【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

36歳の主婦です。
新生血管黄斑変性症で右目がほとんど見えなくなっています。
(真ん中部分が見えないため、視力検査では0.1以下です)

現在、大学病院に通っていますが、今よりまだひどくなる可能性があるので、
進行を止めるための治療として、ステロイド剤を直接目に注射する方法を挙げられたのですが、
ちょっと怖かったので少し考えて答えさせてもらうことにしました。

今はこれ以上ひどくなるのはできるだけ避けたいので、
その治療をしていこうと思っています。

次の診察の時には詳しく説明して頂けると思うのですが、
やはりまだ少し不安があるので、具体的にどんな方法なのか、
知っている方がいましたらぜひ教えて下さい。

知りたいことですが・・・
 1.痛みはありますか?
 2.どんなふうに注射するんですか?
 3.副作用はありますか?
 4.治療が終わってからすぐに仕事に行けますか?
  (夕方から事務系のパートをしているので、治療後すぐに仕事ができるのか知りたいです。)

他にも何か知っていることがあれば、何でもいいので(この病気のことなど)教えて下さい。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

お返事いただけないようですが、一応もう少し光線力学(PDT)で関西では専門的に今までやってきている京大と阪大眼科の医局での状態を調べてまいりました。


まず第一に若年性の脈絡膜新生血管にはPDTは適応にならないうえに、やはり前述の通り、ほとんど効果がないようです。経瞳孔温熱は京大ではもうまったく行っていないとのことです。(京都大学の吉村教授はPDTの大家です)
最近の動向としては、ポリープ状脈絡膜血管症(PCV)以外にはアバスチンをほぼ全例で行っているとのことです。副作用も出現しておらず、浮腫も引き、値段も安く、経過も一番良いとのことです。
阪大の教授と話したところ、阪大ではもうすでに光線力学はやめたらしいです(もともとあまり積極的ではなかった)。理由は、治療が大掛かりで値段が高い上にたいして効果がないからとのこと、、。今ではほぼ全例アバスチンを行っているようです。
#2とのいさかいじみたやり取りのため、コメントを返しづらいようですが、#2は網膜・硝子体はずぶの素人です。ほかの質問回答でもいい加減な知識を振りかざしてよく妨害めいたことをされており、当方は非常に迷惑しております。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

投稿したものの、パソコンが故障してしまい
お返事、お礼が大変遅れて本当に申し訳ありません。
関西では、阪大が進んでいるというのはいろいろ調べてみて
わかってはいたのですが、通院するには少し遠すぎたために、現在は関西医大に通っています。
光線力学かステロイド注射という選択肢でしたが、光線力学は保険対象が50才以上なので、私の場合は約70万円かかるということなので、主治医も言ってみただけのようでした^^;
何もしないよりは・・・と、とりあえずステロイド注射をしましたが、今のところ副作用の緑内障の兆候はでていないので、ホッとしていますが、あまり効果の程は期待できないようですね・・・。
現在の視力は0.04で、主治医の話では、まだ活動性が高いようです。(もう十分悪いので、あまり変わらないようにも思いますが・・・。)
ステロイドの効果が約3ヶ月とのことでしたので、その間は様子をみてまだひどくなるようでしたら、アバスチンという治療法について、主治医に聞いてみようと思います。
何度も詳しく回答して頂いて、本当にありがとうございます。
本当に、お返事が遅れてすみませんでした。
とても参考になりましたし、親切に回答して頂いて感謝しています。

お礼日時:2007/03/21 22:19

さらに補足


PDTの対象疾患は中心窩に脈絡膜新生血管を伴う「滲出型」の加齢黄斑変性症のみです。加齢黄斑変性以外の病態に基づく脈絡膜新生血管や、萎縮型加齢黄斑変性症例は適応となりません。
よく知らないのは#2です。
    • good
    • 0

補足


PDTの値段は15万円ほどかかります。
恐らく現在の主治医も眼底状態からしてPDTでも症状改善が難しいと判断しておられるのだとおもいます。
高額な治療費に見合うだけの効果が少ないので注射を選択されているのでしょう。
私も以前大学や市内の大病院にいてましたが、大学病院や大病院の先生はコストがどれほど患者にかかってつらいかをわかっていない先生が多いですね。
    • good
    • 0

