ファンタビの世界観を作る二人にインタビュー!

先日TVで、某タレントが、
「ロシア料理はフランス料理の元になったもの」
と発言しておりました。
意外におもったので記憶しているのですが、
本当にそうなのでしょうか?
そのような歴史があるのでしょうか。
逆のような気がしてならないのですが。
ロシア文化はヨーロッパ文化の影響を強く受けて
育ってきたという印象があります。
料理だけは別だったとはおもえないのですが。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

発言は逆のようです。

ピョートル時代以後、ロシアの上流階級や貴族は、西欧の料理の伝統を取り入れ始め、西欧の国々を訪れた際にドイツやスウェーデン、特にフランスが多かったが、そこからコックを連れて帰り、彼らに料理を作らせていたようです。
http://www-h.yamagata-u.ac.jp/~aizawa/ryu/sato.h …
    • good
    • 0

「マキシム・ド・パリ」を引き合いに


そう言っただけだと思います
マキシムはロシア人の名前ですよね
    • good
    • 0

#1の方も書いていますが、基本的にはフランス料理が元になっています(フランス料理の料理人を多く連れ帰ったため)。


ただし、現在のコース料理に関しては(料理の出し方については)ロシアが元になっています、料理を温かい内に食べられるように、一度に出さずに順番に出したのが始まりだそうです(ロシアは寒いので)。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランス料理って??

イタリア料理といえば、パスタとかピザとか。
だけどフランス料理ってなにをもってフランス料理というのでしょうか。
どんな料理がフランス料理??なにか特徴があるのでしょうか??

Aベストアンサー

現代の宮廷フランス料理はもともとイタリアから来たものです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%96%99%E7%90%86

自分が思う、日本で一般的に言われる「フランス料理」とは
(1)素材の良し悪しをカバーできる技法を用いている(ただし最近は新鮮なものを新鮮に食べさせる技術も取り入れられている気がします)
(2)ソースが多彩(バター、生クリーム、牛乳、リキュール類を多用する)
(3)宮廷料理的なコース料理
(4)ワインとのマリアージュが考えられている
(5)ナイフとフォーク、スプーンなど西洋食器を使うことが前提
(6)値段が高い
(7)椅子やテーブルが格調高く、敷居が高い感じがする。
(8)調味料が特殊
(9)美味しい(食べなれていない時に初めて食べると想像以上の美味しさを感じる、など)
(10)付け合せなどもいちいち手が込んでる。
(11)フォーマルな感じがする

などなど。
いわゆる世間一般のイメージとして「フランス料理だなー」、と思うポイントを挙げてみました。
ひとつでも欠けるとなんとなく「フレンチ食べた」って気がしなくなりません?
南フランス地方の料理とかも美味しいけど、ややカジュアルな感じがしますよね。
もちろんわざと崩すお店もあると思いますが、そうすると固定概念からか、やはりフレンチ食べたって感じがしなくないですか?

現代の宮廷フランス料理はもともとイタリアから来たものです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%96%99%E7%90%86

自分が思う、日本で一般的に言われる「フランス料理」とは
(1)素材の良し悪しをカバーできる技法を用いている(ただし最近は新鮮なものを新鮮に食べさせる技術も取り入れられている気がします)
(2)ソースが多彩(バター、生クリーム、牛乳、リキュール類を多用する)
(3)宮廷料理的なコース料理
(4)ワインとのマリアージュが考えられている
(5)ナ...続きを読む

Qイタリア、中華料理、ロシア料理、日本料理にもフランス料理のようなコース料理の順番名はあるのですか?

私はフランス料理が好きで、よく食べに行くのですが、これからはイタリア料理、中華、ロシア料理、日本料理も勉強して、食べに行こうと思ってます。
そこで、フランス料理のコース料理には、(1)アミューズ、(2)オードブル、(3)スープ、(4)魚、(5)お口直しのシャーベット、(6)肉、(7)パン又はライス、(8)デザート、(9)コーヒーという順番名がありますが、イタリア料理、中華料理、ロシア料理、日本料理にもフランス料理のコース料理の順番名があるのでしょうか?もしあるのならば、それぞれの料理ごとに教えてもらえませんでしょうか。

