今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

私は、アクリル素材の、キャミソールワンピが大好きです。
なので、1年中着たいと思っています。
秋冬物で、アクリル素材の、キャミソールワンピが発売されればいいのですが、なかなか、秋冬物のアクリル素材のキャミソールワンピ、という物には、出会えません。
なので、真冬に、夏物で、アクリルのキャミソールワンピに、ジーンズをはいて、トップスはそれだけでは寒いので、パシュミナの厚手のストールをパーティ風に肩から羽織る、という格好は、おかしいでしょうか?

それとか、真冬に、夏物のアクリルのキャミソールワンピに、ジーンズをはいて、トップスはそれだけでは寒いので、アウターにジャケットを着て、その上にコートを着る、という格好は、おかしいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

真夏のアクリル素材のキャミワンピ、とのことですが・・・



一般的にアクリルという素材は夏物ではありません。春・秋シーズンの服に多い素材で、真冬のセーターなどでもアクリル混は多いです。またお値段が安めのマフラーやストールも表示を見るとアクリル100%だったりします。あたたかく軽いのがアクリルの特徴です。夏にアクリルは熱いので夏物でアクリル混は見かけない気がします。

質問者様がお持ちのキャミワンピがどのようなデザインかにもよりますが、そろそろ春に近い今の時期ならパーティーなどに着るのはありだと思います。ただ、普段の時に重ね着で着るのは何となく服を持っていなさそう(オシャレに鈍感そう、お金かけてなさそう)感が露骨に出るのでオススメしません。本当にパーティーならOKだと思いますけど。

やはりオシャレに季節感は大事だと私も思います。
もう少し暖かくなってからお気に入りのキャミワンピを満喫してください!
    • good
    • 1

こんばんは。

某ショップで店員をしています。
最近はファッションに季節感のない物も出ていますが
はっきり言って夏物を冬に着ているのはおかしいです!
季節感のない格好をしている=ファッションセンスの痛い子と私たちは見ています。

季節感をうまく取り込んでいる人ほどお金をかけた服装をしていなくてもお洒落に見えます。
季節を先取りするのはいいことですが季節を引きずるのはよくありません。

どんなスタイルでもその季節に合っていないものはNGです。
これファッションの鉄則ですよ。
特別な理由なく真冬にTシャツを売るショップが少なくほしがる人もいないし
夏に厚手のシャツを売っているショップもほしがる人もいないのは
ショップもお客様も「季節」をちゃんと意識しているからです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q洋服の素材と季節・・・

こんにちわ。お恥ずかしい質問なのですが、タイトルの事を教えていただきたく投稿しました☆
タンスには「どの時期に買った服だろう?今の季節大丈夫?」という服が結構あります。
形とか色だけでは見分けがつかず、今の時期に着れるのか知りたいんです。
やっぱり季節にあった素材かをどうか?を見るべきですよね。
で、
綿・ポリエステル・ウール・レーヨン・・・などいろいろ表示があるのですが、それぞれどの時期に適しているのかな教えていただきたくて・・・
基本過ぎる質問ですいません。
よろしくお願いします・・・

Aベストアンサー

アパレルにいた者です。
素材の方の部門にも長くいたので、素材にはくわしいほうだと思いますので回答させてください。

毛・アクリルのものは冬、というのはだいたいわかると思いますが、簡単に言うと、あとは生地の厚さで判断するのがわかりやすいと思います。

基本的に綿は1年中OKです。
ジーンズやチノパンは1年中ありますよね。
ですが、コーデュロイは?と考えるとあれは綿ですがどう考えても厚手なので秋~冬です。

同様に、ポリエステル、レーヨンなどの化学繊維も生地の厚さで判断すればいいと思います。
ポリエステルでもシフォンのようなふわっとしたものなら春~夏ですし、しっかりしたジャケットやスーツは秋冬になります。

季節ごとにわけるとしたら、春夏秋冬の4つではなく、春夏と秋冬、の2つにわけるとわかりやすいですよ。
ファッションショーもたいていこの2種類ですから。

春夏・・・薄手の綿・薄手のポリエステル・レーヨン(レーヨンは厚手のものはあまりないので)・麻
秋冬・・・毛・アクリル・厚手のポリエステル
といった感じでしょうか。
ほかにも素材の種類はたくさんありますが、よく出てくるのはこのあたりなので、あとは生地の厚さで判断すればだいたい大丈夫です!