私はPDTを完全否定はしてませんよ。

ただ実際、抗VEGF抗体の治療はもうアメリカではPDTに取って代わろうとしてきています。副作用の面もほとんど報告がありません。
私はPDTや温熱(こっちはいまいちのようですね)は良く知っていますし、明らかな適応疾患やactivityの高いものはしたらいいと思います。私もこれは急ぐ、もしくは効果があると思われるものは紹介してしてもらってます。私は網膜硝子体専門なんで#2に心配されなくてもちゃんとわかっています。
残念ながら本当にPDTはアメリカとかでは下火になってきてるんですよ。これは複数の大学教授も言っておられましたし、ただの私見ではありません。アメリカの眼科学会でコントネタにされるくらいです。それに若年性の新生血管の場合は大抵瘢痕化して落ち着いてくることが多いので、あわててPDTとかすることがないという意味も含めてのアドバイスです。(お金が高い割りに効果が読めないし、劇的に効くものは少ない。さらにこの方は仕事が忙しいようなのでPDTのように入院が必要なものは困難ですしね。)私がちょっと舌足らずのため#2が誤解されたようですね。
関西ではかなりアバスチンは行ってる施設が増えてきております。
成績も良いようです。
まぁ、すでに大学病院に行かれているようなので、その辺の話もちゃんと聞けると思います。
補足
1、注射は麻酔をするのでそれほど痛くありません。麻酔は少し痛いかもしれませんが、チクッとするぐらいです。
2、黒目の少し横からまっすぐ注射します。
3、術後に眼圧が上がったり、感染を起こすことがあります。
4、片目に眼帯は必要ですが仕事はできます。
    • good
    • 0

お答えしました#2ですが、


#3の方がお答えしています、抗VEGF抗体(商品名:アバスチン)の硝子体注射は、
私も知っていますが、副作用の面が解消していません。
経瞳孔温熱療法や光線力学療法を余りご存じなく、一方的に否定するのは如何なものでしょう。
それにアメリカでも盛んに行なわれています。
    • good
    • 0

大阪府の眼科医です。


#2のいわれるとおり、ステロイドの注射はあまり効果が得られないようです。ただ、温熱も光線力学療法も最近まではかなり良いとされていましたが、残念ながらアメリカではもう行われなくなってきています。(最初あれだけ宣伝しておいて、いまは笑い話にするくらいのだめだしぶりです。まったくひどい話です。)
現在治験はまだ通ってはいませんが、抗VEGF抗体(商品名:アバスチン)の硝子体注射が効果が光線力学を上回る唯一の治療法のようです。
この治療法はそれこそ限られた施設でしかまだ行われていません。
関西なら阪大病院などで行われています。
あと2年ほどすればアバスチン以外の抗VEGF抗体の治験の通ったものが商品化(名前はど忘れしました。すいません)がされ、通常の大学病院などでも採用されるようになると思いますので、それまでにこの治療をご希望の場合は大学などで相談されたら相談に乗ってくれると思います。わからない場合、居住地域を教えて頂けたらまた私から教授に聞いておきます。

年齢からいって若年性の脈絡膜新生血管だとは思うのですが、現在病気は活動性が高いといわれていますか?activityがそれほど高くないのならあわてて注射することもないと思うのですが、いかがでしょう?
    • good
    • 0

大学病院の眼科医です。


実は、黄班変性症が治療効果の得られない症例の一つです。
確かにステロイド剤を直接注射することも試みましたが、治療効果も余り上がっていないので、
当病院では、経瞳孔温熱療法や光線力学療法などといった新しい治療法を試みています、
一度セカンドオピニオンといった意味で治療の選択肢の一つに入れてお考えください。
この治療法は残念ながら大学病院の数施設でしか行なわれていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パソコンが故障してしまい、お礼が遅れて
本当に申し訳ありませんでした。
黄斑変性症には特効薬がないと主治医にも言われましたが、
何もしないよりは・・・と、ステロイド注射をしてみました。
副作用で緑内障になるかもと言われましたが、今のところ大丈夫です。
光線力学の説明はあったのですが、私は保険対象外(保険適用が50歳以上)のため約70万円の費用がかかるそうです・・・。
実は、総合病院で半年程治療していたのですが、どんどん視力が落ちてしまい(もちろん病院や主治医の責任ではないのですが)どんどん不安になってしまい今の病院に変わりました。 まだ、2ヶ月ほどなので、もう少し様子をみてみようと思います。
いろいろと回答頂きありがとうございます。
大変、参考になりました。