Aベストアンサー

イタリア料理の場合、
アンティパスト 前菜。
プリモ・ピアット(第一の皿) ズッパ(スープ)、パスタ、リゾットなど。ピザやニョッキのことも。
セコンド・ピアット(第二の皿) メインディッシュ。肉料理か魚料理。
ヴェルドゥ・ラ 野菜料理。
フォルマッジョ チーズ。
ドルチェ デザート。
カフェ コーヒー     の順です。

中華では、地方でいろいろ差があるみたいですけど、日本での中華料理ならばということでは
前菜
スープ
主菜 魚介、肉、野菜などの料理が3,4品
麺・ごはんもの
点心
デザート
という順が一般的でしょうか。

日本料理のなかでも、会席料理ならば、
前菜
吸い物
刺身
焼き物
煮物
揚げ物
蒸し物
酢の物
ご飯・留め椀・香の物
果物

という流れになります。

ロシア料理はよくわかりません…何度か食べに行ったことはありますが、やはり前菜→スープ→主菜×2→デザート、という流れでした。

中華や日本料理は多種多様のようなので、これが絶対、というものはないかも…と思います。

イタリア料理の場合、
アンティパスト 前菜。
プリモ・ピアット(第一の皿) ズッパ(スープ)、パスタ、リゾットなど。ピザやニョッキのことも。
セコンド・ピアット(第二の皿) メインディッシュ。肉料理か魚料理。
ヴェルドゥ・ラ 野菜料理。
フォルマッジョ チーズ。
ドルチェ デザート。
カフェ コーヒー     の順です。

中華では、地方でいろいろ差があるみたいですけど、日本での中華料理ならばということでは
前菜
スープ
主菜 魚介、肉、野菜などの料理が3,4品
麺・ごは...続きを読む

Qフランス料理のイメージ

日本人として様々な国の料理を食べていますが、その中でもフランス料理は他国の料理に比べて一際高級なイメージがあります。

無論、和食・中華・イタリアン・エスニック・・・などの料理の中にも高級なものはありますし、フランス料理の中にも身近に食べているものはあります。けれどパッと料理を思い浮かべたときに高級に感じられるのはフランス料理です。

そこで思ったのですが、フランス料理=高級料理の代名詞というイメージが日本において強いのは何か理由があるのでしょうか?

Aベストアンサー

パッと料理を思い浮かべたときに…
その時思い浮かぶのはいわゆるフルコースですよね。
日本においてのフランス料理は、文明開化以降、ヨーロッパからの要人をもてなす事を目的に発達しました。
つまり日本人のためのフランス料理ではなく、本場ヨーロッパの人に食べさせる料理を、料理人は学びました。
そこに同席したのは天皇や政府の高官や、士族、華族といったセレブ達だったでしょう。
最初に普及したのはフランスの庶民が食べている料理ではなく、そもそもが高級料理であり、歴史に裏付けされた芸術性もともなって、特別な日に食べる料理と位置づけられたのは間違いありません。
その流れが綿々とと引き継がれているし、現に今でもフランス料理のフルコースは特別な日の料理。
もちろんもっと気軽なフランスの家庭料理や田舎料理の店も多数ありますが、カジュアル路線ではイタリアンの方がずっとポピュラーになってしまいましたね。
イタリアンの方が日本人の口にあうからです。
でも普段と違った特別な日には、フランス料理を食べ、紳士淑女の気分を味わいたいと思う人はこの日本に多いようです。

そしてペリー来航の時にはじめて伝えられたのはワインとパンです。
このワインの存在も無視できません。
近年の日本のワイン消費量、輸入量の増加はめざましい延びをみせています。
安くて美味しいワインを誰もが求める時代になりました。
けれど、ワインの世界最高峰はやはりフランスにあるのです。日本円にして数十万もの値がつくワインはほかの国にはありません。
そんな価値あるワインと共に食すのは、やはり高級フランス料理がふさわしいと言えるのでしょう。

余談ですが、韓国料理と言えば焼き肉を思い浮かべますが、韓国の庶民が毎日焼き肉を食べているわけもありません。
寿司、すき焼き、懐石料理を毎日食べてる日本人もいませんよね。
やはりその国の料理として外国に伝わるのはまずおもてなし料理である高級料理なのではないでしょうか。
フランス料理はその価値がことさら評価されているのだと思います。

パッと料理を思い浮かべたときに…
その時思い浮かぶのはいわゆるフルコースですよね。
日本においてのフランス料理は、文明開化以降、ヨーロッパからの要人をもてなす事を目的に発達しました。
つまり日本人のためのフランス料理ではなく、本場ヨーロッパの人に食べさせる料理を、料理人は学びました。
そこに同席したのは天皇や政府の高官や、士族、華族といったセレブ達だったでしょう。
最初に普及したのはフランスの庶民が食べている料理ではなく、そもそもが高級料理であり、歴史に裏付けされた芸術性も...続きを読む

Q日本のフランス料理と本場フランス料理の違い

日本のフランス料理と本場フランスのフランス料理はどういった違いがあるとおもいますか?

