植物の中には、何千年と生きている者達がいますが、彼らは何故そんなに長生きなのでしょうか。その点で、動物との違いはどこにあるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

種の遺伝子を保存するという観点から考えると


動物:世代交代を繰り返すことにより遺伝子を保存する→比較的寿命が短い
植物:個体を維持することにより遺伝子を保存する→比較的寿命が長い
という因果関係が考えられるかもしれません。もっともこの2つの事象はニワトリと卵の関係みたいなものですが。

kawakawaさんもおっしゃっているように動物と植物の違いは移動距離の違いに追うところが大きい、というのが現在の通説だと思います。

行動範囲の大きい動物はコンパクトな体と移動エネルギーを持ち、よりよい条件の環境へ移動が可能です。よりよい環境を求めて移動能力の発達した(発達させる遺伝子を残した)動物もいれば、どんな環境でもある程度生き延びられる動物もあり、さらに環境を変化させて自分たちに合うように作り変える動物もいます。

一方、植物は(一見乱雑とも思えるほど)大きな体を持ち、自分自身の体を用いて自分の生息する環境の条件(水分・土壌・温度)を一定に保持します。植物の中でも自ら環境を整える能力が低いものは寿命が短く、世代交代を早く繰り返してより環境に耐えうる遺伝子の創出を目指しています。

もちろん、遺伝子一面だけで生物全ての違いを証明できるわけではありません。kawakawaさんのご意見もstomachmanさんのご意見も動物と植物の違いを決定している要因の一つであると私も思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。いろいろな考え方があるようですね。自分なりに、まとめてみようと思います。

お礼日時:2001/02/03 23:41

ここで質問されているのは、種(しゅ)としてではなく、


その個体が長生きする理由ですよね。
動物は特定の部位が壊れると、なかなか修復できません。
たとえば目がつぶれたらつぶれたまま。
足がとれたらとれたままです。
もちろん生物にもよっては、一部の再生ができますが。
それに対して多くの植物は再生ができます。
生長とは修復再生の繰り返しであり、
植物体の一部の破損は、再生されて元に戻ります。
それを繰り返した結果、長生きするのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。なるほど、そのような考え方もできますね。

お礼日時:2001/02/03 23:43

移動能力という点が最も異なるところでしょうネ。


動物の場合、親は生存に適した場所で卵や子を産むことができ、また、生れた卵や子を移動させることが出来ます。
一方、植物では種が落ちる場所がどういう場所であるかを選択することはできません。そのまま木や草から落下するにしても、鳥やサルなどの別の動物に食べられて糞とともに排出されるにしても、或いはヤシのように海を漂って、どこかに打ち上げられるのを待つにしても、その場所は偶然決定されるだけであって、必ずしも、生存に適しているわけではありません。
そのため、植物の種子は生存に適した状態になるまで、何年も何年も、場合によっては数千年以上も休眠状態となって待ち続けるのです。
熱帯雨林を想像してください。そこは多数の植物が密集しています。単純に考えると植物の生育に適しているように思われますが、実は、地面近くというのは日光が届かず、植物が育つには向いていない場所なのです。熱帯雨林では沢山の種子が地面に落ちますが、それらは周囲の木が倒れて日光の刺激が来るまでの間、ずっと待ち続けます。そして、条件が整ったと分かった時点で一斉に芽をだし、より早く大きくなったものだけが生き残るのです。焼畑農法が実際には環境破壊ではないという説があるのは、こういう理由です。つまり、人工的に木々を焼き払うことで休眠していた種が発芽できる条件を作り出し、新たな緑を生み出すということなのです。
また、植物にとっての時間と動物にとっての時間というのは、その尺度が異なっています。
数千年の寿命を持つ木にとっての数千年の休眠は、例えば人間にとっての60年の冬眠のような時間間隔と言えるでしょうネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。生物によって、時間の尺度が違うっていう考え方は面白いですね。

お礼日時:2001/02/03 23:30

知りません。

知りませんが....
多分、死ぬ能力を持っていないのだと思います。
 「老いて死ぬ」ということは生物が進化過程で獲得した能力です。これによって、(ちょっとだけだけど)より進化した新しい世代に資源を譲り、トータルとしては遺伝子の存続と生存能力の強化をやっています。(実際、単細胞生物では死なない奴がいっぱいいます。)
 巨大化して、自重で崩れるほどになるまで成長する植物は、むしろ大きくなることで他の植物に遮られないで日光を浴びることができる。そういう方向に進化した結果、「老いて死ぬ」能力を失ったのじゃないかと思います。
 いや、知りませんけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/03 23:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q植物はなぜ人より長生き?

疑問に思ったことなのですが、植物はなぜ人より長生きなのですか?
詳しいサイトなど教えていただけたら幸いです。

お願い致します。

Aベストアンサー

植物の寿命が長い理由は,二つあります。

(1) 細胞分裂がほぼ無限です。
 ヒトの細胞は無限に細胞分裂するわけではありません。染色体にテロメアと呼ばれます細胞分裂の回数をカウントするものがあります。ヒトは,60回ほどしか分裂できません。癌細胞等は違いますが…
 植物は,このテロメアをテロメアーゼと呼ばれる酵素で,リセットをかけ,元に戻すことが出来ます。つまり,植物の細胞に寿命はありません。

(2) 組織を絶えず新しく作る事です
 動物は,既成の組織を作り替えます。例えば腸の粘膜細胞はほぼ毎日細胞分裂しています。しかし,脳等の神経組織は作り替えられることがありません。ですから一度損傷しますと,死んでしまいます。
 植物は,#2さんご指摘のように,古いものは捨て去り(幹は中に捨て,葉はすべて捨て)絶えず新しいものを作り替えるていることです。ですから植物は,細胞の寿命で死を迎えるのではなく,他の要因で枯れるわけです。

Q動物の命が短い理由は?