お礼日時:2007/03/21 22:53

参考になるかどうか分かりませんが。


私自身、約10年前に緑内障の気があり、
失明の可能性があると診断を受けました。
家族に相談したところサプリを買ってきました。
はじめは気休め程度しか考えていなかったのですが、
毎日こまめに飲み続けました。
その後、診察を受けに行くと細かった視神経が、
健康な状態にまで回復してくれました。
まだ、失明の可能性がないわけではないので、
今もサプリを使っております。
少しでもご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
パソコンが故障してしまったため、
お礼が大変遅れて申し訳ありませんでした。
サプリメントの購入、考えてみます。

お礼日時:2007/03/21 21:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q加齢黄斑変性症の治療薬について

身内(女性)が加齢黄斑変性症と診断され、ルセンティスの投薬(注射)治療を受けてきましたが、現状維持が精いっぱいなので、アイリーアという新薬が良いということで、右目だけアイリーアを注射したところ視力が落ちてしまいました。お医者さん曰く確立の低い悪い結果になったが、目は左右違うので左目にもアイリーアを投与するように勧めてくるのですが、片目で失敗してるのに盛んに進める(同意書へのサインをその場でほしがる)医者が信用できません、実験されてるように思えてしまいます。同じ薬でも左右でまったく違う結果は出るのでしょうか?現状のルセンティスでの治療を続けたほうがよいでしょうか?

Aベストアンサー

 アイリーアでの治療はしていませんが、私も加齢黄斑変性の治療中なので書込みます。

 私は右眼が加齢黄斑変性(AMD)になりルセンティスを2回注射しました。
検索しても治った旨の記述はなく、私もAMDは現状維持が精いっぱいと考えていました。
しかし、私は注射で、視野欠損、ゆがみが消え今は正常に見えています。
AMDは現状維持が精いっぱいではなく、私の様に治る人もいるのです。諦めないでください。

 まだ、網膜断層検査(写真)では脈絡膜新生血管(CNV)は完全に消えていませんので、治療は続けます。3割負担の医療費では大変ですが。

私も ninoueさん が、引用された医師向けの製品(ルセンティスの)情報の通り、
「片眼での安全性を十分に評価した上で側眼の治療を行うこと。」だと思います。
片眼での安全性が確認できない状態で同じ製品を別の眼に投与するのはルセンティスでもアイリーアでも危険だと思います。(ちょっと医者のスキルが心配)

後悔しない為、別の医師とも良く相談され、納得の行く治療を選択した方が良いと思います。

私は、今回の症状で、3つ病院に行きましたよ。

 アイリーアでの治療はしていませんが、私も加齢黄斑変性の治療中なので書込みます。

 私は右眼が加齢黄斑変性(AMD)になりルセンティスを2回注射しました。
検索しても治った旨の記述はなく、私もAMDは現状維持が精いっぱいと考えていました。
しかし、私は注射で、視野欠損、ゆがみが消え今は正常に見えています。
AMDは現状維持が精いっぱいではなく、私の様に治る人もいるのです。諦めないでください。

 まだ、網膜断層検査(写真)では脈絡膜新生血管(CNV)は完全に消えていませんので、治療は...続きを読む

Q眼球に注射する場合とは?

眼球に注射する場合とは?

数日前より、左目が痛くて充血しており、今日眼科に行きました。
眼科で見てもらったところ、角膜にばい菌が入って、軽く炎症を起こしているとのことで、しばらくコンタクトの装用はやめとくように言われ、病院ではばい菌を殺す目薬をしてもらい、ドライアイ用の目薬と、ばい菌を殺す目薬、そして、ばい菌を殺すのと炎症を抑える効果のある眼軟膏をもらい、多分しばらく通院になると思いますが、「眼球に注射するのでは」という心配があります。

今まで、一回流行り目になったことがありましたが、そのときも目薬の治療で、注射にはならなかった(といいますか、眼科の注射というイメージがなかっただけだと思います)ですが、一度、コンタクトの定期健診にいったときに、前の患者さんが何の病気だったかは知りませんが、眼球に注射されていて、痛そうで怖い印象がありました。

そこで、お聞きしたいのですが、
1:眼球に注射されたことはありますか?(ある場合は、どんな状況でされましたか?)
2:私のような症例の場合は、注射される可能性はありますか?