難しい質問というか漠然とした回答をしないといけない事に回答者様はなるかもしれないですが教えてください お願いします

Aベストアンサー

他の回答者さんと一部重複していますが、私の思う回答

1.量
圧倒的に量が違います。フランスでもヌーヴェルキュイジーヌならさほど多くないですが、
日本の自称フランス料理のレストランの量はそれ以下です(笑)
添えられるポテトの量や食べ放題のパンも多いですが、メインの料理もデザートもかなりの量です

2.味付け
フランスで食べる和食が何か物足りないよう、味付けが違います。
日本人に合うようにというのもありますが、本場仕様にすると重く(しつこく)
感じるのかも知れないです。あの味を再現するためにレシピ通りにすると、
日本では相当高価な原材料をふんだんに使うことになり恐ろしい料金になるからかも。

一般的に日本人に評判の悪いガス有りのミネラルウォーターが、
フランスではボトルで何種類もあるのは、一般的に気候が乾燥してるからと言われますが、
濃い目の味付けに合うようにかも知れません

3.日本のレストランに無いメニューが沢山あります
上述原材料代や日本人の味覚の問題かもしれませんが、
フランスにはあんな沢山見かけるのに日本であまり見ない料理が沢山あります。
うさぎや鴨を使った料理はさほど地域色が濃く感じないですが少なく感じます。

4.アラカルトとコース
フランスのレストランにも日本でいうコースはありますが、あれ観光客や急いでいる人向けです。
不景気や、米国風ダイエット志向でフランス人がオーダー数を減らしているという
裏事情もあるかも知れませんが、基本アラカルトで頼むのがフランス風です。
日本のフランス料理レストランは何でコース料理がメインの店が多いのか不思議です

5.チーズ
メインの肉や(+)魚の後、日本のレストランだとデザートを勧められます。
フランスだとその前にチーズを勧められます。
日本のレストランでもチーズがメニューに無くはないですが、
種類が圧倒的に違うのと、前菜扱いされていることが多い気もします。
一般に日本人はフランス人より少食なので、頼む人が少ないのでしょうか

他の回答者さんと一部重複していますが、私の思う回答

1.量
圧倒的に量が違います。フランスでもヌーヴェルキュイジーヌならさほど多くないですが、
日本の自称フランス料理のレストランの量はそれ以下です(笑)
添えられるポテトの量や食べ放題のパンも多いですが、メインの料理もデザートもかなりの量です

2.味付け
フランスで食べる和食が何か物足りないよう、味付けが違います。
日本人に合うようにというのもありますが、本場仕様にすると重く(しつこく)
感じるのかも知れないです。あの味を再現するため...続きを読む

Q「フランス料理」ってなんであんなに素敵な響きなの?

今日は君にイタリヤ料理を御馳走しましょう
今日は君に中華料理を御馳走しましょう
今日は君にインド料理を御馳走しましょう
今日は君にフランス料理を御馳走しましょう


↑みなさんだったらこの4つの内、どちらを選びますか

意見は色々分かれるでしょうけど、私は一番多いのはフランス料理だと思います
なんというか、言葉に出すだけで響きが良いんですよね、リッチというか高級なイメージが強いです

もしかしたら、古くから日本人は、フランス料理を崇拝していて
それが現代人に根強く残ってしまったのでしょうか?