アパレルにいた者です。
素材の方の部門にも長くいたので、素材にはくわしいほうだと思いますので回答させてください。

毛・アクリルのものは冬、というのはだいたいわかると思いますが、簡単に言うと、あとは生地の厚さで判断するのがわかりやすいと思います。

基本的に綿は1年中OKです。
ジーンズやチノパンは1年中ありますよね。
ですが、コーデュロイは?と考えるとあれは綿ですがどう考えても厚手なので秋~冬です。

同様に、ポリエステル、レーヨンなどの化学繊維も生地の厚さで判断すれば...続きを読む

Q夏にアクリル素材のストールを羽織ることのメリット・デメリット

先日、アクリル100パーセントのストールを購入しました。

そこで、タイトル通りなのですが、「夏場にアクリルのストールを羽織ることの、メリットとデメリット」を教えていただきたいんですm(__)m

理由としては、「アクリルは冬物のイメージがする」のと、「夏場に羽織って何度も洗ってしまうと、毛玉がすぐにできそう」という、不安があるからです(@_@;)

生地の織り方にもよる(??)のかもしれませんが、タグには、洗濯表記と素材しか書かれていなかったので、申し訳ないのですが、アクリル100パーセントということしか分かりません…(>_<)

デザインは、白と黒の大柄のチェックで、ストール1枚だけでもコーデの主役になってしまいそうな、長くて、ヒラフワ感のあるものです。

私は、フランス巻きでコーデしたいと思っています。(アクリルなので、あまりグルグル巻くと、暑苦しいかなぁ…と思ったので^_^;)

なるべく長く愛用したいのと、夏に使いたいなぁという気持があるのですが、実際、どうなんだろ~~?^_^;と思ってしまったので、使用する前に、皆さんにおたずねしようと思いました。

また、デメリットがある場合、その対策方法も教えてくださると、とっても嬉しいですm(__)m

ちなみに、私は女性です。

先日、アクリル100パーセントのストールを購入しました。

そこで、タイトル通りなのですが、「夏場にアクリルのストールを羽織ることの、メリットとデメリット」を教えていただきたいんですm(__)m

理由としては、「アクリルは冬物のイメージがする」のと、「夏場に羽織って何度も洗ってしまうと、毛玉がすぐにできそう」という、不安があるからです(@_@;)

生地の織り方にもよる(??)のかもしれませんが、タグには、洗濯表記と素材しか書かれていなかったので、申し訳ないのですが、アクリル10...続きを読む

Aベストアンサー

まず夏にアクリル素材は暑いですよね。
で、冬なら反対に寒いです。ウールかシルクが暖かいです。
通気性の悪い素材なので逆手にとって冷房や風よけに使うなら良いと思います。

お洗濯は手洗いで仕上げて柔軟剤も使用すればそうすぐに毛玉が目立つような事はないと思いますが。
気軽に洗濯できるところがアクリルのメリットだと思いますし。
ハリが欲しければ洗濯糊を使うと汚れ防止にもなります。
毛玉は摩擦によってできるので、毛玉ができやすい素材のものは洗濯しなくても普通に使用してるだけでできてしまいます。
そこは使用してみない事にはわかりませんね。

Q夏向けの素材…ポリエステル・綿・レーヨン

○ポリエステル65%・レーヨン35%
○綿100%

柄物のボトムで二種類のうち、どちらを買おうか悩んでます。
一応、これからの季節(夏)にヘビーに使うつもりなのですが、欲を言えば一年着まわしたい…。
綿100%の方が、夏に向いている?という事はおぼろげにわかるのですが、ポリエステル&レーヨンの方は、まずどの季節に向いているのかも分かりません…
教えていただけると嬉しいです。
またボトムとして考えるなら、どちらの方が良いとかあるのしょうか?

Aベストアンサー

デザインと素材の厚さにもよるのですが・・・。

ポリエステル・レーヨンの混紡素材は、わりと厚手のものが多いのではないかと思いますがどうですか?
私は以前、アパレルにいたのですが、そのときの経験から言うと、ポリ・レーヨンは秋のイメージですね。
ちなみに夏は綿・麻
冬はウール・アクリル、って感じです^^

ですが、素材は日々進歩しているので、そんなに重たい感じがしなければ夏でもOKかと思います。
ただ、ポリ・レーヨンの混紡はあまり吸水性がよくないので、真夏には暑いです・・・。
汗が気にならなければOKですが・・・。
シフォンのようなふわっとしたものでしたらそんなに暑さを感じないかもしれません^^

今、店頭に出ているということは夏物として販売しているのだと思いますので、あとは質問者さんのセンスで選んでくださいね。

Q夏のポリエステル素材の衣類

夏にポリエステル素材の衣類を着たり、履いたりすると暑さで蒸れたり、肌にべったりくっついたり苦痛ではないですか?

Aベストアンサー

近年の夏場によく見かけるようになった
・クール加工
・サラサラ加工
・汗濡れの目立たない加工
などが施されている衣類は殆どがポリエステル含有ではないでしょうか

私は多汗症なので、それらの加工には飛びつきたいところですが、
同時に腋臭でもあるので、ポリエステル含有なだけでガッカリします

通常のポリエステルは汗を吸収しにくく肌表面に残ったままの汗に雑菌が繁殖しやすいようで、
含有率が高いものを長く着ていると、腋臭でない人でも汗臭くなり、
腋臭の人はかなりの刺激臭を生み出します(化繊と化学反応してる?)