今日、テレビを観ていて思いました。
動物の命は、なぜ人間のように70歳や80歳じゃないのでしょうか。
実家でも犬を飼っていますが、うちの犬は12歳くらいになります。
犬の寿命は平均12歳くらいですよね?
犬に限らず、一部の動物を除いたほとんどの動物が、人間のように
何十年も生きられないと思います。よくわからないですが・・・
なぜ動物は人間のように生きられないのでしょうか。
そういう体になってると言われればそれまでですが
それならなぜ、神様は同じ命をもつ、特に人間と同じ哺乳類を
そういう体につくったのでしょうか???
不思議に思いました。
どなたか教えてください!よろしくお願いします。 m(_ _)m

Aベストアンサー

ゾウは5~60年、亀の中には100年以上生きるものがいます。
また自然に生きている野生動物は、本来の寿命まで生きられずに命を落とす
ことが普通です。人間だって千年くらい昔は50年も生きられなかった。
ですから人間が保護してあげて飼育してやれば人間以上に長生きする動物が
もっといるかも知れません。それが幸せなのかは分かりませんが。

ここからはちょっと学問的な解説。大雑把に話します。

基本的に生き物は自分の種族が繁栄することを目的として生きてます。
で、種族として一番効率のいい繁栄の仕方ってのを考えると、
自分が誰かに捕食される立場の種族だった時には、生まれたと同時にすぐに
活動でき、なるべく早く次の子孫を沢山生み育て、子孫が生めないほど衰えたら
さっさと死ぬのが理想なのです。大抵の動物はこういう生態ですね。
で、老いるのが早いのは、一個の個体として長く生きるよりさっさと世代交代して
次の世代につなげて行った方が種としてのリスクが減るからです。
典型的なのは細菌やウィルスみたいな奴で、その種別を殺すような毒を与えても
短期間でそれを克服するよう進化しますよね。これは世代交代が早いからです。

次に自分達が食物連鎖の上位の立場であった場合、自分たちがポコポコ増えると
食べ物がなくなって自滅することになりますので、生涯で生む子供の数が減り、
子供の成長に時間がかかるようになり、種族全体であまり増えないようになります。
ゾウや亀みたいに敵に襲われにくい動物はこういう生態です。

食物連鎖の上位者であっても肉食系の場合はちょっと事情が違います。
肉食動物の場合、自分の体力や武器が他より強いから上位者でいられます。
逆に言うと、老いて体力がなくなるとあっと言う間に餌がとれなくなって死にます。
ですから寿命は短めです。

翻って人間は、雑食性であり、かつ道具を使って体力をカバーする知恵を持ち、
社会性を持って仲間同士助け合うことを覚え、さらには本来なら自滅するほど
人口が増えても畑の栽培や養殖などの技術で食料を確保できています。
最近(ここ5000年)では経済活動を行うようになり更に効率的に衣食住を確保してます。
こういった特殊な生態だからこそ種としての本来の寿命近くまで生きられてます。

ゾウは5~60年、亀の中には100年以上生きるものがいます。
また自然に生きている野生動物は、本来の寿命まで生きられずに命を落とす
ことが普通です。人間だって千年くらい昔は50年も生きられなかった。
ですから人間が保護してあげて飼育してやれば人間以上に長生きする動物が
もっといるかも知れません。それが幸せなのかは分かりませんが。

ここからはちょっと学問的な解説。大雑把に話します。

基本的に生き物は自分の種族が繁栄することを目的として生きてます。
で、種族として一番効率...続きを読む

Q樹木や多年草ってどのくらい寿命がありますか?

樹木って枯れないんですか??^^

Aベストアンサー

多年草
たねんそう

多年生草本とも。草本植物のうち2年以上にわたって生存する性質をもつもの。地上部は秋に枯れても地下器官が冬を越して生存し,春になるとそこから再び地上に芽を出す。なお,ユキノシタ,シュンランなどのように,地下器官だけでなく地上の葉も生きて冬を越す常緑多年草もある。


2年以上にわたって生存すれば多年草らしいです。


樹木
じゅもく

多年生植物のうち、地上部分が1年以上生存し続けるものの一般的な総称。草に対する用語で、木本または単に木(き)ともいう。狭義には、幹に形成層があって肥大成長をするスギ、マツ、ソテツ、イチョウなどの裸子植物とサクラ、カシ、カエデなどの双子葉植物をさすが、広義では、単子葉類であるタケやヤシのほか、シダ植物のヘゴなども含まれる。


樹木って聞けば何十年と生存するイメージがありますが、実は1年以上生存し続ける木です。
1年を過ぎて枯れることもあるでしょうね。

Q原核生物と真核生物の違い

原核生物と、真核生物の違いについて教えてください(><)
また、ウイルスはどちらかも教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

【原核生物】
核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。

【真核生物】
核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。細菌類・藍藻類以外の全ての生物。

【ウイルス】
濾過性病原体の総称。独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。



要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。

ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。



こんなんで良かったでしょうか?


人気Q&Aランキング