植物の中には、何千年と生きている者達がいますが、彼らは何故そんなに長生きなのでしょうか。その点で、動物との違いはどこにあるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

種の遺伝子を保存するという観点から考えると


動物:世代交代を繰り返すことにより遺伝子を保存する→比較的寿命が短い
植物:個体を維持することにより遺伝子を保存する→比較的寿命が長い
という因果関係が考えられるかもしれません。もっともこの2つの事象はニワトリと卵の関係みたいなものですが。

kawakawaさんもおっしゃっているように動物と植物の違いは移動距離の違いに追うところが大きい、というのが現在の通説だと思います。

行動範囲の大きい動物はコンパクトな体と移動エネルギーを持ち、よりよい条件の環境へ移動が可能です。よりよい環境を求めて移動能力の発達した(発達させる遺伝子を残した)動物もいれば、どんな環境でもある程度生き延びられる動物もあり、さらに環境を変化させて自分たちに合うように作り変える動物もいます。

一方、植物は(一見乱雑とも思えるほど)大きな体を持ち、自分自身の体を用いて自分の生息する環境の条件(水分・土壌・温度)を一定に保持します。植物の中でも自ら環境を整える能力が低いものは寿命が短く、世代交代を早く繰り返してより環境に耐えうる遺伝子の創出を目指しています。

もちろん、遺伝子一面だけで生物全ての違いを証明できるわけではありません。kawakawaさんのご意見もstomachmanさんのご意見も動物と植物の違いを決定している要因の一つであると私も思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。いろいろな考え方があるようですね。自分なりに、まとめてみようと思います。

お礼日時:2001/02/03 23:41

ここで質問されているのは、種(しゅ)としてではなく、


その個体が長生きする理由ですよね。
動物は特定の部位が壊れると、なかなか修復できません。
たとえば目がつぶれたらつぶれたまま。
足がとれたらとれたままです。
もちろん生物にもよっては、一部の再生ができますが。
それに対して多くの植物は再生ができます。
生長とは修復再生の繰り返しであり、
植物体の一部の破損は、再生されて元に戻ります。
それを繰り返した結果、長生きするのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。なるほど、そのような考え方もできますね。

お礼日時:2001/02/03 23:43

移動能力という点が最も異なるところでしょうネ。


動物の場合、親は生存に適した場所で卵や子を産むことができ、また、生れた卵や子を移動させることが出来ます。
一方、植物では種が落ちる場所がどういう場所であるかを選択することはできません。そのまま木や草から落下するにしても、鳥やサルなどの別の動物に食べられて糞とともに排出されるにしても、或いはヤシのように海を漂って、どこかに打ち上げられるのを待つにしても、その場所は偶然決定されるだけであって、必ずしも、生存に適しているわけではありません。
そのため、植物の種子は生存に適した状態になるまで、何年も何年も、場合によっては数千年以上も休眠状態となって待ち続けるのです。
熱帯雨林を想像してください。そこは多数の植物が密集しています。単純に考えると植物の生育に適しているように思われますが、実は、地面近くというのは日光が届かず、植物が育つには向いていない場所なのです。熱帯雨林では沢山の種子が地面に落ちますが、それらは周囲の木が倒れて日光の刺激が来るまでの間、ずっと待ち続けます。そして、条件が整ったと分かった時点で一斉に芽をだし、より早く大きくなったものだけが生き残るのです。焼畑農法が実際には環境破壊ではないという説があるのは、こういう理由です。つまり、人工的に木々を焼き払うことで休眠していた種が発芽できる条件を作り出し、新たな緑を生み出すということなのです。
また、植物にとっての時間と動物にとっての時間というのは、その尺度が異なっています。
数千年の寿命を持つ木にとっての数千年の休眠は、例えば人間にとっての60年の冬眠のような時間間隔と言えるでしょうネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。生物によって、時間の尺度が違うっていう考え方は面白いですね。

お礼日時:2001/02/03 23:30

知りません。

知りませんが....
多分、死ぬ能力を持っていないのだと思います。
 「老いて死ぬ」ということは生物が進化過程で獲得した能力です。これによって、(ちょっとだけだけど)より進化した新しい世代に資源を譲り、トータルとしては遺伝子の存続と生存能力の強化をやっています。(実際、単細胞生物では死なない奴がいっぱいいます。)
 巨大化して、自重で崩れるほどになるまで成長する植物は、むしろ大きくなることで他の植物に遮られないで日光を浴びることができる。そういう方向に進化した結果、「老いて死ぬ」能力を失ったのじゃないかと思います。
 いや、知りませんけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/03 23:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパソコンの寿命を縮める行為

