口語の動詞の命令形は五段活用えは普通eの音で終わります。
たとえば「走れ hasire」のように
しかし、「閉める」、「投げる」に関しては
「閉めろ simero」、「投げろ nagero」とoの音で
終わっています。
これは「め me」と「げ ge」にeの音が入っているために発音のしやすく
なったのでしょうか。
北海道では、「閉めれ」、「投げれ」という本来の形と思われるものが使われて
います。
また和歌山の一部地域では、「閉めい」、「投げい」というようなiの音で終わります。古語のようですが・・

このへんに詳しい方へおねがいします。動詞の命令形について教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

昔の記憶を引っ張り出せるかどうか……!?(笑)


“口語の動詞の命令形は”というお話ですので、それに限って申しますと、
五段活用はおっしゃるとおり、eの音で終わりますが、
例として上げられている「閉める」や「投げる」は下一段活用の動詞、
したがって命令形は、「閉める」や「投げる」ならずとも、
すべて「e+ろ」や「e+よ」で終わるはずですね。

五段活用だけを、標準と捉えて考えると、「閉める」「投げる」は異端かもしれませんが、
逆に上一段とか下一段とか、他に活用があって、それぞれが標準形である訳ですから、
だから活用表が別に作られているということではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございました。
確かに上一段や下2段として例外は定義されていますよね。
だだ私の知りたかったのは、地方によってはすべて五段活用風に
使われているところと、別の活用がこれらの例外に対して使われていることから
日本語の地理的伝播や時代的変遷となにか関係があるのかと思ったことです。
このへんについて何か知見がありましたら教えてください。

お礼日時:2001/01/14 23:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html

Q授受動詞「あげる」「くれる」の用法

こんばんは。

方言の質問です。
物の授受に関する動詞には「あげる」「くれる」などがありますが、
共通語では、
1)自分→他人A
2)他人A→自分
3)他人A→他人B
4)他人B→他人A
の授受において、
1)の授受は「あげる」を使用し、
2)の授受は「くれる」を使用し、
3)4)の授受は「あげる」使用ますが、
私の出身地(長野県)では、1)3)4)の授受に「くれる」をしようすることがあります。(もちろん「あげる」も使用します。)ただし、2)の授受で「あげる」を使用することはありません。
例えば、共通語では
私  「これ、あげようか?」
友人A「えっ、本当にくれるの?」
と言うところを、私の地域の場合は
私  「これ、くれようか?」
友人A「えっ、本当にくれるの?」
といった感じです。
そのことを、愛知県出身の友人に話すと「くれてやる」の意味か?と言われますが、それほど強い意味ではありません。確かに、目上の方などには使用せず、目下や同じ立場の人に対して使用することは確かです。
そこで、同様に「あげる」の意味で「くれる」を使用する地域はほかにもありますか?
ご存知の方、教えてください。
出来るだけ細かく地域を教えてください。
長野県内での状況についてもご存知の方いらっしゃいましたらお願いします。
「○○の地域では使わない」と言う回答でも構いません。
よろしくお願いします。

こんばんは。

方言の質問です。
物の授受に関する動詞には「あげる」「くれる」などがありますが、
共通語では、
1)自分→他人A
2)他人A→自分
3)他人A→他人B
4)他人B→他人A
の授受において、
1)の授受は「あげる」を使用し、
2)の授受は「くれる」を使用し、
3)4)の授受は「あげる」使用ますが、
私の出身地(長野県)では、1)3)4)の授受に「くれる」をしようすることがあります。(もちろん「あげる」も使用します。)ただし、2)の授受で「あげる」を使用することはありません。
例え...続きを読む

Aベストアンサー

共通語で「あげる」を使用するところに、
かわりに「くれる」を使用する方言ですよね?

これについては、方言研究ですでに研究されていますが、
研究者の名前、論文タイトル等ど忘れしてしまいました。
すみません。

ただ、私が覚えている範囲では、長野だけでなく、
新潟、群馬、静岡の方言にもある言い方だったと思います。

もし詳しくおしりになりたいなら、
「やりもらい」「授受表現」などのキーワードで調べられると出てくると思いますよ。

Q数学「I」II「II」「III」「A」「B」「C」の違いについて

数学には、「I」「II」「III」「A」「B」「C」というような
いろんな種類がありますが、そもそもどうしてこのように
分かれているのでしょうか?

Aベストアンサー

文部科学省が「学習指導要領」で決めています。

指導要領が変わると、「I」「II」「III」「A」「B」「C」の区分も変わったりして、迷惑な話です。

参考URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301/03122603.htm

Q市町村によって小学校の始ま(終わ)る日が違うのは何故?

大阪市の小学校に子供が通っています。
三月は24日まで、四月は8日からでした。

知り合いの子供さんが神奈川県(何市かは知りまん)の小学校に通われています。
すると、三月は大阪より遅く終わって、四月は大阪より早く学校が始まると聞きました。

親としては、1日でも多く学校に通って勉強を教えてもらえたほうがオトクやなあ、と思ってしまいます。

どなたがどういう理由で決めていらっしゃるのかしら?
ぜひとも教えて下さい。

Aベストアンサー

私は千葉ですが、もしかしたら知り合いのお子さんの学校は「2学期制」を導入しているのではないでしょうか。

うちの子の学校は、県民の日は休みなし、個人面談は夏休み中。夏休み前日まで給食ありの普通授業…代わりに秋休みが5日ほどありました。体育の日を絡めてですが。
冬休みの終わりは1月4日(5日から始業6日から給食開始)、今年度の始業も4月5日で6日から給食ありの通常授業でした。
2学期制ですので、夏・冬休み前・後に「始業式・終業式」はなく、通知表も年2回しかありません。

大阪にメル友がいるのですが「2学期制?こっちにはないよ」と言われたことがあります。

Qトイレトレーニングは「和型おまる」or「洋形おまる」?

もう少ししたらトイレトレーニングを教えようと考えています。
今まで、おまると言ったら和型しかないと思っていましたが、ある保育カタログに、洋型(いす型)おまるが載っていてびっくりしました。
そこで相談なんですが、私の家は洋式トイレしかありません。その場合は和形ではなく洋型のおまるの方が良いのでしょうか。
昔から和型と決まっていたのは、しゃがむことによって足を鍛えるという意味があったからなのでしょうか。
どちらの方が良いのか迷っています。
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

和型とは、よく市販されている取っ手のついたおまるで良いんですよね?
(解釈が間違っていたらスイマセン)

うちの子も和型おまるを使っていました。
でも用を足すとき(大)は便座部分に座り込んでしまうので、足の鍛えにはならなかったです。
家のトイレが洋式ということもあって、外出時の和式トイレではいつも苦行を強いられます
(裏膝を抱えていないと座り込んでしまうので…)

最近の子は洋式になれてしまって和式で用を足せない人が多いようですね^^;
私は自分の実家が和式だったので、洋式でしかトイレが出来ない人もいるというのを聞いて「まさかな~」なんて思っていましたが、自分の子で実感する羽目になりました…

しゃがみ込んだり、トイレのポーズは出来るんですが、和式では何故出来ないのか不思議です。

和式で出来るかどうかはおまるには関係ないかな?と思うのですが…どうでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報