日、止まってしまうかも?と懸念された方が「予防整備」をする訳で、無駄使いとは言われない「安心への投資」です。
幸いな事にセルボなら「車重が軽い」ので、一人でも押せますね。

私はタイミングベルトとウォーターポンプの交換を勧めますけど・・・
部品交換やオイル交換はディーラーのいいなり>別に悪い事ではないでしょう?
走行距離からすると70,000kmなのでまだまだよさそうですが>都合のいい解釈と言わせてもらいます。メーカーは「10年間か10万kmはなんとか持ちますよ」というのが、正しい解釈です。
ゴムのように経年劣化での>いや、タイベルはゴム製です。コグ(歯)の部分なんて「形成」で作られているので「芯」などというモノはありません。帯の部分にはスティールの...続きを読む

Qスバル車の耐久性ってどうなんですか?

自動車でもメーカーや車種によって耐久性の違いってあると思います。

例えば、あのメーカーはミッションが弱いとか、あのメーカーは電装品がすぐ壊れるとか、あの車種はあそこの箇所がよく壊れる、とかです。

それで言うと、スバル車ってどうなんでしょうか?
やっぱり販売台数からみても小さい会社なので、作りこみや部品の精度なんかにコストはかけていないのか?
それとも車作りにこだわりがあると評価も高いブランドだけに、そのあたりも他社より優れているのか?

自分はMTのレガシィB4ターボの中古の購入を検討しています。
15年・15万キロは重大な故障がないかぎり乗り続けたいのですが、実際
スバル車の耐久性ってどうなんでしょうか?


特に気になる点は
・エンジンのオイル漏れ
・MTミッションの耐久性
・ターボの耐久性
・エアコンや各所操作系、電装系のトラブルのおこりやすさ
などです。

水平対向エンジンはオイルがにじんできやすいのが弱点と聞いたことがあります。
15年・15万キロをシリンダーガスケットの交換などの大掛かりな整備無しで乗り切ることは可能でしょうか?


この他にも、レガシィ以外や、上記の特に気になる点以外でもいいのでスバル車全般の「各箇所の耐久性」について詳しい方や経験のある方がおられましたら教えていただけませんか?

よろしくお願いします。m( . . )m

自動車でもメーカーや車種によって耐久性の違いってあると思います。

例えば、あのメーカーはミッションが弱いとか、あのメーカーは電装品がすぐ壊れるとか、あの車種はあそこの箇所がよく壊れる、とかです。

それで言うと、スバル車ってどうなんでしょうか?
やっぱり販売台数からみても小さい会社なので、作りこみや部品の精度なんかにコストはかけていないのか?
それとも車作りにこだわりがあると評価も高いブランドだけに、そのあたりも他社より優れているのか?

自分はMTのレガシィB4ターボの...続きを読む

Aベストアンサー

乱暴な使い方おせず
規則正しいメンテナンスをすれば 持ちます。15万kmは楽勝ですね
相性の良いオイル 高級でなくてもよいのですが 5千kmを越えぬように交換していけば良いと思います。
自分は車検の度に クーラント、ミッション、デフオイル、ブレーキオイルを交換してます 車検と一緒にやれば安く済みます。
 パワステオイルは車検2回に1回の割合で交換
自分は BG5 GT-Bを 9年9万km ノントラブルでした。

オイル漏れ、にじみは どんなエンジンでも7~8万kmまでに起きるものです N社 SRエンジンオイル漏れで有名です。
メンテナンス性の悪さを言われますが M社デアマンテの横置きV型エンジンのほうが 大変です 
水平対抗エンジンにに慣れてる ディーラー及びスバル専門チューニングショップさん曰く 問題なく出来ますよ!と当然ながら言ってくれます。
エンジン基本ブロック自体 もうかなり古く OHVからの設計変更での進化エンジンです 新型エンジン開発に予算が出せないメーカーですが その分 他社に無いほど長い期間熟成させてきたエンジンでもあります。 