なぜ日本人は「フランス料理」と聞くと、すげぇ!みたいな想像をしてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

100年くらい前のオーギュスト・エスコフィエさんという伝説的な料理人がフランス料理を体系づけ、かつ料理人というものの社会的立場を築いた功績が大きいと思います。
あくまで一地方料理にしか過ぎなかったフランス料理を、高級ブランドに仕立て上げたといっていいでしょうね。料理界のココ・シャネルみたいな人です。いやそれ以上かな。

ちなみにフランス料理というのはヨーロッパの中ではむしろ後発の存在です。フランス料理が発達したのは、あのマリー・アントワネットがルイ16世のところに嫁ぐときにオーストリアから料理人を連れて行ったことがきっかけです。そしてその当時はフランスより精練されていたオーストリアの料理に影響を与えたのがイタリア料理です。
だいたい、16世紀か17世紀頃にはイタリアでは今のイタリア料理にほとんど近いものがあったらしいですよ。あのスパゲティを始め豊富なパスタ類とその料理も16世紀頃にはほぼ出揃っていたそうです。イタリア料理が西洋料理の中心にならなかったのは、イタリア人は美味しい料理を食べることで満足していて、それにブランドイメージをつけてお高くとまろうだなんて思想がなかったからだと思いますよ。イタリア人なら「大切なことは美味しく食べることじゃないか」って言い出しそうだし。
ちなみにイタリア人の食の歴史は古く、古代ローマ帝国のときはものすげーグルメ料理が出揃っていました。古代ローマ人も美食家だったようです。

日本におけるフランス料理のブランドイメージは、「天皇の料理番」としてその名を遺した秋山徳蔵さんの功績が大きいでしょうね。ちなみに秋山さんはあのエスコフィエの元で働いていた時期もあったそうですよ。
明治維新で「脱亜入欧。日本的なものはダサくて二流国。一流国になるためには料理も西欧に学ぼう」となって天皇の食事も西洋料理になったんですよね。その基礎を築いたのが秋山さんです。
その秋山さんを紹介したテレビ番組で初めて知ったのですが、なんと昭和天皇は戦後に秋山さんが作るまで、お寿司や天ぷらを食べたことがなかったそうですよ。ずっとフランス料理だったものでね。そのために秋山さんは和食の調理人の元に寿司や天ぷらを学びに行ったんだとか。揚げたての天ぷらを食べた昭和天皇が「天ぷらは、熱いね」という言葉を遺したのは有名です。

100年くらい前のオーギュスト・エスコフィエさんという伝説的な料理人がフランス料理を体系づけ、かつ料理人というものの社会的立場を築いた功績が大きいと思います。
あくまで一地方料理にしか過ぎなかったフランス料理を、高級ブランドに仕立て上げたといっていいでしょうね。料理界のココ・シャネルみたいな人です。いやそれ以上かな。

ちなみにフランス料理というのはヨーロッパの中ではむしろ後発の存在です。フランス料理が発達したのは、あのマリー・アントワネットがルイ16世のところに嫁ぐときにオース...続きを読む

Qフランス料理店で働いています。勉強不足なんですが、フランス語でメニューを書ときの文法などが今ひとつ分

フランス料理店で働いています。勉強不足なんですが、フランス語でメニューを書ときの文法などが今ひとつ分からず苦労しています、どおしたらいいのでしょう?

Aベストアンサー

こんばんは。ボクは、パティシィエなので専門が違いますが
知っている範囲でお答えします。

料理名のフランス語は、ある一定のパターンがあるように感じられます。

例えばサラッド・ニソワーズみたいに ○○の何々風。
この場合だとニースの語尾が変化するのでニソワーズ(ニース風)

後 ○○のソース添え

avec sauce ○○みたいな表記になると思います。

後、調理名をそのまま名前にするパターン。
サーモンのムニエルみたいな。

このように料理名には、一定のパターンがあるので色々な料理本を眺められて
その名前を呼んでいると 自然と身につくように感じられます。
少しでも多くの料理名を眺めてみるのが近道かもしれません。

後 かなり昔ですが伊勢志摩観光ホテルの高橋料理長が「詩的な名前」を料理につけて話題になりました。
伊勢エビの料理に「抱きつ抱かれつつ天上へ」みたいな。
そんなイメージを先行させたネーミングの方法もあると思います。

こんな所ですがもしご参考になったなら幸せです。
ジルより

Q石川県金沢市ってどんなところ??

金沢市に住んでいる方、
もしくは住んでいた方に質問です。
石川県の金沢市ってどんなところですか?

父親の転勤で、千葉県から引っ越す事になったのですが
金沢市は住みやすい場所ですか?
また、学校や通勤などの時に雪が
たくさん積もっている場合どういう風に
通勤、通学していますか?

あと、大きなショッピングセンターや
デパートなどもありますか?