ちなみに、まぶたや眼球にぶつぶつが出来ているだとか、腫れているということはありません。

眼球に注射する場合とは?

数日前より、左目が痛くて充血しており、今日眼科に行きました。
眼科で見てもらったところ、角膜にばい菌が入って、軽く炎症を起こしているとのことで、しばらくコンタクトの装用はやめとくように言われ、病院ではばい菌を殺す目薬をしてもらい、ドライアイ用の目薬と、ばい菌を殺す目薬、そして、ばい菌を殺すのと炎症を抑える効果のある眼軟膏をもらい、多分しばらく通院になると思いますが、「眼球に注射するのでは」という心配があります。

今まで、一回流行り目になったことがあ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは私は眼球に注射した事ありますよ。
眼球に注射するときはまず痛み止めの目薬をするので全然痛くないですよ。
2番の質問には医者じゃ無いので解りません。

Qもうすぐ失明します

40代の主婦です。夫と小学生の子供2人の4人家族。
既に95%の視野を失っています。
家族円満ですし、視力を失っても死ぬわけではないのだから、特別不幸だと悲観しているわけではないです。
でも、失明まで多分残り少ない時間で、今のうちに何をしておこうかと考え迷っています。結局は自分自身の問題で、誰かに決めてもらうことではないのですが・・・
皆さんだったら、どうしますか??参考までに、教えていただけたら有難いです。

Aベストアンサー

叔母が45歳のときに病気で失明しました。

視力がある間に、従兄弟がまだ小さかった頃に行った旅行先に
もう一度行ったりしていました。

それから、旅行先でも、日常生活でも、
よくビデオを回していたそうです。
撮っている状況を覚えていれば、音を聞くだけでも、
そのときのことを思い出すことができるからだそうです。
写真だとそうはいかないので・・・

従兄弟が言うには、失明するとわかってから「よく頭や手を触られるようになった」だそうです。
失明してからの叔母は、見えない分、
手先で子供の成長などを見ているようです。
私も遊びに行くと手を取って「三十路になってからお肌が乾燥してきてるんじゃない?(笑)」なんて言われます(苦笑)
成長を見るためにも、今からお子さんとたくさん触れ合っておくといいと思います。

あとは、携帯の短縮ダイヤルの整理や、
「食器棚はコンロから振返って右手。お皿は左側から大きい順」
「クローゼットの中は右からコート、上着、シャツ、スカート、パンツ」
・・・という感じで、自分にわかりやすいように並べ替えていました。
細かいところですと、冷蔵庫の中身もそうです。
ポケットの手前から、水、お茶、野菜ジュースなど。
(もちろん、従兄弟たちも家事には協力しています)

元々オシャレな叔母らしいなと思ったことは、
スカートやカットソーなど、色味がわかるように、
タグなどに糸で「赤系=R」「青系=B」という感じで、
目印を縫い付けていました。
(けっこうたくさんあったので、私も手伝いに行きました)
これなら人の手を借りなくても、自分で判断できるんだそうです。
ちなみに、黒い服は一番多かったので、無印だそうです。
視力がなくなってから購入したものは従兄弟が縫っていました。

自分というよりも家族のためという意味では、
どこに何があるという一覧を作っていました。
たとえば・・・
夏物:2階左の部屋・押入れ上段(衣替えのときはここから入れ替える)
扇風機:階段下納戸右側。
・・・という感じで、家族が探しやすくするためです。

あとは・・・いろんなところにラジオを置いていました。
リビング、キッチン、自分の部屋、和室・・・
同じニュースであっても、テレビよりラジオの方が映像に頼る伝え方はしないので、
よく聞いているそうです。
(家の中で持ち歩くと、ふと置いた場合、見つからなくなってしまうので、
 使いそうな場所にはすべて置いています)


