初めてお世話になります。
表題の書籍を探しているのですが、見つけることができず、
ご協力をいただければと質問させていただきます。
過去10年以内くらいに、ソノラマ文庫から出版された本だと思うのですが、検索してもみつかりません。

【内容】
校舎の取り壊しに合わせて開かれた同窓会に昔親友だった3人の男の子が集ます。主人公はその一人で医者。昔の遊び仲間で死んでしまった女の子の事で悔いがあり、過去に時間をさかのぼります。
過去の時間の自分に意識だけ入り、欠けてしまった記憶をたどりながら、親友達と一緒に最終的に女の子の命を助けるといった内容だったと思います。

もし、ご存じの方がいらっしゃったら教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

「君」「ソノラマ文庫」で検索しただけなので自信はありませんが…


これでしょうか?
平谷 美樹・著「君がいる風景」(ソノラマ文庫)
http://www.amazon.co.jp/%E5%90%9B%E3%81%8C%E3%81 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の情報ありがとうございました。
書籍の名称を誤って記憶していたようです。
おかげさまで、子供に渡してあげることができます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/26 22:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親友の父が末期がんの告知をうけました。そんな親友に・・・

私の幼馴みの親友の父が、先日がんの告知をうけました。
末期ということで、友達はかなり落ち込んで、食事も喉が通らない程です。おじさんは68歳で、肺がんからリンパに転移したということですが、私もとても気が気でなりません。

そんな親友は本が大好きです。無理かもしれませんが、何か気持ちが少しでも楽になるような本をプレゼントしたいと思うのですが、何かオススメはありませんか?私は本は殆ど普段は読まないので疎いです。どなたかこういう状況のときにピッタリの本をご存知でしたら、是非教えていただけませんか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

経験から言うと、プレゼントより、必要とされた時に、ただただお話を聞いてさしあげるのが、1番だと思います。
私も、友人も、経験ない友人に話しても、自分の気持ちにしっくりこないので、事後報告が多かったですね。「記念旅行に行ったよ」とか。
当時は図書館で民間療法を含め、あらゆる物を読み漁り、担当医に直談判もしました。いくら親友とは言え、他人にお薦めされると不愉快かもしれないです。無神経な、と思われるかもしれません。その方の性格にもよりますが。こちらから聞いた時だけ情報を教えて欲しいです。勝手に思えるかも知れないけれど、家族は希望が捨てきれないんです。そして敏感にもなっています。
死に関する文献は申し訳ないけど、お断りします。すでに割り切っていらっしゃるなら、良いかもしれません。ですが落ち込んでいらっしゃるなら、やめた方が良いでしょう。お見舞いは調子の良い日がある状態なら、喜んでいただけるかもしれません。
辛かったのは、大きな存在のオヤジが、弱る姿を目の当たりにする事でした。
あなたに出来る事は、「できる事が在れば、いつでも言って」と頼っても迷惑じゃ無い事を伝えっておく事と「本屋へ行くけど買ってきて欲しい物ある?」とそれとなく聞く事、「食べる物、買ってこうか?」などの間接的な事。遠くから見守り話を聞いて、余計な事を言わない様、聞き役に徹する事ではないでしょうか。
ご質問の答とはズレがありますが、他の経験者の方の意見も参考になさってください。

経験から言うと、プレゼントより、必要とされた時に、ただただお話を聞いてさしあげるのが、1番だと思います。
私も、友人も、経験ない友人に話しても、自分の気持ちにしっくりこないので、事後報告が多かったですね。「記念旅行に行ったよ」とか。
当時は図書館で民間療法を含め、あらゆる物を読み漁り、担当医に直談判もしました。いくら親友とは言え、他人にお薦めされると不愉快かもしれないです。無神経な、と思われるかもしれません。その方の性格にもよりますが。こちらから聞いた時だけ情報を教えて欲...続きを読む

Q親友にプレゼントしたい本

もうすぐ私の一番の親友の誕生日です。しかし、友達は今、凄く人間不信だったり、生きている意味さえわからない位病んでいます。
そんな友達の心に届くような、本はありませんか?出来れば誕生日だったり、人にプレゼントするために書かれている専用の本ってありますよね???そういう系の本がいいんです。一番内容が届きそうなものがあれば題名を教えてください!!!

Aベストアンサー

絵本(大人もOK)ですが、『ぼくを探しに』(シルヴァスタイン作・倉橋由美子訳/講談社/1500円)はいかがでしょうか?