質問が多くてすみません。
みなさん協力お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
私がおどろいたことは
冬期だけ朝高校の通学用のスクールバスがでていたことです。
観光地としては京都とはくらべものにならないくらい少ないです。
武家屋敷街もほんの一角だけでがっかりします。
冬季はもっとどんよりしているのかなと思っていましたが それほどではありませんでした。雪はその年によって量はちがいます。一軒家だと雪かきがひつようです。おおきい道は融雪装置があります。だからバスはよほどの雪いがいはふつうにはしっています。雨戸がない家が多く布団を干す人はあまりいません。除湿機があると便利です。
夏は暑いです。都会からくると遊べる施設はすくないとかんじます。
でも砂浜や海の水はきれいですし 白山のほうは自然も豊かで村営の温泉もたくさんあります。食品のバラエティは少ないですが魚は安くレンコンはねばりがありおいしいです。小学校は制服です。私は転勤ですまっているあいだ
こじんまりとした街なので自転車であちこちみてまわりました。

Qフランス料理 魚料理 雑学

フランス料理の雑学を教えてください。
できれば魚料理についてなんかだとうれしいです。

Aベストアンサー

こちらのサイトはどうでしょう?
http://www.felicimme.net/recipe/index.html
「基本のテクニック」「高度なテクニック」あたりに雑学的なテクニックが紹介されています。

http://lepain.main.jp/
「シェフのためのkitchen study」「料理のお役立ちkitchen study」あたりが面白いかと思います。

Qフランス料理レストランで働いている人 フランス料理に詳しい人

最近から バイトでフランス料理屋(ウエイター)として働いているのですが フランス料理について知識がまったくありません。 そこで 良いフランス料理の参考書(レシピではなく)などの本があったら 教えてください。
特に、食べ物や調理の仕方などのフランス語での読み方と意味(辞典)みたいなものを探しています。 
 あと、ウエイターとしての注意することなども教えてください。
 みなさん よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。フランス料理の学校に通っていたものです。
お役に立ちそうな本を幾つかリストアップしました。
(入門編ということで、あまり専門的でないものを選んでみました)

【辞典・調理用語関連】
・フランス料理用語辞典/日仏料理教会(編)/白水社
・スグに役立つ料理のフランス語/緑川 広親 /柴田書店

【参考書・フランス料理の一般知識】
・フランス料理の手帖 /辻 静雄 / 新潮文庫
・渡辺誠のフランス料理のおいしい常識/渡辺 誠/平凡社コロナ・ブックス

以上のものに目を通されれば、かなりの知識が得られること思います。
他にも辻静雄さんの著作はきちんと書かれていて、お薦めです。

もっと深くフランス料理について知りたいと思われるなら
・美味礼賛/ブリア サヴァラン/岩波文庫
は外せないと思います。古典ですが、フランス料理のバイブルとも言えます。

「ウエイターとしての注意すること」ですが、テクニックやスキルに関しては
店の先輩から教えていただくことでしょう。
そして「愉しく食事をしてもらう」ことを常に念頭に置きサービスすれば
お客様も気持ち良く充実した時間が過ごせると思いますよ。
自分が何をお客様にサーブしているかきちんと説明できることも大切です。
(お客様に料理の説明をするのも給仕の方の大切な役目の一つです)

okitakaさんのように勉強熱心な方は貴重ですね。
どうぞ、お仕事頑張って下さい!

こんばんは。フランス料理の学校に通っていたものです。
お役に立ちそうな本を幾つかリストアップしました。
(入門編ということで、あまり専門的でないものを選んでみました)

【辞典・調理用語関連】
・フランス料理用語辞典/日仏料理教会(編)/白水社
・スグに役立つ料理のフランス語/緑川 広親 /柴田書店

【参考書・フランス料理の一般知識】
・フランス料理の手帖 /辻 静雄 / 新潮文庫
・渡辺誠のフランス料理のおいしい常識/渡辺 誠/平凡社コロナ・ブックス

以上のものに目を通されれば、か...続きを読む

Qイタリア料理とフランス料理

イタリア料理とフランス料理の違いは何ですか?

Aベストアンサー

イタリア料理は魚介類をよく使い、オリーブオイル、トマト、パスタ、ピッツァも定番である。

フランス料理はバターを用いた濃厚なソースに特徴があり素材の味というよりは、旨いソースで頂くものである。

以上、素人の思うそれぞれの違いでした。

ちなみに私はフランス料理のほうが好きっw!!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報