最新閲覧日:

こんにちは。
私は、運動が全然ダメで、ちょっと困ってます(泣)
学校で長距離走も始まって、ブルーな日が続きます。
足が速くなる方法を知っている方がいれば、教えてもらいたいです。
やっぱり体力をつけることなのかな・・・???
何か良いトレーニング法を知ってる方がいれば、
教えてください!
お願いします!!!

A 回答 (8件)

45歳!になって健康のため初めて走り始めました。


走れるものです!
ゆっくりゆっくり20分ぐらいまず走ってみる。
服装は走りやすいもので「けっこう、けだらけ、ねこはいだらけ」。
私は5kを40分ぐらいで走り出しましたが、だんだんかっこが気になりウエアを3ヶ月めに買いました。するといっそう元気になり同じ公園を走っていた高校生に負けるのが悔しくて、追い掛け回すようになりました。追いかけられる学生は迷惑だろうが気にしない!
そのうち体重が少しずつ落ちてきて3年目には67kあった体重が59kになり、
ホノルルマラソンに夢のデビューしました!。
速くなるトレーニングはあるが、貴方はたぶん走り始めることからだと思います。
回答になったかな?
    • good
    • 11

伝聞なんですが、自転車やバイクにロープなどをつけ、


そのロープで引っ張られながら走る。
こうすると「もっとも速く走れる体勢を体で覚えられる」というものです。
    • good
    • 13

私は中学の時陸上部で、短距離専門でした。


小さいときはそんなに速くなかったのに小6くらいから急に速くなりました。
私はやせ形なので走るのは無理、体力を付けなきゃだめだって
言われてきたんですけど
走る姿勢をきちんとすれば速くはしれます。
背筋を伸ばして足を前へ前へ出すようにはしるんです。
空をかけめぐるように----な-んてかんじで
気持ちよく走ってみてください。
短距離はそれでちょっとは速くなるんじゃないでしょうか?
わたしはそうして速くなって県大会で5位くらいまでいきました。
    • good
    • 7

学校の階段をのぼるとき,2~4段抜かし(自分のできる程度)で


のぼってください。これだったら,長続きすると思います。
ストライドをのばすことも大切です。2週間ほど続ければ,
1秒近くタイムが縮まると思います。がんばってください!!
    • good
    • 8

運動の基本は走る事だと思います.



長距離走を走れるようになったら運動に対して少しだけでも
自信がつくかもしれませんよ.

走るときに大事なのはフォームだと思います.
ダラダラと足を出してるだけという走り方だったらいつまでたっても
速くならないし,エネルギーも余計にロスするんじゃないでしょうか.

しっかりと顎を引き,体を前傾させ,腕を曲げ,重心のアップダウンを抑えて
低重心を保ち,足音をバタバタさせないように走ったら結構良いと思います.

もし「走れるようになるまでプロセスを組んで,,,」というのが面倒なら,
実際に走るときのフォームに気を遣う.これは当然やるべき事だと思います.

走れるようになったら走る事を好きになり,またさらに速くなるという
良い循環が生まれると思います.頑張ってください.
    • good
    • 5

短距離の遅い人はドタドタと走っているケースがよくあるかと思います。


つま先だけで立って走るとちょっと速く走れるかもしれませんよ。
つま先の力の入れ方もコツがあるようですが、
何回かタイムをはかればどんな感じかわかるのではないでしょうか。

小学校の同級生に、絵がうまくて走るのがビリの女の子がいましたが、
ある年に急に絵がうまくて走るのがトップの女の子になっていました。(^^;;;
で不思議に思ってそのこに聞いた話です。
自分もやってみたら結構よかった記憶がありますよ。(^^;
    • good
    • 8

短距離は,筋肉の種類で、早い筋力の細胞が多い人が長距離では、遅筋力が多い人が、そのその資質に恵まれています。

でも、練習や、努力によって、能力は,高められます.
CLOVERさんの年齢がわかりませんが、私の経験
から、練習方法を伝えます。

短距離の練習方法としては、
●50mのスタートダッシュ
●100mから200mくらいの7分の力で走る流し走
(最後30から40mは、全力走)
●坂道などを利用した坂道走
●上体と下半身の筋トレ
 (腕立て、腹筋、背筋、スクワット、鉄棒の懸垂など)
●うつ伏せの状態から起き上がっての50m走
●その場でもも上げ運動
※短距離の場合は、急激に筋肉を使用するので,
事前の十分なウォーミングアップが必要です。

長距離の場合は,(市民マラソンレベル)
●最初は、家の周りを5分くらい走るところから始めて
しばらく続いたら,
●段々と時間を延ばして30分走ってみる。
●できれば、距離のわかるジョギングコースか、
自分のプライベートのジョギングコースを
作り1km6分ペースで5~10km走る。
●しばらく続いたら,1kmを5分ペースにあげる。
そこまでもっていければ、
長距離にも自信がついているでしょう。

練習は,どちらにしても孤独なので、継続が一番の
決め手です。
また、楽しくやれる方法を自分成りに考えて、時には,誰かと一緒にやったり、長距離であれば、散歩とジョギングを組み合わせ、マラニックとして楽しんだり,

目標をもって練習したり、あるレベルまで
できたら、自分自信に何でもいいので、ご褒美を
上げてください.

欲しかったランニングシューズを買ったり、
トレーニングウェアを買ったりして下さい。


また、自分の好きなランナーのビデオなどを
見てその人をモデルにして自分の走る
イメージを使って見てください.

きっとあなたの走る力がUPしていますよ。
頑張ってください。
    • good
    • 10

長距離走で大事なのはやはり持久力ですね。



これは、鍛錬を積むことで充分養えます。
よく、心肺機能が注目されますが、それだけではなく
筋肉の持久力(足が主)もかなり重要です。

持久力を鍛えるには、比較的軽い運動を長めに行うのが効率的です。
【普通にランニング、または、軽めのスクワットを回数を多くこなす。】

短距離走はやっぱり瞬発力。
重いものを持ち上げる、といった方面の筋力ですね。

(必要以上にならないようにしながら)
体に高い負荷をかけて運動するのが良いでしょう。
【重りを持って、スクワット&背伸び運動】

ただ、経験上ですが、筋力や心肺機能といった体の事だけでなく、
なんというか、、、
『走る』という動作を体(頭)にインプットする事も大事なように思いますよ。

『走る』という事に慣れるというか・・・。

ですから、まず軽いランニングの習慣をつけるようにするのが
一番な気がしますよ。
(ただし、最近は気温が低いので充分に体を温めてから出発してください。)

あと、学校での長距離走がある日は、あまりお腹をいっぱいにしないで、
糖分の高い食べ物をたっぷりとっておくといいかもしれません。
僕も、ときどきそれで普段よりも楽に走れたりします。(^^)
(空腹状態は、僕はおすすめしません。)

細かいようですが、走る時は手の振りにも注意しましょう。
僕は、長距離走の時は手の振りを大きく保つようにしています。

さぁ、がんばってください!
地道な心がけが大事ですよ♪
    • good
    • 5

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報