「家族や誰かに迷惑をかけるのを気にしてるというよりも、
 事前にこうしておいた方が私がラクチンだから準備してるの」と、
叔母は笑って言っていました。

長々と失礼しました。
最初はとまどうこともたくさんあるかと思いますが、
無理しないようにがんばってください。

叔母が45歳のときに病気で失明しました。

視力がある間に、従兄弟がまだ小さかった頃に行った旅行先に
もう一度行ったりしていました。

それから、旅行先でも、日常生活でも、
よくビデオを回していたそうです。
撮っている状況を覚えていれば、音を聞くだけでも、
そのときのことを思い出すことができるからだそうです。
写真だとそうはいかないので・・・

従兄弟が言うには、失明するとわかってから「よく頭や手を触られるようになった」だそうです。
失明してからの叔母は、見えない分、
手...続きを読む

Q目薬で瞳孔開く検査後、どれくらいで元に戻りますか?

お世話になります。

今日ひぶんしょうの検査をするために
目薬で瞳孔を開いて検査しました。
問題はありませんでした。

病院では3,4時間くらいは目が瞳孔ひらきっぱなし
になるときいてたのですが12時間たった今も
ほぼ戻ってはいますが右眼より目薬した左眼のほうが
ふた周りくらい大きいです。

このまま元に戻らないとかあるんでしょうか?
朝まで心配です。

Aベストアンサー

過去何回も瞳孔を開く検査を受けていますが、3~4時間は瞳孔がMax全開でピントが合いづらく、それ以降は徐々に瞳孔が縮まって行き、同時にピントも合うようになってきますね。
12時間経っても多少瞳孔が大きいそうですが、私も同じような感じです。
戻らないことはありませんので大丈夫です。
完全に大きさが戻るのは翌朝ですね。

ところで、ひぶんしょうの検査は片目しかしなかったのですか?
どっちかといえば、そっちのほうが気になりました。

Q線がまっすぐ見えない件について。

線がまっすぐ見えない件について。

強度近視です。

線が歪むように見える気がする、線が綺麗な水平な直線に見えない(右上がりに見える)感じがします。
画像でもそうなのですが、スコア表示の横の縦の線が左に傾いて見えます。垂直な線に見えないです。だいたいこういう感じに見えることが多いです。

また右上がりの線に見える件についても、左目だけで線を見ると右上がりに見えますが、右目だけで線を見ると線は左上がりに見えることはあまりないです。左右の目のバランスが悪いのでしょうか。

PCやゲームなどの液晶画面の線は基本的にまっすぐなので、ちょっと気になったら何回も本当にまっすぐ見えるのかなと線を凝視したりしてきました。この行為自体が目に悪いですよね。
特に濃い黒い縦線や、白い線なんかはまっすぐ見えにくいです。

これまで何度も眼底検査してきましたが結果は異常なしで、2、3人の医師からは近視が強いからそう見えているという話も医師から聞きました。

網膜の病気ではないことではないということでほっとしていて、病的なものではないので(近視自体が病的なものという話は置いといて)、眼底検査さえしていればもう完全放置でいいんでしょうが、やはり見え方が今でも少し気になります。
かなり気になっていたことなのでなかなかそういう考え方から脱却できません。

質問ですが、

近視が強いから歪んで見える可能性があるとはどういうメカニズムによるものなのでしょうか。近視の人ならそういう可能性が皆あるということでしょうか。

これは黄斑変性などの網膜の病気とは別の症状で、変な見え方をしても眼底検査異常なしなら放置してもいいのでしょうか。

長文ですがよろしくお願いします。

線がまっすぐ見えない件について。

強度近視です。

線が歪むように見える気がする、線が綺麗な水平な直線に見えない(右上がりに見える)感じがします。
画像でもそうなのですが、スコア表示の横の縦の線が左に傾いて見えます。垂直な線に見えないです。だいたいこういう感じに見えることが多いです。

また右上がりの線に見える件についても、左目だけで線を見ると右上がりに見えますが、右目だけで線を見ると線は左上がりに見えることはあまりないです。左右の目のバランスが悪いのでしょうか。