パソコンの寿命を縮める行為というのはどのような行為をいうのでしょうか。
自分でもいくつか思い当たることがありますのでとりあえず例示してみます。
1、メンテナンス(デフラグなど)を長期間しない。
2、原因不明のフリーズ
3、フリーズなどを原因とする強制終了
4、たくさんの無駄なファイルをずっと保管する。

他にもありましたら教えてください。
寿命を縮める原因も良ければ教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

はじめまして。
1の項目は人それぞれ考え方が分かれているのでどちらともなんとも言えませんね。
・デフラグをするとデータを整理整頓する時に普通以上にデータの移動をしますので、たしかに寿命は減ると思います。
・デフラグを長期間しないと断片化が生じますよね。断片化があるデータを無理に読もうとすると無理に読もうとするので寿命が減ると思います。
・断片化が起きそうなデータを違うパーテーションに隔離すると、他の部分は断片化が生じませんし、その部分だけデフラグをかければいいですよね。しかし、同じ部分を何度も何度もデフラグをかけるとそこの部分だけ寿命が減り、結局はクラッシュに繋がります。
これらの考えは人それぞれなのでどれを選ぶかは人それぞれでいいと思います。

あと、HDDにあまり熱を持たせないようにしましょう。これをするだけで新品から使うと1年前後長持ちするとかしないとか…
それと、パソコンに無理をさせないようにしましょう。動作条件ぎりぎりのスペックはパソコンには負担がかかり、パソコンが激しく発熱します。HDDの寿命を縮める行為になってしまいます

はじめまして。
1の項目は人それぞれ考え方が分かれているのでどちらともなんとも言えませんね。
・デフラグをするとデータを整理整頓する時に普通以上にデータの移動をしますので、たしかに寿命は減ると思います。
・デフラグを長期間しないと断片化が生じますよね。断片化があるデータを無理に読もうとすると無理に読もうとするので寿命が減ると思います。
・断片化が起きそうなデータを違うパーテーションに隔離すると、他の部分は断片化が生じませんし、その部分だけデフラグをかければいいですよね。しか...続きを読む

Q植物は動物と違って自家受粉が可能ですが、どうしてでしょうか?そんなに細

植物は動物と違って自家受粉が可能ですが、どうしてでしょうか?そんなに細胞も単純ではないと思いますが・・・お詳しい方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

少々興味があったので調べてみました。
自家受粉が可能なものはある程度限られているらしいです。
20世紀ナシでは不能、栽培されるコメでは可能とか。
http://www.sun-inet.or.jp/usr/nao2/public_html/monogatr/jikajufn.htm

とくにヒト食用のコメはヒトの手でヒトにおいしいものが保護されているので、その要因があるかと思います。結局、植物は動けないので、自家受粉の可能性を完全に絶ってしまうと、絶滅してしまう可能性があるということだと思います。自家受粉と他家受粉両方がある程度可能にしておけば、個体の多様性と種の保存のバランスの結果が現在の状況であるといえるかと。

Qオンラインゲームの寿命を縮める?

えっと自分オンラインゲーム初心者なんですけど。

まあ初心者といってもそれなりにレベルがあるんですよ。
それでいらないアイテムが増えてきたので、初心者達に上げようと思いまして、それでみんないらないアイテムがあるなら初心者に上げようみたいな事を言ったら
「そういうのはゲームの寿命を縮めるから止めたほうがいい」
って言われたんですね。
どうして寿命を縮めることになるんでしょう?

良ければ教えてください<(_ _)>

えっと…こういうの書いた方がいいのか分かりませんが書いときますね。
月額無料でアイテム課金のゲームです^^;

Aベストアンサー

アイテム=強さですよね?(そう単純じゃないけど、分かりやすく(^_^)v

弱い人はがんばってアイテムを集めて強くなろうとする

皆が皆アイテム持ってて誰もが強かったら

面白くないでしょ?


 怪獣?と戦ってもすぐ勝つ、敵と戦ってもすぐ勝つ

何やっても勝つんだから、面白くなくなって、ゲームをしなくなる
人が集まらなくなれば、ゲームを運営できなくなるので、それでゲームは終了しちゃう、と。

Qなぜ植物は水の凍結点を超えても生きている?

細胞内の水が凍結すると普通、死にますよね?