余談ですが 知り合いの大工さん サンバーを32万km走行で使ってます。 国内メーカー内でも 小型車・軽共に 耐久性は高い方でしょう。

車のエンジンピーク 一番調子が良く出る所 T社は 2.7万km位当たり SUBARUは 4.5~5万km位当たりに設定してるそうです
技術者談
このことからも T社は 馴染みは早く来ますが その後下降線だといえます。 車として美味しい期間が短いといえます。
こういわれてみると なるほどと思い浮かぶ事が自分にはあります。

乱暴な使い方おせず
規則正しいメンテナンスをすれば 持ちます。15万kmは楽勝ですね
相性の良いオイル 高級でなくてもよいのですが 5千kmを越えぬように交換していけば良いと思います。
自分は車検の度に クーラント、ミッション、デフオイル、ブレーキオイルを交換してます 車検と一緒にやれば安く済みます。
 パワステオイルは車検2回に1回の割合で交換
自分は BG5 GT-Bを 9年9万km ノントラブルでした。

オイル漏れ、にじみは どんなエンジンでも7~8万kmまでに起...続きを読む

Q中古でフォレスターの購入を考えています。

24歳の男です。今中古でフォレスターの購入を考えています。ですが友達曰く、フォレスターは燃費も悪く維持費もかなりかかるので辞めとけと言われました。
そこで、今フォレスターに乗っている方、もしくは以前乗られていた方に質問です。

1.フォレスターの燃費は大体どのくらいなのでしょうか?

2.維持費(税金や車検など)はどれくらいかかるのでしょうか?

3.回答者様がフォレスターを選んだ理由やおすすめのグレード等ありましたらお願いします。

車についてはまったくの初心者なので詳しい説明があればうれしいです。お願いします。

Aベストアンサー

平成13年式フォレスターS/tb(AT)を1年落ちの中古車で購入して現在も所有しています。質問者様が何年式の購入を希望しているか判らないので参考になるかどうか判りませんが、燃費は街中6.5、高速10.5ぐらいでしょうか。
レガシィより若干悪い気がします。
維持費は普通の2000CCクラスと同等ですが、スバルは塗装が弱く中古を購入するとなるとその辺の費用も覚悟しておいた方が良いかもしれません。
私の場合、雪道を走ることが多いのでフルタイム四駆とある程度のパワーを要求したためレガシィかフォレを考えた結果、予算の都合でフォレにしました。
最近のフォレは乗ったことが無いのでわかりませんが、13年式に限ってはATの出来が悪く、加減速時のシフトショックはかなりのものがあります。
また後部席の余裕などは最近の軽四のほうが広いぐらいでしょう。
確かに、フルタイム四駆とパワーはさすがのモノですがつくづく車はバランス
だと思います。なかなか自分の車の長所はわかりにくいものですが、私ならフォレの中古はあまりお勧めできません。
質問者様がどうしてもと思うのであれば、良く試乗なさってからの方が良いと思います。

平成13年式フォレスターS/tb(AT)を1年落ちの中古車で購入して現在も所有しています。質問者様が何年式の購入を希望しているか判らないので参考になるかどうか判りませんが、燃費は街中6.5、高速10.5ぐらいでしょうか。
レガシィより若干悪い気がします。
維持費は普通の2000CCクラスと同等ですが、スバルは塗装が弱く中古を購入するとなるとその辺の費用も覚悟しておいた方が良いかもしれません。
私の場合、雪道を走ることが多いのでフルタイム四駆とある程度のパワーを要求したためレガシィかフォレを考えた...続きを読む

Qタイミングベルトの交換時期 (年数?それとも距離?)

来年の3月で10年落ちになる車ですが、総走行距離は4万キロです。

タイミングベルトの交換時期は「10万キロ前に」とよく聞くのですが、何年で交換とはあまり聞きません。

走行距離が少ない場合、10年程度ではそれほど気にしなくていいのでしょうか?