PCやゲームな...続きを読む

Aベストアンサー

#2です

疲れると乱視の軸度がぶれるのではないでしょうか?
後は意識しすぎるとピントの関係でそう見える可能性もあります

Q眼底出血があったのですが。

半年くらい前に右目がよく見えなくなり、
眼科にいったところ、眼底出血だと言われました。
が、たいした治療をされたわけでもなく
眼圧を下げるという飲み薬を処方され、
しばらくたったら、出血がひき、眼はもとどおり
見えるようになりました。

しかし、結局、眼底出血の原因は、医者にきいても
「よく分からない」
と言われてなぜ眼底出血がおこったのかは分からないままです。

原因が分からないため、また起こるのではないかと不安ですが
一方で医者が勧める「造影剤を入れて写真をとる検査」
というのは、気がすすみません。
なぜかというと、造影剤の検査は、ネットで調べた結果
「医療事故」があったとのことなのです。

医者に聞けば、「造影剤」の検査をしなさいと言われるのは
分かりきっているのてすが。

症状がないなら、ほっておいてもいいですか?
それともやはり造影剤の検査をうけるべきでしょうか。
造影剤によるリスクというのはどの程度のものでしょうか。
よいアドバイスがありましたらお願いします。

ちなみに健康診断をうけたばかりですが
高血圧や糖尿病はありません。

半年くらい前に右目がよく見えなくなり、
眼科にいったところ、眼底出血だと言われました。
が、たいした治療をされたわけでもなく
眼圧を下げるという飲み薬を処方され、
しばらくたったら、出血がひき、眼はもとどおり
見えるようになりました。

しかし、結局、眼底出血の原因は、医者にきいても
「よく分からない」
と言われてなぜ眼底出血がおこったのかは分からないままです。

原因が分からないため、また起こるのではないかと不安ですが
一方で医者が勧める「造影剤を入れて写真をとる検査」
...続きを読む

Aベストアンサー

眼科医です。
原因不明の眼底出血というのは時々見られますが、基礎疾患があることが多いです。
この場合は、また繰り返すことがままありえます。

原因の検索と次の出血の予防のために、蛍光色素を静脈に注射しながら眼底写真を連続して撮影する『蛍光眼底造影検査』は、一般に良く行われている検査です。

確かにショック死の重大な副作用の報告はありますが、大変稀です。
以前10万件に一人くらいと言われてましたが、腎臓機能障害や特殊なアレルギー体質の方が報告されていますので、実施前には腎機能を調べたり、アレルギーテストをしていますので、最近はまず報告を聞きません。

私も眼科医になってもう20年経ちますが、その間もう何百人の患者さんにこの検査をしたか数えられないほどです。
たまに空腹時や、逆に食事した直後に検査に来られた為に、検査中に気分が悪くなり吐いてしまった患者さんを経験してますが、意識をなくすようなショックを起こした人は皆無です。

また検査後は、しばらく注射した蛍光色素が尿中に排泄する為に、尿の色が赤ッぽく見えたり、顔色が黄色ぽく見えたりすることは誰にでもありますが一過性で心配ありません。

では、これで何が判るかというと、私たち医師が見ることの出来る網膜の下にある、医師からは見ることの出来ない”脈絡膜”という網膜を栄養している大切な組織の血液の流れがわかるのです。
まだ網膜に現れていない病気や今後起こりうるだろう出血の予想、さらには必要に応じてレーザー光線で治療する光凝固術には欠かせない検査です。

でも現在特に視力に不自由していらっしゃらないのなら、今無理に受ける必要はないでしょう。
もし万一再び眼底出血を起こした時は、ぜひ心配せずに受けてくださいね。

眼科医です。
原因不明の眼底出血というのは時々見られますが、基礎疾患があることが多いです。
この場合は、また繰り返すことがままありえます。

原因の検索と次の出血の予防のために、蛍光色素を静脈に注射しながら眼底写真を連続して撮影する『蛍光眼底造影検査』は、一般に良く行われている検査です。

確かにショック死の重大な副作用の報告はありますが、大変稀です。
以前10万件に一人くらいと言われてましたが、腎臓機能障害や特殊なアレルギー体質の方が報告されていますので、実施前には腎機...続きを読む