黒線だけで描かれたシンプルでかわいい絵です。
「だめな人と/だめでない人のために」という端書から始まり、1ページに数行の文章が添えられて話が進んでいきます。5分もかからず読めると思います。

「ぱっくん」という名が似合いそうな丸い生き物(?物体?)が、自分に足りない「かけら」を探して転がっていくお話です。なかなかぴったりくる「かけら」が見つからず、壊してしまったりなくしてしまったりします。やっとぴったりの「かけら」に巡り会えたけれど・・・(以下お楽しみ ^^)

私は「欠点があることが自分らしさを作っていて、人生を楽しくしている」というメッセージのように解釈しました。「かけら」=「人間関係におけるパートナー」のようにも解釈きるかもしれません。

とにかく読む人が自分で色々と解釈できる本です。
ストレートな言葉ではないので、押し付けがましかったり、薄っぺらに感じられたりすることはまずないと思います。
もしよかったら書店で探してみてください。

絵本(大人もOK)ですが、『ぼくを探しに』(シルヴァスタイン作・倉橋由美子訳/講談社/1500円)はいかがでしょうか?

黒線だけで描かれたシンプルでかわいい絵です。
「だめな人と/だめでない人のために」という端書から始まり、1ページに数行の文章が添えられて話が進んでいきます。5分もかからず読めると思います。

「ぱっくん」という名が似合いそうな丸い生き物(?物体?)が、自分に足りない「かけら」を探して転がっていくお話です。なかなかぴったりくる「かけら」が見つからず、壊してし...続きを読む

Q女の子が主人公の小説

最近ミステリーやホラーばかり読んでいたので、恋愛や青春などをテーマにした作品が読んでみたくなりました。ですが、あまりそういった作風の本を読んだことがないので、おすすめがあったら教えてください。
読みたいものの希望としては、

1.女の子が主人公。できれば高校生か大学生くらいの歳の子がいいです。
2.主人公の性格はあまり強気じゃない方がいいです。(勝気で行動力があるのは×)
3.メインでなければ、ちょっとミステリーやホラー要素が入っていても良いです。
4.あまり現代的すぎるものは苦手です。(綿矢りささんや、村山由佳さんなど。。。)

好みの傾向として、最近自分で探して読んで気に入った本をいくつかあげておきます。

・麦の海に沈む果実/恩田陸
・冷たい校舎の時は止まる/辻村深月
・君の名残を/浅倉卓弥
・博士の愛した数式/小川洋子

Aベストアンサー

山田詠美さんの短編集

『色彩の息子』
『晩年の子供』

などは、わりと古風な文学的路線ですよ。

後者は、学校の国語教科書に載るような感じの作品もあります。
山田さんも作によって作風がいろいろなので・・・・。

『ソウルミュージック・ラバーズ・オンリー』などだとガラッと違うんですけどね。

Q同じ内容の本?

『あたしの一生 猫のダルシーの物語』と『あたしの一生 猫のダルシーの贈り物』は同じ内容なんでしょうか?

Aベストアンサー

続編ですね。内容が重複する箇所もあるかもしれませんね

Q重たい内容の本

読んだ後しばらく鬱状態になりそうな、そんな重い内容の本知りませんか?ノンフィクションが第一希望ですが、小説でも全然構いません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。鬱状態になるかどうかは分かりませんが、結構重たい内容の本ですので良かったら読んでみて下さい。
◎広野伊佐美「幼児売買」
 毎日新聞の記者である著者の幼児ビジネスに関する著作本です。臓器移植や売春目的の為に売り買いされる子ども達にスポットを当てています。赤ちゃん工場や売春宿の実態も書いていて、これを書いた後匿名で脅しの電話が何本かあったそうです。残念な事に絶版ですので古本か図書館で読んでみて下さい。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18706229
◎イマキュレー・イリバギザ「生かされて」
1994年のルワンダでのフツ族とツチ族の内乱になった時、トイレに隠れて生き延びた女性の話です。今見つかるかとドキドキするような文章になっています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31781443
◎遠藤周作「海と毒薬」
 重たそうな内容なので未読なんですが、太平洋戦争時代に米軍捕虜の生体実験に関わった1人の医師の話です。遠藤さんの本はエッセイと違って重たい内容の本が多くて絶版になってますが「月光のドミナ」も内容が重かった覚えがあります。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31390769
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/01799884

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。鬱状態になるかどうかは分かりませんが、結構重たい内容の本ですので良かったら読んでみて下さい。
◎広野伊佐美「幼児売買」
 毎日新聞の記者である著者の幼児ビジネスに関する著作本です。臓器移植や売春目的の為に売り買いされる子ども達にスポットを当てています。赤ちゃん工場や売春宿の実態も書いていて、これを書いた後匿名で脅しの電話が何本かあったそうです。残念な事に絶版ですので古本か図書館で読んでみて下さい。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18706229
◎イマキュレー・...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報