よって、加工のないポリエステルは、
含有率が低く(25%でも高い)かなり気に入ったデザインで洗濯表示もドライ石油系でない、
くらい行かないと私は手を出しません

質問者さんが多汗症や腋臭でなければ、加工されているものを買うといいと思います
(綿100%でも加工されているものもあります(少ないですが))

こればっかりは実際買って着てみて着心地(つまり加工の質)の善し悪しを体感するしかないと思います
まあ何といってもポリエステルを使っている衣類は安いですからね~

近年の夏場によく見かけるようになった
・クール加工
・サラサラ加工
・汗濡れの目立たない加工
などが施されている衣類は殆どがポリエステル含有ではないでしょうか

私は多汗症なので、それらの加工には飛びつきたいところですが、
同時に腋臭でもあるので、ポリエステル含有なだけでガッカリします

通常のポリエステルは汗を吸収しにくく肌表面に残ったままの汗に雑菌が繁殖しやすいようで、
含有率が高いものを長く着ていると、腋臭でない人でも汗臭くなり、
腋臭の人はかなりの刺激臭を生み出し...続きを読む

Qサマーニットとは?

サマーニットってなんですか?
夏に着るものってことですか?

Aベストアンサー

ニューヨークから失礼します。あまりこちらでは サマーニットという言葉は使いませんが、日本で一般に使われているサマーニットとは、
綿、麻などの植物繊維、またはシルクなどで出来た比較的薄手に編まれたセーター、カーディガン類のことを意味し、春先のまだ肌寒い日、または夏の避暑地の朝晩などにおいて着用されることを想定したものです。。これに対して秋冬のセーター類は、ウール及びアンゴラ、キャメル、カシミア(カシミヤはウールの仲間ではありません。ヤギの毛、ヘアーに分類されます。)などのヘアーに属する動物繊維にて出来ていることが多いです。これは
主に寒冷地における保温を目的としていることが理由のひとつです。

Q洋服の生地の中で、アクリルってどれ位高価なのでしょうか?

洋服の生地の中で、アクリルってどれ位高価なのでしょうか?

洋服の生地には綿やナイロン、ポリエステル等色々ありますがそれらの中では
アクリルは何番目位なのか気になります。

私は真夏以外は大抵長袖のカジュアルチェックシャツを愛用していて
比較的暖かい時期はTシャツ等の上に上着として羽織り
寒い時期はセーター等の下に着込んでいます。
4,5着は持っていて素材のタグを見るとほとんど綿100%で
着心地は厚手でしっかりしているのですが季節の変わり目では
それが裏目に出て暑い時もあります。

そんな中、1着だけいつ買ったか忘れたアクリル100%の物があるんですが
それは綿100%に比べて薄手で軽い感じがする分、この時期でもそこまで着てて暑くなく
動きやすくて気に入ってます。

ですのでもう1,2着買おうとネットで探してみたのですが、アクリル100%は
あるにはあるのですが綿100%に比べてほんの1,2割程度の数しか見つからなかったのです。
そして気のせいか少しだけ高い様な感じが……

同じ綿100%、アクリル100%でも編み方等で品質、値段共に変動して
たまたま薄手の物を買ってただけかもしれませんがちょっと気になったので質問してみました。

綿等に比べて明らかに少ないのは、アクリルは高価で中々無いのか
それとも逆に比較的安物の生地なので作る側がそれだけ使う気にならないのか
同じ長袖のワイシャツを作るとしたらどれ位の価格の差がありそうなものなのか
教えて頂ければ幸いです。

洋服の生地の中で、アクリルってどれ位高価なのでしょうか?

洋服の生地には綿やナイロン、ポリエステル等色々ありますがそれらの中では
アクリルは何番目位なのか気になります。

私は真夏以外は大抵長袖のカジュアルチェックシャツを愛用していて
比較的暖かい時期はTシャツ等の上に上着として羽織り
寒い時期はセーター等の下に着込んでいます。
4,5着は持っていて素材のタグを見るとほとんど綿100%で
着心地は厚手でしっかりしているのですが季節の変わり目では
それが裏目に出て暑い時もあります。
...続きを読む

Aベストアンサー

検索したのはいつ頃ですか?
もし最近なら、アクリルが少なくて当然です。
先のご回答にもあるように毛を模した人工繊維ですので、夏場向きの素材ではないからです。
今の時期、毛もほとんど出回ってませんよね。
それと同じです。

基本、アクリルは毛よりも安価です。
もちろんアクリルにはアクリルの特製(軽いなど)がありますが、毛100%だと原価が高くなるのでアクリルを混ぜるということもありますよ。
またワイシャツ向けの素材ではありません。
毛とほぼ同じ扱いだと思ってもらったら理解しやすいかも。


人気Q&Aランキング