なぜ植物は細胞が破壊されないのでしょうか?
理由を教えてください。

Aベストアンサー

植物細胞に糖を溜め込むので、凝固点降下を起こし、外界が氷点下でも少しは大丈夫なのでしょう。
しかしそれは完全なものでなく、特に糖濃度が低い場合、や寒冷地に弱い細胞は破壊されることもしょっちゅうあります。
また、多少凍っても死なない場合も多いのではないでしょうか。

Qデフラグやると寿命を縮める?!

何かのサイトで、デフラグをすると、ハードディスクの寿命を縮めるって書いてあったのですが、これって本当ですか?また、デフラグの概念が、お分かりでしたら、それもお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

本当です。

旧世代のHDDはパフォーマンスが低かったためにデフラグという処理によってそれをカバーしてやる必要がありました。デフラグはファイルのディスク上でのデータ配列を並べ替えているだけの単純な処理です。根本的な整理ではありませんしそれによって得られる効果は現状ではほとんどありません。現在のHDDは非常に高性能化してしまったためにそれをすることによってアクセス能力に差が生じることはありません。嘘だと思うのならデフラグをかけた状態とそうでない状態で比較してみれば良いでしょう。明確な差を示せる人はいないはずです。

加えて問題点となるのは現在のHDDの大容量化です。旧世代のHDDにおいてデフラグをかけることはさして問題ではありませんでした。ディスクの全容量が小さかったために全体にデフラグをかけても数分で処理は終了しました。ところが現在同じ事をしようとすれば1時間以上かかってしまいます。一般のデスクトップPCを平均的ユーザーが使用する場合に1時間以上の連続HDDアクセスがあることはあまりありません。それは非常に負荷の大きい処理になります。HDDは性能とともに信頼性も向上させていますからそれ自体ですぐ故障につながるということはありませんが、使った分だけ寿命を縮めるのは事実です。しても意味のない処理でHDD駆動時間が加算されていくのは無駄ということです。

デフラグをかけないとHDDのアクセス効率が落ちる分だけ負荷がかかるという説が出ていますが、それでどれだけHDDの実使用時間がのびているかが問題です。「週に一回ほどすればいい」という見解がありますが、では一週間使ったらデフラグの処理時間に相当する1時間以上の時間をPC実行時にロスしているのか?という問題が出てきます。それほどの差は生じないということは確信をもって言えます。

本当です。

旧世代のHDDはパフォーマンスが低かったためにデフラグという処理によってそれをカバーしてやる必要がありました。デフラグはファイルのディスク上でのデータ配列を並べ替えているだけの単純な処理です。根本的な整理ではありませんしそれによって得られる効果は現状ではほとんどありません。現在のHDDは非常に高性能化してしまったためにそれをすることによってアクセス能力に差が生じることはありません。嘘だと思うのならデフラグをかけた状態とそうでない状態で比較してみれば良いでしょ...続きを読む

Q動物は何故、同じ物ばかり食べていても生きていられるのか?

 当たり前のことですが、肉食動物は肉(他の生物の身体)ばかり食べていて、草食動物は植物ばかり食べています。(雑食性の動物もいますけど)
 人間がもしも、肉しか食べなかったり、植物(野菜)しか食べなかったりしたら、栄養が偏ってしまい、体調を崩してしまいます。だけど、動物は何故、平気なのですか?

 また、肉食動物は糖質を摂らなくても、タンパク質から、身体を動かす為のエネルギーが作り出せるような身体の仕組みになっているんでしょうが、草食動物が食べている草には糖質もタンパク質も、あまり含まれていませんよね。草を一日中大量に食べることによって、ある程度のカロリーは得られるのでしょうが、タンパク質がぜんぜん不足してしまっていると思うんですが、草食動物は何故それでも生きていられるのですか?
 

Aベストアンサー

まず,大変失礼なことですがご質問者さんの年齢は,ある程度以上かなと推測しています。何故かと言いますと,「肉食」「草食」という言葉は,ずいぶん前に文科省の標準語から無くなりました。高校生の使用している教科書にも見あたりません。現在は「動物食性」「植物食性」となったようです。

何故そのような変更がなされたかの理由の一つに,ご質問者さんのように「肉食」としますと肉しか食べないように思ってしまいます。「動物食性」なら一匹の動物を丸ごと食べるといった感覚が出てきます。「草食」も同じ感覚ですね。決して植物だけで生活しているわけではありません。理由は後述します。

まず,「動物食性」についてですが,例えばネズミだけしか食べない動物がいたとします。しかし,これだけを食料としましても,丸ごと食べる限りは,ネズミ自体がれっきとした生物ですから不足する栄養素は基本的にはありません。