Q近視性の黄斑変性

強度近視の者です。
まだ若いのですが、近視性の黄斑変性を心配しています。

50代以降に起こる加齢による黄斑変性と、若い人にも起こる近視による黄斑変性は年齢以外にはどう違うのでしょうか?
調べてみてもあまり近視の方はなかなか見付からず、どう違うのかよくわかりません。

自覚症状や病気の状態の違い、治療の違い、予後の違いなどあれば知りたいです。

最後に、強度近視だからといって過剰な心配はしなくて良いのでしょうか?
本当に悩んでいます。

Aベストアンサー

大学病院の眼科医です。

強度近視と黄班変性症は因果関係はありません。
心配の必要は全くいりません。

Q24歳女性、黄斑変性のようです。

24歳女性、黄斑変性のようです。

もともと網膜が薄く、剥離の検診を受けていました。
最終の眼底検査は12月、そのときは何も言われていません。3月中旬に中心暗点を自覚、明日蛍光眼底検査を受けますが、おそらく黄斑変性だろうといわれています。黄斑変性だとしても、話の様子からすると経過観察になりそうな雰囲気です。
そこで質問です。

1)12月の眼底検査で見つからなかったものが、3月にこうして突然現れたことに不安を感じています。急激に現れたのだとしたら、今後短期間でもっと悪くなることはあるのでしょうか?

2)現在の医師はとりあえず今は右目は大丈夫だろうといっていますが、眼って結構片方出たらもう片方症状が出たりすることがあるみたいなので、不安です。どうなのでしょうか?

3)今の先生は、若年で黄斑変性を見たのが初めてのようなので、紹介状を書いてもらい、専門の医師に見てもらいたいと思っています。東京近郊でどなたか、専門にやっていらっしゃる方がいたら、教えてください。また、現在行われている治療も、ご存知の方、教えていただけるとうれしいです。出来る限りのことはしたいと思っています。

特に3番について、紹介いただければと思います。よろしくお願いします。

24歳女性、黄斑変性のようです。

もともと網膜が薄く、剥離の検診を受けていました。
最終の眼底検査は12月、そのときは何も言われていません。3月中旬に中心暗点を自覚、明日蛍光眼底検査を受けますが、おそらく黄斑変性だろうといわれています。黄斑変性だとしても、話の様子からすると経過観察になりそうな雰囲気です。
そこで質問です。

1)12月の眼底検査で見つからなかったものが、3月にこうして突然現れたことに不安を感じています。急激に現れたのだとしたら、今後短期間でもっと悪くなること...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。(まだ若いのに)黄斑変性,お察しします。

> 話の様子からすると経過観察になりそうな雰囲気です
と言うことであれば,乾燥型と推測しますが,蛍光眼底検査以前に乾燥型か湿潤型かは,わからないと思います。加齢性でないとすると,湿潤型・・・?

黄斑部のルテインやコンドロイチンが不足すると変性し易いそうです。これら,ルテインやコンドロイチンのサプリメントも効果があるかも知れません。ルテインや黄斑変性で検索して見て下さい。身近にミル・チカラと言うサプリメントで黄斑変性(乾燥型)が好転した者がいます。

Q黄斑変性症について

何度も質問させてもらってます。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2782032.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2892506.html

現在、黄斑変性症の治療中でステロイド投与しており、そのステロイドの副作用で眼圧が上がっているためにチモプトール点眼を1日2回点していますが、目に違和感というか異物感というか、目がもしゃもしゃした感じになります。
これはチモプトールの副作用なのでしょうか?
結構長い時間続くので、ステロイドの副作用なのでしょうか?
もしくは眼圧が上がっているためにそんなふうに感じるのでしょうか?
この前、眼圧を測った時は、点眼をしていて20でした。

また、こうゆう些細な(?)症状でも、すぐに眼科を受診した方がいいのでしょうか?
(次の予約は2週間くらい先にとってあります。)

それと、もう一つお聞きしたいのですが、黄斑変性症というのは、両目になる可能性があると聞いたのですが、例えば今、右目に発症していてまだ炎症も続いているような状態で、同時に左目にも発症するという事もあるのでしょうか?