Aベストアンサー

好き勝手に想像で回答されている方も、居ますので!
タイベルとは、ゴムの「歯」がカム、クランクのプーリーを回している帯状のベルトです。ベルト自体にはワイヤーが心材で入っていますが、「歯」の部分は全くのゴムです!
10年も使えば、いくら合成ゴムといえ、経年老化してます。
硬化してしまった場合、帯から「歯」が剥がれてしまい、稼動中なら「歯」の無くなったベルトは、回る事が無く「回転が続くプーリー」に削られて、一瞬の間に引き千切られるか、バーストしたタイヤの様になる。と言うのが古くなった場合の停止する原因です。
当方に見本で置いてある「1G-GT」のベルトは、指で簡単に「歯」が取れるンです。
「見てから、判断」って、10年使ったタイベルに「大丈夫!」なんて言うメカは、誰も居ないと思いますよ、責任取らされるの嫌ですからね・・・

カムシャフト停止中に、ピストンが上下しても「バルブと干渉しない」エンジンは少ないです。バルブが曲がらなくても「一瞬でエンジン停止」は辛い場合が多いのでは?キロ数がまだまだ、とか悠長に構えていると「冷え込んだ朝」セルが勢い良く回って「始動不能」って多いんですヨ。
ボーナス出たら交換をお勧めしますけど・・・(ウォーターポンプも)

好き勝手に想像で回答されている方も、居ますので!
タイベルとは、ゴムの「歯」がカム、クランクのプーリーを回している帯状のベルトです。ベルト自体にはワイヤーが心材で入っていますが、「歯」の部分は全くのゴムです!
10年も使えば、いくら合成ゴムといえ、経年老化してます。
硬化してしまった場合、帯から「歯」が剥がれてしまい、稼動中なら「歯」の無くなったベルトは、回る事が無く「回転が続くプーリー」に削られて、一瞬の間に引き千切られるか、バーストしたタイヤの様になる。と言うのが古く...続きを読む

Qオルタネータ故障の予兆

オルタネータ故障の予兆

10万kmを越えてオルタネータが心配になってきました。

オルタが死ぬ時は「突然」と聞きますが何か予兆はあるのでしょうか?

あれば見方(電圧?異音?)を教えてください。(月1-2回の車を動かす毎にチェックする予定です)
発電不足とオーバーチャージ それそれで。
現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

またレギュレータ故障と、ブラシ磨耗以外にも結構起こる故障はあるのでしょうか?
(この2つでほとんど、と考えて良さそうでしょうか?ブラシ磨耗が故障というのかわかりませんが、「発電できなくなる」ということで、、)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限界近くまで摩耗すると、たいていの場合は、発電したり、しなかったりの状態が暫く続くので、ときおりチャージランプが点灯するような場合は、10万kmを超している車では、ブラシの寿命を疑ってもよいでしょう。
ブラシの寿命は、2000年度以降の車はだいたい20万kmはもつのではないでしょうか。
1990年代、タクシーは年間10万km超えるので、少なくとも1年間はブラシを換えずにすむようにブラシの長さは当時から長くなっています。
一般車にも応用されています。
なお、ブラシ部に水やオイルが入ると、寿命は著しく短くなります。
エンジンルームのスチームクリーナ洗浄は要注意です。


オーバーチャージの原因の一つに、車種によっては、車両側ハーネスの不具合(接触不良)の場合があります。
この場合も、電気負荷の大小によってチャージランプが点灯したり消えたりすることがありますこと、申し添えます。

チャージランプが点灯する例としては、レクチファイア不良のケースがあります。
このケースでは発電量はかなり少なくなりますが、昼間でエアコンなしの状態では走行できます。

>現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

これは正常値です。
では、それぞれ13.0V、14.0Vなら、あるいはもう少し低い場合はどうなのか、と言えばだんだん判断できなくなりますね。
アイドリング回転数の変動、エンジンをかけてから何秒後に測定したか、バッテリ充電状態・液温などで電圧は変動するので、電圧を見て予兆をつかむのは困難だと思います。

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報