「植物食性」についても同じです。ただ,ご指摘のように植物の含有するタンパクは少ないですから,タンパクが不足すると言ったことが考えられます。しかし,ご心配は無用です。「植物食性動物」は,実は植物でバクテリアを腸内で培養してそのバクテリアの死骸を食べています。「植物食性」とは,実は「バクテリア食」なのです。バクテリア以外でセルロースを分解できる生物は,この地球上に存在しないのです。ですから,言い換えれば,この地球には本当の意味の植物のみを食料として生活している「動物」は存在しません。ヤギやシロアリでも…

参考になりましたなら…

まず,大変失礼なことですがご質問者さんの年齢は,ある程度以上かなと推測しています。何故かと言いますと,「肉食」「草食」という言葉は,ずいぶん前に文科省の標準語から無くなりました。高校生の使用している教科書にも見あたりません。現在は「動物食性」「植物食性」となったようです。

何故そのような変更がなされたかの理由の一つに,ご質問者さんのように「肉食」としますと肉しか食べないように思ってしまいます。「動物食性」なら一匹の動物を丸ごと食べるといった感覚が出てきます。「草食」も同...続きを読む

QパソコンでのDVD視聴は、パソコンの寿命を縮める?

パソコンでのDVD視聴は、パソコンの寿命を縮めるのでしょうか?

それとも、DVDドライブの寿命が縮むだけで、
パソコン自体の寿命には影響がないのでしょうか?

そういった噂を聞いたことがあるのですが・・・。

何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

確かに電気製品を長時間使用すれば寿命がきますが、それはDVDの視聴に限ったことでは無く全般的に言えることです。

特にDVDの視聴を行ったからと言ってパソコンの寿命が短くなることはないと思います。

DVDドライブの寿命は確かに短くなるでしょうが、それとて書き込みを沢山行うよりはずっと長持ちするはずです。DVDドライブの寿命は、書き込みのレーザーヘッドの寿命で大体決まっているようです。

従って、DVDの視聴の行っているだけではかなりの寿命があるので、そう簡単にはパソコンの寿命より先に尽きることはないでしょう。

Q植物は何故、種を運んでくれる動物がいることを知っているの?

種を運んでくれる動物が存在することを知っているかのように、植物は甘い果実や服にひっかかる種をつけているように思えますが、「進化」に脳は関係ないのでしょうか。

Aベストアンサー

最新の学説の立場からは、植物が動物の存在を知っているのではなく、
そういう性質をもった植物が生き残ってきたのだ、とされています。

QHDDの寿命を縮める行為や動作って何ですか?

HDDの寿命を縮める行為や動作って何ですか?
私が少し聞いたところですと、デフラグがあまり良くないと聞いたのですが本当でしょうか?
エラーチェックとかも良くないのでしょうか?
その他、考えられる行為や動作、使い方があったら教えてください。
TV録画とかも良くないのかな?

Aベストアンサー

HDDは、消耗品です。

1番大切な事は、外部メディアにバックアップして置く事です。

>エラーチェックとかも良くないのでしょうか?
>私が少し聞いたところですと、デフラグがあまり良くないと聞いたのですが本当でしょうか?

この両方は、頻繁にやり過ぎると良くないとの事です。
パソコンに不具合が有る時は、エラーチェックで直る場合が多いです。

デフラグは、行いますと、それなりきに効果は有ります。

1番いけないことは、HDDのランプが付いている(アクセツしている)時に、電源を強制的に切る事と、HDDに物理的に振動を与える事です。

それ以外の、通常使用は、全く問題は有りません。

Q生き物を動物か植物かに分けるとしたら虫は動物ですか?

生き物を動物か植物かに分けるとしたら虫は動物ですか?
動くのでやっぱり動物かな?と思いましたがあってますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 岩波国語辞典の動物の項の2番目にはこう書いてあります。

 人間以外の動物。特にけものや鳥など。

 質問者さんだけでなく、動物について、この辞書の記述のような、言い換えれば動物園に飼われているようなもの、
というイメージをお持ちの方は多いと思います。
 
>動くのでやっぱり動物かな?

 文字通り動き回るから動物という言葉ができたのでしょうが、
海の中には、ほとんど動かず、見たところ植物ではないかという姿をしている動物がいます。
 興味がおありでしたら、ホヤ、ウミユリ、ウミシダ、サンゴ虫で検索をかけてみてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報