漠然とした質問ですみませんが、今、右目がほとんど見えないという状態なのは、なんとか受け入れておりますが、これが両目にきたら・・・と思うと、毎日不安で仕方ありません。

何か私にできること(気をつけることなど)や、他にも情報があれば教えて下さい。
よろしくお願いします。


 

何度も質問させてもらってます。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2782032.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2892506.html

現在、黄斑変性症の治療中でステロイド投与しており、そのステロイドの副作用で眼圧が上がっているためにチモプトール点眼を1日2回点していますが、目に違和感というか異物感というか、目がもしゃもしゃした感じになります。
これはチモプトールの副作用なのでしょうか?
結構長い時間続くので、ステロイドの副作用なのでしょうか?
もしくは眼圧が上がっているためにそんなふう...続きを読む

Aベストアンサー

#2の先生と意見が違うのは当然です。専門が違いますし(たぶん斜視ですよね)、関東と関西の考え方の違いもあるでしょう。アバスチンとかも関東ではやっと導入施設がちょこちょこ増えてきたぐらいですしね。
まぁ、それはさておきまして、眼科の専門書を読めばわかることなのですが、若年女性に多い特発性脈絡膜新生血管は片眼性が殆どです。もちろん両眼に出ない保障はありませんが、可能性としてはそれほど高くありません。#3の方も恐らく同じタイプでしょう。通常は病気が一段落すれば瘢痕化して、沈静化することが多いのですが、病気の状態の記述から察するに、まだactiveな感じですね、、。
点眼薬についてですが、仕事が忙しく、点眼を忘れてしまいがちになるのであれば、同じ薬剤の1日1回のタイプにかえてもらってもよいかもしれませんよ。ただ、先にも書きましたが、若干ネチャネチャします。
βブロッカー(チモプトールなど)は角膜障害が出ることもあるので、もしゃもしゃが強いなら主治医とよく相談してください。

滝井でしたら、普段私は比較的近いところで診療しております。
びっくりしました。

#2の先生と意見が違うのは当然です。専門が違いますし(たぶん斜視ですよね)、関東と関西の考え方の違いもあるでしょう。アバスチンとかも関東ではやっと導入施設がちょこちょこ増えてきたぐらいですしね。
まぁ、それはさておきまして、眼科の専門書を読めばわかることなのですが、若年女性に多い特発性脈絡膜新生血管は片眼性が殆どです。もちろん両眼に出ない保障はありませんが、可能性としてはそれほど高くありません。#3の方も恐らく同じタイプでしょう。通常は病気が一段落すれば瘢痕化して、沈静化す...続きを読む

Q黄斑浮腫(ベーチェット病)の治療方法

よろしくおねがいいたします
只今、ベーチェット病により、眼病が進行しており
黄斑浮腫(黄斑変性)が進行しています
治療として、1年ほど前から、レミケード治療を行っていますが、
改善はみられず、まして視力低下が進んでおり
このたび、両眼に直接ステロイド注射(ケナコルトーA テノン氏嚢内注射)
、光線力学的療法(PDT)も併用となりました。(1回目)

この、ケナコルト注射(ステロイド)と、最近?聞く
アバスチン硝子体注射・ルセンティス硝子体注射・マクジェン硝子体注射
などの、抗VEGF療法 の治療の大きな違いはなんでしょうか、
また、どちらが有効なのでしょうか・

いま通っている病院では、なにかと説明足らずで、担当医もいまいち頼りなく
不安なのですが・・・

ならびに、このような病気の場合、おススメの病院等ご存じでしたら
教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私の場合、眼底出血後にレーザー照射で出血は止まりましたが、網膜中心部に血液が流れ落ちていたことから黄斑浮腫へと進行し、視力の低下、視界の歪みとなっていました。大学病院を紹介してもらいアバスチンを2回注射してもらった結果、完全に歪みが取れたわけではありませんが、生活に支障がないまでに回復しました。アバスチンは人によって効き目に差が出るようですが、私は思い切って注射して良かったと思っています。不思議なことに2回目の注射後半年経った頃から急激に効果が出始めました。網膜の断層写真でもその効果は裏付けされています。実施前は、目に注射と聞いてぞっとしていましたが、注射はあっという間に終わりますし、点眼麻酔のおかげで痛さは全くありません。ちなみに、大学病院は東京慈恵医科大学付属柏病院です。以上、ご参考までに。


人気Q&Aランキング